ストーカーの対策方法!効果的な対策・NGな対策を解説!

元彼や職場の上司、職場の同僚、知らない人が突如としてストーカーになってしまう事があります。そんな時にテレビやネット等でストーカー対策が数多く紹介されていますが、しかしやってはいけない対策方法、間違ったストーカー対策もありますので適切な対処方法を紹介します。

ストーカーの対策方法!効果的な対策・NGな対策を解説!のイメージ

目次

  1. ストーカー行為とはどのような行為なのでしょうか?
  2. ストーカー対策の適切な方法と注意点
  3. モテる女子のストーカー対策
  4. 職場の上司や同僚からのストーカー対策
  5. ネット上でも気を付けよう
  6. 付きまといや待ち伏せ・押し掛け・うろつきへのストーカー対策
  7. 監視しているとあなたに伝える行為のストーカー対策
  8. 面会や交際をしてほしいと迫ってくる時のストーカー対策
  9. 暴言や乱暴な言葉遣いをされた場合のストーカー対策
  10. 無言電話やFAX、メール、ネット、SNS等に対するストーカー対策
  11. 初期段階でのストーカー対策
  12. 元彼がストーカーに・・・
  13. 元彼をストーカー化させないための別れ方
  14. 元彼がストーカーになってしまった場合の対策法
  15. 間違った・してはいけないストーカー対策①
  16. 間違った・してはいけないストーカー対策②
  17. 間違った・してはいけないストーカー対策③  
  18. なぜストーカー行為をしてしまうのか?
  19. ストーカーは思い込みが激しい。
  20. ストーカー被害にあった場合の相談先とその内容と対策
  21. ストーカー被害はどこに相談すれば良いのでしょうか
  22. まとめ

ストーカー行為とはどのような行為なのでしょうか?

ストーカー対策をする前に、まずストーカー行為というものを把握しておきましょう。ストーカー行為とは以下の8つの行為を「つきまとい等」と規定し、規制しています。
① 付きまとい・待ち伏せ・押し掛け・うろつき
② 監視していると告げる行為
③ 面会や交際の要求
④ 乱暴な言動
⑤ 無言電話、連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNS等
⑦ 汚物などの送付
⑧ 名誉を傷つける
⑨ 性的しゅう恥心の侵害

このような行為をストーカー行為と言います。これらの行為に心当たりがある方はすでにストーカー被害に遭っている構成があります。ストーカー行為がエスカレートする前に虫などはせずにしっかりとストーカー対策をし、適切な対処が必要になるでしょう。

ストーカー対策の適切な方法と注意点

もしあなたが誰かに後ろを付けられている、誰かに監視されているなどを感じていたら要注意です。被害に遭わないためにも早い段階で対処をしなければなりません。ストーカーに対する適切な対処方法と注意点を説明します。

モテる女子のストーカー対策

女性は自分をいかに魅力的に魅せるかを考えおしゃれに気を遣い、ファッションにも気を遣っています。しかしそんなモテる女子に一方的な恋心を寄せるストーカーがいるのも事実です。そんなモテる女子がストーカー被害に遭わないように日頃から気をつけておくことをご紹介していきます。

モテる女子の宿命?

男性が魅力的な女性に惹かれるのは当たり前で、こんな女性と付き合ってみたい、話をしてみたいと思うのは当然のことですよね。しかしそこにはストーカーも含まれます。

そんなモテる女子に必見のストーカー対策を紹介します。魅力的な女子すなわちモテる女子はお洒落にも気を使って自分を魅力的に魅せています。

しかし過度なお洒落やメイクをしていると言い寄ってくる男性も増えますが、知らない人にまでストーカーされるという羽目にもなってしまいます。

男性が魅力的な女性に惹かれるのは当たり前で、こんな女性と付き合ってみたい、話をしてみたいと思うのは当然のことですよね。しかしそこにはストーカーも含まれます。そんなモテる女子に必見のストーカー対策を紹介します。

魅力的な女子すなわちモテる女子はお洒落にも気を使って自分を魅力的に魅せています。しかし過度なお洒落やメイクをしていると言い寄ってくる男性も増えますが、知らない人にまでストーカーされるという羽目にもなってしまいます。モテる女子は知らない人からも声をかけられる事が多いでしょうが、興味のない人、知らない人にはしっかりと興味がないことを伝えましょう。

ただし無視するような事はやめましょう。相手を逆上させてしまいますから。ストーカーに合うのはモテる女子の宿命かもしれませんが、あなたの態度でストーカーに変貌させないように、みんなにいい顔ばかりを見せないようにしましょう。

モテる女子はここに気を付けよう

人がストーカーになる理由には「いつも見ていて可愛いと思ったから」というのがあります。モテる女子は必要以上のお洒落やメイクは控えましょう。例えば仕事に行く時、近所に買い物に出かける時などあまり目立たないようにしましょう。

モテる女子はただでさえ人をひきつける魅力があるのに更にストーカーを増やしてしまうことにもなりかねません。また今やモテる女子には欠かせないSNSなどの写真も顔写真は多用せず、ペットやアイテムなど自分以外のものにしておきましょう。

■参考記事:ストーカーになりやすい人・されやすい人って?コチラも参照!

ストーカーになる心理と被害にあいやすい人の11の特徴とは?

職場の上司や同僚からのストーカー対策

ストーカー被害で意外と多いのが職場の上司からや同僚からの被害です。ストーカーは知らない人や変質者がなるものばかりではなく案外身近な人がストーカーになってしまう事も多いようです。

職場の上司や同僚がストーカーになってしまう理由としては簡単に個人情報が手に入るからです。会社までの経路や自宅の住所等も簡単に調べることができてしまいます。

その気がなくても無視などはせずにはっきりとNOと言いましょう。職場の人からのストーカー行為についてはっきりと断ったにもかかわらず伝わらない場合は第三者に相談をしましょう。

職場内の関係を考えると正直相談しづらいでしょうが、最悪職場を追われることになったとしてもストーカーには自宅住所など知られていることを忘れてはいけません。職場内のストーカー行為に困っていることを相手の上司に伝え、警察にも相談をして対処していきましょう。

職場の人からのストーカー対策としては相手に対する接し方や態度を考えると良いでしょう。本来職場は仕事をする場所ですから無視し続けるとしても仕事上の会話も必要になりますよね。できるだけ必要以上な会話をさけ、最低限の会話にとどめておきましょう。

また職場内でできるだけ二人きりになるような状況を作らなようにしましょう。また無視をしたとしても状況はよくなりませんからしっかりと対策をしていきましょう。

■参考記事:ストーカー加害者には女性もいる!コチラも参照

ストーカー女の特徴9選!【恐怖】
女ストーカーは怖い!男性を震え上がらせる恐さの特徴と対策!

ネット上でも気を付けよう

今やネットなどで出会いを目的としたサイトが多数ありますが、ネット上だからといって興味のない相手を無視したり蔑ろな態度をとらないようにしましょう。ストーカーは自分が無視された事も相手のせいにするという身勝手な考えを持っています。無視をしたのは相手が悪い、だから無視できなくしてやろうなどと考えてしまいます。

ネットだから自分の事はバレないし無視してもいいよねと思っていては危険です。ストーカーはあの手この手であなたの居場所を突き止めてしまいます。できるだけ無視はせずに最低限の会話におさめておきましょう。

またネット掲示板やSNSの写真もあまり自分の写真を掲載しないようにしましょう。ネットやSNSは誰でも見られるのでどこでどんな人に見られているかわかりません。

付きまといや待ち伏せ・押し掛け・うろつきへのストーカー対策

防犯の心構えとして自分の帰り道に人気がなく暗い道がないか、知らない人が後ろをつけてきてないか時々後ろを振り返って見たり、また万が一の場合逃げ込めるコンビニ等が周辺にあるかなどを調べておきましょう。

また突然知らない人から声をかけられたとしても冷たく無視するような事はやめましょう。逆にストーカーの怒りを買ってしまうことにもなります。適度に会話をしその場を離れましょう。

ストーカー被害に遭っていると感じたら一人で悩まずに信頼できる人に相談をし、一緒に対策方法を考えたり、外出する際は防犯ブザーやスタンガンなどの防犯グッズを携帯しておきましょう。

夜間はできるだけ出歩かないようにすることも大事です。また帰宅時不安に感じたら家族に迎えに来てもらうかタクシーを利用するなどいくつか帰宅方法を用意しておきましょう。在宅時は二重ロックにし、チェーンもかけておきましょう。

ドアスコープもある物を使えば外からでも中が見られるような物も売られていますので、ドアスコープには内側からカーテンのようなものを設置したりして中が見られないような対策方法も考えておきましょう。

監視しているとあなたに伝える行為のストーカー対策

あなたの行動を監視しているとわざと伝える行為や、気づかせる行為もストーカー行為になります。あなたが家に帰ったタイミングを見計らってお帰りなさいなどと電話やネット掲示板、メール、SNSなどに書き込みをするなどの行為もストーカー行為にあたります。

心構えとしてはドアや窓の鍵をしっかりしたものに変えるもしくは二重ロックにする。玄関先や庭などに防犯カメラを取り付ける、非常ベル・防犯センサー・テレビ付きインターホン等の設置をする。録画機能付きインターフォンに知らない人が頻繁に写っている場合などは警察に相談しましょう。

また帰宅時知らない人が後ろからつけてきていないか、家に入る前もしくは家が近くなってきたら周辺に知らない人がいないか確認をする。外から部屋の中が見えないように厚手のカーテンに変える事でも対策になります。

知らない人が外から自分の部屋の窓を覗いてないかも確認しておきましょう。ストーカーはあなたの捨てたゴミから情報を収集しますので、ゴミを捨てる際は個人情報が記載された書類等は細かく裁断をするか捨てずに置いておきましょう。知らない人がゴミ捨て場などにいたら警察に通報するなどしましょう。

面会や交際をしてほしいと迫ってくる時のストーカー対策

あなたに対して義務のない事を求める行為も規制されます。プレゼントを受け取るように要求したりすることもいけません。対策方法としては、はっきりと拒否する事が大事です。ここでも無視はせずにはっきりとプレゼントを受け取る気がないことを伝えましょう。また信頼できる人や、警察に相談しましょう。

暴言や乱暴な言葉遣いをされた場合のストーカー対策

あなたの家の前などで大声で騒いだり、怒鳴ったり「死ね」などの乱暴な言葉遣いをしたりする行為も規制されます。ストーカーは面会や交際を拒否された場合、乱暴な行動に出たりします。危険と感じたら防犯ブザーや携帯電話で助けを求めましょう。また、そのような行為に出られた場合警察に相談をしましょう。

無言電話やFAX、メール、ネット、SNS等に対するストーカー対策

あなたに電話をかけてくるが何も話さいないなどの無言電話、拒否しているにもかかわらず携帯電話やFAX、メール、ネットなどに何度もメッセージを送信してくるなど。対策としては相手にはっきりと電話をかけてきて欲しくないことを伝えましょう。また、通話記録や会話の内容等を録音し保存しておきましょう。ナンバーディスプレイ機能付きの電話に取り替えたり、電話会社に電話をすれば色々な対策方法を教えてくれます。

初期段階でのストーカー対策

ストーカー行為がエスカレートする前に適切な対処が非常に大事になってきます。ストーカー対策を後回し後回しにしていては 取り返しのつかない事にもなりかねません。なるべく早くにストーカーと立ち向かう決意をしましょう。自分の判断で無視をしてストーカー行為がエスカレートする前に適切な対処法を知っておきましょう。

最も重要な対処方法は相手にしないという事です。電話やメールが毎日毎日頻繁に来るようならキッパリと連絡をしてこないように伝えましょう。しっかりと気持ちを伝えた後は絶対に相手にしてはいけません。変に相手にするとストーカーは自分に気があると勘違いし何をしてくるかわかりません。

しかし完全に無視しても相手を怒らせるだけですので、気がないことをはっきりと伝えましょう。また、メールや電話は保存していつでも警察などの提出できるようにしておきましょう。

元彼がストーカーに・・・

ストーカーのうち8割が顔見知りで、その6割が元彼や元恋人だと言われております。ストーカーの半分以上が元彼や元恋人という事でいつ自分の元カレがストーカーになってしまうかわかりません。そうならないためにも上手な別れ方、万が一ストーカーに変貌してしまった場合の対処法を教えます。

元彼をストーカー化させないための別れ方

まずストーカーになりやすい元彼やもと恋人の特徴を紹介します。
①束縛が強い人(メールや電話が多い等、あなたの行動を細かくチェックしたがる人)
②執着心が非常に強い人
③怒りやすくすぐ感情的になる人
④独りよがりで自己中
⑤友達や知り合いが少ない人
などがストーカーになりやすいタイプです。しかし全ての元彼、元恋人がストーカーになるわけではありませんのであくまでも参考にしておいてください。納得いくまで話し合ってお互いが別々の道を歩き出せるようにしっかりと話し合いましょう。突然目の前からいなくなるのは絶対にやめましょう。

元彼がストーカーになってしまった場合の対策法

元彼との別れ方がまずいとストーカー化してしまう事があります。万が一元彼がストーカー化してしまった場合の対策法を説明します。元彼や元恋人から借りていたものはちゃんと返しましょう。執着心が強いのがストーカーの特徴ですから高価なプレゼントや金銭の援助等をしてもらっていたのなら、可能な限りちゃんと返しましょう。また手紙やメール、ネット上での書き込み等は保管しておきましょう。

次に自分の情報は隠すようにしましょう。別れた後の自分の情報をできるだけ漏らさないように気をつけましょう。ネット上に書き込みをして自分の居場所が相手に知られてしまう場合もあります。元彼がストーカーになる場合、あなたに新しい彼氏ができたのを知ってからというのが多いので知られないようにしましょう。また共通の友人や身近な人からも情報が漏れてしまうこともありますので事情を説明し話を合わせてもらいましょう。

間違った・してはいけないストーカー対策①

現在自分がストーカー行為に悩まされている事を、友人や家族に伝えて相談に乗ってもらう事も対処法の一つですが、ここで注意していただきたいのが第三者を介してストーカーと話をする事です。ストーカーは第三者が入る事で自分の行為を第三者に否定され逆上してしまう事があります。

ストーカーからあなたを守ってあげたいと思い間に入ってくれているのでしょうけど、変にストーカーを刺激してしまうとあなたに対するストーカー行為がエスカレートするかもしれませんし、被害が第三者にまで及ぶこともありえます。

ストーカーは自分の行為がいけない事だと自覚していませんから、変に第三者が入る事でカッとなる恐れがあり、ストーカー行為が悪化したり、最悪の場合も考えられますので絶対にやめて下さい。ストーカーは自分と相手の邪魔をする者に対して排除しようとしてきます。

また、ストーカーと突然に関係を切る行為は逆効果ですので絶対にしないでください。ストーカーは連絡が取れることで今の関係を保っていますので、突然に関係を切ってしまうとストーカー行為がエスカレートしてしまう可能性があります。

ストーカー行為をされていると感じてもすぐに引越しや電話番号を変える、着信拒否にするなどの行為はやめてください。突然に関係を断ち切られたストーカーは新たな連絡手段や接触手段を探しかねません。その場合周辺の人にまで被害が及んだり、またいつまでも連絡が取れければフラストレーションが溜まりいつか取り返しのつかない行動に出ることもありえます。

間違った・してはいけないストーカー対策②

ストーカーにわざと嫌われるような行為はやめてください。多くの被害者の人が勘違いをしているのがストーカーに嫌われれば被害が収まると思っていることです。嫌われさえすれば自分に興味がなくなり付きまとわれなくなるのではないかと勘違いをされている人が多いですが、これは逆効果です。

もし仮にストーカーに対し攻撃的な面を見せてしまった場合、それに対しストーカーは怒りを覚えます。自分を理解してくれないあなたに対して怒り、暴力的な行動に出ることも考えられます。それが傷害や殺人にまで発展してしまう事もあります。

また、中にはそんなあなたに対して可愛いと思うストーカーもいるかもしれません。人それぞれ感情は違いますのでこちらが一方的に怒らせたつもりでも相手にとってはそれが自分に対する愛情だと受け止める人もいます。ちょっとやそっとのことではストーカーの感情は変えることはできないことを知る必要があります。

間違った・してはいけないストーカー対策③  

警察に相談するタイミングも非常に大事になります。ストーカー自身が自分の行動にあまり自覚がない場合などに警察に相談をして注意をしてもらってもストーカーは理解ができません。そうすることによってあなたに対し怒りを覚え、逆にストーカーの心に火をつけてしまうことも考えられますので警察に相談するタイミングは慎重に行いましょう。

逆にストーカーがすでに攻撃的で危険を感じたらすぐにでも警察に相談しましょう。警察に相談するのをためらっているうちに被害が大きくなることもありますので自分の命を大事にし、警察に通報する決意をしましょう。

なぜストーカー行為をしてしまうのか?

ストーカー対策をする上で知っておきたいことは、ストーカーをしている人の心理です。ストーカーをしている人の気持ちを知ることで適切な対処ができます。ではなぜストーカー行為をしてしまうのでしょうか?

結論からいうとストーカーは勘違いから起こります。人が人に好意を持つ感情は人それぞれです。何気ない一言や、軽いボディタッチなどで「もしかしたら自分に気があるのかも?」と勘違いする人もいます。

こういった勘違いからストーカー行為が始まってしまいます。以前に付き合っていた元彼もまだ好意があるはずだという勘違いから始まります。

ストーカーは思い込みが激しい。

前述したようにストーカーとは勘違いから始まります。この勘違いも思い込みが激しいから勘違いをしてしまい、自分に気があると思い込んでしまうのです。

また、相手に全く気がないことがわかったとき、自分は捨てられた、裏切られたなどと思い込んでしまいます。これまで恋愛感情だったものが憎しみに変わっていきます。全くの面識もない知らない人でも、いつも電車で一緒だからと激しい思い込みでストーカーに発展してしまうケースもあります。

以上のようにストーカーとはこの思い込みの激しさと勘違いから来ています。

ストーカー被害にあった場合の相談先とその内容と対策

ストーカー規制法という法律が2000年にできました。ストーカー規制法には「証拠」が必要になります。実際にストーカー被害に遭っているという内容の証拠を残しておかなければなりません。

頻繁に嫌がらせの電話があったりする場合などは電話の通話記録を残し、家の回りを徘徊しているや家に張り付いてるなどの場合は家に監視カメラを設置して録画し証拠を残しておきましょう。

警察は証拠がなければ動いてくれませんので、ストーカーをされている事を日記にするなどをして記録することも大事です。

ストーカー被害はどこに相談すれば良いのでしょうか

ストーカー行為の証拠を集め家族や知人、友人に相談をするのも良いですが、解決するためには警察や探偵社などに相談をする方が良いでしょう。

監視カメラの映像やメール電話等の記録等の証拠があれば警察に相談することができます。しかしまだ証拠がない場合などは探偵社に相談すると良いでしょう。証拠はなくてもアドバイスをもらえたり、証拠集めの方法も教えてもらえるでしょう。

こういったプロに相談をして少しでも気持ちを楽にし適切な対処法を考えましょう。ストーカー行為をうけていると感じたら一人で悩まずに探偵社に相談をしましょう。

まとめ

ストーカー対策について色々説明をしましたが、参考にして頂けたでしょうか。ストーカー対策を間違うとエスカレートしてしまったり、大きな事件にまで発展する危険性があります。そんなことになる前に適切な判断でストーカー対策をしなければなりません。

上記で説明したことを踏まえて第三者に相談をしましょう。もちろん警察や探偵社にストーカー被害の相談をすることをオススメします。

困った性格の人についてもっと情報を知りたいアナタに!

俺様彼氏の心理・特徴!対処法や上手な付き合い方も解説!
モラハラ彼氏の特徴は?別れ方・対処法教えます!【要注意】
束縛男の特徴11選!こんな彼氏は要注意!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ