ピアスを開けた後のケア方法まとめ!消毒はすべき?

初めてピアスを開けた後は、どういうケアが必要なのか不安ですよね。まさか毎日病院通い?なんてことはありません。今回はピアスを開けた後のケア方法をまとめました。初めてピアスを開ける人も、ピアスを開けたことがある人も、確認のために一度参考に読みなおしてみてください。

ピアスを開けた後のケア方法まとめ!消毒はすべき?のイメージ

目次

  1. ピアスを開けた後はどんなケア方法をしてる?
  2. ピアスを開けた後、の前に。ピアスは医療機関で
  3. ファーストピアスとは?
  4. セカンドピアスとは?
  5. ピアスを開けた後のファーストピアスのケア
  6. ファーストピアスを開けた後、回すか回さないか
  7. ファーストピアスを開けた後◎外すのはいつがいいの?
  8. ファーストピアスを開けた後◎おすすめの素材は?
  9. ファーストピアスを開けた後◎セカンドピアス
  10. ピアスを開けた後の痛みの原因とは?
  11. ピアスを開けた後の正しいケア方法
  12. ピアスを開けた後に消毒液はNG?
  13. ピアスを開けた後は、石鹸で洗浄する
  14. ピアスを開けた後には出血する?
  15. ピアスを開けた後のお風呂は?
  16. ピアスを開けた後の注意点◎海やプールは避ける
  17. ピアスを開けた後の注意点◎清潔を保つ
  18. ピアスを開けた後に化膿してしまったら?
  19. ピアスを開けた後、口コミ
  20. ピアスを開けた後のケア方法まとめ!まとめ

ピアスを開けた後はどんなケア方法をしてる?

おしゃれなファッションアクセサリーの1つがピアスですね。
ピアスはアクセサリー自体がお値打ちで、ピアスの穴も比較的簡単に開けられることも、ピアスが人気の理由です。
でも簡単にピアスの穴が開けられるからこそ、開けた後のケアが大切なのをご存知でしょうか。
ピアスを開けた後のケアが大変だったり、面倒だという人もいるようですね。
中には、間違ったケアをしていて、耳にトラブルを起こしてしまう人もいるようです。
ピアスにも素材がたくさんあって、ゴールドのもの、チタンのもの、透明な樹脂製なもの、それぞれで使い方も変わってくるようです。
ピアスを開けた後は、消毒をするのか、お風呂は入っていいのか、そもそも痛いのか、腫れるのか、軟骨ピアスの場合は、などケアに関しての疑問をまとめて解説していきたいと思います。

ピアスを開けた後、の前に。ピアスは医療機関で

ピアスは、そもそもどこで開けていますか。
自分でピアスを開けることもできるようですが、一番のおすすめはやっぱり医療機関でピアスを開けることです。
軟骨にピアスを開ける場合も、もちろん医療機関でやることがおすすめです。
ピアスを開けた後のアフターケアも医療機関なら安心ですよね。
そもそもピアスは、自分で開けるのであれば問題がありませんが、ピアス店の店員などがピアスを開けるのは違法行為になってしまいます。
もしもピアス店の店員などが、ピアスを開けてくれると言ったら、危ないと思わなくてはいけません。
他の人にピアスを開けて欲しいのであれば、医療機関に行くようにしましょう。

医療機関であれば、ピアスを開けた後にはめる、最初のピアスであるファーストピアスも安全なものを選んでくれます。
あなたにアレルギーがないかなどを、しっかりとチェックした上でファーストピアスを選んでくれるのでとても安心ですよね。
また医療機関なので、当然ピアスを開けるところは清潔です。
清潔な空間でピアスを開けて、ピアスを開けた後も清潔な空間でケアを受けることができます。

さらに医療機関でピアスを開けるのは、失敗がなく、痛い思いもしなくていいですし、アフターケアが万全だというのも安心できるポイントです。
万が一、ピアスを開けた後に何かが起こっても、医療機関でピアスを開けていれば、どうしてそういうことになったかを判明させやすいので、アレルギーで腫れたようだなどの原因を追究しやすいようです。
原因がわかれば治療にもすぐにとりかかることができます。
医療機関でピアスを開けることは、メリットがとても多いのです。

ファーストピアスとは?

ピアスを開けた後、軟骨の場合でも最初に着けるのが「ファーストピアス」です。
このファーストピアスは、ピアスホールが安定するまでの間、着けているピアスになります。
ファーストピアスで使われるのは、金属アレルギーにならない素材を使うのが普通です。
最初はチタンや、透明な樹脂製のものを選ぶことになりそうですね。
消毒がしやすく、不安定な穴をしっかりとした穴にするためにも、長く太いポストのものを使うのが主流なのだそうです。
耳たぶの厚みによって、その長さは変えた方がいいようです。
医療機関でピアスを開けた後なら、医療機関で相談をするほうが良さそうです。

ファーストピアスは、金属アレルギーのことを考えたり、ピアス穴を安定させる目的のためのピアスなので、ピアスの種類が少なく、デザインが限られてしまいます。
透明のファーストピアスを付ければいいと思うかもしれませんが、必ず思うようなデザインのものがないかもしれません。
学校や職場でピアスがNGである場合には、ピアスを開けるべきではないでしょう。
ファーストピアスは、お風呂で髪を洗う時も、寝る時もずっと付けたままでいることになります。
軟骨の場合だと耳たぶに当たって痛いとか、何かにひっかかりそうな凹凸が少ない、シンプルなデザインのピアスを選ぶようにしましょう。

セカンドピアスとは?

ピアスを開けた後、その穴が定着してピアスホールが完成したら、本番のアクセサリーとしてピアスを付けることになります。
これがセカンドピアスと呼ばれるものです。
ですがセカンドピアスも、ファーストピアス同様にアレルギーなどのリスクを考えて、1年間くらいは素材を重視してピアスを選んだほうが良さそうです。
軟骨ピアスの場合も、同様の素材を選びましょう。

1年を過ぎた後は、自分の好きなピアスをつけても良いですが、ファーストピアスを取ったすぐ後のピアスまでは、気をつかったほうが良さそうです。
ファーストピアスと同じピアスをアクセサリーで付ける人はほとんどいないようですが、何を付けたらいいかわからない、という人はファーストピアスを付けておいてもいいかもしれませんね。
透明の樹脂製のものなど素材のいいピアスをじっくり選んで、普段使い用に何種類かを用意してアクセサリーのピアスを付けることがおすすめです。

■参考記事:たくさんピアスを集めたら、収納にもこだわりたい!

ピアスケースのおすすめ特集!ピアス収納はこれできまり!

ピアスを開けた後のファーストピアスのケア

ピアスを開けた後は、チタンや透明な樹脂製のファーストピアスを付けるわけですが、このピアスにはどんなケアが必要なのでしょうか。
実はちょっと前までは、軟骨ピアスも含めてこまめに消毒が必要だと言われていたようです。
ファーストピアスのケアには、どうすることが正しいのかを、まとめていきたいと思います。

ファーストピアスを開けた後、回すか回さないか

ピアスを開けた後、ファーストピアスを着けたら、ピアスの穴がキレイになるようにと、ピアスを回しましょう、というケア方法も伝えられていた時期がありました。
しかし今はピアスを開けた後は、軟骨や皮膚が頑張って治ろう、治そうとしているところなので、ピアスは動かさないようが良いという考え方が基本的のようです。

開けた穴にピアスが付いているので、ピアスを除いて傷はふさがろうとしています。
そして、ピアスを開けた後、48時間くらいで、皮膚はくっついている状態になっています。
その状態でピアスを回すと、せっかく閉じた傷口にまた傷をつけてしまうことになります。
傷口にさらに傷を増やしてしまうと、痛いですし、なおかつバイキンが入ってしまい、場合によっては化膿してしまうこともあります。

ファーストピアスを開けた後◎外すのはいつがいいの?

ピアスを開けた後、チタンや透明な樹脂製のピアスはどれくらいで外せるようになるのでしょうか。
ピアスを開けた後、どれくらいでピアスホールが完成するのか、などの個人差はありますが、ファーストピアスは軟骨のものも含めて、4週間から6週間程度すれば外してもいいようです。
だいたい1ヶ月から2ヶ月ですね。

その後のセカンドピアスは、軟骨も含めて3ヶ月から1年で違うピアスに変えても良さそうです。
セカンドピアスに変えても、ピアスホールが安定しない場合は、できるかぎり長い時間ピアスを付けて置いたほうがいいようです。
あまりにも長い期間、ピアスホールが安定しない場合は、医療機関で相談をしてみるのもいいと思います。

ファーストピアスを開けた後◎おすすめの素材は?

ピアスを開けた後、アレルギーの心配のない素材とはどういったものがあるのでしょうか。
ピアスを開けた後のベストな素材だと言われているのは、チタン製や医療用ステンレス製のピアスです。
透明な樹脂製のピアスでも良いようですが、透明の樹脂製のピアスは汚れが溜まりやすいというデメリットがあります。
敏感になっているピアスを開けた後の皮膚や軟骨に、汚れが溜まるのは避けたいものです。
もしも透明の樹脂製のピアスを使う場合は、ピアスを開けた後、こまめなケアをすることが必要になります。

ピアスの軸の長さにも気を使わなくてはいけません。
長いもののほうが、ファーストピアスには向いていますが、あまりにも長いものだと耳や軟骨に凹凸がぶつかって痛い思いをしたり、寝ている間に違うところを傷つけてしまうこともあります。
程よい長さの軸を選んで、ピアスとして使えるとよいですね。
どんなものが自分にあっているのかわからない、という人も医療機関でピアスを開けたほうが良さそうです。

ファーストピアスを開けた後◎セカンドピアス

ファーストピアスを卒業したら、いよいよセカンドピアスです。
デザインが少なかったファーストピアスに比べて、デザインの数がぐんと多くなるのがセカンドピアスです。
軟骨ピアスは、アクセサリーの種類も多いので、楽しみですよね。
ファーストピアスを外したすぐ後のセカンドピアスは、ちょっとだけ素材などに注意を払った方が良さそうです。
その点だけ注意をして、お気に入りのアクセサリーピアスを探してみましょう。

セカンドピアスには、金属アレルギーの反応が出にくいチタンのものがいいようです。
もちろん透明の樹脂製のピアスもおすすめです。
デザインに関しては、できるだけ小さいアクセサリーを選ぶといいでしょう。
チェーンが付いているアクセサリーや、大振りのピアスは、まだピアスホールが安定していないかもしれないので、ピアス付けた時にピアスホールを傷つけてしまったり、何かの時に引っかかって出血をして痛い思いをしてしまう恐れもあります。

ただ、セカンドピアスはファーストピアスよりも軸は短くても良さそうです。
軸は細いものでも大丈夫なようです。
まだピアスホールが安定していない、と感じている人は、太めの軸のものを選ぶようにしてください。

■参考記事:ピアスをハンドメイドしても楽しい♪

ピアスデザインまとめ!【手作りハンドメイド】

ピアスを開けた後の痛みの原因とは?

ピアスを開けた後、稀に痛いと感じることがあります。
医療機関でピアスを開けた場合は、ほとんど痛いと思うことはないことですが、一番考えられるのが金属アレルギーで痛いと感じることです。
ネックレスや指輪では金属アレルギーになったことなんてないのに、ピアスにだけは金属アレルギーの反応が出てしまう、という人も稀にいます。
ピアスを開けた後に痛いと感じた場合は、もしかしたらその稀なケースかもしれません。
一度ピアスを外して、金属アレルギーかそうではないかどうかを確認してみましょう。

金属でなくても、ピアスの素材が耳にあっていない場合でも、ピアスを開けた後に痛いと感じることがあります。
軟骨ピアスの場合でも、場所によっては素材が合わないということがあります。
チタンや透明の透明の樹脂製のピアスはアレルギーが起こりにくく、素材も合いやすいようなので、金属のピアスで耳が痛いと感じる場合は、透明の樹脂製のピアスに変えてみるのも良いかもしれません。
あまりにも痛い状態がヒドイ場合や、赤みが出てきた場合は、早めに医療機関の受診をするようにしましょう。

ピアスを開けた後の正しいケア方法

ピアスを開けた後の、正しいケアの方法をご存知でしょうか。
ピアスを開けた後は、洗浄をしたほうがいいとか、消毒をしたほうがいいとか、イロイロな噂は聞きますが、実際にはどういう風に洗浄をしたり、消毒をしたらいいのか、わからない人が多いようです。
では、正しいケア方法についてまとめていきましょう。

ピアスを開けた後に消毒液はNG?

ピアスを開けた後は、消毒をしなくてはいけない、と少し前までは言われていたそうです。
ですが、最近では消毒をしないことのほうが正しいケアだと言われています。
消毒をすることで、かえってピアスを開けた後の耳や軟骨に害を与えてしまうのだそうです。
傷を治してくれるイメージのある消毒ですが、消毒は使ってはいけないのですね。
詳しい理由はわかりませんが、消毒をしないというのが一般常識となってきたのだそうです。

ピアスを開けた後は、石鹸で洗浄する

ピアスを開けた後は、消毒を使うのではなく石鹸を泡立てて洗浄をする方法が良いそうです。
ピアスを付けたままでの洗浄になるので、石鹸の泡がしっかりとなくなるまで、丁寧に洗浄をしなくてはいけません。
ゴシゴシと洗うのではなく、泡で包み込むように、クシュクシュと洗ってあげてください。
その後はたっぷりのお湯か水で洗い流します。
多くの場合、お風呂に入ったタイミングで、洗浄をするほうが良さそうです。

石鹸での洗浄が不安な人は、シャワーのみの洗浄でも構わないようです。
石鹸が残ってしまうよりは、シャワーのみの洗浄の方が安心かもしれませんね。
あまり水圧を上げていないシャワーで、優しく汚れを落とすように洗浄してあげてください。
この時も、ピアスは付けたままの状態で洗浄をしたほうがいいそうです。

ピアスを開けた後には出血する?

ピアスを開ける時、しっかりとした医療機関で開けた場合は、出血することはありません。
しかしピアスを開けた後、ピアスを付けたままでいて、何かにピアスをひっかけてしまうことで出血してしまうことはあります。
当然ですが、ピアスは耳に穴を開けて、その穴にピアスの軸を通しています。
ピアスに何等かの力が働いて引っ張られれば、ピアスホールを傷つけて出血をしてしまいます。

ピアスなんて小さな穴だから、とのんきに考えるにはよくありません。
しばらくしても血が止まらない場合や、傷が大きい場合には、必ず医療機関の診察を受けるようにしましょう。
また、ピアスホールが完成する前にファーストピアスを外してしまった場合も出血をしてしまうことがあります。
ピアスホールが不安定なために、ファーストピアスに皮膚の一部がくっついていたりすることが原因のようです。
この場合も、出血がしばらく止まらない場合や、傷が大きい場合、痛みがある場合には、医療機関での受診をおすすめします。

ピアスを開けた後のお風呂は?

ピアスを開けた後のお風呂は、入ってもいいのでしょうか。
お風呂にはいってもいいのであれば、どんな注意点があるのでしょうか。
ピアスを開けた後、その日は、医療機関によってはお風呂はやめておいた方がいいと言われることもあります。
医療機関でそのような指示を受けた場合は、その指示にしたがって、翌日にお風呂は入るようにしましょう。

もし何も言われなかったのであれば、お風呂は普通に入っても問題ありません。
ピアスをつけているのを忘れて、耳をごしごしとお風呂で洗ってしまわないようにだけ注意をしてください。
ただし、お風呂から出る時には、ファーストピアスをしたまま、ピアスホールをよく洗浄することです。
シャンプーやリンスが残っていないかも含めて、しっかりとお風呂で洗い流してください。
少しでもお風呂で石鹸などがピアスホールに残ってしまうと、化膿などの原因になってしまうことがあります。
お風呂に入った時は、優しく丁寧に洗い流してあげてください。

ピアスを開けた後の注意点◎海やプールは避ける

お風呂とは違って、どんな菌がいるかわからないような海やプールは避けたほうが良さそうです。
できればピアスを開けた後、ピアスホールが安定するまでは、海やプールには行かないほうがいいでしょう。
ですから、友達と海やプールへ旅行に行く直前に、おしゃれをしたくてピアスを開けるというのはやめておいた方が良さそうです。
友達と旅行に行くときにピアスをしていきたいのであれば、計画的にピアスを空けておく必要があります。

ピアスは気軽におしゃれのできるアクセサリーですが、直接耳に穴を開けるちょっと危険なアクセサリーであることも忘れてはいけません。
ピアスがお値打ちに買えるアクセサリーなのは、それ以外のケアが大変なアクセサリーだからだ、と思って付けるようにしてくださいね。

ピアスを開けた後の注意点◎清潔を保つ

ピアスを開けた後は、当然清潔にすることを第一に考えなくてはいけません。
お風呂を入った時には、シャンプーやトリートメントの洗い残しがないように注意をしてください。
メイクをしている人は、メイク用品が万が一、ピアスホールに入ったら、キレイに洗って落としてあげましょう。
また運動などをして汗をかいた後も、ピアスホールが清潔に保てるように洗浄をしておくと安心です。

ピアスを開けた後に化膿してしまったら?

もしもピアスを開けた後に化膿してしまったらどうすればいいのでしょうか。
実はピアスを開けた後に化膿してしまうというのは、珍しいことではないそうです。
とても怖いですが、よくあることなので対応の仕方を覚えておきましょう。

まずはピアスを外して洗浄をすることです。
ちょっと耳が腫れている、という程度であれば、そこまで化膿はひどくないようです。
ピアスを外して、腫れがおさまるまでピアスをつけるのを控えてください。
腫れがおさまったら、またピアスを楽しむことができます。

腫れが酷くてピアスを外すことができなくなっている、ピアスホールが痛い、ピアスホールに膿が溜まっている、という場合は、かなりひどく化膿している状態です。
すぐに医療機関で治療をしてもらいましょう。
あまりにもひどい場合は、ピアスが出来なくなってしまうかもしれません。
ちょっと腫れているかも、と思ったら出来る限り早くピアスを外して、対応をするようにしてください。

ピアスを開けた後、口コミ

実際にピアスを開けた人のTwitterの書き込みをみていきましょう。
ピアスを開けたいけど、開けられないという人も多いようですね。
開けるときには、開けた後のケアのことまで考えて、ピアスをあけるようにしてくださいね。

上の書き込みでは、ピアスを開けた後ジンジンとしているようです。
耳に傷をつけているわけなので、多少重い感じが耳に残るようです。
ジンジンしているだけなら問題ないと思いますが、赤く腫れてきたり、痛いと感じた場合には、注意が必要のようです。
ファーストピアスはチタンのものや透明な樹脂製のものが良さそうです。

上の書き込みのように、ピアスを開けた時に耳鳴りがするという人は多いようです。
脳がびっくりしてしまうからだと思います。
しばらくすると元に戻るようですが、ずっと耳鳴りがする場合は、医療機関でピアスを開けた後であれば、一度医師に相談してみてもいいと思います。

上の書き込みのように、ピアスを開けた後すぐに腫れている場合、その腫れがヒドイようであればすぐに医療機関の診察をうけたほうが良さそうです。
ピアスを開けた後すぐは多少腫れることがあるので、1日たっても腫れがひかない場合や、痛い状態になったり赤みがでてきた場合は、すぐに治療を受けるようにしてください。

上の書き込みでも、痛いことは無いようですが、多少重い感じがするようですね。
ファーストピアスは透明な樹脂製のものでしょうか。
消毒の時痛いやつという表現がよくわかりませんが、もししみるように痛いがあるのであれば、もしかしたら腫れているのかもしれません。
あまり痛い状態が続くようであれば、医師に相談してみましょう。
ファーストピアスの場合、自分で外してしまうと出血をしてしまうことがあるので、痛いからといって自分で外すのはよくありません。

上の書き込みでは、片方の耳だけ腫れてしまったようですね。
片方の耳だけということは、金属アレルギーなどが原因ではないので、もしかしたら何かで化膿してしまっている可能性もあります。
腫れがひどくなるようなら、当然医療機関で治療を受けなくてはいけません。
腫れているからといって、消毒を使うとかえってひどくなってしまうこともあります。
自分でなんとかしようとしないで、しっかりとしたところで治療を受けるようにしてくださいね。

ピアスを開けた後のケア方法まとめ!まとめ

今回はピアスを開けた後のケア方法をまとめて解説させていただきました。
気軽につけることのできるアクセサリーですが、ピアスを付けるためには、どうしてもピアスを開けなくてはいけないですよね。
軟骨に開ける場合も、軟骨ではない場合も、ケアの方法は変わりがないようです。
耳や軟骨に害の少ない素材の透明の樹脂製などを選んでピアスを楽しめるといいようですね。
気軽につけられるアクセサリーだからといって、ケアを怠ってはいけないようです。
正しいケアの方法を守って、楽しくアクセサリーでおしゃれを楽しんでくださいね。

ピアスについてもっと情報を知りたいアナタに!

ピアスする男に対する女子の本音7選!チャラいから付き合いたくない?
ノンホールピアスの付け方は?作り方も解説!【痛くない・落ちない】
ピアスとイヤリングはどっちがいい?それぞれメリットを解説!
ピアスをイヤリングに付け替える方法!100均グッズでできる?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ