恋愛感情がわからない!好きが何かわからない人にオススメの方法!

恋愛感情がわからない女性は意外に多く存在します。そのような人は、彼氏のいる友人が恋愛におぼれる様を見て、羨ましさを感じてしまうものです。そこで今回は、恋愛感情がわからないという女性でも、人を好きになるための方法を紹介していきたいと思います。

恋愛感情がわからない!好きが何かわからない人にオススメの方法!のイメージ

目次

  1. 恋愛感情がわからない!
  2. 恋愛感情がわからない人は自分の心理と向き合ってみよう
  3. 【心理編①】何事も理屈で考えていないか
  4. 【心理編②】わからない恋愛感情を馬鹿にしていないか
  5. 【心理編③】ドキドキの原因がわからない
  6. 【心理編④】友情と恋愛感情の区別がつかない
  7. 【心理編⑤】わからないが故の恐怖感
  8. 【心理編⑥】思い出にとらわれている
  9. 恋愛感情がわからない人が行うべき行動
  10. 【行動編①】恋愛感情がわからない人は出会いを増やそう
  11. 【行動編②】わからないのは知らないから
  12. 【行動編③】映画を観て恋愛感情を掻き立てる
  13. 【行動編④】恋愛感情がわからない人は趣味を断とう
  14. 【行動編⑤】オシャレで恋愛感情がわからない人が変わる
  15. 【行動編⑥】友達のノロケ話を聞く
  16. 恋愛感情がわからない人は気持ちをチェックしよう
  17. 【チェック編①】恋愛感情がないはずなのに目で追う
  18. 【チェック編②】恋愛感情はわからないけど寂しい
  19. 【チェック編③】恋愛感情がわからないけど気になる思考
  20. 【チェック編④】恋愛感情がわからないけど触れられない
  21. 【チェック編⑤】恋愛感情がわからないのに嫉妬する
  22. 【チェック編⑥】特定の男性の言うことに従う
  23. 恋愛感情がわからない人も恋愛できる

恋愛感情がわからない!

恋愛感情がわからないというだけで、「変わっている」「人生を損している」と言われ、苦しんでいる女性も多いでしょう。しかし恋愛感情がわからないからといって、人の気持ちがわからない冷たい人というわけではありませんし、心に欠陥があるわけでもありません。なぜなら、人を好きになる気持ちは、全ての人の心の中に存在するものだからです。

恋愛心理学上、恋愛感情がわからないという人は、人を好きになる気持ちを別の気持ちで上書きしている状態と判断されます。人を好きになる気持ちは存在するのですが、それ以外の別の気持ちや感情、考え方によって、恋愛感情が抑圧されているのです。そのため、恋愛感情を抑圧しているものを取り除くことができれば、誰でも人を好きになれるのです。

■関連記事:好きがわからない時はこちらもチェック!

「好き」が分からない!どんな感情?という女子が増えてる!理由は?

恋愛感情がわからない人は自分の心理と向き合ってみよう

恋愛感情がわからないという人にオススメの方法として、まずは自分の心理と向き合うという方法が挙げられます。恋愛心理学の考え方では、人を好きになれないのは、自分の感情が原因であることが多いです。そのため、人を好きになるためには、自分の心を解読し、見極めることが大切になってくるのです。

人間は意外と自分の心のことを理解していません。なぜ自分が怒っているのか、なぜ悲しくなってしまうのか、そこに理由をつけられる人は少ないでしょう。それと同じように、人を好きになれない人が、どのような感情が邪魔してそのような状態になっているかを知るためには、ある程度コツが必要になってきます。自分は恋愛できない人間と決め付けずに、まずは紹介する方法を試してみましょう。

【心理編①】何事も理屈で考えていないか

恋愛心理学上では、男性は理屈、女性は感情で物事を考えるとされています。これは男女で脳に違いがあり、それが理屈と感情という差へと表面化するのです。ただし、これは必ずしも女性だから感情、男性だから理屈、というわけではありません。女性の中にも、男性のような理屈で物事を考える、男性脳の持ち主が多く存在するのです。

理屈で物事を考える女性は、男性と付き合うことを、

「自分の時間がなくなる」
「相手のペースに合わせるのが面倒」
「趣味の時間がなくなる」
「お金がもったいない」
というように考えます。

言ってみれば、恋愛におけるマイナスばかりを見てしまうのです。
恋愛心理学上、このようなマイナスなことばかりを考えていると、好きという感情に蓋がかかってしまい、人を好きになれなくなってしまいます。
理屈ばかりの頭でっかちにならないように注意しましょう。

【心理編②】わからない恋愛感情を馬鹿にしていないか

恋わずらい、という言葉がありますが、恋愛心理学でも恋をしている人は、ある種、病気に近い状態という考え方があります。友情よりも彼氏を優先したり、本当に優しい男性を見極められなくなったり、無鉄砲な行動をしたり、わがままになったりと数えればキリがありません。

恋愛感情がわからないという人は、友情よりも彼氏を優先してしまう友達を見て、心のどこかで馬鹿にしている可能性もあります。

つまり、感情を最優先する友達を軽蔑しているのです。
恋愛そのものに対する負の感情は、自身の心に拒否反応を生んでしまいます。
親友に友情よりも彼氏を優先されたことを、何度も思い出してしまうという人は、そのことを根に持っており、恋愛に対する拒否反応を持っている可能性があります。
自分の中のマイナスな感情をまずは認めるようにしましょう。

【心理編③】ドキドキの原因がわからない

特に初恋すら経験していないという人に多いのですが、恋愛感情というものを感じたことがないだけに、実際に特定の人と会うだけで胸がドキドキしていても、それが「好き」という感情だと気付けていないという人もいます。

初めての経験の場合、何事においても物事を把握しにくいものです。それが恋愛という部分にも出てしまい、その上で恋愛に対する拒否反応があると、さらに本当の気持ちに気付きにくくなってしまいます。自分の感情をしっかりと見極めることを意識しておきましょう。

【心理編④】友情と恋愛感情の区別がつかない

恋愛心理学において、ライクとラブには明確な違いがありますが、その違いを自分の中で見極めることができないという人も多いです。そのような人は、確かに恋愛感情を感じてはいるのですが、そのことにずっと気付かないという状態に陥ってしまいます。

恋愛心理学では、ライクとラブの共通点として、
「一緒にいて楽しい」
「その人と一緒にいると元気になる」
「自分のことを何でも話せる」というものがあります。

逆に「二人になりたい」
「会いたい気持ちもあるが、相手にも会いたいと思っていて欲しい」
というような感情は、恋愛心理学上では愛情と呼べるものです。

この感情の差で、自分が恋愛感情を持っているかどうかを見極めましょう。

【心理編⑤】わからないが故の恐怖感

友情と愛情の差がわからない、というように、恋愛感情がわからない人は、好きという感情を感覚的に理解できていません。そして人間はわからないものに対して、恐怖する生物です。そのため、恋愛感情がわからないという人は、好きという感情に対して、恐怖心を覚えている可能性があります。

好きという感情に恐怖を感じると、男性という存在に対しても同じような感情を覚えることがあるため、かなり厄介です。少しずつ自分の中にある本当の感情を理解し、それが怖いものではないということを認識していく必要があります。まずは、男性と会話することから始めましょう。

【心理編⑥】思い出にとらわれている

誰にとっても初恋というものは美しいものです。恋愛感情がわからないという人の中にも、小学生や中学生の頃には恋をしていたという人はいます。それが大人になるにつれ、徐々にわからなくなっていったというパターンなのです。このような人は、昔の初恋を過剰に美化し、思い出にとらわれている可能性があります。

思い出は悪いことを削ぎ落とし、良いものだけを残してくれるものです。それと同時に、当時の自分自身の輝きも相まって、美しく見えてしまいます。

そのため、初恋を超える人を見つけられず、人を好きになれないのです。
しかし、思い出は所詮、思い出です。
現在の自分に対して、利益をもたらしてくれるものではありません。

実体のない思い出よりも、実体のある現在の恋愛感情のほうが大切だと、自分に言い聞かせましょう。
今の自分を愛せるようになることで、思い出から抜け出せることもあります。

恋愛感情がわからない人が行うべき行動

恋愛感情がわからない人は心理を理解しただけでは何も意味がありません。行動を起こさなければ、恋愛感情というものは見極められないものなのです。

むしろ、行動を起こしてこそ、自分の中にある恋愛感情がわからないという心理を変えることができます。恋愛心理学的に考えても行動を起こせば、嫌でも恋愛感情が湧いてくるものですので、適切な行動で恋愛拒否感情を雪解けさせていきましょう。

【行動編①】恋愛感情がわからない人は出会いを増やそう

恋愛心理学の中に、人に好意を持たれると、自分もその人のことを気になってしまうという話があります。
告白をされると、その人のことを意識してしまい、いつの間にか好きになってしまうというものです。

恋愛感情がわからないという人は、これまでに告白をされるというような体験をしていない可能性もあるでしょう。それを考えれば、出会いを増やして、好きになってもらう確率を高めるということが有効となります。

出会いは同じ時間を共有することで得られます。そのため習い事や趣味に関連するオフ会、飲み会などに積極的に参加するようにしましょう。自然と出会いが増えますし、なかったとしても楽しめるため、マイナスはありません。

【行動編②】わからないのは知らないから

「好き」という感情が湧いてくるのは、男性のことを深く知ってから、という人も多いです。実際に恋愛心理学でも、相手の人間性を知った量が、恋愛感情が生まれる確率の高さに比例します。

恋愛感情がわからない人は恋愛を拒否するがあまり、男性のことを深く知ろうとしないものです。もちろん、相手の男性がどのような人間性か、ということにもよりますが、男性と積極的に会話を行い、深く人間性を知ることで、恋愛感情が湧いてくることもあります。自分から話をする、ということを意識しましょう。

【行動編③】映画を観て恋愛感情を掻き立てる

人間は影響を受けやすい生物です。クリスマスが近付くと恋人が欲しい人が増えるのは、恋愛心理学上でも、周りの雰囲気の影響を受けていることが原因とされています。

恋愛感情がわからないという人は、恋愛ものの映画やドラマが好みではないかもしれませんが、無理にでもそのようなジャンルのものを観るようにしましょう。
意外と観てみればおもしろいものです。

そして、そのような映画やドラマを観ることで、自分の中に眠っている恋愛感情を掻き立てることができます。ただし、バッドエンディングのものや、不倫ものの映画やドラマを観ると、マイナスに働いてしまうこともあるため、その見極めは事前に行っておきましょう。

【行動編④】恋愛感情がわからない人は趣味を断とう

恋愛心理学上、趣味に没頭している人は、恋愛に対して興味を持てなくなってしまいます。あまりにも趣味に無中になるがあまり、恋愛にかける時間も心のゆとりもなくしてしまうのです。
趣味を持つことは悪いことではありません。むしろ没頭できる趣味があることが、他の人からは羨ましがられることもあるでしょう。しかしそれによって、恋愛をないがしろにしてしまうと、後悔することになってしまいます。

恋愛には時間制限があります。若いからこそ、様々なチャンスが訪れるのです。趣味に関しては、若いうちでなくてもできることですので、後回しにすることで、人生の中で趣味と恋愛、両方を楽しめるようになります。趣味に没頭しているという人は、趣味に伴う行動を断ち、恋愛に対する行動を起こすようにしましょう。

【行動編⑤】オシャレで恋愛感情がわからない人が変わる

恋愛をするとオシャレになるというのは、よく言われることです。恋愛心理学上、恋人にもっと好きになってもらいたいという気持ちが、人をオシャレに変えます。人間は意外と単純な生物なのです。
恋愛感情がわからないという人は、この恋愛心理学を利用することで、恋愛感情を湧かせることができます。つまり逆パターンを行うという意味で、オシャレをすることで、自分の心の中に恋愛感情が湧いてくるように仕向けるのです。

オシャレとは、人の目を気にすることでもあります。自分が好きな服というよりは、人にどう見られるかを考えながら、人はオシャレをするものです。特に異性の目を気にするでしょう。自分の気持ちの中で、男性からどう見られるかということを常に意識するようになると、自然と恋愛感情も湧いてくるようになります。恋愛心理学を利用した自己暗示のような方法ですが、意外と効果があるので、試してみてください。

【行動編⑥】友達のノロケ話を聞く

いくら恋愛感情がわからない人でも、彼氏のいる友人が一人や二人、存在するでしょう。そのような人たちから、彼氏とのノロケ話を聞くようにすると、自然と自分も恋愛をしたい、と思うようになります。

ただし、彼氏との話を聞こうと思ったら、逆に愚痴を漏らされることもあります。このようなことになってしまうと、恋愛感情は陰を潜めてしまうため、できるだけそのようなことを言わない友達を選別するようにしましょう。できれば、彼氏と付き合い始めたばかりの友達に話を聞いたほうが良いです。そのほうがノロケ話を引出しやすくなります。

恋愛感情がわからない人は気持ちをチェックしよう

恋愛感情がわからないという人は、誰かを好きになったとしても、それを恋愛感情だと認識できない可能性があります。そのため、恋愛を普段からしている人には必要のないことですが、自分の気持ちをチェックして、気付かない間に恋をしていないか、確認する必要があるのです。

まるで、病気の診断のような方法ですが、これを行っておいたほうが、自分の恋愛感情をしっかりと見極めることができるようになります。チェックすることで、恋愛感情を意識することができれば、今後はチェックしなくても、恋愛感情を見極めることができるようになるため、初心者の登竜門と考え、自分の気持ちをチェックするようにしましょう。

【チェック編①】恋愛感情がないはずなのに目で追う

友情によって繋がっていた男性友達のことを、自然と目で追ってしまっているということはないでしょうか。友情関係のある他の友達にはそのようなことをしないにも関わらず、特定の人間に対してだけ、向ける視線が多くなってしまうという場合、友情が愛情に変わりかけている状態であり、気持ちが変化している証拠です。

理屈で考えてみてください。友情関係のある男性は、他にもたくさんいるはずです。

しかし、その人に対してだけ、別の行動を取っているということを考えれば、友情関係で繋がっているその男性に対して、別の感情を抱いていると考えることができます。
そしてそれは、今まで見極めることができなかった、恋愛感情である可能性が高いです。

このポイントにチェックが入った人は、友情関係が壊れてしまうことを怖れず、勇気を持って、その男性と多くの時間を過ごしてみましょう。
そうすることで、もっと恋愛感情を自覚することができるようになります。

【チェック編②】恋愛感情はわからないけど寂しい

友情が愛情に変わることは、恋愛心理学上でもよくあることです。そのため、この境目を見極めることが、恋愛感情を自覚する上では大切なこととなります。

友情と愛情を見極めるポイントは単純です。自分の気持ちを感じ取れば良いだけなのです。
もしも、友情関係にある特定の男性がいないという状況に、何か物足りなさや寂しさを感じるということであれば、それはその男性に恋愛感情を抱いているという可能性が高いです。

もちろんそれは、単純に友情関係の中で感じる寂しさという可能性もあります。しかし、明らかに自分のテンションが下がってしまったり、会話をする気がなくなってしまうということであれば、それは好きだという気持ちを抱いているということですので、恋をしているということになるのです。自分の気持ちをしっかりと見極め、友情と愛情の境目を見逃さないようにしましょう。

【チェック編③】恋愛感情がわからないけど気になる思考

友情で繋がっている相手の場合、対話の中で、基本的に自分の主張や考えを通そうとします。なぜなら、友情関係というものは、それほど簡単に破綻しないからです。だからこそ、失礼なことも言えるし、わがままにもなれます。

しかし友情が愛情へと変わると、同じようにはいきません。
相手に自分のことを気に入って欲しくなり、自分のわがままを相手に押し付けることができなくなってしまいます。

そしてそれに伴い、相手が何を考えているかということが、無性に気になってくるのです。
これは、相手に嫌われたくない、という気持ちが湧いてきた証拠です。

誰もが恋愛関係というものが、強くも脆い、ということを感覚的に理解しているため、言動が慎重になります。この見極め方であれば、簡単に愛情と友情を見極めることができるため、相手の考えを知りたくなったら、心の中でチェックしておくようにしましょう。

【チェック編④】恋愛感情がわからないけど触れられない

女性がボディタッチを行うと、その男性を気に入っている証拠という概念が一般的になっていますが、恋愛心理学で言えば、これは大きな勘違いです。女性は気に入っている男性、好きな男性に対しては、ボディタッチをできなくなってしまいます。まったく男性として意識していないからこそ、触れることができるというわけです。

もしも他の男性に対しては、簡単に肩や腕に触れることができるのに、特定の人に対してだけボディタッチすることができないという場合、それは気持ちの中に、恋愛感情がある可能性が高いです。単純に相手のことが嫌い、という可能性もありますが、嫌いという感情は見極めることができるでしょう。嫌いでもないのに、ボディタッチできないということであれば、恋愛感情であると考えてください。

【チェック編⑤】恋愛感情がわからないのに嫉妬する

ある男性が、自分以外の女性と楽しそうに話している。自分と話している時よりも、明らかにテンションが高い。このような状況下で、なぜかわからないがイライラしてしまう、会話をする気がなくなってしまうという場合、気持ちの中に恋愛感情が湧いている可能性が高いです。

恋をすると、多くの人間は嫉妬心を覚えます。男性が自分以外の女性と会話をしているだけで、ソワソワしてしまうのです。このような感情が出た場合、明らかにその人に対して特別な感情を抱いていますし、もしかすると、そのことが他の人にも伝わっている可能性もあります。あなたの恋愛感情を見極められていないのは、あなた自身だけ、という可能性もあるのです。素直に好きという感情を認めましょう。

【チェック編⑥】特定の男性の言うことに従う

他の男性の場合は反発してしまうのに、特定の男性が言ったことに対してだけは、素直に従ってしまうという場合、恋愛感情を抱いている可能性があります。人は自分と対等の相手だと、自分の考えが正しいという主張をぶつけてしまうものです。しかし、相手に気に入ってもらいたかったり、尊敬していたりすると、自分の考えを主張せず、相手の考えに同意してしまいます。

尊敬と恋愛感情は似たようなところがあります。尊敬できない人だと、恋愛対象にならないという人も多いです。つまり尊敬という感情があるのであれば、充分それが恋愛感情に変わる可能性があるということなのです。仕事場の先輩や上司にそのような人がもしも存在したとしたら、すでに恋をしている可能性もあります。恋愛感情の可能性として、チェックしておきましょう。

恋愛感情がわからない人も恋愛できる

恋愛感情がわからない状態でも、少し意識するだけで、わからない恋愛感情にすぐに気付けるようになります。人は恋をする生物ですし、その本能は全ての人の心の中に備わっているのです。良い出会いがあれば、自然と人を好きになるため、焦らずに自分の心と向き合いましょう。

もっと恋愛感情を知りたいあなたへ!

彼氏を好きかわからない理由とは?恋人への恋愛感情を知る方法!
女性を食事に誘う男性心理は?本気かどうかを判断する方法公開!
恋愛心理学からわかる男心!あなたも男の考えていることが分かる!?
年上男性の恋愛心理!年上好きの女性が男性の気持ちをとらえるには

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ