ワーカホリックとは?ワーカホリックな人の特徴27選!

ワーカホリックとはどういう人のことをいうのでしょうか?最近ではワーカホリックとは、企業にとってはマイナスだという声が大きくなってきているようですが、会社のために一生懸命仕事をしている人の問題点とはどこにあるのか、この記事では見てきたいと思います。

ワーカホリックとは?ワーカホリックな人の特徴27選!のイメージ

目次

  1. ワーカホリックな人が問題になっています
  2. ワーカホリックとは?心理面での特徴は?
  3. 【ワーカホリックとは?1】強迫的
  4. 【ワーカホリックとは?2】カフェイン中毒者
  5. 【ワーカホリックとは?3】負けず嫌い
  6. 【ワーカホリックとは?4】真面目
  7. 【ワーカホリックとは?5】高いプライド
  8. 【ワーカホリックとは?6】満足しない
  9. 【ワーカホリックとは?7】上昇志向
  10. 【ワーカホリックとは?8】スマホ中毒者
  11. 【ワーカホリックとは?9】メールが気になりすぎる
  12. 【ワーカホリックとは?10】依存的な傾向
  13. ワーカホリックとは?仕事面での特徴は?
  14. 【ワーカホリックとは?11】ワンマンプレー
  15. 【ワーカホリックとは?12】仕事は先へ進める
  16. 【ワーカホリックとは?13】仕事上の評判はいい
  17. 【ワーカホリックとは?14】仕事を抱え過ぎ
  18. 【ワーカホリックとは?15】早い出勤
  19. 【ワーカホリックとは?16】残業が大好き
  20. 【ワーカホリックとは?17】ランチは仕事をしながら
  21. 【ワーカホリックとは?18】長期的には企業にはマイナスの人材
  22. ワーカホリックとは?人間関係での特徴は?
  23. 【ワーカホリックとは?19】仕事関係以外の付き合いはない
  24. 【ワーカホリックとは?20】家族はないがしろに
  25. 【ワーカホリックとは?21】誘いは断る
  26. 【ワーカホリックとは?22】恋愛下手
  27. 【ワーカホリックとは?23】プライベートの過ごし方は下手
  28. ワーカホリックとは?健康面での特徴は?
  29. 【ワーカホリックとは?24】情緒不安定
  30. 【ワーカホリックとは?25】頭痛やめまい、吐き気
  31. 【ワーカホリックとは?26】自律神経失調症
  32. 【ワーカホリックとは?27】鬱症状
  33. ワーカホリックは治療できるのか?!
  34. ワークライフバランスを大切に!!

ワーカホリックな人が問題になっています

最近、ワーカホリックな人が社会問題になりつつあります。

ワーカホリックの意味とは、「仕事中毒者」という意味で、一昔前なら、モーレツ社員ということで、会社から大変重宝がられていたタイプの人になります。

しかし、最近では、働きすぎるによる健康面での問題や、人間関係の面でチームの和を乱すといった、企業にとってはマイナスの意味に取られることが多くなってきているようです。

この記事では、ワーカホリックの人の特徴について見た後で、治療法について見てみたいと思います。

ワーカホリックとは?心理面での特徴は?

まず、ワーカホリックな人の、心理面での特徴を見ていきたいと思います。

ワーカホリックの意味というのは、仕事中毒という意味なのですが、過度に仕事に没頭できる人というのは、いったいどんな心理面での特徴を持っているのでしょうか。

それをここでは見ていきたいと思います。

【ワーカホリックとは?1】強迫的

ワーカホリックな人とは、心理面で強迫的な面を持っていることが特徴です。

仕事が好きで仕事中毒になっているわけではなくて、仕事をしていないと強迫的に不安になってしまうために、ついつい仕事をやりすぎてしまうのです。

絶えず仕事に追われ続けているような、強迫観念に襲われ続けているために、ストレスを溜めやすく、長い目で見ると、心理的、精神的、人間関係の面などで何らかの問題おこしやすくなります。

【ワーカホリックとは?2】カフェイン中毒者

ワーカホリックな人とは、カフェイン中毒になりかかっている人が多いのが特徴だと言われています。

強迫観念的に、集中して仕事をしたいと思っても、どうしても人間ですから疲れてしまいます。

そこで、頭すっきりさせるために、濃いめのコーヒーをかぶ飲みしたり、眠気ざましに効果のあるカフェインの入ったエナジードリンクを口にすることが多いためです。


【ワーカホリックとは?3】負けず嫌い

ワーカホリックな人とは、性格的に、心理面で負けず嫌いな人が多いのが特徴です。

自分の仕事の出来を他の人と比べて、優劣をつけたがり、少しでも他の人よりも良い仕事をしようと、過剰に考えすぎてしまう傾向があります。



負けず嫌いの原因に、強い劣等感があると考えられており、多少ストレスが溜まっても弱音をはいたりすることはなく、人よりも優れた仕事を頑張ってすることで、劣等感に打ち勝とうとしているようです。

【ワーカホリックとは?4】真面目

ワーカホリックな人とは、性格的に、心理面で真面目な人が多いのが特徴です

真面目に仕事に取り組むのは良いのですが、真面目すぎて、融通が利かなすぎるのが、ワーカホリックになりやすい人の特徴といえます。

仕事も、周りの人に頼ったりすることで、余裕もを持つことができるはずなのに、頼まれた仕事を真面目に全部自分で抱えて込んでしまうことが原因で、時間的にも心理的にも余裕がなくなってしまい、結果としてはワーカホリックになっている人もたくさんいます。

【ワーカホリックとは?5】高いプライド

ワーカホリックな人とは、心理的にプライドがとても高い人が多いのが特徴です。

プライドが高いので、人に頼るということができません。

自分の仕事は、自分の力でやり遂げることに、プライドを感じていて、仕事の質も高いレベルで仕上げることにこだわりを持っています。

仕事を完璧にこなしてくれるのはとてもいいことなのですが、長期的に見るとストレスを溜めやすく、それが原因で健康面に影響が出やすいものです。


◆関連記事:仕事の乗り越え方はこちら

仕事が忙しい時の乗り越え方11選!リフレッシュしよう!

【ワーカホリックとは?6】満足しない

ワーカホリックな人とは、心理的にどんなに仕事を高いレベルで仕上げたとしても、決して満足することができないという特徴があります。

他の人から見ると、十分なレベルまで達しているのに、どこまで行っても自分で納得することができません。

それが原因で、いつまでも細かい修正を繰り返し続けることになり、結果として長時間労働を繰り返すことになってしまうのです。

【ワーカホリックとは?7】上昇志向

ワーカホリックな人とは、心理的にとても高い上昇志向を持っています。

仕事をする上で、上昇志向を高く持っていることは、自分を成長しようという意欲があふれていることの表れなので、とても素晴らしいことなのです。

しかしワーカホリックな人は、それを過度に持ちやすいものです。

自分が成長できるならと、周りのことが見えなくなるほど自己啓発にのめり込んでしまう人も中にはいて、周りの人たちから煙たがられることもよくあるようです。

【ワーカホリックとは?8】スマホ中毒者

ワーカホリックな人とは、スマホを手放すことに、心理的に不安を感じている人が多いようです。

スマホを使って、ゲームやネットサーフィンがやめられないスマホ中毒者もいますが、ワーカホリックな人の場合は、仕事関係の連絡や情報をチェックするために、スマホが手放せなくなっているものです。

仕事が終わって、よく家族で食事をしているときでも、休日に恋人とデートをしているときでも、常にスマホに仕事の情報が入ってこないかどうかをチェックしています。

【ワーカホリックとは?9】メールが気になりすぎる

ワーカホリックな人とは、絶えずメールをチェックしていないと、心理的に不安になる人が多いのが特徴です。

仕事関係の連絡には、すぐに返信しなければならないと思い込んでいます。

それが原因でスマホやパソコンのメールの着信音にとても敏感で、神経をすり減らしている人もたくさんいるようです。

【ワーカホリックとは?10】依存的な傾向

ワーカホリックな人とは、仕事中毒という意味ですが、ある意味では仕事に依存している人だといえます。

ワーカホリックな人から、仕事を取り上げると、別のものに依存する傾向もあるようです。

何かに依存していないと不安になって仕方がない、という傾向から仕事に依存するワーカホリックになっていることが多いものです。

しかし他の人から見ると、仕事熱心な人としか見えないことから、なかなか本人にも周りの人からも、何らかの大きな問題が起こるまでは、気づかれないことが多くあります。

ワーカホリックとは?仕事面での特徴は?

ワーカホリックな人には、心理的に深堀をしていくと、いろいろな問題が浮かび上がってきますが、そういった心理的な特徴というのは、実際の仕事では、いったいどのように浮かび上がってくるものなのでしょうか。こ

ここからは仕事中毒者を意味するワーカホリックな人の仕事面での特徴について見ていきたいと思います。

【ワーカホリックとは?11】ワンマンプレー

ワーカホリックな人とは、仕事では、ワンマンプレーに走ることが多いのが特徴です。

心理面の特徴でも見たように、プライドがとても高いので、他の人から手をさしのべられることは、プライドが許さない面があります。

しかし、ひとつひとつの仕事が高度化した現代においては、チームプレーこそが仕事の効率を最も高めるための必須条件となっています。

モーレツ社員よりも、周りとコミュニケーションをとって、チームプレーができる人材の方が重宝されるようになってきたことが原因で、ワーカホリックな人の問題というのも浮かび上がってきていると考えられます。


◆関連記事:仕事運を上げたい方は

仕事運が上がる神社・パワースポット35選!金運もアップする!

【ワーカホリックとは?12】仕事は先へ進める

ワーカホリックな人とは、仕事をどんどんと先へ先へと進めようとするのが特徴です。

明日までに終わらせればいい仕事も、今日中に終わらせてしまうものです。

早め早めに仕事を進めるのはいいことなのですが、あまりにも先のことを心配しすぎることが原因で、自分で自分を追い詰めて余裕を奪っている面があります。

【ワーカホリックとは?13】仕事上の評判はいい

ワーカホリックな人とは、仕事上での評判はとても良いのが特徴です。

特に、先鋭的な価値観がまだ入ってきていない、少し前の時代の価値観が、社風に根付いている会社では、ワーカホリックな人の猛烈な働きぶりというのは、とても評価されている部分もあります。

ただ、長期的な目で見る、健康を害して、早期退職する人も多いのが現状です。

【ワーカホリックとは?14】仕事を抱え過ぎ

ワーカホリックな人とは、必要以上に仕事を自分1人で抱え込みすぎる傾向があります。

仕事中毒で、仕事を自分でしていないと心理的に不安になってしまうことが原因で、本来ならば、部下に割り振るべき仕事も、自分で意味も考えずに抱え込んでしまう傾向があります。

一見すると、とても仕事熱心な良い社員に見えますが、その実態は、マネジメント能力が低いということを意味しています。

【ワーカホリックとは?15】早い出勤

ワーカホリックな人は、誰よりも早く会社へ出勤してくるのが特徴です。

早めに出勤しくる人の中には、ワーカホリックなわけではなくて、通勤ラッシュの時間帯を避けるためといった意味で早めに出勤する人もいます。

しかしそういった人は、早めに会社に来ても、お茶を飲んだりネットサーフィンをして、仕事には定時まで取り掛からないものです。

ワーカホリックな人というのは早めに会社に来て、早めに仕事に取り掛かります。

仕事中毒で、仕事熱心なのはとてもいいことなのですが、仕事中毒過ぎて心理的にトレスをためやすいのはやはり問題です。

【ワーカホリックとは?16】残業が大好き

ワーカホリックな人は、誰よりも早く出勤するのに、残業も大好きなのが特徴です。

仕事中毒なので、とにかく長時間会社にいて、何か仕事をしていれば、それで気持ちが安心できるのです。

しかし、最近では、無意味に長時間労働するよりも、時間当たりの仕事の効率性が求められるようになってきています。

仕事中毒で、効率が悪く意味のない長時間労働をしているワーカホリックな社員の評価はこれから下がっていくものと考えられます。

【ワーカホリックとは?17】ランチは仕事をしながら

ワーカホリックな人は、自分のデスクで仕事をしながらランチを取る人がたくさんいます。

仕事中毒で、休憩を取ることに罪悪感を感じるワーカホリックな人は、昼休みをとって、外に外出してランチを取る時間さえも惜しいと思ってしまいます。

しかし、人間は、適度に休憩を取らないと、疲れが原因で集中力がどうしても低下してしまう生き物なので、仕事の効率を考えると、効率的な働き方とは言えないでしょう。


◆関連記事:仕事ができる人の特徴はこれ!

仕事ができる人の特徴!できない人との違いって?【23選】

【ワーカホリックとは?18】長期的には企業にはマイナスの人材

ワーカホリックな人は、少し前までは、仕事熱心な人材だと、会社で重宝がられていました。

しかし、先鋭的な考えを持つところでは、長期的にみると、健康を害することが多くて、健康面を原因として早期退職をするリスクが高く、また、性格的にチームで調和して働くことが難しい人が多いという意味で、ワーカホリックな人はマイナスな人材だと考えるようになってきた企業もたくさんあります。

個人の意識の面でも、自分の働き方について見直してみる必要が出てきていると言えそうです。

ワーカホリックとは?人間関係での特徴は?

仕事面でも、仕事中毒で、仕事に熱心すぎる面が、強く現れることが多いワーカホリックですが、そんなワーカホリックの人は、人間関係ではいったいどのような関係を築いたり、コミュニケーションを取ったりするものなのでしょうか。

ここからは、ワーカホリックな人の人間関係での特徴についてみていきたいと思います。

【ワーカホリックとは?19】仕事関係以外の付き合いはない

ワーカホリックな人の人付き合いというのは、基本的に仕事関係しかない場合が多いものです。

多くの人が、仕事以外でも、幼なじみや学生時代の友人、趣味の仲間などとも休日やアフターファイブに遊びに行ったりするものですよね。

しかし、ワーカホリックの人は、仕事中毒が原因で、仕事以外の人間関係に意味を感じられずに断ち切ってしまう傾向が強いのが特徴です。

【ワーカホリックとは?20】家族はないがしろに

ワーカホリックな人は家族をないがしろにしがちな傾向があります。

夕食を家族と一緒に食べていても、子供が学校であったことの話に耳を傾けるよりも、仕事の連絡を気にしてスマホに意識を集中させていたりします。

仕事中毒で、仕事をしていないと不安になることが原因で、頼まれてもいないのに、残業や休日出勤をすることも多いのも特徴です。

最近では、そんな家族を顧みないワーカホリックな夫に愛想つかせて、離婚を申し出る妻も多くなってきているようです。

【ワーカホリックとは?21】誘いは断る

ワーカホリックな人は、誘いを断ることが多くあります。

仕事関係の人からの誘いであっても、仕事中毒な人というのは、自分の仕事をしていること以外での付き合いに意味を見出すことができない傾向にあります。

ノミニケーションに付き合うのなら、仕事を少しでも前に進めたいと残業をするのがワーカホリックの人の特徴です。

【ワーカホリックとは?22】恋愛下手

ワーカホリックな人は、恋愛が下手な傾向にあります。

ワーカホリックな人は、対人関係が苦手なことが多いので、気になる相手を、デートに誘ったり、恋の駆け引きを楽しんだり、といったことがなかなかできません。

他の同年代の人達が、恋愛や精神を楽しんでいる間も、ひとりでコツコツと仕事を続けているのが、ワーカホリックになりやすいタイプです。

【ワーカホリックとは?23】プライベートの過ごし方は下手

ワーカホリックな人は、休日やアフターファイブといった、プライベートな時間の過ごし方が下手な傾向にあります。

友人が少ない上に、基本的に仕事のことしか考えていないので、仕事を全くしなくてもいいという時間ができてしまうと、どうやって過ごしたらいいのか困ってしまいます。

ワーカホリックとは?健康面での特徴は?

ここまで、ワーカホリックな人たちの、さまざまな面からの特徴を見てきました。

ここまで見てきたような特徴がある、対人関係が苦手で、強迫的で、生真面目すぎるようなワーカホリックな人の性格というのは、健康面には何か影響及ぼさないものなのでしょうか。

ここからは、ワーカホリックな人たちの、健康面での特徴について見ていきたいと思います。

【ワーカホリックとは?24】情緒不安定

ワーカホリックな人たちには、情緒不安定な人が多いと言われています。

次に仕事に対する過度のプレッシャーを自分自身に掛けているために、そのことがストレスになっていることが原因だと考えられます。

ちょっとしたことでヒステリックになったり、イライラしたり、不安や怒りを感じやすくなります。

効率よく仕事を終わらせて、自分より先に定時で帰る人に対して、攻撃になりやすいのも特徴です。

【ワーカホリックとは?25】頭痛やめまい、吐き気

ワーカホリックな人たちには、はっきりと病名がつくわけではないような、軽い頭痛やめまい、吐き気といったものを訴える人がたくさんいます。

これも、自分に過度なプレッシャーをかけすぎていることによるストレスが原因だと考えられます。

【ワーカホリックとは?26】自律神経失調症

ワーカホリックの人には、前の項で挙げた、軽い体調不良の症状に対して、自律神経失調症の診断を下される人もたくさんいます。

自律神経失調症というのは、主にストレスが原因で、自分の意識ではコントロールすることができない、自律神経系に不調をきたしてしまう症状です。

投薬などの治療法もありますが、基本的には、自分でストレスを減らすことが、1番の治療になります。

【ワーカホリックとは?27】鬱症状

ワーカホリックの人は、気が弱くて、神経質でナイーブで、生真面目な人が多いので、鬱になりやすいと言われています。

気分が落ち込んでいると自分では感じていても、それは気合が足りないからだ、自分のことかえって追い込みすぎて、他の人に相談できずにいるものです。

ある時突然、頑張ってる糸が切れてしまうと、自ら命を断ってしまうこともあるので、周りの人は、ワーカホリック気味で1人で何でも抱え込んでしまう傾向がある人がいたら、声をかけて相談に乗るなど、気を付けたほうがいいでしょう。

ワーカホリックは治療できるのか?!

特徴として挙げた、健康面での症状の他に、仕事を頑張りすぎることが原因で、突然死や過労死の危険性も高いと言われているのが、ワーカホリックな人達の特徴です。

自殺や、突然死、過労死といった悲劇を避けるためには、ワーカホリックな人たちが治療して、働き方を改善する必要があります。

ワーカホリックな人達の治療というのは、自律神経失調症や、鬱といったものでなければ、投薬治療といったものはありません、

治療というよりも仕事中毒になってしまう考え方や性格を変えるものになります。

ワーカホリックな生き方を変えるためには、どんな治療法や対応法があるのか、ここから見ていきましょう。

【ワーカホリックの治療】仕事以外に目を向ける

ワーカホリックを治療するためには、仕事以外のことに目を向けさせる様に周りが配慮することが必要です。

する必要がない残業を理由に飲みの誘いを断るようなら、パワハラにならない程度に、無理矢理にでも、仕事をやめさせて、連れ出すことも大切です。

そして、じっくりと話を聞いて、仕事に対する不安を取り除いてあげることが大切です。

【ワーカホリックの治療】オンとオフの区切りを付ける

ワーカホリックを治療するためには、オンとオフの切り替えをしっかりとできるようにすることが大切です。

ワーカホリックの人というのは、仕事をしていない時でも、常に仕事のことばかり考えていて、ストレスを溜めやすいものです。

できれば、スマホは仕事用とプライベート用と2台持つようにして、仕事用のスマホは仕事が終わったら電源を切ってしまうようにしましょう。

仕事をしていない時間は、他のことに気を紛らわすて、仕事の事を考えないようにすることが大切です。

【ワーカホリックの治療】趣味を見つける

ワーカホリックを治療するためには、何か夢中になれる趣味を見つけることが大切です。

基本的にワーカホリックの人は、真面目で、集中しやすい性格なので、夢中になれる趣味が見つかったら、それに一途になりやすいものです。

仕事では無い時間に、夢中になれるものを見つけて、仕事のことを忘れることで、ストレスを溜めにくい心身を作ることができます。

【ワーカホリックの治療】家族を大切に

ワーカホリックを治療するためには、家族を大切にするようにすることが大切です。

仕事のことでストレスを溜めているあなたを見ていると、家族のほうもストレスがたまってしまい、関係がギスギスとしてしまいます。

家に帰ったら、仕事のことは忘れて、妻や子どもの話に耳を傾けるように努力しましょう。

子供と触れ合い遊ぶことで、仕事の疲れを忘れることもできますし、夫婦仲も円満になるものです。

ワークライフバランスを大切に!!

ここまで、ワーカホリックな人の特徴や治療法について見てきましたがいかがでしたか。

仕事を一生懸命やるのは、とても素晴らしいことですよね。

しかし、仕事も、あなたの命や健康、それからあなたを支えてくれる家族があってこそ頑張る意味を持つものです。

仕事とプライベートとバランス、ワークライフバランスをうまく保てるように考えながら、これからの働き方を考えるようにしましょう。

仕事が忙しい彼氏を持つ人はこちらをチェック!

忙しい彼氏と円満に付き合う方法7選!彼が仕事ばかりしている?
仕事で忙しい彼氏と上手に付き合うコツ7選!
「デキる男」の特徴11選!仕事も恋愛もできる男になるには!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ