人たらしの特徴13選!人たらし術を覚えて人たらしになろう!

人たらしの人っていますよね。いつどんな時でも、周りにたくさんの人が寄ってきて、どんな人にも好かれるのが人たらしです。人たらしには人脈ができるのでチャンスも巡ってきます。どうすればあなたも人たらしになれるのか、人たらし術をこの記事では伝授します。

人たらしの特徴13選!人たらし術を覚えて人たらしになろう!のイメージ

目次

  1. 人たらしにはチャンスがいっぱい!!
  2. 人たらしの本来の意味とは?!
  3. 人たらしの意味がいい意味になったきっかけとは?
  4. 人たらしの心理的特徴とは?!あなたもなれる?!
  5. 【人たらしの心理的特徴1】相手を褒める
  6. 【人たらしの心理的特徴2】誘いを断らない
  7. 【人たらしの心理的特徴3】真面目
  8. 【人たらしの心理的特徴4】異性の聞き役に!
  9. 【人たらしの心理的特徴5】ポジティブシンキング!
  10. 【人たらしの心理的特徴6】笑顔を絶やさない
  11. 【人たらしの心理的特徴7】礼儀正しい
  12. 【人たらしの心理的特徴8】常に空気をいい方向へ!
  13. 【人たらしの心理的特徴9】おねだりが上手い
  14. 【人たらしの心理的特徴10】目上の人を立てる
  15. 【人たらしの心理的特徴11】マメに気が付く
  16. 【人たらしの心理的特徴12】悪口を言わない
  17. 【人たらしの心理的特徴13】相手を立てる
  18. あなたも人たらし術を身に付けよう!
  19. 人たらし術はこうすれば身に付く!!
  20. 人たらしになって幸せな人生を!!

人たらしにはチャンスがいっぱい!!

最近よく、人たらしという言葉を聞くようになりましてね。

どんな人とでもすぐに仲良くなって、いいお付き合いができる人のことを人たらしと呼びます。

良い人脈を作るという方法は、プライベートが充実するだけではなくて、仕事をする上でもとても大きな武器になる事は言うまでもありませんよね。

人たらしというのは、人生にたくさんのチャンスを呼び込むことができる、今だからこそ必要な人生術ともいえるでしょう。

この記事では、人たらしの人の意味や特徴について見た後で、どんな方法を取ればあなたも人たらしになって、人生に大きなチャンスを広げることができるのか、人たらし術についてご紹介したいと思います。

あなたも人たらしになる方法を身に着けて、良い人脈を広げてみませんか。

人たらしの本来の意味とは?!

ところで、人たらしという言葉の意味、今では「人付き合いがいい人」という風に良い意味に使われることが多いのですよね。

しかし、もともとの意味はいい意味で使われる言葉ではありませんでした。

「たらし」がつく言葉には「女たらし」「男たらし」という言葉がありますよね。

どちらもいい意味で使われている言葉ではありません。

「女たらし」も「男たらし」も、異性を騙したり、言葉巧みにもてあそんだり、異性関係にだらしない男女の事を指す意味として使われる言葉です。

「たらし」という言葉は「誑し」と書き、辞書的な意味としては「騙す事」「欺くこと」という意味があります。

という事は、「人たらし」という言葉の意味も本来の意味は、他の人のことを言葉巧みに騙したり、甘い言葉で誘惑したりする、と言う意味で使われている言葉でした。

いわば「女たらし」「男たらし」と言う言葉が、異性関係に対してだらしなかったり、騙す行動をとる人に使われるのに対して、「人たらし」という言葉は、同性異性関係なく、対人関係で狡賢い行動をとる人という意味で使われていた言葉です。

本来の意味は、最近の使われ方の意味とは真逆なのでちょっとびっくりしますね。

人たらしの意味がいい意味になったきっかけとは?

そんな、悪い意味で使われていたはずの「人たらし」という言葉が、「人付き合いが上手な人」といったいい意味で使われるようになったのにはきっかけがありました。

「人たらし」という言葉が良い意味で使われるようになったきっかけとなったのは、歴史小説家の司馬遼太郎が「新史太閤記」で、豊臣秀吉が成功した理由について「人たらしの天才だった」と書いたことに由来するといわれています。

百姓の出から、天下人にまで登りつめた豊臣秀吉の出世術で真っ先に思い浮かぶのは、寒い冬の朝に織田信長の草履を自分のふところで温めたという逸話ですよね。

飄々とした明るい人柄で、思いもよらず人を喜ばせる行動に出ることで、どんどんチャンスを作っていた豊臣秀吉の生き様や人生術というのは、まさに「人たらしな天才」と言ってもいいものではないでしょうか。

人たらしの心理的特徴とは?!あなたもなれる?!

あなたも人たらし術を身に着けて人たらしになることができれば、きっと上司である織田信長にどんどんと出世を重ねていき、明智光秀を成敗した後に、誰もが認める織田信長の後継者として、天下統一をはたした天下統一を果たすことができた人たらしの天才・豊臣秀吉のように、人生で大きなチャンスを掴むことができるようになるに違いありません。

でも、人たらしっていうのは、持って生まれた才能や性格なんだから、今更自分に人たらし術を身につけるなんて絶対に無理!なんて思ってませんか。

朗らかに明るく誰にでも隔てなく接するなんていうのは、確かに生まれ持った性格も大きいところです。

しかし、他の人と良い関係を築いて、信用してもらうことが、人たらしの術だと考えれば、決して生まれ持った性格が朗らかなものでなくても、人たらしになることはできますよね。

現代的な意味での「人たらし」と呼ばれる人には、いったいどんな心理的な特徴があるのか、あなたにもなれるものなのかどうかちょっとここから見ていきましょう。


■関連記事:人から好かれたい人はこちらもチェック

人に好かれる方法11選!好かれる人の特徴とは?

【人たらしの心理的特徴1】相手を褒める

人たらしの心理的特徴の1つ目は、とにかく相手のことを褒めるというものです。

どんな人でも、本当の意味でほめられると、その人のことが心から大好きになって、やる気が10倍に膨れ上がるものです。

時々「自分が褒められるよりも、叱られた方がやる気が出る」と言って褒める教育を否定する人がいますが、こういう人は本当の褒める方法で褒められたことがない人ですよね。

本当の意味と方法で褒めるというのは、とても難しいことです。

というのは、本当に褒めるために必要な方法とは、本当に褒めるべきことを褒めるべきタイミングで伝えるということなのです。

この方法を取らなければ、相手の心に絶対に響かないのです。

人たらしの人というのは、相手のことをよく観察しているので、褒めるべきことを褒めるべきタイミングで褒めることができます。

しかも悪い事は脇に置いておいて、いいことだけを見つけて褒められたら、誰でもその人のファンになって、この人のためならと思うのは当然ですよね!


■関連記事:女性が喜ぶ褒め言葉はこれ!

女性が喜ぶ言葉まとめ!褒め言葉を駆使してモテるようになろう!

【人たらしの心理的特徴2】誘いを断らない

人たらしの心理的特徴の2つ目は、他の人からの誘いをどんな時でも断れないということです。

他の人が誘ってくるということは、どんな理由であれ、その人少しでも長く一緒にいたい、その人との人脈を作りたいという気持ちの表れですね。

だけど、普通の人は、その人と一緒に過ごすことが自分の人脈にとってどういう意味を持つのか、得になるのか損になるのか、ということを考えて、誘いに乗る、乗らないを決めるものです。

でも、そうすると誘いを断られた人は、断った人のことを嫌いになりますよね。

人たらしの人というのは、どんなときでも、どんな人からの誘いでも断ることがありません。

喜んで付き合います。だから、みんなその人のことが大好きになってファンになっていくのです。

また、どんな人からの誘いも喜んで乗ることで、人たらしの人の人脈はどんどんと広がっていくのです。

【人たらしの心理的特徴3】真面目

人たらしの心理的特徴の3つ目は、基本的に真面目ということです。

「たらし」というと、だらしない人というイメージがあります。

男たらしとか女たらしという言葉なら、男性も女性も真面目という言葉は全く当てはまりません。

しかし、人たらしな人に関しては、男性でも女性でも基本的に真面目であるということができます。

人たらしな人というのは、人からの信用を得ることが上手な人だとも言うことができます。

どんな場合であれ、人からの信用を得るための方法というのは、与えられた仕事を真面目にこなすこと以外にありません。

だから、人たらしの人というのは、真面目な人だということができます。

【人たらしの心理的特徴4】異性の聞き役に!

人たらしの心理的特徴の4つ目は、異性に対して聞き役や相談役になれるということです。

人は誰でも、同性の人の相談役にはなりやすいものです。

しかし、人たらしの人というのは、相手が男性であっても女性であっても、分け隔てなく話を聞くことができます。

もちろん、異性であるために的確なアドバイスができないこともありますね。


しかし、人というのは、男性でも女性でも自分の話をしっかりと最後まで聞いてくれる人というのを信用して、心を開いて好きになりやすいものです。

ひとたらしという人というのは、男性でも女性でも明け方なく話を聞くことができる人だということができます。

またそうすることで、人脈も大きく広がっていくのです。

【人たらしの心理的特徴5】ポジティブシンキング!

人たらしの心理的特徴の5つ目は、基本的にどんな時でもポジティブシンキングだということです。

ポジティブシンキングというのは、ただ単に悲観的な側面から目をそむけて、楽天的に振る舞うことではありません。

悲観的な局面であっても、それをしっかりと受け止めて分析した上で、どうすればそれを打開できるのか、確実な方法考えて、前向きな気持ちで物事に取り込んでいくことを言います。

人たらしの人というのは、どんな時にでも、他の人の先頭に立って、困難なものと打開していく力に満ち溢れている人だと見ることができます。

だからこそ人はみんなその人のことを信用してついて行きたくなるのです。

【人たらしの心理的特徴6】笑顔を絶やさない

人たらしの心理的特徴の6つ目は、どんな時も笑顔絶やさないということです。

どこの国の、どこの人種の、どの年代の、男性でも女性であっても、人間であれば誰でも自分に向けて怒った顔を向ける人には嫌悪感を抱きやすくなり、自分に向けて笑顔を向けてくれる人には、好感を持つものだと言われています。

ある意味笑顔という方法は、簡単に人から好感を得ることができる方法だということができますね。

人たらしというのは、いつでもどんなときでもどんな人に対しても笑顔を絶やさないものです。

どんな時でもどんな人にでも笑顔を向けることで、その人を魅了して虜にしてしまう術を持っています。

【人たらしの心理的特徴7】礼儀正しい

人たらしの心理的特徴の7つ目は、どんな人に対しても礼儀正しいということです。

普段、礼儀正しく振る舞っている人でも、目上の人や、年上の人に対しては礼儀正しくても、自分よりも下の人には横柄な態度で振舞う人もいます。

人は、自分に対して横柄な態度で振舞われると、それが目上の人であっても、嫌悪感を抱きやすいものです。

しかし、人たらしな人というのは、相手がどんな立場の人であっても、礼儀正しい態度を崩すことがありません。

自分なんかにも、礼儀正しく接してくれるんだと、感激させる方法というのは、ある意味人脈を強固にするための人たらし術だと言うこともできますね。


■関連記事:魅力的な人は好かれるものです

魅力的な人の特徴13選!皆に好かれる人になるにはどうすればいい?

【人たらしの心理的特徴8】常に空気をいい方向へ!

人たらしの心理的特徴の8つ目は、どんな時にでも周りの空気を良い方向へ持っていくことができるということです。

なぜかついついその場の雰囲気が悪くなってしまうことがありますよね。

例えば、何かとてもショッキングな出来事が起きたり、その場にいる人の間で、争い事が起こってしまった場合などです。

そんなときには、誰かがなんとかしてその場の雰囲気を変えなければと思っても、何をやっても空回りしてしまって、空気がドンドンドンドンと重くなっていくということがよくあります。

人たらしの人というのは、いつどんな時でも、そんな重くなってしまった空気を方向へ持っていくことができる術を持っています。

基本的に人脈を重視する人たらしの人というのは、男性でも女性でも他の人と争う事を好みません。

また、常にポジティブな方向へ持っていくためにはどんな方法を取ったらいいのかということに頭を働かせています。

だから、争い事が起きたり、ショッキングな出来事が起きた時でも、その場の雰囲気をうまく取りつくろって、みんなの気分を良い方向へ向けてしまうことができるのです。

【人たらしの心理的特徴9】おねだりが上手い

人たらしの心理的特徴の9つ目は、おねだりをすることが上手だということです。

世の中で成功した人の特徴を見ていると、成功して大きな仕事を成し遂げた偉人たちというのは、とにかく他の人におねだりをして、自分の欲しいものを与えてもらったり、自分のやって欲しいことをやってもらったりするのが上手だということがわかります。

何か大きなことをやりたいと思うときに、それが自分の力だけではむつかしいことたくさんありますよね。

やはり他の人の力を借りなければできないことの方が、正直なところこの世の中には多いといってもいいかもしません。

でも、普通の人はお願いするだけでは人を上手に動かすことができません。

やはり、普段からの関係づくりが大きなものを言うものです。

1だらしの人というのは、普段から相手のことを持ち上げて人間関係をとても上手にしているので、自分からお願いしたときにはどこでやってもらうことができるのです。

人たらしの人のおねだり上手、お願い上手、頼り上手というのは、チャンスを広げるためにとても大切のことなのかもしれませんね。

【人たらしの心理的特徴10】目上の人を立てる

人たらしの心理的特徴の10個目は、目上の人を立てるのが上手だということです。

目上の人を立てる、というのは当たり前のことのように思います。

しかし、実はそれができないがために、チャンスを逃している人というのは、この社会にとても多くいるのです。

会社で出世したければ、自分の人事評価をしてくれる上司を立てなくては、いい評価をしてもらえるはずはありません。

ところが、多くのサラリーマンというのは、男性でも女性でも、仕事が終わった後の飲み会で、上司の愚痴を垂れ流してるものです。

これでは、表面だけ上司に従っているように見せてるだけで、本当は、上司のことを信頼していないということになります。

そしてその雰囲気というのは上司にも雰囲気や空気でもちろん伝わっています。

ところが、人脈でチャンスをつかんでいく人たらしというのは、織田信長に取りいった豊臣秀吉を見ればわかるように、自分を引き上げてくれる上司をとにかく立てるのが上手なものです。

自分が本当に大切にするべき人は一体誰なのか、それを見極めて、その人のことをとことん大切にする、それがあなたのチャンスを広げていく方法なのかもしりません。

【人たらしの心理的特徴11】マメに気が付く

人たらしの心理的特徴の11個目は、他の人のことについて、まめによく気がつくということです。

緒戦は人の顔色を読むのが上手で、体調の変化などに割りとよく気がつくものですが、ひとたらしの人というのは男性でも他の人のことをよく観察してるものです。

だから、周りの人の、体調の変化や持ち込んでいる様子などにすぐに気がついて、的確に声をかけたりすることができます。

なかなか職場では、男性でも女性でも、体調が悪かったり、気分が落ち込んでいたりしても、それを表に出すことができないものです。

しかし、そんなときに、的確に声をかけてくれる人がいると、やはりその人のことが好きになって、ファンになってしまうものですよね。

まめな気遣いや心使いというのは、人たらしの人にとって、絶対に欠かすことのできない術だということができます。

【人たらしの心理的特徴12】悪口を言わない

人たらしの心理的特徴の12個目は、他の人の悪口を絶対に言わないということです。

どんなにその場で嫌なことがあって、その人に非があるとわかっていても、悪口大会が始まってしまうと、その場の雰囲気というのは一気に悪くなってしまいます。

どんな場合でも、失敗をしたって失敗をする人は絶対にいませんよね。

人に嫌われる人というのは、平気で人の失敗を責めてみたり、悪口を言ったりすることができる人です。


人に嫌われる人の正反対に位置する、人脈重視の人たらしの人というのは、どんな時にでも人の失敗を責めたり、悪口を言ったりしません。

もちろん、失敗に対して、指導が必要ときには、的確に指導はします。

しかし、その時でも、人たらしの人というのは、決して失敗に対して、人格を攻撃するよな事はしません。

失敗した出来事を客観的に見たときに、一体何がいけなかったのか、どこを直せばいいのか、ということを分かり易く伝えるのです。

【人たらしの心理的特徴13】相手を立てる

人たらしの心理的特徴の13個目は、上司だけではなくて、どんな立場の人でも、立てることができるということです。

自分のチャンスを広げるために、自分よりも目上の人を立てるのは当たり前のことです。

人たらしの人というのは、自分よりも年上の人脈だけではなくて、横や下に広がっていく人脈というのも大切にします。

だから、男性でも女性でも同僚や同学年、後輩も大切にするものです。

また、普通の人なら横柄な態度に接してしまいがちな、お店の店員さんやウェートレスさんなんかにも、丁寧な礼儀正しい態度で接するのが人たらしの人の特徴です。

どんな立場の人であっても、自分のファンにしてしまうのが、人たらしな人の人たらし術なのです。

あなたも人たらし術を身に付けよう!


ここまで人たらしの人の心理的特徴について見てきましたがいかがでしたか。

中には、天性の感性がなければなかなか難しい特徴もありましたが、どんな人でも努力をすれば見つけられるものもありますよね。

生まれつき人たらしである、という人はもちろんいますが、生まれつき人たらしとは言い難い人でも、人たらし術や人たらしになるための方法を身につけることで、たくさんのファンを作って、多くの人を魅了する人たらしなることができます。

どうすればあなたも人たらしになることができるのか、人たらしなるための方法についてご紹介したいと思います。

人たらし術はこうすれば身に付く!!

共感しよう!

人脈を広げて人たらしになるためには、男性でも女性でもたくさんの人の心を掴む必要があります。

他の人の心を掴むためには、その人の気持ちや言葉に共感することが大切です。

反発したくなる気持ちを抑えて、共感するように心がけてみてください。

そうすれば気が付けばあなたの周りには、男性でも女性でもたくさんの人が寄ってきていることと思います。

自分から話しかけてみる

人脈重視の人たらしになるためには、まずは自分から話しかけることが大切です。

話しかける場数を踏むことで、相手との会話を盛り上げるツボも理解できるようになってきます。

内側に籠っていては人たらしになることはできません。

男性でも女性でも気になる人がいたら、どんどんと声を掛けることが、人たらしになる第一歩です。

事前準備はお忘れなく!!

もしも事前にどんな人に会うのかわかっていたら、その人について事前に調査をして準備しておきましょう。

好きな食べ物があれば、それを手土産に持っていく、好きな音楽があれば、BGMはそれにしておく、といったちょっとした心配りをすることで、その人は男性女性関係なく一気にあなたのファンになってしまうはずです!!

いい距離感で!!

「人たらし」だからと言って、「男たらし」や「女たらし」みたいに、ベタベタと相手に近づいていってしまうようなことをしてはいけません。

特にビジネス上のお付き合いでの人脈づくりでは、男性女性、同性異性関係なく、適切な距離感を保って、礼儀正しく接することが、正しい人たらしへの道だということはお忘れなく!!

人たらしになって幸せな人生を!!

この記事では人たらしの特徴や、人たらしになるために必要なことについてみてきましたが、いかがでしたか?

「人間」という言葉は「人の間」と書きます。

人と人との関係性の中で、私たち人間のチャンスというのは広がっていくのです。

男性でも女性でも、人脈重視の人たらしになるということは、あなたの人生のチャンスを大きく広げてくれるかもしれない大切なことなのです。

いきなり明日から人たらしになることはできません。

しかし、今日からできる方法を一つずつ努力をしていけば、必ずあなたも人たらしになれます!!

どうぞ人たらしになって、幸せな人生を掴んでください!!

もっともっと人に好かれたい方はこちらもチェック

おねだりの仕方・コツがわからない?これで彼にもっと好かれる!
愛されキャラの特徴11個!男女問わず好かれる!
好きな人に好かれたい!好きな人に好かれる方法11選!【女子必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ