自己開示が苦手な人の特徴・心理!自己開示できるようになる方法は?

仕事の人間関係や恋愛関係で、もっと相手と親しくなるための一歩として、自己開示はとても大切ですよね。頭ではわかってはいるけれど、意外と思うようにいかないことも…。そんな自己開示に苦手意識を持ってしまっている人へ、その心理や克服する方法を紹介しますね。

自己開示が苦手な人の特徴・心理!自己開示できるようになる方法は?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】自己開示とは?
  2. 自己開示する意味~返報性
  3. 自己開示するメリット~仕事面
  4. 自己開示するメリット~恋愛面
  5. 自己開示できないデメリット~仕事面
  6. 自己開示できないデメリット~恋愛面
  7. 自己開示ができないその心理とは?
  8. 自己開示が苦手な人の特徴①黙ったまま?
  9. 自己開示が苦手な人の特徴②反応が冷めてる
  10. 自己開示が苦手な人の特徴③自分から出ない
  11. 自己開示が苦手な人の特徴④自信がない?
  12. 自己開示できるようになる方法
  13. 自己開示できるようになる方法①軽い話題を!
  14. 自己開示できるようになる方法②情報集め
  15. 自己開示できるようになる方法③練習する
  16. 自己開示できるようになる方法④人前に出よう
  17. 自己開示できた!成功エピソード
  18. 自己開示するときのポイントと注意点
  19. あなたの自己開示力はどのくらい?
  20. 自己開示で人生を変えよう!

【はじめに】自己開示とは?

今や、就活・仕事または恋愛などで、
自己開示(=自己PR)をすることが必須な時代ですよね。

自己開示とは、「自分のことを他の人に話す・打ち明ける」という意味になります。
簡単なようで、意外とこれがしくじってしまう場合もよくあるのでは?

元々、私たち日本人というのは、やっぱり恥ずかしがり屋?な国民性…
もちろん臆せず自分のことをうまく表現できる人もいますが、
おそらく、本当に自信を持って自分のことを話せる人というのは、
まだまだ少ないのかもしれません。

でも、自己開示というのは、日常のちょっとしたコミュニケーションから始まります。
実はそんなに頑な意味として捉えることでもないのです。

ここで、どうすれば自己開示ができるようになるのか、その心理や方法を紹介していきますね。
もし人と会話をするのが苦手だという人は、まずは簡単なことから始めてみましょう!

■参考記事:仕事で役立つ自己PR方法、コチラもチェック!

相手の立場に立って考える方法5選!自己PRでの例文も合わせて解説
協調性とは?自己PRで協調性をアピールする方法!【例文あり】

自己開示する意味~返報性

自己開示することの意味として「返報性」というものがあります。

「返報性」とは、人から何かをしてくれた時に、
自分もその人へお返しをしようという心理をいいます。

この「返報性」があるからこそ、私たちは仕事や恋愛事などで、
コミュニケーションが円滑に行っている部分が大きいといえますね。

「返報性」の種類をあげると、

・好意を持つ返報性… 相手に好意(笑顔など)を持てば、好意が返ってくる
・敵意を向ける返報性… 相手に敵意(嫌な態度など)を向ければ、敵視される
・譲る返報性… 相手に何かを譲る気持ちで接すれば、向こうも譲ろうとしてくる
・自己開示の返報性… 相手に心を開けば、向こうも心を開いてくる

というものがあります。

よくある「返報性」の例をあげると、友達に誕生日プレゼントした場合、
もらった方は、今度はその友達の誕生日の時に、プレゼントしようと考えたりしますよね。

これは「お返しをしなくちゃ悪いな」という心理から、
相手の好意を返そうというもので、これこそが「返報性」の意味なのです。

日本人のお返し文化の深い意味合いは、この「返報性」が根底にありそうですね。

自己開示するメリット~仕事面

仕事をする上で、自己開示はコミュニケーションを取る意味でも、とても大切ですよね。
では、どんなメリットがあるかというと…

仕事がスムーズに運ぶ

基本的な会話=コミュニケーションを取ることで、
仕事内容の意図がきちんと伝わり、お互いの意見を交わしやすくなります。

仕事を頼みやすくなるあるいは頼まれやすくなる

お互いの気心がある程度わかってくると、それが信頼にもつながり、
仕事もしやすくなりますね。
「この仕事はこの人に頼めば大丈夫」と指名が入るようになります。

必要な情報が入ってくる

誰かと話しているうちに、思いもかけず、必要な情報を聞くことができたりします。
意外と雑談から生じますね。

人間関係が円滑になる

あなたのことがわかってくると、人はもっと話しかけやすくなったり、
接したことのない人とも話す機会に恵まれたり、人間関係が豊かになります。

自己開示するメリット~恋愛面

恋愛をする時も、最初の出会いは男性・女性ともに関わらず、
自己開示はもっと重要な意味を持ちますよね。
そうでなければ、相手と進展していくことはできません。

では、恋愛ではどんなメリットがあるかというと…

お互いを知ることから始まって進展する

男性・女性ともに第一印象が大事ですが、恋愛関係に進むには、
相手の情報(出身地・住んでいる所など)を知ることから始まり、
お互いへの興味が湧いてきますよね。

信頼できる仲になる

恋愛関係は、相手のことが信用できるかどうかも大事ですね。

特に男性なら、女性の恐怖心を解くには、自分のことをちゃんと話すことで
「この人ならついて行っても大丈夫だな」と思われるのです。

返報性があれば親密度が高まる

恋愛をする時、男性・女性のお互いが返報性をうまく使えてこそ、
楽しく付きあえるのでしょう。

自己開示できないデメリット~仕事面

仕事をする時に、自分のことを自己開示できないと、
「この人と一緒に仕事していけるだろうか?」と不安な心理になります。

必要最低限のコミュニケーションを図る意味はここにありますね。

では、自己開示できない場合、どんなデメリットが発生するかというと、

相手に不信感を与える

話がしにくいと
「何を考えているかわからない」「急に態度が豹変しそうで怖い」
という不信感を与えてしまいます。

仕事を頼まれなくなる

自己開示をしてくれなければ、
その人が「何ができるのか」や得手・不得手さえもわからず、
仕事を頼みにくくなります。

孤立していってしまう

適度なコミュニケーションが図れないと、存在感がなくなってきます。
誰も話しかけてこなくなり、しまいには孤立状態…
これで仕事が入ってくるかどうか?

情報が入ってこなくなる

知っておいた方がいい情報に疎くなり、
「知らなかったのは自分だけ…?」と思っても文句は言えませんね。

自己開示できないデメリット~恋愛面

せっかく出会ているのに、自己開示できないことが恋愛の進展を妨げてしまうのは、
勿体無いですよね。
これは男性・女性ともに、お互いに歩み寄る一歩が大事でしょう。

では、恋愛で自己開示できないデメリットとなると…

相手のことがわからないとまず進展しない

男性が女性を見た時に「いいな♡」と好感を持っても、
女性が男性を見て「かっこいいな」と思っても、
お互いに最初の一歩を踏み出さなければ、何も始まりません。

不信感がずっとつきまとう

男性・女性ともに、お互いのことがわからないと
「この人となら付き合える」という安心感を持つことができませんよね。

相手の所在を知れなければ、
「一体、何をしている人なんだろう?」などと不信に思われます。

明るい未来が築けあげられない

会った時に、男性も女性もろくにコミュニケーションも取らずにいたら、
「相手が望んでいること」などがわからないまま、
進展どころかそのうち関係が終了してしまいます。

自己開示ができないその心理とは?

自己開示ができない場合というのは、どんな心理が働いているのでしょう?
これは、いい大人でも、その場面によって、なぜか黙りこくってしまうことがあります。

例えば、大勢の中にいる場合や、突如初めて人と出会った時にも、よくありがちですよね。

でも、ここでも必要に応じて、自己開示に一歩踏み出さなければ、
自分の存在を目の前の人に知られずに、何かが起こっても誰も助けてくれないでしょう。

ある意味、安全な世の中だからともいえますが?

その心理を探ってみると…

・自己開示ができない心理① 
 「傷つくのが怖い!」「誰かに批判されるのが嫌だ!」

・自己開示ができない心理② 
 「人からよく思われたい」と思っている

・自己開示ができない心理③ 
 「世間体や人目がつい気になってしまう」「目立ってしまうとかっこ悪い!」

多かれ少なかれ、この心理は誰にもあるものかもしれません。

自己開示が苦手な人の特徴①黙ったまま?

サイレントベビー(欲してるのに黙っている子)
という言葉を聞いたりすることがありませんか?

でも、これはある意味、大人でもあり得るような気もします。

大人であれば、自己開示もせずに黙っていては、
社会生活がままならなくなってしまいますよね。

おそらく、自己開示が苦手な人というのは、
幼少時から親に厳しく抑えられたりすることが多くて、
自分のしたいことをうまく言えずにきてしまったことも考えられます。

何かを訴えたり、声をあげて言いたいことを言いたくても、
「攻撃されるのが怖い」という心理から、何も言えなくなってしまうのです。

これがあまりにも過ぎると、仕事や恋愛をする時に、
どこかで弊害が出てきてしまう場合もあるでしょう。

もしそんなトラウマを持っていそうな人がいたら、まず話を聞いてあげることです。

自己開示が苦手な人の特徴②反応が冷めてる

時々「コミュニケーションが取りにくいな…」と感じる人がいたりします。

大概決まって、そういう人と話していても、
返される反応が無表情で「ふう〜ん…」「あ、そうですか…」などと、
関心があるのかないのか、その心理が掴みづらいことが多いかもしれません。

「もしかしたら、嫌われているかも…?」と思ってしまう場合も。
返報性でいうと、悪い例ですよね。

これが仕事となると、ちょっと困ってしまいます。
何かあった時、その人に聞くのをためらってしまったり…。

特に男性だった場合、
「この人は、どんな恋愛の仕方をするのかな?」と思ってしまいますよね。

でも、その人からすれば、黙々と物事をこなす習慣が出来上がっていて、
コミュニケーション慣れしていないだけなのかもしれませんが。

たまには、周りと話すことも意識していかないと、
ずっと誤解されてまま、損してしまうかも?

自己開示が苦手な人の特徴③自分から出ない

例えば、男性・女性関係なく1対1で居合わせた場合、
こちらから切り出さないと、何も言わない人がいたりします。

いくら自己開示しても、相手から返ってくる言葉は一言二言で終わってしまい、
会話のキャッチボールができない…というパターンです。

これも、コミュニケーションとしては成立しないですよね。
元々、人と接すること自体があまり好きではないのかも?しれません。

でも、もし仕事をする時に、この自己開示もろくにせずに望んでしまっては、
相手は「ちゃんとこちらの言ってることが理解されているのだろうか?」
と不安になってしまうでしょう。

たとえ仕事をするのに能力が高くても、
同じように「能力が高くてコミュニケーション力のある人」が他にいたとしたら…
相手はどちらへ仕事を頼みたいと思うか、ということです。

自己開示が苦手な人の特徴④自信がない?

自己開示ができない原因の一つとして
「自信がない」ということもあげられますよね。

この「自信が持てない」と悩んでいる人も、
男性・女性関わらず、けっこういるのではないでしょうか。

例えば、無意味にも他の誰かと比べたりして、
自分の方が劣っていると感じてしまうと、途端に弱気になり、
自己開示ができない心理状態に陥ってしまったり…。

かといって、あまりに自信満々な態度でも嫌われてしまう?恐れも、
私たちにはありますよね。

なんとも難しい…!けれども、オドオドとした態度では、
相手は「この人、大丈夫かな?」と思われてしまいかねません。

また、恋愛事で、男性が女性に話しかける時に、
挙動不審のような態度で来られては、やっぱり男性の魅力は感じにくいでしょう。

もし、自信がないと感じているのだとしたら、
いろんな体験をする事で自ずと身に付いていくものです。

自己開示できるようになる方法

もしあなたが、仕事で行き違いや誤解が生じていたり、
「うまくいかない…」と思っているのだとしたら、
コミュニケーションの取り方をちょっと見直してみるのもいいかもしれません。

あるいは、恋愛事で、
「相手と打ち解けてない」「進展ができない」と悩んでいる場合でも、
思い当たる所がないか、考えてみましょう。

もしかすると、自己開示のできないことが一因となっている可能性も?

やはり、人生のどんな場面でも、人は一人では生きて行けず、
人と関わることで、初めて物事や人間関係が繰り広げられるものです。

また、コミュニケーションの第一歩は、やはり自己開示から始まります。
そこで、自己開示できるようになる方法を、ご参考までにいくつかあげてみますね。

自己開示できるようになる方法①軽い話題を!

あまり考え過ぎずに、最初は軽い話題から自己開示してみましょう。
ここで、返報性の心理を思い出してみると、うまくいきますよ。

自己開示で話題を広げる方法(1)明るい挨拶から!

できれば笑顔で挨拶すると、
相手も笑顔で返してくれる可能性が高くなります。

たったこれだけで、お互いの緊張感がほぐれて、
その場に気持ちいい空気が生まれるものです。

自己開示で話題を広げる方法(2)天気の話題

無理に何か話題を探そうとしなくても、最初は天気の話題から始めてみましょう。

「今日は雨ですね」「寒くなりましたね~!」

などと、こんな一言から、
住んでいる所や生活感の話題へと繰り広がっていきやすくなります。

自己開示で話題を広げる方法(3)自分のことを話す

もう一歩踏み出してみて、好きな音楽・スポーツや出身地など、
当たり障りのない話題をしてみましょう。

自分のことを話すと、返報性の心理で相手も心を開いてくれるでしょう。

自己開示できるようになる方法②情報集め

自己開示から始まって、コミュニケーションを楽しく繰り広げるには、
ある程度の話題作りも必要になってきますよね。

それには、日頃から情報をチェックするなど、
常にアンテナを張っておく方法をおススメします。

自己開示のための情報集めする方法(1)本を読む

話題の本・業界系・小説・成功系など、
あらゆるジャンルの本を読むのは、自分のスキルにも繋がります。

自己開示のための情報集めする方法(2)ニュースをチェック

世の中の出来事(政治・経済・時事ネタなど)には常に関心を持つことは大事ですね。

自己開示のための情報集めする方法(3)街を出歩く

億劫がらず、街を探索したり、人を観察するだけでも、
世の中の動きや流行りなどが掴みやすくなります。

自己開示できるようになる方法③練習する

自己開示ができるようになるには、日頃の訓練や慣れも大切です。
そこで、日常生活の中で、気楽にできる自己開示の練習方法をあげてみます。

自己開示の練習方法(1)自己紹介をしてみる

これは、面接にも役立つ方法です。
時間(目安は3分〜5分)を計って、自己紹介を言ってみましょう。

自己開示の練習方法(2)鏡を見てみる

自分がどんな表情をしているのかをチェック!
相手を惹きつける満面の笑顔を出す練習をしてみましょう。

自己開示の練習方法(3)言葉にして書いてみる

自分の好きなこと・得意なことなどを、紙に書いてみると、
自分のことがわかるようになってきますよ。
また、この方法は、相手に伝えたいことへの整理にも繋がります。

自己開示できるようになる方法④人前に出よう

自己開示ができないと悩んでいるだけでは始まりません。

もし、自分一人だけで籠りがちなら、たまには意識して、積極的に人前に出てみましょう!
人前に出るということは、身だしなみにも注意を払いますよね。
特に、女性にはおススメな方法かも?

また、誰かと会ったり、会話する機会を作ることで、
必然と自己開示やコミュニケーション力のアップにも繋がっていくものです。

最近こそは、SNSなどでいろんなコミュニティーに参加する方法もたくさんあり、
ある意味、人前に出る=自己開示が苦手な人にとっては、メリットかもしれません。

とはいえ「直接人に会って話す」という行為も、やはりとても重要な意味があるものです。

結局は、SNSであれ、その向こうには
「リアルに感情が動く人間が存在している」ということを忘れてはいけません。

自己開示できた!成功エピソード

自己開示ができるようになると、いろんな嬉しいことが起こり始めます。

返報性の心理を活かすことができれば、相手に好意を示すと好意を返してくれることも!

ここで、「自己開示がうまくできない→行動を起こした」ことから、
うまくいった私自身のケースを紹介しますね。

・気になる男性に笑顔で話しかけるようにしてみたら… 
→相手も自分のことを話してくれるようになり、楽しく会話ができる仲になった!
(少なくとも…)

・あまり話したことのない近寄りがたい人に、意識して挨拶するようにしてみたら…
→最初の頃はぎこちなかったのに、だんだんと打ち解けて話せるようになってきた!

・苦手な面接…でも、自己紹介シミュレーションで克服に臨む
→全く練習しないよりは、伝えるべきことが整理できて、スムーズに話せた。
 その結果、見事に合格!

自己開示するときのポイントと注意点

自己開示する場合、ただ全て自分のことを話すだけではなく、
話題の内容にも注意しましょう。
コミュニケーションのポイントと注意点をあげてみます。

失敗談

ある程度親しくなってきたら、失敗談をすることで相手に親しみをもたらします。
ただ、仕事で初対面の場合は、相手に不安な意味合いを与えかねないので、
避けた方がいいですね。

自慢話

特に恋愛事で、男性は気をつけなければなりません。
過去の武勇伝や、他の女性にモテた系の話は、
女性からすると無意味な話題で、疎ましがられますね。

悪口やネガティブな話題

知り合ったばかりなら尚のこと、こうした話題は人格が疑われることも…!
つもる話・深い意味合い系の話は、もっと親しくなってからにしましょう。

質問攻め

これは、探りを入れたがる女性なら、特に気をつけたいものです。
根掘り葉掘りな質問は、意味深に捉えられて、
相手が男性・女性に関わらず避けられてしまう可能性も。

あなたの自己開示力はどのくらい?

さて、今現在のあなたの自己開示力はどのくらいあるでしょうか。

(1)職場などで、挨拶は欠かさない
(2)電車の中で人に席を譲ることがある
(3)わからないことがあれば、すぐ人に聞ける
(4)道端で、明らかに見知らぬ人が道に迷うなど困っていたら、声をかける
(5)新しい職場などに入った時、自分から人に声をかけて自己紹介できる

(6)気になる人と、連絡交換できるようになるまではたやすい
(7)職場での連絡事項は、メールだけで済ませることはない
(8)飲み会やパーティーがあれば積極的に参加する
(9)相手が男性または女性に関わらず、初対面でもある程度の会話は交わせる
(10)仕事や恋愛に関係なく、新しく人と出会うのは楽しい

(11)いきなり、接客や受付係を頼まれても抵抗はない
(12)大勢の集まりの中で、「何か質問のある人は?」と聞かれたら手を上げられる
(13)大勢の前でスピーチを頼まれても平気
(14)飛び込みで、知らない所に営業しようと思えばできる

Yesの数が多ければ多いほど、あなたの自己開示力は高いでしょう。
必ずや全てが当てはまらなくても、無理をしない程度に
できそうな所から少しずつやってみましょう。

自己開示で人生を変えよう!

自己開示ができない心理や、それを克服する方法を色々あげてみましたが、
いかがでしょうか。
おそらく誰がしも、見知らぬ人へ接することや、
未体験に怖さがあるのは当たり前なのかもしれません。

それでも、たった一歩の勇気=自己開示を踏み出すことで、人生は変わります。
いつまでも、自己開示ができない!ともがいているのは、
仕事や恋愛など、大切な機会を逃してしまいますよ!
少しずつ苦手をクリアして、楽しい人生を築き上げていきたいものですね。

心理学で魅力的な性格へ、もっと情報を知りたいアナタに!

心理学に活用方法まとめ!恋愛・仕事・日常生活で今すぐ使える!
性格を変える方法9選!人生が良くなる!【性格を変えたい人必見】
癖や仕草から相手の心理・性格を読み取る55の方法!【心理学】
恋愛テクニック17選!心理学を駆使して男を落とそう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ