イヤイヤ期の対応7つ!NGな対処法とは?【必見】

子育てしていく上で避けては通れないイヤイヤ期。子どもにとっては大切な成長過程ですが、原因や対応、対策がわからずお困りのパパやママも多いと思います。ここでは、そんなイヤイヤ期の原因や対応・対策をご紹介します。うまく取り入れて子育てを楽しみましょう!

 イヤイヤ期の対応7つ!NGな対処法とは?【必見】のイメージ

目次

  1. イヤイヤ期とは
  2. イヤイヤ期の原因
  3. イヤイヤ期の対応1歳
  4. イヤイヤ期の対応1歳半
  5. イヤイヤ期の対応2歳
  6. イヤイヤ期の対応3歳
  7. イヤイヤ期の対応①(好きなようにやらせる)
  8. イヤイヤ期の対応②(さりげなく手助けをする)
  9. イヤイヤ期の対応③(褒める)
  10. イヤイヤ期の対応④(要望を聞く)
  11. イヤイヤ期の対応⑤(気持ちを受け止める)
  12. イヤイヤ期の対応⑥(頭ごなしに叱らない)
  13. イヤイヤ期の対応⑦(時には実力行使)
  14. イヤイヤ期の対応に疲れたら
  15. まとめ

イヤイヤ期とは

子育てしていると見聞きするイヤイヤ期の原因は一体なんでしょうか。イヤイヤ期は心理学の中の児童発達心理学という分野における言葉で第一次反抗期と言います。単なる我がままではなく子どもの心の発達に関わっていて、何に対しても反抗する時期です。

イヤイヤ期(第一次反抗期)は3歳前後に誰でもが経験する避けては通れない成長です。「イヤイヤ期はそんなにしんどくなかった」「イヤイヤ期はきつかった」と程度の差はありますが必ずイヤイヤ期(第一次反抗期)はきます。この時期の子どもの身体や心がぐんと成長します。そしてその子の個性が顕著にあらわれます。その中で心の発達において自己中心性からの脱却と自我の芽生えが生まれてくるのです。

自己中心性からの脱却とは?

「自分が世界の中心」であり「他の子の気持ちなんて関係ない!」という自己中心的な考え方から他の子にも自分みたいな気持ちがあるのかもという考え方に変わっていく時期です。自分のことだけしか考えられなかった子どもが他の子のことを考えられるようになっていく時期ですね!大きくなって協調性などを実につける土台となります。

自我の芽生えとは?

乳児のときは大人が用意した玩具で遊び、大人の時間を中心に面倒を見てもらっていた受け身(受動的)だった子どもが、自分はこれがしたい!今はこうしたい!それはイヤだ!と自分の気持ちを発信(能動的)するようになっていきます。その発信がとても激しくて大人にとってはひどいわがままやひどい癇癪に見えて自分の子育てはこれでいいのかと悩んでしまう原因になります。

イヤイヤ期の原因

先にも書きましたが1歳半から3歳にかけ魔の2歳児とも呼ばれるのが、イヤイヤ期の原因は第一次反抗期です。これは子どもの心の成長時期でもあります。それまでは何でも受け身でやってもらうのが当たり前だった子どもに、自分で何かをやりたい!という自我が芽生えます。でもすぐには上手くいかなくて、そんなやりたいけど出来ないイライラやストレス、ジレンマをぶつけるのが1歳から3歳にかけておこるイヤイヤ期の原因です。

このイヤイヤ期を経験することで自制心をコントロールできるようになります。2歳頃の子どもはお話も出来るけど自分の気持ちをうまく伝えることは出来ません。自分で!という気持ちはあるけどうまく出来ない。子どもも葛藤中なのです。ひどい時はイヤイヤ言っているうちに自分でも訳がかわからなくなって何を言われても「イヤ」ばかり言い出すのもこの時期の特徴です。子育ての中で一番悩み辛い時期でもありますね。

自分でやりたい気持ちは強いけどできない

2歳の子どもは言葉も出てきますがまだまだ自分の気持ちをきちんと伝えるまでお話できるわけではありません。好奇心旺盛で大人やお兄ちゃんおねえちゃんの真似をしたがりますがまだまだ不器用なので上手に出来ません。そんな上手く伝えられない、上手くできないストレスやジレンマを一生懸命「イヤ」と言う言葉で伝えています。

自分の思いと違う

自我が発達すると、自分でしたい事が増えてしたいことへの気持ちも強くなります。例えば、大人でもしたいことを邪魔されたり、やりたくない事をしなさいと言われたりしたら、不快な気持ちになりますよね。子どもも一緒で、どんなに子どもの為を思い「ご飯食べようね」「お片づけしようね」と言ったとしても、子どもの気持ちが玩具や遊ぶことに向いていたら「イヤ」なのです。大人がしてほしい事と、子どもが今したい事に違いがあるから「イヤ」と言うのです。

関心を引きたい

「イヤ」と言ってお母さんからの愛情を確かめているのこともあります。どれだけ愛情を注いでいても、甘えてイヤイヤすることはありますので決して愛情不足だと自分を責めないでくださいね。また「イヤ」と言った時の周りの大人の反応が面白くて「イヤ」と言っている場合もあります。ひどいと自分でもやめ時が分からずにテンションがおかしくなっていく事もありますので、適度なところでとめてあげましょう。

イヤイヤ期の対応1歳

第一次反抗期はじつは生後6ヶ月ころから始まっているのです。離乳食の時に「ペッ」と吐き出したりプイッと横を向いたりしませんでしたか?それは自分の好みの味ではないから食べたくない事の意思表示です。とはいえ生後6ヶ月のイヤイヤ期なんて可愛いものですね。1歳になってくると歩けたり少し言葉も出てきますから自分の思い通りにならないと走ってどこかへ行ってしまったりその場に座り込んだりしてパパやママを困らせます。

では、外出先でイヤイヤ言い出したらどのように対策をすればよいのでしょうか。1歳であればまだ抱っこも楽ですからイヤイヤ言っている原因の場所や物から抱きかかえて場所を移動して気持ちを落ち着かせてあげましょう。おでかけする際の対策としては抱っこ紐やベビーカーなどですぐに気分を変えてあげるようにしましょう。


◆関連記事:イヤイヤ期っていつまで?

イヤイヤ期はいつからいつまで?原因と対処法11選を解説します!

イヤイヤ期の対応1歳半

1歳から徐々に出てきたイヤイヤ期も1歳半になると更にきつくなってきます。1歳半になれば自分で出来ることも増えてきますから「あれもやりたい!」気持ちが強くなります。でも、まだ1歳半ですから出来ないことも多いのでパパやママが「だめ」といってしまってイヤイヤスイッチが入ってしまいます。ひどい時にはその場に寝転び足をジタバタしてパパやママを困らせます。

1歳半はまだ言い聞かせは難しいのでまずは別の場所や別の遊びに誘導してやりたいことから気を逸らしましょう。引き続きおでかけ対策としては抱っこ紐やベビーカーなどですぐに気分を変えてあげるようにしましょう。

イヤイヤ期の対応2歳

1歳から徐々に出てきたイヤイヤ期のピークを迎える魔の2歳児。保育園でも2歳児クラスだけは2クラスになっているところが多いです。保育園でも2歳児の保育は大変なんですね。もう、何を言っても「イヤ」で片付けてしまう2歳。毎日毎日「イヤ」ばかりの2歳児は自分でやりたい!自分はできる!と言う気持ちが強くて何でもやりたがるけど「だめ」と言われてイライラ、上手く出来なくてイライラしているのです。ひどい時には癇癪をおこして手が付けられなくなったりします。

2歳児は常に気持ちが高ぶっている状態だけど上手く言葉もでなくて「イヤ」に思いをすべて込めているのですね。2歳児のイヤイヤ期はとにかく気持ちを汲み取ってあげることが大切です。まだ、自分の言葉で気持ちを上手く伝えられない2歳児であっても「○○だったの?」と話しかけたら「うん」「違う」と気持ちを伝えてくれます。自分の気持ちが伝わったと感じれば気持ちも落ち着きます。魔の2歳児をつれてのおでかけ対策としてはおもちゃ売り場などの興味を引くような場所へは出来るだけ行かない、「あと何回」と期限を決めるなどお子さんに合わせた対策をしてください。

イヤイヤ期の対応3歳

2歳でピークを迎えたイヤイヤ期も3歳になると落ち着き始めます。「魔の2歳児も終わって3歳からは楽になるわ!」と期待していたのに3歳になってもイヤイヤが続き「3歳なのにイヤイヤ期なんてうちの子はなにかおかしいのかな?」と不安になる人もいるかもしれませんがイヤイヤ期は3歳頃まで続くものです。3歳のイヤイヤ期は今までとは違い自分の考えを強烈に押し出してきます。こだわりが強くてあの手この手で気をそらそうにもなかなかうまくはいかないのが3歳のイヤイヤ期です。2歳に比べると言葉も多くなり自分の気持ちを伝えることはできますが、こだわりを押しとおそうと言葉で通じない場合癇癪をおこしたり、ひどい場合は物を投げる噛みつくなどの暴力行為に発展することもあります。

3歳のイヤイヤ期の対策としては、時間に余裕も持って興味のあることをとことん飽きるまでやらせてあげるのがいいのではないでしょうか。

イヤイヤ期の対応①(好きなようにやらせる)

子育てと仕事を両立しているママも多いですよね。保育園へ行く時間が迫っているのにまだご飯が食べ終わらないとか着替えが終わっていない時、ついつい親が食べさせてあげたり、服を着替えさせたりしてしまいますよね。イヤイヤ期の子どもたちは自分でしたい気持ちが強いので、その気持ちを無視して親が色々やってしまうと「イヤイヤ」が始まります。子育てをしていると色々心配や周りに気を使うこともあるでしょうが、危険でなく、周りに迷惑をかけないのであれば、失敗して子どもが怒ろうが、ご飯をぐちゃぐちゃにして食べようが、子どもの好きなようにさせてあげましょう!

イヤイヤ期の対応②(さりげなく手助けをする)

何でも自分でやりたがるけどうまくいかなくて「できない!!」と泣き叫び、親もイライラしてしまいますね。子育て中は時間との闘いですがなるべく子どもの「やりたい」を大切にしつつ、さりげなく手助けしてあげて下さい。服や靴は着脱しやすいように少し大きめにしたり、何かものを持っていたらそっと手を添えてあげたり、全て親がお世話をするのではなく、どうしたら子どもがやりやすいのかを考えてさりげなく手助けしてあげてください。保育園や幼稚園の先生にアドバイスをもらうのもいいですね!

イヤイヤ期の対応③(褒める)

イヤイヤ期は子どもたちにとって、自分でやってみて失敗を繰り返し、恥と疑問を克服し、自立していく大事な時期です。失敗しながらもそれを乗り越えて成功したという体験は、今後の人格形成の上でとても大切になってきますので、子どもには色んな経験をさせ上げてください。そしてできた事は思いっきり褒めてあげて下さい。スポーツ選手のほとんどが「お母さんに褒められたくて頑張った」と言うように大好きなお母さんから褒められると、子どもは自信につながり色んな事に挑戦していくようになります。

イヤイヤ期の対応④(要望を聞く)

なんでも「イヤイヤイ」と言っている子どもには、子ども自身がどうしたいのか聞いてあげましょう。子どもが何に対してイヤなのかがわかれば対策が取れます。子どもがしたいことを一度は受け止め、「わかったよ。○○君はどうしたらいいと思う?」と子どもに問いかけてみてください。大好きなお母さんが自分の気持ちを受け止めてくれたことが嬉しくて「○○する」と答えてくれるかもしれませんし、答えなくても気持ちは落ち着くはずです。


◆関連記事:出産前に準備しておこう!

出産前に準備する物リスト!新生児・赤ちゃんが必要なものはこれだ!

イヤイヤ期の対応⑤(気持ちを受け止める)

保育園でも2歳児クラスでは、子どもがしたいことができずに泣き叫ぶ事があります。そういう場合は、前後の流れを考えたり、子どもとお話ししたりして、「もっと遊びたかったね」「おもちゃ壊れて悲しいね」と子どもの気持ちを一度受け止めます。そうすると子どもも「この人は自分の気持ちを分かってくれる」と安心します。また上手く言葉にできない子どもの気持ちを代弁することで子どもも気分がスッキリして気持ちの切り替えもスムーズにいきます。

イヤイヤ期の対応⑥(頭ごなしに叱らない)

イヤイヤ期の子どもは言葉よりも行動の方が早かったりします。代表的なのがお友だちとのトラブルです。お友だちとの物の奪い合いやひどい場合には叩いたりすることがあります。そういう場合にすぐ「ダメ!」と叱りがちですが、グッと我慢して下さい。まずは「どうしたの?」と理由を聞いてあげて下さい。「お友だちのおもちゃで遊びたかったのね」と気持ちを受け止めてから「でも叩いていいの?」と子どもに考えさせたり、「貸してと言おうね」とどうしたらいいのかを伝えましょう。子どもに「ダメ」「ダメ」言っていると、「自分はダメな子」と自己否定してしまうので、頭ごなしに叱るのはやめましょう。

イヤイヤ期の対応⑦(時には実力行使)

子どもの気持ちを汲み取りつつ上手な接して行くことは大切ですが、時には実力行使も必要です。どんなに人のおもちゃが欲しくても叩いてはダメですし、まだ服を着替えたくなくても保育園へ行く時間が迫っていれば着替えなくてはいけません。子どもの気持ちは受け止めながらも、お母さんも困っているんだよと伝えて「○○するね」と一言声かけて泣こうが喚こうがやってしまいましょう。自分の思い通りにならないこともわかってもらわなくてはいけません。心を鬼にして、「ダメなものはダメ」「しなきゃいけないことはさっさとする」と経験させていきましょう。

イヤイヤ期の対応に疲れたら

ここまでイヤイヤ期の原因や対応、対策をお伝えしてきましたが、イヤイヤ期と言っても子どもによって差があります。「うちの子はイヤイヤ期がなかった」というパパママもいれば、ひどいイヤイヤ期に毎日疲れ果てているパパママもいます。

子育てしていくなかで避けては通れないのがイヤイヤイ期です。子育てしていればこそひどいイヤイヤ期に疲れたり、自分の子育ては間違っているのかと悩み落ち込むこともあると思います。

そんな時は、自分のお母さんや友達に相談したり、市の子育て支援を頼りましょう。保育園に預けている人は、保育園の先生に相談するのも良いですね。保育園や幼稚園の園庭解放を利用して同じ年齢の子と遊ばせてみるのも子どもにとっても新鮮で学ぶことも多いと思います。イヤイヤ期の原因や対策、対応が分かってもひどいイヤイヤ期に疲れてしまったら1人で抱え込まずに周りの人や市の支援、保育園や幼稚園をうまく利用しましょう。

まとめ

ここまで、イヤイヤ期の原因や対応、対策をお伝えしてきましたがいかがでしたか?子育てしているとしつけや自立を促さないといけない時期にイヤイヤ期がやってきてスムーズにいかないなど悩みが尽きないですね。「自分の子育てはこれでよいのか?」と毎日自問自答したり、他の子と比べたりしてしまいがちですね。

普段保育園に預けて働いているママは寝る前の10分子どもと絵本を読む時間を作ったり、休みの日は思いっきり遊んだりしてみると子どもは自分のことを見てくれているのだと嬉しく思い気持ちも落ち着いてくると思います。この他にもイヤイヤ期の原因がわかり対応や対策がわかればその子にあった対応、対策を見つけられると子育ても楽になります。

どんなにひどいイヤイヤ期もいつかは落ち着きます。疲れたら周りの人や市、保育園などの支援を利用して1人で抱え込まず肩の力を抜いて子育てを楽しみましょう。

もっと赤ちゃんについて知りたいアナタはこちら

赤ちゃんの爪切りのコツは?新生児におすすめの爪切り11選!【安全】
赤ちゃんの頭の形がいびつ・絶壁・長い!矯正する方法は?
赤ちゃんの原始反射とは?新生児の原始反射の種類一覧まとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ