妊娠3ヵ月目の症状!体重やお腹の大きさは?出血は流産の可能性?

妊娠生活もいよいよ慣れてくる妊娠3ヶ月目。お腹も少し目立ってきて、ママとしての自覚も出てくる頃でもあります。当記事では妊娠3ヶ月目に出てくる症状やお腹の大きさ、また出血や流産する可能性についても詳しくご紹介していきます!妊娠3ヶ月目の女性は是非ご覧ください!

妊娠3ヵ月目の症状!体重やお腹の大きさは?出血は流産の可能性?のイメージ

目次

  1. 妊娠3ヶ月目ってどんな時期?
  2. 妊娠3ヶ月目のお腹の赤ちゃんの様子とは?
  3. 妊娠3ヶ月目の赤ちゃんの様子(1)大きさ
  4. 妊娠3ヶ月目の赤ちゃんの様子(2)見た目
  5. 妊娠3ヶ月目の時期に起こる様々な母体の変化とは?
  6. 妊娠3ヶ月目の母体の変化(1)体重が増加する
  7. 妊娠3ヶ月目の母体の変化(2)つわりの症状があらわれる
  8. 妊娠3ヶ月目の母体の変化(3)情緒不安定になる
  9. 妊娠3ヶ月目の母体の変化(4)おりものが変化する
  10. 妊娠3ヶ月目の母体の変化(5)肌質が変わる
  11. 妊娠3ヶ月目の母体の変化(6)いつも眠い状態が続く
  12. 妊娠3ヶ月目の母体の変化(7)食べ物の好みが変わる
  13. 妊娠3ヶ月目の母体の変化(8)便秘になる
  14. 妊娠3ヶ月目の母体の変化(9)頻尿になる
  15. 妊娠3ヶ月目の母体の変化(10)胸が張る
  16. 妊娠3ヶ月目は出血や流産をしやすい時期!無理は禁物!
  17. 妊娠3ヶ月目に気を付けたいこと(1)重い物を1人で運ばない
  18. 妊娠3ヶ月目に気を付けたいこと(2)お酒を控える
  19. 妊娠3ヶ月目に気を付けたいこと(3)タバコを吸わない
  20. 妊娠3ヶ月目に気を付けたいこと(4)過労に注意する
  21. 妊娠3ヶ月目に気を付けたいこと(5)食べる物に気を配る
  22. まとめ

妊娠3ヶ月目ってどんな時期?

新しい命を授かって妊娠3ヶ月目。妊娠3ヶ月目を迎える女性は少し妊娠にも慣れてきた頃ではないでしょうか?または色々と訪れる体の変化でようやく自分が妊娠していることに気付いた人もいるかもしれませんね。

妊娠期間はまず妊娠1週目から3週目までを妊娠超初期、4週目から15週目までを妊娠初期、16週目から27週目までを妊娠中期、28週目から39週目までを妊娠後期と呼びます。

妊娠3ヶ月目は妊娠初期にあたり、実は最も流産の危険が高い時期であるとも言われています。

流産の危険が高い時期であるというと怖くなってしまう人もいるかもしれませんが、あまり流産を心配すぎるのも考えものです。妊娠3ヶ月目の女性はお腹の赤ちゃんのためにも、規則正しい生活を心がけることを第一に考えるようにすることが何よりも大切です。

妊娠3ヶ月目のお腹の赤ちゃんの様子や大きさ、また母体にあらわれる体の変化や症状をじっくりとみていきましょう!

妊娠3ヶ月目のお腹の赤ちゃんの様子とは?

それではまず妊娠3ヶ月目のお腹の赤ちゃんの様子をみていきましょう!妊娠3ヶ月目は器官形成期といって赤ちゃんの体の重要な部分が作られていくとても大切な時期になります。

妊娠してから赤ちゃんの体はどんどん大きくなっており、妊娠8週目を迎える頃には胎芽(たいが)と呼ばれていた赤ちゃんは胎児と呼ばれるようになります。

妊娠3ヶ月目には既に母体では胎盤も完成し、赤ちゃんはへその尾を通して母体から栄養を摂取するようになり、見違えるように大きくなっていきます。

妊娠初期は頻繁に産婦人科で妊婦健診を受けることになりますが、毎回赤ちゃんの様子を確認できるのが楽しみな時期でもありますね!

妊娠3ヶ月目の赤ちゃんの様子(1)大きさ

妊娠3ヶ月目の赤ちゃんの大きさですが、これは一言で妊娠3ヶ月目といっても妊娠8週目、9週目、10週目、11週目でかなり大きさも変わってきます。

妊娠9週目の赤ちゃんは慎重はおよそ2センチから3センチで体重は3グラムから12グラム程度、妊娠11週目になると慎重は9センチを超え体重も20グラムを超えてきます。

妊娠3ヶ月目になるとお腹の赤ちゃんの身長や大きさから計算して、最終月経開始日を覚えていない人でも赤ちゃんの出産予定日を知ることが出来るようになります。

妊婦健診では超音波を使って3Dエコーや4Dエコーなどでお腹の赤ちゃんの様子をはっきりと確認できるようになります。

妊娠3ヶ月目の赤ちゃんの様子(2)見た目

妊娠3ヶ月目の赤ちゃんの見た目ですが、この時期の赤ちゃんは何とも可愛らしい3等身に成長します。水かきのついていた指もそれが綺麗になくなり、小さいながらも人の指の形に変化しています。

またさらにエコー写真では赤ちゃんが微かに動く様子まで確認できるようになるため、母体である女性はお腹に赤ちゃんが宿っていることを強く実感することができるようになります。

またさらに妊娠3ヶ月目の赤ちゃんは未熟ながら生殖器もどんどん発達しています。胎盤の中でおしっこを出す様子が確認できたり、早くも男女の性別の区別がつくこともあります。

まだほんの数センチの大きさの赤ちゃんではありますが、顔の部分には歯の根元が作られ、あごや頭蓋骨などが発達するためさらに愛らしい見た目に変化していきます。

妊娠3ヶ月目の時期に起こる様々な母体の変化とは?

それでは次は妊娠3ヶ月目の時期に起こる様々な母体の変化も合わせてご紹介致します。

妊娠が始まってから母体は赤ちゃんを守るために劇的な変化が始まっていますが、妊娠3ヶ月目にはそれらの変化が目立って表に出てくるようになります。

女性は妊娠すると妊娠ホルモンが分泌されますが、このホルモンが女性の体に体重の変化やおりものの変化などをもたらしていくことになります。

女性は妊娠すると妊娠前に比べて体調が思わしくなかったり気分がすぐれない日も出てきますが、全てお腹の赤ちゃんが成長するためだと思えば喜ばしいことだと感じることもできますよね!

次は妊娠3ヶ月目を迎える母体に起こる変化を10個ご紹介致します。知識があれば焦る事もなくゆったりと構えることができるようになりますので、ぜひ1つずつゆっくり確認してみてくださいね。

妊娠3ヶ月目の母体の変化(1)体重が増加する

妊娠3ヶ月目の母体の変化の1つめは、まず体重が増加することです。

これまでスリムなモデル体型を維持していた女性にとっては、体重が増加することはあまり嬉しくないことかもしれません。また、まだお腹の赤ちゃんの大きさも数センチなのにどうして体重が増えるのか不思議に思う人もいるかもしれませんね。

実は女性は妊娠すると赤ちゃんを守るために徐々に体内に脂肪を蓄え始めます。また妊娠で体がむくんだり、胎盤が完成すると羊水も蓄えられるようになるため、それらの重さも体重の増加の原因になります。

妊娠が発覚するとたくさん栄養を取らなくてはと食事量を増やす人も多いのですが、妊娠初期に急激に体重が増えるのはあまり喜ばしいことではありません。

痩せすぎも太りすぎも母体に様々な悪影響を与えてしまうため、食事の量は適切に管理するのが望ましいですね。

妊娠3ヶ月目の母体の変化(2)つわりの症状があらわれる

妊娠3ヶ月目の母体の変化の2つめは、つわりの症状があらわれるということです。

つわりの症状は早い人は妊娠2ヶ月目頃から始まる人もいるのですが、多くの人は妊娠3ヶ月目頃を目安に始まると言われています。時々つわりの症状がないという人もいるのですがそれはほんのごく一部の人であり、大抵の人は妊娠するとつわりの症状を経験することになります。

つわりの症状は臭いがキツイものの近くにいると急激な吐き気に襲われたり、症状がひどい人は食事が一切取れなくなってしまうこともあります。

つわりの症状がいつ終わるのかは個人差が大きいのですが、一般的には安定期に入る5ヶ月目頃には症状が改善すると言われています。

あまりに何も食べられない時は病院で点滴をしなければならない時もあります。症状がひどい時は1人で我慢せず、かかりつけの産婦人科で診察を受けて早めの処置を受けるようにしましょう。

■参考記事:妊娠初期のつわり、いつまで続く?コチラも参照!

妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】

妊娠3ヶ月目の母体の変化(3)情緒不安定になる

妊娠3ヶ月目の母体の変化の3つめは、情緒不安定になることです。

情緒不安定な症状とは些細なことが原因で悲しくなってしまったり、イライラしてしまうような症状のことをいいます。いわゆるマタニティブルーと呼ばれる心理症状です。

妊娠3ヶ月目に起こりやすい情緒不安定な症状は、妊娠によるホルモンバランスの乱れが原因だと考えられています。

また妊娠を自覚することで腹痛が起こるのではないかという不安や、パートナーの協力を得られないかもしれないという子育てへの不安を感じることでも症状が出やすくなります。

妊娠3ヶ月目の情緒不安定を改善するためには、気持ちに余裕を持つことが大切です。実家がある人はちょっと両親や兄弟姉妹に甘えて愚痴を聞いてもらったり、パートナーや友人とゆっくり外食を楽しむだけでも症状が治まり気分が晴れることもあります。

周囲の人の力を借りてつらいマタニティブルーの時期を乗り越えましょう。

妊娠3ヶ月目の母体の変化(4)おりものが変化する

妊娠3ヶ月目の母体の変化の4つめは、おりものが変化することです。

通常であれば女性の体からでるおりものは白っぽい色をしていて臭いもあまり無いものですが、妊娠中はこのおりものが黄色や茶色になったり量が非常に多くなったりすることがあります。またおりものの臭いもキツくなったりドロリとした塊で出てくることもあります。

あまり気持ちの良いものではないおりものですが、おりものは膣から細菌やばい菌が入るのを防ぐ目的もあり、妊娠中にたくさんおりものが分泌される時はそれだけお腹の赤ちゃんを守っているということになります。

このおりものの症状の変化は妊娠によるホルモンの変化のために起こるもので、腹痛などが無ければ特に心配しなくても大丈夫です。

ただしおりものが赤やピンクなど鮮やかな色をしている時は出血している可能性もあるため注意が必要です。またおりものの変化と一緒に腹痛がある場合は流産になりかけていることもありますので、すぐに産婦人科を受診する必要があります。おりものは母体と赤ちゃんの危険を察知するサインにもなります。

妊娠3ヶ月目は流産を起こしやすい時期です。妊娠中は普段以上におりものの様子や症状をよく確認し、少しでもおりものに違和感を感じた時はすぐに医師に診てもらうようにしましょう。

妊娠3ヶ月目の母体の変化(5)肌質が変わる

妊娠3ヶ月目の母体の変化の5つめは、肌質が変わることです。

妊娠3ヶ月めになると、女性の体内では妊娠ホルモンと言われるプロゲステロンやエステロゲンが大量に分泌されます。この女性ホルモンの影響を受けて肌質が大きく変わってしまうことがあります。

肌質の変化は色々ありますが、これまでオイリー肌だった人が乾燥肌になってしまったり、綺麗な美肌だった人が吹き出物に悩まされるようになることもあります。

人によっては肌にかゆみが出てしまったり、これまで普通に使っていた化粧水などが肌に合わなくなってしまうことも稀に起こります。この肌質の変化の症状は出産を終えると不思議とピタッと治まる場合もあれば、出産後もずっとその肌質が続く場合もあります。

妊娠は女性の体にとって特別大きな出来事です。肌質がどう変化するかは予測できないだけに悩まされる人が多い症状でもあります。

妊娠3ヶ月目の母体の変化(6)いつも眠い状態が続く

妊娠3ヶ月目の母体の変化の6つめは、いつも眠い状態が続くことです。

妊娠超初期の時期にも母体は眠気の症状が出やすいのですが、妊娠初期である3ヶ月目でもまだ眠くて眠くて仕方がないという人は、妊娠ホルモンであるプロゲステロンの影響を受けているために起こります。

妊娠3ヶ月目の強い眠気は眠気のつわりとも呼ばれており、仕事を続けている人にとってはとても厄介な症状の1つになります。

眠気のつわりは腹痛や出血を起こすものではないため流産になる恐れなどは無いのですが、何とかしたいと考える人も多いものです。

眠気のつわりの症状を改善するためには、無理をせず少し横になる時間を作ることです。仕事をしている人は難しいかもしれませんが、少しでも昼休憩の時間などに眠ることができれば症状は改善されていきます。

■参考記事:妊娠中の眠気対策、コチラも参照!

妊婦は眠い!妊娠中の眠気の原因と対策を解説!なぜ眠いの?

妊娠3ヶ月目の母体の変化(7)食べ物の好みが変わる

妊娠3ヶ月目の母体の変化の7つめは食べ物の好みが変わることです。

妊娠3ヶ月目はつわりが始まる時期ですが、そのことも影響して食べ物の好みが変わる人も出てきます。妊娠中は酸っぱい物も食べたくなるというのは有名ですが、それまで好きだった物が見るのも嫌になってしまったり、これまで苦手だった物が大好物になることもあります。

食べ物の好みが変わるのもつわりの一種であると考えられますが、これは女性ホルモンの変化によって自律神経にも影響を与えることが原因だと考えられています。

また好きな食べ物を延々と食べ続けてしまうような執着心が出ることもありますが、あまり母体の体重が増えることは良くありませんので、食べ過ぎには注意が必要です。

妊娠3ヶ月目の母体の変化(8)便秘になる

妊娠3ヶ月目の母体の変化の8つめは、便秘になることです。

妊娠3ヶ月目に便秘になる人が多いのは、こちらも妊娠ホルモンの影響があると考えられます。また妊娠中はお腹が空きやすいため食べる量は増えるのに、水分の摂取量が妊娠前と同じである場合なども便が固くなって出にくくなることもあります。

またさらに妊娠3ヶ月目は世間一般的に流産をしやすい時期であると言われるため、強くいきむことができないのも原因になります。出血するかもしれない不安や、流産してしまうのではないかという不安な気持ちが便を出しにくくしてしまうのです。

しかし便秘は腹痛を引き起こしたりお腹が張って気分が悪くなってしまうこともあるため、我慢しすぎるのも良くありません。

どうしても出血や流産が怖くて自分では固い便を出しにくい場合は、かかりつけの産婦人科で薬を処方してもらうのもオススメですよ。

■参考記事:妊娠中の便秘解消法は?コチラも参照!

妊婦の便秘解消法とは?妊娠初期になりやすい原因は?妊娠中の女性必見

妊娠3ヶ月目の母体の変化(9)頻尿になる

妊娠3ヶ月目の母体の変化の9つめは、頻尿になることです。

便秘に頻尿とは少し気が重くなってしまう人もいるかもしれませんが、お腹の子宮の大きさがどんどん増していく妊娠中は頻尿が起こるのは仕方がないことです。

妊娠3ヶ月目ともなるとお腹の赤ちゃんの大きさもかなり大きくなり、その赤ちゃんを包み込む子宮の大きさは大人の女性の握りこぶし程度の大きさにまで成長しています。

赤ちゃんの大きさや子宮の大きさは妊娠初期の時期はさらにどんどん大きくなり、頻尿は出産まで続くこともよくあります。

妊娠と頻尿は切り離せない症状になりますので、尿取りパッドや生理ナプキンなどを活用して外に臭いが漏れ出ないように対処するようにしましょう。

妊娠3ヶ月目の母体の変化(10)胸が張る

妊娠3ヶ月目の母体の変化の10個目は、胸が張ることです。

女性の体は妊娠すると赤ちゃんのために色々なところが変化していきます。胸もその1つで、ピンク色だった乳首は茶色くなり乳頭も次第に大きくなります。

さらに母乳を作り出すために乳腺も発達するため、全体的に胸が大きく張ってくるようになります。

妊娠3ヶ月目になっていよいよ体重が増えてきたと思っていた人は、実は胸の大きさが非常に大きくなっていただけだったというケースもあるほどです。

これまで使っていたブラとはサイズが異なるようになるため、新しい下着が必要になることもあります。妊娠中にサイズが変わってブラを新しく購入するときは、ワイヤー入りのブラでは苦しい時もあるためノンワイヤーなどの肌に優しいものを選ぶのがおすすめですよ。

妊娠3ヶ月目は出血や流産をしやすい時期!無理は禁物!

妊娠3ヶ月目は母体も赤ちゃんの様子も大きく変わる時期ですが、妊娠期間中で最も出血や流産を起こしやすい非常にデリケートな時期でもあります。

つわりや便秘や頻尿など悩みもたくさん出てくる時期ではありますが、安定期に入るまでは無理は禁物です。

次は妊娠3ヶ月目の女性が特に気を付けたいことを5つご紹介致します。腹痛や出血、流産を心配しすぎると何も出来なくなってしまいますが、赤ちゃんや母体に負担をかけることはなるべく控えるようにしたいものですよね。

妊娠3ヶ月目に腹痛などを起こさないために気を付けたいことを5つまとめましたので、妊娠中の人はぜひ一度目を通してみてくださいね。

妊娠3ヶ月目に気を付けたいこと(1)重い物を1人で運ばない

妊娠3ヶ月目に気を付けたいことの1つめは、重い物を1人で運ばないということです。

妊娠3ヶ月目のデリケートな時期に重い物を持つと下半身に力が加わり、腹痛を起こしたり出血してしまう危険があります。一度や二度なら大丈夫でも、毎日のように重い物を持ったり運んだりするのはやめておいた方が無難です。

職場などでは妊娠している事情を話しておけば周囲の人に助けを求めやすくなります。1人で頑張りすぎて腹痛を起こしたり出血してしまうとかえって周りの人に迷惑をかけてしまうことにもなりますので、手伝ってもらえるものは甘えることも大切です。

また買い物をする時は出来るだけパートナーの男性と一緒に出かけて荷物を持ってもらったり、それが出来ない時はネットスーパーや宅配などを利用して重い物を1人で運ばないように十分注意しましょう。

妊娠3ヶ月目に気を付けたいこと(2)お酒を控える

妊娠3ヶ月目に気を付けたいことの2つめは、お酒を控えることです。

アルコールは百薬の長とも言いますが、妊娠中の女性に限ってはそれはあまり当てはまりません。実は妊娠中でも軽いお酒をグラスに1杯程度であればお腹の赤ちゃんには影響はないと言われていますが、出血や流産、腹痛になるリスクを抱えてまで飲むことはありません。

妊娠中にお酒を飲み過ぎると、そのアルコールによって赤ちゃんが未熟児で生まれてしまう確立を上げてしまうことも分かっています。

お腹の赤ちゃんを守り腹痛などを起こさないためには、大好きなお酒も出産後のお楽しみにとっておいてはいかがでしょうか。

妊娠3ヶ月目に気を付けたいこと(3)タバコを吸わない

妊娠3ヶ月目に気を付けたいことの3つめは、タバコを吸わないことです。

お酒のアルコールと同様に、妊娠3ヶ月目の妊婦さんはタバコも控える事が望ましいと言われています。タバコに含まれているニコチンは血液の循環を阻害してしまうことが分かっており、お腹の赤ちゃんに十分な酸素が供給されなくなる恐れが出てきます。

妊娠中にタバコを吸い続けるとお腹の赤ちゃんの発育が阻害されたり、または赤ちゃんが奇形で生まれてくる可能性を高めることになってしまいます。さらに最悪の場合は腹痛や出血を引き起こして流産につながる可能性もゼロではありません。

タバコの怖いところは、妊婦の女性が自分で吸っていない場合も周囲の人が吸っているとその汚れた副流煙を吸い込んでしまう恐れがあることです。

パートナーである男性も禁煙に協力することはもちろんですが、妊婦である女性自身も街の喫煙スペースには近寄らないようにしたり、飲食店は全面禁煙のお店を選ぶなど注意したいものですね。

妊娠3ヶ月目に気を付けたいこと(4)過労に注意する

妊娠3ヶ月目に気を付けたいことの4つめは、過労に注意することです。

女性でもバリバリ働いている人はたくさんいます。妊娠しても出産ギリギリまで仕事をしている人もたくさんいます。家事や上の子の育児についても同様です。

しかし身体がしんどい時に十分な休養を取らずにいると、過労によって体重が減少してしまったり腹痛や出血によってお腹の赤ちゃんに危険を及ぼすことがあります。

何かにつけて責任感が強く頑張ってしまう人は、妊娠中は妊娠前に比べて疲れやすくなっていることを自覚しなければなりません。

母体である妊婦さんの体重が減少するということは、赤ちゃんに必要な栄養が確保できていない可能性もあります。さらに腹痛や出血、流産と取り返しのつかない事態になることもありますので、過労には注意するようにしましょう。

妊娠3ヶ月目に気を付けたいこと(5)食べる物に気を配る

妊娠3ヶ月目に気を付けたいことの5つめは、食べる物に気を配ることです。

妊娠3ヶ月目はつわりで味覚が変わることがあると上記でご紹介しましたが、実は妊娠中にはあまり食べない方が良いとされている食材があるのをご存知でしょうか?

妊娠中は食べない方が良いものは、寄生虫が怖い火を通していない魚や肉などの生のもの、殺菌が十分でない乳製品などが挙げられます。

これらの食材を食べることで母体である妊婦さんが万が一食中毒などにかかってしまうと、ひどい腹痛で下痢や出血を起こしたり、脱水症状になる恐れもありお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまいます。

妊娠3ヶ月目は何でもバランスよく食べなければいけない時期ですが、腹痛や下痢を起こす食中毒や寄生虫には十分気を付けましょう。

まとめ

妊娠3ヶ月目の母体やお腹の赤ちゃんの症状や変化、また妊娠3ヶ月目の妊婦さんが気を付けたいことなどをご紹介致しました。

妊娠3ヶ月目は母体も繊細で体重も増えやすく非常にデリケートな時期です。妊娠3ヶ月目を迎えた女性は、毎日の体重の変化やおりものの変化などをよくチェックし、赤ちゃんと共に健康的な生活を送りたいものですね!

妊娠生活についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊婦はインフルエンザ予防接種を受けるべき?【妊娠中】
妊婦がうなぎやレバーを食べても大丈夫?妊娠中の胎児への影響は?
妊娠中の膀胱炎の症状は?治療法は?薬を飲んでも大丈夫?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ