新生児の縦抱きは安全?縦抱きのメリット・デメリットは?

新生児の赤ちゃんを縦抱きしている人がいますが、新生児の赤ちゃんの縦抱きには、あまりいい顔をしない人もいます。縦抱きは本当に安全なのでしょうか?!授乳は楽になっても背骨などに影響はないのでしょうか?この記事では新生児の赤ちゃんの縦抱きについてお伝えします。

新生児の縦抱きは安全?縦抱きのメリット・デメリットは?のイメージ

目次

  1. 新生児の赤ちゃんを縦抱きするのはかわいそう?!
  2. 新生児の赤ちゃんを縦抱き 背骨への影響は?
  3. 新生児の赤ちゃんの縦抱き いつから大丈夫?
  4. 新生児の赤ちゃんの縦抱き 危険はないの?本当に安全?
  5. 新生児の赤ちゃんを縦抱きにするメリットとデメリットは?
  6. 【新生児の赤ちゃんの縦抱きのメリット①】機嫌がよくなる
  7. 【新生児の赤ちゃんの縦抱きのメリット②】スキンシップ
  8. 【新生児の赤ちゃんの縦抱きのメリット③】授乳時の負担軽減
  9. 【新生児の赤ちゃんの縦抱きのメリット④】授乳で乳腺炎予防
  10. 【新生児の赤ちゃんの縦抱きのメリット⑤】吐き戻し防止
  11. 【新生児の赤ちゃんの縦抱きのデメリット①】身体への負担
  12. 【新生児の赤ちゃんの縦抱きのデメリット②】長時間は無理
  13. 【新生児の赤ちゃんの縦抱きのデメリット③】やり方を正しく!
  14. 新生児の赤ちゃんの縦抱きのやり方は?
  15. 抱っこ紐を使う時は?抱っこ紐を使う時の縦抱きのやり方
  16. 新生児の赤ちゃんは縦抱きと横抱きを上手く組み合わせて!!

新生児の赤ちゃんを縦抱きするのはかわいそう?!

赤ちゃんが生まれて、子育てが始まると、子育てのやり方に関する情報にいろいろと振り回されてしまい、お母さんたちはあれがいいのか、これがいいのか、いろいろと悩んでしまいますよね。

そんな、子育てのやり方の情報の一つには、赤ちゃんのだっこの仕方があります。

首がすわらない時期の赤ちゃんでも、横抱きだけではなく、縦抱きでだっこをすることもできます。

縦抱きの方が、授乳するときにお母さんの体が楽ができたりするので、縦抱きをしているお母さんもよく見かけます。

しかし、首がすわらない赤ちゃんを縦抱きにする習慣がなかった年配の方からは、赤ちゃんがかわいそうだという声が聞こえてきたりします。

出産後の子育てで、毎日毎日大変な思いをしているお母さんにとっては、そういった声というのはちょっと辛いものがありますよね。

赤ちゃんの縦抱きというのは、本当にかわいそうなものなのでしょうか。それとも安全なのでしょうか。

また、縦抱きする場合にはどのようなやり方で縦抱きするのが良いのでしょうか。

この記事では、赤ちゃんの縦抱きに着いているよとお伝えします。

新生児の赤ちゃんを縦抱き 背骨への影響は?

赤ちゃんを縦抱きすることがかわいそうだという人の中には、赤ちゃんの背骨に縦抱きは大きな負担をかけると言う意見もあるのですが、本当に縦抱きが赤ちゃんの背骨に負担をかけるものなのでしょうか。

いろいろと縦抱きと背骨の発達との関係について、調べてみたのですが、赤ちゃんを縦抱きすることが、背骨の発達に影響があるのかどうかというのは、詳しいことはわかりません。

首がすわる前の縦抱きの背骨の影響については、お医者さんや助産師さんの間でも、背骨に影響があるという人もいれば、背骨には影響しないという人もいるのが現状です。

ただ、首がすわる前の赤ちゃんというのは、一日中だっこしているわけではありません。

多くの時間をお布団やベッドの上で過ごすものですよね。

その中で、だっこされる時間というのは一日のうちの数時間となります。

赤ちゃんの背骨というのとてもやわらかいので、もしも縦抱きをすることで背骨が変な方向へ曲がってしまうことがあったとしても、ますぐ横に寝かされることですぐに修正できるのではないでしょうか。

また、だっこしている時間のすべてを縦抱きにするわけではなくて、横抱きと縦抱きを交互にするのが実際のところですよね。

首が据わる前の赤ちゃんを縦抱きにしたとしても、背骨の発達への影響はそれほど大きくはないと考えられます。

ただ、丸一日中、寝かせたり、横抱きで抱いたりすることなく、ずっと縦抱きにしてるような場合には、背骨の発達に影響が出てくるようです。

背骨の発達を心配するのであれば、縦抱きは時間を区切って行うようにしましょう。

新生児の赤ちゃんの縦抱き いつから大丈夫?

新生児の赤ちゃんの縦抱きはいつからしても大丈夫なんでしょうか。

新生児の赤ちゃんの縦抱きをいつから始めても大丈夫かというと、実は生まれてすぐ縦抱きを始めても大丈夫だといわれています。

というのは、縦抱きは背骨の発達などに影響があるともいわれますが、実は、授乳のあとにゲップをさせる時には必ず縦抱きでゲップをさせます。

生まれてすぐに授乳は始まるので、いつから縦抱きをしても大丈夫かというと、生まれてすぐから大丈夫なのです。

しかし、縦抱きの姿勢でだっこ紐でだっこしてお散歩に出るようなことは、いつから大丈夫なのでしょうか?

長時間の縦抱きが大丈夫になるのは、いつからかというと、赤ちゃんの首や腰がしっかりとすわってからにしましょう。

新生児の赤ちゃんの縦抱き 危険はないの?本当に安全?

首のすわらない赤ちゃんを縦抱きにすることは、危険が大きいという人がいますが、実際のところは、縦抱きには危険があるものなのでしょうか。

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんというのは、背骨がまだしっかりと固まっておらず、背骨で重い頭も上半身も支えることができません。

その状態で、縦抱きにするということは、支える力がないのに無理やり縦にする状態だともいるので、危険だと考えてしまう人もいます。

確かに、その状態で長時間縦抱きにすることはあまり好ましくありませんが、首と腰をしっかりと手で支えて、正しい方法で短時間縦抱きにする分には危険性は全くありません。

縦抱きをしていい時間の目安というのも実は基準がないのですが、短時間の縦抱きであれば、安全だと言えるでしょう。

新生児の赤ちゃんを縦抱きにするメリットとデメリットは?

新生児の赤ちゃんを縦抱きにすることは、賛否両論あるのは確かです。

新生児の赤ちゃんを縦抱きにすることには、いつからやっても良いのかという議論もあれば、メリットもあればデメリットもあります。

一体、新生児の赤ちゃんを縦抱きにすることにどのようなメリットとデメリットがあるのかここから見ていきましょう。

【新生児の赤ちゃんの縦抱きのメリット①】機嫌がよくなる

新生児の赤ちゃんを縦抱きにするするメリットには、赤ちゃんの機嫌が良くなることがあるというのがあります。

生まれてからいつからかずっと横に寝かされてきた赤ちゃんが縦抱きにされると、視界が変わります。

生後2ヶ月ぐらいになると、徐々に視力も発達してきて、ぼんやりとですが周りの様子を目で見ることもできるようになってきます。

縦抱きにして、横抱きや横に寝かされていた時とは視界が変わることで、御機嫌になり、縦抱きにするとどんなにひどく泣いていても、すぐに泣きやんでしまうという赤ちゃんもいるくらいです。

いつから縦抱きにしようか迷っているのなら、今日から縦抱きをはじめて赤ちゃんに違う世界を見せてあげてはいかがでしょうか?!

■参考記事:新生児の目はいつから見える?コチラも参照!

赤ちゃんの目はいつから見える?新生児の視力はどのくらい?

【新生児の赤ちゃんの縦抱きのメリット②】スキンシップ

新生児の赤ちゃんを縦抱きにするメリットとしては、子育て中のお母さんとの密着度が横抱きの時よりも増すので、スキンシップがより取れるようになるというのがあります。

新生児の赤ちゃんを縦抱きにするときには、お母さんは、赤ちゃんの首と腰をしっかりと手で支えなくてはいけません。


すると、赤ちゃんの胸とお腹がお母さんの胸にぴったりとくっつくような姿勢になります。

お母さんに体ごとぴったりと張りつくような姿勢になることで、赤ちゃんの気持ちに影響があり、より落ち着くというのも縦抱きのメリットとしてあるようです。

いつから縦抱きを始めようか悩んでいるのなら、今日から始めて、より赤ちゃんとの密着を楽しんでみてはいかがでしょうか?!

■参考記事:新生児が笑うのはいつから?コチラも参照!

赤ちゃんが笑うのはいつから?新生児が笑う理由とは?

【新生児の赤ちゃんの縦抱きのメリット③】授乳時の負担軽減

授乳するときに縦抱きであげると、お母さんの負担が軽減するというメリットがあります。

横抱きで授乳をすると、お母さんは赤ちゃんの体をじっと手で抱えていなければいけません。

授乳回数は新生児のうちは一日に20回を超えることもありますよね。


赤ちゃんをだっこするのがお母さんの体力にかなりの影響して、腱鞘炎になってしまうお母さんも多いものです。

その点、縦抱きで授乳をするときには、赤ちゃんを自分の太腿の上に座らせて授乳させることができるので、ずっと横抱きで抱えながら授乳をしている時に比べると、お母さんの腕の負担が少なくなるのもメリットとして挙げられます。

■参考記事:新生児への授乳、コチラも参照!

新生児の母乳量や回数の目安は?飲み過ぎは良くない?

【新生児の赤ちゃんの縦抱きのメリット④】授乳で乳腺炎予防

授乳中のお母さんの中には、乳腺炎に苦しむお母さんも多いものです。

乳腺炎というのは、乳腺に母乳が詰まってしまうことでなるので、赤ちゃんに頻繁におっぱいを吸って母乳を吸い出してもらうことで予防ができます。

乳腺炎を予防するためには、赤ちゃんに様々な方向からおっぱい吸ってもらうことが大切だと言われています。

そのために、授乳をする時に、横抱きと縦抱きの両方で授乳をすると、おっぱいを吸うときの角度が変わるので、乳腺炎を予防することができます。

【新生児の赤ちゃんの縦抱きのメリット⑤】吐き戻し防止

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんというのは、胃腸の働きがまだ未熟なので、せっかく飲んだ母乳やミルクを吐き戻してしまうことがあります。

しかし、縦抱きで飲ませていると、姿勢が縦にまっすぐになり、胃腸が身体の下の方になります。

胃腸が下になるために、重力により飲んだ母乳が自然に胃腸へと落ちていきます。

このために、横向きで飲ませている時よりも吐き戻しが少なくなります。

赤ちゃんも飲みやすいのか、母乳を飲む量が増える赤ちゃんもいると言われています。

【新生児の赤ちゃんの縦抱きのデメリット①】身体への負担

次に、新生児の赤ちゃんを縦抱きにすることのデメリットについてみていきましょう。

新生児の赤ちゃんを縦書きにすることのデメリットには、あまり長時間縦抱きにし続けると、赤ちゃんの身体へ大きな負担をかけることもあります。

また、お母さんの手でしっかりとまだすわっていない首と腰を支えてあげないと、上半身や首がぐらぐらになってしまい、赤ちゃんの体に負担をかけてしまいます。

赤ちゃんを縦抱きにするときには、正しい姿勢で短時間ずつ縦抱きにするようにしましょう。

【新生児の赤ちゃんの縦抱きのデメリット②】長時間は無理

新生児の赤ちゃんを縦抱きにすることのデメリットとしては、長時間縦抱きでいることはできないということです。

まだ背骨がちゃんと固まっていない赤ちゃんにとっては、長い時間縦抱きでだっこされているというのは、やはり体へ負担を掛けてしまうことになります。

首や腰がすわらない赤ちゃんを、長時間だっこしなければならない時には、縦抱きと横抱きを交互に繰り返すなどしましょう!

縦抱きが長時間にならないような工夫をすることが大切なります。

【新生児の赤ちゃんの縦抱きのデメリット③】やり方を正しく!

新生児の首のすわらない赤ちゃんを横抱きにするときには、たいていどんなだっこのやり方でも大丈夫なものです。

しかし、縦抱きにするときには、間違っている方で縦抱きにしてしまうと、短時間でも赤ちゃんの体に大きな負担をかけてしまうことになりかねません。

だっこする大人の人も、ちゃんとしたコツを覚えることが大切なので、誰でも縦抱きでだっこができるというものでもないのが、縦抱きのデメリットといえるでしょう。

新生児の赤ちゃんの縦抱きのやり方は?

ここまで、縦抱きのメリットやデメリットについていろいろと見てきました。

その中で、子育てでは縦抱きの正しいやり方が大切だということをお伝えしてきましたが、それでは実際に赤ちゃんの縦抱きの正しいやり方というのはどのようなやり方があるのでしょうか。ここからみていきましょう。

赤ちゃんを寝ている状態から縦抱きで抱っこするやり方

赤ちゃんを寝ている状態から縦抱きでだっこするときには、まずは片方の手を赤ちゃんの首の下に入れて指をしっかりと広げて、首と頭を手でしっかりと支えます。

次に、赤ちゃんの腰の下にも片方の手を入れて、指を広げて腰をしっかりと支えます。

そしたら頭の方から持ち上げて、赤ちゃんの胸とだっこする人の胸をしっかりと密着させます。

抱っこ紐を使う時は?抱っこ紐を使う時の縦抱きのやり方

子育てを始めるに当たって、抱っこ紐を用意したお家も多いことでしょう。

子育てをする上で抱っこ紐を使って縦抱きをする時には、どのような注意をしたらいいのでしょうか。

縦抱きをするために抱っこ紐を選ぶ時には、赤ちゃんの体をきっちりと固定できるタイプの抱っこ紐を選ぶようにしましょう。

しっかり抱っこ紐で固定できるタイプの抱っこ紐でないと、首や腰がグラグラとしてしまい、赤ちゃんの体に負担を掛けます。

しっかりと赤ちゃんの体を固定できる抱っこ紐を使ったとしても、必ず頭は支えましょう。

抱っこ紐使っていたとしても、常に赤ちゃんの後頭部の下の方を支えてあげることが大切です。

また、日本人の赤ちゃんというのは、股関節脱臼をしやすいので、抱っこ紐を選ぶときにも、股関節が窓ガラスに張り付いたカエルさんの足のようにしっかりと開くタイプの抱っこ紐を選ぶようにしましょう。

抱っこ紐を使って赤ちゃんを縦抱きにすると、お母さんの負担も大きく軽減されます。

安全に縦抱きをするためにも、抱っこ紐を使う時には、ここに挙げた点をよく注意してください。

おくるみやスリングを使って縦抱きをするやり方

子育ての方法には抱っこ紐の他にも、おくるみやスリングを使って縦抱きにする方法もあります。

おくるみを使う方法は、おくるみで赤ちゃんの体をしっかりとくるんでから縦抱きにすると、何もしない状態で縦抱きにする時に比べると、だっこしやすくなります。

スリングを使うときも、新生児でも縦抱きにすることができるスリングもあります。スリングは種類によって使い方が変わってくるので、スリングの使い方は説明書をよく読んでください。

新生児の赤ちゃんは縦抱きと横抱きを上手く組み合わせて!!

まだ首のすわらない新生児の赤ちゃんを縦抱きにすることの、背骨の影響や、メリットやデメリット、いつから縦抱きにできるのかと言ったことについていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

子育てをしていると、様々な情報に振り回されてしまいますよね。だっこのやり方もいつから縦抱きをしていいのかしていいのか、縦抱きがいいのか、横抱きがいいのか、どちらが子育てをする上で何がいいのか本当に迷ってしまうこともあります。

しかし、縦抱きにはここまで見てきたようにメリットとデメリットがあります。

それを理解した上で、うまく横抱きと組み合わせて子育てができればいいですね。

新生児の子育てについてもっと情報を知りたいアナタに!

赤ちゃんと添い寝はいつから?新生児と一緒に安全に寝る方法解説!
新生児が嘔吐する原因は?赤ちゃんが吐き戻したときの対処法について
新生児が白目をむく原因は?特に問題はない?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ