好きでやりがいのある仕事をしているのに、気が付かない間に疲れているあなたへ

好きでやりがいのある仕事をしているのに、気が付かない間に疲れているあなたへ

日々の忙しさに追われているときは、自分が疲れていることに気が付かない場合があります。 心身のバランスを崩し仕事を辞めてから、自分の疲れに気が付いたことがありました。疲れを放置している状態で仕事を続けていると疲れによるストレスで好きな仕事も嫌いになってしまうこともあるかもしれません。​​​​​​​この記事では『疲れてしまったあのときにこうしとけば良かった』と思うことを踏まえながら「今の仕事は好きでやりがいがあるけど、ちょっと疲れているかも…」と疲れを感じているあなたに向けてお伝えします。

記事の目次

  1. 1.やりがいのある仕事って何?
  2. 2.やりがいのある仕事だと感じる瞬間
  3. 3.やりがいのある仕事をしているときは疲れない?
  4. 4.疲れていることに気が付くための方法
  5. 5.心身を整える
  6. 6.疲れの原因と向き合う
  7. 7.選択肢を広げてみる
  8. 8.やりがいのある仕事と自分自身とのバランスを保つことが大切

心地良い環境に移動する

自分がどんな職場環境で、どんな人に囲まれて働きたいか、浮かんできましたでしょうか?
私も当時はこれについて深く考えました。

​​​​​​​自分と向き合った結果、今は夫と一緒に働いています。
​​​​​​​夫と働く様子は以下の記事にも書いています。

自分の理想の環境をイメージして、その環境に思い切って移動してみることで、さらに心地良く働くことができています。

やりがいのある仕事と自分自身とのバランスを保つことが大切

出典: https://girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/12/jumpwoman-1024x680.jpg

出典:pixabay

『やりたい仕事が分からない…』という人が多くいる中で、やりがいがあって好きな仕事ができていることは本来はとても素晴らしいことです。

しかし、疲れなどから心身のバランスを崩してしまうと、どんなに好きなことでもできなくなることも。
疲れなどによる体調不良を防ぐためにも今できることはあります。

​​​​​​​日頃から自分の心身のケアを大切にして、やりたい仕事で自分を発揮できるようにしましょう。

Lovely編集部
ライター

Lovely編集部

編集部レポや最新情報など皆さんの「知りたい」をお届け!よろしくお願いします♡

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely