妊娠18週目の身体の変化と過ごし方の注意点!

比較的妊娠中でも体調が安定すると言われている妊娠18週目の頃ですが、ママの身体の中では大きな変化が起きています。妊娠18週目の胎児の様子やお腹の大きさはどうなのでしょうか?!過ごし方はどうしたらいいのでしょうか?!妊娠18週目のあれこれについてお伝えします。

妊娠18週目の身体の変化と過ごし方の注意点!のイメージ

目次

  1. 妊娠18週目!胎児とママの身体にはどんな変化が?!
  2. 妊娠18週目の胎児の様子は?!
  3. 【妊娠18週目の胎児の様子①】体重と身長は?!四頭身に!
  4. 【妊娠18週目の胎児の様子②】胎脂と胎毛が作られる
  5. 【妊娠18週目の胎児の様子③】脳と神経系が発達!
  6. 【妊娠18週目の胎児の様子④】指しゃぶりを始める!
  7. 【妊娠18週目の胎児の様子⑤】内耳が完成する!
  8. 【妊娠18週目の胎児の様子⑥】筋肉がついてくる!
  9. 【妊娠18週目の胎児の様子⑦】胎動が起きることも!
  10. 【妊娠18週目の胎児の様子⑧】性別がわかることも!
  11. 【妊娠18週目の胎児の様子⑨】女の子は原子卵胞が作られる
  12. 妊娠18週目の頃のママの様子や変化は?!
  13. 【妊娠18週目の頃のママの様子①】お腹の大きさがぽっこり!
  14. 【妊娠18週目の頃のママの様子②】心臓や内臓への負担が!
  15. 【妊娠18週目の頃のママの様子③】立ちくらみも!
  16. 【妊娠18週目の頃のママの様子④】低血糖になりやすい
  17. 【妊娠18週目の頃のママの様子⑤】腰痛に悩む人も!
  18. 【妊娠18週目の頃のママの様子⑥】腹痛が!腹痛の原因は?!
  19. 【妊娠18週目の頃のママの様子⑦】動けるようになる人も!!
  20. 妊娠18週目!過ごし方はどうしたらいい?
  21. 【妊娠18週目の過ごし方①】産休・退社へ向け引き継ぎ準備を!
  22. 【妊娠18週目の過ごし方②】マタニティウエアを用意!
  23. 【妊娠18週目の過ごし方③】赤ちゃんと対話しよう!
  24. 【妊娠18週目の過ごし方④】腰痛対策を!
  25. 【妊娠18週目の過ごし方⑤】体重管理はしっかりと
  26. 【妊娠18週目の過ごし方⑥】無理をし過ぎずストレス溜めない!
  27. 妊娠18週目でも流産には要注意!
  28. 妊娠18週目は比較的安定していても注意は必要!!

妊娠18週目!胎児とママの身体にはどんな変化が?!

マタニティー生活もいよいよ18週目を迎え、安定期と言われる妊娠5ヵ月の中期も半ばを過ぎて妊娠18週目を迎えることが出来ましたね。

つわりで苦しんだ妊娠初期とは違い、つわりも終わる安定期に入る妊娠中期の妊娠18週目は、比較的妊娠期間中でも、体調が安定していると言われています。

しかし、体調が安定しているはずの妊娠18週目というのは、ママの体の中で驚くべき変化が起きている時期になります。

妊娠18週目のエコーに映る胎児とママの変化や様子というのはどのようなものなのでしょうか。この記事では、妊娠18週目の胎児とママの様子についてお伝えします。

■参考記事:妊娠5ヶ月目の注意点は?コチラも参照!

妊娠5ヶ月目!体重やお腹の張りは?胎動を感じる?腹痛に要注意!

妊娠18週目の胎児の様子は?!

まずは、妊娠18週目の胎児の様子から見ていきましょう。

妊娠18週目になると、エコーに映るお腹の胎児の様子も、さらに人間らしくなってきましたが、妊娠18週目の頃にエコーに映る胎児の発達の様子はどのようなものなのでしょうか。エコー写真を交えながら順番に見ていきましょう。

【妊娠18週目の胎児の様子①】体重と身長は?!四頭身に!

まずは、妊娠18週目の頃の胎児の体重と身長についてみていきましょう。

妊娠18週目の頃のエコーに映る胎児の体型というのは、四頭身になっていることがわかります。

このエコーでも見られる四頭身の胎児の体重と身長はどのくらいにまでなっているのでしょうか?!


妊娠18週目の頃の胎児の体重は、約150gから200gになっています。

身長は約130mmから180mm程度。

身長や体重を数字で見てもイメージが湧きませんが、この時期の赤ちゃんの平均的な大きさというのは、おおよそ玉ねぎ1個分程度の大きさにまで成長しています。

まだまだ体重も身長も小さいのですが、これからグングンと成長していくのですね!

【妊娠18週目の胎児の様子②】胎脂と胎毛が作られる

エコー写真では確認することが難しいかと思いますが、妊娠18週目の頃になると、胎脂と胎毛が作られるようになります。

胎脂というのは、クリーム状の脂のような物質で赤ちゃんの体を包むように覆います。

胎毛も顔や体中に生える髪の毛のような毛になります。

胎脂も胎毛も赤ちゃんの皮膚や細胞を、羊水などの刺激から守る働きをするとても大切なもので、出産するときまで赤ちゃんの身体を守ってくれます。

【妊娠18週目の胎児の様子③】脳と神経系が発達!

これもエコーではなかなか確認しにくいものですが、妊娠18週目になると、脳や神経系がかなり発達していきます。

脳や全身の神経が下がり始めるために、身体のあちらこちらで感じる刺激を、徐々に感じることができるようになるのが妊娠18週目の頃になります。



また、脳の中では五感をつかさどる前頭葉の発達がよく見られるのがこの時期になります。

神経系以外にも、エコーで心臓が四つの部屋に分かれ始めたことが確認できるようになります。

【妊娠18週目の胎児の様子④】指しゃぶりを始める!

妊娠18週目の頃になると、お腹の胎児が指をしゃぶる姿がエコーでも確認できることがあります。

指しゃぶりをしていると、羊水を飲み込んだり吸い込んだりしてしまうことがあるんですが、胃に羊水を飲み込んだり、肺に羊水を吸い込むことは、おっぱいを飲む練習や呼吸の練習にもなる、赤ちゃんにとってはとても大切な運動になります。

まだ上手に指をしゃぶることはできませんが、運がよければエコー写真に、指をしゃぶっている姿が映るかもしれませんよ!

【妊娠18週目の胎児の様子⑤】内耳が完成する!

妊娠18週目の頃になると、エコー検査ではよくわかりませんが、内耳が完成します。妊娠18週目よりも前からすでにお腹の赤ちゃんは外の音が聞こえるようになり始めていましたが、この頃になるというより一層はっきりと音を聴き取れるようになります。

音をただ感じるだけではなくて、音の高低を聞き分けられるようになり、ママとパパの声の違いも聞き分けができるようになっていきます。

パパやママが沢山赤ちゃんに話し掛けてあげると、赤ちゃんにも聞こえているので、ぜひいろいろなお話をしてあげましょう。

【妊娠18週目の胎児の様子⑥】筋肉がついてくる!

妊娠18週目の頃になると、胎児の全身の筋肉がしっかりとついてきます。

またそれに伴って、骨も固くしっかりとしたものになっていきます。

骨は、まだしっかりと硬い骨ではなくて、軟骨と呼ばれる軟らかい骨ですが、それでも妊娠18週目の頃から徐々に硬さを増してきて、しっかりとした骨になっていきます。

また、それに伴って関節の小さな骨もしっかりとエコーでも確認できるようになっていきます。

皮下脂肪もついてきて、徐々にふっくらとした赤ちゃんらしい可愛らしい体型がエコー検査でも見られるようになっていきます。

【妊娠18週目の胎児の様子⑦】胎動が起きることも!

18週目でもう胎動が?と思われる方も多いかもしれません。ですがお腹の胎児の体に筋肉が付き始めることで、赤ちゃんの動きも今まで以上に活発になり、胎動が感じられることもあります。

妊娠18週目の頃になると、胎動をはっきりと感じるようになる人も出てきます。

もうすでに胎動を感じている人も少なくありませんが、妊娠18週目の頃に胎動を感じ始める人もたくさんいます。

しかし、初めて胎動を感じるのは、個人差が大きいので、まだ胎動を感じないという人も、あまり気にせずに、初めての胎動を感じられる日を心待ちにしましょう!

運がよければ、エコー検査の時にお腹の赤ちゃんが胎動を起こして動く様子をとらえることができるかもしれませんね。

【妊娠18週目の胎児の様子⑧】性別がわかることも!

妊娠18週目になると、運がよければエコー検査で胎児の性別がわかることもあります。

もう妊娠18週目の頃になると、性別がわかる外性器ははっきりとわかるようになってきています。

エコーの角度がちょうどタイミングよく胎児の股間を映してくれると、赤ちゃんの性別がわかるという人も出てきます。

しかし、この時期に性別がわかったと言われても、のちのちまだ性別が変わったり、産まれるまで性別がわからなかったという人も少なくありません。

性別によってそろえるベビー用品をどうしようか迷うところですが、まだ性別を伝えられても、性別が変わることも考えて、今の時期はどちらの性別でも使えるものをそろえておくと無難です。

【妊娠18週目の胎児の様子⑨】女の子は原子卵胞が作られる

妊娠18週目の頃では、胎児の性別はまだわからないことも多いのですが、お腹の中ではちゃんと胎児は性別に合わせた成長をしっかりと始めています。

特に性別が女の子の赤ちゃんの場合には、妊娠18週目の頃には、卵巣の中の卵子の元となる原子卵胞がすでに作らているのです!

まだ、この世に生を受けていなくて性別もわかるかどうか微妙な時期に、もうすでに赤ちゃんは性別の仕事を始めていて、次の世代を生み出す準備が始まっているんですね!!

原子卵胞の数はママのお腹の中にいる妊娠18週目のときに約700万個と一番多く、その後出産する時には約100万個から200万個、思春期の頃には約40万個、出産適齢期となる20歳から40歳になると約1万個となります。

その中で、思春期から閉経するまでに排卵する卵子の数は約500個と言われているので、いかに私たちの身体は卵子を厳選しているのかが分かりますね!!

妊娠18週目の頃のママの様子や変化は?!

妊娠18週目の頃の赤ちゃんの様子はおわかりいただけたでしょうか。

次に、妊娠18週目の頃のママの様子についてみていきましょう。

安定期と呼ばれる妊娠中期ですが、意外にママの体には大きな負担がかかるのが、この妊娠18週目の頃になります。

いったいどのような体調やお腹の大きさの変化などがあるのか見ていきましょう。

【妊娠18週目の頃のママの様子①】お腹の大きさがぽっこり!

妊娠18週目の頃の大きな特徴として、ママのお腹の大きさに変化がみられることです。

お腹の大きさが変わって、急にぽっこりとお腹の大きさが大きくなることです。

今までお腹の大きさがそれほど変わらないように見えていた人でも、妊娠18週目になるとお腹の大きさが変わる人も少なくありません。

お腹の大きさが突然お腹がぽこっりとした感じなったり、お腹の大きさが太っている人のように見えたり、お腹の大きさから妊娠していることが周りの人にもわかるようになるかもしれません。

妊娠18週目の頃の赤ちゃんの大きさというのは、玉ねぎ程度の大きさですが、子宮の大きさはメロンから大人の頭程度に大きくなっています。

この子宮の大きさなら、ママのお腹の大きさが目立ってくるのも納得ですね!

【妊娠18週目の頃のママの様子②】心臓や内臓への負担が!

妊娠18週目の頃になると、ママの体では心臓への負担が大きくなってくる時期になります。

妊娠18週目の頃というのは、赤ちゃんの成長が更に加速するために、ママの心臓というのは普段と同じ動きをしていても、5割増ほどで動いています。

そのために、心臓に大きな負担がかかり、いつもと同じ動作をしているはずなのに動悸や息切れをしやすくなったりします。

また子宮が大きくなり始めるために、徐々に周りの内臓が圧迫され始めて、腎臓や肺といった内臓への負担がかかり始める時期になります。

妊婦健診で血液検査を行うと、この時期には特にコレステロールや中性脂肪の値が高くなりがちです。

この時期には、よく出やすい症状なので特に医師から注意するべき点などを指摘されなければ心配する必要はありません。

【妊娠18週目の頃のママの様子③】立ちくらみも!

妊娠18週目の頃では、心臓への負担が大きくなり、大きくなった子宮に血管が圧迫されることなどから、急に立ち上がった時や、立ち仕事をしている時に立ちくらみを感じることもあります。

血行が悪くならないように、夜寝る前にマッサージをしたり、立ち上がるときには急に立ち上がらないようしたり、こまめに休憩を取るなどして、体に負担をかけないようにすることが大切です。

【妊娠18週目の頃のママの様子④】低血糖になりやすい

妊娠18週目の頃に、立ちくらみを起こしやすい原因には、低血糖や貧血になりやすい時期だということもあります。

赤ちゃんが急激に大きくなる時期になるので、赤ちゃんに沢山の栄養やカロリーを送るために、ママの体から糖分や鉄分などの栄養が今までよりも沢山送られるようになります。

妊娠中は、ママの体の健康維持よりも、お腹の赤ちゃんの成長の方が優先されるために、ママの健康を維持するための栄養が足りなくなることもあります。


すると、今までと同じような食事の内容では、ママの健康や体調を維持出来なくなることもあり、低血糖や貧血になってしまいがちになります。

あまりカロリーオーバーになってしまうのは良くありませんが、栄養のバランスを取れた食事をしっかりと摂るようにして、低血糖や貧血を起こさないように気をつけましょう。

【妊娠18週目の頃のママの様子⑤】腰痛に悩む人も!

妊娠18週目になると、お腹が急に大きくなり、体のバランスが変わって姿勢が変わってくることから、腰痛に悩む人も多くなります。

妊娠中は、出産の準備をするために、リラキシンというホルモンが大量に分泌されて、骨盤周りの関節や靭帯を緩めていくので、骨盤周りがゆるんでしまいがちになるのも、腰痛になりやすくなる原因となります。

【妊娠18週目の頃のママの様子⑥】腹痛が!腹痛の原因は?!

妊娠18週目の頃には、腹痛に悩む人もいます。

妊娠中の腹痛は、流産に繋がることもあるために、心配になってしまう人も少なくありませんが、妊娠18週目の頃の腹痛はどのような原因で起こることが多いのでしょうか。

妊娠中期の腹痛の多くは、子宮が大きくなることによって、子宮の周りの靭帯が引っ張られて感じるお腹の張りが、腹痛として感じられることがほとんどです。

お腹の張りを腹痛として感じる時には、鈍い痛みのある腹痛として感じることがほとんどです。

腹痛が鈍い痛みの時には心配する必要はそれほどありません。

また妊娠中は、便秘や下痢になりやすい人も多く、便秘や下痢に伴う腹痛であることもあります。特にお腹の風邪をひいているわけではないのに、便秘や下痢になりがちな人が腹痛になるときも、腹痛そのものは危険なものではないでしょう。

便秘や下痢による腹痛が辛い時には、産婦人科で相談して妊娠中でも飲むことができる薬を処方してもらいましょう。

流産や切迫流産に繋がる危険な腹痛というのは、出血を伴う腹痛や、痛みが激しくなっていく腹痛になります。

出血を伴う腹痛や、痛みが激しくなっていく腹痛は、危険な腹痛であることが多いので、すぐに病院を受診しましょう。

その他の腹痛の場合でも、原因がよくわからずに不安な時には、自己判断で大丈夫だとは思わずに、まずは病院で相談することをお勧めします。

【妊娠18週目の頃のママの様子⑦】動けるようになる人も!!

妊娠18週目の頃になると、つわりが終わる人も多く、活動的に動けるようになる人も増えてきます。

妊娠初期に比べると、流産の危険性も少なくなる時期です。

胎動を感じたりすると、赤ちゃんも元気なことに嬉しくなり、ついつい妊娠初期に我慢していた運動を始めてしまったり、つわりがひどい時期に職場で迷惑をかけた分を取り返そうと仕事を頑張りすぎてしまったりしますが、妊娠18週目で流産する人が全くいないわけではありません。

特に、下腹部に力が入り過ぎるような動作をすると、子宮の収縮が始まってしまうことが多いので、つわりがなくなり動きやすくなったからといって、急に張り切って活動量を増やすようなことはやめましょう。

妊娠18週目!過ごし方はどうしたらいい?

妊娠18週目のお腹の赤ちゃんとママの様子は大体わかりましたね。

つわりがなくなり、体は楽に動けるようになった一方で、心臓や内臓への負担が増して、お腹の大きさもがどんどんと大きくなるので、ママが感じている以上に体に大きな負担がかかっている時期だということがわかりました。

そんな妊娠18週目のママの過ごし方というのはどのような過ごし方をしたらいいのでしょうか。

ここからみていきましょう。

【妊娠18週目の過ごし方①】産休・退社へ向け引き継ぎ準備を!

仕事をしているママは、そろそろ産休や退社へ向けた引き継ぎ準備を始めることも大切な過ごし方になります。

産休に入る妊娠34週目までは、まだまだ時間があるように思えますが、日常の業務を行いながら、引き継ぐべき資料などを作成していたら、あっという間に時間はたってしまいます。

また、妊娠中はいつ何が起こるのかわかりません。切迫流産と診断されて、突然、出産まで長期の入院を余儀なくされることもよくあることです。

いつ何が合って産休に入っても、職場の人に迷惑をかけることがないように、特に体調がよいこの時期だからこそ、産休に向けた準備を始めるようにしましょう。

また、復帰の時期は明言出来ないでしょうが、復帰後の仕事などについても、この時期から上司と相談しておけば、全く何も相談をしていなかった人よりも、スムーズに職場復帰が進むと言われています。

【妊娠18週目の過ごし方②】マタニティウエアを用意!

妊娠18週目の頃の過ごし方では、今までマタニティウエアを使ってこなかった人も、そろそろマタニティウェアを用意するようにしましょう。

今までは、1サイズか2サイズ大きめの洋服を着ていれば、それで何とかなっていたかもしれませんが、妊娠18週目の頃になるといよいよ、お腹の大きさもぽっこりと妊婦らしい体つきになってきます。

大きめの普通の服では、お腹が入りきらなくなってくるので、専用のマタニティウェアを使うようにしましょう。

また、下着もそろそろゆったりとしたマタニティ専用の下着に取り替えるようにしましょう。

■参考記事:ユニクロ等で買えるマタニティウェア、コチラもチェック!

GU・ユニクロでマタニティコーデ!プチプラマタニティウェア7選も!
マタニティパジャマおすすめ!安いのに可愛い!ユニクロ西松屋など!

【妊娠18週目の過ごし方③】赤ちゃんと対話しよう!

妊娠18週目の頃になったら、赤ちゃんとの対話を開始するようにしましょう。

お腹の胎児の赤ちゃんは、脳も発達してきて、聴覚もかなりはっきりと聞こえるようになってきています。

赤ちゃんに話し掛けてみたり、パパとママが読み聞かせをしてあげたり、脳の発達に良いといわれるクラシック音楽を聴かせてあげたりしましょう。

また、胎動を感じた時に、赤ちゃんの胎動に合わせるように、リズミカルにお腹を軽くポンポンと叩いてあげるのも、胎動を感じながら赤ちゃんと対話をしているような気分になって楽しいものですよ。

【妊娠18週目の過ごし方④】腰痛対策を!

妊娠18週目の頃の過ごし方でやって欲しいのは、腰痛対策です。

妊娠18週目になったら、腰痛を持っている人も腰痛持ちではない人も、腰痛対策をするようにしましょう。

妊娠中でもできるマタニティーヨガやストレッチなどで、腰周りの筋肉をストレッチしながら、ある程度の筋力をつけたり、骨盤ベルトを締めるなどすると、腰痛対策になります。

妊娠18週目の頃にはまだ腰痛が出ていない人でも、これから腰痛になる可能性は充分にあります。

今から、ヨガやストレッチなどをして腰痛予防の対策をするようにすると、辛い腰痛が出にくくなったり、軽くて済んだりします。

■参考記事:マタニティヨガに挑戦、コチラも参照!

マタニティヨガを自宅で!効果的なポーズはこれ!注意点は?

【妊娠18週目の過ごし方⑤】体重管理はしっかりと

妊娠18週目の頃の過ごし方で大切なのは、適切な体重管理をすることです。

妊娠18週目の頃は、つわりもなくなり、食欲が旺盛で食事がおいしいという人も沢山いますよね。

しかし、食欲に任せて食べたいものを食べたいだけ食べていたら、すぐにカロリーオーバーになってしまい、体重オーバーになってしまいます。

かといって、体重オーバーにならないようにと、体重を気にしてカロリー制限をし過ぎると、知的障害や発達障害の原因ともいわれる低体重児になってしまう可能性もあります。

妊娠中はお腹の大きさが大きくなる分、どうしても体重が増えますし、体重を増やさなくてはいけません。

かといって体重オーバーは妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の原因にもなります。

栄養バランスのとれた食事で、お腹の大きさが大きくなる分の毎日適正なカロリーを摂取することが、お腹の赤ちゃんの発達にも、ママの健康管理もとても大切なことになります。

体重オーバーもよくありませんし、低体重児になってしまうような過剰な食事制限もよくありません。

適度な体重管理をしっかりと行うように頑張りましょう。

【妊娠18週目の過ごし方⑥】無理をし過ぎずストレス溜めない!

妊娠18週目目の頃は、安定期だとは言っても、流産や切迫流産の危険性が全くないわけではありません。

そして、妊娠18週目の頃の流産や切迫流産の一番の原因というのは、ママが体に無理をかけすぎたことや、ストレスを受けすぎたことになります。

ついつい体が動きやすくなるために、仕事などを無理してしまいがちなのが、この妊娠中期になりますが、無理をしすぎてしまうと、お腹の赤ちゃんにも大きな影響がおよんでしまいます。

また、ストレスも母子ともにいい影響はありません。

妊娠18週目の頃の過ごし方で大切なのは、無理して疲れを溜めたり、ストレスを溜めないことです。

体を動かしたり、何か趣味に没頭するなどして気分を発散させたりして、疲れやストレスをためないように気をつけましょう。

妊娠18週目でも流産には要注意!

妊娠中期は、妊娠初期に比べるとずっと流産のリスクは少なくなると言われています。

しかし流産する人が全くいない訳ではありません。

特にこの時期の流産は、胎児側に原因があるのではなくて、母体側の原因であることがほとんどになります。

決して無理をすることなく、赤ちゃんのために、休むべき時には休むようにしましょう。

妊娠18週目は比較的安定していても注意は必要!!

ここまで、妊娠18週目の、赤ちゃんの状態やママの体の様子についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

妊娠18週目というと、胎動を感じ始める人もいて、妊娠期間中では比較的、ママの体調は安定している時期になります。

しかし、胎動が元気でも、身体の中では以外にもかなりの負担がかかっていることがわかりましたね。

決して無理を過ぎずに、疲れを感じたらすぐに休むことが大切になります。

どうぞ母子ともに健康な状態をキープできるようにしていきましょう!

妊娠中の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊婦は眠い!妊娠中の眠気の原因と対策を解説!なぜ眠いの?
妊娠中の膀胱炎の症状は?治療法は?薬を飲んでも大丈夫?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ