妊娠初期は貧血になりやすい?症状や原因・対策を解説!

妊娠初期にはいろいろな症状が起きるものですが、中には貧血に悩む人も多いようです。中には仕事中に倒れるほどのひどい貧血に悩まされる人もいるのですが、妊娠初期の貧血はどうして起こるのでしょうか?!予防法や対策法にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

妊娠初期は貧血になりやすい?症状や原因・対策を解説!のイメージ

目次

  1. 妊娠初期には貧血になりやすい?!
  2. 妊娠初期の貧血の原因は?!(貧血とは)
  3. 【妊娠初期の貧血の原因①】血液が薄くなる
  4. 【妊娠初期の貧血の原因②】赤ちゃんへの栄養補給
  5. 【妊娠初期の貧血の原因③】つわり
  6. 妊娠初期の貧血ではどのような症状が?!
  7. 【妊娠初期の貧血の症状①】鉄欠乏性貧血
  8. 【妊娠初期の貧血の症状②】脳貧血
  9. 妊娠初期の貧血の赤ちゃんへの影響は?!流産の危険は?!
  10. 【妊娠初期の貧血の赤ちゃんへの影響①】流産の危険は少ない
  11. 【妊娠初期の貧血の赤ちゃんへの影響②】軽度なら大丈夫!
  12. 【妊娠初期の貧血の赤ちゃんへの影響③】貧血が重度だと危険!
  13. 妊娠初期の貧血にはどのような対策が?!
  14. 【妊娠初期の貧血の対策①】鉄剤の処方
  15. 【妊娠初期の貧血の対策②】漢方薬の処方
  16. 【妊娠初期の貧血の対策③】食べ物の改善
  17. 【妊娠初期の貧血の対策④】めまいやふらつきを感じたら安静に
  18. 妊娠初期の貧血を予防するには?
  19. 【妊娠初期の貧血の予防法①】鉄分の多い食事を!
  20. 【妊娠初期の貧血の予防法②】サプリで鉄分補給!!
  21. 【妊娠初期の貧血の予防法③】タンニン摂取を減らす
  22. 妊娠初期にはしっかりと貧血対策を!!

妊娠初期には貧血になりやすい?!

妊娠すると妊娠初期には様々な体調の変化があるものです。妊娠初期の体調はつわりですが、つわりの他にも貧血もあります。

妊娠初期の妊婦さんの中には仕事中に貧血を起こして倒れるような人もいます。

妊娠初期に貧血に悩む人はとても多いのですが、妊娠初期に仕事中に倒れるほどの酷い貧血を起こしやすくなるのには、いったいどのような原因があるのでしょうか。

また、貧血を起こしてしまった時の対処法や治療法、予防法にはどのようなものがあるのでしょうか。

お腹の赤ちゃんに、流産などの危険は無いのでしょうか。

この記事では、何かと不安になりやすい妊娠初期の貧血の事についていろいろと詳しくお伝えします。

妊娠初期の貧血の原因は?!(貧血とは)

まずは妊娠初期に貧血になりやすい原因について見ていきましょう。

貧血と言うとどのようなイメージを思い浮かべますか。

血液の成分が水で薄められたような状態になって、酸素や栄養が体の隅々まで行き渡らなくなるような状態を思い浮かべる人が多いことと思います。

しかし実際には、血液中の栄養分が溶け込んでいる血しょうの成分が薄くなってしまうわけではありません。

貧血になったときに、少なくなるのは赤血球の中にあるヘモグロビンです。


ヘモグロビンには、体中に酸素を届ける役割があるのですが、ヘモグロビンが少なくなり、体中に充分に酸素が行き渡らなくなった状態を貧血といいます。

体中から酸素が不足しているという信号が届くと、心臓や肺は新鮮な酸素をたくさん体に取りこんで、送り届けなくてはと激しく働くようになります。

その結果、動悸や息切れめまいといった症状が起きてしまうのです。

妊娠初期には、特に貧血を起こしやすくなる原因があります。

妊娠初期にどうして貧血を起こしやすくか、その原因について見ていきましょう。

【妊娠初期の貧血の原因①】血液が薄くなる

妊娠初期に貧血を起こしやすくなる原因には、妊娠したことにより血液量が増えたことで、血液の中の赤血球が薄くなってしまったことが挙げられます。

妊娠すると、お母さんの体の血液の量が増えますが、すべての成分が同じ割合で増えるわけではありません。

血しょうだけが先に増えて、赤血球はなかなか増えません。

そのために、酸素を運ぶヘモグロビンが薄くなった状態で血液が循環するために、酸素が十分に供給されなくなってしまい、貧血が起きてしまいます。

■参考記事:妊娠初期のめまい・立ちくらみについてはコチラも参照!

妊娠初期のめまい・立ちくらみの原因と対処法解説!

【妊娠初期の貧血の原因②】赤ちゃんへの栄養補給

妊娠初期に貧血を起こしやすくなる原因には、赤ちゃんに栄養や酸素を補給する必要があり、お母さんの血液から栄養や酸素が赤ちゃんにどんどん送り込まれているからということも挙げられます。

ヘモグロビンの大切な成分である鉄分も、赤ちゃんの体へ優先的に回されるために、お母さんの体は貧血気味になってしまうのです。

特に仕事や家事で動き回っているお母さんには栄養がたくさん必要になるので、その分、どうしても貧血がひどくなりやすくなるようです。

【妊娠初期の貧血の原因③】つわり

妊娠初期に貧血になりやすいのは、つわりの影響もあります。

つわりでは吐き気やおう吐などの胃腸症状が出ることが多いものですよね。

つわりによる吐き気や嘔吐によって、食事は十分にできなくなると、体に必要な栄養素を十分に食事から摂ることができなくなります。

つわりによって貧血を防ぐための鉄分の量も十分に摂取できなくなることから、 鉄欠乏性貧血になりやすくなってしまいます。

■参考記事:妊娠初期のつわりについてはコチラも参照!

妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】

妊娠初期の貧血ではどのような症状が?!

妊娠初期に貧血を起こしやすい原因は受かったところで、それでは、妊娠初期の貧血ではいったいどのような症状が出るものなのでしょうか。

仕事中や外出中にめまいやふらつきを起こして倒れることもあるという貧血ですが、仕事中に倒れるほどの貧血というのは、どのような症状から出てしまうのか、ここからは妊娠初期の貧血で出やすい症状について見ていきたいと思います。

【妊娠初期の貧血の症状①】鉄欠乏性貧血

妊娠初期の貧血でいちばん出やすい症状は、鉄欠乏性貧血です。

血液中の血球のなかのヘモグロビンの大切な成分である鉄が足りないことで起こるものですが、軽度の鉄欠乏性貧血の場合には、自覚症状がないことが多く、妊婦検診の際の血液検査で判明する人も多いものです。

鉄欠乏性貧血がひどくなると、動悸や息切れ、めまいや頭痛といった症状が出てくることもあります。


ひどい鉄欠乏性貧血になると、常に体中が酸欠状態で動かなければならないために、体がだるくなったりやる気がでなくなったりして、日常生活に支障をきたすこともあります。

しかし、血液検査をしなければ、つわりによる体のだるさとの区別をつけることはできないので、あまりだるい状態が続くようなら、自己判断でつわりだから仕方がないと決めつけてしまうのではなくて、一度お医者さんに相談するようにしましょう。

【妊娠初期の貧血の症状②】脳貧血

特に気を付けなければならないのは、脳貧血と呼ばれる起立性低血圧です。

脳貧血というのは、急に起き上がったり立ち上がったり、逆に急に座ったりすることで、血圧が突然下がってしまい、めまいやふらつきを起こして、仕事中などに倒れることもある危険な貧血です。

血液中のヘモグロビンの量とは無関係に起こるもので、鉄欠乏性貧血とは全く関係がありません。

妊娠していないときでも、倒れる際に頭を打つと危険なことがありますが、特に妊娠中には倒れる時にお腹を受けてしまい、流産を誘発してしまうことがあるので、とても危険です。

妊娠初期ではまだ休めない人も多いと思うので、仕事中は特に気をつけたいですね。

それまで、脳貧血を起こしたことがない人でも、妊娠をきっかけに脳貧血で突然仕事中や入浴中に倒れるような人もいます。

もしも、妊娠前に1度でも脳貧血を起こしたことがあったり、妊娠をきっかけに脳貧血を起こしてしまった場合には、仕事中や入浴中でも立ち上がるときなどにゆっくりとした動作を心がけるなど、急な血圧の変化を起こさないように気を付けましょう。

■参考記事:妊娠初期のだるさ、疲れやすさについてはコチラも参照!

妊娠初期のだるい・疲れやすい症状はいつまで続く?原因と対策を解説!

妊娠初期の貧血の赤ちゃんへの影響は?!流産の危険は?!

貧血を起こしやすい人の中には、妊娠初期の貧血は、お腹の赤ちゃんにどのような影響を与えるのか、心配になる人も多いことでしょう。

特に、お母さんの中には、流産しやすい妊娠初期の体調の変化は、貧血だけではなくて、様々な変化が流産に影響するんではないかと心配になりますよね。

妊娠初期の貧血は、お腹の赤ちゃんに影響を与えるのでしょうか。特に流産の危険性が高まるようなことがあるのでしょうか。

【妊娠初期の貧血の赤ちゃんへの影響①】流産の危険は少ない

妊娠初期の貧血は、流産にしやすくなってしまうのかどうか、になっているお母さんは多いものですよね。

結論から申し上げますと、妊娠初期に貧血を起こすからといって、鉄欠乏性貧血であっても、脳貧血であっても、貧血そのものは流産に関係はありません。

ただ、鉄欠乏性貧血でも脳貧血でも、めまいやふらつきを起こして倒れるときに、お腹をぶつけると流産の危険性が高まってしまいます。

めまいやふらつきを起こしやすい人や、いちどでも倒れることがあった人は、流産を避けるために、お腹をぶつけないようによく気を付けましょう。

【妊娠初期の貧血の赤ちゃんへの影響②】軽度なら大丈夫!

自分は貧血だと自覚がない、軽度の鉄欠乏性貧血の場合には、妊婦健診の時の血液検査によって貧血が判明する場合が多いことでしょう。

けれども鉄欠乏性貧血の場合には、赤ちゃんへの影響はほとんど気にする事はありません。

ただし、血液中の鉄分は、赤ちゃんの成長に必要な分は、どんどんと大きくなっていく赤ちゃんに供給されるので、そのままでいたらお母さんの鉄欠乏性貧血はひどくなっていくばかりです。

軽度の貧血ならば、病院で鉄剤が処方される事はあまりないと思います。食事やサプリメントで、しっかりと鉄分を補給することが大切です。

【妊娠初期の貧血の赤ちゃんへの影響③】貧血が重度だと危険!

鉄欠乏性貧血でも、めまいやふらつきを感じることが多かったり、常に体がだるいような状態が続いている状態だと、お腹の赤ちゃんの発育不全や早産の危険性が高まるので、早めの対応が必要です。

お母さんがめまいやふらつき、体のだるさを感じるほどひどい鉄欠乏性貧血であれば、血液中の鉄分はかなり少なくなっていると考えられます。

血液中の鉄分の量が少ないという事は、血球のヘモグロビンの量が少ないということなので、体の中を十分な量の酸素が巡っていないことになります。

お腹の赤ちゃんの発育に必要な十分な量の酸素が行き届いていないことにもなるので、発育不全や早産の危険性が高まってしまいます。

このような場合には、食事の改善を指示される他に、鉄剤も処方されるでしょう。しっかりと処方された鉄剤を利用して、貧血の改善に努めましょう。

妊娠初期の貧血にはどのような対策が?!

妊娠初期に妊婦検診の際の血液検査で貧血だと診断されたら、どのような対策をとらなくてはいけないでしょうか。

ここからは、妊娠初期に貧血だと診断された時の対策について見ていきたいと思います。

【妊娠初期の貧血の対策①】鉄剤の処方

妊娠初期に貧血だと診断されたときの対策には、病院で鉄剤を処方されることがあります。

ただし、貧血だと診断された場合に、すべての妊婦さんに鉄剤が処方されるわけではなくて、 貧血があまりにもひどい場合や、つわりがひどくて食べ物から鉄分を摂取することは難しいと判断された場合などに限ります。

鉄剤は胃を荒らすことが多く、鉄剤を飲んだ人の1割ほどの人が胃のむかつきなども訴えることが多いので、胃薬と一緒に処方されます。


気になるお腹の赤ちゃんへの影響ですが、鉄剤には全くお腹の赤ちゃんへの影響はありません。胃薬も、鉄剤を処方されたときにだけ飲む程度ならそれほど強力なモノを処方されるわけではないので影響は考えなくても大丈夫です。

どうしても錠剤が飲めない場合には、鉄剤を注射することもありますが、お医者さんとのが相談が必要になります。

【妊娠初期の貧血の対策②】漢方薬の処方

妊娠初期に貧血と診断された場合には、漢方薬を処方されることもあります。

鉄剤をどうしても飲むことができない人には、鉄分の吸収を助ける働きがある漢方薬を服用することで、食べ物からの鉄分を吸収させやすくして、貧血を改善を図るのです。

漢方薬は、薬局でも色々と取り揃えているところがありますが、症状や体質に合わせた処方をしないと、特に貧血改善の場合には効果が発揮されません。

自己判断で漢方薬を選んで飲む事は絶対にしないで、お医者さんの指示に従って飲むようにしましょう。

【妊娠初期の貧血の対策③】食べ物の改善

妊娠初期に貧血と診断された場合には、鉄分を多く含む食べ物を食事で食べるように指示されることもあります。

特に、鉄剤を処方するほどでもない軽度の貧血の人には、病院や産院に所属している助産師さんや栄養士さんから、たくさん食べた方がいい、鉄分の多い食べ物について指導がされることと思います。

自覚症状がなくても、軽度の貧血は、しっかりと改善させないと、重度の貧血に進んでしまうこともあります。

食べ物で鉄分もしっかり取れるように、指導された食べ物をたくさん食べるようにしましょう。

【妊娠初期の貧血の対策④】めまいやふらつきを感じたら安静に

妊娠初期に貧血と診断された人が、めまいやふらつきを少しでも感じることがあったら、すぐに座るなり横になるなどして安静にするようにしましょう。

めまいやふらつきを我慢して、仕事を続けていると、突然目の前が真っ暗になって倒れるようなこともあります。

貧血そのものには、流産の危険性はありませんが、倒れる時にお腹を打つ事は流産の危険性がとても高いことです。

特に血圧の変動が激しい入浴中は要注意です。

入浴中に突然立ち上がったことで、脳貧血を起こして倒れる妊婦さんも多いものです。

入浴中に、立ったり座ったりするときには脳貧血を起こしやすい人は、よく気をつけるようにしましょう。

妊娠初期の貧血を予防するには?

妊娠初期に、貧血を起こさないように予防するためには、体に鉄分をたくさん取り入れることが大切です。

脳貧血は予防することは難しいのですが、鉄分をたくさん摂取することで、鉄欠乏性貧血を予防することは十分にできます。

ということで、ここからは鉄欠乏性貧血を予防するための対策法についてお伝えします。

【妊娠初期の貧血の予防法①】鉄分の多い食事を!

鉄欠乏性貧血を予防するためには、まずは鉄分をたくさん取り入れた食べ物を食事で取り入れることが大切になります。

鉄分には、肉や魚などに多く含まれるヘム鉄と、野菜や海藻類に多く含まれる非ヘム鉄があります。

それぞれ特徴が違うので、両方をバランスよく食べることが大切です。

ヘム鉄は牛もも肉、アサリ、シジミなどに多く含まれています。

非ヘム鉄は小松菜やほうれん草、納豆などに多く含まれています。

鉄分が多い食べ物として有名なレバーには、過剰摂取すると胎児に悪い影響を及ぼすと言われるビタミンAがたくさん含まれているので、妊娠中の鉄分補給のための食べ物としては考えないでおきましょう。

【妊娠初期の貧血の予防法②】サプリで鉄分補給!!

つわりによる吐き気で、食べ物から十分な量の鉄分が摂取できない場合には、鉄分を補給できるサプリを使ってうことも考えましょう。

サプリを使うときには、過剰摂取が問題になりますが、基本的に鉄分のサプリの過剰摂取によるお腹の赤ちゃんへの影響はありません。

しかし、総合的な栄養補給ができるサプリを使う人もいますよね。

マルチビタミンミネラルなど総合的なサプリメントを使う時には、妊娠中の過剰摂取が問題となる、葉酸などをサプリから摂取し過ぎないように気を付けましょう。

鉄分補給のためのサプリメントも使うときには、赤ちゃんへの影響はありませんが、鉄剤にお母さんの体の胃を荒らしたり、便秘や下痢を引き起こす可能性があります。

また鉄分のサプリを過剰摂取すると糖尿病の引き金になる恐れもあります。

鉄分のサプリは、妊娠中の貧血が心配な時には使っても問題ありませんが、サプリだけに頼るのはやめておきましょう。

基本的に食べ物を中心にして、足りない時にはサプリも足す、という考え方で使うといいのではないでしょうか。

【妊娠初期の貧血の予防法③】タンニン摂取を減らす

妊娠初期の貧血を予防するためには、お茶に含まれているタンニンを減らすことも大切になります。

茶葉に多く含まれているタンニンには、鉄分の吸収を阻害する働きがあります。

緑茶だけではなくて、特に紅茶にタンニンは多く含まれているので、妊娠中は珈琲のカフェインだけではなくて、緑茶や紅茶も控えるようにしましょう。

妊娠初期にはしっかりと貧血対策を!!

仕事中に倒れる人もいるという貧血。

妊娠前には、なんでもなかったという人でも、妊娠してから、貧血の症状に苦しむ人も多いものです。

つわりなどいろいろと体調変化が激しい妊娠初期ですが、しっかりと毎日の食事で鉄分をたくさん摂って、貧血を起こさないように気を付けましょう!!

妊娠初期の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊娠初期に気をつけること一覧!食事などの注意点まとめ!
妊娠初期の動悸・息切れの原因は?
妊娠初期に寒いと感じる!原因と対処法は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ