ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】

シンプルな生活を追求するミニマリスト!ミニマリストは生活の中で余計な物を持たないことを主義としていますが、実は毎日の食事についても超シンプルな考え方を持っているのをご存知でしょうか。当記事ではミニマリストの食事メニューや1日の食費等についてまとめてみました♪

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】のイメージ

目次

  1. 話題のミニマリストっていったい何?
  2. ミニマリストは食事も超シンプル!独特のその考え方とは?
  3. シンプルが最高!ミニマリストの食事や食費の15の特徴
  4. ミニマリストの食事の特徴(1)食事の回数が少ない
  5. ミニマリストの食事の特徴(2)1日あたりの食費を決めている
  6. ミニマリストの食事の特徴(3)安い食材を厳選している
  7. ミニマリストの食事の特徴(4)曜日でルーティンを決めている
  8. ミニマリストの食事の特徴(5)時短調理を意識している
  9. ミニマリストの食事の特徴(6)自炊をメインにしている
  10. ミニマリストの食事の特徴(7)加工食品が好きである
  11. ミニマリストの食事の特徴(8)外食は同じ店しか行かない
  12. ミニマリストの食事の特徴(9)野菜メインの食事が多い
  13. ミニマリストの食事の特徴(10)家電は必要最低限である
  14. ミニマリストの食事の特徴(11)調味料は最低限しか使わない
  15. ミニマリストの食事の特徴(12)食事時間を決めている
  16. ミニマリストの食事の特徴(13)冷凍ワザを駆使している
  17. ミニマリストの食事の特徴(14)やけ食いをしない
  18. ミニマリストの食事の特徴(15)健康に気を使っている
  19. リアルなミニマリストの食事内容をチェック!
  20. ミニマリストの食事の内容(1)サプリで栄養補充
  21. ミニマリストの食事の内容(2)完全自炊生活
  22. ミニマリストの食事の内容(3)ダイエットにも効果的
  23. ミニマリストの食事の内容(4)シンプルな食生活が習慣に!
  24. まとめ

話題のミニマリストっていったい何?

いまテレビや雑誌で頻繁に話題になるミニマリスト、皆さんは耳にしたことはありますでしょうか?

ミニマリストとは簡単にいうと、毎日の暮らしの中で必要最低限の物しか持たずに生活している人たちの事をいいます。シンプルイズベストな考えを追求し、省けるものはとことん省いて身軽に生きようという考え方をするのが大きな特徴で、若い人から年配の人まで幅広い年代の人に支持されている考え方になります。

多くのミニマリストの人たちは家の中が非常にスッキリと片付いているのも大きな1つの特徴です。洋服、家電、家具、雑貨、書籍など自分で本当に必要だと感じる以外のものは一切身の回りに置かないことを徹底しています。

狭いスペースに物があふれている人から見ると、ミニマリストの人の生活はシンプルながらとっても洗練された暮らしに感じるかもしれませんね。

ミニマリストは食事も超シンプル!独特のその考え方とは?

毎日の暮らしの中で徹底して無駄を省くミニマリストの生活は、実は人それぞれ食事内容についても独特の考え方やルーティンを持っている場合があります。

食事はメニューからじっくりと考えて手間暇をかけて作り家族や友人と一緒に食べることを生活の楽しみにしている人たちとは異なり、ミニマリストの人は食事に関する手間暇も出来るだけ省いていきたいと考えていることがよくあります。

ミニマリストの食事は基本的にまず食器の数も必要最低限で毎回同じ食器を使います。お皿や器なども使えればそれで良いという考え方のためどんなメニューにも合う無難でシンプルな無地の食器を使う場合が多く、様々な食器におかずを盛りつけて目で見て楽しむという考え方も一切ありません。

徹底したミニマリストの人は自宅での自炊を全く行わず全ての食事をお弁当や惣菜などで済ませてしまう人もいるほど、食に対してあまり執着がない人が多く食費もあまりかけようとしないのも特徴になります。

■参考記事:ミニマリストが実践している断捨離術をチェック!

ミニマリストの断捨離術!持たない暮らしの方法まとめ!【スッキリ】

シンプルが最高!ミニマリストの食事や食費の15の特徴

暮らしの中で食事に対してもとことんシンプルを追求するミニマリストですが、今回はそんなミニマリストの食事のメニュー内容や食費についての考え方などについて15の特徴をご紹介していきたいと思います!

ミニマリストのようにシンプルですっきりとした暮らしを楽しみたいと憧れる人や、または恋人や家族がミニマリストであるという人でも、読めばきっとミニマリストのそのストイックな性格や考え方に驚かされること間違いなし!

ミニマリストの人たちの毎日の生活の独特な食事内容や食費についてのルーティンや特徴、皆さんは共感することはできますでしょうか?

気になる方はぜひ1つずつチェックして確認してみてくださいね♪

ミニマリストの食事の特徴(1)食事の回数が少ない

ミニマリストの食事の特徴の1つめは、食事の回数が少ないことです。

ミニマリストの人は、毎日の食事は手間や時間や食費がかかる少し面倒なものであるという考えを持っていることが少なくありません。人は当然食べなくては生きていくことはできませんが、ミニマリストは毎日の食事を必ずしも3回とる必要はないと考えることも非常に多いようです。

そのためミニマリストは朝食と夕食はきちんと食べても、仕事や外出で何かと忙しい昼食は抜いてしまう人が多くなります。食べたとしてもしっかりとしたお弁当などではなく、手軽に片手で食べられるパンや一口サイズのお菓子などの軽食メニューで済ませてしまうこともよくあります。

また食事をしながら常に何か作業をしていることも多く、どれだけ時間や食費を抑えられるかに重点を置いている人もたくさんいます。

ミニマリストの食事の特徴(2)1日あたりの食費を決めている

ミニマリストの食事の特徴の2つめは、1日あたりの食費を決めていることです。

ミニマリストは食事を生活の楽しみの1つだとは考えていません。そのため食事のメニューは安ければ安いほど良いと感じている場合もあります。

余分なものを買い込んだり無駄遣いをすることに抵抗があるミニマリストは食事のメニュー内容を充実させることよりも、1日あたりの食費ルールを守る事の方が大切だと考えます。

ミニマリストは例えば1日あたり食費は1000円と決めた場合は朝は卵かけご飯とお味噌汁、お昼はなし、夜ご飯は半額割引のお弁当といった感じの食事メニューが毎日続いたとしても全く平気です。

ミニマリストの食事メニューは生活の中で食事が最も大切だと感じる人にはあまり理解してもらえないことも多くなります。

ミニマリストの食事の特徴(3)安い食材を厳選している

ミニマリストの食事の特徴の3つめは、安い食材を厳選していることです。

ミニマリストは同じ食事メニューが何日も続いても特に苦に感じることはありません。買い物では常に底値の安い食材を厳選して購入し、「絶対にコレが食べたい」という執着もあまり持っていません。

ミニマリストを極めている人は米と海苔、うどんやソバをルーティンすれば生きていけると考えている人もいるほどです。

ミニマリストの食費は人によって差はありますが、一人暮らしであれば嗜好品や付き合いでの飲み会などを含めても月に15000円から30000円以内に収まる人が多く、世間の食費の平均金額よりもかなり低くなるのが特徴です。

ミニマリストの食事の特徴(4)曜日でルーティンを決めている

ミニマリストの食事の特徴の4つめは、曜日でルーティンを決めていることです。

「食事のメニュー内容を決める時間がもったいない!」「暮らしていく中でいちいち予算内か確認するのが面倒くさい」というミニマリストの人は、なんと曜日で食事メニューのルーティンを決めている人もいます。

月曜はこれ、火曜日はこれと曜日で食事メニューを決めて何も考えずに流れ作業的に食事を済ませてしまう人は、かなりの上級ミニマリストといえますね。

また曜日単位でルーティンを決めている人の他にも、1ヶ月単位で食事メニューのルーティンを決めている人やお弁当や総菜でルーティンを決めている人もいます。買い物に行く頻度もルーティンに組み込んでいるミニマリストもたくさんいます。

暮らしの無駄を省くことに喜びを感じるミニマリストはルーティンを好む傾向が強いといえますね。

■参考記事:ミニマリストは服の着回しも上手い?

ミニマリストの女性の服を学べ!少ない枚数でもおしゃれなコーデ!

ミニマリストの食事の特徴(5)時短調理を意識している

ミニマリストの食事の特徴の5つめは、時短調理を意識していることです。

ミニマリストは毎日の生活の中での食費の無駄遣いや時間の無駄遣いを嫌います。そのため自炊をする時は自然と時短調理を追求するという特徴もあります。

全てのメニューをお鍋1つで手早く作ったり、炊飯器でご飯を炊きながら蒸し料理をしたりと時短テクニックを駆使してあっという間に食事のメニューを作り上げます。

食事メニューの見栄えなどにはこだわりを持たない人も多いため例えお弁当を作ったとしてもシンプルな丼ものや大皿メニューが多くなりますが、一人暮らしであれば十分です。

時短調理を意識するあまりオリジナルメニューを考えるのが得意な人も多いようですね。

■参考記事:手抜きでも美味しいお弁当の作り方は?

手抜き弁当レシピ15選!簡単なのに手抜きに見えない!

ミニマリストの食事の特徴(6)自炊をメインにしている

ミニマリストの食事の特徴の6つめは、自炊をメインにしていることです。

上記でもご紹介しましたが、ミニマリストは食事に時間もお金もかけたくない人が多いため、どうしても自宅ですぐに食べられる自炊がメインになる傾向があります。

自炊といってもミニマリストの場合は冷蔵庫の残り物を刻んでご飯に乗せただけのものや、スーパーの安いお惣菜やお弁当に軽くアレンジを加えただけのものが多くなります。

ミニマリストは食事よりも他にしたい事があると立ちながら食事をしたり作業しながら食事を取ることも多く、通常の感覚の人から見るとあまりお行儀が良くないと感じることもあるかもしれません。

ミニマリストの人が外出先でお弁当を食べるような時は、毎日の生活の悪いクセが出ないように気を付けなければいけませんね。

ミニマリストの食事の特徴(7)加工食品が好きである

ミニマリストの食事の特徴の7つめは、加工食品が好きであることです。

ミニマリストは食事に対するその独特の考え方から、加工食品が好きだという特徴もあります。即席麺や缶詰などの加工食品はスーパーやコンビニのお弁当などとは違って日持ちがするうえに、食べたい時にすぐ食べることができるためミニマリストの人に非常に人気があります。

最近は缶詰や加工食品の味もかなり工夫され美味しくなってきていますし、変わった缶詰などもネット通販で気軽に購入することができるようになりました。

シンプルに暮らしたいミニマリストには缶詰はとても使いやすいアイテムかもしれませんね。

ミニマリストの食事の特徴(8)外食は同じ店しか行かない

ミニマリストの食事の特徴の8つめは、外食は同じ店ばかりになることです。

自炊がメインのミニマリストでも外食を全くしないという事はありません。回数は少なくても職場や友人とのお付き合いで飲み会に行くこともありますし、食事に出かけることもあります。どうしても時間がなく1人で外食をすることもあるでしょう。

しかしミニマリストの人は外食に関しても新しくお店を開拓する時間や手間が無駄だと考えてしまうことがよくあります。1人で外食をする時はこれまで入ったことがないお店に行くことは珍しく、通いなれたいつもの同じ店に行く事が多くなります。

通いなれたお店であれば食事メニューの内容やだいたいの金額も分かっているため安心するという理由もあるようです。外食がどうしても面倒な人はお弁当などを持ち帰ることの方が多いかもしれませんね。

ミニマリストの食事の特徴(9)野菜メインの食事が多い

ミニマリストの食事の特徴の9つめは、野菜メインの食事が多いことです。

ミニマリストというのはただ食事の手間や時間がもったいないという考えの人だけでなく、毎日の生活の中で体の中に余分なものは入れたくないという考えの人もたくさんいるのをご存知でしょうか。

自炊メインの食事を続けるミニマリストの中には、買ってきたお弁当やお惣菜、または外食のメニューに使われている添加物や油などを非常に気にしている人も意外と多いものです。

体に余分なものを入れたくないというミニマリストの場合は食事メニューが野菜中心のシンプルなものになることも多いようで、お弁当を作る時も温野菜とおにぎりのみという内容のお弁当を持参することもあり周囲の人を驚かせることも!

シンプルに暮らしていきたいという考えのミニマリストはあまり太っている人がいないのは、このような食生活のルーティンが理由となっているのかもしれませんね。

ミニマリストの食事の特徴(10)家電は必要最低限である

ミニマリストの食事の特徴の10個めは、家電は必要最低限であることです。

ミニマリストは便利な生活よりもシンプルな生活を好みます。リビングや寝室はもちろん、キッチンでも必要最低限の家電しか置いていない人もかなりたくさんいます。

普通の家庭では当たり前のように置いてある電子レンジや炊飯器といった家電も持っていない人も多く、非常に工夫をこらして対処してしまうという特徴もあります。

究極のミニマリストの中にはなんと冷蔵庫を持たず外食やお弁当のみで生活しているという強者もいるほどで、普通の人がミニマリストの自宅にお邪魔すると衝撃を受けることも少なくありません。

ミニマリストの人の食生活はとことん無駄を省くことで、不便になるように見えて実はお金にも時間にも余裕を生み出す不思議な特技を持っているといえるかもしれません。

ミニマリストの食事の特徴(11)調味料は最低限しか使わない

ミニマリストの食事の特徴の11個めは、調味料は最低限しか使わないことです。

ミニマリストの人は調味料も最低限しか揃えていないのも大きな特徴の1つです。同じメニューや味が続いても特に苦痛に感じないミニマリストはお弁当なども毎回同じもので済ませてしまうこともあるほど、食事の味に無頓着です。

そのため調味料についても塩と砂糖のみという人が多いのも他の普通の人には見られない特徴の1つになります。

料理好きな人のキッチンにはスパイスやドレッシングなどが所狭しと並んでいるものですが、ミニマリストのキッチンにはごくわずかの調味料しか置かれておらずしかもそのルーティンで事足りてしまいます。

ミニマリストの人の家で料理を作ったり食事をするような場合は、調味料を持参した方が良いかもしれませんね。

ミニマリストの食事の特徴(12)食事時間を決めている

ミニマリストの食事の特徴の12個めは、食事時間を決めていることです。

ミニマリストの人は自分で決めたルールやルーティンは絶対に守り通したいという生真面目な性格をしているものです。日々の暮らしの中でも自分で食事時間について時間を決めた時は、よほどの事がない限りその時間を守ろうとする傾向があります。

ミニマリストの人は自分の決めたルールやルーティンが守れない時は強いストレスを感じてしまいます。そのため時にはその食事時間や食費のルールやルーティンを周囲の人にも強要してしまう事があります。

ルールやルーティンにこだわるあまりに、家族や恋人や友人など大切な人に迷惑をかけることがないよう気を付けなければいけませんね。

ミニマリストの食事の特徴(13)冷凍ワザを駆使している

ミニマリストの食事の特徴の13個めは、冷凍ワザを駆使していることです。

ミニマリストは食事のメニューをシンプルにしたり食費を抑えるために、様々なおかずを大量に作って冷凍しておくのがとても得意です。

1人暮らしでも温めればすぐに食べられるようなおかずがたくさんあると、翌日のお弁当を作る時にも短時間で簡単にシンプルなお弁当を作ることができますね。

冷凍ワザを使っている人の中には何を冷凍した忘れてしまう人もいるのですが、ミニマリストの人は作り置きをしたおかずなどはしっかりと把握しています。タッパーの数もむやみに増やさず必要最低限と決めているため、冷凍庫がパンパンになってしまうということもありません。

ミニマリストは日々の暮らしの中でとても上手に冷凍ワザのルーティンを取り入れています。

ミニマリストの食事の特徴(14)やけ食いをしない

ミニマリストの食事の特徴の14個めは、やけ食いをしないことです。

ミニマリストは食事対して独特の考え方を持っていますが、食事でストレスを発散しようとしないのも大きな特徴の1つです。ミニマリストは食事に対して非常に淡泊で執着がないため、暮らしの中でイライラしたり悲しい事があっても過食に走ったり必要以上の拒食に陥ってしまうことがほとんどありません。

毎日のルーティンを守りながら普段と変わらず食事をすることが何よりだという考えを持っているため、いつもスッキリとした理想的な体型を維持している人が多くなります。

ミニマリストは自己管理能力が非常に高い大人といえるかもしれませんね。

ミニマリストの食事の特徴(15)健康に気を使っている

ミニマリストの食事の特徴の15個めは、健康に気を使っていることです。

ミニマリストは食事に対してあまり手間暇をかけたりお金を使おうとはしませんが、健康には非常に気を使っている人がたくさんいます。

毎日同じものを食べていてもお酒やジュースを飲まない、油ものを控えるなど体に良くないと言われていることはしっかり節制しています。

外出先などで上司や友人が奢ってくれるような時もそのスタイルは全く変わらないため、周囲の人はミニマリストの人を「真面目な人だな」「しっかりした人だな」と感じることも多いようです。

リアルなミニマリストの食事内容をチェック!

それでは最後はリアルなミニマリストの食事内容をチェックしてみましょう♪

ミニマリストは食事に対して色々な特徴を持っていますが、リアルなミニマリストの食事内容も気になるところですよね。次はツイッターの投稿の中からリアルなミニマリストの食事内容や食事風景についてご紹介致します!

ミニマリストの食事に対する考え方がよく分かりますので、こちらも合わせて是非ご覧ください♪

ミニマリストの食事の内容(1)サプリで栄養補充

ミニマリストの食事の内容の1つめは、サプリで栄養補充していることです!

成人男性とは思えないほど非常に質素な食生活をしているこちらの男性は、なんとサプリメントを使って足りない栄養を補充しているようです。サプリメントを購入しても食事内容を充実させようと考えないところがミニマリストとしての強いこだわりなのかもしれませんね。

ミニマリストの食事の内容(2)完全自炊生活

ミニマリストの食事の内容の2つめは、完全自炊生活をしていることです。

こちらのミニマリストは食事は完全自炊で外食をしないとの体験談を手作りご飯と一緒に投稿しています。写真をよく見るとトレーの上に鍋敷きを敷いてその上にフライパンをドンと置いただけ!

盛り付けの手間を省きたい、無用な食器を使いたくないというミニマリストの性格がリアルに感じられますね。

ミニマリストの食事の内容(3)ダイエットにも効果的

ミニマリストの食事の内容の3つめは、ダイエットにも効果的であることです。

1日1食というビックリするような食生活を実施しているこちらのミニマリストは、ダイエット効果が出ている上に意外と体調も好調であるという体験談を投稿しています。

1日3食を急に1食にするのは難しいかもしれませんが、体を徐々に慣らしていけば意外と慣れてくるものなのかもしれませんね。

ミニマリストの食事の内容(4)シンプルな食生活が習慣に!

ミニマリストの食事の内容の4つめは、シンプルな食生生活が習慣になっていることです。

こちらのミニマリストの方は普段と変わらないシンプルな食事が一番幸せだという体験談を投稿しています。水だけで食事は無しという訳ではないでしょうが、どこか人生を達観しているような味わい深い言葉を残しています。

ミニマリストにとってはいつも変わらない質素で穏やかな食事が一番のご馳走なのかもしれませんね。

まとめ

ミニマリストの食事メニューや内容、食費についての考え方などの15の特徴をご紹介致しました!ミニマリストの独特な考え方が少し理解できましたでしょうか?

ミニマリストは食事に対してはとにかく無駄を省いてシンプルに暮らしていきたいと考えています。普通の人にとってはその考えは時に驚くべき習慣の場合もありますが、詳しく見てみるとミニマリストの人の気持ちが少し理解できるような気がしてきますね。

何に幸せを感じるのかは人それぞれ!ミニマリストの人は健康第一で無理をしないように日々の食事を楽しみましょう!

暮らしの知恵についてもっと情報を知りたいアナタに!

野菜を食べ過ぎると良くない?太る・病気になる可能性も?
「コンビニ弁当は危険」は嘘?本当?添加物には要注意!【必見】
料理上達のコツ7選!料理が上手になる方法を解説します!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ