母乳とアレルギーの関係!母乳育児は赤ちゃんのアレルギーに影響なし

赤ちゃんに与える母乳と、アレルギー症状の関係性を考えます。母乳が原因で赤ちゃんがアレルギー症状を起こすことはありますが、決して、母乳そのものがアレルギーの原因になることはありません。アレルギーと母乳の知識を勉強すれば、安心して子育てができるようになるでしょう。

母乳とアレルギーの関係!母乳育児は赤ちゃんのアレルギーに影響なしのイメージ

目次

  1. そもそもアレルギーとは何だろう?
  2. 母乳によるアレルギー症状(1):湿疹について
  3. 母乳によるアレルギー症状(2):アナフィラキシーについて
  4. 母乳によるアレルギー症状(3)咳・呼吸困難
  5. 母乳によるアレルギー症状(4)粘膜の腫れ・かゆみ
  6. 母乳によるアレルギー症状(5)嘔吐・下痢
  7. 母乳とアレルギーの関係を考える前に・・・
  8. 母乳によるアレルギーが起こる可能性は高いの?
  9. 母乳によるアレルギー性反応を軽くするためには?
  10. 母乳のアレルギーを防ぐには、食事後の一手間が大事
  11. 母乳を与えることによって、アレルギーに対する免疫がつく?
  12. 母乳のアレルギーを防ぐには、いつまで注意が必要?
  13. 母乳に含まれることの多い、アレルギー原因物質一覧
  14. 母乳を与える前に、赤ちゃんのアレルギー検査をしよう
  15. アレルギー検査は、母乳を与える前のいつごろにできる?
  16. 母乳を与える前にするアレルギー検査(1)血液検査
  17. 母乳を与える前にするアレルギー検査(2)皮膚検査
  18. 母乳による赤ちゃんのアレルギーは予防できる?
  19. 授乳中の食生活を気をつけても、アレルギーは予防できない
  20. 母乳のアレルギーを軽くするには、バランスのよい食事が一番
  21. アレルギーを予防するために、食事以外でできること
  22. アレルギー予防法:ほこりやダニを掃除する
  23. まとめ:母乳とアレルギーの正しい知識を知ろう
  24. 母乳育児が原因のアレルギーはありえない!

そもそもアレルギーとは何だろう?

アレルギーとは、体に入り込んだ物質を排除するため、体が過剰な防御反応を示す現象を指します。一種の免疫反応なのですが、アレルギーの場合、かえって体に負担をかけるほどの症状が出てしまうこと、さらには、アレルギーの原因になる物質が人によって異なること、などの特徴があります。

一般的によく知られるアレルギー症状に、湿疹があります。湿疹とは、赤い吹き出物が体に吹き出たり、皮膚にかゆみを感じる症状です。食物アレルギー(卵・小麦・ソバ)などをもつ人が身近にいる人ならば、湿疹のの深刻な症状を見聞きしたことがあるでしょう。

では、母乳によって引き起こされる可能性のあるアレルギーの、主な症状をまとめましょう。

母乳によるアレルギー症状(1):湿疹について

湿疹や蕁麻疹は、アレルギーが原因になって起こる皮膚の症状の一つです。一般に、
(1)かゆみ
(2)赤い吹き出物
(3)皮膚が真っ赤に変化する
といった反応が起こります。

湿疹や蕁麻疹が体のどの部位に起こるかは、個人差があります。特に湿疹の症状が起きやすいところは、
(1)手の甲
(2)足全体
(3)頭皮
(4)お腹まわり
となっています。まれに、口内や気道・胃腸などの内臓にも湿疹が発生することがあります。体表面に湿疹の異常が無いからと言って、油断は禁物です。卵や牛乳などによるアレルギーが疑われるときは、子育て中の赤ちゃんの状態を細かく観察することが重要です。

母乳によるアレルギー症状(2):アナフィラキシーについて

母乳が原因のアレルギー反応には、アナフィラキシーショックという重篤な症状もあります。これは、「湿疹」と「呼吸器の異常」、もしくは「湿疹」と「粘膜の異常」など、複数の体の部位に異変が見られ、そしてそれが数分~数時間の短時間内に起こることが特徴です。

症状は人によって様々です。
(1)皮膚の湿疹
(2)目や唇など、粘膜の腫れ
(3)呼吸困難
(4)急な血圧低下による失神

呼吸困難や湿疹・粘膜の異常は、卵や牛乳を含む母乳を飲んでから短時間で急速に悪化し、致命的な症状を引き起こす場合があります。意識を失うことも考えられるので、子育て中に異常を感じたら、すぐに救急車を呼びましょう。

母乳によるアレルギー症状(3)咳・呼吸困難

アレルゲンの影響により、咳が止まらなくなり、そのせいで呼吸困難に陥ることがあります。これは、アレルギー反応によって気管が狭くなることが原因です。

卵や牛乳などのアレルゲンを含む母乳を飲んだあと、比較的短時間のうちに、喘息特有の「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という苦しい呼吸音が漏れたり、赤ちゃんの鳴き声が枯れたりする症状が現れます。

母乳によるアレルギー症状(4)粘膜の腫れ・かゆみ

ここでいう粘膜とは、唇や喉、目などの体の部位を指します。
想定される症状は次の通りです。
(1)目の充血
(2)目が潤み、涙があふれる
(3)まぶたが腫れあがる
(4)くしゃみ・鼻づまり
(5)のどの異物感
言うなれば、花粉症によく似た症状です。子育て中の赤ちゃんにこのような症状が見られた場合は、花粉やほこりだけでなく、卵や牛乳が原因のアレルギー症状も疑いましょう。

母乳によるアレルギー症状(5)嘔吐・下痢

母乳によるアレルギーの影響で、赤ちゃんに嘔吐や下痢の症状が現れる場合があります。
そもそも、赤ちゃんの消化器官はまだ未発達です。そのため、アレルギーの原因物質がきちんと消化されず、嘔吐、もしくは下痢の症状につながると考えられています。
特に、卵・牛乳・大豆などのたんぱく質が豊富に含まれる食事を摂取した後の母乳で、赤ちゃんが下痢や嘔吐を起こすことが多いそうです。

母乳とアレルギーの関係を考える前に・・・

母乳の基礎知識をおさらいしましょう

母乳には、お母さんの食べた食事の成分が微量ながら入り込みます。そのため、離乳食を食べていない赤ちゃんでも、母乳を飲むことによって卵や牛乳アレルギー症状を引き起こす恐れがあります。

母乳によって引き起こされるアレルギー症状は、赤ちゃんの先天性によるものです。つまり、母乳を飲ませる以前から、赤ちゃんのアレルギー体質は決まっていたことになります。
したがって、「母乳の影響で赤ちゃんがアレルギーになった」という現象は起こりえません。もし万一、母乳を飲んだ赤ちゃんにアレルギー性の症状が見られたとしても、母乳を与えたお母さんが責められる必要はまったく無いので、覚えておいてください。

母乳によるアレルギーが起こる可能性は高いの?

母乳に含まれるアレルギーを引き起こす原因物質(以後「アレルゲン」と呼びます)の量は、ごく僅かです。その量は、通常アレルギー症状を起こす濃度の1000分の1程度といわれています。
その上、母乳の中のアレルゲンは、体内の抗体によってブロックされるため、赤ちゃんに届く影響はほんの僅かしかありません。もし万一アレルギー症状が起きたとしても、軽度の反応で済むことがほとんどでしょう。

しかし、生後4~5ヶ月の赤ちゃんのアレルギー反応が、子育て中のお母さんの食事を改善することによってする回復するケースはよくあります。ほんの少しのアレルゲンだとしても、敏感な赤ちゃんにとっては見過ごせない影響を及ぼすこともあるのです。

母乳によるアレルギー性反応を軽くするためには?

母乳の影響によるアレルギー症状が疑われるときは、赤ちゃんの血液検査をして、アレルゲンを知ることが必要になります。そして、赤ちゃんに影響を及ぼすアレルゲンの正体がわかったら、子育て中のお母さんはmその成分を含まない食事をしなければなりません。

しかし、卵や牛乳がアレルゲンの場合、食事のすべてからその成分を無くすことは困難でしょう。もしくは、アレルギーの原因になる食事が、お母さんの大好物である可能性もあります。
アレルゲンを厳密に除去した食事をとろうとすると、多大な手間とストレスを強いられる可能性があるのです。それは、子育て中のお母さんの精神に悪影響ですし、ひいては赤ちゃんにもその苦痛が伝染する恐れもあります。

必要以上のストレスをためることの無いよう、次に紹介する方法も試してみましょう。

母乳のアレルギーを防ぐには、食事後の一手間が大事

卵や牛乳アレルギーを起こす成分は、お母さんが食事をしてから1~5時間程度の時間をかけて、母乳中に入り込みます。
したがって、赤ちゃんにとってのアレルゲンを含んだ食事を取った後、1~5時間がたつまでは母乳を飲ませないようにすればよいのです。心配なら、その時間内に1、2回母乳をしぼって廃棄し、アレルギーの原因物質を体内から排出しましょう。

食事後1~5時間を経った後なら、赤ちゃんに母乳を飲ませても、アレルギー反応を起こす心配はありません。その時間内、代わりに飲めるミルクを用意しておきましょう。ただし、牛乳アレルギーのときは、ここでも治療量ミルクを使う配慮が必要です。

母乳を与えることによって、アレルギーに対する免疫がつく?

赤ちゃんに湿疹や蕁麻疹などの異常が見られない場合は、アレルギーの原因物質を除去した食事を取る必要はありません。むしろ、子育て中のお母さんが卵・小麦・ソバなどを適度に含んだ食事を取ると、間接的にそれらを食べた赤ちゃんに免疫力がつく、という考え方もあるようです。

子育て中のお母さんには、アレルギーのモトになる成分を排除した食事よりも、バランスよく様々な食品を含んだ食事を取ることが推奨されます。赤ちゃんのためを思う行動が空回りして、かえって悪影響を及ぼすことのないよう、食事内容は専門家の知識をあおいで決めるよう心がけましょう。


◆関連記事:赤ちゃんの人見知りはいつまで?

赤ちゃんが人見知りの時期はいつからいつまで?3ヶ月、4ヶ月で始まる?

母乳のアレルギーを防ぐには、いつまで注意が必要?

赤ちゃんが生後10ヶ月を迎えれば、お母さんがアレルギーの原因物質を含んだ食事をとっても、母乳によるアレルギー症状は少なくなっていきます。子育て中のお母さんがアレルゲンを厳密に排除しなければならない期間は、それほど長くはありません。

ただし、10ヶ月といえど、ある成分を除いた食事を取ることは、食生活はもちろん、精神面にも大きな影響を及ぼします。お母さんの知らない間に、体や心に異変が訪れないとも限りません。
必ず、「アレルギーの原因物質を含まない食事を取るようにする」旨を、主治医の先生に伝えてから実践しましょう。

赤ちゃんが生まれてまもなくは、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても非常に重要な時期です。医療の専門的知識が無いまま、子育て中に安易な食事制限をすることは控えましょう。

母乳に含まれることの多い、アレルギー原因物質一覧

赤ちゃんに影響を及ぼす恐れのあるアレルゲンは、多岐にわたります。中でも、特にアレルギーの原因になりやすい食品をまとめました。
(1)鶏卵
(2)牛乳
(3)小麦
(4)大豆
(5)ピーナッツ
(6)そば
(7)魚介類
(8)魚類
(9)果物
(10)魚卵
意外にも、魚がアレルゲンになりやすい食品として挙げられています。海洋に浮かぶ日本人としては馴染み深い魚介類ですが、赤ちゃんには悪影響を及ぼす可能性が比較的高いのです。

また、その他に想定されるアレルゲンには、米・いも類などがあります。普段我々が何気なくてべている食品も、人によっては命取りの物質になることがあるのです。
アレルギーについての正しい知識をもつことは、社会のかかわりの中でも大切になってきます。アレルギー持ちの人に対する配慮は忘れないようにしましょう。

母乳を与える前に、赤ちゃんのアレルギー検査をしよう

一般的に、アレルギー症状の原因は「遺伝」による影響が大きいといわれます。つまり、赤ちゃんの良心や祖父母にアレルギーの人がいる場合は、その体質が遺伝し、赤ちゃんも同じアレルギーになる可能性があるということです。

もしも、赤ちゃんのアレルギーが心配な場合は、子育て中にアレルギー検査を受けましょう。アレルギーを1から防ぐことはできなくても、アレルギー症状によって赤ちゃんが苦しむのを防ぐことはできます。そのためには、早くからアレルギー検査を受け、赤ちゃんにとってのアレルギーの原因を知ることが大切です。


◆関連記事:ストレスは影響する?

妊娠中のストレスの赤ちゃんへの影響は?発散法と旦那の注意点も!

アレルギー検査は、母乳を与える前のいつごろにできる?

アレルギー検査を受ける赤ちゃんの年齢に、はっきりとして基準はありません。そのため、お医者さんによっては年齢が低くてもアレルギー検査を受けるよう促されるケースもあるでしょう。

アレルギー検査の種類には、「血液検査」と「皮膚検査」の2種類があります。そのなかでも、「皮膚検査」は低年齢でも行えるアレルギー検査として有名です。
それぞれを詳しく見ていきましょう。

母乳を与える前にするアレルギー検査(1)血液検査

血液検査は、その名の通り、血液を採取してどのようなアレルゲンを持っているかを調べる検査方法です。より詳しく言うと、「IgE抗体」というたんぱく質が、血液中にどれほど含まれるかを確認することで、その人のアレルゲンを特定します。

血液検査は非常に詳細で正確な診断結果が出るのですが、赤ちゃんにとっては、薄い皮膚に注射針を指すことになり、大きな負担がかかります。また、赤ちゃんの血管が細く未発達なせいで、血液を取ることができなかった、という体験談も聞きます。そのため、低年齢の人にはあまりオススメできないアレルギー検査方法です。

母乳を与える前にするアレルギー検査(2)皮膚検査

皮膚検査は、注射を使わないアレルギー検査です。「スクラッチテスト」と「パッチテスト」の2種類の方法がありますが、どちらも痛みが少なく、皮膚にはあとも残りません。肌の敏感な赤ちゃんにはもってこいのアレルギー検査方法といえるでしょう。

(1)スクラッチテスト

赤ちゃんの皮膚に、アレルギーの原因物質を含んだものを塗布します。そして、スクラッチ針と呼ばれる針で赤ちゃんの皮膚に小さな傷をつけ、15分程度放置します。
すると、ある傷の箇所ではアレルギー反応が起こり、その他の箇所ではアレルギー反応が起こらない、という風に違いが現れます。それを観察して、赤ちゃんのアレルゲンを特定する方法です。

つけるのは本当に小さな傷ですし、アレルギー反応が起こったとしても、すぐに治る程度の症状でしかありません。皮膚に残る傷は0に等しいので、赤ちゃんにも安心して使用できます。

(2)パッチテスト

あらかじめ小さな紙に、アレルギーの原因となる物質を沁みこませます。それを赤ちゃんの背中や二の腕などに貼り付け、48時間ほど放置し、経過を観察します。その後、皮膚にアレルギー性反応が起こっているかどうかを確かめ、アレルゲンを特定します。

アレルゲンを特定するまでに48時間の時間が必要なことがデメリットですが、赤ちゃんの皮膚にまったく傷をつける必要が無い点で、とても優秀なアレルギー検査方法です。

母乳による赤ちゃんのアレルギーは予防できる?

さて、ここまでの内容で、赤ちゃんが母乳によってアレルギー反応を起こすことはわかりました。しかし、ある一つの疑問が湧いてきます。

つまり、「母乳を与える以前、つまり妊娠中の食生活に気を配れば、赤ちゃんのアレルギー体質を予防できるのではないか?」という疑問です。
裏を返せば、「妊娠中や授乳中のお母さんの食生活が原因で、赤ちゃんがアレルギーになるのでは?」という疑問にもなります。

たしかに、ほんの微量のアレルゲンでも赤ちゃんに影響を与えることがわかった今では、妊娠中のお母さんの食生活が、赤ちゃんの体質を大きく左右するように感じられます。ならば、アレルゲンを除去した食事を取れば、アレルギー体質になることを防げるのではないかと考えるのも、もっともな意見です。
しかし、残念ながら、これはまったくの間違いなのです。

授乳中の食生活を気をつけても、アレルギーは予防できない

妊娠中や授乳中のお母さんの食生活が、赤ちゃんのアレルギー体質を決めるものではありません。
その証拠に、赤ちゃんのアレルギー症状全体を予防する研究は世界各国で行われていますが、そのどれもが失敗に終わっています。

たとえば、妊娠中や授乳中に、お母さんが卵を100%取り除いた食事を取ったとしましょう。これは、加工食品はもちろん、卵をごくわずかでも含む食事をすべて排除しなければなりません。とても現実的な方法ではないと思います。
それでも、赤ちゃんのためにそのような食事法を実践したい、というお母さんは多いでしょう。ただし、どれほど卵を厳密に排除したとしても、別の食材のアレルギーを防ぐことはできないのです。

小麦・牛乳・ソバなど、アレルゲンとなる食材は数多くあります。そのすべてを100%取り除いた食事を、妊娠中の10ヶ月、さらに授乳中の10ヶ月取り続けるのは、不可能と言っていいと思います。
つまり、どれほど厳密にお母さんが食事に気を使ったところで、赤ちゃんのアレルギー症状を0にすることはできないのです。

母乳のアレルギーを軽くするには、バランスのよい食事が一番

赤ちゃんがアレルギー体質になることを、お母さんの食事によって防ぐことはできない、という結論になってしまいました。しかしそれでも、お母さんの食事を気をつけることによって、赤ちゃんの発育に好影響を及ぼすことはできます。

たとえば、アレルゲンの代表格である卵や乳製品は、妊娠中や授乳中のお母さんが食べ過ぎると、赤ちゃんのアレルギーを引き起こす原因になる、という意見があるのです。
もう少し詳しく言い換えると、「赤ちゃんが生後8ヶ月を迎えるまでは、お母さんは高カロリー・高たんぱくの食事を取らないよう注意すべきである」、という意見です。

これは、妊娠中や授乳中でない人にとっても重要なことです。生活習慣病を予防する養生訓が、赤ちゃんのアレルギー予防も叶える可能性がある、というということですね。

やはり、栄養の偏った食生活や、高カロリーの食事を食べることは、赤ちゃんの発育にも悪影響を及ぼすようです。当然ですが、バランスのよい食生活を送ること、つまりはおいしい母乳を出す食生活を送ることが、一番赤ちゃんのためになるのでしょう。

アレルギーを予防するために、食事以外でできること

アレルギーの原因となる物質は、母乳に含まれる食事成分だけではありません。
ダニやハウスダスト・ペットの垢など、ごく身近な環境が赤ちゃんのアレルギーを誘発する可能性もあります。また、大人でも悩まされるタバコ・花粉も、赤ちゃんのアレルギー体質に悪影響を及ぼすことがあります。
日常生活のいたるところに、赤ちゃんのアレルゲンは潜んでいるのです。

先ほど紹介したアレルギー検査では、食品だけではなく、こういった日常生活に潜むアレルゲンを特定することができます。なかには、アレルゲンを複数もつ赤ちゃんもいるため、やはり、アレルギー検査を受けて危険から身を守ることは大事なようです。

ただし、アレルゲンを100%排除した生活を送ることは不可能です。そのため、アレルギー検査を受けた医療機関に、アレルゲンを避ける方法を聞いておいたほうがよいでしょう。
参考までに、すぐにできるアレルゲン回避方法を1つお伝えします。

アレルギー予防法:ほこりやダニを掃除する

生活環境が原因によって起こるアレルギーに悩まされる場合は、できるかぎり、室内を清潔にするよう努力しましょう。

ほこりがたまりやすい場所を定期的に掃除したり、天気のよい日は布団を干したり、アレルゲン除去のためにできることはたくさんあります。身の回りをキレイにするだけで、改善されるアレルギー症状もあるのです。

赤ちゃんが育つ場所がキレイに掃除されているのは、当然と言えば当然です。子育て中の自覚をもつことは、赤ちゃんのアレルギー症状を抑えることにも役立ちます。

まとめ:母乳とアレルギーの正しい知識を知ろう

食事によるアレルギーが発症するのは、赤ちゃんが0~2歳になるまでの期間で一番多いとされています。アレルギーは、アナフィラキシーのような即時性の反応を示すことがあり、その危険性を見過ごすことはできません。アナフィラキシー以外の反応が起きたとしても、湿疹や蕁麻疹で苦しむ赤ちゃんの姿を見るのはイヤですよね。

湿疹・蕁麻疹・呼吸困難など、時に命に危険が及ぶこともあるアレルギーですが、上手に付き合えば、子育て中も必要以上に心配する必要はありません。特に、母乳とアレルギーの関係性を知っておけば、いざというときの対処にも困らないはずです。
赤ちゃんのアレルギーが疑われる場合は、小児科に受診し、できることならばアレルギー検査を受けるようにしましょう。

母乳育児が原因のアレルギーはありえない!

母乳による育児を怖がる必要はありません。なぜなら、アレルギーは遺伝が原因になって起こるものであり、母乳育児によって引き起こされるものではないからです。
母乳とアレルギーの正しい知識をつめば、赤ちゃんの健康を守るためにするべきことが見えてきます。食事制限や母乳による子育てを禁止する必要はまったくありませんので、覚えておいてください。
子育て中にアレルギーを「正しく怖がる」ことが、アレルギーの一番の対処法です。

もっと子供を大事にしたいアナタへ!

離婚したい新婚夫婦が増えている理由!子供ができる前がいい?
離婚の子供への影響!離婚の際に子供にできることって?
夫婦喧嘩の子供への影響7つ!かなりの悪影響が?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ