戌の日の安産祈願の服装は?夏・冬や女性・男性別に紹介!

戌の日に我が子の為ママの為への安産祈願は、是非行っておきたいものですね。いつが出産予定日かによって安産祈願に出掛ける戌の日は変わってきます。今回は季節別、ご両親と一緒の場合、またラフな服装でいくか綺麗な服装でいくかなど、ケースに合わせてた服装のご紹介です。

戌の日の安産祈願の服装は?夏・冬や女性・男性別に紹介!のイメージ

目次

  1. 戌の日の安産祈願での服装とは
  2. 【戌の日の安産祈願での服装】女性編
  3. 【戌の日の安産祈願での服装】男性編
  4. 【戌の日の安産祈願での服装】祈祷とお参り編
  5. 【戌の日の安産祈願での服装】腹帯について
  6. 【戌の日の安産祈願での服装】親御さんと一緒編
  7. 【戌の日の安産祈願での服装】春
  8. 【戌の日の安産祈願での服装】夏
  9. 【戌の日の安産祈願での服装】秋
  10. 【戌の日の安産祈願での服装】冬
  11. まとめ

戌の日の安産祈願での服装とは

戌の日にママやお子さんへ安産祈願のお参りは是非行っておきたいものですね。安産祈願は妊婦さんの間だけする事の出来る特別なお参りです。

しかし、安産祈願はどんな服装で行ったらいいの?ラフな服装で大丈夫?それとも綺麗な服装で行った方がいいの?なんて迷ってしまう方も多いようです。

特に初妊婦さんの場合、皆さん初めてですから迷ってしまうのは当たり前の事でしょう。では先輩の妊婦さんはどんな服装で戌の日を迎え安産祈願をしているのか、また女性だけでなくパパになる男性はどんな服装でお参りしているのかを見ていきましょう。

■参考記事:パワースポットは相性のいい場所へ、コチラもチェック!

パワースポット・神社は自分の属性と相性が合うところに行こう!

【戌の日の安産祈願での服装】女性編

まずは当事者である女性の服装から見ていきましょう。戌の日を迎える妊婦さんは5ヵ月を迎えた頃。さほど目立ってはいないお腹ですが今までの女性服がちょっときつくなってくるのでそろそろマタニティ用の服の方が楽かな。というイメージの頃でしょう。

そんなママの服装は、「お腹を締め付けず、負担のない服装」がお勧めです。体型を選ばないチュニックなどの普段の服装でお参りに来るママは沢山います。

また折角のお参り、女性ですからお気に入りの服装で行きたいというママもいます。そんな女性にはワンピースも綺麗に見えつつお腹に締め付けが無いのでお勧めです。

中には自由に幅を調節して着る事が出来るので着物をチョイスするという昔ながらの伝統を大切にする女性も。安定期に入ったばかりですのでとにかく体に負担のないものを選びましょう。

【戌の日の安産祈願での服装】男性編

次に同じくパパになるという男性の服装を見てみましょう。実際に妊娠し、出産を経験するママと違って男性がご自分を「パパ」だと実感するのは産まれてからだと言われることもあります。しかし、初めてなのはパパもママも同じ事です。是非一緒にお参りをして赤ちゃんを迎える準備をしていきましょう。

そんなパパの服装は、「ママに合わせた服装」がお勧めです。メインは赤ちゃんとママの安産祈願のお参りですから、パパはサポートに回りつつ積極的に参加する事がママへの安心にもつながります。

ママが「折角のお参りを記念に残したい!」と綺麗なワンピースでお参りを楽しみにしていれば隣に並んで写真もバッチリ決まる男性らしいスーツが定番です。

また、「つわりが酷いので、出来るだけ楽な服装で行きたい!」と時期的にママの体調が思わしくない場合には、パパもママのサポートがしやすい日常的に来ているジーパンなどの服装でという方も沢山いらっしゃいます。

男性側は部外者になりがちですが、現在は一緒にお参りに来る男性は沢山います。イクメン男性を沢山見る機会にもなりますので、是非楽しんでお参りしに行きましょう。

【戌の日の安産祈願での服装】祈祷とお参り編

安産祈願に来て、祈祷もお願いする場合にはコートやジャケットを脱いで上がります。その際には中のものにも気を配りたい所。
コートで見えないからと中の服装にこだわらないで行ったら脱ぐのに躊躇してしまった。なんて事の無いように祈祷を希望されている場合には、気を付けましょう。また羽織りものは脱ぎ着しやすいものがお勧めです。

【戌の日の安産祈願での服装】腹帯について

安産祈願に行かれる方が、意外と悩まれるのが腹帯をどうするかという事のようです。安産祈願は妊婦さんや赤ちゃんの為に行われるので、服装の下に腹帯を巻いて祈祷を受けるという方もいらっしゃいます。

最近は当日は付けずに「お清め祓い」をしてもらう方が多いようです。巻かずに持って行けば印を押してもらえますので記念にもなりますしご利益を目で見て感じられるかもしれませんね。お参りに行かれるところがどのような形で行っているかはあらかじめ問い合わせていくと安心でしょう。

【戌の日の安産祈願での服装】親御さんと一緒編

両家のご両親と一緒に安産祈願に行かれる方もいらっしゃるでしょう。特に旦那さん側のご両親が来るとなると服装は迷ってしまうという方も多いようです。

そんな時は、まず当事者であるパパとママがとんなお参りをしたいかを相談する事にしましょう。お祝い事なのできちんとしたいという方は「スーツやワンピースで行く予定です。」、あまり仰々しくしたくなく気軽にしたいという方は「平服で行く予定です。」など、イメージを伝えておけば、ご両親にも伝わりやすいでしょう。

中には、「こんな服装でなければ!」なんてイメージが強い親御さんもいらっしゃいますが、あくまで親御さんの理想ですのでどこまですり合わせるかはご夫婦主体で考えるようにしましょう。

出産が終われば、お宮参り、七五三などイベントはまだまだ続きます。予め相談しておくことで今後のご両親との関係も円滑に進めていく事が出来るでしょう。

【戌の日の安産祈願での服装】春

それでは、今度は季節毎に先輩妊婦さんのお参りスタイルを見ていく事にしましょう。
まずは、「春の服装」です。

春に戌の日のお参りを迎えるに妊婦さんは、羽織ものが必須アイテムです。日によって寒暖差が出る事の多い春。ぽかぽかと暖かい春の日差しに恵まれればよいのですが、今は春でも汗ばむ位の夏を感じる日もありますし、春一番などの風は意外と体を冷やします。冷えが禁物で体温調節のしにくい妊婦さんにとっては春のお出かけには羽織ものが一枚あるだけで安心できるでしょう。

薄手のカーデガンなら祈祷の際に小さくたたむことが出来ますし、ジャケットなら綺麗なワンピースの上に羽織っても素敵ですね。春らしいパステルカラーをチョイスすれば、写真を撮った時も映えるでしょう。

■参考記事:普段のマタニティファション、コーデ例や注意点をチェック!

【マタニティファッション】妊婦の服装は?おすすめコーデまとめ
マタニティワンピースおしゃれなおすすめ13選!妊婦さん必見!

【戌の日の安産祈願での服装】夏

次は夏の妊婦さんの服装です。

夏に戌の日のお参りを迎えるに妊婦さんは、とにかく涼しい恰好を意識しましょう。お参りは午前中から正午早い時間など動きやすい時間が多いはず。だんだんと夏の強い日差しが照り付けてくる時間になってくるのです。

夏とはいえ、時間が遅くなってしまうようでしたら羽織ものは必要かもしれませんが、夏の日が出ている時間であれば、妊婦さんの体はとにかく暑いのです。おなかの赤ちゃんの分体温も上がりますし、冷やし過ぎはよくありませんが妊婦さんがのぼせないよう出来るだけ風通しの良いものを選びましょう。

夏ですから平服ならTシャツなどのラフな服装で来られる妊婦さんもいる位、夏のお参りスタイルはカジュアル感は強いでしょう。綺麗なワンピースをチョイスするなら夏らしいレースをあしらったものなどもいいですね。

【戌の日の安産祈願での服装】秋

それでは次に秋の妊婦さんの服装です。
秋に戌の日のお参りを迎えるに妊婦さんは、春と同様にやはり羽織ものを一枚持って行くのがお勧めです。

秋は季節的に、まだまだ夏のように暑く、「本当に秋になったの?」と感じる日もありますし、北からの風が強く「秋がなくて冬になってしまったのでは?」なんて肌寒さを感じる日もあります。寒暖差が日によって一番差出るのがこの「秋」という季節の特徴です。

ですから、春のように薄手一枚というイメージではなく、寒かったらすぐ着る事の出来る厚手のものを一着用意しておくと安心でしょう。

秋は季節的にもブルゾンやジャケットなどのおしゃれアイテムも沢山出てきている時期です。アウターであれば妊婦期が終わり来年、ママになってからの秋物としても使う事ができます。秋の新作が出る夏の終わりからチェックしておくとお気に入りの秋の一着が探せるかもしれませんね。

【戌の日の安産祈願での服装】冬

最後は冬の妊婦さんの服装です。

冬に戌の日のお参りを迎えるに妊婦さんは、とにかく寒さ対策を徹底しましょう。冬の冷えは妊婦さんにとって大敵です。冬の定番、厚手のコートにムートンブーツ、帽子やマフラー、手袋等々準備には万全の対策を立てましょう。

冬妊婦さんの必須アイテム腹巻や腰にホッカイロを張るのもおすすめです。出来ればパンツの着用がお勧めですが、折角のお参りですからワンピースで行きたいという方もいらっしゃるでしょう。その際には厚めのタイツを是非検討してみて下さい。マタニティー用のお腹周りのきつくないレギンスやタイツは妊婦用品やベビー服売り場で豊富に取り揃えてありますよ。

まとめ

いかがでしたか。安産祈願の服装は男性も女性も必ずフォーマル着用という決まりがある訳ではありません。昔よりももっと手軽で、形式的ものというよりも、ママと赤ちゃんのお参りをするという意味合いに重点をあてているという方が多いようです。

安産祈願のお参りは今しかできない、唯一のお参りです。気軽にお出かけして、記念に写真を撮って、妊娠中の素敵な思い出の一つにして、安心して出産を迎えられるようにしましょう。

神社参拝のマナーについてもっと情報を知りたいアナタに!

神社参拝の作法:願い事を叶えるお参り方法とマナー
神社本庁とは?【大人の常識】
神社の参拝時間帯は朝がいい?夕方・夜はよくない?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ