妊娠32週目の胎児の体重は?出産が近い?お腹の張りはどう?

妊娠32週目です!とうとう妊娠9か月目に突入しました!お腹の張りも頻繁に感じるようになってきた人もいますよね。この時期に逆子とか子宮頸管が短いと診断されたらどうしたらいいのでしょうか?腹痛は陣痛?胎動は?気になる妊娠32週目のあれこれについてお伝えします!

妊娠32週目の胎児の体重は?出産が近い?お腹の張りはどう?のイメージ

目次

  1. 妊娠32週目!とうとう妊娠9か月目へ突入!
  2. 妊娠32週目の胎児の様子は?エコーは?
  3. 【妊娠32週目の胎児①】体重と身長は?
  4. 【妊娠32週目の胎児②】体液循環システムが完成!おしっこも!
  5. 【妊娠32週目の胎児③】皮下脂肪がしっかりと!
  6. 【妊娠32週目の胎児④】表情豊かに!
  7. 【妊娠32週目の胎児⑤】胎毛が抜け始める!
  8. 【妊娠32週目の胎児⑥】羊水の量が減り始める!
  9. 【妊娠32週目の胎児⑦】胎動で身体のパーツが!
  10. 【妊娠32週目の胎児⑧】胎動が少なくなってくる
  11. 妊娠32週目のママの様子や体調は?!
  12. 【妊娠32週目のママの様子①】膣が緩んでおりものが増える
  13. 【妊娠32週目のママの様子②】偏頭痛がひどい人も!
  14. 【妊娠32週目のママの様子③】妊娠高血圧症候群に要注意!
  15. 【妊娠32週目のママの様子④】母乳が出る人も!
  16. 【妊娠32週目のママの様子⑤】後期つわりで食欲不振に…
  17. 【妊娠32週目のママの様子⑥】動悸や息切れが…
  18. 【妊娠32週目のママの様子⑦】便秘が…
  19. 【妊娠32週目のママの様子⑧】転倒には要注意!
  20. 【妊娠32週目のママの様子⑨】お腹の張りは?
  21. 【妊娠32週目のママの様子⑩】腰痛や背中痛、恥骨痛が!
  22. 妊娠32週目のママの過ごし方は?
  23. 【妊娠32週目の過ごし方①】母乳のための食事を!
  24. 【妊娠32週目の過ごし方②】食事は回数を分けて!
  25. 【妊娠32週目の過ごし方③】体重オーバーには気を付けて!
  26. 【妊娠32週目の過ごし方④】産後の手続きの確認を!
  27. 【妊娠32週目の過ごし方⑤】出産準備は万全に!
  28. 【妊娠32週目の過ごし方⑥】産休へ入る前の最後の詰めを!
  29. 妊娠32週目で逆子!この時期の逆子はもう治らない?!
  30. 妊娠32週目に子宮頸管が短い!子宮頸管が短いと何が問題?
  31. 妊娠32週目で早産での出産!問題はある?
  32. いよいよ妊娠生活も大詰めの妊娠後期!32週目も油断なく!

妊娠32週目!とうとう妊娠9か月目へ突入!

長かった妊娠生活もいよいよ妊娠9ヵ月目となり、妊娠9ヵ月目の第1週目となる妊娠32週目を迎えることになります。

ここまで、様々な体調のトラブルに悩まされてきたママも少なくないことでしょうが、もう出産予定日まで2ヵ月を切ったことになります。

妊娠9ヵ月というのは、お腹の赤ちゃんの体重が一気に出産に向けて1㎏も増えるので、お腹の大きさもまた一段と大きくなり、ママの体は生活に支障が出るほど動きにくくなってしまいます。

何かと生活にも支障が出がちな、この妊娠9ヵ月目の中のエコーに映る胎児の様子やママの体調はどのような感じなのでしょうか。

この時期に逆子だとか、子宮頚管が短いと診断されたら、どうしたらいいのでしょうか。

この記事では、妊娠32週目の気になるあれこれについてお伝えします。

■参考記事:逆子はどうすればいい?コチラも参照!

妊娠31週目の胎児の体重は?妊婦の身体の変化は?逆子ならどうする?

妊娠32週目の胎児の様子は?エコーは?

妊娠32週目の頃になると、ママの方もすっかり妊婦検診でのエコー検査にも慣れてきたことかと思います。エコーに映る赤ちゃんの姿が毎回どんどんと大きくなっていく姿は、本当に感動的ですよね。

妊娠32週目にエコーに映る赤ちゃんの姿はどのようなものなのでしょうか。見ていきましょう。

【妊娠32週目の胎児①】体重と身長は?

妊娠32週目のエコーで確認できる赤ちゃんの身長と体重はどのくらいなのでしょうか。

妊娠32週目の頃の赤ちゃんのエコーでも見える身長は、おおよそ42cmから45cmほどまで大きくなっています。

まだ、出産予定日での平均身長の50cmには少し足りないのですが、それでもかなり大きくなってきましたね。

体重の方は、1500gから2300gが適性の体重となります。妊娠9ヵ月に入ると、2000gを超える赤ちゃんが増えてきますね。

これから皮下脂肪がどんどんと増えていき、体重の方もかなりしっかりしたものになっていく時期になっていきます。

【妊娠32週目の胎児②】体液循環システムが完成!おしっこも!

エコーからは確認できませんが、妊娠32週目の頃になると、胎児の体の中では、血液が体中をしっかりと循環するようになります。動脈は体中の細胞へ必要な酸素や栄養をしっかりと届けられるようになり、静脈は細胞が不要になった二酸化炭素や老廃物を受け取って、はいや腎臓に送り届ける機能がしっかりと整うのです。

体液が体中をしっかりと循環するシステムが完成し、老廃物を排出するための膀胱も、おしっこをしっかりと排出できるようになっています。


とはいえ、まだこの時期の胎児では、膀胱の大きさが小さいので、胎児は定期的にこまめにおしっこをしています。

そのために、羊水のほとんどの成分には胎児が排出したおしっこの成分が元となるのですが、羊水自体は無菌状態なので、赤ちゃんが飲んでも何も問題はありません。

【妊娠32週目の胎児③】皮下脂肪がしっかりと!

妊娠32週目の頃になると、皮下脂肪がしっかりとついてくるようになります。

エコーでも、皮下脂肪によってふっくらとしてきた赤ちゃんの姿が確認できるかと思います。

もうこの時期には、エコーで見えない部分でも身体の中の機能はほぼ完成しているので、万が一早産になったとしても、外の世界で生きるのにほとんど問題はありません。

しかし、まだ皮下脂肪が充分についていないために、体温調節は難しくなります。

妊娠9ヵ月には、驚くほど急激に赤ちゃんの体重が増えていきますが、これはほとんどが皮下脂肪によるものです。

正産期に生まれる時までに、胎児は皮下脂肪をしっかりと蓄えて、ママの子宮に守られない外の世界に出てきても、しっかりと自分の体温を守れるだけの力を身に着けてくるのです。

【妊娠32週目の胎児④】表情豊かに!

妊娠32週目の頃になると、お腹の胎児の表情がとても豊かになってきたことを、エコー検査でもとらえることができるようになります。

この時期には、脳のしわがどんどんと増えていく時期になり、赤ちゃんの感受性もどんどんと豊かになっていきます。

ママのお腹の中にいても、外側からの音の刺激によって、楽しいとか嬉しいとか悲しいとか怒りとか、様々な感情を感じるようになり、それを表情に表すようになっていくのが、エコーにも捉えられるのです!

ママの感情や、パパとの会話による感情の揺れ動きを赤ちゃんは敏感に感じ取っている時期になるので、赤ちゃんにはすてきな音や会話を沢山聞かせてあげるようにしましょう。

【妊娠32週目の胎児⑤】胎毛が抜け始める!

エコーでは確認できませんが、妊娠32週目の頃になると、それまで全身を覆っていた胎毛が抜け始めます。

胎毛は羊水の刺激から赤ちゃんを守るために全身に入っていた毛になりましたが、この時期になると皮膚が厚くしっかりとしてきた上に、これから羊水の量が減る時期に入っていくために、胎毛によって皮膚を守る必要がなくなっていきます。

そのために、妊娠32週目の頃から胎毛が抜け始めていくのです。

しかし中には完全に抜け切らないで、背中やおでこに生やしたまま生まれてくる赤ちゃんもいます。その場合には、1歳になる頃までには全て抜け落ちるので安心してください。

【妊娠32週目の胎児⑥】羊水の量が減り始める!

妊娠32週目の頃は、羊水の量が800ml程度と最大量になりますが、これ以上羊水が増えることはありません。

妊娠32週目のピークとしてこれから羊水の量がどんどんと減っていく時期になります。

最終的に、羊水の量は400ml程度になります。



これからの時期は羊水の量にも注意が必要になっていきます。

羊水は多すぎても少なすぎても、胎児の体に影響が出てしまいます。

妊婦健診のときに羊水の量について指摘された場合には、医師の指示をしっかりと守るようにしましょう。

【妊娠32週目の胎児⑦】胎動で身体のパーツが!

妊娠32週目の頃には羊水の量が減り始めます。

今までは、羊水がクッションの役割をしていたために、赤ちゃんがママのお腹を蹴っても、蹴った感じしか胎動では伝わってきませんでした。

ところが、このクッションの役割をしていた羊水の量が減ると、手足が直接子宮の壁に常に濡れているような状態になります。

そのために、胎動を起こすときに、今まではママは蹴られたという感覚しかなかったのが、この時期から胎児の体のパーツがお腹の中から飛び出してくるような感じを受けるようになります。

お腹を触ったときに、手や足があるのを感じるようになるのも羊水が減り始めたこの時期からになります。

【妊娠32週目の胎児⑧】胎動が少なくなってくる

羊水の量が減ってくると、エコーでも見られるように、赤ちゃんは子宮の下の方に降りてくるようになり、徐々に出産に向けて骨盤の中に頭をセットするようになります。

すると、羊水も減ることもあり、子宮の中に赤ちゃんが胎動を起こす余裕がなくなってきます。

胎動が全くなくなるわけではないのですが、妊娠30週目くらいまで赤ちゃんの元気な胎動で遊ぶことを楽しんでいたママにとっては、ちょっと胎動が少なくなったことがさみしく思う人もいるかもしれません。


でも、この時期から胎動が少なくなっていくのは、赤ちゃんが出産準備に入ったためです。この胎動が少なくなるという変化は、出産に向けて大切なものになります。

とはいえ、胎動は個人差がとても大きいものです。妊娠後期になっても、激しく胎動を起こし続ける赤ちゃんもいます。この時期に胎動が少なくならないことで、却って心配になる人もいるようですが、胎動が元気なのは特に心配は要らないでしょう。

注意しなければならないのは、全く胎動がなくなることです。

24時間以上、胎動を感じないことがあったら、お腹の赤ちゃんに何かトラブルが起きている可能性があります。すぐに病院へ行きましょう。

妊娠32週目のママの様子や体調は?!

妊娠32週目の頃のエコーに映る胎児の様子がよく分かったところで、次はママの様子についてみていきましょう。

赤ちゃんはエコーでも元気な様子を見せてくれていましたが、いよいよ妊娠後期に入ってきたママの体調にはどのような変化が起きるものなのでしょうか。ここからみていきましょう。

【妊娠32週目のママの様子①】膣が緩んでおりものが増える

妊娠8ヵ月に入ると、ママの体も出産すの準備に着々と入り始めます。

出産の時に赤ちゃんが通って外の世界へやってくる産道を広げやすくするために、この時期から膣が緩み始めます。

妊娠初期にはおりものの量が増えたのが、妊娠中期にはいったん減っていました。



それが、この時期になると膣が緩むことでおりものの量が増えて、また不快な感じを覚えるようになる人が少なくありません。

色や臭いに異常がなければ、この時期におりものが増えることは自然な現象なので、心配は要らないのですが、局部がかぶれやすくなりますよね。

通気性のよい清潔な下着を身につけることや、おりものシートを活用してこまめに替えることなどの対策をとるようにしましょう。

【妊娠32週目のママの様子②】偏頭痛がひどい人も!

妊娠32週目の頃になると、偏頭痛に悩むママが増えてきます。

妊娠後期になると、出産時の大量出血に備えて、身体中の血液量や水分量が一気に増えていく時期になります。

そのために、増えた血液量によって血管が押し広げられるようになり、ズキズキと痛む偏頭痛が起きやすくなってしまうのです。

目がチカチカしたり、頭のどちらかがズキズキと脈打つように痛むのであれば、それは偏頭痛です。

妊娠していない時ならば、頭痛薬を飲めばすぐにおさまるものなのですが、この時期には薬を飲むことはできません。

冷たいタオルなどで痛むところを冷やしたり、暗い部屋で安静にして痛みが治まるのを待つなどの対応をしましょう。

【妊娠32週目のママの様子③】妊娠高血圧症候群に要注意!

また、血液量が増加することで、血管が押し広げられることで、妊娠8ヵ月目に入った頃から血圧が高くなってしまうママも少なくありません。

いつもよりも多少血圧が高い程度であればこの時期には仕方がないことなのですが、人によっては妊娠高血圧症候群になってしまう人もいます。

今までの妊婦検診では、血圧にも尿淡白にも何も異常がなかったのに、突然妊娠後期に入ってから妊娠高血圧症候群と診断されてしまう妊婦さんも少なくありません。

妊婦健診で何も異常がないからといって、自分の好物ばかりを食べていたり、味の濃いものを食べていたりする人が、妊娠8ヵ月から9ヵ月に入って妊娠高血圧症候群と診断されることが多いようです。

少なくとも出産後に授乳が終わるまでは、赤ちゃんのことも考えて、塩分の取りすぎや水分の取りすぎ、カロリーの取りすぎは控えるように気を付けましょう。

【妊娠32週目のママの様子④】母乳が出る人も!

妊娠32週目の頃は、体の方も出産や、出産後に始まる授乳の準備を始めています。

この時期には、ママの乳首の先から母乳が出る人もいます。

母乳が出てきたということは、乳腺からお乳を出す準備が出来たということなので、母乳がにじみ出てきたとしても心配は要りません。

ただ、乳首がかぶれたりしないように、清潔なコットンなどでこまめに拭き取って、清潔を保つようにしましょう。

【妊娠32週目のママの様子⑤】後期つわりで食欲不振に…

この時期には、後期つわりに悩む妊婦さんも少なくありません。

つわりによる吐き気やむかつきというのは、遅くとも妊娠20週目ぐらいには完全に終わっている人が多いのですが、妊娠8ヵ月に入った頃から、大きくなった子宮に胃腸が圧迫されて、消化不良を起こしたり、吐き気やむかつきを感じるようになる人が出てきます。



特に、胃腸炎などになっていないのであれば、この時期の吐き気やむかつきというのは、特に心配することはありません。

ただ妊娠初期のつわりとは違い、この時期は赤ちゃんが脂肪を蓄えていくとともに、来るべき出産に向けてママも体力を温存しなければならない大切な時期になるので、全く何も食べないというわけにはいきません。

消化のよいものを、食事の回数を分けて食べる様にしましょう。

【妊娠32週目のママの様子⑥】動悸や息切れが…

妊娠32週目の頃になると、動悸や息切れに悩まされるママが増えてきます。

この時期に動悸や息切れを起こしやすくなる理由は、大きくなって子宮が、みぞおちよりも上の方までせり出してきてしまうことで、横隔膜や肺までも圧迫するようになってしまうからです。

これは、出産して子宮がしぼむまで終ることはありません。

動悸や息切れがひどいと、ママの体のストレスになり、赤ちゃんにもストレスが伝わってしまいます。

あまり無理をせずに、こまめに休憩を入れるなどして、体に無理をかけないようにしましょう。

【妊娠32週目のママの様子⑦】便秘が…

妊娠32週目の頃になると、便秘に悩むママも増えてきます。

便秘がひどいと腹痛も起きたりして、お腹に負担がかかりますよね。

この便秘や腹痛の原因というのも、大きくなりすぎた子宮にあります。

子宮が胃腸を圧迫することで、腸の中で便が移動しにくくなってしまうことが便秘や腹痛の原因となります。

便秘や腹痛といえば、食物繊維や乳酸菌の摂取が大切ですが、この他にも特に水分不足になると便秘になりやすくなるので、1日に2Lを目安にしてこまめな水分摂取を心がけるようにしましょう。

【妊娠32週目のママの様子⑧】転倒には要注意!

妊娠32週目の頃になると、お腹が大きくせり出してくる上に、お腹の赤ちゃんの体重は2kgを超える赤ちゃんも出てきます。

2リットルのペットボトルを常にお腹に抱えて歩いていたらどうなるでしょうか。

この時期のママの体というのは、まさにその状態で24時間生活しているのです。

当然体のバランスも悪くなる上に、せり出したお腹で足元が見えづらくなっているので、転倒する危険が高くなっています。

階段を上る時には必ず手すりに掴まる、無理に早足では歩かないなど、転ばないように気を付けることが大切です。

【妊娠32週目のママの様子⑨】お腹の張りは?

妊娠8ヵ月に入るとお腹の張りも強く感じる時も出てきました。

時には、本陣痛がきてしまったのかと思うほど、我慢が出来なくなるぐらいお腹の張りや腹痛が強くやってくる人もいるようです。

この時期のお腹の張りや強い腹痛は、前駆陣痛といって、本陣痛の準備運動のようなものです。

本陣痛の時には、初産の人では猛烈な腹痛が起きて、10時間以上強くお腹の張りを起こさなければならないために、今からお腹の張りを起こすための練習を体がしているのです。

時には、我慢が出来ないほどお腹の張りや腹痛を感じて辛いこともあるかもしれませんが、このお腹の張りや腹痛は本陣痛がやってくるまで続くお腹の張りや腹痛なので特に対策できることはありません。


お腹の張りや腹痛を強く感じる時には、無理をせずに休むなどして、体に負担をかけないようにしましょう。

お腹の張りや腹痛を強く感じるとき、本陣痛と前駆陣痛の違いはどのようなものなのでしょうか。

前駆陣痛はお腹の張りのやってくるタイミングが不定期になります。

一方で、本陣痛はお腹の張りが定期的にやってくるようになります。

妊娠32週目でもしも本陣痛が起きてしまうと、早産になってしまいます。

あと5週間ほどはお腹の中にいてもらった方が、赤ちゃんのためにもいいので、お腹の張りが定期的になったと思ったら、すぐに病院に連絡を入れて指示を仰ぐようにしましょう。

【妊娠32週目のママの様子⑩】腰痛や背中痛、恥骨痛が!

妊娠32週目の頃というのは、お腹が大きくせり出すようになってくるので、背中が反ったような背骨に無理をかけるような姿勢になってしまいます。

また、子宮が骨盤を大きく押し広げるようになるために、骨盤や股関節の関節や靭帯に大きな負担をかけるようになります。

こういったことから、妊娠8ヵ月に入った頃から、腰痛や背中痛、恥骨痛などに悩むママが増えてきます。

妊娠中は痛みどめや湿布を使うこともできないので、こうした痛みが起きても痛みを取ることがなかなか出来ません。

お風呂に入ってよく温めたり、ストレッチをしたりして、痛みを軽減させるようにしましょう。

妊娠32週目のママの過ごし方は?

赤ちゃんが大きく育ち、お腹が大きくなってきたことで、お腹の張りなど、体に様々なトラブルが起きやすくなる妊娠32週目ですが、この妊娠32週目のママの過ごし方ではどのようなことをしたらいいのでしょうか。ここから妊娠32週目のママの過ごし方についてみていきましょう。

【妊娠32週目の過ごし方①】母乳のための食事を!

妊娠32週目になったら、いい母乳を出すための食事を摂るようにしましょう。

産まれたばかりの赤ちゃんにとって飲みやすい母乳というのは、サラサラした母乳になります。

ママが脂っこいものばかり食べていると、油分の多いドロっとした感じの母乳になり、赤ちゃんにとっては飲みにくくてまずい母乳になってしまいます。

赤ちゃんが飲みやすい母乳を作るためには、魚と野菜が中心の和食が一番いいと言われています。

どろっとした母乳になってしまう肉料理は週に2回から3回程度にして、和食中心のメニューを心がけるようにしましょう。

【妊娠32週目の過ごし方②】食事は回数を分けて!

妊娠32週目になると、大きくなった子宮が胃腸を圧迫するので、後期つわりが起こる人も少なくありません。

胃が子宮に押されて小さくなってしまっているので、この時期からは1回当たりの食事の量を減らして、食事の回数を増やすようにしましょう。

カロリーオーバーをしてしまうことは体重オーバーに繋がるので良くありませんが、かといってきちんと必要な栄養やカロリーを取らないと、お腹の赤ちゃんの皮下脂肪を増やすことも出来ませんし、出産に備えて体力をママが蓄えることも出来ません。

食事の回数を工夫して、必要な栄養はしっかりと取るようにしましょう。

【妊娠32週目の過ごし方③】体重オーバーには気を付けて!

妊娠32週目の頃になったら、食事の回数を増やす人が増えてきますが、そうすると一日当たりの総カロリーが増えてしまい、体重オーバーになってしまう人がいます。

摂取カロリーがオーバーしてしまうと、体重オーバーに繋がってしまいます。

この時期に体重が増えすぎてしまうと、産道に肉が付きすぎてしまい、難産になる可能性が高くなるので、この時期の体重オーバーは厳禁です。

1週間あたりの体重増加は500g程度に抑えるようにしましょう。

食事の回数を増やしても、体重を増やさないように、一日当たりの総カロリーは増やさないように、ちゃんとコントロールすることが大切です。

■参考記事:妊娠中のダイエットについてはコチラも参照!

妊婦のダイエット!妊娠中に痩せる方法まとめ!【おすすめ】

【妊娠32週目の過ごし方④】産後の手続きの確認を!

妊娠8ヵ月に入ったら、産後の手続きに必要な種類をそろえるようにしておきましょう。

地域によっていろいろと違いがあるでしょうが、行政関係に出さなければならないものもあれば、会社へ出さなければならないものもあります。

ママだけではなくて、パパが会社へ提出しなければならない書類もあるので、パパにもしっかりと用意してもらうようにしましょう。

中には手続きが遅れると、罰則やペナルティーを受けてしまうものもあります。

出産後にはママは全く動けなくなるので、まだ動くことができるこの時期にしっかりと用意するべきものは用意しておきましょう。

【妊娠32週目の過ごし方⑤】出産準備は万全に!

妊娠8ヵ月目になったら、出産準備を万全に整えておくようにしましょう。

まだ出産には早く早産になってしまう時期ですが、それでもいつ前駆陣痛が本陣痛に変わってもおかしくはない時期に入ってきています。

また、ちょっとしたお腹への刺激や、体調不良で破水が起きてしまい、そのまま出産という流れになってしまう可能性もあります。

何が起きても慌てないで済むように、この時期には出産準備を万全に整えておくようにしましょう。

【妊娠32週目の過ごし方⑥】産休へ入る前の最後の詰めを!

妊娠中でもお仕事を頑張って続けてきたママも、産休まであと2週間を切ることとなりました。

今までに、着々と引き継ぎの準備を進めてきているかと思いますが、ここでもう一度、自分が産休に入っても後任者に何の問題もなく仕事引き継ぐことができるかどうか、確認しておきましょう。

妊娠32週目で逆子!この時期の逆子はもう治らない?!

逆子だと診断されていたママは、今まで逆子を治そうと、逆子体操やお灸などいろいろと努力してきた人も多いことでしょう。

それでも、妊娠32週目まで逆子が続いてしまった場合には、これから逆子が治る可能性はあるのでしょうか。

実際に、逆子で帝王切開をする予定だったその日に逆子が治ったという人もいるので、これから逆子が治る可能性が全くないというわけではありません。

しかし、現実問題として妊娠32週目まで逆子出来てしまったら、これから子宮の中で赤ちゃんが動けるスペースが少なくなっていくので、逆子が治る可能性はとても低いと考えた方がいいでしょう。


そろそろ、病院の先生ともどのような出産方法で出産するのか、逆子で出産することを前提とした相談を始めることをお勧めします。

病院によっては逆子は難産になりやすいために、帝王切開しか選択肢がないという病院もあります。

有無を言わせずに逆子ならば帝王切開ということに納得がいかないママも少なくないでしょう。

しかし、難産で赤ちゃんに後遺症が残る可能性を考えると、医師や病院の判断に任せるのも1つの選択肢です。

まだ、出産までは時間があるので、ご家族や病院ともよく話し合って、ご自分でも納得がいく逆子での出産方法についていろいろと考えてみてください。

また、これから逆子が治る可能性もなきにしもあらずです。

逆子体操も諦めずに続けましょう。

妊娠32週目に子宮頸管が短い!子宮頸管が短いと何が問題?

妊娠37週目からの正産期まであと5週間を切ったこの妊娠32週目からは、ママの体が徐々に出産準備に入るために、子宮頸管が短くなっていきます。

子宮頸管というのは、子宮の下の方の部分になります。子宮頸管は子宮と膣を結ぶ通り道になっています。

子宮頸管は妊娠中は、赤ちゃんが膣の方に降りてくるのを防ぐ役割をしてくれていますが、妊娠8ヵ月に入ると、ママの体が出産準備に入るために子宮頸管は出産しやすいように短くなっていきます。

子宮頸管の長さというのは、妊婦検診のたびに測られていますが、特に問題がなければ子宮頸管の長さというのはママに伝えられることはあまりないので、子宮頸管という言葉をんよく知らないママもいることでしょう。

しかし、この時期に子宮頸管が適正な長さよりも短くなっていると、早産になる危険性があります。

妊娠32週目での早産はできれば避けたいものなので、子宮頸管が短すぎる場合には、産婦人科での治療が必要になります。

きちんと妊婦健診を受けていれば、子宮頸管が短くなりすぎているという症状は早期に発見できるので、子宮頸管の異常を見つけるためにもきちんと妊婦健診を受けることが大切です。

妊娠32週目で早産での出産!問題はある?

妊娠32週目で、本陣痛の腹痛が起きてしまったり、破水してしまったりして、出産してしまった時には、早産になりますが、妊娠32週目での早産というのは、赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか?!

今は、医療の体勢が整っているので、NICUに出産後すぐに入れば、妊娠32週目であれば、後遺症が残る可能性はとても低くなっています。

しかし、まだ皮下脂肪がしっかりとついていないので、もう少しママのお腹にいたほうがいいですよね。

早産の兆候は激しい腹痛や出血、定期的なお腹の張りなどがあります。激しい腹痛や出血などの異常が起きたり、子宮頸管が短いと診断されたら、医師の指示にしっかりと従うようにしましょう。

いよいよ妊娠生活も大詰めの妊娠後期!32週目も油断なく!

ここまで、妊娠32週目のあれこれについてお伝えしてきましたがいかがでしたか。

とうとう妊娠後期に入ってきましたが、まだまだ油断は禁物です。

お腹の赤ちゃんとの生活を楽しめるのも、残り数週間となってきました。

体に無理をかけたりすることはなく、体重管理などをしっかりと行い、元気な赤ちゃんと出会えるように、毎日を楽しく過ごしてくださいね!

出産前の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊娠33週目お腹の張りは出産が近い証?胎児や母体の症状まとめ
妊娠34週目の胎児の体重は?胎児・母体の症状や過ごし方も解説!
妊娠40週目!陣痛が予定日を過ぎてもこない?出産の兆候とは?
妊娠11ヶ月(40週〜)で出産する人もいるの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ