嫉妬しない方法9選!彼氏彼女に嫉妬しない人はどうしてるの?

嫉妬しない方法9選!彼氏彼女に嫉妬しない人はどうしてるの?

大好きな彼だからこそ、嫉妬をしてしまう。それはごく自然な感情です。
ただ喧嘩の種になるくらいなら、嫉妬しない方法を身に着けたい。
そう思うこともまた、素敵な愛情表現です。
心穏やかな恋愛が出来るよう、「嫉妬しない方法9選」をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.抑えきれない嫉妬心…みんなどうしてる?
  2. 2.まずは自分の嫉妬心の正体を知ろう
  3. 3.嫉妬心を抱き、負の感情に飲み込まれる時はどんな時?
  4. 4.嫉妬心には大きく分けて3種類の深層心理がある
  5. 5.嫉妬しない方法① 自分の解釈だけで物事を見ない
  6. 6.相手なりの解釈の仕方がきっとあると考える
  7. 7.嫉妬しない方法② 所有できる物でないと心得る
  8. 8.自分の物ではないので、コントロールしようとしない
  9. 9.嫉妬しない方法③ 嫉妬は解決策ではないと知る
  10. 10.ヒステリックは、百害あって一利なし
  11. 11.嫉妬しない方法④ 充実した時間を過ごす
  12. 12.自分の世界を彩るのは他人ではなく自分
  13. 13.嫉妬しない方法⑤ 本来の自分を大切にする
  14. 14.誰が見て無くても、自分で自分を愛してあげる
  15. 15.嫉妬しない方法⑥ 自分を思い切り肯定してあげる
  16. 16.苦しい・嬉しい・寂しい。全て受け止める
  17. 17.嫉妬しない方法⑦ 信じる勇気を持つ
  18. 18.相手を疑うのは貶める行為と同じと肝に銘じる
  19. 19.嫉妬しない方法⑧ 過去は気にしない
  20. 20.過去を糧にしたからこそ今があると、受け入れる
  21. 21.嫉妬しない方法⑨ 相手と分かち合う
  22. 22.嫉妬を押し付けて責めるのではなく、伝えて一緒に考える
  23. 23.嫉妬の正体と対処の仕方を知っていたら大丈夫!

抑えきれない嫉妬心…みんなどうしてる?

嫉妬しない方法なんて…そんなのある?

まだ片思い中なのに、意中の彼が他の女のと仲良くしてて嫉妬をしてしまった。
彼氏が女友達と話をしているだけなのに嫉妬をしてしまう。
恋愛をする上で、非常に厄介なものは「嫉妬心」でしょう。
切っても切れない感情の一つで、大好きだからこそ怒ってしまう負の感情が「嫉妬心」ですね。

お互いの友達関係を大らかに認め合い、お互いを信じあえる事ができたら最高です。
ですが、この嫉妬心を手なずけるのは至難の業。

しかし、嫉妬心とはどんなものなのかを知るだけでも大きく違います。
さらに、男性の心理を踏まえた上で、手のひらの中で“泳いでもらう”
くらいの余裕がある彼女でいられるように9つの嫉妬しない方法をお伝え致します。

大好き・愛おしいと思う正の感情の反面で、嫉妬心を感じてしまうのは仕方のないことです。
ですが、できることなら心を乱されず、嫉妬しない方法を知りたいですよね。
彼女としての自信をつけ、嫉妬という感情を上手に付き合いながら精神的にも安定した恋愛が出来ようになることでしょう。


■参考記事:男性も嫉妬するんです!

男が嫉妬している時の態度って?男の嫉妬心を煽る女性の行動とは? | Lovely[ラブリー]のイメージ
男が嫉妬している時の態度って?男の嫉妬心を煽る女性の行動とは? | Lovely[ラブリー]
恋愛だけではなく、友人関係や仕事でも、誰もが経験した事のある「嫉妬」―。嫉妬をコントロール出来れば恋愛のスパイスにもなりますが、中々難しいもの。まずは男性が嫉妬している時の態度を把握し、男性がどういう時に嫉妬心を煽られるのか、整理しながら考えてみました。
男の嫉妬のサインとは?男に嫉妬させる女性の行動は?【恋が燃える】 | Lovely[ラブリー]のイメージ
男の嫉妬のサインとは?男に嫉妬させる女性の行動は?【恋が燃える】 | Lovely[ラブリー]
せっかく大好きな男性と恋愛が始まったのに、彼が淡白で嫉妬すらしてくれない…なんてちょっと寂しいですよね。 恋愛にもメリハリがつきません。 そこで今回は、男性が嫉妬したときのサインから、嫉妬させるための女性の行動まで、紹介させていただきます。

まずは自分の嫉妬心の正体を知ろう

嫉妬しない方法を知る前に…まずは準備運動。

何故、嫉妬するのか。どんな心理が働いて嫉妬をするのかというプロセスをひも解いていくと、自分が嫉妬しない方法を学ぶ為の準備運動になります。
嫉妬をする対象は、女友達や男友達。
極度に嫉妬深い人は仕事仲間やペットにまで波及するなど多種多様です。


是非、なぜ嫉妬をするのか。その嫉妬心の要因は何なのかを考察していきましょう。

嫉妬心を抱き、負の感情に飲み込まれる時はどんな時?

我を忘れるという程の感情の荒波が嫉妬心。

一言で答えを出すとしたら、それは「劣等感」からくる負の心理に飲み込まれた時。
やきもちや嫉妬という思いは、自分単独で湧き上がってくるものではありません。
自分と誰かを比べる。つまり比較対象が出来た時、競争相手が存在している時に発生する感情が嫉妬心です。

嫉妬に心を飲み込まれる様子をより詳しくひも解いていくと、自分と誰かを比較した時に、(本来は劣ってなどいないのに)劣っていると感じた瞬間。
大なり小なりの個人差はあれど、嫉妬という心理が芽生えるのです。

次のページ

嫉妬心には大きく分けて3種類の深層心理がある

関連記事

人気の記事