17・18・19・20畳LDKのレイアウトを紹介!L字リビングの対処法は?

ファミリー層の自宅の間取りとして多いのが17・18・19・20畳のLDK。十分な広さがあるとは言え、その空間を有効活用するためには間取りに合わせたレイアウトを考えなければいけません。今回は、17・18・19・20畳のLDKレイアウトのポイントをご覧ください!

17・18・19・20畳LDKのレイアウトを紹介!L字リビングの対処法は?のイメージ

目次

  1. 世間一般の広いリビングとは何畳?
  2. 17畳・18畳・19畳・20畳の部屋の特徴3選
  3. 17畳・18畳・19畳・20畳の基本的な間取りは?
  4. 17畳・18畳・19畳・20畳のレイアウト5選!
  5. おすすめのテレビの配置3選
  6. 【和室】がある部屋のレイアウトのポイント2つ!
  7. 17畳・18畳・19畳・20畳の広いリビングを有効活用する3つの方法
  8. リビングダイニングが【正方形】の部屋のレイアウトのポイントは?
  9. リビングダイニングが【縦長】の部屋のレイアウトのポイントは?
  10. リビングダイニングが【横長】の部屋のレイアウトのポイントは?
  11. リビングダイニングが【変形L字型】の部屋のレイアウトのポイントは?
  12. 実際に17畳・18畳・19畳・20畳の部屋に住んでいる人のリアルなレイアウト3選!
  13. 17畳・18畳・19畳・20畳の部屋のレイアウトを考えてみよう!

世間一般の広いリビングとは何畳?

ファミリー層の自宅のLDKの広さとして多いのが、17・18・19・20畳の部屋です。この空間で家族団欒をすることになるので、LDKのレイアウトについてはしっかりと考えなければいけません。では、17・18・19・20畳のLDKのレイアウトはどのように考えるべきなのでしょうか?

今回は、17・18・19・20畳のLDKのレイアウトのコツや参考レイアウトについてご紹介していきます。

まず、そもそも世間一般で言う「広いリビング」とはどれほどの広さなのでしょうか?一般的に、家族3〜4人で暮らす自宅のLDKの場合は18畳以上あれば広い、と言われています。ただ、二世帯住宅など家族が多い場合はもう少し広めに考えた方が良いでしょう。

17畳・18畳・19畳・20畳の部屋の特徴3選

では、17・18・19・20畳のLDKの部屋にはどのような特徴があるのでしょうか?ここで、17・18・19・20畳のLDKの特徴について3つのポイントに分けてご紹介していきます。

①家具サイズにゆとりが持てる

17・18・19・20畳をLDKのために使うとなると、かなりゆとりのある空間になります。なのである程度の大きさの家具を揃えたとしても、空間にゆとりを持つことができるでしょう。例えばその部屋のどこからでも観やすい大型のテレビや3人掛け以上のソファなど。

また、家族全員が座ることができるダイニングテーブルなども置きやすいので、ゆとりのある生活をすることができます。とは言え、広さは無限にあるわけではないのであれもこれもと家具を置きすぎると当然圧迫感が生まれてしまうので家具の取捨選択は必須です。

②広さを持て余してバランスを取るのが難しい

ただ、逆にシンプルな部屋にしようと思って家具を最低限にしてしまうと、逆に何もない空間ができてしまって空間を持て余す可能性も出てきてしまいます。特に、これまで狭い部屋に住んでいて17・18・19・20畳のLDKの部屋に引っ越すとその可能性が高いです。

これまでの感覚で家具の場所を詰めてしまうと、殺風景な場所ができてしまう可能性があるのである程度ゆとりのある配置やバランスの取れた配置を考えるように心がける必要がありますね。

③4人家族でもゆっくりとくつろげる

一般的に、17・18・19・20畳のLDKは4人家族で暮らすのが理想、とされています。4人家族でもゆっくりとくつろぐことができ、開放的な空間を演出することができます。また、仮にダイニングテーブルなどを設置したとしても、十分に余裕があります。

この他にもおしゃれなチェストや大きめのテレビボード、ソファなどをおいても十分にゆとりのある空間ができあがるでしょう。よりその空間をおしゃれに見せるために、実用性だけではなく景観をおしゃれに見せるためのインテリアを選ぶのも良いですね。

17畳・18畳・19畳・20畳の基本的な間取りは?

では、基本的な17・18・19・20畳の部屋の間取りはどのようになっているのでしょうか?基本的に17・18・19・20畳もの広さのLDKがあれば、その他に個室が1〜2つほどあり、1LDKや2LDKなどの部屋で用意されていることが多いです。

仮にマンションではなく一軒家の場合も、そこにもう1〜2部屋ほど増えて3LDKなどで構成されていることが多いですね。また、17・18・19・20畳のLDKの部屋だけで見ても、その形は様々で正方形や長方形型の他に、L字型の間取りも存在します。

17畳・18畳・19畳・20畳のレイアウト5選!

では、実際に17・18・19・20畳の部屋のインテリアの具体例についてご紹介していきます。おしゃれで真似しやすいインテリア例とともに、そのインテリアのポイントについても合わせてご覧ください。

①木製インテリアでナチュラル感を出す

落ち着いた雰囲気のリビングを演出する上で非常に人気なのが木製インテリアです。木製のインテリアで部屋の家具を統一することで、一気におしゃれで落ち着いた空間になります。木目と言ってもその質感や色味は家具によって違うので、できるだけ統一しましょう。

また、木製のインテリアと合わせて落ち着いた色味を取り入れるとさらにおしゃれな雰囲気になります。例えばソファやラグなどはライトグレー、クッションなどで明るいオレンジやブルーを加えることで、一気にその部屋が明るい雰囲気になりますね。

②白のソファーで上品に

部屋をさらに広く見せるためのポイントとして挙げられるのが、家具を白系に統一することです。特に部屋の雰囲気を大きく変える要素がソファ。膨張色で壁紙とも馴染みやすい白色を選ぶことで、部屋が明るく、清潔感のある雰囲気に仕上がります。

また、トレンドのインテリアにこだわりたい場合、家具はシンプルなものにしてクッションカバーや小物などで簡単に部屋の雰囲気を変えられるのもその魅力。ソファと合わせて、カーテンやラグなどの布製のアイテムも白で統一してみましょう。

③照明を個性的にして上に目線を持っていく

部屋の雰囲気をガラッと変えるための重要な要素として挙げられるの照明明です。照明をおしゃれで個性的なものにすることで、家具の照らされ具合や部屋全体の雰囲気が一気におしゃれになるので、おしゃれなリビングにしたいならまず照明にこだわりましょう。

特にリビングの場合は大きめの間接照明などを使うと、一気に雰囲気が出ます。壁に吊るすタイプやチェストなどに置くタイプの間接照明を使うだけで、部屋の雰囲気が一気におしゃれに。また、天井照明に直接取り付けるタイプの照明にもこだわってみましょう。

④大きめダイニングテーブルでおしゃれ度アップ

特に家族で済む場合重要になるのが、ダイニングテーブルです。ダイニングテーブルが大きい方がおしゃれですっきりとした空間になるので、特にこれからも家族が増える予定がある方、家族の人数が多い方は大きめのダイニングテーブルを選びましょう。

そのダイニングテーブルも、定番の木目調のものも良いですがこちらのように淡い木目のものや白色、ガラス製などその種類は様々。明るい色だと部屋の雰囲気が明るく、広く見えるのでぜひ部屋の雰囲気に合った色のテーブルを探してみてくださいね。

⑤植物を置いて緑を指し色に

ゆとりのある空間をさらにおしゃれに見せるための重要な要素が緑です。17・18・19・20畳のLDKとなると、ある程度その部屋にゆとりが生まれるので、殺風景な部屋を彩るために植物を置くのも良いでしょう。例えばこちらのようにテレビボードの横に大型の観葉植物を置くなど。

また、テーブルやチェストの上に小さいサイズの植物を置くのも良いですね。このように植物を置きつつ、他の家具やラグは落ち着いたカラーのものにすることで、緑が差し色になったおしゃれでナチュラルなLDKが完成します。もちろんフェイクグリーンでもOKです。

おすすめのテレビの配置3選

以上のように、ダイニングの構成は様々ですが、レイアウト例をご覧の通り、ほとんどのLDKの空間に置かれているもののひとつがテレビです。ですが、おしゃれな空間にしようと思えば思うほど、生活感の出やすいテレビの設置方法には困ってしまいますよね。

ここで、おすすめのテレビの配置方法や選び方についてご紹介していきます。

①テレビを壁付にする

これからテレビを購入するのであれば、壁に取り付けるタイプのテレビを選ぶのも良いでしょう。壁に取り付けることで視線の位置が高くなる上、通常の置き型テレビと比べても部屋の印象がかなりすっきりします。音響機器やAV機器もおしゃれに設置しましょう。

そうすることで、スタイリッシュな雰囲気の部屋が出来上がります。ただ、壁付きのテレビはしっかりと壁に固定することになるので、賃貸ではなく購入したマンションや自宅の場合に検討してみてくださいね。

②低めのテレビ台で空間を広く見せる

置き型のテレビで考えているのであれば、低めのテレビ台を選ぶのも良いでしょう。こちらのように低めの木目調のテレビ台を使えば、ナチュラルでおしゃれな雰囲気の空間をよりすっきりと演出することができます。特に、テレビ台の収納部分が扉付きのものが良いでしょう。

どうしてもテレビ周りはコードがごちゃつきやすい場所です。そのコード類をしっかりと隠して収納することで、テレビ周りがすっきりとします。インテリアもグリーン系で統一することで、おしゃれでナチュラルな空間を作り上げましょう。

③大きめのテレビボードで部屋と一体感を

ある程度天井まで高さがあったり、テレビ周りに収納しておきたいものがたくさんある場合は、大きめのテレビボードを購入して一体感を出すのも良いでしょう。例えばこのように、ボードの中心にテレビを設置するタイプのテレビボードの場合も、部屋との一体感が出ておしゃれな雰囲気。

ディスプレイ部分にはインテリアや見せて収納したいものを、扉付きの部分に生活感が出やすいものを入れておくことで、おしゃれで落ち着いた雰囲気の部屋に出来上がります。この他にも天井まで高さのあるテレビボードなどもあるので、壁そのものと一体かさせることもできます。

【和室】がある部屋のレイアウトのポイント2つ!

以上のように、17・18・19・20畳のLDKはおしゃれな空間にするための工夫が様々あります。ですが、和室の場合はどうなのでしょうか?ここで、和室の場合の17・18・19・20畳のLDKのレイアウトのポイントについて2つ、ご紹介していきます。

①洋風インテリアでノスタルジック感を出す

畳の空間にレトロな雰囲気のレザーのソファを置くことで、ノスタルジックな雰囲気の部屋にすることができます。家具についても深い色味の木目調の家具を選ぶことで、部屋全体の雰囲気に統一感を出すと、一気におしゃれな雰囲気になります。

ただ、畳を傷つけないためと同時に、洋風家具と部屋をなじませるためにラグを敷くのがポイントです。また、暖色系の間接照明を置いて部屋に温かみのある雰囲気を加えると、さらにおしゃれな雰囲気に仕上がります。

②純和風テイストでリアルな日本感出す

和室なら、その和の雰囲気を生かして純和風テイストの部屋を作り上げるのも良いでしょう。ちゃぶ台や木製の家具など、和のテイストの強いもので統一するだけで、一気におしゃれな雰囲気に。古民家カフェのような雰囲気が出るのがその魅力です。

その部屋の雰囲気をおしゃれに見せるための重要なポイントが、差し色です。例えばソファやクッションでポップな差し色を加えたり、観葉植物を置いたりすることで明るい雰囲気を出すことで、暮らしやすい部屋の雰囲気がさらに際立ちます。

17畳・18畳・19畳・20畳の広いリビングを有効活用する3つの方法

バランスを取るのが難しいと言われている17畳・18畳・19畳・20畳のリビングですが、そのリビング空間を有効活用するためには、どのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか?

ここで、17畳・18畳・19畳・20畳のリビングを有効活用するためのポイントを3つに分けてご紹介していきます。

①部屋に統一感を出す

まず、部屋に統一感を出しましょう。ソファ、ダイニングテーブル、テレビボードと全ての家具の色味や質感が全く違うものを選んでしまうと、部屋全体がごちゃごちゃとした印象になってしまいます。そうならないよう、ひとつのテーマを持たせることが重要です。

例えば部屋に置く家具は全て木目調の家具で統一したり、ナチュラルで明るい空間にしようというテーマを作ったり。また、グリーンやブラウンで統一するのも良いですね。そのように、ひとつの好みのテーマを決めて選んでみましょう。

②物を置きすぎない

いくら17畳・18畳・19畳・20畳のLDKにある程度空間のゆとりがあるからと言って物を置きすぎてしまうと、当然部屋の雰囲気はごちゃごちゃしてしまいます。なのである程度ゆとりのある綺麗な空間を作り上げるためにも物を置きすぎないようにしましょう。

例えばインテリアはひとつの家具につき1〜2個程度に留めておいたり、クッションも少なめにするなど。また、本やDVDなどのLDKに必要な物もその部屋の収納に置き切れる量だけにするなど、必要なものを取捨選択しましょう。

③生活通路を必ず作る

いくらおしゃれな雰囲気の部屋が出来上がったからと言って、その部屋で暮らす以上はその利便性についても考えなければいけません。そこで考えるべきが生活通路です。例えばリビングからキッチン、またベランダやダイニングテーブルまでの通路をしっかりと確認しましょう。

その通路を確保しておくことで、毎日の家事のストレスが格段に減ります。適度におしゃれな空間を保ちつつ、ゆとりがあり生活もしやすい空間を作り上げていきましょう。

リビングダイニングが【正方形】の部屋のレイアウトのポイントは?

では、部屋の形ごとのレイアウトのポイントについても合わせて見ていきましょう。まずはLDが正方形の場合。一般的には正方形の部屋を2つの長方形の空間に分断することで、ダイニングとリビングの空間を分けることができます。

このように、ソファやダイニングテーブルを使って部屋を分断すると綺麗にまとまりますね。

また、キッチンがカウンターの場合はこのようにダイニングテーブルを端に寄せてカウンター風にしつつ、リビング空間を広めに取ってしまうのも良いでしょう。広めの空間があれば生活動線を作りやすい上、ペットやお子さんのいる家でも楽しく暮らすことができます。

リビングダイニングが【縦長】の部屋のレイアウトのポイントは?

マンションなどに多いのが縦長タイプの部屋のレイアウトです。縦長の場合は、その長方形に長い空間をリビングとダイニングに分断してしまうのが定番です。テーブルやソファで分断するのはもちろん、大きめのラグを敷いておしゃれに空間を分けるのもおすすめです。

横幅の狭さが際立ちやすい縦長のリビングダイニングなら、このようにダイニングテーブルやソファを片方の壁に寄せて、ベランダまでの導線をしっかり確保すると景観もすっきりとします。白で統一しつつ、グリーンがアクセントになっていて海外風のおしゃれな部屋になっています。

リビングダイニングが【横長】の部屋のレイアウトのポイントは?

横長の場合も縦長の部屋と同様で、長辺に合わせて左右でリビングとダイニングを分けるのが定番です。横長の場合、ベランダまでの導線も確保しやすいのでダイニングテーブルも大きなものや円形のものを選びやすいのが良いところですね。

また、特に短辺が短い、横に非常に長い部屋の場合はこのようにダイニングテーブルをカウンター風に設置したり、ソファを壁にくっつけてリビング空間を作って、導線を部屋の中心に確保してしまうのもおすすめの方法だと言えます。

リビングダイニングが【変形L字型】の部屋のレイアウトのポイントは?

特に一軒家などに多いのが変形L字型のLDKです。実はL字型の場合、部屋の形を利用してダイニングとリビングを分断しやすいのがその魅力。長方形の大きな部屋と小さめの正方形の部屋に分断するなどして、開放的ながら目的の異なる2つの部屋を作り出せます。

ただ、L字型の空間は壁で囲まれていて部屋全体を見通すのが難しいので、長方形や正方形の部屋に比べると圧迫感が出やすいです。そこで、部屋の中心に高い家具を置かないよう意識することで、天井を高く、開放的な空間に見せるよう意識すると良いでしょう。

実際に17畳・18畳・19畳・20畳の部屋に住んでいる人のリアルなレイアウト3選!

それでは、実際に17畳・18畳・19畳・20畳のLDKに住んでいる方のレイアウト例を参考にしてみましょう。

このように、基本的には木目調の家具を使ってナチュラルな雰囲気の空間にしつつ、モザイクタイルやエスニック柄のポップなクッションを使って、個性あふれる空間を作り上げるのもおしゃれですね。

あまり家具の購入に予算がないというのであれば、テレビボードやローテーブルをカラーボックスで作り上げてしまうのもおすすめです。色をモノトーンで揃えることで、おしゃれでスタイリッシュな空間になります。収納スペースが格段に増えるのも良いところですね。

インテリアにこだわりたい場合は、たくさん置いても色味を統一することで部屋全体がすっきりとおしゃれな雰囲気になります。こちらのようにブラウン系のカラーで統一すると、部屋全体がナチュラルな雰囲気になってすっきりとまとまります。

17畳・18畳・19畳・20畳の部屋のレイアウトを考えてみよう!

今回は17畳・18畳・19畳・20畳のLDKのレイアウトのポイントや実際のレイアウト例についてご紹介してきました。ファミリー層が住むことの多い17畳・18畳・19畳・20畳の部屋はその空間をおしゃれに見せるためのコツが様々。

ぜひこれらのポイントを押さえて、おしゃれで過ごしやすいLDKを作り上げてくださいね。

おしゃれなインテリアにもっとこだわろう♪

【2DK】レイアウトのポイント&実例!インテリアでカッコイイ部屋に♡
シンプルな部屋にしたい!無印良品の家具でおしゃれなインテリア解説!
木目調リメイクシートでおしゃれインテリア!【セリア・ダイソー】
ブルックリンスタイルのインテリア集|ダサくならないポイントも解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ