人見知りの特徴と克服方法完全解説!

人見知りな人の特徴と、その克服方法を完全解説したいと思います!人見知りの人の特徴や原因、そしてそれらのタイプに合った克服方法をご紹介しますよ。コミュ障なんて言われているのはもったいないかも。人見知りにはそれなりの個性としての利点があったりもするんです。

人見知りの特徴と克服方法完全解説!のイメージ

目次

  1. あなたは人見知りですか?
  2. 人見知りの特徴とその原因について
  3. 【人見知りの特徴と原因】1.自分に自信が持てない
  4. 【人見知りの特徴と原因】2.完璧でないと我慢できない
  5. 【人見知りの特徴と原因】3.他人からの視線が気になる
  6. 【人見知りの特徴と原因】4.自分のことしか考えられない
  7. 【人見知りの特徴と原因】5.プライドを傷つけられたくない
  8. 人見知りの特徴や原因に合った克服方法について
  9. 1.自分に自信が持てない人見知りさんの克服方法について
  10. 【人見知りを克服】過去の失敗に囚われない
  11. 【人見知りを克服】得意な話題(ネタ)を用意しておく
  12. 2.完璧に何でもやりたい人見知りさんの克服方法について
  13. 【人見知りを克服】最初から上手くやろうと思わない
  14. 【人見知りを克服】聞き手に徹してリアクションを磨く
  15. 3.他人の視線が気になる人見知りさんの克服方法について
  16. 【人見知りを克服】相手の視線よりも相手の内面に注目する
  17. 【人見知りを克服】相手にどんどん質問をする
  18. 4.自分ばかりが気になる人見知りさんの克服方法について
  19. 【人見知りを克服】自分以外にも意識を向ける
  20. 【人見知りを克服】人を勘繰らない
  21. 5.プライドを守りたい人見知りさんの克服方法について
  22. 【人見知りを克服】人と競うことをやめる
  23. 【人見知りを克服】自分と他人に優劣をつけない
  24. 【まとめ】人見知りの印象は悪いばかりではありません♡

あなたは人見知りですか?

日本人に、

「あなたは人見知りな方ですか?」

と、質問すれば、ほとんどの人がYESと答えるそうです。
ともすれば、日本人の性格の特徴として、「人見知り」という個性があるのかもしれませんね。

自分の性格が「人見知り」だと思っている人でも、他人から見ると決して人見知りなタイプでないと思われていることも多く、自己評価と他者からの見た目には、少し差があるようにも感じます。

人見知りとは?

人見知りとは、

「初対面の人との会話がぎこちなくなる」という比較的浅い症状の心理状態や、
「人と会話をすることができないコミュ障」という重い症状の心理状態まで、

その症状や特徴はさまざまであり、人見知りになってしまう原因もいくつかパターンが存在するようです。

「人見知り」焦らずじっくり改善していこう!

今回は、人見知りの特徴とその原因について、そしてその特徴や原因に合った改善方法や、克服方法についてなどを、ご紹介していこうと思っています。

ほとんどの人が自分のことを人見知りだと認識しているのだということを理解して、焦らず、自分なりの人見知りに対する改善方法を試していきましょうね。

■参考記事:性格を変えたい、と思ったらコチラも参照!

性格を変える方法9選!人生が良くなる!【性格を変えたい人必見】

人見知りの特徴とその原因について

程度の差こそあれ、自分のことを「人見知りだ」とか「コミュ障だから」と感じている人は多いですね。

そんなみんなが思う人見知りとはどんな特徴があるのか、人見知りになってしまった理由や原因についてなどを、まとめていきたいと思います。

あなたの人見知りのタイプはどんな特徴を持っていて、どんな原因が隠れているのでしょうか。

【人見知りの特徴と原因】1.自分に自信が持てない

自分に対する自信が持てなくて、人とコミュニケーションが上手く取れないタイプの人見知りとは、どんな特徴があるのかというと、

「人前で話すのが苦手」
「自分のことを話せない」
「人に話しかけるタイミングがつかめない」

というようなものになります。

自信が持てない人見知りとは

同級生と学校以外の場所で偶然会うと、なんだか会話がぎこちなくなったり、
「美容師」や「店員」と会話をするのを極力避けようとしたり。

ちょっとした場面でさりげない会話を交わすのに苦痛を感じるという人は、この自信が持てないタイプの人見知りかもしれませんね。

自信が持てない人見知りの恋愛観

このタイプの人見知りとは、自信がないようで実は「上手くやりたい」「すごいと思われたい」という欲求が強い心理を持っていますよ。

恋愛面でも、「本当の自分よりもかっこよく思われたい」という心理があるために、逆に態度がぎこちなくなってしまう特徴があったりします。

【人見知りの特徴と原因】2.完璧でないと我慢できない

完璧な自分でいないと我慢ができないのが原因でコミュ障になってしまう人見知りとは、どんな特徴があるのかというと、

「会話が途切れると自分のせいだと感じる」
「失敗を根に持つ」
「同性に苦手意識を持つ」

などがあります。

完璧でありたい人見知りとは

自分が完璧な状態だと思えないと、人と接することが困難になるタイプの人見知りは、実はとっても自信が無いという心理を持っています。

だからこそ、失敗するかもしれない場面に遭遇しないように人との接点をなるべく避ける行動をしがちですね。

また、一度失敗してしまった経験を忘れることができず、苦手意識を強く持つ傾向があり、行動範囲も狭くなりがち。

完璧でありたい人見知りの恋愛観

同性に対しては、心を見透かされているような気分になることが多いので、心理を読まれにくい異性との会話の方がリラックスできる特徴もあります。

恋愛面では、恋愛感情を持つ異性の前では緊張しすぎてキョドることが増えてしまうので、奥手な人が多い特徴がありますよ。

【人見知りの特徴と原因】3.他人からの視線が気になる

他人からの視線が気になり、評価されることに恐れを持つ人見知りとは、どんな特徴があるのかというと、

「人と話す時に相手の顔を見たり、目を合わすことができない」
「人に自分の考えていることがバレている気がする」
「常時マスクやサングラスをしている(したいと思う)」

などというものがあります。

他人の評価が気になる人見知りとは

相手からみた自分のイメージだとか、自分の顔に何かついていないだろうかなど心配したりして、コミュニケーションをしているつもりでも全然集中できていないタイプは、この他者からの評価が気になり過ぎる人見知りタイプになるでしょう。

このタイプの人見知りは、自分のことが大好きというわけでなく、「他人のことに関心が行かない」という心理があります。

他人の評価が気になる人見知りの恋愛観

自分のことは好きでないけれど、「他人から見られる自分がすごく気になる」という原因は、むしろ「自分のことを大きくみせたい」という心理があるからでしょう。

恋愛面では、恋人のことを良く知りたいという心理よりも、恋人に自分はどう思われているのかという観点に意識が行きがち。

心を許せる相手には雄弁になる人見知りさんは、恋人に負担をかけていないか気にしてみた方がいいかもしれませんね。

■参考記事:自然体でいるにはどうしたらいい?コチラも参照!

自然体でいられる人の心理7選!自然体でいる方法とは?

【人見知りの特徴と原因】4.自分のことしか考えられない

自分の感情や考えばかりが気になり、自分のことばかりを優先してしまう人見知りとは、どんな特徴があるのかというと、

「プライドが高いと自分でも思う」
「相手の行動の意味を深読みしてしまう」
「グループ行動が苦手」

などがあります。

自分のことしか考えられない人見知りとは

自分が感じていることや、自分の考えを優先的に捉えがちな心理を持つタイプの人は、他人との会話がぎこちなくなり、コミュ障と受け取られることが多くなります。

人の話を聞いているようで、内心は自分のことばかりを考えてしまうため、会話が成立しないこともあります。

自分のことしか考えられない人見知りの恋愛観

人がなにか意見すると、「それはこういうことでしょ」とか相手の言葉を先回りしてしまったり、自分なりの解釈で相手の行動を深読みしてしまい、行き違いが起こることもあります。

恋愛面でも、恋人の心理や感情を無視して、自分の感情を押し付けたり、今の気分を優先して相手をないがしろにしてしまう行動が目立つため、自分が思うよりも恋人を傷つけてしまうケースがあります。

【人見知りの特徴と原因】5.プライドを傷つけられたくない

プライドを傷つけられたくない、人に対して上から目線になりがちな人見知りとは、どんな特徴があるのかというと、

「自分には秘めたる能力があると信じている」
「周囲の人のランク付けをする」
「真っ先には自分の意見を言わない」

などがあります。

プライドを傷つけられたくない人見知りとは

なんの根拠もないのに「自分は優秀である」と思い込んでいたり、人から非難されたくないという意味で「人見知り」という境界線を人との間に作っているタイプです。

はっきりと確信を持っていることだけに反応し、「勝てない」と思うことに対しては無反応を決め込む対応をしがちです。

人とのコミュニケーション方法がどうしても上から目線になってしまうのは、「勝ちにこだわる心理」が原因にあるのかも。

プライドを傷つけられたくない人見知りの恋愛観

心の中で、他人を評価し、自分が優れている部分だけをクローズアップしがちな特徴があります。

恋愛面では、警戒心が強くなかなか心を開いてくれない状態が続きますが、相手が自分に好意があるとわかると、自分が優位に立ったと勘違いして横柄な態度を取ることも。

この他にも「人見知りあるある」こんなのもあります!

人見知りあるあるまとめ!人見知りなら共感できる!

人見知りの特徴や原因に合った克服方法について

人見知りの特徴や原因に合った克服方法を見出して、少しでもコミュ障を改善していけるようなヒントをご紹介したいと思います。

コミュ障になってしまう原因や意味を知ることで、あなたの心理にあるこだわりに気付くことができれば、あとは場慣れすることが一番ですよ。

一度にすべてをクリアにするのは、どんなことでもなかなかできませんよね。

一歩ずつ、確かな歩みを進んでいきましょう。

1.自分に自信が持てない人見知りさんの克服方法について

まずは、自分になかなか自信が持てない人見知りさんのへの克服方法です。

人と会話をするって緊張しますよね。

特に初対面の人とコミュニケーションをとることは、人見知りでない人だって緊張するものです。

最初から「上手くやろう」と思い過ぎない事が、人見知りを改善する意味において、大切な心構えとなりますよ。

【人見知りを克服】過去の失敗に囚われない

小さなころの体験で、「一生懸命話をしているのに聞いてもらえない」や、「伝わらない」などの、心理的な傷を受けて大きくなった場合、それがトラウマとなり人見知りを発症している場合があります。

傷という意味で捉えなくても、「うまくいかなかった」経験が重なり、自信が持てないことが原因で心理的なストレスから自衛するために「人見知り」していることもあるでしょう。

このような場合では、まずは信頼できる人、自分にとって「理解者」との会話を重ねることから始めましょう。

人に不安を持ったままで、上手なコミュニケーションを取れる人など存在しませんので、「自分はダメだ」と思う必要は全くありませんよ。

【人見知りを克服】得意な話題(ネタ)を用意しておく

自分に自信が持てなくて人見知りになってしまう改善方法は、得意な話題や、話のネタを用意しておくことをお勧めします。

あまりウケることに重点を置く必要はなく、話の掴みという意味であったり、会話の場繋ぎのためのネタを準備しておくだけで、ずいぶんと心理に余裕が生まれるようになります。

人見知りを改善するためのリハビリとしては、「リアクションが大きい人」を選んでみると、自分の会話力に少しは自信が付くかもしれませんね。

2.完璧に何でもやりたい人見知りさんの克服方法について

人前では完璧にやりこなしたい人見知りさんへの克服方法は、「いい意味で諦める」ことですよ。

開き直るという心理は、良いように働くと人をリラックスさせて、結果として普段の自分よりも大きな成果を上げることもできます。

人見知りを改善する意味においても、「いい意味であきらめの精神」を持つことをお勧めします。

【人見知りを克服】最初から上手くやろうと思わない

人見知りの人がやりがちなコミュニケーションの取り方として、「ウケてやろう」とか「ミスしないように」と思い過ぎる傾向がありますね。

そんな風には思っていなくても「失敗したらどうしよう」とか「沈黙が続いたら嫌だな」など、マイナス思考に陥りやすいのが人見知りの特徴でもあります。

まずは小さなハードルから順番にクリアしていき、最終的には結婚式のスピーチをこなすぐらいの「演説」ができるまでの目標を立てて、一気にすべてをやりこなそうと思うことは止めておきましょう。

言葉に詰まっても、言い間違えても、どもってしまっても大丈夫。

上手に話せなくても誰も気にしていませんし、それで普通だと思っていればいいんですよ。

【人見知りを克服】聞き手に徹してリアクションを磨く

どうしても「上手な会話を求める」心理が強いタイプの人見知りさんは、会話の聞き手に徹してみることから始めてみましょう。

会話のテクニックという意味においては、リアクションをしっかりと大きめにとることがポイントです。

会話のリアクションを相手の話の内容に合わせて取るということは、人見知りの人にとってはなかなか難しいかもしれませんが、自分から話を振るのが苦手というならば、向いている改善方法ですよ。

人見知りの原因のひとつとして、「相手の話に興味が持ち辛い」というものがあります。

それを克服するという意味においても「リアクションを取る」ことに専念してみましょう。

3.他人の視線が気になる人見知りさんの克服方法について

他人の視線が気になる人見知りさんの克復方法として、有効だと思われるのが「相手に興味を持つ」ことです。

人の評価ばかりが気になるということは、いわゆる「自意識過剰」な心理状態を意味します。

人を気にしているようで実は、自分のことしか考えられていないのと同じ意味を持つのですね。

独りよがりな恋愛をしがちな傾向もありますので、少しずつでも改善していけるようにしていきましょう。

【人見知りを克服】相手の視線よりも相手の内面に注目する

人と接していても、つい自分への評価であったり、自分がどう受け入れられているかと言った事に関心が行ってしまい、相手のことや、会話の内容については上の空になりがちなタイプですね。

この人見知りのタイプの改善方法は、とにかく会話に集中すること。

相手が何を話しているのか、しっかりと内容を把握できるようにしましょう。そして、相手が自分のことをどう思っているのかよりも、自分が相手のことをどう思うのかということについて、考えるようにします。

相手のことで頭がいっぱいになると、自分のことを忘れている時があるのに気付けるでしょう。

コミュ障から脱出するには、まずは「相手のことを思いやる」が大切になりますよ。

【人見知りを克服】相手にどんどん質問をする

人見知りの人が会話を苦手だと思う理由のひとつに、「何を話していいかわからなくなる」ということがありますよね。

それは、「人に興味がない」や、「自分のことも理解してもらわなくていい」というような心理状態であるからこその発想になります。

もしも、「相手のことを知りたい」とか、「なんとかして自分の思いを伝えたい」という気持ちになれば、聞きたい事や話したい事がたくさん出てくると思います。

ぎこちない会話を改善するのであれば、まずは「相手に質問をしてみる」ことから始めてみるのはいかがでしょう。

人見知りとは、人に関心がない人が陥りやすい症状です。相手に興味を持つことで、かなり精神状態も落ち着きを取り戻すことができますよ。

4.自分ばかりが気になる人見知りさんの克服方法について

もう一つの「自信過剰な」心理状態が災いして人見知りになっているタイプなのが、自分のことばかりが気になってしまうケースです。

自分の考えていることや、感じている気持ちを優先するあまり、人との会話が成立しないことも多いため、どうしてもコミュ障な印象を持たれやすい特徴がありますね。

自分主義の人見知りさんの改善方法は、「勘繰らない」「他者に興味を持つ」などの気持ちを持つことに、大切な意味がでてきますよ。

【人見知りを克服】自分以外にも意識を向ける

自意識が強い人見知りさんの会話は、基本的に自分にしか意識が行かないことが多いようです。

人と対話している時でも人見知りさんの内心は、

「今の自分の感情を大切にしたい」
「自分の思い通りにするためには…」
「この人邪魔だなぁ」

などと考えているばかりで、ちっとも相手の話の内容が頭に入ってこなかったりするわけです。

そのくせ、「自分のことってどう思われているのかな」とか、「かっこ悪いところは見せたくない」などと考えてしまうので、会話をしていてもまったく一方通行なイメージを相手に与えてしまう結果になります。

まずは、自分への評価を気にするのをやめて、相手の話に意識を集中させてみましょう。

そうするだけで、コミュ障という印象はまったく影を潜めて、表情も明るくなりますよ。

【人見知りを克服】人を勘繰らない

人見知りや、コミュ障を改善したいと思う時は、人の意見や行動に対して「勘繰らない」ことが大切です。

人の言動に対して勘繰ってしまうと、疑心暗鬼になったり、思われてもいないことを危惧して自分自身の行動に制限をかけてしまうことに繋がります。

人前に出て話をしている時に、聞いている人たちの思考を勘繰って、

「ああ、今あいつは自分のこと内心笑っているんだろうな」とか、
「真っ赤になっている自分のこと馬鹿にしているんだろう」などと勝手に決めつけてしまう。

このような思考を繰り返すことは、自分の精神が疲弊してしまいますし、相手にもコミュ障な印象を持たれてしまい、状態が悪化する一方になります。

自分が「失敗した」と思うことでも、案外他人は気にしていないものなので、ミスした時でも、いい意味で開き直ってしまいましょう。

5.プライドを守りたい人見知りさんの克服方法について

自分のプライドを守りたい、人に傷つけられることを恐れる人見知りさんへの改善方法は、「自分と他者との比較をやめる」ということです。

ついつい人を見下し、なぜか上から目線な発言をしてしまう人、コミュ障であることを「人見知りだから」という理由で片づけてしまうタイプの人は、少し周囲から「ズルい」とか「嫌な人」という印象で、苦手意識を持たれている可能性がありますよ。

恋愛相手に対しても、自分が優位でありたい気持ちが強く、恋人を見下した態度に出がち。

これでは恋愛も長続きしないのも当たり前と言えるかもしれませんね。

【人見知りを克服】人と競うことをやめる

人見知りとは、人とのコミュニケーションがうまく取れないことを意味しますが、この手の人見知りさんはコミュニケーションは、人と勝負する機会だと捉えている節があります。

優秀な人が陥りやすい人見知りな原因として、つい「人と競ってしまう」とか「優劣をつけたがる」というものがあります。

共有したり、共感したりする意味が理解できなくて、優秀な人が総取りしてもいいルールを自分の中で展開している場合もありますよ。

これでは、対する人に不快感を持たれてコミュ障だと感じられても仕方ないですよね。

なるべく自分の中で人と競うことをやめるように、心掛けてみましょう。

【人見知りを克服】自分と他人に優劣をつけない

人に傷つけられたくないと思う人見知りの人は、他の人の悪口を言って自分がいかに優れているかをアピールするような表現をしがちです。

周囲の人と自分の格付けや、ランク付けを日常的に行い、自分よりも格下だと認定した人に対しては失礼な態度をとることもあります。

このままでは完全にコミュ障だと感じられても仕方ありませんが、自分の中では悪いと思っていないことも多いです。

改善方法としては、「あ、今自分は人と比較してしまっている」と気付くだけでも、上から目線での発言にストップをかけれることが多くなりますよ。

自分の言動に気付くためには、やはり自分ばかりに意識を向けるのをやめて、人に関心を持つことを意識づけた方がいいでしょう。

人見知りを治す方法はコチラにもあります!

人見知りを治す9つの方法!コミュ障の原因って何なの?

【まとめ】人見知りの印象は悪いばかりではありません♡

ここまで、人見知りの特徴と原因、そして克服方法までまとめてきましたが、みなさんは人見知りに対してどのようなイメージを持たれましたか?

中には、相手に不快感を与えてしまうコミュ障もありますが、人見知りのその多くの症状は、周囲の人からは暖かい目で受け入れられているものだということに、まずは気づいてくださいね。

人見知りな人の印象って?

人見知りの人だって、他の人が緊張して話がうまくできない場面を見ても、

「ああ、緊張しているんだな」
「頑張れ」
「真面目そう」

ぐらいにしか感じないのではありませんか?

もっと良いイメージを言えば、

「初々しいな」
「もっと仲良くなりたい」

なんて印象を持つ人も多いですよ。

人見知りな人の恋愛事情は?

さらに恋愛面で言えば、人見知りの人は、

「一途に思ってくれそう」
「可愛い」
「ガツガツしていない印象」

など、好印象を獲得している場合もあります。

恥ずかしがりな女性は男子から恋愛対象として見られやすいですし、シャイな男性は女性から熱い眼差しに全然気づけずにいる可能性もあります。

人見知りの人は恋愛にも奥手な傾向が強いですが、決して恋愛対象から外されているわけではなさそうです。

自分の殻に閉じこもるのをやめて、外に目を向けることができたら、あなたの道がそっと開かれるかもしれませんね。

あなたの素敵な人生を応援しています♪

シャイな人のこと、もっと知りたい?そんな人にはコチラ!

シャイボーイな男性の特徴や恋愛行動!付き合うにはどうする?
シャイな人の心理・特徴とは?好きになったらどうする?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ