バードキスとは?やり方やフレンチキスとの違いを解説!【キスの種類】

バードキスというキスを知っていますか?よく知られているライトキスやフレンチキスとは少し違ったキスのやり方です。バードキスは彼氏や恋人との関係を深めるのに最適なキスのやり方です。ここで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

バードキスとは?やり方やフレンチキスとの違いを解説!【キスの種類】のイメージ

目次

  1. 恋愛でのキスの役割
  2. 様々なキスの種類
  3. ライトキス
  4. プレッシャーキス
  5. フレンチキス
  6. ディープキス
  7. バードキスとは?
  8. バードキスのやり方
  9. バードキスとフレンチキスの違い
  10. バードキスの魅力
  11. バードキスが好きな人
  12. バードキスが嫌いな人
  13. バードキスに最適なシチュエーション
  14. セックスのときのバードキス
  15. まとめ

恋愛でのキスの役割

恋愛においてキスはとても重要な役割を持っていますよね。日本では一般的に友達や家族とはキスをしませんし、キスをする相手は普通好きな人や彼氏、旦那といった恋愛関係の相手とだけですよね。他にも不倫相手やセフレともキスをするかもしれませんが、まあ恋愛関係といえばそうですよね。

そうなるとよく知られているようにキスは恋愛において、恋愛対象になるかならないかの重要な境目といえるでしょう。単純にキスができる相手とであれば付き合える、キスができない相手とは付き合えない。こんなふうに考えている女性はきっと多いですよね。

特に出会ってから間がない頃、相手の男性が好きかどうか自分でもよくわからない。そんなときはその相手とキスをすることをイメージして、相手のことを好きかどうか判断している女性もきっと多いでしょう。キス一つで恋愛関係になるかならないかが一瞬で判断できるほど、キスは恋愛において重要な役割を持っているんですね。

ちなみに女性はよくキスができるかどうかで、相手のことが好きかどうかを判断しますが、男性はどうでしょう?男性は好きでもない相手でも、少なくとも嫌悪感を持っていない相手なら簡単にキスしそうですよね。でも実は男性にとってもキスは重要な恋愛の指標になっているようです。男性は好きな人とキスをしたときだけ、キスが気持ちいいと感じるんだそうです。


◆関連記事:友達なのにキス?!

友達以上恋人未満の意味は?キスする関係?男性心理を解説!

様々なキスの種類

さて、この記事ではバードキスを中心に紹介していく予定ですが、その前にバードキス以外の代表的なキスの種類ややり方を確認しておきましょう。そのほうが他の種類のキスとバードキスとの違いもわかりやすいですしね。代表的なキスの種類といえば、ライトキス、プレッシャーキス、フレンチキス、ディープキスくらいでしょう。

他にも少しマイナーなところで、アイスを口に含んでキスをするアイスキス、鼻と鼻でキスをするスメルキス、舌と舌でキスをするピクニックキスなどもあります。これらのやり方はこの記事では詳しく紹介しませんが、キスには本当にたくさんの種類があるんですね。キスの種類が多いということは、それだけ世界中でキスが重要視されているということでもあるでしょう。

ライトキス

ではバードキス以外の代表的なキスを見ていきましょう。数あるキスの種類の中でも最も有名ともいえるのがこのライトキスですね。やり方は簡単。軽く唇をくっつけるだけで、すぐ離すタイプのキスですね。彼氏とのファーストキスなんかはこのタイプのキスが多いと思います。

ライトキスにもさらに種類があって、頬に軽くキスするものや、おでこに軽くキスするものも含まれます。海外ではライトキスは友達や家族でも行う挨拶としての意味合いを持っていたりもします。でも日本ではたとえライトキスであっても彼氏以外と軽々しくする女性はほとんどいませんよね。

プレッシャーキス

こちらも有名で、最も一般的なキスかもしれません。唇と唇をくっつけて軽く押し付けるやり方のキスです。彼氏とのファーストキスがライトキスじゃなくてプレッシャーキスだったという人も多いはず。それに恋人同士でもおそらく最もする機会が多い種類になるのがこれではないでしょうか。

プレッシャーキスの特徴は舌を絡ませないので、どんな状況でも気軽にできることでしょう。また相手の唾液が付いたりすることもないので、舌を絡ませるような濃厚なキスができない場合でも大丈夫です。さらに彼氏とベットに入ってエッチをしようというときも、最初はこのプレッシャーキスからという場合が多いかと思います。どんな状況にも対応する万能のキスといったところでしょう。

フレンチキス

名前は有名だけど意外とやり方を勘違いされていることが多いのが、このフレンチキスですね。日本ではフレンチキスというと唇を軽く重ねるだけの軽いキスのやり方をイメージする人が多いようです。でもフレンチキスの本来の意味は、舌と舌を絡める種類の濃厚なキスだそうです。

もともとフレンチキスはイギリス人がフランス人のするキスに対してつけた名前で、イギリス人に比べてフランス人は舌を絡める濃厚なキスを好むところから名付けられたんですね。それが日本にフレンチキスという言葉が入ってきたときに、キス全般をフレンチキスと呼ぶようになったようです。フレンチキスの詳細は下の記事に詳しく載っていますので、興味のある方は参考にどうぞ。


◆関連記事:フレンチ・キスの真実

フレンチキスの本当の意味は軽いキスじゃなくてディープキスだった?

ディープキス

最後にディープキス、これが日本では一般的には舌と舌を絡める濃厚なキスのことですね。でもフレンチキスの意味を知っていれば、実はディープキスとフレンチキスは同じものだったことがわかります。ただしお互いに舌を絡めるのがフレンチキスで、相手の口の中に舌を深く入れるのがディープキスとして区別する場合もあるようです。

ディープキスはその名の通りあまり浅い関係の相手とはしませんよね。彼氏との付き合い始めの最初のキスがいきなりディープキスだったら大抵の日本人女性はびっくりします。それに舌を絡めるキスはそのままエッチへとつながりやすいので、屋外ではあまりしませんし、時間のないときには軽いキスで済ませたりしますよね。


◆関連記事:人には聞けないディープキスのやり方

ディープキス・舌入れキスやり方9選!彼氏・彼女をメロメロに!

バードキスとは?

以上が代表的なキスのやり方です。ではこれらの種類のキスに対してバードキスというのはどういうものなのでしょう。バードキスはその名前通りなら日本語で「鳥のキス」という意味ですね。つまり唇を鳥のくちばしのように突き出して行うキスです。

また単に鳥のくちばしのように唇を突き出してキスをするだけでなく、キスをするときにわざと「チュ」という音を立てます。それを何度も繰り返すことで、音が鳥のさえずりのように聞こえることからもバードキスという名前がついたようです。

バードキスのやり方

バードキスはキスのやり方が一度に細かいキスを何度も繰り返すような形になるので、お互いにバードキスをしようとするのは難しいようです。普通は片方がキスをするのをもう一人が受けるという形になります。そしてお互いに唇を突き出して「チュッチュッ」という感じで何回かキスを繰り返すんですね。

ディープキスやフレンチキスのように舌を絡めないので気軽にできるキスですが、ライトキスよりは親密な感じがしますよね。ライトキスくらいしかしたことのない相手から突然こんなふうにキスされたら、やっぱりドキドキしてしまいそうですね。

バードキスとフレンチキスの違い

ここまで読めばライトキスとフレンチキスの違いは一目瞭然といったところでしょうか。フレンチキスが軽い唇をあわせるだけのキスだと思っていたら、何となくバードキスと似た感じがしますが、フレンチキスはどうやら舌を絡める濃厚なキスのようです。

それに対してバードキスは舌を絡めない軽いキスという感じですね。でもライトキスと違って何度も繰り返しキスをするので、その分長い時間楽しめますし、相手との関係もそれだけ深いものにできるでしょうね。

バードキスの魅力

それではバードキスにはどんな魅力があるのでしょうか。例えばディープキスは実は苦手という人もいるかと思います。舌を絡めて濃厚にキスをしたり、相手の舌が自分の口の中に入ってくるのが嫌だと感じる人もいるんです。それにディープキスはどうしても自分や相手の唾液をお互いに交換することになるので、よほど深い関係の間柄でないとできないですよね。

一方でバードキスは舌を絡めなくていいので、相手の唾液に触れることもありません。例えば食事の後などで口の匂いや唾液の匂いが気になるときなんかでも、バードキスなら気軽にできますね。しかもライトキスよりは愛情をもっと伝えられる感じがします。ライトキスでは物足りないけど、ディープキスまではしたくない、そんなときにできるのがバードキスの魅力ではないでしょうか。

バードキスが好きな人

他のキスもそうですが、キスの種類によって好きなキス、嫌いなキスがあったりしますよね。その中でバードキスが好きなタイプとはどんな人でしょうか。バードキスは比較的女性に好まれることが多いようです。女性の方が男性より匂いや唾液に敏感、それほどハードではないバードキスは女性に人気があるようです。

そしてバードキスが好きな女性は相手に甘えたいタイプの人が多いようですね。軽いキスを何度も繰り返すことで何回でもキスすることができますし、「チュッチュッチュ」と連続でするのを楽しいと感じている女性もいるようです。ただキスをするだけじゃなくて、相手に甘えたり、一緒に遊んだりする感覚が味わえるのがいいようです。

バードキスが嫌いな人

バードキスが嫌いというと語弊があるかもしれませんが、男性は逆にバードキスをあまりしたがりません。これは別にバードキスが嫌いというよりも、バードキスをするくらいの状況ならディープキスがしたいといった心理のようですね。

キスをするときは大体屋内ですることの方が多いでしょう。それも二人っきりになれる部屋の中や、ホテルなどですよね。その状況であれば当然キスの後にはセックスをすることも多いでしょう。そのため男性からすると、セックスと直結しやすいディープキスの方がいいということになるんです。

バードキスに最適なシチュエーション

ではバードキスはどんな状況でするのが最適なのでしょうか。キスにも様々な種類があって、二人の関係性やキスする場所に適したキスというのがあります。バードキスの場合はどうでしょう?

バードキスをする相手との関係

まずバードキスをする場合の関係はどうでしょう。彼氏と付き合い始めていきなり最初のキスがバードキスだったという例もあるようですが、軽いフレンチキスやプレッシャーキスをした後にバードキスをすることが多いでしょう。それはバードキスがフレンチキスやプレッシャーキス以上に濃厚な感じがするので、相手との関係をもう一歩進めたいときにするのが最適だからだといえます。

バードキスをする場所

バードキスをする場所はどうでしょうか?やっぱり屋外でできるほど軽い感じのキスではありませんよね。彼氏とのデートの帰り際にライトキスくらいすることはあっても、バードキスとなるとちょっと人に見られたら恥ずかしいですよね。そうすると場所は必然的に屋内ということになるでしょう。

でも屋内でも二人でベットに入っていれば大体ディープキスくらいする関係になっていると思います。そのためバードキスをするのは二人っきりの部屋で、ソファーの上などで一緒にいるときが最適といえます。二人でイチャイチャしたいけど、ライトキスでは物足りないといった状況に適しているのがバードキスですね。

セックスのときのバードキス

バードキスよりディープキス?

最後に彼氏とセックスするときにバードキスはどうなのでしょうか?そこまでの状況になればやっぱり大体ディープキスの方が普通ですよね。そうするとバードキスの出番は最初の軽いキスの時間だけということになりますね。それに男性はやっぱりセックスのときはディープキスをしたがりますので、もしかしたらバードキスの出番はないかもしれません。

セックスのときこそバードキス

でも彼氏とセックスをするときにこそバードキスが最適だという人もいます。それはバードキスの特徴である「チュッチュ」という音が性的な興奮を高めるからです。確かにディープキスは接触による気持ちよさはあっても、音はあまりでませんよね。

それに対してバードキスはその音によってお互いに興奮を高めることができるんですね。特に女性は男性よりセックスのときの音や声にも敏感です。だからバードキスでわざと大きく音を立ててキスをするのは、むしろセックスのときの興奮を高めるのに向いているというわけです。それにバードキスはいくらでも長く続けられるので、セックスの前にゆっくりキスを楽しみたいときにも向いていますよね。

まとめ

いかがでしょうか。バードキスというのはまだまだ聞きなれないという人もいるかもしれません。でもバードキスは彼氏や恋人との関係を深めるのにとても効果的なキスといえます。付き合い始めのまだそれほど深い関係でないときでもできますし、一緒にベッドに入って楽しむこともできます。

今までバードキスをしたことがなかったという人や、彼氏との関係をもう一歩先に進めたい、もう少し仲良くなりたいと思っている女性はぜひバードキスを試してみてください。きっと彼氏ともっと楽しい時間を過ごすことができるようになりますよ。

もっとキスについて知りたいあなたはこちらもチェック

薄い唇と厚い唇、男がキスしたくなるのはどっちの唇の女なの?
ハグとキスはどっちが好き?男性の本音を調査!
キスマークは痛い?死に至る危険性もあるの?【要注意】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ