新生児の頭囲の平均は?大きい・小さいの基準値は?病気の可能性は?

子育てが始まると何かを心配事が増えますが、新生児の赤ちゃんの頭囲を気にしている人が多いようですね。新生児の赤ちゃんの頭囲の正常値はどのくらいなのでしょうか?!また正常値よりも大きいとか小さいといったときには、どんな原因が考えられるのでしょうか?!

新生児の頭囲の平均は?大きい・小さいの基準値は?病気の可能性は?のイメージ

目次

  1. 子育てママには新生児の頭囲の正常値を気にしている人も!
  2. 新生児の頭囲の正常値とは?
  3. 新生児の頭囲 心配ないのは?正常値からどのくらい?
  4. 新生児の頭囲 異常を感じた時には?病気なの?
  5. 【新生児の頭囲が大きい病気①】水頭症
  6. 【新生児の頭囲が大きい病気②】脳腫瘍
  7. 【新生児の頭囲が大きい病気③】ソトス症候群
  8. 【新生児の頭囲が大きい病気④】硬膜下血腫
  9. 【新生児の頭囲が大きい病気⑤】硬膜下水腫
  10. 【新生児の頭囲が大きい病気⑥】くも膜のう胞
  11. 【新生児の頭囲が小さい病気①】染色体異常
  12. 【新生児の頭囲が小さい病気②】感染症
  13. 【新生児の頭囲が小さい病気③】周産期障害
  14. 小頭症の場合の治療法
  15. 新生児の頭の大きさはほとんどが大丈夫です!

子育てママには新生児の頭囲の正常値を気にしている人も!

新生児の赤ちゃんが生まれて、子育てが始まったお母さん達の中には、赤ちゃんの頭の大きさをとても気にしている人がいます。

子育てをしているお母さんたちにとっては、自分の子供の様々な発達が、基準を満たしているのか、平均的なものなのか、正常値の範囲に入っていくものなのか、いろいろと気になるところですよね。

頭の大きさというのは、心や知能が宿る、人間が人間として生きられるための一番大切な器官である脳の発達に直結する問題なので、特に頭囲に敏感になっている子育てお母さんもいます。

新生児の赤ちゃんの頭囲の平均的な基準や正常値というのはどのくらいなのでしょうか。

また、子育てしているお母さんが気にしなければならない、頭が大きいとか小さいといった時の病気はどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、新生児の赤ちゃんの頭の大きさに関することについていろいろと見ていきたいと思います。

■参考記事:赤ちゃんはいつから笑ってくれるの?コチラも参照!

赤ちゃんが笑うのはいつから?新生児が笑う理由とは?

新生児の頭囲の正常値とは?

まずは、新生児の赤ちゃんの頭囲の正常値はどのくらいなのか見ていきましょう。

産婦人科や助産院で出産をする人が多いかと思いますが、産婦人科医や、助産師の元で出産をした時には、必ず生まれてすぐ身体測定が行われるものです。

私たちが学校や会社で経験している身体測定には、頭の大きさを測るものはありませんでしたが、実は、赤ちゃんにとっては頭の大きさというのはとても大切なもので、必ず測定がされています。


生まれたばかりの新生児の赤ちゃんの頭の平均的な大きさは、男の子で31。2cmから35.8センチ、女の子で30.4cmから35.3cmとなっています。

生後1ヶ月には、平均的な頭の大きさは男の子で34.2cmから39.2cm、女の子で33.5cmから38.3cmになります。

1歳児検診では、男の子で43.6cmから48.8cm、女の子で42.5cmから47.7cmとなります。

母子手帳には頭の発達の成長曲線が掲載されていますが、赤ちゃんの頭の大きさの発達というのは、その成長曲線に合わせて大きくなっていきます。

■参考記事:新生児と添い寝しても大丈夫?コチラも参照!

赤ちゃんと添い寝はいつから?新生児と一緒に安全に寝る方法解説!

新生児の頭囲 心配ないのは?正常値からどのくらい?

新生児の赤ちゃんの頭の大きさが、子育てをしていて気になる時には、正常値からどのくらい数字の値が離れていたら、病院を受診するべきなのでしょうか。

基本的に、赤ちゃんの頭の大きさが、成長曲線の範囲内に収まっているのであれば、正常値だとみなされますので、それほど心配はありません。

しかし、成長曲線の正常値からはみ出すほど大きすぎたり、小さい時はその原因が病気や障害のこともあります。

また、子育て中のお母さんが、成長曲線の平均的な正常値の範囲内であっても、急激に頭が大きくなったように感じた時には、頭部や脳に何らかの病気や障害の可能性もあります。

そういったときは、まずはかかりつけの小児科に相談してみて、場合によっては脳神経外科などの専門科を紹介してもらうようにしましょう。

■参考記事:赤ちゃんの目が見えるのはいつから?コチラもチェック!

赤ちゃんの目はいつから見える?新生児の視力はどのくらい?

新生児の頭囲 異常を感じた時には?病気なの?

新生児の赤ちゃんの頭の大きさが、平均的な基準と比べて、大きすぎたり小さいと感じた時には、一体どのような原因が考えられるのでしょうか。

頭の大きさの発達が、平均的な基準よりも大きすぎたり小さい時には、やはり何らかの病気や障害が考えられるので、早期に受診するようにしましょう。

それではここから、赤ちゃんの頭の大きさが平均的な基準よりも大きすぎたり小さい時にはどのような病気が考えられるのか見ていきたいと思います。

【新生児の頭囲が大きい病気①】水頭症

赤ちゃんの頭の大きさが平均的な基準よりも大きすぎるときには、水痘症が原因のことがあります。

水頭症は、髄液が頭蓋骨の中にたまってしまい、脳室が正常よりも大きくなってしまう病気です。脳髄液が脳を圧迫することで、脳の機能に影響を与えることが問題となります。

水頭症には、先天的なものと後天的なものがあります。

先天的な水頭症の原因には、妊娠中にお母さんが風疹やトキソプラズマなどの感染症に感染したことによって起こります。

後天的な水頭症の原因は、頭をけがしたことにより頭蓋内出血を起こしたことや、感染症などが原因となります。

【新生児の頭囲が大きい病気②】脳腫瘍

新生児の赤ちゃんの頭が大きくなり過ぎる病気には、脳腫瘍があります。

発症事例はほとんどありませんが、まれに赤ちゃんでも脳腫瘍が起こることもあります。

子供の脳腫瘍は、小脳や脳幹にできることが多くて、髄液の流れを悪くしてしまいます。

そのために、頭蓋骨の中に髄液がたまることで水頭症や巨頭症を起こしてしまい、頭の大きさが大きくなりすぎてしまうのです。


【新生児の頭囲が大きい病気③】ソトス症候群

新生児の赤ちゃんの頭が大きくなり過ぎる病気には、ソトス症候群があります。

ソトス症候群というのは、5番染色体の遺伝子の異常によって起こる病気で、1万人から2万人に1人が発症するとされています。

生まれた時から頭の大きさや体つきが大きいことが特徴です。生まれてからは、身体の発達は正常な子よりも早いのですが、運動面や知能面での発達の遅れが見られます。


【新生児の頭囲が大きい病気④】硬膜下血腫

赤ちゃんの頭が大きくなり過ぎる病気には、硬膜下血腫があります。

硬膜下血腫というのは、誤って転んだり、転落した時に頭の中に血がたまって血腫ができて腫れ上がる事で、頭が大きくなってしまう病気です。

場合によっては、死亡事故に繋がることもあるので、子供が頭をぶつけた後に、大きく頭が腫れ上がるようなことがあれば、念のために脳神経外科を受診するようにしましょう。

【新生児の頭囲が大きい病気⑤】硬膜下水腫

赤ちゃんの頭が大きくなり過ぎる病気には、硬膜下水腫があります。

硬膜下血腫とよく似た名前の病気ですが、硬膜下血腫が血がたまって頭が腫れ上がることに対して、硬膜下水腫は、くも膜が破れることで、髄液や浸出液がくも膜と髄膜の間に溜まってしまい、そのために頭が腫れ上がってしまう病気です。

くも膜が破れる原因には、頭をぶつけてけがをしたこともありますが、細菌性の髄膜炎や脳腫瘍が原因となることもあります。

【新生児の頭囲が大きい病気⑥】くも膜のう胞

赤ちゃんの頭が大きくなり過ぎる病気には、くも膜のう胞があります。

くも膜のう胞はくも膜に髄液がたまることで、くも膜が袋状に膨らんで脳を圧迫する病気です。

小児期に発症することが多く、手術が必要になることもあるのですが、症状が現れにくいこともあります。

【新生児の頭囲が小さい病気①】染色体異常

次に、新生児の頭の大きさが基準よりも小さい場合の病気についてみていきましょう。

新生児の頭の大きさが小さくなる原因には、染色体異常があります。

遺伝子が欠損していたり、染色体に異常があるために、小頭症が引き起こされてしまうことがあります。

染色体異常による小頭症の場合には、他にも症状が出ていることがあるので、そちらへの対処も必要になります。

【新生児の頭囲が小さい病気②】感染症

新生児の頭の大きさが小さくなる原因には、お母さんのお腹の中にいたときに起きた胎内感染症も原因となることがあります。

お母さんが妊娠中に風疹やサイトメガロウイルスなどに感染してしまった場合、赤ちゃんが生まれてから小頭症になってしまうことがよくあります。

【新生児の頭囲が小さい病気③】周産期障害

周産期障害もあります。

妊娠22週から生後7ヶ日までの間を「周産期」といいます。

この間に、何らかの原因で仮死状態などに陥ってしまった場合に、その後赤ちゃんが小頭症を発症することがあります。

小頭症の場合の治療法

赤ちゃんが小頭症だと診断されてしまったら、お母さんはとてもショックなことでしょう。

小頭症は、本来は骨が繋がらない状態で生まれてくるはずの赤ちゃんの頭の頭蓋骨が、早い段階で繋がってしまい、頭蓋骨が大きくなることができずに、脳の発達を妨げてしまうものです。

治療法としては、手術によって繋がってしまった頭蓋骨を切り開いて、頭の中を広げる処置をとることが一般的なようです。

新生児の頭の大きさはほとんどが大丈夫です!

ここまで、赤ちゃんの頭の大きさについていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

赤ちゃんの頭の大きさに異常が見られる病気についていろいろと見てきましたが、頭をぶつけたことによって起こる硬膜下血腫などの病気以外は、発症例はものすごく少ないものです。

多少頭の大きさに違和感を感じても、その多くは問題がない場合が多いものですし、本当に対処しなければならない問題がある場合には、早い段階で乳児検診で指摘されるはずです。

頭を強くぶつけたといった問題がなくても、それでもどうしても気になる場合には、まずはかかりつけの小児科に相談をして下さい。

小児科の先生が専門科での判断が必要だと思ったら、しかるべき病院への紹介状を書いてくれるはずです。

新生児の子育てについてもっと情報を知りたいアナタに!

新生児・赤ちゃんの沐浴はいつまで?やり方や温度・洗い方も解説
新生児は夜泣きをしない?夜泣きの原因と対処法を解説します!
赤ちゃんの目やにが多い!原因は?新生児の片目だけにでることも?

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ