男女のすれ違いの原因とは?すれ違いを防ぐためにできることとは?

お互い好き同士で付き合い始め、最初はラブラブだった男女がいつしかすれ違い始めるのはなぜでしょう。倦怠期だから、という一言で済ませてしまうと、あっけなく破局を迎えてしまうかも? 今回は男女の心理からそのすれ違いの原因を探り、すれ違いを防ぐための心得も解説します。

男女のすれ違いの原因とは?すれ違いを防ぐためにできることとは?のイメージ

目次

  1. 男女のすれ違いはなぜ起こる?
  2. すれ違いの原因1.脳構造の違いからくる感情の理解度
  3. すれ違いの原因2.共感を求める女に解決策を諭す男
  4. すれ違いの原因3.察して欲しい女に言って欲しい男
  5. すれ違いの原因4.一緒にいたいと思う割合の差
  6. すれ違いの原因5.愛情のはかり方の違い
  7. すれ違いの原因6.喧嘩をした後に考えること
  8. 男の"親身に話を聞く姿勢"が男女のすれ違いを防ぐ
  9. 女の"不安を打ち消す信頼"が男女のすれ違いを防ぐ
  10. すれ違いを防いで長く付き合うために

男女のすれ違いはなぜ起こる?

norinoomiseさんの投稿
21296733 1708350126140212 4058441192151449600 n

付き合い始めの頃は心が通じ合っている気がしたのに、最近は「どうして」「なぜ」と、相手の言動に疑問を持つことが増えきた…。そんな倦怠期に差し掛かったカップルには、恋愛関係特有の男女のすれ違いが起こっている可能性があります。今回は男の心理、女の心理それぞれから、すれ違いの原因と、それを防ぐための心得を解説していきましょう。

すれ違いの原因1.脳構造の違いからくる感情の理解度

riri_yurinaさんの投稿
19436755 1930244827258523 2325434670038122496 n

男と女は身体構造に違いがあるように、脳の構造にも違いがあります。例えば、右脳と左脳を繋ぐ神経の束、脳梁という部分が太い女性に比べ、男性は細いのだとか。
これにより、右脳と左脳が連携しやすい女性は、感情の変化に敏感で、直観的に相手の感情を理解することに長けています。これは赤ちゃんの変化に瞬時に気づく、子育てをする女性に必要な能力でもあります。

aymkn1124さんの投稿
19533622 440345082991135 726981879806296064 n

一方男性は、左脳でしか言語処理をしないとも言われています。そのため、はっきりと言葉にされていない感情には気づきにくいのが男の特徴。感情をストレートに伝えないとわからない、というわけです。

この感情の理解度の差、温度差が、女性には「どうしてわかってくれないの」という不満を与え、男性にとっては何のことやら意味がわからない、という事態を招きます。

ほとんどの場合、男性に比べて女性の方が感情的であり、コミュニケーション能力に長け、感情の情報量が多い=理解度が高いという違いから、男女間のすれ違いが生まれていると言っても良いでしょう。

男が悪いわけでも女が悪いわけでもない、そういう"違う生き物同士"であることをまず認識するだけでも、相手を思いやる気持ちが持てるのではないでしょうか。

すれ違いの原因2.共感を求める女に解決策を諭す男

大抵の女性は相手に共感を求め、自分の意見が否定されることも自分が否定することも嫌います。女性同士の会話を聞いていると、「そうだよね」「わかるわかる」など、相手に同意、共感する相槌の多いこと。

これは女性特有の心理です。相手に合わせて協調性を大切にするのは良いことですが、恋愛において男性にも同じように共感を求めてしまうと、すれ違いが起こります。

sakuranboooooさんの投稿
19533865 171826473355835 7742746988579389440 n

なぜなら男性は、感情の理解度が女性より低く、共感よりも結果を求めてしまうからです。例えば女性が「こんな嫌なことがあって」と話した場合。「それは大変だったね」という共感を求めているのに、男性は「それは今度からこうすればいい」と解決策を諭してしまう。

男性は良いことをしたつもりでも、女性の心理としては「なんか冷たい」と感じ、すれ違いが生じるというわけです。

すれ違いの原因3.察して欲しい女に言って欲しい男

相手の感情の変化に敏感な女性は、言葉にしない気持ちや言葉の裏を察することも得意です。それ故に、男性にも同じ察する能力を求めてしまいがち。けれども、そもそも脳の構造が違うのですから、「言わなくても察してよ」というのは女性のわがまま。なかには察し能力に長けた、女心のわかる恋愛上手な男もいますが、男性のなかでは一握りだと思ったほうが良いでしょう。

seriayu77さんの投稿
19429056 115419319069499 4862051331537371136 n

例えば女性が「最近倦怠期かな。ちゃんとデートしてない」と2人の関係に不安を感じていたとします。そんな感情を察することのできない男性が「次いつ会う? うち来る?」など、いつも通りに誘ったとしましょう。女性は察して欲しいがためにそれとなく嫌な空気を出しますが、男性には意味が伝わりません。

愛されていないと感じた女性は「もういい!」とキレてしまう。一方男性はキレた意味がわからないので、「生理で不機嫌だったのかな」などとトンチンカンな解釈をしてしまう。恋愛においては、こうしたすれ違いが男女間で頻繁に起こり得ます。

すれ違いの原因4.一緒にいたいと思う割合の差

女性は脳の構造から言っても、複数のことを同時に考えることができます。それに対して男性脳は、1つのことに集中する構造になっています。例えば女性は仕事が忙しくても、常に彼のことも思う余裕があるのに対し、男性は仕事に集中すると彼女への連絡なども忘れてしまいがち。すると女性は「電話の1本もかけられない意味が分からない!」と不満に思い、すれ違いが起こります。

こうした脳の処理能力の違いは、付き合っている彼氏とはいつも一緒にいたいと思う女性と、付き合っている彼女がいても1人の時間も欲しいという男性との違いにも表われます。好きだったら一緒にいたいはず、と思う女性側にしてみると、一緒に居たがらない=もう好きじゃない?=倦怠期?という、マイナス思考で不安を抱く要因になってしまうのです。

すれ違いの原因5.愛情のはかり方の違い

女性は、ささやかな喜びの積み重ねで幸せを感じられる生き物です。しかしそれは裏を返せば、恋愛において常に小さなサプライズや愛の言葉、彼の優しさを感じられる出来事がなければ不安を感じてしまう、ということ。頻繁に愛を感じられる状態こそが、女性にとって大切にされている、愛されていると思える状態なのです。

それに対し男性側の心理は、毎日愛情表現をしなくても、誕生日や記念日などのイベントごとさえしっかり抑えておけば大丈夫、と考えています。こうした愛情表現の違い、愛情のはかり方の違いも、男女間にすれ違いが起こる原因のひとつです。

38nooonさんの投稿
19429391 1814440165535585 420465624557289472 n

女性は相手に対して何か不満に思っていても、すぐさまストレートに伝えようとはしません。遠回しに匂わせてみたり、友人を引き合いに出して例え話をしたりして、気づいて欲しいと願う生き物なんです。そんな不満が積もり積もると爆発してしまうのですが、ストレートに言わない分、男性は意味がわからず、急に怒り出したことを不思議に思って、ここでもすれ違いが起こります。

すれ違いの原因6.喧嘩をした後に考えること

付き合いが長くなると、新鮮味が薄れて倦怠期に差し掛かり、喧嘩が増えたりするもの。喧嘩の原因は些細なことでも、仲直りの仕方にすれ違いが起こり、破局を迎えるカップルも少なくありません。喧嘩をした場合まず女性は、「なんでそういうことをしたのか・言ったのか」と、言動の根底にある気持ちにフォーカスします。そこをお互いに話し合って、理解し合いたいと思うわけです。

対して男性は、「俺が謝るか彼女が謝るか」という、ほぼ二者択一のことしか考えていません。どちらかが謝ったら仲直りして喧嘩は終わり、という単純な考え方なのです。この考え方の違い、心理の違いが、男女間にすれ違いを起こします。

例えば男性が「俺が悪かった」と謝ったのに対し、女性が「なんでそんなことしたの?」と、理解を深めるために気持ちを聞いたとします。すると男性は、謝っているのにしつこく責められている気がして腹を立てる。それを女性は逆ギレと受け取る、といったすれ違いの負のスパイラルが起こるというわけです。

男の"親身に話を聞く姿勢"が男女のすれ違いを防ぐ

utukisanさんの投稿
19436807 1505118312842833 4037780187549532160 n

脳の構造上、聞き上手な女性の聞き役に男性がなることは、確かに荷が重いでしょう。けれども、女性の同調を求める心理を理解し、親身に話を聞こうとすることで、倦怠期を乗り越えすれ違いを防ぐことができます。
男性はつい、彼女の話を頭で聞いてしまいがち。意味のない話、オチのないおもしろくない話だと批評したり、解決策や提案をしたりするのは、頭で聞いているから。

vivianseasiderさんの投稿
19534806 709513642569953 984373737937698816 n

彼女の話は会話の意味や内容を頭で聞くよりも、話をしている彼女の気持ちを考えながら心で聞いてみてください。「腹が立ったんだね」「すごく嬉しかったんだね」と彼女の気持ちを代弁すること、さらに彼女の言わんとすることに「そうだね」「俺もそう思うよ」など共感を示す言葉を添えること。そうすれば彼女は親身に話を聞いてくれた=愛されている、と満足することでしょう。

女の"不安を打ち消す信頼"が男女のすれ違いを防ぐ

女性は日々、愛する人から愛されている実感が欲しいもの。それがないと、不安になって相手を疑ったり束縛したりしてすれ違いが起こりがちです。そもそも女性は、ホルモンの一種で精神安定に関与するセロトニンという物質が男性に比べて少ないため、不安を感じやすい性質です。不安を打ち消す、彼を信頼する強い思いが、すれ違いを防ぐとも言えるでしょう。

happystyle777さんの投稿
19425353 783089305202315 7234444120268210176 n

男性の思考回路は単純ですから、好きだから付き合う、付き合っている以上は好き、という道理でマメに愛情表現をする人は稀です。感情が豊かなのは女性特有の良い面ですが、それを男性に押し付けたり当てはめたりしないこと。それでも不安な時は、ストレートに気持ちを伝えることを心掛けましょう。察してもらえるはず、は男性には当てはまらないということを理解してください。

すれ違いを防いで長く付き合うために

happystyle777さんの投稿
19534896 1843025849358403 1345338436059398144 n

「どうして女は」「なんで男って」という男女のすれ違いは、本人の性格によるところもありますが、そもそも脳の構造の違いから、恋愛における心理や思考回路に大きな差があったわけです。男女のすれ違いが起こる原因を理解し、それを防ぐための心得を実践することで、倦怠期を乗り越え確かな愛を育んでいってくださいね。

もっと恋愛心理の情報を知りたいアナタへ

恋愛を諦めた人の共通点11選!諦めた理由と心理を調査!【要注意】
彼氏が浮気する夢に隠された意味や心理とは?【女子のための夢占い】
恋愛が冷める瞬間11選!男が女を嫌いになるのはこんな時!
彼氏との倦怠期の乗り越え方7選!カップルの危機をさけるには?

関連するまとめ

工藤祐子
工藤祐子
猫と酒が好きなアラフォーです。

新着一覧

最近公開されたまとめ