新生児の母乳量や回数の目安は?飲み過ぎは良くない?

赤ちゃんが産まれると、母乳をあげるのに苦労するお母さんも多いものです。新生児の赤ちゃんの母乳の回数や目安はいったいどのくらいなのでしょうか?!飲み過ぎや飲まない時は問題があるのでしょうか?この記事では新生児への母乳についてまとめてみました。

新生児の母乳量や回数の目安は?飲み過ぎは良くない?のイメージ

目次

  1. 新生児の母乳の量や回数、大丈夫なのか不安ではありませんか?
  2. 新生児の母乳の量や回数、推奨されているのは?
  3. 新生児には母乳が最高の栄養!
  4. 新生児への母乳はお母さんの精神安定にも!
  5. 新生児への母乳の量や回数、間隔の目安はどのくらい?!
  6. 生後1週間から1ヶ月までの新生児への母乳の量と回数
  7. 生後2ヶ月から4ヶ月までの新生児への母乳の量と回数
  8. 生後5ヶ月から6ヶ月までの赤ちゃんへの母乳の量と回数
  9. 生後7ヶ月から9ヶ月までの赤ちゃへの母乳の量と回数
  10. 生後10ヶ月から12ヶ月までの赤ちゃへの母乳の量と回数
  11. 新生児の母乳にかかる時間は?
  12. 新生児から月齢ごとの授乳時間や間隔の変化は?
  13. 新生児の母乳 飲み過ぎることはあるの?
  14. 新生児の母乳 むせる時は飲み過ぎ?
  15. 新生児の母乳 吐くときは飲み過ぎ?
  16. 新生児の母乳 飲まない時はどうしたらいい?
  17. 新生児の母乳 飲まない時の原因は?
  18. 新生児の母乳 飲まない時の対策は?
  19. 新生児の母乳の量は体重増加で判断を!
  20. 新生児の母乳 新生児の体重の量り方
  21. 新生児への母乳のリズムは徐々にできてきます!
  22. 新生児の母乳の飲み方は個人差も!!

新生児の母乳の量や回数、大丈夫なのか不安ではありませんか?

赤ちゃんが生まれて、本格的な子育てが始まると、多くのお母さんが悩むのが、授乳のことです。新生児の赤ちゃんには母乳を飲ませるのが良いとはわかっていても、最初の頃は赤ちゃんの方もお母さんの方も、上手におっぱいを飲むことができないこともあります。

また、母乳の量や回数、母乳をあげる時間の間隔が適切なのかどうかというのも、何かと心配になるところですよね。

母乳の量を飲み過ぎてしまったら、胃腸への負担や肥満が心配になります。

母乳を飲まないで量が少なすぎると、栄養不足が心配になってきます。

新生児の赤ちゃんへの母乳の量や回数、時間間隔の目安というのはどのくらいなのでしょうか?!

母乳を飲み過ぎることや、飲まないで量が足りなくなってしまうことというのはあるのでしょうか。

この記事では、新生児の母乳の量や回数、時間の間隔の目安や、飲み過ぎが心配される時の状況などについてお伝えします。

■参考記事:母乳はいつからいつまで出るの?コチラも参照!

母乳はいつから出るの?産後に母乳が出ない時の原因と対処法は?
母乳はいつまで出るの?卒乳・断乳後にいつ止まる?

新生児の母乳の量や回数、推奨されているのは?

まず、子育てを始めたばかりのお母さんたちにとって、母乳をあげる回数や時間の間隔は、どのくらいが適切なのか、その目安を知りたいですよね。

一体、新生児の赤ちゃんへ母乳をあげる回数や時間の間隔というのは、どのくらいが推奨されているものなのでしょうか。

母子手帳には、厚生労働省が推奨している、赤ちゃんに母乳をあげる回数や時間の間隔が記されています。

それによると、新生児には一日に母乳をあげる回数や頻度を特に決めることはなく、赤ちゃんが泣いて欲しがれば泣いて欲しがるだけあげて良いとされています。

徐々に赤ちゃんが母乳を飲む量も増えてくると、時間の間隔も自然と開くようになってくるので、新生児のうちはおっぱいを求めて泣いたら、その都度あげるようにしましょう。

回数をあげることで飲み過ぎを心配する人もいるかもしれませんが、飲み過ぎた時にはその時に対処をすればいいので、まずは赤ちゃんが欲しがるだけあげるようにしましょう!

新生児には母乳が最高の栄養!

子育てをしているお母さんの中には、何らかの理由で早いうちから母乳ではなくて、ミルクで子育てをしているお母さんもいることでしょう。

しかし、やはり母乳というのは新生児の赤ちゃんにとって必要な栄養がすべて含まれている完全な栄養食です。



母乳で育った赤ちゃんは、ミルクで育った赤ちゃんよりも免疫力が強くて、耳やお腹、呼吸器官の感染症や膀胱炎などに苦しむ確率が減ると言われています。

また、大人になってからも腸の病気や2型糖尿病になりにくいともいわれています。

その上、母乳を吸うことは、哺乳瓶の乳首を吸うよりも赤ちゃんにとっては重労働な作業になります。頑張って母乳を吸うことで、あごの筋肉の発達も促すことができます。

赤ちゃんにとっては母乳を飲むということは、健康的な体を手に入れるための第一歩といえるでしょう。

新生児への母乳はお母さんの精神安定にも!

母乳をあげるという行為は、お母さんにとってもとても大切なものになります。

子育てをしているお母さんというのは、精神的に不安定になりやすいものです。子育てを始めたお母さんの産後うつというのも最近ではクローズアップされてきました。


しかしそんなお母さんにとっては、赤ちゃんと密着をすることで、幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンがたくさん分泌されて、精神的に安定を得られると言われています。

子育ての中で母乳をあげることは赤ちゃんとの密着度を高めることになるので、お母さんは気持ちがリラックスして大変な子育ての毎日の中で、新しい活力をもらうこともできます。

赤ちゃんにとってもお母さんにとっても大切なものが母乳なのです。

■参考記事:オキシトシンとは?コチラも参照!

オキシトシンとは?効果は何?食べ物で増やすことができるの?

新生児への母乳の量や回数、間隔の目安はどのくらい?!

ここからは子育ての中での母乳をあげる回数の目安についてお伝えします。

赤ちゃんが生まれてから1週間までは、ほとんどの人は病院や助産院に入院しているので、お母さんにとって本格的な子育てが始まるのは退院後の生後1週間を過ぎてからでしょう。

ということでこの記事では、生後1週間からの母乳の量や回数、時間の間隔などについてみていきたいと思います。

もちろん授乳の量や回数には、個人差が大きいのですが、どのくらいの目安で挙げればいいのでしょうか?!

生後1週間から1ヶ月までの新生児への母乳の量と回数

まず、生後1週間から1ヶ月間での授乳の量などについてみていきたいと思います。

生後1週間から1ヶ月間の1回あたりの母乳の量の目安は、80mlから120mlとなっています。

この時期は、授乳の間隔や回数は安定しません。一日に授乳回数が20回もある赤ちゃんもいますし、10回に行かない子もいます。

赤ちゃんによって感覚や回数は大きく違うものですが、欲しがったら欲しがったっだけあげるようにしましょう。

生後2ヶ月から4ヶ月までの新生児への母乳の量と回数

次に生後2ヶ月から4ヶ月の母乳の量や回数についてみていきましょう。

生後2ヶ月から4ヶ月になると、1回あたりの母乳の量の目安は200mlになります。

生後1ヶ月までは、なかなか授乳のリズムも定まらなかったものですが、生後2ヶ月になると、赤ちゃんも母乳を飲むのがかなり上手になってきて、徐々に1回あたり十分な量を飲むことができるようになります。

とは言っても、授乳の時間の間隔はまだ夜も昼も関係なく、大体3時間おきにはおっぱいを欲しがって泣くので、一日当たりの授乳の回数は8回程になります。

生後2ヶ月くらいでは一日に10回程授乳の回数がある赤ちゃんもいます。

生後4ヶ月ぐらいで、1日に6回から8回くらいに落ち着いてくると良いでしょう。

生後5ヶ月から6ヶ月までの赤ちゃんへの母乳の量と回数

生後5ヶ月から6ヶ月の赤ちゃんへの母乳の量と回数の目安についてみていきましょう。

生後5か月くらいになると、支えてあげればお座りもできるようになり、必要な栄養も増えてきますが、よだれが出てきたり、大人の食事の様子を見て、口をもぐもぐと動かして興味を示すなど、離乳食が始まる準備ができる子もいます。


母乳の量は1回あたり200mlから220mlと、生後4ヶ月までとあまり変わりはありませんが、その代わりに離乳食が始まれば離乳食で栄養が取れるようになるので、大丈夫です。

授乳の間隔は母乳の子でも4時間くらいで落ち着いてきて、1日に5回から6回程度になってきます。

生後7ヶ月から9ヶ月までの赤ちゃへの母乳の量と回数

生後7ヶ月から9ヶ月の赤ちゃんの母乳の量と回数についてみていきましょう。

生後7ヶ月から9ヶ月になると、離乳食の中期から後期に入ってきます。それでもまだ母乳から必要な栄養の6割から7割を摂取しているので、母乳も大切な時期ですが、母乳は離乳食を食べた後に、補完的に飲ませるような時期に入ってきます。

1回あたりの母乳の量は200mlから220mlで、授乳の間隔は4時間ごとに1日4回から5回程度となってきます。

生後10ヶ月から12ヶ月までの赤ちゃへの母乳の量と回数

生後10ヶ月から12ヶ月の赤ちゃんの母乳の量と回数についてみていきましょう。

生後10ヶ月から12ヶ月になると、離乳食の後期から完成期に入ってきますが、赤ちゃんの食の好みが出始める頃なので、あまり食が進まなくなる子もいます。

食のメインは徐々に母乳から離乳食へと移ってきますが、まだまだ授乳は必要な時期です。

1回あたりの母乳の量の目安は200mlから220mlと増えませんが、授乳の回数はぐっと減ってきて、少ない子だと母乳でも1日に2回から3回程度になる子もいます。

新生児の母乳にかかる時間は?

新生児の赤ちゃんに母乳を上げる時には、1回あたりどのくらいの時間で上げるのがいいのでしょうか?!

新生児の赤ちゃんの授乳時間は、1回あたりの授乳時間は片方のおっぱい10分ずつ吸わせるようにします。

右と左のおっぱいそれぞれ10分ずつで、合計で長くても20分で切り上げた方がいいでしょう。

新生児の赤ちゃんにとって、おっぱいを吸う行動というのは、大人が全力疾走で走り続けるのと同じぐらいの体力を必要とするので、20分以上の授乳は赤ちゃんが疲れきってしまいます。

20分経っても飲み足りていなそうな時でも、お腹が空いたら、またすぐに泣くので、その時にあげれば大丈夫です。

1回あたり、20分を超える授乳はお母さんの体力にも負担を掛けるので、20分を超えたら乳首から赤ちゃんの口を離すようにしましょう。

新生児から月齢ごとの授乳時間や間隔の変化は?

生まれたばかりの時にはなかなか安定しません。

飲むのも下手なので、1回あたりの授乳で飲める量が少ないためか、1時間おきにおっぱいを求めて泣くことも珍しくありません。

しかし、だんだんとおっぱいを飲む量も増えてきて、赤ちゃんもお母さんも授乳に慣れてくると、リズムも安定してきて、間隔も広がってきます。

最初の1ヶ月から2ヶ月までがなかなか時間が安定しなくて、間隔も頻繁で大変ですが、リズムができてくるとぐっと楽になってくるので、頑張って母乳を続けていきましょう。

新生児の母乳 飲み過ぎることはあるの?

新生児の赤ちゃんに母乳をあげるときには、飲み過ぎることを心配するお母さんも多いものですが、新生児の赤ちゃんが母乳を飲み過ぎることはあるのでしょうか?!

また母乳を飲みながらむせる時や吐くときはどうしたらいいのでしょうか?!

新生児の赤ちゃんは、まだまだ胃腸の機能が発達しておらず、胃腸と脳の満腹中枢がうまく繋がっていません。

その上、おっぱいを吸うのはお腹がすいたからではなくて、口の反射運動で吸っています。

そのために、乳首を含ませておくと、お腹がいっぱいになってもくちゅくちゅと口を動かして、いつまでも母乳を吸い続けてしまいます。

あまり長い時間おっぱいを吸い続け過ぎると、飲み過ぎることもあるので、20分を過ぎたら、赤ちゃんの口をおっぱいから離すことも大切です。

また、赤ちゃんがむせるときや吐くときの対処法についてちょっと見てみましょう。

新生児の母乳 むせる時は飲み過ぎ?

母乳を飲んでいる赤ちゃんが、母乳を飲みながらむせることがよくありますが、むせる時はどのような時でしょうか。

母乳を飲みながら赤ちゃんがむせる時には、いくつかの原因が考えられます。

母乳を飲みながら赤ちゃんがむせる時はどんな時かというと、お母さんの母乳の出る勢いが強すぎる時や、一度に勢いよく母乳を吸い込みすぎて飲み過ぎてしまうとむせることが多いようです。

また鼻が詰まっていたり、まだ母乳の飲み方が下手な時もむせることがあります。

母乳を飲みながら赤ちゃんがむせると、むせる姿が苦しそうに見えるので新米のお母さんの中にはパニクってしまう人もいます。

しかし、赤ちゃんにはむせることはよくあることなので冷静に対処しましょう。

授乳中に赤ちゃんがむせる時には、一旦授乳を中断して、赤ちゃんがむせるのが落ち着くのを待ってから再開させれば大丈夫です。

毎回赤ちゃんが勢いよく飲み過ぎてむせる時や、母乳が出る勢いが強すぎてむせる時には、授乳する前に少し搾乳して、おっぱいが出る量を調整すると、おっぱいの勢いが少し弱まって、むせるのを予防することができるかもしれません。

新生児の母乳 吐くときは飲み過ぎ?

次に新生児の赤ちゃんが飲んだおっぱいを吐くときについてみてみましょう。

新生児の赤ちゃんは、よく飲んだおっぱいを吐くことがあります。

吐くのは何らかの病気の場合もごくまれにありますが、ほとんどの赤ちゃんは何の問題がなくても母乳やミルクを吐くことがあるので、飲んだ母乳を吐くことがあっても心配しないで大丈夫です。

赤ちゃんが飲んだ母乳を吐くのは、母乳の飲み過ぎが一番大きな原因となります。

母乳を吐くのは、胃腸の機能が十分でないところに、胃腸と満腹中枢が繋がっていないために、胃の容量をオーバーする量の母乳を飲み過ぎることが、吐く原因となります。

母乳を飲み終わった後に、乳白色の母乳を口からタラリと吐くことや、げっぷと一緒に飲んだばかりの母乳を吐くのは心配がありません。

徐々に吐くのは治まってくるので安心してください。

吐くものに色がついていたり、便が血便の場合には、病気の可能性が高くなります。吐く様子に異常がある時にはすぐに病院を受診しましょう。

新生児の母乳 飲まない時はどうしたらいい?

新生児の赤ちゃんの母乳の量を考えるときに、飲み過ぎよりも飲まない事の方が心配が大きいでしょう。

飲み過ぎても吐いて体に必要な適切な母乳の量を調整することができます。

しかし飲まない時には、体に必要な栄養が足りなくなる恐れがあります。

赤ちゃんが母乳を飲まない時に母乳の量が足りないことが心配されるときには、どんな原因があって、どのような対処をすればいいのでしょうか。

ここからみていきましょう。

新生児の母乳 飲まない時の原因は?

新生児の赤ちゃんが母乳を飲まない時の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

新生児の赤ちゃんが母乳を飲まない原因には、いくつか考えられます。

新生児の赤ちゃんが母乳を飲まない一つ目の原因は、まだ母乳を飲むことが下手でうまく飲めないことが飲まない原因になっていることです。

母乳を飲まない二つ目の原因は、お母さんの食事が原因で、母乳の味が赤ちゃんの好きな味ではないときです。お母さんが唐揚げやとんかつ、スナック菓子など脂っこくて高カロリーなものばかり食べていると、母乳もドロッとして脂っこくて、赤ちゃんにとっては飲みにくいものになってしまいます。

新生児の赤ちゃんが母乳を飲まない三つ目の原因には、飲むときの姿勢が飲みにくくて、うまく乳首に吸いつけないということもあります。

これらの原因は、それぞれちゃんとお母さんが対処すれば解決することができます。赤ちゃんが母乳を飲まない時にはどのような解決法があるのかここからみていきましょう。

新生児の母乳 飲まない時の対策は?

赤ちゃんが母乳を飲まないときには、それぞれ対策があります。

赤ちゃんが母乳を飲まない原因が、赤ちゃんが母乳をうまく飲めない時には、赤ちゃんが欲しがるたびに母乳をあげるようにしましょう。

頻繁に母乳をあげていることで、赤ちゃんも母乳を飲むのが上手になってきて、だんだんとしっかりと飲むことができるようになっていきます。

赤ちゃんが母乳を飲まない原因が、お母さんの食事でドロっとしたまずい母乳になってしまっている時には、お母さんの食事を変えましょう。脂っこくて高カロリーなものは控えて、野菜と魚が中心の和食をメインに食べるようにすると、赤ちゃんが好きな味の母乳を出すことができるようになります。

赤ちゃんが母乳を飲まない原因が、うまく乳首に吸いつけないことにあるなら、授乳をする時の角度や姿勢をいろいろと変えてみましょう。

陥没乳首で赤ちゃんがうまく母乳を吸えないときは、乳頭吸引器などを使うこともできるので、助産師の人に相談してみましょう。

新生児の母乳の量は体重増加で判断を!

新生児の赤ちゃんの子育てをしていると、ちゃんと母乳を十分な量飲めているかどうかわからなくて不安になることもありますよね。

そんな時にはどうしたらいいでしょうか。

赤ちゃんがちゃんと母乳を飲めているかどうか不安な時には、母乳を飲む前と飲んだ後の体重を測ってみることをおすすめします。

母乳を飲んだ後の体重から母乳飲む前に体重を引いた分の差が、飲んだ母乳の量になります。

それぞれの時期の1回あたりの授乳量の目安におおよそ近ければ母乳の量が足りていると考えて大丈夫でしょう。

母乳を飲む量には個人差が大きくあるので、目安の量よりも多少誤差があるのはそれほど気にすることはありませんが、目安の量から余りにもかけ離れている場合や、1週間あたりの体重の増加量が100gに満たない時には、ちょっと問題があるかもしれません。

不安な事があったら、助産師さんに相談してみることをおすすめします。

新生児の母乳 新生児の体重の量り方

母乳の量が足りているかどうか知りたい時には、検診の時のように厳密に体重を計る必要はありません。

裸にする必要もありませんし、母乳を飲んでいる途中でおしっこをしてしまった時には、おしっこをしたをおむつを替える前に測ってしまえば、母乳を飲んだ量がわかります。

赤ちゃん用の体重計であれば5gとか10g単位で体重を厳密に測ることができますが、使う時期は本当に短いので、一般家庭で用意するおうちは少ないと思います。

母乳も飲んでるかどうかを確かめたいだけであれば、どこの家にもある普通の体重計を使っても全く構いません。

普通の体重計で赤ちゃんの体重を量るときの方法は、お母さんが赤ちゃんをだっこしたまま体重計にまずは乗って量ります。

次にお母さんだけの体重を計って、赤ちゃんをだっこした時の重さからお母さんの体重を引いた差が赤ちゃんの体重となります。

新生児への母乳のリズムは徐々にできてきます!

初めて子育てをするお母さんにとっては、新生児の赤ちゃんへ母乳をあげることがうまくできなくていろいろと悩んでしまうことが多いものです。

子育ての悩みというのはいろいろとこれから先、沢山出てくるものですが、そんな子育ての中で一番最初に直面するのが授乳に関することかもしれません。

しかし、母乳をあげるというのは、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても初めての経験なので、お互いにまだやり方やリズムが掴めていないというのが本当のところでしょう。

これは、毎日毎日赤ちゃんが泣くたびに授乳を続けていれば、徐々にやり方もコツがわかってきて、リズムもできてきます。

今うまくできなくても大丈夫だと思って、毎日取り組んでいきましょう!

新生児の母乳の飲み方は個人差も!!

今は、いろいろな情報を調べることができたり、友達や親戚の赤ちゃんの状況を聞いたりして、自分の母乳の子育てがこれで大丈夫なのかどうか、いろいろと心配になってしまうことも多いものですよね。

でも、大人でも大食漢もいれば小食な人もいるように、赤ちゃんからおっぱいを沢山飲むか、あまり飲まないのか、というのは個性が出るものです。

目安の量からあまりひどく離れていなければ、それほど問題はありません。

あまり周りの状況に左右されすぎないようにして、自分の子育てに自信を持って母乳育児を続けていきましょう。

新生児の子育てについてもっと情報を知りたいアナタに!

新生児の授乳時間・間隔の目安は?時間が長い・短い原因と対処法は?
母乳はいつまであげるべき?理想は?
新生児が嘔吐する原因は?赤ちゃんが吐き戻したときの対処法について

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ