妊娠31週目の胎児の体重は?妊婦の身体の変化は?逆子ならどうする?

妊娠もいよいよ妊娠31週目となりました。妊娠31週目のお腹の赤ちゃんはエコーにどのように映るのでしょうか?!逆子の心配もありますが、逆子体操って必要なの?胎動が少なくなったのはどうして?!この記事では妊娠31週目の赤ちゃんとママの様子についてお伝えします。

妊娠31週目の胎児の体重は?妊婦の身体の変化は?逆子ならどうする?のイメージ

目次

  1. 妊娠31週目!お腹の赤ちゃんとママの様子はどんな感じ?!
  2. 妊娠31週目のお腹の赤ちゃんの様子は?!
  3. 【妊娠31週目の赤ちゃん①】体重と身長は?!
  4. 【妊娠31週目の赤ちゃん②】皮下脂肪が付いてふっくらと!
  5. 【妊娠31週目の赤ちゃん③】縦向きに落ち着く
  6. 【妊娠31週目の赤ちゃん④】光を感じてまばたきを!
  7. 【妊娠31週目の赤ちゃん⑤】肺呼吸の練習継続中♪
  8. 【妊娠31週目の赤ちゃん⑥】聴覚はほぼ完成!
  9. 妊娠31週目に胎動を感じなくなった!それはなぜ?
  10. 妊娠31週目で逆子!逆子体操はした方がいい?!
  11. 妊娠31週目の逆子!自然に逆子が治ることも!
  12. 妊娠31週目のママの様子は?
  13. 【妊娠31週目のママの様子①】お腹が大きくなる
  14. 【妊娠31週目のママの様子②】動悸・息切れ・息苦しさ
  15. 【妊娠31週目のママの様子③】妊娠高血圧症候群の恐れが!
  16. 【妊娠31週目のママの様子④】背中が反って腰痛が!
  17. 【妊娠31週目のママの様子⑤】むくみやすい!
  18. 【妊娠31週目のママの様子⑥】胃もたれも!
  19. 妊娠31週目のママがやった方がいい事とは?
  20. 【妊娠31週目のママに!①】安産体操
  21. 【妊娠31週目のママに!②】水分補給
  22. 【妊娠31週目のママに!③】体力づくりをする!
  23. 【妊娠31週目のママに!④】胎児名で呼んであげる
  24. 【妊娠31週目のママに!⑤】出産への恐れを解消しよう!
  25. 【妊娠31週目のママに!⑥】低体重児にならないように!
  26. 妊娠31週目!早産の危険も!
  27. 早産の危険!破水は感染症の恐れが!
  28. 妊娠31週目!体調変化によく注意を!!

妊娠31週目!お腹の赤ちゃんとママの様子はどんな感じ?!

妊娠生活も、いよいよ後期を迎えて、とうとう妊娠31週目に入りましたね。

出産まで10週を切ったこの妊娠31週目に入ると、お腹の大きさもかなり大きくなって、お腹の中で赤ちゃんが元気に育っている様子も、妊婦検診でのエコーでよくわかることでしょう。

妊娠31週目の頃のお腹の赤ちゃんの発達というのはどのような段階にあるのでしょうか。

また、ママの体はどのような変化や症状が現れるものなのでしょうか。

この頃になると、逆子と診断される場合もありますが、逆子体操などはやったほうがいいのでしょうか。

また早産による出産の危険性はどうなのでしょうか?!

この記事では、気になる妊娠31週目のあれこれについてお伝えします。

妊娠31週目のお腹の赤ちゃんの様子は?!

まずは、妊娠31週目の頃の赤ちゃんの発達の様子についてみていきましょう。

妊娠31週目になると、お腹の赤ちゃんの体重はどのくらいになって、お腹の中で、どんなことができるようになっているのでしょうか。

ここからお腹の赤ちゃんの様子についてお伝えします。

【妊娠31週目の赤ちゃん①】体重と身長は?!

まずは、妊娠31週目の赤ちゃんの体重と身長についてみていきましょう。

エコーでも見ることができる妊娠31週目の頃のお腹の赤ちゃんの体重と身長はどのくらいまで成長しているものなのでしょうか。

まず体重は小さい赤ちゃんの体重で1300gくらい、大きい赤ちゃんの体重で1900gくらいにまで育っています。

ちょっと個人差が大きいのですが、体重はだいたいこの範囲に収まっていれば特に問題はないとされています。

身長の方は、42cmから44cmぐらいの大きさまで育っています。

妊娠31週目まで来ると、エコーでも身長も体重も大分しっかりと成長してきたことがわかりますね。

【妊娠31週目の赤ちゃん②】皮下脂肪が付いてふっくらと!

妊娠31週目の頃の赤ちゃんの特徴として、皮下脂肪がついてきて、体重が増加するとともに、丸みを帯びてふっくらとしてくることです。

今までのお腹の赤ちゃんというのは、エコーで見てもまだ皮下脂肪がしっかりとついてなくて、骨と皮だけのような感じだったのですが、妊娠31週目の頃になると、エコーでも徐々に丸みを帯びて、新生児の赤ちゃんの姿に徐々に近づいてきていることがわかります。

皮下脂肪を帯びてくる様子というのは、エコーにもしっかりと映っているので、パパと一緒にその成長を見てみましょう!


◆関連記事:30週目の過ごし方の注意点はこちら

妊娠30週目の胎児の大きさは?母体の変化や過ごし方の注意点も解説

【妊娠31週目の赤ちゃん③】縦向きに落ち着く

今までの赤ちゃんというのは、子宮の大きさに比べると、かなり小さかったので、羊水の中を割と自由に動き回っていました。

そのために、エコー検査でも頭の位置が上になってり、下になったり、横になったりと、落ち着かなかったものですが、妊娠31週目の頃になると、頭を下向きにした縦向きに落ち着くようになります。

縦向きに落ち着いても、頭を上にした逆子の状態で落ち着いてしまうこともありますが、妊娠31週目ならまだ自然に治る可能性もあります。

エコーで逆子と診断された時には、これからどうしたらいいか、お医者さんとよく相談をするようにしましょう。

【妊娠31週目の赤ちゃん④】光を感じてまばたきを!

妊娠31週目になると、まぶたが上下にしっかりと置かれるようになり、まばたきもできるようになります。

うまくいけば、エコー検査の時に、エコーにまばたきをしている赤ちゃんの姿がとらえられるかもしれません。

臨月で産まれても、新生児の赤ちゃんというのは、視力がほとんどなくて、だっこしてくれるママの顔を認識することはできません。

しかし、光はすでに妊娠31週の頃には感じることができるようになっています。

子宮の中は基本的に暗いのですが、明るい光の中では子宮の中にも薄い光が差すこともあり、赤ちゃんも光をぼんやりと感じることが出来ています。

また夜と昼の区別がすでにつくようになっています。

強すぎる光を浴びると、赤ちゃんもびっくりしてしまうので、あまり強烈な光の中には入らないようにしましょう!

【妊娠31週目の赤ちゃん⑤】肺呼吸の練習継続中♪

お腹の中の赤ちゃんは、生存するのに必要な酸素は、胎盤を通してお母さんの血液からもらっています。

だから、肺で呼吸をする必要はないのですが、妊娠28週目頃から、肺呼吸をするように横隔膜を動かして、羊水を肺に吸い込んでは吐き出す、肺呼吸の練習を始めるようになります。

妊娠31週目の頃には、肺もほぼ完成しており、エコーでその様子をとらえることはできませんが、この肺呼吸の練習を毎日欠かさずやっています。

肺呼吸の練習をしている様子は、エコーには残念ながら映りませんが、頑張ってお母さんの体の外へ出てきたときの練習は、赤ちゃんもこの頃から始めているのだと思うと、ママも応援したい気持ちになりますよね!

【妊娠31週目の赤ちゃん⑥】聴覚はほぼ完成!

妊娠31週目の頃になると、視力は光を感じられる程度に発達していますが、聴覚の方はほぼ完全に聞こえるようになっています。

脳の方もほぼ機能は完成に近づいているので、夫婦げんかなど、赤ちゃんもストレスに感じるようなことは、なるべくやらないほうがいいでしょう。

胎教にいいと言われるモーツァルトなどの音楽をたくさん聞かせてあげたり、パパの絵本の読み聞かせを沢山聞かせてあげると、心が穏やかで、頭の良い子に育つと言われています!

胎教というと、ちょっと大げさに感じる人もいるかもしれませんが、生活する中で赤ちゃんにもその言葉は聞こえているということを頭に入れながら、生活するようにしましょう!

妊娠31週目に胎動を感じなくなった!それはなぜ?

妊娠31週目になると、胎動が元気だったのに、胎動が少なくなるという人もいます。それまで活発に感じていた胎動をあまり感じなくなる人も少なくありません。

今まで元気に感じていた胎動が感じられなくなると、胎動が感じられないことに不安を感じるお母さんもいますよね。

胎動が感じられなくなって不安に思うのなら、胎動がないといって病院で診察してもらいましょう。胎動がなくても、エコー検査で赤ちゃんの心音がちゃんと聞こえていれば、何の問題もありません。

妊娠31週の頃にエコーに元気な様子が映っていても胎動が少なくなるのには原因があります。

この頃に胎動が少なくなる原因は、赤ちゃんが大きく育って、子宮の大きさいっぱいになってくるからです。

子宮の羊水の中を自由に泳いでお母さんのお腹を自由自在に蹴って胎動を起こしていたのに、子宮いっぱいに大きくなりすぎたために、手足を縮めて、頭を下にした縦方向に位置を固定することが多く、胎動を起こす余裕があまりなくなります。

今まで胎動を活発に起こしていたのが、妊娠31週目の頃になると、活発に胎動を起こす余裕がなくなってしまうというのが、胎動をあまり感じられなくなる原因になります。

胎動が少なくなったことを不安に感じるようならば、病院でエコーの診察をしてもらうことが不安を解消するためには必要かもしれませんが、妊娠31週目の頃に胎動が少なくなるのには、ちゃんとした理由があるので、あまり不安に思わなくても大丈夫です!

ただ、胎動には個人差があります。臨月まで動きすぎてお腹の中に響くのが腹痛のように感じるほど元気に動き回っている赤ちゃんもいます。腹痛のように痛い胎動はきついこともありますが、そんな腹痛を感じられるのも今のうちだけなので、赤ちゃんの元気の良さを楽しんでみるのもいいですよね!


◆関連記事:いよいよ出産間近!38週目の過ごし方

妊娠38週目!出産間近の過ごし方!胎児の体重は?【必見】

妊娠31週目で逆子!逆子体操はした方がいい?!

妊娠31週目だと、逆子だと診断されてしまう場合もあります。

逆子だと出産の際に、難産になりやすく、逆子だと自然分娩を希望していても、有無を言わさずに帝王切開にしてしまう産婦人科も少なくないことから、できることならば逆子は治したいものですよね。

逆子を治すためには、逆子体操というものがあります。

逆子体操の効果については、産婦人科のお医者さんや助産師さんたちの間でも賛否両論なのが現実で、病院によっては指導してくれるところもあれば、指導してくれないところもあります。

逆子体操をやれば確実に逆子は治るというわけではありませんが、逆子体操をやっているうちに逆子が治ったという人も少なくありません。

逆子と診断されて、帝王切開になることに納得がいかないようであれば、逆子でも逆子体操を指導してくれて、自然分娩にチャレンジさせてくれる病院を探すのもいいかもしれません。

まずは、病院のお医者さんや、ご家族でよく話し合ってみることが大切になります。

妊娠31週目の逆子!自然に逆子が治ることも!

ただ、妊娠31週目の頃に逆子だと診断されても、特に逆子体操など、逆子を治すための努力をしていなかった人が、自然に逆子が治ってしまうことも珍しくはありません。

妊娠31週目の頃には、赤ちゃんの位置は縦にほぼ固定されるものですが、羊水が多い場合には、まだ自由に動き回る余地が子宮の中にある場合もあります。

その時には、赤ちゃんが自然に頭を下にしてくれることもあるので、逆子と診断されても、少し様子を見るというのも選択肢の一つになります。

妊娠31週目のママの様子は?

妊娠8ヵ月目に入り、お腹の大きさもかなり大きくなってきた妊娠31週目のママの体というのは、どのように変化をしているのでしょうか。

妊娠31週目に入ると、万が一陣痛のような腹痛が起きて、出産してしまい、早産になったとしても、赤ちゃんに障害が出るいう恐れは今までと比べるとぐっと少なくなるので、この時期というのは一安心できる的になります。

しかし、お腹が大きくなってきたことで、生活する上で様々な不便を感じるようになるのも確かなことです。

いったい、妊娠31週目のママはどのような感じなのか見ていきましょう。

【妊娠31週目のママの様子①】お腹が大きくなる

妊娠31週目になると、かなりお腹が大きくなってきます。

妊娠31週目の子宮の大きさは、おおよそ27cmぐらい。小学生の時に算数で使っていた30cmの物差しよりも、少し小さいくらいと言えば、その大きさがイメージできるでしょうか。

妊娠していない時の子宮の大きさというのは、鶏の卵1つ分ぐらいの大きさです。

それが、今や長さは30cm近くまでに大きく膨らんでいるのです!

お腹もそれに伴ってかなりでてくるようになります。

お腹が大きくなるのに伴って、生活動作がかなり大変になってくるのもこの頃からです。

バランスが取りにくくなってくるので、あまり無理な動きはしないように気をつけることが大切です。

【妊娠31週目のママの様子②】動悸・息切れ・息苦しさ

妊娠31週目の頃になると、動悸や息切れ、息苦しさといった、循環器系の症状を訴えるママも増えてきます。

動悸や息切れなどが起こると、肺や心臓に何か疾患が出来てしまったのではないかと心配する人もいますが、妊娠31週目の頃にこのような症状が出ても、特に心配する必要はありません。

動悸や息切れなどが起こる原因というのは、大きくなって子宮に内臓が押しつぶされて、横隔膜が圧迫されるために、息がしにくくなることが原因なります。

ウォーキングなどの適度な運動をすることは大切ですが、無理をし過ぎると貧血や目まいなどの症状が出てしまうこともあります。

家事や運動をするときには体調と相談しながら無理を過ぎない程度にすることが大切です。

【妊娠31週目のママの様子③】妊娠高血圧症候群の恐れが!

妊娠すると、妊娠前と比べると臨月の頃には血液の量は約2割増えると言われています。

妊娠初期から血液の量というのは徐々に増え始めていますが、一番増加量が増えるのがこの妊娠31週目の頃になります。

急激に増えた血液が血管を押し広げる形になるために、心臓に負担がかかったり、血圧が高くなったりしがちなのがこの時期になります。

この時期に、栄養のバランスの悪い食事を取っていたり、す塩分を取りすぎたりしていると、妊娠高血圧症候群になってしまう人も少なくありません。

今まで血圧や尿たんぱくに全く異常がなかった人でも、妊娠31週目に突然妊娠高血圧症候群と診断される人もいるので、注意が必要です。

【妊娠31週目のママの様子④】背中が反って腰痛が!

妊娠31週の頃になると、お腹が大きくなって、身体のバランスがとりにくくなるために、背中が反り返ってしまい、腰痛になってしまう人も少なくありません。

お腹の中に、2kgもあるボールを淹れているような状態なので、どうしてもバランスがとりにくくなってしまい、背中が反ったような自然になってしまうのは仕方がありません。

しかし、背中が反ってしまうと腰痛になりやすくなってしまうので、できるだけ背中をまっすぐ保つように意識をすると、腰痛が改善されることが多いようです。

【妊娠31週目のママの様子⑤】むくみやすい!

妊娠31週目になると、むくみ悩むママも多くなっていきます。

妊娠中は、身体の中の血液量と水分量がどうしても増えるために、むくみやすくなってしまうのは仕方がないのですが、あまりむくみがひどくなりすぎると、足がパンパンになってしまったりすることもあります。

また、妊娠高血圧症候群の症状としてむくみが出ることもよくあるので塩分控えめの食事を心がけるなど、注意が必要です。

妊娠高血圧症候群ではないけれども、むくみが辛い時には、手足のマッサージをしてみたり、温かいお風呂にゆっくりと浸かるなどして、身体の血行の循環をよくするようにしてみましょう。

【妊娠31週目のママの様子⑥】胃もたれも!

妊娠31週目になると、胃もたれや胃痛、消化不良による腹痛に悩むママも増えてきます。

この胃もたれや腹痛は、大きくなった子宮が内臓を押し潰すために、胃腸も押しつぶされてしまい、働きが悪くなることによって起こる症状です。

特に、胃腸関係の病気ではないので心配は要りません。


お腹が大きくなってくると、今までと同じ食事量では一度に消化するのが大変になります。

胃もたれや腹痛を起こさないようにするために、消化のよいものを、1回の食事量を減らして、回数を増やすようにして、1回あたりの胃腸の負担を減らすように工夫をしましょう。

妊娠31週目のママがやった方がいい事とは?

妊娠31週目の頃の赤ちゃんとママの様子についてはわかりいただけたでしょうか。

ママのお腹も相当大きくなってきて、生活のあれこれに不便が沢山出てくるようになりましたが、その一方で赤ちゃんはしっかりと成長していることもわかりますね!

こんな、妊娠31週目の頃だからこそ、ママがやったほうがいいことというのがいろいろとあります。

妊娠31週目の頃のママがやったほうがいいことにはどのようなことがあるのか、ここからみていきましょう。

【妊娠31週目のママに!①】安産体操

妊娠31週目になったら、ぜひママにやって欲しいことには、安産体操があります。

産婦人科や助産院でもあまり指導してくれるところが少ないので、ご存知ない方も多いかと思いますが、安産体操というのは、股関節や骨盤周りの筋肉を、無理なくやわらかくすることができる体操で、股関節周りや体が硬い人でも行うと効果が高いと言われている体操のことです。

YouTubeなどにやり方を解説した動画かアップされているので、ぜひそういったものを参考にして、毎日少しずつやってみたらいかがでしょうか?!

【妊娠31週目のママに!②】水分補給

妊娠31週目のママには、ぜひ水分補給をこまめに行って欲しいと思います。

妊娠31週目の頃になると、急激にお腹が大きくなる上に、身体の中の血液量や水分量が増えるために、今までと同じ水分摂取では、脱水症状を起こしてしまうこともあります。

また、水分補給をするとむくむのではないかと心配する人もいますが、こまめに水分補給をすることで、体の中の水分が循環しやすくなることで、むくみ対策にも有効的です。

体にいいミネラルウオーターや麦茶やほうじ茶などを水筒やペットボトルで持ち歩いて、こまめに飲むようにしましょう。

【妊娠31週目のママに!③】体力づくりをする!

妊娠31週目の頃のママにぜひやって欲しいことは、体力づくりです。

今まで仕事をしていた人のほとんどが、妊娠8ヵ月といえば、産休に入る頃ですよね。

仕事をしていた人も、仕事をしていなかった人も、お腹も大きくなって、産休に入ったばかりで少しのんびりしたいと、ついつい運動不足になってしまう人も少なくありません。

しかし、運動不足になるとむくみの原因にもなりますし、来るべき出産にはものすごい体力が必要になります。

お腹に張りを感じない程度のできる範囲でいいので、ウォーキングやマタニティースイミング、ストレッチなどのできる範囲の運動を行うように心がけましょう。

【妊娠31週目のママに!④】胎児名で呼んであげる

妊娠31週目の頃になったら、お腹の赤ちゃんに名前をつけてあげましょう。

これは、生まれてからつけるちゃんとした名前とは別に、胎児名と呼ばれる、お腹の中にいる時だけの名前になります。

ちゃんとした名付けは、出産後の楽しみにしておいて、お腹の赤ちゃんに呼びかけるときに使う名前を付けて、ぜひ頻繁に話し掛けてあげてください。

脳も聴力もほぼ完成しているので、パパやママのお話をお腹の赤ちゃんもちゃんと聞いてくれますよ。

【妊娠31週目のママに!⑤】出産への恐れを解消しよう!

妊娠8ヵ月に入ると、来るべき出産の時の陣痛の痛みに恐れを感じ始めるママも少なくありません。

中には、陣痛の痛みを避けたいために、本気で帝王切開を選ぼうかと考え始める人も出てくるようです。

確かに、陣痛の痛みというのはこの世のものとは思えないほどの苦しみですが、やはりその苦しみを乗り越えて赤ちゃんと出会えたときの喜びというのは、言葉では言い表せないほどのものになります。

マタニティー教室へ通って情報交換をしたり、先輩ママの体験談を読んだりして、出産への恐れを解消するようにしましょう。

どうしても心配な人は、かかりつけの産婦人科で、無痛分娩をしてもらえないか相談することもいいでしょう。

【妊娠31週目のママに!⑥】低体重児にならないように!

近年、生まれてくる赤ちゃんに増えている問題が、低体重児が増えていることだといわれています。

低体重児というのは、生まれただけの体重は2500g以下の赤ちゃんのことをいいます。

その中でも、1500グラム以下を極低体重児、1000グラム以下を超低体重児と呼びます。

近年、正産期でも低体重児が増えていることが問題になっています。

低体重になってしまう原因は、栄養不足で、脳や臓器が十分に発達できなかったことで、様々な病気や障害の合併症や、知的障害や発達障害などになる確率が増えてしまいます。

赤ちゃんが栄養不足になってしまう最大の原因というのは、厳密すぎるママの体重管理にあります。

確かに妊娠中に太り過ぎることは、ママの体にも赤ちゃんの体にも良い影響を及ぼさないので、栄養バランスのとれた食事を適正なカロリ-に抑えることは大切なことです。

しかし、自分の体型が崩れることを気にしたり、出産後のん体系の戻りを優先して、ちゃんとした食事を取らずに出産を迎える妊婦さんも増えていて、低体重児が増える原因になっています。

赤ちゃんが育つためには、最低限必要な栄養やカロリーは大切なので、食事制限をするときには、栄養バランスやカロリーをしっかりと考えた食事内容を心がけるようにしましょう。

妊娠31週目!早産の危険も!

妊娠31週目はまだ正産期に入っていないので、出産してしまった場合には早産になってしまいます。

妊娠8ヶ月に入っているので、早産で出産してしまっても、現代の医学では赤ちゃんに障害が残る可能性は今までよりはぐっと低くなります。

しかし、赤ちゃんにとって早産になる出産よりは、正産期になるまではお母さんのお腹の中にいたほうが安心できることは間違いありません。

お腹に余計な力が入ると、子宮の収縮が始まってしまい、陣痛が起きてしまい早産になってしまうこともあります。

胎動や消化不良による腹痛とは違う腹痛を感じた時には注意が必要です。妙な腹痛や出血などを感じたり、破水した時にはすぐに病院へ連絡しましょう!

早産による出産にならないように、この時期にはよく気を付けましょう!

早産の危険!破水は感染症の恐れが!

妊娠31週目の頃に、早産になりそうな時には、腹痛などの早産の兆候があります。

早産の兆候とは、陣痛のような腹痛が起きたり、陣痛よりも先に破水してしまうこともあります。

また陣痛かどうかはわからないけれども、妙な腹痛を感じたり、いつもとは違う腰痛を感じる時や、出血が見られたときも要注意です。

腹痛が起こるよりも、この時期の早産の兆候で一番心配なことは、破水から赤ちゃんに起こる感染症です。

羊水の中は無菌に保たれていますが、羊膜が破れて破水してしまうと、そこから羊水に細菌が入り、赤ちゃんが感染症になってしまう可能性があります。

この時期の赤ちゃんというのは、まだお母さんの体から免疫をもらっていない時期になるので、抵抗力がとても弱いのです。

そのために、早産で出産しても感染症になる確率が高いので、早産はできるだけ避けるべきなのです。

今まで感じたことはないような腹痛や、腰痛、出血があったら、病院へすぐに連絡することが大切ですが、破水してしまって時には、特にすぐに病院へ行く必要があります。

妊娠31週目!体調変化によく注意を!!

出産まで、いよいよ10週を切ったこの妊娠31週目の様子はご理解いただけたでしょうか?!

体型が大きく変わってくるこの時期、生活のあれこれが不便になっていくものです。

またちょっとしたお腹や子宮への刺激で、腹痛になったり、陣痛や破水が起きてしまい、早産になってしまうことも少なくありません。

変な腹痛が起きて、早産になることがないように、ちょっとした体調変化には敏感になって、ぜひ元気な赤ちゃんをまだまだお腹の中ではぐくんでください!

もっと妊娠について知りたいアナタはこちら

妊娠の安定期は何週目?いつからいつまで?過ごし方、注意点は?
妊娠40週目!陣痛が予定日を過ぎてもこない?出産の兆候とは?
妊娠39週目!おしるしは出産が近い兆候!胎動も激しくなる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ