妊娠13週目!お腹の大きさは?つわりは終わってる?流産の可能性は?

妊娠13週目に入ると、つわりも治まりつつあり体調がよくなるママも多いものです。流産の可能性は少なくなりましたがゼロになる訳ではありません。注意しなくてはいけないこともあります。この記事では妊娠13週目のお腹の大きさや過ごし方などについてお伝えします。

妊娠13週目!お腹の大きさは?つわりは終わってる?流産の可能性は?のイメージ

目次

  1. 妊娠13週目!ママは少し楽に?!赤ちゃんの様子は?!
  2. 妊娠13週目のエコーに映る赤ちゃんの様子は?!
  3. 【妊娠13週目の赤ちゃん①】身長と体重は?
  4. 【妊娠13週目の赤ちゃん②】手足がよく動く!
  5. 【妊娠13週目の赤ちゃん③】親指が動かせるように!
  6. 【妊娠13週目の赤ちゃん④】乳歯の準備OK!喉の器官も!!
  7. 【妊娠13週目の赤ちゃん⑤】外性器できても性別はまだ…
  8. 【妊娠13週目の赤ちゃん⑥】顔に胎毛が生え始める!
  9. 【妊娠13週目の赤ちゃん⑦】胎盤に厚みが!
  10. 妊娠13週目の頃のママの体調と様子は?
  11. 【妊娠13週目の頃のママの様子①】お腹の大きさは?!
  12. 【妊娠13週目の頃のママの様子②】つわりが楽になる人も!
  13. 【妊娠13週目の頃のママの様子③】エコー検査が腹部エコーへ!
  14. 妊娠13週目のママの気になる症状
  15. 【妊娠13週目の症状①】貧血に悩む人も!
  16. 【妊娠13週目の症状②】下痢・便秘・腹痛が起きやすい
  17. 【妊娠13週目の症状③】口内炎ができやすい
  18. 【妊娠13週目の症状④】肌荒れを起こしやすい
  19. 妊娠13週目のママの過ごし方と注意は?
  20. 【妊娠13週目のママの過ごし方と注意①】食べすぎ注意!
  21. 【妊娠13週目のママの過ごし方と注意②】食事管理と体重管理を
  22. 【妊娠13週目のママの過ごし方と注意③】妊娠線予防
  23. 【妊娠13週目のママの過ごし方と注意④】胎教を始めよう!
  24. 【妊娠13週目のママの過ごし方と注意⑤】マタニティウエアを
  25. 妊娠13週目の頃に出血や激しい腹痛!流産!!
  26. 妊娠13週目の出血の原因とは?
  27. 妊娠13週目の流産はどうして起こる?
  28. 妊娠13週目は安定してきても油断しないでください!

妊娠13週目!ママは少し楽に?!赤ちゃんの様子は?!

妊娠4ヵ月目の第2週目となる妊娠13週目に入りました。

今まで、辛いつわりに苦しんできた人も、妊娠12週目頃から体調が楽になってきたという人も少なくないことでしょう。

最も流産の確率が高いと言われる、妊娠9週目から10週目の壁も無事に乗り越えて、つわりも終わりが見え始めた人も多い妊娠13週目。

流産の確率はゼロではないので注意しなければならないことは沢山ありますが、それでも徐々に体調が落ち着いてくる人が多いのがこの時期になります。

この記事では、妊娠13週目のエコーに映る赤ちゃんとママの様子や、ママの過ごし方や注意するべきことになるについていろいろとお伝えします。

妊娠13週目のエコーに映る赤ちゃんの様子は?!

妊婦健診のときに、毎回もらうエコー写真で、赤ちゃんが成長する様子を楽しみにしているママやパパも少なくないことでしょう。

妊娠13週目の赤ちゃんというのは、どのような成長を見せてくれるのでしょうか。

ここからは、エコー写真を交えながら、妊娠13週目の頃の赤ちゃんの様子についてみていきたいと思います。

【妊娠13週目の赤ちゃん①】身長と体重は?

まずは、妊娠13週目の頃の赤ちゃんの身長と体重についてみていきましょう。

エコーでも確認できる、赤ちゃんの身長と体重はどのくらいまで大きくなっているのでしょうか。

妊娠13週目の頃の赤ちゃんの身長は7cmから8cm程度まで大きくなっています。まだまだ小さいものですが、3ヵ月とちょっとの間に驚くべき成長を見せてくれていますね。

体重の方は20g~25g程度になっています。身長と比べると、まだ体重はこれしかないのかと少なさに驚いてしまいますが、エコーに映るこの小さな体の中で、体中の器官が驚くべき成長を遂げているのです。

【妊娠13週目の赤ちゃん②】手足がよく動く!

妊娠13週目になると、赤ちゃんは子宮の中で元気よく動くようになります。今まで水かきのようだった手足の指が、1本ずつ分かれてきて、爪が生えてきます。

手足を活発に動かすようになってきて、手を握ったり開いたりといった動きがエコーでも確認できる時があります。

この手のひらを握ったり開いたりする動きは、把握反射という手の原始反射の1つになります。

【妊娠13週目の赤ちゃん③】親指が動かせるように!

妊娠13週目の赤ちゃんは、手足がよく動くように発達してきますが、その中でも特に、親指が動かせるようになるのも大きな特徴になります。

エコーでは確認できるかどうかわかりませんが、手のひら全体を握ったり開いたりする動きのほかに、親指だけを別に動かすような動きも確認できるのが、妊娠13週目の頃になります。

【妊娠13週目の赤ちゃん④】乳歯の準備OK!喉の器官も!!

生まれたばかりの赤ちゃんには、歯が入っていません。歯が生えてきて、実際に顔を使って物を食べられるようになるのは、生まれてから何ヵ月も経ってからになります。

しかし、歯の元というのは、乳歯も永久歯もすでにママのお腹の中にいる頃から作られていて、妊娠13週目の頃になると、すでに乳歯の元になる細胞が、歯茎の下にすでにセットされています。



また、口から下では喉や気管、食道といった器官も発達をしていきます。

妊娠13週目の頃には、口の筋肉も発達をしてきて、あごの形成もエコーで確認することが出来ます。

【妊娠13週目の赤ちゃん⑤】外性器できても性別はまだ…

妊娠13週目になると、エコーでは確認することが出来ませんが、外性器も作られ始めています。

性別というのは、受精した瞬間に決まっているものですが、今までは主に体の中の性別を分ける器官が発達していました。

妊娠13週目の頃になると、外性器も徐々に発達してくるようになり、もう少しでエコーにも性別が映るようになる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの性別を知りたいというママやパパは、もう少し待ってみましょう!

【妊娠13週目の赤ちゃん⑥】顔に胎毛が生え始める!

妊娠13週目の頃の赤ちゃんの顔というのは、まだ目は閉じていますが、口を開けたり閉じたりしている様子が、エコーでも確認できる時があります。

また、エコーでは確認することは難しいのですが、この時期の赤ちゃんの顔には胎毛と呼ばれる毛が生え始めます。



胎毛というのは、羊水の刺激から赤ちゃんの皮膚を守るために入る毛のことで、この時期から生え始めて、全身にびっしりと生えます。

出産までにはほとんど抜け落ちてしまうのですが、中には背中や二の腕、おでこに生やしたまま生まれてくる赤ちゃんもいます。

【妊娠13週目の赤ちゃん⑦】胎盤に厚みが!

妊娠13週目の頃というのは、まだ胎盤は完成していませんが、エコーで見ても胎盤に厚みを増してきていることが確認出来ます。

胎盤が完成するのは妊娠15週目となるので、もうすぐ完成間近、というところですね。

胎盤が完成すると、今はママの体と直接つながっている赤ちゃんのへその緒が、胎盤とつながって、胎盤を通して栄養や酸素をもらったり、老廃物や二酸化炭素をママの身体へ送ったりすることができるようになり、ママの体の負担が大きく軽減されます。

妊娠13週目の頃のママの体調と様子は?

妊娠13週目の頃の、赤ちゃんの成長の様子について見て来ましたが、いかがでしたか。

次に、ママの様子や体調の変化についてみていきましょう。

胎盤の完成が近づくとともに、徐々につわりも楽になり、体調の方も楽になってきたママが少なくないこの妊娠13週目の頃ですが、お腹の大きさなどどのような体調の変化があるのでしょうか。

【妊娠13週目の頃のママの様子①】お腹の大きさは?!

妊娠13週目の頃のママのお腹の大きさはどのくらいまで大きくなっているものなのでしょうか。

妊娠13週目の頃の子宮底長は約10cmほどとなります。

だいたい子宮の大きさは子供の頭くらいの大きさになります。

まだまだ赤ちゃんも小さいので、それほどお腹の大きさも目立ちませんが、それでも少しずつ、お腹の大きさもふっくらとしてくる頃になります。


見た目でのお腹の大きさでは、ほとんどの人には妊娠していることはわかりませんが、観察眼が鋭い人には、お腹の大きさから妊娠していることがわかることもあります。

まだ、普通の洋服の少し大きめのサイズを着ていれば大丈夫な時期ですが、もう少ししたらお腹の大きさも目立ってきます。

これからのお腹の大きさの変化も考えて、そろそろマタニティーウエアも少しずつそろえていくことをお勧めします。

【妊娠13週目の頃のママの様子②】つわりが楽になる人も!

妊娠13週の頃には、胎盤の完成が近づくにつれて、つわりも徐々に治まってくる人も少なくありません。

まだ完全につわりがなくなったという人はいないでしょうが、一番つわりが最悪だった妊娠10週以前と比べると、あまりつわりを感じなくなって、体調が上向いてきたという人もいるでしょう。

早い人では、妊娠15週目くらいからつわりが完全に終わる人もいます。

今の時期につわりが楽になって来た人は、つわりのゴールはもうすぐなので、つわりが終わってからやりたいことをいろいろと今のうちから考えておいてもいいかもしれません。

しかし、つわりというのは個人差が大きいものです。まだまだつわりによるひどい吐き気が続いているという人もたくさんいます。

人によっては出産間際までつわりの症状が続くという人もいるので、まだつわりが全然終わらないという人でも、辛い日々が続きますが、あまり気にすることはありません。


◆関連記事:14週目はこんな感じ!

妊娠14週目!お腹の大きさは?性別がエコーでわかる?流産に注意!

【妊娠13週目の頃のママの様子③】エコー検査が腹部エコーへ!

妊娠12週目くらいから、妊婦健診の時のエコー検査が、経膣エコーからお腹の表面からお腹の中の様子を見る腹部エコーへと変わる病院が多くなります。

この時期からは、お腹の大きさも大きくなってきて、お腹の赤ちゃんの大きさは経膣検査では充分に映らなくなってきたので、腹部エコーへと切り替わっていきます。

腹部エコーの時には、お腹を出しやすい服装で検診に行った方が、診察を受けやすいのでいいですね。

妊娠13週目のママの気になる症状

妊娠13週目の頃のママというのは、お腹の大きさもまだ目立たないですが、確実にお腹の大きさもふっくらとしてきている頃になります。

つわりも楽になってくるママが多いこの妊娠13週目の頃に起こりがちな、ママの気になる症状にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

ここからは、妊娠13週目の頃のママの気になる症状についてみていきたいと思います

【妊娠13週目の症状①】貧血に悩む人も!

妊娠13週目の頃のママの気になる症状の1つには、貧血があります。

もともと、日本の女性は妊娠前から貧血気味な人が多いものですが、妊娠すると自分の体だけではなくて、赤ちゃんの体にも血液や鉄分を送る必要が出てきます。

そのために、特に鉄欠乏性貧血になりやすいママが多いものです。

特に、今まではつわりで食欲が落ちていた人も多く、鉄分の摂取が足りなくなってしまっている人も少なくありません。

鉄分には妊娠中でも過剰摂取というのはないので、食事でできるだけ沢山鉄分を摂取するように気をつけましょう。

もしも食事だけでどうしても足りないという時には、鉄分のサプリメントは妊娠中でも問題がないので、サプリメントの活用も考えましょう。

【妊娠13週目の症状②】下痢・便秘・腹痛が起きやすい

妊娠中には、ホルモンバランスの変化によって、胃腸の働きが低下することがあり、下痢や便秘、胃痛が起きやすくなります。

そして、下痢や便秘といった胃腸症状を原因とする腹痛に悩まされる人も少なくありません。

また、つわりの症状にも、下痢や便秘などの胃腸症状を原因とする腹痛を起こす症状もあります。

腹痛などの胃腸症状がひどいと、なかなか食事も満足にとれなくなるので、お腹の赤ちゃんに影響がないか心配になる人もいることでしょう。

今までは、お腹の赤ちゃんも小さかったので、それほど栄養を必要としませんでした。

しかし、これからはどんどんと大きくなっていくので、腹痛などがひどくて食欲がないと、お腹の赤ちゃんに影響することもあります。

まだつわりによる下痢や腹痛に悩まされている人は、妊婦健診のときに一度病院の先生に相談してみた方がいいでしょう。

この時期の胃腸症状による腹痛はそれほど心配はいりませんが、下痢や便秘と言った胃腸症状がないのに腹痛が起きた時には、流産の兆候かもしれません。原因不明の腹痛の時には、一度病院で念のために検査を受けましょう。

【妊娠13週目の症状③】口内炎ができやすい

この時期には、口内炎に悩まされるママも少なくありません。

口内炎が出来やすくなる原因というのは、ホルモンバランスの乱れや、ビタミン不足、口の中を噛んでしまうことがあります。

この時期に口内炎が出来やすくなる原因というのは、妊娠したことによるホルモンバランスの乱れや、つわりによって食生活が乱れたことによるビタミン不足が考えられますね。


口内炎が出来やすくなると、何度も再発しやすいので食事の栄養バランスなどはしっかりと整えるようにしましょう。

また、口の中に歯が当たりやすいと、そこが傷になりやすく、口内炎が出来やすくなることがあります。歯医者さんで診てもらうと、歯の尖っている角を削ってくれることもあるので、気になる人は歯医者さんで相談してみましょう。

【妊娠13週目の症状④】肌荒れを起こしやすい

妊娠中は、ホルモンバランスが体の中で大きく変わることで、敏感肌になりやすい人が多く、肌荒れ等の肌トラブルが起きやすくなる時期になります。

妊娠前の化粧品が合わなくなる人も多いので、前から使っている化粧品や基礎化粧品を使っていると、どんどんと肌の状態が悪くなっていくという人は、敏感肌用の化粧品や基礎化粧品に変えるようにしましょう。

妊娠13週目のママの過ごし方と注意は?

妊娠13週目のママの気になる体調についていろいろと見てきました。

つわりは治まってくる時期ですが、お腹の大きさも徐々にふくらみ始めて、何かとマイナートラブルが起きやすい時期になっていきます。

そんな、妊娠13週目の頃のママの過ごし方や生活する上で注意するべき点にはどのようなことがあるのでしょうか。どんな過ごし方をすればいいのでしょうか?!

ここからは、妊娠13週目のママの過ごし方や注意点についてみていきたいと思います。

【妊娠13週目のママの過ごし方と注意①】食べすぎ注意!

妊娠13週目のママの過ごし方で、注意して欲しいことは、食べ過ぎがあります。

妊娠12週目の頃から、つわりが少しずつ楽になってくるママが多く、今までに食べられなかった反動から、食べたいものをついつい食べ過ぎてしまう傾向があります。

今まで食べられなくて辛い思いをしてきた気持ちもわかりますが、少しでも食べ過ぎてしまうと体重をオーバーにすぐになってしまうので注意が必要です。



妊娠15週目までは、まだ赤ちゃんが小さくてそれほどカロリーや栄養を必要としないので、体重はそれほど増えなくても大丈夫です。

体重の増えすぎは、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの原因にもなるので注意しましょう!


◆関連記事:2週変われば結構変わる?

妊娠16週目の身体の変化!お腹の大きさは?胎動を感じる?

【妊娠13週目のママの過ごし方と注意②】食事管理と体重管理を

妊娠13週目のママにぜひ行って欲しいことは、食事の管理と体重の管理です。

食事は、タンパク質やビタミンやミネラルなどのバランスがしっかりと摂れた食事を、3食きちんと摂るようにしましょう。

この時期の1日あたりの摂取カロリーは、妊娠前と同じか多くてもプラス50kcalまでにしておきます。

それ以上食べてしまうと、太りすぎてしまうので気をつけましょう。

よくあるのが、食事は厳密にカロリー制限や栄養バランスを考えていても、間食でついついカロリーの高いものをつまんでしまい、体重オーバーになってしまうという人がいます。

つわりが楽になり、好きだったものを食べたい気持ちもわかりますが、一日の総カロリーはおやつも含めて考えるように注意しましょう!

ボリュームを食べたい人は、ローカロリーな海藻や寒天、こんにゃくを上手に料理やおやつに取り入れることが大切です。

【妊娠13週目のママの過ごし方と注意③】妊娠線予防

妊娠13週目の頃になると、自分でもお腹がふっくらとしてきたことを感じますよね。

まだ、妊娠線ができるには早いのですが、この頃から妊娠線ケアを始めるようにしましょう。

妊娠線ケアは、妊娠線ができる時期までに、どれだけしっかりと肌を保湿して、伸びやすい皮膚を作っておくか、ということが大切になります。

毎日お風呂上りに妊娠線が出来やすいお腹周りや、太腿、二の腕に妊娠線予防クリームや、保湿効果の高いワセリンやニベアクリームなどを塗りこんで、妊娠線が出来にくい肌を作るようにしましょう!

【妊娠13週目のママの過ごし方と注意④】胎教を始めよう!

妊娠13週目の頃になったら、少しずつ胎教を始めるようにしましょう。赤ちゃんの張力というのは、妊娠5ヵ月目くらいから徐々に発達をしてくるので、妊娠5ヵ月以降の胎教が最も効果的だといわれています。

しかし、妊娠13週目の頃になったら、ママのお腹もふっくらとしてきて、妊娠している実感もわいてくる頃ですよね。

胎教とか難しいことを考えるのではなくて、お腹の赤ちゃんに語りかけたり、ママの気持ちをゆったりとさせるために、やさしい音楽をかけてみたりするといいのではないでしょうか。

【妊娠13週目のママの過ごし方と注意⑤】マタニティウエアを

妊娠4ヵ月までは、お腹の膨らみもそれほど大きくなってこないので、マタニティーウェアではなくて、普通の洋服の大きめのサイズを着ている人も少なくないでしょう。

しかし、これからどんどんと本格的にお腹が大きくなっていく時期に入っていきます。

妊娠中のママの体型というのは、下腹だけが大きくせり出すような体型になっていくので、これからはマタニティー専用の洋服ではないと、大きくなっていくお腹の大きさに合わずに、お腹を締め付けてしまうことになります。

妊娠13週目の頃になったら、お腹の大きさがこれから大きくなることを考えて、マタニティーウエアを徐々にそろえていくようにしましょう。

最近のマタニティーウェアは、産後も使えるように出来ているものも多くありますので、少し長く使えるものを選ぶと良いでしょう。

妊娠13週目の頃に出血や激しい腹痛!流産!!

妊娠中に、最も流産しやすいのは、妊娠9週目から10週目だといわれています。

妊娠9週目の壁とも言われる、最も流産しやすい妊娠9週目を乗り越えたことで、ほっとしているママも少なくないでしょう。

しかし、流産する可能性が少なくなったはずの妊娠13週目でも、全く流産しない訳ではありません。

まだ胎動が感じられない妊娠13週目の頃の流産の兆候は、出血や腹痛となります。

下痢や便秘といった腹痛の原因となるような胃腸症状がないのに、激しい腹痛や徐々に強くなっていく腹痛を感じたり、出血が見られた場合には、自分で大丈夫だとは判断せずに、できるだけ早く病院で検査を受けるようにしましょう。

出血や腹痛には、流産には結びつかない心配のないものもありますが、万が一切迫流産だった時には、できるだけ早い処置がお腹の赤ちゃんの命を助けることになります。

出血や腹痛が見られた時には早めに病院へ行くようにしましょう。

妊娠13週目の出血の原因とは?

妊娠初期には様々な原因で出血しやすいものです。

妊娠13週目の頃の出血には、流産の危険性が高い出血と、心配の要らない出血とあります。

妊娠中に出血があると、不安になってしまう妊婦さんも多いものですが、流産の心配がいらない出血というのはどのようなものがあるのでしょうか。

特に心配がいらない出血には、子宮頸管ポリープや子宮膣部びらんによる出血があります。



この2つの症状の場合には、、ポリープが大きくなりすぎたり、出血量が増えてきてしまうと、何らかの治療が必要になりますが、特に問題がなければ経過観察することが普通です。

妊娠中は内診のために器具や医師、助産師の指を入れることが多く、その影響で出血してしまうこともよくあります。

医師が心配ないと判断する出血はほとんどがこの2つなので、安心しても大丈夫でしょう。

しかし、出血が流産や切迫流産の兆候であることもあります。心配の要らない出血なのかどうなのかは、自己判断は危険なので、この時期に出血した時には、まずは病院を受診するようにしましょう。

妊娠13週目の流産はどうして起こる?

妊娠12週目からの流産は、後期流産となります。

妊娠12週目未満の初期流産の原因というのは、胎児の染色体異常が主な原因になりましたが、後期流産の原因は母体の側にあると言われています。

後期流産を起こす原因には、絨毛膜羊膜炎などの感染症や子宮頸管無力症、子宮奇形などの子宮の異常が考えられています。

また、疲労やストレスが溜まりすぎたり、下腹に変な力が入り過ぎると、子宮の収縮が始まってしまい、流産や切迫流産になってしまいます。



これから、安定期に入ると体調が良くなるので、ついつい無理な過ごし方をしてしまう人もいますが、妊娠中は常にリスクが高い状態だということを頭に入れておきましょう。

過ごし方も無理をし過ぎずに、ゆったりとした気分でいられる過ごし方を工夫のすることが大切です。

妊娠13週目は安定してきても油断しないでください!

ここまで、妊娠13週目についていろいろと見てきましたがいかがでしたか。妊娠13週目は体調が安定してくる人も多い時期になります。流産の可能性も低くはなりますが、過ごし方を油断してしまうのは禁物です。

体を大事にいたわって、お腹の赤ちゃんを健康に育てられるように生活を工夫してみましょう。

もっと妊娠について知りたいアナタはこちら

妊娠26週目!胎児の体重は?母体の身体の変化と過ごし方も解説
妊娠20週目!胎児やお腹の大きさは?体重増加は?性別は確定する?
妊娠22週目!赤ちゃんやお腹の大きさは?体重増加や胎動はどう?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ