妊娠線とは?予防はいつからすべきなの?予防法9選まとめ!

妊娠したら心配しなくてはいけないことの1つに妊娠線があります。出産後にお腹に妊娠線が残ってしまうと、子供とプールや海に行くときに気になるもの!!この記事では妊娠線とは何かということと、妊娠線を予防するための対策についてお伝えします。

妊娠線とは?予防はいつからすべきなの?予防法9選まとめ!のイメージ

目次

  1. 妊娠線って格好悪いですよね…
  2. 妊娠線とはどんなモノ?
  3. 妊娠線ができる原因とは?
  4. 【妊娠線ができる原因①】皮膚が急に伸びるから
  5. 【妊娠線ができる原因②】ホルモンの影響
  6. 妊娠線ができやすい人には特徴がある!!
  7. 【妊娠線ができやすい人①】30歳以上の妊婦
  8. 【妊娠線ができやすい人②】冷え性の人
  9. 【妊娠線ができやすい人③】乾燥肌
  10. 【妊娠線ができやすい人④】皮下脂肪が多い人
  11. 【妊娠線ができやすい人⑤】多胎妊娠
  12. 妊娠線予防はいつからするべき?
  13. 妊娠線予防の対策にはどんなものがある?
  14. 【妊娠線予防の対策①】急激な体重増加を避ける
  15. 【妊娠線予防の対策②】脂肪を付け過ぎない
  16. 【妊娠線予防の対策③】保湿ケアは必須!!
  17. 【妊娠線予防の対策④】保湿ケアは毎日!
  18. 【妊娠線予防の対策⑤】お風呂でしっかり温まる!!
  19. 【妊娠線予防の対策⑥】腹帯やガードルを付ける!!
  20. 【妊娠線予防の対策⑦】妊娠線ができても対策継続!!
  21. 【妊娠線予防の対策⑧】内側からも水分補給を!
  22. 【妊娠線予防の対策⑨】規則正しい生活を!!
  23. 妊娠線対策をバッチリとしましょう!!

妊娠線って格好悪いですよね…

待望のあかちゃんを授かって、大きくなっていくお腹に、会える日を楽しみにしていたら、なんと!!

お腹の脂肪が割れて線になっている!!

これは妊娠線というものだということは皆さんよくご存知ですよね。

妊娠線は妊娠したら誰でもなるんだから、と諦めている人もいるようですが、ちょっと待って!!

妊娠線はできやすい人とできにくい人がいるんです!!

そして、できやすい人でもきちんとした予防ケアを行えば防ぐことができるものなんですね♪

この記事では妊婦さんやこれから妊娠予定の人ならだれでも気になる妊娠線ができやすい人や原因、妊娠線を予防するための対策法についてお伝えしたいと思います。

妊娠線を防いで、赤ちゃんを産んでもキレイなすべすべお腹を保ちましょうね!!

妊娠線とはどんなモノ?

まず妊娠線とはどんなものなのでしょうか?

妊娠すると子宮の中で赤ちゃんが育って大きくなっていきますよね。

お腹の中の赤ちゃんはたった10か月という短い間に、顕微鏡をのぞかなければ見えないほど小さい受精卵から、生まれるころには身長約50cm、体重3kgにまで育つのです。

当然、赤ちゃんが入っている子宮も、子宮が入っているお母さんのお腹も大きく膨らむのはご存知の通りです。

食べすぎで太っていく場合には、ある程度の年月を掛けてお腹が膨らんでくるものですが、妊娠の場合にはその変化が短い期間でおこります。

そのためにお腹の皮膚の伸びがついていくことができずに、皮膚の真皮が割けて断裂してしまうために起こります。

だいたい妊娠線とは妊娠5か月から7か月くらいの急激にお腹が大きくなる時期からできやすくなります。

妊娠線のでき方には個人差があって、お腹の上下に正中線と呼ばれる線が1本だけ入る人もいれば、ひび割れのように何本も入る人もいます。

また太ももやヒップ、二の腕、バストなど体の他の部分にも妊娠線が入ってしまう人もいます。

一度できてしまうと妊娠線はなかなか消えてくれません。

できる前の予防が肝心になります!!

妊娠線ができる原因とは?

妊娠線ができる第一の原因は、皮膚が短い間に急激に伸びることですが、もう少し具体的にその原因を見ていきましょう。

いったいどんなメカニズムが原因で妊娠線はできてしまうのでしょうか?!

【妊娠線ができる原因①】皮膚が急に伸びるから

まず、妊娠線ができてしまう第一の原因は皮膚が急激に伸びるからです。

妊娠4か月くらいまではそれほどお腹は目立ちませんよね。

妊娠4か月だとだいたいおなかの赤ちゃんは体長15cm、100gくらいで、大きさはいなりずし1個くらいなので、周りの人は妊娠に気が付きません。

それが妊娠5か月になると急激に赤ちゃんは大きくなっていきます。

妊娠5か月で約300gでご飯茶わん1膳から2膳くらい、妊娠6か月で約500gでどんぶり1杯から2杯くらい、妊娠7か月で体重約1kgで牛乳パック1本の重さになります。

そこから更に3か月で一気に2kgも体重が増えていくのです。


お母さんのお腹の皮膚も当然赤ちゃんの成長に合わせて伸びていきます。

皮膚の構造は身体の外側から表皮、真皮、皮下組織の三層からできています。

妊娠すると皮下組織の中にある脂肪細胞が急激に大きくなります。

表皮はその脂肪細胞の大きさの変化についていくことができるのですが、真皮と脂肪細胞の一部はついていくことができずに断裂してしまうのです。

表皮についた切傷は時間が経てばキレイに治るものですが、その奥の真皮の傷はなかなか治りません。

一度できた妊娠線がなかなか消えないのはそういった理由からです。

【妊娠線ができる原因②】ホルモンの影響

また妊娠線ができてしまう原因にはホルモンも関係してきます。

妊娠すると妊娠を継続させて、赤ちゃんを成長させるために体の中のホルモンバランスがさまざまに変化しますよね。

その中にはステロイドホルモンの一種であるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量の増加もあります。

この2つのステロイドホルモンは妊娠を継続させて、お腹の中で赤ちゃんを育てるのには欠かすことができないホルモンなのですが、肌の修復を妨げる働きもあります。

そのために、お腹が急激に大きくなった時に、真皮や皮下組織がダメージを受けても、肌の新陳代謝が遅くなり、自力で修復をする力が弱まってしまうのです。

妊娠中は肌の再生力が弱まることも妊娠線ができてしまう原因になるのです。

妊娠線ができやすい人には特徴がある!!

妊娠線ができる原因はわかりましたね。

でも、妊娠すると誰でも同じようにホルモンバランスが変化して、お腹が大きくなるのに、妊娠線ができる人とできない人がいます。

もちろん妊娠線ができない様に気を付けてケアをしている人の多くが妊娠線ができないものですが、妊娠線ケアをしない人でもできない人はできないものです。

実は妊娠線ができやすい人には共通した特徴があります。

ここからは妊娠線が特にできやすい人についてみていきましょう。

【妊娠線ができやすい人①】30歳以上の妊婦

妊娠線ができやすい人の特徴の1つ目は、30歳以上の妊婦さんです。

基礎化粧品のCMでも30歳はお肌の曲がり角だと言っていますよね。

どうしても20代の前半の若い頃と比べると、30歳くらいになってくると、お肌の弾力が失われてしまうものです。

もちろん顔の肌だけではなく、身体全体の肌にハリが無くなってくることから、30歳以上の妊婦さんは若い人よりも妊娠線ができやすくなると言われています。

【妊娠線ができやすい人②】冷え性の人

妊娠線ができやすい人の特徴の2つ目は、冷え性の人です。

冷え性の人というのは、もともと全身の血行の流れが悪いものですよね。

特に体の一番外側の皮膚の毛細血管には十分な血液が回りにくくなっています。



血行が悪いと、栄養や酸素を体の隅々の細胞組織に届けることも、細胞組織から出た老廃物を運び出すことも上手くできなくなります。

そのために新陳代謝が妊娠前から悪いものです。

そこへ妊娠によるホルモンバランスの変化によってますます新陳代謝が鈍ると肌の再生が上手くいかなくなり、結果として妊娠線ができやすくなってしまうのです。

【妊娠線ができやすい人③】乾燥肌

妊娠線ができやすい人の特徴の3つ目は、乾燥肌の人です。

肌が常に乾燥している状態というのは、肌に充分な水分が足りていなくて、妊娠する前から肌に目には見えない細かいひび割れが入っているような状態です。

当然、妊娠によってお腹の皮膚が伸びても、乾燥肌ではない人に比べると、皮膚に柔軟性がなく伸びにくい状態になっているので、妊娠線ができやすくなります。

さらに、妊娠すると乾燥肌の人は更にお肌の乾燥がひどくなる傾向にあります。

乾燥肌ですでに妊娠している人はもちろんのこと、これから妊娠を考えている人は、今から乾燥肌対策をしっかりと行っておくと、妊娠線ができにくい肌を作ることができますよ!!

乾燥肌対策は、皮膚の外側だけではなく、内側からの水分補給も大切です。

こまめな水分補給を心がけましょう!!

【妊娠線ができやすい人④】皮下脂肪が多い人

妊娠線ができやすい人の特徴の4つ目は、皮下脂肪が多い人です。

もともと妊娠する前から皮下脂肪が多い人も妊娠線ができやすくなってしまいます。

どのくらいの人が危ないかというと、妊娠前のBMIが25以上の人は妊娠線警戒域に入っていると考えていいでしょう。

皮下脂肪は脂肪で脂分なのだから伸縮性があると、油断している人も多いですよね。

その油断が大きな間違いなのです。

確かに油には伸びがいいイメージがありますが、身体についている皮下脂肪の細胞には伸縮性がほとんどないのです。

そのために皮下脂肪が多い人はお腹が大きくなると皮下脂肪が割けて妊娠線ができやすくなってしまいます。

皮下脂肪が多い人が妊娠線ができるのを避けるためには、身体にムリのかからない程度のウォーキングやマタニティスイミング等の有酸素運動で脂肪を燃焼させることが大切です。

【妊娠線ができやすい人⑤】多胎妊娠

妊娠線ができやすい人の特徴の5つ目は、多胎妊娠です。

双子や三つ子を妊娠すると、お腹の中の赤ちゃんの人数が、1人だけの妊娠の妊婦さんに比べると多くなる分だけ、お腹が大きくなります。

しかも多胎妊娠でも、1人当たりの成長は他の赤ちゃんとほとんど変わりませんよね。

どうしてもお腹が大きくなると、その分だけ皮膚の伸びも激しくなるので、妊娠線ができやすくなってしまうのです。

妊娠線予防はいつからするべき?

妊娠線ができやすい人できにくい人がいることがわかりましたよね。

妊娠線ができる原因は人それぞれですが、妊娠が分かったら、特に妊娠線ができやすい人は、対策をすることが大切になります。

では妊娠線の対策はいつから始めたらいいのでしょうか?!

妊娠線の対策をいつから始めたらいいのか、というと、妊娠線ができてからで大丈夫!と思っている人もいるようです。

でも実はいつから始めたらいいのか、といって妊娠線ができてから始めるのでは実は遅いんですね。


妊娠線ができるのは真皮と皮下組織の脂肪細胞です。

表皮の傷は簡単に修復できますが、真皮と皮下組織にできてしまった傷というのは一度ついてしまうとなかなか跡が治りません。

ということは妊娠線予防とはいつから始めるべきか、というと妊娠線ができる前、妊娠初期から始めるべきなんですね。

妊娠線予防の対策にはどんなものがある?

妊娠線予防の対策とはいつから始めるべきかということで、妊娠が分かったらすぐに取り組んだ方がいいことがわかりましたね。

ところで妊娠線対策予防とはいったいどんなことをすればいいのでしょうか?!

ここからは具体的に妊娠線予防の対策についてお伝えします。

【妊娠線予防の対策①】急激な体重増加を避ける

妊娠線予防の対策として、まず大切なことは急激な体重増加をしないように気を付ける、ということです。

妊娠すると赤ちゃんの分まで栄養を付けなくてはと頑張ってたくさん食べる人や、食べづわりで常に食べ続けていないといられなくなる人がいます。

しかし食べすぎて体重が増えすぎると、増えた体重はすべて皮下脂肪になるために、お腹が余計に大きくなってしまい、妊娠線の原因となってしまいます。

出産までの理想的な体重増加は妊娠前のBMIが18以下のやせ型の人で10kg程度、BMI25以上のぽっちゃりさんは8kg程度と言われています。

現在の日本の食環境では、普通に食事ができれば、妊婦さんが栄養失調になって子供の成長に影響を与える、ということはまず考えられません。

栄養を付けることを考えるのではなく、体重をうまくコントロールすることを考えましょう。

【妊娠線予防の対策②】脂肪を付け過ぎない

妊娠線予防の対策には、脂肪を付け過ぎないことも大切です。

体重の急激な増加を防ぐことともつながりますが、特に伸縮性がない皮下脂肪が増えすぎると、妊娠線ができやすくなってしまいます。

赤ちゃんのために一生懸命に食べる量を増やすのではなく、栄養のバランスの良い、適度なカロリーの食事をしっかりと取ることが大切です。

またいつも何か口にしていないと気持ち悪くなってしまう食べづわりの人も、1回に食べるものの量を減らしたり、カロリーの低いものを工夫して取るようにするなどして、1日の総カロリーが増えないように気を付けましょう。

【妊娠線予防の対策③】保湿ケアは必須!!

妊娠線予防の対策には、肌の保湿ケアが必須になります!!

お肌の乾燥は乾燥肌の人でなくても妊娠線の原因になる物です。

ですから肌に適度な潤いをいつも与えておくことで、柔らかい状態に肌を保つことができるのです。

クリームやオイルをしっかりと塗り込んで、よくマッサージをして柔らかい皮膚を常に保つことが大切です。

妊娠線ができやすいのは、お腹周りだけではありません。

妊娠すると脂肪が付きやすいバストや脇、二の腕、太もも、お尻、股の周辺などもしっかりとケアすることが大切です。

妊娠線対策に使うオイルやクリームは妊娠線対策専用のモノを使うのがいいでしょう。

値段や成分、効果などは商品によってかなり差があるので、経済的に無理なく続けられる自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

専用のモノはちょっとお値段が高いな、と感じるのなら、ニベアの青缶も妊娠線対策ができるクリームとして人気が高いのでお勧めです。

保湿クリームとして人気が高いニベアの青缶とは、妊娠中の使用が制限されておらず、妊娠線を防ぐための成分がたっぷりと入っています。

お値段も1缶500円以下と妊娠線専用の商品と比べると断然安いですよね!!

コスパ重視の妊娠線対策には絶対にお勧めです!!

【妊娠線予防の対策④】保湿ケアは毎日!

妊娠線対策とはいつから始めたらいいのか、というところで妊娠初期から始めた方がいいとお伝えしました。

保湿ケアのためのマッサージも、いつから始めたらいいのかといえば、妊娠初期から始めることをお勧めします。

他の妊娠線対策をいつからと言って、妊娠初期から始めるのはわかるけれども、保湿マッサージはもっと遅くてもいいのではないかと感じている人もいるかも知れません。

しかし、肌に充分な潤いがないお肌に潤いを与えるのには、少し時間がかかるものです

妊娠に気づくのは妊娠2か月くらいの時なので、その時から始めて、2か月から3か月後にはお腹が大きくなり始める妊娠5か月に入ります。

その頃までに十分に柔らかい皮膚を作っておくためには、いつから保湿マッサージを始めたらいいのかといったら、妊娠初期から始めるべきだということがわかりますよね。

また、保湿ケアは毎日行いましょう。

毎日続けることで徐々にお肌に潤いが浸透していきます。

妊娠線ができる恐怖と戦うのであれば、毎日の保湿ケアを大切にしましょう。

【妊娠線予防の対策⑤】お風呂でしっかり温まる!!

妊娠線対策には、お風呂で身体をしっかりと温める、ということも大切になります。

毎日、お風呂に入るのは面倒くさいと、シャワーだけで済ませている人もたくさんいますが、シャワーでは身体が冷えやすくなってしまいますよね。

妊娠線予防だけではなく、妊婦さんにとっては全般的な体調管理のためにも毎日しっかりとお風呂に浸かることをお勧めします。


妊娠線予防の観点からお風呂の効果を考えてみると、皮膚の血行が良くなる上に、お風呂に入ることで、お肌に水分が補給されますよね。

お風呂から上がって何もしなければ、その水分は急速に失われてしまいますが、お風呂から上がってすぐにクリームやオイルで保湿ケアをして、お肌に水分を閉じ込めてしまえば、クリームやオイルの効果が2倍にも3倍にも膨れ上がりますよ!!

お風呂に保湿効果のある入浴剤を使うと更に保湿ケアができますよね!!

■関連記事:妊娠中の入浴についてはこちらもチェック!

妊婦が温泉に入るのは大丈夫?妊娠初期・妊娠中の注意点は?

【妊娠線予防の対策⑥】腹帯やガードルを付ける!!

妊娠線対策には、腹帯や妊婦さん用のガードルをしっかりと付けることも大切です。

腹帯やガードルを付けることで、お腹を適度に抑えることができるので、皮膚が必要以上に伸びてしまうことを防ぐ効果も期待できます。

最近では腹帯は格好悪いとか、面倒くさいと言ってやらない人もいるのですが、産院によっては腹帯でいつもお腹を締めておくことで、産後の骨盤の戻りが違うと言った理由で、推奨しているところもあります。

今は妊婦用のガードルにもおしゃれに見えるものや、使いやすいものもあるので、腹帯が面倒くさいという人は、ガードルを探してみてはいかがでしょう。

さて、腹帯はいつから使ったらいいのでしょうか?!

いつからかというと、一般的には妊娠5か月を過ぎたら使う人が多いようです。

産院や産婦人科によっては、妊娠5か月か6か月を過ぎたあたりで指導されるところもあるようなので、よくわからない時にはお医者さんや助産師さんに質問してみましょう。

【妊娠線予防の対策⑦】妊娠線ができても対策継続!!

妊娠線対策をしていても、どうしても妊娠線ができてしまうこともあります。

また、妊娠線ができてしまってから慌てて妊娠線対策を考え始める妊婦さんもいるでしょう。

妊娠線ができてしまったからと言って、諦めて妊娠線対策を辞めてしまう人もいますが、妊娠線ができても諦めずに続けることが大切です。

妊娠線はいつからできましたか?

もしも対策をしていなかったら、もっと前からできていたかもしれませんよね。

もっと大きく酷い妊娠線になっていたかもしれません。

出来てしまったのは仕方がありませんが、妊娠線対策をやっていた人は、やっていたからこそ、今の程度で済んだのだと考えた方がいいでしょう。

ここで辞めてしまったら、これからもっとひどくなっていきます。

対策をしていても酷くなっていくようなら、していなければもっど速いスピードで増えていきますよ!

そう考えて妊娠線対策は続けましょう。

【妊娠線予防の対策⑧】内側からも水分補給を!

妊娠線対策には、お肌の乾燥を予防することが大切になります。

お肌の乾燥とは妊娠線の原因の1つであることは言うまでもありませんよね。

もともと乾燥肌の人は妊娠線が出やすいことはこの記事でも触れましたが、妊娠するとどうしてもホルモンのバランスの関係で乾燥肌ではない人も肌が乾燥しやすくなります。

そこで保湿マッサージをするのですが、外側からの保湿ケアだけではなくて、体の内側からの水分補給もとても大切になります。

こまめに水分補給をして、しっかりと身体の内側からも潤いをお肌に与えるようにしましょう!!

【妊娠線予防の対策⑨】規則正しい生活を!!

妊娠線予防には規則正しい生活をすることも大切です。

特に食事のバランスと睡眠は、健全なお肌のハリを保つためには大切なことですよね。

栄養バランスがとれた食事をとることで、ハリのあるお肌を作ることは美容だけではなく、お腹の皮膚にもハリを与えて、妊娠線予防にもなります。

また、十分な睡眠を取ることでダメージを受けたお肌の修復がなされます。

妊娠線ができるかどうかの瀬戸際の時には、この修復できるかどうかが大きなカギになってきます。

規則正しい生活は健全なマタニティライフだけではなく、妊娠線予防にも役に立つんですね!!

■関連記事:妊娠中の食事についてはこちらもチェック!

妊婦がカレーを食べても大丈夫?妊娠初期は要注意?

妊娠線対策をバッチリとしましょう!!

妊娠線についていろいろと見てきましたがいかがでしたか?

妊娠線対策はいつからやったらいいのか、本当に必要なのか、いろいろと考えてしまう人もたくさんいることでしょう。

でも子供ができると、一緒に海やプール、スーパー銭湯に行く機会も増えるものです。

水着や銭湯で裸になった時に、妊娠線があるお腹って、周りからどう思われると思いますか?

妊娠線ができる原因やいつから始めるべきなのか、ということをきちんと理解して、子供が自慢したくなるようなきれいな肌のママになれるように、今日から対策を始めましょう!!



もっと妊娠関連の記事を知りたいあなたへ!

妊娠中のストレスの赤ちゃんへの影響は?発散法と旦那の注意点も!
妊婦は眠い!妊娠中の眠気の原因と対策を解説!なぜ眠いの?
妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】
妊娠初期の胃痛がキリキリする!原因と対処法は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ