妊娠34週目の胎児の体重は?胎児・母体の症状や過ごし方も解説!

とうとう妊娠9か月目も後半に入り妊娠34週目になりました。妊娠34週目の赤ちゃんの体重や、ママの様子はどうなのでしょうか?!妊娠34週目のママの過ごし方も気になります。切迫早産や逆子と診断されたらどうしたらいいのでしょうか?!気になるあれこれお伝えします。

妊娠34週目の胎児の体重は?胎児・母体の症状や過ごし方も解説!のイメージ

目次

  1. 妊娠34週目!赤ちゃんはどんな感じ?ママの体調は?!
  2. 妊娠34週目の赤ちゃんの発達は?エコーには?
  3. 【妊娠34週目の赤ちゃん①】体重と身長は?
  4. 【妊娠34週目の赤ちゃん②】自律神経が発達!
  5. 【妊娠34週目の赤ちゃん③】20分から30分おきに睡眠を!
  6. 【妊娠34週目の赤ちゃん④】ふっくらと赤ちゃんらしく!
  7. 【妊娠34週目の赤ちゃん⑤】骨がしっかりと!!
  8. 【妊娠34週目の赤ちゃん⑥】内臓は新生児並に!!
  9. 【妊娠34週目の赤ちゃん⑦】胎動には個人差が!
  10. 【妊娠34週目の赤ちゃん⑧】目の色が青に!
  11. 妊娠34週目の頃のママの様子は?!
  12. 【妊娠34週目のママの様子①】産休に入ります!
  13. 【妊娠34週目のママの様子②】骨盤付近が緩くなる!痛みも!
  14. 【妊娠34週目のママの様子③】おりものが増える
  15. 【妊娠34週目のママの様子④】肋骨の痛みも!
  16. 【妊娠34週目のママの様子⑤】妊娠線が増える!!
  17. 【妊娠34週目のママの様子⑥】足のむくみが!!
  18. 【妊娠34週目のママの様子⑦】こむら返りが起こりやすい!
  19. 【妊娠34週目のママの様子⑧】血圧の上昇も!!
  20. 【妊娠34週目のママの様子⑨】起き上がれなくなる人も!!
  21. 【妊娠34週目のママの様子⑩】手足のしびれも!!
  22. 【妊娠34週目のママの様子⑪】乳首のかゆみが!!
  23. 【妊娠34週目のママの様子⑫】お腹の張りが!腹痛は前駆陣痛?
  24. 妊娠34週目のママの過ごし方は?
  25. 【妊娠34週目のママの過ごし方①】体重増加に要注意!
  26. 【妊娠34週目のママの過ごし方②】入院準備を!!
  27. 【妊娠34週目のママの過ごし方③】外出は近所で済ませる!
  28. 【妊娠34週目のママの過ごし方④】適度な運動を!
  29. 【妊娠34週目のママの過ごし方⑤】呼吸法の練習を!
  30. 妊娠34週目に逆子が治らない!逆子はどうする?!
  31. 妊娠34週目に切迫早産!!切迫早産になったらどうする?
  32. 妊娠34週目でもしっかりと体調管理を!!

妊娠34週目!赤ちゃんはどんな感じ?ママの体調は?!

妊娠9ヵ月目も半ばを過ぎとうとう妊娠34週目に突入しました。

長かったマタニティ生活もいよいよゴールが見えてきたというところです。

お腹もかなり大きくなってきて、生活の中の様々な動作が不便になってきましたよね。

そろそろ、本格的な出産準備に取りかかるべき時期に入ってきました。

妊娠34週目のお腹の赤ちゃんとママの様子というのは、どのような感じなのでしょうか。

逆子と診断されたらどうしたらいいのでしょうか?!また、切迫早産になってしまったらどうしたらいいのでしょうか。

この記事では、妊娠34週目のいろいろ気になることについてお伝えします。

妊娠34週目の赤ちゃんの発達は?エコーには?

まずは、気になる妊娠34週目の頃の赤ちゃんの発達についてみていきましょう。

妊娠34週目の頃の赤ちゃんの体重や身長はどのくらいまで大きくなっているものなのでしょうか。エコーに映る妊娠34週目の赤ちゃんの様子はどのようなものなのでしょうか。エコーにはどんな驚くべき赤ちゃんの姿が見られるのでしょうか。

内臓などの身体の器官や部位の発達はどのように進んでいるのでしょうか。

ここから妊娠34週目の赤ちゃんの発達の様子についてみていきましょう。

【妊娠34週目の赤ちゃん①】体重と身長は?

妊娠34週目の赤ちゃんの様子で、まず気になるのは体重と身長の発達です。

妊娠34週目の頃のエコーにも映る赤ちゃんの体重と身長というはどのくらいまで大きくなっているのでしょうか。

妊娠34週目の頃の赤ちゃんの体重は、おおよそ1400gから2900gの間となります。体重はかなり幅がありますが、体重には個人差が大きいのと、まだまだこれから本格的に皮下脂肪がついてくる時期なので、この幅に入っていれば問題はありません。

身長の方も体重と同じように個人差が大きく、約40cmから47cmくらいになります。

妊婦健診の時に、エコー写真をもらいますが、そのエコー写真にその日の赤ちゃんの体重と身長も記載されているので、ぜひ今までと比べてどのくらい大きくなったのか楽しみにしましょう!

【妊娠34週目の赤ちゃん②】自律神経が発達!

エコー写真ではわかりませんが、妊娠34週目の頃の赤ちゃんには、自律神経が発達し、お腹の中にいても、日々のリズムがついてきます。

自律神経というのは、交感神経と副交感神経があり、私たちの体の様々なバランスやリズムを整えてくれるとても大切なものです。

妊娠34週目になると、この自律神経の発達により、呼吸のリズムが整って心拍数のコントロールできるようになっていきます。

【妊娠34週目の赤ちゃん③】20分から30分おきに睡眠を!

妊娠34週目の頃になると、赤ちゃんはおなかの中で20分から30分おきに睡眠をとるようになります。

自分で生活のリズムを整えられるようになり、決まったリズムで寝るのと起きるのを繰り返すようになっていきます。

タイミングが合えば、エコーにも赤ちゃんの寝顔が映ることでしょう。起きていればエコーに動いている様子が見られるかもしれません。

起きている時には、羊水を飲んでおしっこを排泄しています。

羊水の中は無菌状態で、おしっこには老廃物が含まれていないので無菌なので何も問題はありませんよ!


◆関連記事:28週目の赤ちゃんの様子は?

妊娠28週目!胎児の体重は?母体の変化と過ごし方も解説

【妊娠34週目の赤ちゃん④】ふっくらと赤ちゃんらしく!

妊娠34週目の頃になると、皮下脂肪がかなりついてきて、ますますふっくらとして赤ちゃんらしくなってきたのが、エコーでも確認できます。

エコーにもみられる赤ちゃんにとって、皮下脂肪というのは、出産で外の世界に出たときに、自分の体温を低下させないためにとても大切なものになります。

まだ正産期には少し早いですが、妊娠34週目なら万が一切迫早産になってしまって、出産に至ってしまっても、皮下脂肪もしっかりと月始めているので、充分に生きていけるだけの体力が身についています。

【妊娠34週目の赤ちゃん⑤】骨がしっかりと!!

妊娠34週目になると、全身の骨がしっかりとしてきます。

それまでの赤ちゃんというのは、脳を守るための頭蓋骨だけが固くしっかりとしていて、エコーにも映る頭蓋骨以外の骨というのはやわらかくて頼りないものでした。

それが、妊娠34週目になると、しっかりとした硬い骨になっていきます。

骨を硬くするために、カルシウムを沢山消費するようになるので、この頃のママの食事では、カルシウムを沢山とるように気をつけましょう。

【妊娠34週目の赤ちゃん⑥】内臓は新生児並に!!

妊娠34週目になると、エコーではわかりませんが、内臓の働きも新生児並みにしっかりと働くようになります。

妊娠中に一番発達が遅かった肺もしっかりと機能するようになったので、切迫早産になってしまったとしても、しっかりと外の世界で生きられるようになってきました。

とはいえ、まだまだ発達し切っていないところもあるにはあるので、できるだけ正産期までお腹の中にいられるように、切迫早産にならないように気をつけましょう。

【妊娠34週目の赤ちゃん⑦】胎動には個人差が!

妊娠34週目の頃になると胎動はどうなのでしょうか?この頃になると、胎動に個人差が出てくるようになります。

胎動は、赤ちゃんの頭が子宮の下の方に向き、落ち着いた状態になることから、胎動は落ち着いてくる傾向にあります。

しかし胎動が起こす元気のいい赤ちゃんによっては、活発に動いて胎動を起こしたり、今まで胎動が落ち着いていたのに、この時期になって今までに感じなかったほどの胎動を感じるようになる人もいます。

エコーで確認できるほどの胎動を感じ過ぎるのは特に問題はありませんが、胎動に異常を感じた時は心配なら、胎動がないということで診察でエコー検査を受けましょう。

特に今までに胎動が激しかったのに、胎動を全く感じなくなった、という場合には、新派になりますよね。

胎動が感じられなくなっても、妊娠後期に入ったことが理由の場合が多いのですが、胎動を感じない時には、念のために一度診察を受けておくと安心です。

【妊娠34週目の赤ちゃん⑧】目の色が青に!

エコーではよくわかりませんが、妊娠34週目の頃の赤ちゃんの目の色というのは、青色をしています。

日本人の目の色は基本的に黒か濃い茶色ですが、お腹の中にいるときからずっと黒ではありません。

お腹の中で目が作られる時からずっと黒や茶色をしていると思っている人も少なくありませんが、お腹の中にいる時には赤ちゃんの目は青色をしています。

赤ちゃんの目の色素の形成というのは、生まれてから行われることがほとんどなので、お腹の中ではまだこれからも青い目をした赤ちゃんでいるのが普通です。

妊娠34週目の頃のママの様子は?!

妊娠34週目の頃の赤ちゃんの様子がわかったところで、次はママの様子についてみていきたいと思います。

妊娠34週目というと、かなりお腹も大きくなり、生活動作にも何かと苦労を感じることも日々多くなってきましたよね。

そんな妊娠34週目のママの様子についてみていきましょう。

【妊娠34週目のママの様子①】産休に入ります!

もうすでに、体調などによって産休に入っている人もいるかと思いますが、今までお仕事を続けてきた人も全員、妊娠34週目になると、産休に入ります。

このときに向けて、仕事の引き継ぎなどの産休に入るための準備は万全にしていると思いますが、職場の人に見送られてしばらくの間は家庭生活に専念することになります。

産休から育休に入る人も少なくありませんが、育休中の職場の人とこまめに連絡を取っていると、職場復帰をするときに復帰がスムーズにいくようですよ!

【妊娠34週目のママの様子②】骨盤付近が緩くなる!痛みも!

妊娠34週目の頃になると、ママの体は出産準備を始めるために、リラキシンというホルモンの分泌が増えてきます。

このリラキシンというホルモンは、出産の際に骨盤が開きやすくなるように、骨盤周りの関節や靭帯を緩める働きを持っています。

そのために、骨盤周りの関節や靭帯が緩くなってしまい、腹痛や腰痛が起きやすくなったり、恥骨痛や股関節痛がひどくなったりする人もいます。

腹痛だと思っていたのが、関節痛だと言うことも良くあります。

中には、腹痛や腰痛で歩けないほどの痛みを感じてしまう人も少なくありません。

この関節痛からくる腹痛や腰痛の痛みは、病気や怪我ではなくて、出産準備のために仕方がない痛みなので、こまめに休んだり、長時間立ったり歩いたりしないように気をつけましょう。


◆関連記事:38週目の過ごし方は?

妊娠38週目!出産間近の過ごし方!胎児の体重は?【必見】

【妊娠34週目のママの様子③】おりものが増える

リラキシンによって、骨盤周りが緩み、恥骨や膣が緩むことで、おりものが下りやすくなってしまいます。

そのために、おりものの量が増えてしまう人も少なくありません。

おりものの量が増えるとかぶれやすくなったり、雑菌が繁殖しやすくなるので、おりものシートをこまめに変えたり、通気性のよい下着を身に着けるようにするなどの対策を行うようにしましょう。

【妊娠34週目のママの様子④】肋骨の痛みも!

妊娠34週目の頃になると、子宮の大きさも直径が30cmを超え、子宮の上の方は、肋骨よりも上まで届くものになっています。

そのために、腹痛にも感じる恥骨痛が起きやすくなるほかに、肋骨の痛みを感じることもあります。

リラキシンの作用によって、骨盤周りだけではなくて全身の関節や靭帯が緩みやすくなり、骨に歪みが生じやすくなっているところに、子宮にぐいぐいと押されたり、胎動の響きが響いたりすると、肋骨や背骨が圧迫されてしまい、痛みを感じてしまうのです。

姿勢を変えて、赤ちゃんの手足が当たる場所を変えてみたり、よく痛む所にカイロを貼って温めて痛みを和らげるなどの対策が効果的です。

また、同じ姿勢でずっといると、背中が痛くなってしまうので、こまめに姿勢を変えるようにするのも効果的です。

【妊娠34週目のママの様子⑤】妊娠線が増える!!

今まで、妊娠線対策で保湿クリームなどをお腹や二の腕、太腿にこまめに塗り続けてきた人も少なくないことと思います。

しかし、今までどんなに気をつけていたとしても、この時期になると、どうしても妊娠線が一気に増えるママが多くなります。

お腹の赤ちゃんの体重が、一気に増える時期で、お腹も一気に膨らむので、ママのお腹の皮はどんなにきちんと対策を施していても、間に合わないこともよくあります。

妊娠線が出来てしまったからといって、妊娠線予防のクリームを塗るのをやめてしまうのではなくて、ますますひどくならないように、保湿クリームを塗り続けることは大切になります。

また、今まで対策をしてこなかった人も、妊娠線予防クリームや、ドラグストアで購入できるワセリンやニベアクリームで対策を取るだけでも今後の皮膚の様子が違ってきますよ!

【妊娠34週目のママの様子⑥】足のむくみが!!

妊娠してから、身体のむくみに悩んできたママも少なくないでしょうが、妊娠34週目になると、足のむくみがさらにひどくなる人が増えてきます。

中には、今まで履いていた靴がこの時期になって急に履けなくなって、1サイズか2サイズ大きいものを購入せざるを得なくなったと言う人もいます。

窮屈になった靴を我慢して履き続けていると、足がうっ血知ってしまい、全身の血行にも影響がおよんでしまうので、足がむくみすぎて靴がきつくなった時には、すぐに大きな靴に履き替えるようにしましょう。

【妊娠34週目のママの様子⑦】こむら返りが起こりやすい!

妊娠34週目のママの悩みには、こむら返りがよく起こるというのもあります。

こむら返りが起きてしまう原因は、大きくなって子宮によって股関節のあたりが圧迫されてしまい、足への血流が悪くなることと、赤ちゃんにママのカルシウムが送られてしまい、ママの体がカルシウム不足になることが挙げられます。

ママの体がカルシウム不足になると、マグネシウムやカリウムなどとのバランスが崩れることがこむら返りの原因となってしまうのです。

こむら返りを防ぐためには、カルシウムを積極的に摂取することと、お風呂に入ってふくらはぎをよくマッサージすることや、足の血行を促進するために、ウォーキングやスクワットなど足の運動を行うことが大切です。

【妊娠34週目のママの様子⑧】血圧の上昇も!!

妊娠34週目の頃になると、出産に向けて体の中の血液の量が一気に増加していく時期になります。

そのために、血圧が上がりやすくなり、高血圧の症状に悩む人も少なくありません。

妊婦健診の時に、特に妊娠高血圧症候群などと診断されていなければ、この血圧の上昇というのは、一時的なものなので心配することはありません。

しかし、高血圧の不快な症状に余りにも悩まされる時には、こまめに休憩を取るなどして、体に負担をかけて血圧が上がるような行動をなるべく避けるようにすることが大切です。

【妊娠34週目のママの様子⑨】起き上がれなくなる人も!!

妊娠34週目の頃になると、ベッドや布団に横になると、大きくなりすぎたお腹がつかえてしまって、起き上がることが出来なくなる人もいます。

特に、お腹の中の赤ちゃんが大きかったり、多胎妊娠の人など、平均よりもお腹の大きさが大きな人に多いようです。

自力で起き上がれなくなってしまったら、無理して自力で起き上がろうとはせずに、パパに手伝ってもらうなどして、家族に協力してもらうことが大切です。

【妊娠34週目のママの様子⑩】手足のしびれも!!

妊娠34週目の頃になると、身体のむくみが原因で手足にしびれを感じる人も少なくありません。

手足に水がたまりやすくなることで、神経を圧迫することが手足のしびれの原因となります。

朝起きて、手がむくんでしまい、握りにくいと感じる人もいます。

妊娠9ヵ月以降の手足のしびれは、妊娠によるむくみが原因で、神経系の病気なのではないので心配は要りません。

あまりしびれがつら過ぎる時には、むくみを取るための対策を行うとしびれも取れるかもしれません。

【妊娠34週目のママの様子⑪】乳首のかゆみが!!

妊娠34週目の頃になると、授乳の準備がますます進んで、乳腺が発達してくるために、乳首にかゆみを感じる人も多いものです。

乳腺が発達して、内側から押し上げることで、胸が張るような感じや、乳首がもぞもぞとしてかゆくなるような感じを感じます。

初めて妊娠したママの中には、おっぱいがかなりかゆくなることに驚く人も少なくありません。

かゆいからと言って、かきむしることはよくありません。清潔に保つことが大切です。かゆみがひど過ぎる時には産婦人科で相談しましょう。

【妊娠34週目のママの様子⑫】お腹の張りが!腹痛は前駆陣痛?

今までもずっとお腹に張りを感じてきた人が少なくありません。腹痛と感じるほどお腹に張りを感じる人もいます。

妊娠34週目の頃になると、ますますお腹の張りがや腹痛が強くなってきたと感じる人も多いものです。

この時期のお腹の張りや腹痛は、前駆陣痛と言うお腹の張りになります。

このお腹の張りや腹痛は、本格的な陣痛を起こす前の準備運動のようなもので、時として激しい腹痛を感じるほどのお腹の張りを感じることもあります。

前駆陣痛のお腹の張りや腹痛を辛いと感じる人も少なくありませんが、このお腹の張りは本陣痛のための準備運動なので、この時期のお腹の張りや腹痛はちょっと頑張って我慢しましょう。

前駆陣痛の特徴というのは、お腹の張りや腹痛が不定期にやってくることです。

一日に何度もお腹の張りや腹痛がやってくる日もあれば、お腹の張りが全くない日もあります。

お腹の張りが定期的にやってくるようになったら、本陣痛が始まった可能性があります。

本陣痛と前駆陣痛の違いは、一定のリズムがあるかどうかになります。

一定間隔でお腹の張りがやってくるようになったら、一度病院に連絡して相談することをお勧めします。

妊娠34週目のママの過ごし方は?

ここまで、妊娠34週目の頃のお腹の赤ちゃんとママの様子について出来ました。

妊娠34週目の頃というのは、特に、ママの体には不快な症状が多くなってくることがわかります。

この時期のママの過ごし方はどのような過ごし方がいいのでしょうか?!

ここから、妊娠34週目の頃のママの過ごし方についてみていきましょう。


【妊娠34週目のママの過ごし方①】体重増加に要注意!

妊娠34週目のママの過ごし方では、体重管理が大切になります。今までも、体重管理に気をつけてきたママもを多いかと思いますが、今後も体重管理には充分に気をつけましょう。

今週から産休に入った人の中には、気分がほっとしたり、仕事が出来ないストレスから食べに走ってしまう人も少なくありません。

この時期の急激な標準を上回る体重増加は、難産や妊娠高血圧症候群の原因となるので、適正な体重を保つように食事の内容には気をつけましょう。

【妊娠34週目のママの過ごし方②】入院準備を!!

妊娠34週目のママの過ごし方では、入院準備をしっかりとしましょう!

もうすでに妊娠8ヵ月の頃から準備が進めているかと思いますが、入院する準備をしっかりと整えておきましょう。

もうこの時期になると、出産予定日までまだ日はあったとしても、いつ破水や陣痛が起きてもおかしくはありません。

服やベビー用品は病院のレンタルを利用したり、家族に用意してもらえばいいのですが、入院するのに最低限必要になる、母子手帳や健康保険証、最低限の現金、持病で薬が必要な人は薬とお薬手帳を、いつでも家族でもわかるところにまとめておくと安心です。

【妊娠34週目のママの過ごし方③】外出は近所で済ませる!

妊娠34週目のママの過ごし方では、外出は遠出は避けましょう!

妊娠34週目の頃になると、お腹も大きくなって、外を歩くのもかなり辛くなってきます。

また、いつ陣痛や破水が起きてもおかしくない時期なので、通院以外の外出というのはできるだけ避けるようにしましょう。

買い物などもできるだけ近所で済ませるようにして下さい。

1人で出かける時には、何かあったときにすぐに家族に連絡したり、タクシーを呼べるように、必ずスマホや携帯電話を持ち歩くようにしましょう。

【妊娠34週目のママの過ごし方④】適度な運動を!

妊娠34週目のママの過ごし方では、外出は近所で済ませるようにとは言っても、来るべき出産に向けた体力作りは大切になります。

家の周りでウォーキングやストレッチ、妊婦さんでもできる筋トレなど、無理をしない範囲で体を動かして、身体の柔軟性と筋力、基礎体力をしっかりと身につけてから出産に臨むようにしましょう。

【妊娠34週目のママの過ごし方⑤】呼吸法の練習を!

産婦人科や助産院、マタニティ教室でも指導されるかと思いますが、この時期になったら、呼吸法の練習を毎日行うようにしましょう。

出産の時には、助産師さんが呼吸法の誘導をしてくれますが、前々から呼吸法の練習をやっていた人とやっていない人とでは、やはり違うようです。

出産を少しでもスムーズに進めるためにも、毎日呼吸法の練習は行いましょう。

妊娠34週目に逆子が治らない!逆子はどうする?!

妊娠34週目になっても、逆子が治らない人もいますよね。逆子が治らない場合にはどうしたらいいのでしょうか?

どうしても逆子が治らないと、最近では自然分娩にチャレンジすることはなく、最初から帝王切開を選択する病院が増えているといいます。

どうしても逆子だと難産になりやすく、後遺症が残りやすいので、逆子で起こりやすい後遺症のリスクを考えると、帝王切開になるのもやむを得ないでしょう。

しかし、逆子体操は諦めずに続けましょう。


妊娠34週目の時点で、逆子が治らずに帝王切開の予定を縦ていた人でも、ここから逆子が治って自然分娩が出来たという人も少なくありません。

中には、諦めて帝王切開を決断したその日に逆子が治った日という人や、逆子で帝王切開の予定日の前の日に逆子が治ったという人もいます。

妊娠34週目では、逆子に関しては、出産を予定している病院の判断に任せることが一番ですが、最後までママの諦めない姿勢というのも大切です。

妊娠34週目に切迫早産!!切迫早産になったらどうする?

妊娠34週目の頃に、切迫早産と診断されたらどうしたらいいのでしょうか?!

早産というのは、陣痛や破水が進んでしまい、お腹の中に赤ちゃんを止めておくことが出来ずに、出産に至ってしまうことをいいます。

切迫早産というのは、まだ出産には至らないけれども、お腹の中に赤ちゃんを止めておくことに体が限界を感じて、もう出産したいと言うサインを出している状態になります。

特に、切迫早産は働いているお母さん等に多く、どうしても生活の中で無理をしがちになると、切迫早産になってしまうことが多いようです。

妊娠34週目になると、体重も2000gを超えているので、早産で出産しても未熟児にはなりません。

早産での出産に至ってしまっても、後遺症などが残る可能性は今までよりはずっと低くなります。


しかし、低体重児なので、出産してもしばらくは保育器に入ることがほとんどです。

赤ちゃんの状態によっては、 NICU に入ることもあります。

やはり、赤ちゃんにとっては妊娠34週で出産するよりも、正産期までママのお腹の中にいた方が安心できます。

切迫早産と診断されても、切迫早産ならお母さんの努力で出産に至らずに済むこともあります。

切迫早産の時にはもう少し赤ちゃんにお腹の中にいてもらった方がいいですよね。

切迫早産と言われたらお医者さんの指示に従って安静を保つようにしましょう。

妊娠34週目でもしっかりと体調管理を!!

ここまで、妊娠34週目のあれこれについていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

妊娠34週目というのは、出産に向けて、お腹の張りなど何かと体調にもトラブルが起きやすい時期になっていきます。

ウォーキングなので体力をつけることは大切ですが、切迫早産を防ぐためにも家事などはできるだけ手を抜いて、腹痛などを起こさないように、体調管理にしっかりと務めるようにしましょう。

もっと妊娠中について知りたいあなたはこちらもチェック

妊娠10週目!つわりが終わる?お腹の大きさは?【エコー写真あり】
妊娠40週目!陣痛が予定日を過ぎてもこない?出産の兆候とは?
妊娠39週目!おしるしは出産が近い兆候!胎動も激しくなる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ