産後の頭痛・吐き気の原因と対処法は?

出産後には身体が妊娠前の状態に戻ろうとして、さまざまな体調の変化が起こるものですが、中には頭痛や吐き気に悩む人もいます。産後の頭痛や吐き気の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?!そして産後の辛い頭痛や吐き気の対処法にはどのようなものがあるのでしょうか?!

産後の頭痛・吐き気の原因と対処法は?のイメージ

目次

  1. 産後の頭痛や吐き気…。辛すぎます…
  2. 産後に起こる頭痛には2種類が!
  3. 産後の頭痛 吐き気を伴う時もある偏頭痛
  4. 産後の頭痛 緊張型頭痛
  5. 産後に頭痛が起きやすい原因とは?
  6. 【産後の頭痛の原因①】ストレス
  7. 【産後の頭痛の原因②】寝不足
  8. 【産後の頭痛の原因③】肩こり
  9. 【産後の偏頭痛の原因①】ホルモンバランスの変化
  10. 【産後の緊張型頭痛の原因①】骨盤のゆがみ
  11. 【産後の緊張型頭痛の原因②】水分不足
  12. 【産後の緊張型頭痛の原因③】貧血
  13. 産後の頭痛にはどのような対処法が効果的?!
  14. 【産後の頭痛への対処法①】睡眠をしっかりと取る
  15. 【産後の頭痛への対処法②】ストレスをためない
  16. 【産後の偏頭痛への対処法①】冷やす
  17. 【産後の偏頭痛への対処法②】休む
  18. 【産後の偏頭痛への対処法③】カフェイン摂取
  19. 【産後の緊張型頭痛への対処法①】適度な運動
  20. 【産後の緊張型頭痛への対処法②】骨盤の歪みの矯正
  21. 【産後の緊張型頭痛への対処法③】温める
  22. 産後の頭痛 市販薬は飲んでも大丈夫?!
  23. 産後の頭痛 病院へ行くべき?!
  24. 産後の頭痛は身体がバランスを取り戻すための通過儀礼!

産後の頭痛や吐き気…。辛すぎます…

産後には様々な体調の変化があるものですが、中にはひどい頭痛や吐き気に悩まされる人もいます。こめかみの辺りや後頭部がズキズキと痛んだり、ひどいめまいに悩まされることもあります。

胃腸に原因がない吐き気の多くは、頭痛が原因になっていることが多いものです。この記事では、産後に起こりやすい吐き気を伴う、こめかみや後頭部の頭痛の原因と対処法についてお伝えします。

産後に起こる頭痛には2種類が!

産後に起こる頭痛には、2種類があります。

一つ目の頭痛は主にこめかみにあたりが痛む偏頭痛です。

もう一つの頭痛は、後頭部から首筋にかけて痛む緊張型頭痛になります。

それぞれの頭痛にはどのような特徴があるのか、見ていきましょう。

産後の頭痛 吐き気を伴う時もある偏頭痛

まずは偏頭痛がどのような頭痛なのかについてみていきましょう。

偏頭痛が起こる原因は、頭の血管が異常に収縮と拡張を始めることにあります。血管が収縮したり拡張したりするときに、感覚神経を刺激して痛みを感じさせるのです。

この血管の収縮や拡張の異常を起こす原因には、セロトニンという物質が関係しているといわれています。

ストレスを感じるとセロトニンが大量に放出されて、血管が収縮してしまいます。セロトニンがなくなると収縮した、血管が一気に広がって血液が流れ始めます。

この繰り返しが偏頭痛の引き金になってしまうのです。

産後の頭痛 緊張型頭痛

緊張型頭痛が起こる一番大きな原因は、首の後ろ側の筋肉が緊張してコリ固まることで血液の循環が悪くなってしまうことです。

首の筋肉がコリすぎると、筋肉の中に疲労物質が蓄積して、それが緊張型頭痛を引き起こす原因となります。

精神的な緊張が続いたり、長時間同じ姿勢で下を向いてうつむいていると、首の後ろがこってしまい、後頭部から首筋にかけてずきずき痛む緊張型頭痛が起こる原因となってしまいます。

吐き気はありませんが、めまいや倦怠感を伴うことも良くあります。めまいや倦怠感がある時には、緊張型頭痛と思って間違いないでしょう。

産後に頭痛が起きやすい原因とは?

偏頭痛も緊張型頭痛も、産後ではなくても起こりやすいものなのです。しかし、妊娠前にはめったなことでは頭痛を感じることはなかった人が、産後に突然頭痛に苦しむことも少なくありません。

産後に吐き気を伴うような頭痛が起こる原因というのは、一体どのようなものがあるんでしょうか。

産後に頭痛が起こりやすい原因を、偏頭痛と緊張型頭痛それぞれに分けて見ていきたいと思います。

【産後の頭痛の原因①】ストレス

まず、偏頭痛と緊張型頭痛どちらも共通して産後に起こりやすい原因から見ていきましょう。

産後に頭痛が起こりやすい原因には、まずストレスがあります。

偏頭痛の緊張型頭痛も、どちらもその原因にはストレスがあります。

産後というのは、出産によって体力を大きく消耗した体を回復させながら、家事や慣れない育児をしなくてはいけません。

産後の生活というのは何かとストレスをためやすくなりがちなので、そのストレスが原因で頭痛を起こしやすくなります。

【産後の頭痛の原因②】寝不足

頭痛を引き起こす大きな原因となるストレスの大元の一つには、産後の睡眠不足があります。

赤ちゃんというのは、夜中でもおっぱいを求めて泣くもので、どうしてもお母さんは寝不足になります。

睡眠不足が続くと、ストレスや疲労が体に溜まっていき、それが頭痛などの体調不良の原因になります。

また、夜泣きが始まるとなかなか泣き止んでくれないことがストレスとなり、ますます頭痛が起こりやすくなります。

【産後の頭痛の原因③】肩こり

赤ちゃんのお世話をしていると、ずっと赤ちゃんを抱き続けることになるので、どうしても肩こりや腕の疲れがひどくなります。

肩こりや腕の疲れを感じることで、ストレスを感じ、偏頭痛が起こりやすくなるとともに、肩や首周りの血行も悪くなるので緊張性頭痛も起こりやすくなってしまいます。


【産後の偏頭痛の原因①】ホルモンバランスの変化

産後の偏頭痛の原因には、出産後にホルモンバランスが大きく変化することが挙げられます。

偏頭痛にはセロトニンというホルモンが大きく関係していることも伝えしましたが、このセロトニンの分泌には、エストロゲンという女性ホルモンが大きく関係しています。

妊娠中には、黄体ホルモンと同じ女性ホルモンであるエストロゲンも大量に分泌されていますが、出産するとエストロゲンの分泌が大きく減少します。

エストロゲンの量が減ると、セロトニンの量も減ってしまいます。セロトニンには血管を収縮させる作用があるので、セロトニンが減少することで頭の血管が拡張してしまい、これが偏頭痛の原因となってしまうのです。

【産後の緊張型頭痛の原因①】骨盤のゆがみ

次に緊張型頭痛の原因についてみていきましょう。緊張型頭痛が産後に起こりやすくなる原因の一つには、出産後に骨盤がゆがんでしまうことが挙げられます。

出産する時には、赤ちゃんの頭を産道に通すために骨盤の関節や靭帯が緩んで骨盤が開いてしまいます。

出産後には徐々に戻ってきますが、骨盤ベルトなどをしていないとどうしても筋肉量が減り、関節や靭帯が緩んでいるので、骨盤にゆがみが生じてしまいます。

骨盤に歪みがあると、背骨にも歪みが生じてしまい、肩こりや首コリの原因となってしまい、緊張型頭痛を引き起こす要因になってしまうのです。

【産後の緊張型頭痛の原因②】水分不足

出産後の緊張型頭痛の原因には、赤ちゃんに母乳をあげることによる、お母さんの体の水分不足も挙げられます。

体の中の水分が足りなくなると、血液がドロドロ血液となってしまい、血流や代謝がどうしても悪くなってしまい、緊張型頭痛を引き起こす要因となってしまいます。

特に汗をかきやすい夏場に、水分不足による緊張型頭痛が起こりやすいので、授乳中は、普段よりも一層こまめな水分補給に努めましょう。

■参考記事:産後は便秘になりやすい?コチラも参照!

産後の便秘の原因と解消法7選!【便秘が辛いママ必見】

【産後の緊張型頭痛の原因③】貧血

産後の緊張型頭痛の原因には、貧血もあると考えられています。出産する時には大量に出血する上、赤ちゃんに母乳をあげていると、赤ちゃんにあげるための鉄分が優先されて、お母さんの体は貧血になりやすくなります。

すると、鉄分が不足して貧血気味になると、脳に届ける酸素が少なくなってしまうので、頭痛やめまいを起こしやすくなります。

貧血によるめまいからふらつき起こしたりすると、転んだりして危険なので、食事だけで鉄分を取りきれない場合には、鉄分補給ができるサプリメント等を活用して、貧血にならないように気をつけましょう。

産後の頭痛にはどのような対処法が効果的?!

出産後のお母さんというのは、赤ちゃんのお世話に毎日毎日てんやわんやしているものですよね。

ひとときも赤ちゃんから目を離すことができない生活の中で、こめかみや後頭部がズキズキと痛くなったり、吐き気を催すような偏頭痛や緊張性頭痛が頻繁に起こるようでは、仕方がないことだとは思っても、毎日の生活にも支障が出てきてしまいます。

こめかみや後頭部がズキズキと痛むような産後の頭痛がひどい時には、何らかの対処法が必要になりますが、一体どのような対処法があるんでしょうか。

ここからはこめかみや後頭部がズキズキと痛みようなひどい頭痛がするときの対処法についてみていきたいと思います。

【産後の頭痛への対処法①】睡眠をしっかりと取る

まずは、こめかみの辺りが痛む偏頭痛にも、後頭部から首筋が痛む緊張性頭痛にも、どちらの頭痛にも共通している。産後の頭痛の対処法からみていきましょう。

偏頭痛も緊張性頭痛も、どちらも大きな原因には、睡眠不足があります。睡眠不足になると疲労感からめまいや倦怠感に襲われやすくなりますよね。

ですから、頭痛がひどい時にはしっかりと睡眠を取れるようにすることが大切です。

とは言っても、産後の生活では、夜の授乳もあるのでなかなかまとまって睡眠をとることは難しいですよね。

家族の協力も得て、家事は適当に手を抜いてみたり、食事は毎日手の込んだものを作るのではなく、時にはお惣菜を利用してみたりして、赤ちゃんが昼寝している時には一緒に横になれる時間を確保できるように生活の中で工夫してみましょう!!

■参考記事:産後の家事はいつから始めてOK?コチラも参照!

産後の家事はいつから再開できる?子育てはどうする?

【産後の頭痛への対処法②】ストレスをためない

偏頭痛でも緊張型頭痛でも、睡眠時間を十分に確保するほかに、ストレスをためないことも大切になります。

たまには子供を家族に預けて美容院や友達と食事に行ったり、子供と一緒に家の周りを散歩したり、家の中で簡単にできるストレッチやヨガをして気分転換をするようにして、育児のストレスをできるだけためないようにしましょう。

■参考記事:産後のイライラにどう対処すべき?コチラも参照!

産後のイライラの原因と解消法!いつまで続く?旦那にイライラする?

【産後の偏頭痛への対処法①】冷やす

次に、偏頭痛への対処法についてみていきましょう。

こめかみの辺りがズキズキと痛む偏頭痛がひどい時には、頭を冷やしましょう。こめかみの周りや後頭部から首筋にかけてを、濡れたタオルなどで冷やすことで、拡張して偏頭痛を引き起こしている。血管を収縮させる効果があります。

こめかみの辺りがズキズキと痛む偏頭痛がひどいときに、体が温まってしまうと、痛みがひどくなることが多いので、偏頭痛がひどい時には入浴は避けて、シャワーだけにするようにします。

【産後の偏頭痛への対処法②】休む

偏頭痛がひどい時には、脳を休めることが大切です。脳の活動を休めることで、血管の収縮が起きやすくなり、偏頭痛が収まりやすくなります。

音や光の刺激も、脳の活動を促してしまうので、横になって休んでもこめかみの辺りが痛む偏頭痛が治まらない時には、アイマスクや耳栓を使って外からの刺激をシャットアウトするようにすると良いでしょう。

【産後の偏頭痛への対処法③】カフェイン摂取

偏頭痛がひどい時には、コーヒーや紅茶などでカフェインを飲むことも効果的です。

他のほとんどの症状の場合には、カフェインを摂取することを控えましょうと言われることが多いのですが、偏頭痛に限っては適度な量のカフェインはこめかみの辺りがズキズキと痛む症状を抑えるために効果を発揮してくれます。

というのは、カフェインには血管を収縮させる作用があるからです。

しかし、母乳育児をしている場合には、カフェインは母乳を通して赤ちゃんに伝わってしまいます。またカフェインを飲みすぎると睡眠不足にもなってしまいます。

偏頭痛対策であっても、特に母乳育児をしている人は適度な量に抑えて、過剰摂取はしないように気をつけましょう。

【産後の緊張型頭痛への対処法①】適度な運動

次に緊張型頭痛の対処法についてみていきましょう。

後頭部が痛む緊張型頭痛が起こる原因というのは、首筋のコリにより血流が悪くなることです。だから、緊張型頭痛を軽減させるためには、頭への血流を良くすることを一番に考えます。

緊張型頭痛への対処法には、適度な運動をすることが大切です。適度な運動で体を動かして、全身の血行を促すことで、緊張型頭痛の原因となる首筋や肩のコリを軽減させることができます。

また体も血流がよくなり軽くなるので、めまいや倦怠感を感じていた人も、めまい倦怠感を感じにくくなります。

産後でも無理なく自宅でもできるヨガやストレッチなどをして、体の血流を良くして、頭痛やめまいを撃退するようにしましょう。

【産後の緊張型頭痛への対処法②】骨盤の歪みの矯正

産後の緊張型頭痛の対処法には、骨盤のゆがみを矯正することも大切です。

産後に開いてしまった骨盤のゆがみが背骨の歪みになり、ズキズキと痛む緊張型頭痛の原因となる、首コリや肩こりを引き起こしていることがあります。

だから、骨盤のゆがみを直すことで、緊張型頭痛を軽減させることができるのです。

骨盤矯正の整体やジムに通うのも効果が高いのですが、産後の体で赤ちゃんを抱えていたらなかなか整体やジムに通うことは難しいですよね。

骨盤ベルトや骨盤コルセットを付けたり、自宅でもほんの数分で簡単にできる骨盤体操をしたりして、骨盤のゆがみを治すように心がけましょう。

【産後の緊張型頭痛への対処法③】温める

緊張型頭痛の対処法は、温めることもとても大切になります。

首筋や肩を温めることで、コリをほぐして後頭部にかけてのそして痛みを緩和することができます。

また、入浴や体を温めるものを食べて、体全体を温めて血行を良くすることも緊張型頭痛の後頭部の痛みを緩和するのに役に立ちます。

冷やすのか、温めるのかというのは、偏頭痛と緊張型頭痛では対応が全く反対になるので間違いないように気をつけましょう。

間違えてしまうと、偏頭痛の緊張型頭痛の症状がさらに悪化してしまいます。

産後の頭痛 市販薬は飲んでも大丈夫?!

産後に吐き気を伴うような頭痛がひどい時には、市販の頭痛薬というの飲んでも大丈夫なのでしょうか。

妊娠前には、市販の頭痛薬をいつも飲んでいたという人も多いことでしょう。産後の頭痛でも、市販の頭痛薬を飲んでも大丈夫なのでしょうか。

母乳を完全に止めて、ミルク育児をしている人であれば、市販の頭痛薬を飲んでも特に問題はありません。

しかし、母乳育児をしている場合には、薬の成分が母乳から赤ちゃんに伝わってしまうこともあるので、病院でもらった以外の薬を飲んでも良いか、病院で相談しましょう。

病院で処方される薬の中には、少量であれば授乳中でも飲んでも大丈夫な痛み止めの薬もあります。授乳中に飲んでも問題がない薬なら、安心して使うことができますよね!!

産後の頭痛 病院へ行くべき?!

授乳中に頭痛薬を飲んでも良いか相談するほかに、産後の吐き気を伴うような頭痛が余りにもひどい時には、病院を受診したほうがいいのでしょうか。

妊娠前から病院に行かずに市販薬で頭痛を抑えてきた人の中には、頭痛くらいで病院へ行くことに抵抗もがる人もいるでしょう。

しかし、たかが頭痛とバカにせずに病院に行った方がいい場合もあります。

日常生活に支障が出るほどのひどい痛みが続いていたり、数日で収まるはずの頭痛が何週間も続いてるような場合には、何らかの病気が隠れている可能性もあります。

特に、妊娠中に病院で妊娠高血圧症候群と診断された人は、頭痛の原因が高血圧であることもあります。

偏頭痛や緊張型頭痛のほかに、頭痛を起こす原因が隠れている場合には、病院でそちらの治療もしなければいけません。

何か自分の体調でおかしいと思うことがあったら、遠慮せずに病院で診察してもらいましょう。

産後の頭痛は身体がバランスを取り戻すための通過儀礼!

妊娠から出産、そして産後の育児というのは、お母さんの体に大きな変化をもたらす大変なものです。

めまいや吐き気、頭痛に苦しめられてしまう人も多いのですが、特に病気などが隠れていなければ、こうしためまいや吐き気、頭痛といった症状は、産後の体のバランスを元に戻すための通過儀礼ともいえます。

あまりにもめまいや吐き気を伴うような頭痛がひどい時には、病院で検査したほうがいいですが、そうでない時には、これも通過儀礼だと思って、無理なく生活の中でできる対処法を工夫してみましょう!

産後の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

産後1ヵ月の過ごし方の注意点!【生活上の注意】
産後の高血圧の原因と症状は?治療法も解説!【必見】
産後の腹痛の原因は?痛みはいつまで?下腹部痛が辛い!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ