感受性が強い人の11の特徴!

感受性が強い人、と言う表現をよく聞きますよね。 感受性が強い人と言うのは、具体的にどんな人を指すのかご存知ですか? 感受性が強い人は、普通の人とは違う特別な人のイメージが強いかもしれませんね。 今回は、感受性が強い人の特徴を紹介させていただきます。

感受性が強い人の11の特徴!のイメージ

目次

  1. 感受性が強い人はどんな人?
  2. 感受性が強い人の特徴①人の気持ちを汲んであげることが出来る
  3. 感受性が強い人の特徴②さり気ない気遣いが出来る
  4. 感受性が強い人の特徴③様々なものを見て感動している
  5. 感受性が強い人の特徴④芸術的なセンスが光る
  6. 感受性が強い人の特徴⑤人だけでなく様々な生き物を愛でる
  7. 感受性が強い人の特徴⑥良くも悪くも雰囲気に左右されやすい
  8. 感受性が強い人の特徴⑦相手に合わせすぎてしまう傾向がある
  9. 感受性が強い人の特徴⑧傷つきやすく繊細
  10. 感受性が強い人の特徴⑨ストレスが溜まりやすい
  11. 感受性が強い人の特徴⑩すぐに感情移入する
  12. 感受性が強い人の特徴⑪人が多いところが苦手
  13. 感受性が強い人は、それが故の悩みも持っている!
  14. 感受性が強い人におすすめの職業は?
  15. 感受性が強い人の適職①心理カウンセラー、接客業
  16. 感受性が強い人の適職②アーティスト
  17. 感受性が強い人の適職③マッサージ師、柔道整復師
  18. 感受性が強い人になる方法はある?
  19. 感受性が強い人になる方法①身の回りのものに敏感になる
  20. 感受性が強い人になる方法②様々な芸術に触れる
  21. 感受性が強い人になる方法③人の気持ちを意識して過ごす
  22. 感受性が強いのは素敵なこと!良い所を伸ばしていこう!

感受性が強い人はどんな人?

感受性が強い人とはどういう意味なのでしょうか。
何となく「感受性が強い」と言われて漠然としたイメージはあるかもしれませんが、具体的なその意味を知っていますか?
そもそも感受性とはどういう意味なのでしょうか。
まずは感受性の意味について調べると、以下の意味だということです。

外界からの刺激を深く感じ取り、心に受けとめる能力。 「 -が鋭い」 「 -が豊かだ」

「感受性」という言葉の意味について、理解していただけましたか?
「感受性」事態の意味はこのようになり、この意味を踏まえて、「感受性が強い人」「感受性が豊かだ」というような表現をするということですね。
では、感受性の意味が分かったところで、感受性の強い人ってどんな特徴があるのでしょうか。
実は、感受性が強い人には独特の特徴があります。
感受性という言葉の意味を踏まえて、これから紹介する感受性が強い人の特徴を見てみてくださいね。

感受性が強い人の特徴①人の気持ちを汲んであげることが出来る

感受性が強い人の特徴として、人の気持ちを汲んであげることが出来るということが挙げられます。
感受性が強い人は、一緒にいる人の言葉はもちろん、雰囲気や声のトーン、表情のちょっとした違いなどから、人の気持ちを敏感に感じ取ります。
ちょっと落ち込んでいる、喜んでくれているなど、人の気持ちを汲み取ることが非常に得意です。

人の気持ちを汲み取ることが出来るのは、できない人からしたらうらやましい限りかもしれませんね。
でも、感受性が強い人の中には、人の気持ちを汲み取りすぎて、マイナスな考え方まで自分の中に入り込んでしまい、なぜか自分まで暗い気持ちに…なんてこともあり、実は悩みを抱えていることもあるんですよ。

感受性が強い人の特徴②さり気ない気遣いが出来る

感受性が強い人は、前述のとおり、人の気持ちを汲み取ることが得意なので、言われなくてもその気持ちを汲み取って、自らさり気ない気遣いを見せることが出来ます。
「きっと今こうしてほしいと思っているだろうな」というようなことを感じ取り、それを実行に移すことで相手は「言わなくても分ってくれる」と言う風に、居心地の良さを感じてくれます。

感受性が強い人は、共感力や人への思いやりも非常に強い傾向にありますから、一緒にいる人の心を落ち着かせてあげることが出来、周りから信頼される人であることが非常に多いです。


◆関連記事:色々な性格を集めてみました!

性格一覧50選まとめ!あなたはどれ?

感受性が強い人の特徴③様々なものを見て感動している

感受性が強い人の特徴として、様々なものを見て感動しているということも挙げられます。
例えばですが、道端の花を見て、「こんなアスファルトに頑張って咲いてる!」とか「今年は寒いけど、頑張って桜が開花したね~!」などと様々なものを見て感動していることが多くあります。

それだけでなく、日常の便利グッズなどを見ても「これってすごく便利!発明した人って天才なのかな?!」なんて感動を起こしていることも。
何も気に留めない人からしたら気に留めないものであっても、感受性が強い人は少し大げさでは?と思われてしまうくらいにいろんなものに感動している傾向があります。

感受性が強い人の特徴④芸術的なセンスが光る

感受性が強い人は、小さな花からも生命力を感じ取ったり、いろんな背景を感じる取ることが出来る人です。
だからこそ、そういったことから芸術的なセンスが光ることが多くあります。
特に絵画の世界や作詞、作曲など言葉だけでは伝えきれない、特有の表現力が必要になる芸術センスが光っているというケースも多くあります。

昔から活躍してきた様々な芸術家は、やはり感受性が非常に豊かで、普通の人が気にも留めないものにまで着目してその芸術に活かしてきています。
その感受性の高さが、様々な視野を持った人格をつくり、素晴らしい芸術を造り上げるといっても過言ではありませんね。


◆関連記事:こんな性格の意味も知ってみませんか?

陽気な性格の意味とは?陽気な人の特徴も解説

感受性が強い人の特徴⑤人だけでなく様々な生き物を愛でる

感受性が強い人の特徴として、人間だけでなく様々な生き物を愛でているということも挙げられます。
言葉を話せるかどうか、鳴くかどうか、動くかどうかは関係なく、命あるものすべてを愛しているという風にも言い表せられます。
例えば犬猫などの身近な動物はもちろんの事、道端の雑草や小さな草や虫などにも愛をもって接しています。

道を歩くときにほぼ無意識に雑草を踏まないで歩くようにしたり、家で虫を見つけても決して殺さず、ティッシュでそっと包んで外に逃がす、と言うような特徴があります。

感受性が強い人の特徴⑥良くも悪くも雰囲気に左右されやすい

感受性が強い人は、人の心理をくみ取る力が非常に強いため、その雰囲気にのまれてしまうこともあります。
これは意外と感受性が強い人の大きな悩みにもなっています。
人が楽しい気持ちでいると、自分まで楽しくなる、それはいいとして逆はかなり精神的に辛いものがあります。

周りの人が落ち込んでいたり、怒っている場合、その心理を深くくみ取りすぎてしまって、自分まで気持ちが落ち込んだり、塞ぎこんでしまったりするのです。
感受性が強い人は、うらやましいと思われる反面、こういった生きづらさを感じていることもあるんですよ。

感受性が強い人の特徴⑦相手に合わせすぎてしまう傾向がある

感受性が強い人の特徴として、「相手に合わせすぎてしまう傾向がある」ということも挙げられます。
感受性が強い人は、前述のとおり人の心理をくみ取る力が非常に優れています。
であるがゆえに、相手が考えていることがすぐにわかってしまって、自分の意見を言う機会を逃したり気が引けたりしてしまうのです。

普通の人は、自分の意見を出して相手の意見を聞いて「つまりは、反対だね。どうする?」と言う話の展開を盛っていきますよね。
分りやすい例で言うと、「イタリアンが食べたい」「私は和食が…」「じゃあどうしよう?どっちも食べれるファミレスにする?」という展開は普通の人には普通ですよね。
でも、感受性が強い人は相手が言う前に「和食を食べたい」ということが分ってしまうので、最初から「イタリアンがいい」と言えないのです。
結果、和食しかないお店に行ってしまい、自分が食べたかったイタリアンは食べられない…これはほんの例ですが、こういったことから、人の気持ちに合わせすぎて、自分の意見を言えなくなってしまうというデメリットもあるのです。


◆関連記事:卑屈な性格を直したい方はこちら

卑屈な人の性格と心理!卑屈な性格を直すには?

感受性が強い人の特徴⑧傷つきやすく繊細

安寿性が強い人の特徴として、傷つきやすくて繊細であるということが挙げられます。
感受性が強い人は、人の傷ついた気持ちなども含めて日々人の気持ちを汲み取っています。
だからこそ、辛い気持ちに敏感になったり、相手の悪意に気が付いてしまったり…。

ある意味、知らなくていいことまで知ってしまうという傾向があります。
それが故に、傷つきやすく繊細な性格を持っている人が多い傾向もあります。

感受性が強い人の特徴⑨ストレスが溜まりやすい

同じような意味合いですが、感受性が強い人はストレスが溜まりやすい傾向にあるということも挙げられます。
前述のとおり、人の気持ちを汲み取りすぎて自分の気持ちを伝えることが出来ないということが大きな原因です。
さらに、落ち込んでいる人の気持ちを汲み取って伝染した落ち込んだ気持ちって、自分の事ではないのになぜそこまで落ち込むのか他人にはわかりませんよね。
だから、自分が落ち込んでいても人に相談ができないのです。

こういった理由から、感受性が強い人はなかなか人に相談する機会がなかったり、気苦労を理解してもらえなかったりしてストレスが溜まりやすい傾向にあるのです。

感受性が強い人の特徴⑩すぐに感情移入する

感受性が強い人の特徴として、「すぐに感情移入する」ということも挙げられます。
人の気持ちが手に取るようにわかるからこそ、それが分りすぎてまるで自分の事のように錯覚してしまうのです。
映画を見て、すぐに泣いている、やたら泣いているというような人も感受性が強い傾向にあります。

中には、人ではないものにまで感情移入して「このパソコン毎日頑張ってるな~私より疲れてるだろうな~」なんて発想が出てくることも。
あまり普通の人にはないことかもしれませんが、感受性の強い人はこういった特徴があります。

感受性が強い人の特徴⑪人が多いところが苦手

実は、感受性が強い人が人の気持ちを汲み取ったり感じ取ったりするのって、自分でコントロールできるわけではないんですよね。
「この人の気持ちだけくみ取って、この人の気持ちはくみ取らないようにしよう」という風に選ぶことはできません。

だからこそ、いろんな人の感情をくみ取ってしまうような人が多いところは苦手です。
いろんな人の感情をくみ取りすぎて、精神が疲れてしまうのです。
感受性が強すぎる人は、こういった部分でも生きづらさを感じていることが多くあります。

感受性が強い人は、それが故の悩みも持っている!

いかがでしたか?
感受性が強い人は、最初に紹介した意味のとおり、感受性が強いがゆえに発生する悩みと言うのもあるんです。
「感受性が強い人だね」と言うのは、いい意味でつかわれることが非常に多いですし、自分が他人から言われたときは褒め言葉という意味でとらえていいのですが、感受性が強い事には、デメリットと言える部分も大きくあるんですね。

そういう意味では、感受性が強い=人としてうらやましいと思われる人、と言う風に安直に考えるのもちょっと疑問なところがありますね。
でも、冒頭から紹介しているとおり、誰もが感受性が強くあるわけではないため、ある意味感受性が強いということは特技になります。
感受性が強いというのは、デメリットもある分、ほかの人には得られない才能を発揮することも出来るんです。
そういう意味では、一概に感受性が強い人になりたいという人ばかりではないかもしれませんが、やはり感受性が強いというのは素晴らしいことですよね。

感受性が強い人におすすめの職業は?

では、感受性が強い人におすすめの職業や適職ってあるのでしょうか。
紹介してきた通り、感受性が強い人はその人特有のスキルを持っているといって過言ではありません。
その感受性は人が真似をしようと思っても、1日2日ではできないものも多くありますから、それを活かして職業につくというのも一つの手です。
感受性が強い人は、それが故に悩んできたことも多いかもしれませんが、それを活かすことが出来る適職があれば、その適職につきたいと思うのは自然なことですよね。
では、感受性が強い人はいったいどんな職業が適職なのでしょうか。

感受性が強い人の特徴を見てもらってわかるように、感受性が強い人はそれが故の独特のメリット・デメリットがあります。
その分、向いている職業・いわゆる適職から、向いていない職業、できれば避けたい職業というものが存在するのも事実です。
感受性はコントロールすることが出来るわけではありませんから、できれば感受性が強い人はそれに合った職業につき、適職につくことが理想的です。
適職につくことで、感受性が強いというメリットを最大限に生かすことが出来るのです。
でも、何が適職なのか、適職って何なのか、なかなか難しいところがありますよね。
ここからは、感受性が強い人の適職と言われる職業を紹介させていただきます。
ご自身が、感受性が強いと感じている人は、今後つく職業などの参考として、これから紹介する適職を見てみてくださいね。

感受性が強い人の適職①心理カウンセラー、接客業

感受性が強い人に向いている職業として、まずは心理カウンセラーという職業があげられます。
心理カウンセラーと言うのは、学校や心療内科など幅広い職場で、人々の悩みをきいて共感する、人の気持ちを汲んで心に寄り添いながら、必要なときにはアドバイスをするというような職業です。
誰でもなれるわけではなく、心理カウンセラーとしての資格が必要です。
心理カウンセラーになるのは決して簡単なことではありませんが、心理カウンセラーとして働いている人の中でも、感受性があまり強くないと悩んでいるカウンセラーの方もいるくらいですから、感受性が強い人には非常におすすめです。

また、難しい資格が必要な心理カウンセラーとまで行かなくても、人の気持ちを汲んで接することが要求される職業は沢山ありますよね。
例えばそれが光るのが、ご意見問い合わせ窓口の受付など、困っている人や会社に不信感を持っている人がそうd何してくるような場面です。
その時に、相手の心理をしっかり読み取って、その心理に応じた対応をすることで高い顧客満足を得ることが出来るでしょう。
そういった意味で、お客さんが何を求めているか、その心理をくみ取ることが大切な接客業も非常に向いているといえます。

感受性が強い人の適職②アーティスト

感受性が強い人の適職として、アーティストと言うことも挙げられます。
あまり誰でも簡単になれるような仕事ではありませんが、アーティストの方々は基本的に感受性が強い人が多く、その感受性を活かして成功してきた人が多いです。
アーティストと言っても、歌手、画家、彫刻師など様々なアートがあります。
そういった芸術的なもの全般を指してアーティストと言っています。
ですから、ご自身が興味のあるものをとことん磨く、ということも非常におすすめです。

ただし、アーティストと言うのは売れるか売れないか、支援してくれる人がついてくれるかどうかでもかなり人生は変わってきますよね。
そんなチャレンジャーなことは出来ない…と言う人であれば、普通に会社員として働きながら、休日に絵をかいたりして、それが沢山出来上がったときに個展を開いてみてそこで感触をつかむというのも一つの手です。
ちょっと忙しくなってしまいますが、自分の生活を安定させながら、自分の実力や世間の評価を見ることが出来るという点ではおすすめです。

感受性が強い人の適職③マッサージ師、柔道整復師

感受性が強い人の適職として、マッサージ師や柔道整復師などが挙げられます。
これも、基本的に国家資格が必要な職業になります。
柔道整復師として勤めている人はほとんどが専門学校で知識と実技を見につけて就職しています。
なぜこのマッサージ師や柔道整復師が向いているのかと言うと、感受性が強い人は人の心理を読み取ったり、人の小さな変化に気が付くことが出来る人です。

施術を受けに来た人が、言い出しにくいようなことも踏まえて、相手の心理を読み取りながら小さな変化に気が付き、「ここも痛いのでは?」とか「痛みをどうしたらいいか分からない」と悩んでいるのでは…などと言った心理をくみ取ることが出来るというメリットがあります。
このように、人の心理を読み取ることが上手であるがゆえにそれが光る職業は意外と多くあるんですよ。

感受性が強い人になる方法はある?

いかがでしたか?
感受性が強い人に向いている職業、適職について紹介してきました。
資格がなくてもつける職業から、国家資格などが必要な職業、そして芸術的センスが問われたり、トレンドに乗っかることが必要なアーティストまで様々な職業が出てきました。
この職業じゃないと、感受性が強いところを活かせないというわけではありませんが、これらの職業につけば、より感受性が強い部分をメリットとして発揮できる、そういった意味での適職として紹介させていただきました。

ここからは、感受性が強い人になる方法について紹介していきます。
ご自身がなかなか人の気持ちを汲み取ってあげることが出来ないと悩んでいる人は、感受性が強い人になりたいと考える方も多いと思いますから、感受性が強い人になる方法があれば知りたいですよね。
ここからは、感受性が強い人のなるための方法として、感受性を高める方法を紹介していきます。
割と簡単にできる方法を中心的に紹介していきますので、ぜひ自分が取り入れやすいと思う方法から実践してみてください。

感受性が強い人になる方法①身の回りのものに敏感になる

感受性が強い人になるためには、まずは 身の回りのものに敏感になるということが大切です。
普段はあまり気に留めない身の回りのものに注目してみるようにしましょう。
例えば、朝、もしくは寝る前にゆっくり一人で散歩に出てみて下さい。
「この道にはこんな植物が咲いているのか」「この道はこの時間帯はこんな人々が歩いているのか」と言う風に、普段何気なく過ごしている光景を意識してみてみることで、感じ取るものがかなり大きく変わると思います。

そこで感じ取る感情こそが、感受性を高めるための方法です。
普段気にも留めなかったものに意識をしてみたときに、どう感じるのか。
その気持ちを大切にし、周りの様々なもにに敏感に感情を抱くという癖をつけることで、感受性を高めることが可能です。
散歩するなんて忙しくて時間がないという人は、通勤中の駅までの道や、職場近くの定食屋への道などなんでもいいので試してみてくださいね。

感受性が強い人になる方法②様々な芸術に触れる

感受性を高めるには、様々な芸術に触れることも大切です。
最近では、昔から有名な画家などのアーティストの作品の個展が大々的に開かれたりしていて、日本に居ながらも割と簡単に参加できるようになりましたよね。
人気の上昇に伴い、日程も長くなっているのでチケットの倍率が高すぎて手に入らない…という問題も解消傾向にありますから、芸術に触れやすい現代です。

様々な芸術に触れ、それを造り上げた人の気持ちや細やかな配慮、小さなところまでも見とさずに再現している、描いているなど、いろんな視点で芸術を見てみましょう。
何世紀にもわたって人々の心をうってきた芸術は、改めて見てみることできっと感じるものが出てきます。
意識してみてみるだけでもかなり違いますので、休日の暇つぶし程度にでも一度行ってみてください。
ちょっと意識して見つめてみると、きっとわかってもらえると思います。

感受性が強い人になる方法③人の気持ちを意識して過ごす

感受性を高めるには、人の気持ちを意識して日常生活を過ごすことが大切です。
人の気持ちって、どうしても「相手がこういっているから」と言葉で判断しやすいですよね。
でも、大人になればなるほど、本音と建て前は違っていき、本音を言えない人がいたり、本音を言えない場面が多くなってしまうのも事実です。

自分の周りの人たちが今どんなことを感じているのか、人の気持ちを意識して過ごしてみましょう。
少し意識してみるだけでも、人の気持ちに敏感になる訓練が出来、感受性が強くなっていきますよ。
相手の気持ちを理解したい、くみ取ってあげたいという気持ちは、相手への思いやりにもつながっていきますから、とても素敵なことです。
人間関係をスムーズにするという意味でも、人の気持ちをいつも以上に意識して過ごすようにしてみてくださいね。

感受性が強いのは素敵なこと!良い所を伸ばしていこう!

いかがでしたか?
感受性を高める方法、感受性が強い人になるための方法について、3つ紹介させていただきました。
実践できそうな方法はありましたか?
意外と意識一つで出来る方法ですから、感受性が強い人になりたいのであればぜひ挑戦してみてくださいね。
ご自身の生活を考えて、一番取り入れやすいと思う方法があれば、その一つの方法を試してみるだけでも効果は出てくるはずですよ。
是非、自分にあった方法で感受性を伸ばしていってください。

今回は、感受性が強い人の特徴から向いている職業、そして感受性が強い人になるための方法まで紹介してきました。
感受性が強い人は、その特徴が故に特有の苦労も多く辛い心理に陥ってしまうことも多くありますが、感受性が強いこと自体は非常に素敵なことです。
感受性が強いことで悩みを持つ…とマイナスな心理に陥ってしまうこともあるかもしれませんが、決して悪いことばかりではありませんから、その感受性の強さを活かして、どんどん伸ばしていきましょう。

性格と仕事についてもっと知りたいアナタはこちら

メンタル弱い人の特徴13選!仕事や恋愛で上手くいくには?
おとなしい人の特徴と向いてる仕事は?恋愛はどうするの?
一人が好きな人の特徴と性格・心理!仕事のおすすめは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ