謝らない人の心理・性格・特徴!なぜ謝れないの?

謝らない人、職場や仲間の中にもいますよね。いつもちょっとした迷惑をかけてヘラヘラしている人もいれば、重大なミスをしたのに謝らず、他の人が尻拭いをする場合もあります。なぜ彼ら・彼女らは謝らない人なのでしょうか?その心理や性格、特徴に迫ります!

謝らない人の心理・性格・特徴!なぜ謝れないの?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】謝らない人にカチンとくる…!
  2. 謝らない人はなぜ謝れないの?
  3. 謝らない人の心理・性格・特徴①プライドが高い
  4. 謝らない人の心理・性格・特徴②謝ったら負けだと思っている
  5. 謝らない人の心理・性格・特徴③そこは譲れない
  6. 謝らない人の心理・性格・特徴④自分が正しいと思っている
  7. 謝らない人の心理・性格・特徴⑤威厳を保つため
  8. 謝らない人の心理・性格・特徴⑥育ってきた文化の違い
  9. 謝らない人の心理・性格・特徴⑦バツが悪い
  10. 謝らない人の心理・性格・特徴⑧謝るのが怖い
  11. 謝らない人は病気なの?
  12. 謝らない人が嫌われる理由
  13. 謝らない人に謝らせるには?
  14. 他人に対して厳しくなっていない?
  15. 【おわりに】謝らない人に、もう惑わされない!

【はじめに】謝らない人にカチンとくる…!

学校にも職場にも、謝らない人っていますよね。
いつもヘラヘラしていて「こいつはどうしようもないな」と何となく許せてしまう憎めないキャラならいいのですが、明らかに悪いことをして周りが迷惑を被っているのに、なぜか決して謝らない人もいます。

そんな謝らない人は、次第に周りから嫌われる存在になっていることでしょう。
でも、それでもなお謝らないのには何か理由があるのでしょうか?

「謝ってよ!」と言ったところで、謝らない人はそもそも自分が悪いことをしたという自覚がない場合も多く、キョトンとしてしまったり、「悪者に仕立て上げられた」とばかりに逆ギレして大喧嘩になる場合もあります。「謝らない人って何か病気なの?」と思うことさえありますよね。

謝ってもらえないのにはモヤモヤしますが、喧嘩で無駄なエネルギーを割くのは避けたいところです。

謝らない人にはどんな理由があって、どんな心理や特徴・性格があるのでしょうか。怒りをバクハツさせる前に、以下でじっくり見ていきましょう!

謝らない人はなぜ謝れないの?

謝らない人が謝れない理由には、様々なパターンが考えられます。

悪いことをした、と自覚しているかどうかも大きなポイントですね。被害を受けた・巻き込まれた側からすれば重要な問題でも、謝らない人にとっては「たいしたことではない」と判断しているかもしれません。

謝ってもらいたいのなら感情的にならずに、被害の大きさや、その人の行為によってどんな結果になったのかを客観的に伝える必要も出てくるでしょう。

一方で、悪いことをしたという自覚がありつつ謝らない人もいます。シャイな性格の人だと、どのタイミングで「ごめんなさい」を切り出したらいいのかわからない人もいますし、怒られるのを避けて自分からは言い出さない人もいます。

謝らない人の心理や性格、特徴を見ていきましょう。「そんな理由で?」と腹が立つパターンもあるかもしれませんが、やむにやまれぬ理由なら許してあげるのも一つの手かもしれませんよ。

謝らない人の心理・性格・特徴①プライドが高い

謝らない人の心理・特徴や理由として、プライドの高さが挙げられます。プライドが邪魔をして、「これは自分が謝るほどのことでもないな」「他の人の問題でしょ」と思ってしまいます。

プライドが高い人は、謝ると自分の値打ちが下がると感じています。ヘコヘコしていたら下に見られてしまう、というプレッシャーがあり、簡単には謝りません。ある意味では、心にゆとりのない人だともいえます。

また、周りを見下していて謝らない人もいます。部下や後輩がどうにかすればいい、と思っていて謝らないパターンなど。同僚や同格の人であれば一度鼻を折ることもできますが、謝られずに振り回される下の人間としては勘弁を、というところですよね。

プライドが高くて謝らない人に対しては、無理に誤らせる必要はないでしょう。激しい喧嘩になるだけです。

その代わり、その人がしたことでどんな被害を被ったか、状況がどれだけ悪くなったかを、事実を報告するように冷静に伝える必要はあります。
プライドが高く謝らない人も、どこかで「まずいことをしたな」と自覚して反省してもらえるのを狙えるからです。

誤ってもらえなくても、被害がなくなれば一つの目的達成ですね。

■参考記事:プライドが高い人の心理は?コチラも参照!

プライドが高い人の特徴11選と心理!

謝らない人の心理・性格・特徴②謝ったら負けだと思っている

「いったん謝ってしまったら、こっちの負け」、そう思い込んでいるのが理由で、謝らない人もいます。
ちょっと悪いことしたかな、という自覚はあっても、謝ったらどんどん付け込まれて状況が不利になってしまうのでは?という不安から謝ることができません。

謝ってほしい側からすれば、一度自分の非を認めてくれて反省してくれたらそれでいいのに、と思っていても、謝らない人は「それ以上に何か要求されるのでは?」「立場がなくなってしまう」と不安で謝れないのです。

この場合も、謝らない人に困っているのなら「今後どうしてほしいか」にポイントを絞って冷静に話すのが賢い対処法です。謝ってもらうことそのものではなく、良くない状態が解決すればまずは一段落のはず。

仕事でお客さんを怒らせている、といった深刻な状況でなければ、謝ってもらうのは二の次でよいでしょう。具体的な解決策を、冷静に話し合って模索しましょう。

謝らない人の心理・性格・特徴③そこは譲れない

謝らない人の中にも、普段は謝れるけれど、「そこは譲れない!」という状況になったら決して謝らない人もいます。意見が対立したら、絶対に曲げたくない人ですね。また、その時限り何かこだわりがあって、嫌われることになってでも折れたくない、謝らない、と強情を張っているのかもしれません。

それまではどうだったかを思い出して、今回限り謝ってこないようなら、その人にとってそれが大事なこだわりポイントだという理由が考えられます。

この場合も、謝るかどうかを問題とするのではなく、対立している問題をどう解決するかを先に探っていきましょう。なぜそこで折れることができないのか、お互いに、喧嘩にならないように筋道立てて話し合います。

感情的になってしまいそうなら、中立的な第三者に話の流れを見てもらい、助言してもらうのも一つの手ですね。

問題が片付いて、「あの時は言いすぎたな」と反省すれば、謝らない人もその時になって謝ってくれるかもしれません。落ち着いた話し合いと、時間が解決してくれるはずですよ!

謝らない人の心理・性格・特徴④自分が正しいと思っている

常に「自分が正しい」と思っているため謝らない人もいます。子供の頃から場の中心にいることが多かった人や、多少のわがままを許されて育ってきた人、ちやほやされてきた人にこのタイプが多いです。自分のすることで反対されることがなかったため、「自分が間違っていることもある」というのを想像できないのです。

ちやほやされてきた立場上、プライドもあって謝れない、という理由も考えられます。
周りで見ている立場からすれば、自己愛コンプレックスか何か、あるいは病気なの?というくらいナルシストな振る舞いに、イラッとさせられることも多いでしょう。

このタイプの人とまともに向き合って、ぶつかり合うのも時間の無駄です。イライラやモヤモヤを抱えているのもエネルギーの無駄。「一種の病気みたいなものだからしょうがない」「甘やかされてきたんだ、かわいそうに」ぐらいの気持ちで受け流すのがいいでしょう。

問題ない時はつい褒めたりおだてたりしたいオーラが出ているこのタイプの謝らない人。でも、おだてすぎて増長させるのは禁物です。謝らなくて困る時は嫌がらせでない程度にちょっと冷淡に振る舞って「このままでは嫌われるかも…」と危機感を覚えさせるのも一つの手段です。

謝らない人の心理・性格・特徴⑤威厳を保つため

肩書のある役職など、ポジションが高いところにいるも慣れず、威厳を保つ理由で謝らない人もいます。「謝ったら下の人間に付け込まれるんじゃないか」「苦労して得たポジションを奪われるんじゃないか」といった不安な心理があるため、謝らない人をあえてやっています。

本当に名実ともに偉い人なら、場の雰囲気や部下のモチベーション維持のため、素直に頭を下げることができます。
「うわー、あの人、偉くなったら謝らなくなった」そんな人がいるなら、その人は内心、不安を抱えているのかもしれません。

謝らない人の心理・性格・特徴⑥育ってきた文化の違い

外国人や帰国子女など、純粋に育ってきた文化が違うため謝らない人もいます。②で「謝ったら負け」の心理について説明しましたが、本当に謝ったら負けになる文化の国や地域も存在します。彼ら、彼女らも嫌われることは承知の上ですが、自分の立場を守るためには仕方がないことなのです。

日本は島国で、諸外国から侵略されそうになることも少なかったため、集団では和を重んじる文化が発達しました。仲間やコミュニティが協力し合い、共存する生き残り方ですね。「空気を読む」文化などその最たるものです。カドを立てて嫌われるということは、そのコミュニティからの追放へつながります。そうなると一人で生き残れるかなんてわかりません。非があればすぐに謝り、嫌われるのを避けるのが、生き残り戦略になったわけです。

一方で、大陸にある国だと、いつ侵略されるかわかりません。侵略とまではいかなくても様々な民族や文化が入り混じり、交渉や揉め事では折れた時点で負けになることが多いです。そのため、文化として謝らない人が当たり前のようにいるのです。

謝らない人の心理・性格・特徴⑦バツが悪い

悪いことをしたなぁ、という自覚があっても、バツが悪いという理由で謝れない人もいます。
内心、反省はしているのですが、なかなか素直になれない結果、相手に謝れない人になってしまうのです。
そうこうしている間に、「何あの人」と他の人からも白い目で見られて、嫌われる人に。
とはいえ、本当は悪い人でも病気なのでもなく、単に不器用なだけです。

謝ろうとは思ったけれど、タイミングを見失った、という理由で謝らない人もこのタイプ。怒らせた相手があまりにも激昂していたり、陰でプンプンしていたりすると、バツが悪くてもう謝れません。

トラブルを避けるつもりが、かえって嫌われるキャラになる損なタイプ。悪気はないことを察して、どうにか第三者で丸くおさめてあげたいところです。

■参考記事:おとなしい人の特徴と接し方は?コチラも参照!

おとなしい人の特徴と向いてる仕事は?恋愛はどうするの?

謝らない人の心理・性格・特徴⑧謝るのが怖い

謝ったら余計に悪者にされるのではないか?嫌われるのではないか?と考えてしまい、謝るのが怖くて謝らない人もいます。
先に紹介した「謝ったら負け」のような明確な判断基準を持っているのではなく、単に「謝ったら不利になるのではないか?」という憶測だけで怖がってしまっている人です。

その後どうなるかを考えると怖く、事が収束するのをひっそりと待っています。

悪気はなく、怖がっているだけなのかな、と思ったら、謝罪を求めるのではなく同じことを繰り返さないように優しく注意するのが、その後を円滑に進めていくポイントだといえます。

変にオドオドした態度を見せられると、余計イライラして怒ってしまいそうですが、そこはこらえて。「やっぱり怒られた」となると謝らない人どころか、コミュニケーションの取りづらい間柄になってしまいます。嫌われる人を通り越して、お互い「扱いづらい人」としてかわし合うのは避けたいですね。

謝らない人は病気なの?

ここまで紹介してきた謝らない人。彼ら・彼女らは一種の病気なのでしょうか?

プライドが高くて謝れないのはパーソナリティ障害や心の病気のように思えますし、オドオドして余計謝れないのはいわゆる「コミュ障」のようですよね。

謝らないのは人格障害や心の病気である可能性も高いですが、やはりそれは人にもよります。他にも困った状態が出ないかチェックして、病気でないかどうかは冷静に見る必要があります。

謝らない以外にも注意力が散漫になっていたり、ちょっとしたことも忘れがちな場合、うつ病など心の病気を抱えている可能性もあります。

医師の診断がないと確実なことはいえませんが、心の病気であった場合、怒ったり厳しく叱ったりするのは逆効果です。自信を失い、突然仕事を辞めたり引きこもったりするケースにもつながります。

具体的に何をどうしてほしいか、その人が謝らないことでどう困るかを、決して怒らずにわかりやすく話す努力が、こちらに求められます。

謝らない人が嫌われる理由

謝らない人は嫌われる、そう思って、良識ある人の中には「ごめんなさい」インフレーション状態になっているという人も少なくないでしょう。

そんな状況だからこそ、謝らない人は「なぜ謝れないんだろう?」と目立ち、嫌われる傾向があります。

ではなぜ、謝らない人は嫌われるのでしょうか?

こちらが悪いみたいになる

謝らない人が嫌われるのは、謝らないことでこちらが悪いようになる点が理由として挙げられます。明らかに向こうに原因があるのに、堂々と開き直られては、どちらが悪いのかもはやわかりません。

気の弱い人だと、それ以上は突っ込むことができず、自分で抱えてストレスにしてしまう人も多いのではないでしょうか?

言い訳が多くて聞いていられない

謝らない人は概して言い訳が多く、「もう聞いていられない!」と嫌われる原因にもなります。謝らない人は自分に非がないことを説明しようとして話が長くなるのですが、聞いている側としては全て言い訳にしか聞こえません。
何か指摘する度に長々とそれを聞かされるので「あの人はめんどくさい」となりがちです。

仕事で安心して客の前に出せない

謝らない人はその態度から何かと反感を買いやすく、ビジネスの場面では安心してお客さんの前に出せない、という困った点があります。謝らないことによって何かトラブルを持ち帰ってくるのでは?と思うと上司も同僚もその人を客先へ送り出すことができません。

業種によっては「あいつは使えない」と判断され、敬遠される人になってしまいます。

■参考記事:屁理屈が多い人への対処法は?コチラも参照!

屁理屈を言う人の心理7つ!対処法は?

謝らない人に謝らせるには?

謝らない人を謝らせるには、上でも説明しました通り、「どんな点で迷惑しているか」を冷静に説明するのが第一でしょう。感情的になっても、謝らない人は自分が悪いとは思っていないので水掛け論になるだけです。また、内心悪いな、と思っていた人は余計にバツが悪くなり、あなたを避けるかもしれません。

仕事でお客さんに迷惑をかけた、物を壊したり人にケガをさせたなど、取り返しのつかないミスをした時だけ謝罪を求め、ちょっとしたことなら謝らなくても水に流す、ぐらいのスタンスで臨んだほうがお互いのためでしょう。

自分のしたことの重大さを理解できれば、謝らない人も次第に謝れる人になってきます。無理矢理謝らせるのではなく、まず理解をさせることが大事です。

他人に対して厳しくなっていない?

謝らない人に謝らせたいあなたのほうが、実はちょっと他人に厳しすぎ、という場合もあるかもしれませんよ。
あまり他人に完璧な対応を求めすぎると、ストレスで心の病気になってしまうこともありえます。

「あの人、許せない!」と思ったら、信頼できる他の人にも相談してみましょう。他の人の判断が正しいということではないですが、別の視点からの考え方を知れば、もう少し突き放した状態でそのトラブルを眺めることができます。一人でストレスを抱えなくて済むのもいいことですね。

【おわりに】謝らない人に、もう惑わされない!

いかがでしたでしょうか。謝らない人は単に偉そうにしているのではなく、いろいろな事情や心理があるのがおわかりいただけたかと思います。

謝らないから、という理由だけでこちらも感情を爆発させるのは避けて、その人が謝らないなりにどう問題を解決できるか探ってみるのがポイントです。
あまりにストレスになるようなら周りの人とも相談して、謝らない人に振り回されないでいきましょう!

周りの困った人についてもっと情報を知りたいアナタに!

理屈っぽい人の特徴・性格!対応の仕方も教えます!
ゆとり世代の特徴13選!ゆとりの新入社員を教育するには?
早口な人の心理と性格の特徴!疲れる・嫌いと思われる理由は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ