感情的な人の心理・特徴5選!感情的にならない方法とは?

あなたの周りにも、すぐ感情的になって周囲とぶつかる人はいないでしょうか。感情的な人は、どうしてもトラブルを引き起こしがちになってしまいます。感情的にならない方法があれば周囲も穏やかでいられます。そこで、感情的にならない方法を解説いたします。

感情的な人の心理・特徴5選!感情的にならない方法とは?のイメージ

目次

  1. 感情を表すということ
  2. 感情的な人の心理1*感情のコントロールが苦手
  3. コントロールできない人が感情的にならないためには
  4. 感情的な人の心理2*論理的なことが苦手
  5. 論理的なことが苦手な人が感情的にならないためには
  6. 感情的な人の心理3*話している内容に自信が無い
  7. 自信が無い人が感情的にならないためには
  8. 感情的な人の心理4*威圧することで解決したがる
  9. 威圧したがる人が感情的にならないためには
  10. 感情的な人の心理5*プライドが高い
  11. プライドが高い人が感情的にならないためには
  12. 感情的にならないためのまとめ

感情を表すということ

感情的にならない方がいい場面がほとんど!

感情的な人というのは、良い言い方をすれば感情表現が豊かな人でもあります。感受性も強く、相手の言葉もきちんと聞いていることでしょう。
しかし、感情的な人は、男性にしろ女性にしろ、物事を悪い方向に思考を巡らせてしまうために感情的になるという結果になってしまいます。

すぐに感情的になる人は、周囲から一度ならず指摘を受けたことがあるはずです。
指摘した人の心理からすれば、感情的な人を少しでもトラブルから回避させたいという思いもあることでしょう。
感情的になることは、決して良い結果には繋がりません。それどころか、あちこちに火種を作るだけになり、周囲から疎まれてしまいます。
感情的な人は、その性格は自分でもわかっているはずです。ちょっと冷静に物事をみていきたいものですね。

感情的な人の心理1*感情のコントロールが苦手

感情的な人の特徴として挙げられるのは、喜怒哀楽が激しく、またそれをそのまま表に出してしまいがちです。
精神的な未熟さから、怒りを感じた瞬間にそのまま放出してしまうわけですね。

怒りというものは、誰でも感じます。しかし、よほどのことが無い限り抑制が効きます。子供の頃は精神的な未熟さから、ちょっとしたことで喧嘩になったり無視したりするものですが、大人になるとグッと堪えることができるようになるものですよね。

成長過的で人と関わるうちに、自然と感情のコントロールが出来るようになるものですが、そのコントロールが未発達のまま大人になってしまうと、コントロールが効かなくなりすぐに爆発してしまいます。

そして、怒りをすぐに相手にぶつけることで、言った本人は心理的にもスッキリしますが、ぶつけられた方はたまったものではないですよね。そのあたりの心理を理解できないのも、感情のコントロールが出来ない感情的な人には多いという特徴があるのです。

コントロールできない人が感情的にならないためには

感情的になる人は、どうしても相手を責める話し方になりがちです。自分の考えと違うことを言われたりされたりすると、すぐに激高し相手を責め立ててしまいます。
自分と全く同じ考え、同じやり方ばかりする人というのはこの世には居ません。つまり、火種はそこらじゅうに転がっているのです。

話をしていて、自分の意見と対立した時、一拍だけでいいので間を置きましょう。感情的になる人は、即座に言い返し、言えば言うほど気持ちが昂り、ますます怒りが大きくなっていきます。
急に冷静になることは難しいでしょうから、一呼吸置くという癖を身につけましょう。
ほんのちょっとの間合いでも、感情的になることから一歩引くことが出来るものです。
感情は心理的なコントロールさえできれば、冷静に対処できるものなのです。

感情的な人の心理2*論理的なことが苦手

感情的な人は、頭に血が上りやすいので、「話し合い」ということがとても苦手です。
周囲とすれば、とても困った状況を作ってしまいます。
仕事をするにしても、プライベートで付き合うにしても、「話にならない」状況の人と付き合っていくのは心理的にかなり辛いですよね。

感情的になるということは、自分の考えを相手に押し付けていることになります。自分が納得しない限り、感情を抑えることが出来ず、かといって自分を曲げて相手の考えを受け入れることも出来ないのですから、周囲からどんどん浮いていくことになってしまいますよね。

論理的なことが苦手な人が感情的にならないためには

自分の考えこそが正しいと思っているから、話し合うということが出来ず、一方的になってしまうのです。
何事も、これが正しくてこれが間違いである、と言い切れる人はいません。
どんなことも、いろんな見方があって、やり方もいろんな方法があるものです。それを自分の考えだけを押し付けるのは、ただの我儘に過ぎないのです。

すぐに感情的になる人は、もう少し物事の見方を増やさなければいけませんね。
「方法」というものを一つに決めつけず、いくつかの案を自分の中で出さなければいけません。そして、より良い案を受け入れるスペースを自分の中に作っておかなければいけません。
より多くの思考回路で、より多くの方法を導き出し、思考の引き出しを増やしましょう。それは、周囲の為でもあり、何よりも自分の為なのです。

■参考記事:怒らない人の心理って?コチラも参照!

怒らない人の心理と特徴!怒らない人になるには?怒らない人が怒ると?

感情的な人の心理3*話している内容に自信が無い

感情的な人の特徴として、自信のなさも挙げられます。自信のなさから、否定されることを恐れ、感情的になることでその場を乗り切ろうとするのです。
感情的な話し方になれば、確かにその場は周囲が話すことを諦めてしまいがちです。
しかし、話すことをやめたからといって、納得してやめたわけではありませんよね。

もちろん、そんなことが許されるわけもなく、間違いは間違いとしてその後指摘されるでしょう。そこでまた逆ギレし、場の空気は最悪になるということを繰り返してしまいがちですね。
感情的な人は、どうしても輪を乱しがちになってしまうのです。

自信が無い人が感情的にならないためには

自信のなさを感情を爆発させることで乗り切ろうとするのは、いわば現実逃避です。
弱さと向き合うことを恐れていては、いつまでも弱い自分のままです。
弱い自分を認めなくない心理というものは、誰にも少なからずありますが、社会で生きていくためには絶対的に必要なことです。
弱さも自分、と割り切りましょう。

自信のなさを改善するには、結局は自信をつけるしかありません。
しかし、苦手なことは誰にでもありますし、協力し合うのが社会の仕組みでもあります。
感情的にばかり話すと、誰も協力しようという思考には至らないでしょう。
自信のないときはある程度周囲の協力を得ることが大事だということを胸に刻む必要がありますね。

■参考記事:自分に自信をつけるには?コチラも参照!

自分に自信がない人の特徴7つと自信をつける方法!

感情的な人の心理4*威圧することで解決したがる

感情的になり、威圧した物言いになる方もいます。
この威圧感のある話し方もまた、自分を誇示した心理から来ているのではないでしょうか。
周囲に認められたいという心理が、良くない形で出てしまっていますよね。

上司が感情的になり、威圧的な態度で部下に接したら、その上司は信頼度も低く、部下からは尊敬されることなど無いですよね。
相手と同じ目線で話が出来ないことが、威圧的な話し方になるのでしょう。

威圧したがる人が感情的にならないためには

威圧的な話し方をすることで、自分のほうが偉い、優位な立場にあることを感じたいのでしょうが、そんな思考ではいつか周りに誰もいなくなってしまいかねませんよね。

相手と同じ目線で考え、話す努力が必要なのではないでしょうか。

自分が中心でありたいという思考が強い人ほど、威圧的な話し方になる特徴があります。
輪の中心になりたいと思うなら、周囲から選ばれなくてはいけませんよね。
男性よりも女性の方がグループを作りたがる傾向がありますが、その中心人物になる人間が必ずいます。しかしそれは、自然とみんなが選んでそうなっていますよね。
男女のグループでも同じことです。威圧的な話し方をする人は、決して中心には座れないのです。

話し方を柔らかくするのは、ちょっと気を付ければできることです。
威圧的な話し方を、少しずつ改善できるといいですね。

感情的な人の心理5*プライドが高い

プライドの高さが感情的な話し方に繋がることもあります。
プライドが高いため素直に謝れなかったり、頼みごとをするときもすんなり頼めなかったりするのです。
プライドの高さから思うようにいかず、遂には感情的になりその場を収めようとしてしまうのですね。

プライドの高さというのは、ある程度持って生まれた性格もあるでしょう。
周囲からちやほやされて育ってしまうと、何事も上手くいくのが当然という思考になり、周囲が自分のために動くのが当然だと思って大人になってしまうのです。
そして、周囲が9割がた固めたものを最後の1割を手掛け、さも自分の手柄のように育った子供は、感情的になりやすくプライドだけは高い大人になってしまいます。

プライドが高い人が感情的にならないためには

プライドの高い人の特徴として、褒められるのは当たり前、出来て当たり前、という認識で、失敗を恐れる傾向があるのではないでしょうか。
失敗し、惨めな自分を見られることを極端に恐れている特徴が見られます。

特に男女間では、プライドの高さは時に大きな壁を作ってしまいますよね。
相手のプライドの高さをわかっていても、人間は常に相手を許せる生き物ではありません。お互いが感情的になれば衝突しますし、プライドの高い人は自分から折れることは出来ないでしょう。

男女間だけでなく、男性同士・女性同士でも同じことです。
プライドの高さというものは時に必要となることもあります。しかし、周囲の気分を害するようなプライドの高さは必要でしょうか?

感情的にならないためのまとめ

感情的にならないで冷静にいこう

いかがでしたでしょうか。感情的になってしまう人の心理や思考は理解できたでしょうか。
理解したからといっても、感情的になって話される側からすると、感情的にならないでほしい!という願いしかありませんよね。しかし、特徴を押さえておくことで、感情的な人と向き合った場合に、少し冷静になれたりするものです。

男性同士、女性同士、または男女間などによっても、感情的になった場合、感情的になられた場合の対処の仕方は違うものですが、まず大事なのは冷静になることです。
感情的になると、感情的な結果しか残りません。
円滑な人間関係を作るうえで、時には感情を押し殺すことも必要なのです。

ストレスを溜めず、相手に不快な思いをさせない話し方を心がけることが大事ですね。

感情的な人についてもっと情報を知りたいアナタに!

クレーマーの心理とは?なんで難癖をつけてくるの?
物に当たる人の特徴と心理!DV旦那・彼氏への対処法は?
泣く女の心理って?なんでそこで泣くのかわからない!【うざい】
逆恨みする人の心理・特徴13個!逆恨みされた時の対処法は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ