自分の性格がわからないと悩みがち!しっかり診断しよう

自分の性格がわからない。そのような悩みを持つ方っているのですね。自分の性格がわからない状態では、自分をアピールすることができません。自分の性格がわからない事によってチャンスなどを失わない為にも、自分の性格について今一度考えてみましょう!

自分の性格がわからないと悩みがち!しっかり診断しようのイメージ

目次

  1. 「自分の性格がわからない」という悩みのある方へ!
  2. 自分の性格がわからない時の診断方法①好きなものを知る
  3. 自分の性格がわからない時の診断方法②人とコミュニケーション
  4. 自分の性格がわからない時の診断方法③何か一つこだわりを持つ
  5. 自分の性格がわからない時の診断方法④自分の得意分野を知る
  6. 自分の性格がわからない時の診断方法⑤一人の時間を作ってみる
  7. 自分の性格がわからない時の診断方法⑥短所から目を背けない
  8. 自分の性格がわからない時、個性的の意味をはき違えないで!
  9. 自分の性格がわからないのは病気?【その1】
  10. 自分の性格がわからないのは病気?【その2】
  11. 自分の性格がわからないデメリット①一人で行動できない
  12. 自分の性格がわからないデメリット②お金を浪費してしまう
  13. 自分の性格がわからないデメリット③人の目を気にしてしまう
  14. 自分の性格がわからないデメリット④良い人間関係が築けない
  15. 自分の性格がわからないデメリット⑥仕事が辛くなる
  16. 自分の性格を知るメリット①人からの信頼が厚くなる
  17. 自分の性格を知るメリット②自分に自信が持てる
  18. 自分の性格を知るメリット③他人の意見も受け入れられる
  19. 自分の性格を知るメリット④人生の目標が持てる
  20. 自分の性格がわからない時の診断方法まとめ

「自分の性格がわからない」という悩みのある方へ!

自分の性格がわからない。

そのような悩みを持つ方って、意外にも多くいるようですね。

自分の性格がわからないということは、自分のことがよくわかっていない、自分でも自分が何を考えているのかのか、どうしたいのかがわからないといった状態にあるという事が言えますよね。

自分の性格がわからないことが悩みとして捉えられてしまうシーンは様々にあるでしょう。

何か選択を迫られた時に、自分の性格がわからないから自分にとってベストな答えを出すことができない。

自分の性格がわからないから、個性を出すことができない。自分の個性って何なのかがわからない。

など、悩みは尽きずに心理状態が良くない状態が続いてしまっていることでしょう。

しかし、自分の性格がわからないと悩むのも今日でおしまい!

自分の行動や少しの勇気次第で、ちゃんと自分の性格を知ることができます!

個性が無いと悩む方も、ちゃんと自分の個性を見出すことができるようになるでしょう。

自分自信が何者なのかをしっかりと自覚して、充実した毎日を過ごしましょう!


■関連記事:自分の顔のレベルを知ることも自分を知るきっかけのひとつです

自分の顔レベルを知る方法!女性必見!

自分の性格がわからない時の診断方法①好きなものを知る

自分の性格を知る診断をするためには、まず自分が好きなものについて知る必要があります。

自分の性格を知るという事は、そもそも自分の事について知っていかなければ始まりません。

ですので、まずは自分が好きだと思えるものについて考えてみて下さい。

どんなものだったら心が動くのか。何をしている時が一番楽しいと思える心理状態になれるのか。悩みが尽きない時や辛いことがあった時、何をしたら気持ちが晴れるのか。

などなど、自分の心が動かされるほど自分が好きだと思えるものは何かを、自分で自覚しておきましょう!

好きなものであれば、それは何でもいいのです。

好きな映画や漫画などがあって、それらから元気や勇気をもらえて良い心理状態にしてくれるのであれば、そのようなものでも良いのです。

また、食べている時が一番幸せな心理状態になれるというのであれば、特に何を食べている時が一番幸せなのか。

そのような具体的なところまで、自分の好きなものについて考えてみましょう。

自分の心理状態が良い状態について自覚している事は、自分の性格を知るうえで大きなヒントになります!

自分の性格がわからない時の診断方法②人とコミュニケーション

自分の性格を知る診断をするためには、自分一人だけでその悩みについて解決させるのは難しいことがあります。

それは、他人と自分の比較です。

他人と自分を比較するのはあまり良く無いという教えをよく聞きますよね?

他人の言動に左右されずに、自分の個性を大切にしなさい。このような言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

これは確かに正解です。

しかし、自分の性格がわからないという悩みを解決したいのであれば、ある程度の他人との比較も必要です。

なぜなら、自分一人だけは見えなかった世界や感性、価値観に触れることで、初めて自分がどの位置にあるかに気づくことが出来るからなのですね。

例えば、自分は怒りっぽいと思っていたとしても、多くの人とコミュニケーションをとって行くなかで色々なタイプの人と出会い、平均してみると意外と自分はそこまで怒りっぽい性格な方ではなかった。世の中にはもっと怒りっぽい人がいるんだ。

という事に気づける。といった具合ですね。

自分で自分の価値を決めつけるのはもったいないです。自分の性格を知るためにも、世の中の存在する色々な人とコミュニケーションをとって自分が世の中ではどのあたりの位置に当たるのかを考えてみましょう!


■関連記事:自分を知り、自分を愛することも必要です

人を愛せない人の心理・理由!自分を愛すことから始めよう

自分の性格がわからない時の診断方法③何か一つこだわりを持つ

自分の性格がわからない悩みを解決させるには、ある程度の縛りを設けることも必要です。

何でもかんでも自由気ままにというのも勿論良いのですが、それは自分の性格や自分の個性についてしっかり自覚したうえでそうするのが望ましいですね。

何の芯もない状態で自由気ままに過ごしてしまうと、その分毎日をただ何と無く過ごして行ってしまうだけになってしまいます。

それでは充実した生活を今後も送って行く事は出来ませんね。

ですので、生活にある程度の縛りを設けるのです。

縛りといっても過酷なものではなく、自分のなかで何か一つで良いのでこだわりを持つという事ですね。

これだけは譲れない!と思うものを何か一つ見つけましょう。

それは何か特別なものである必要はありませんので、どうしてもこだわりたいものが見つからないのであれば、まずは起床後はまず真っ先に洗顔をする!など、簡単に実践できるようなことでもオッケーなのです。

まずは、何か実践しやすいこだわりを持つことを目標にしてみて下さい!

こだわりという縛りの中で生活することで、自分の意思というのがより明確になっていきます。

自分の考えや心理状態について考える時間が自然と出来てくることでしょう。そういった時間ができることで自分を知り、それが自分の性格を知ることにも繋がっていくのです。

自分の性格がわからない時の診断方法④自分の得意分野を知る

自分の性格や個性について診断するためには、自分の好きなものを見つけるという話を初めにさせていただきましたが、好きなものに加えてできれば特技も見つけてみてほしいのです。

特技といってもそこまでスキルの高いものを要求するようなものではありません。

こういう風なものは得意かな?という自分の得意分野を何か見つけてみましょう!

例えば、料理でも和食は自分の得意分野かな。本を読むのは苦手じゃないし得意かな。人の相談に乗るのは得意かな。このような感じで良いのですね。

自分の中で、少しでも良いので突出した部分を見つけてあげましょう。

その自分の得意分野から、性格がわからないという悩みを解決するための自分の考えや心理について知ることができます。

本を読むのが好きなのであれば、あなたは集中力があるという性格を持っているのかもしれませんし、人の相談に乗るのが得意なのであれば、あなたは人の気持ちを汲んであげることが出来る思いやりのある性格の持ち主なのかもしれません。

自分の性格がわからない時の診断方法⑤一人の時間を作ってみる

先ほどは多くの人とコミュニケーションを取るのが良いと言っていたのに、矛盾してるのでは?!と思う方もいるでしょう。

しかし、自分の性格がわからない悩みを解決するためには、どちらも必要なことなのですね。

もちろん先ほども述べたように、多くの人とコミュニケーションを取ることで自分の性格について診断することも出来ますが、それだけではいけません。

他人と比べなければ自分を認識できないようになってしまうのは、それはそれで問題になってしまうのですね。

ですので、多くの人とのコミュニケーションを大切にすることと同時に、自分一人の時間を持つことも大事にしてみて下さい。

他人との意見を交えず、自分の考えで、自分の悩みや心理状態について向き合う時間を作るのです。

そうすれば必然的に自分の意思が生まれます。それが自分の性格、そして個性へと繋がります!

他人と比べて生まれる意思だけではどうしても他人に依存してしまうのですね。ですから、このように100%自分から生まれ出る意思というのも持ってみるようにしてみて下さいね!

自分の性格がわからない時の診断方法⑥短所から目を背けない

ここまでは自分の好きなものや得意なものに目を向けるということをご紹介してきましたが、ここで自分の短所についても向かい合うことを忘れないでほしいのです。

自分の嫌いなところ、直したいなと思っている事を、これも一つだけで良いですので見つけてみましょう。

やはり人間、誰しも良いところもあれば悪いところも 持ち併せています。それが普通ですし、短所も併せて個性になっていくのです。

しかし、この悪いと思う部分や、逃げたいと思うような悩みなどから目を背け続けていると、いつも自分のする事なす事を正当化するような心理が習慣付いてしまいます。

それでは本当の自分と向かい合うことはできませんし、人間関係も上手くいきません。

ですので、自分の好きな事、得意な事などプラスな面を見つける事は出来たら、最後には短所とも向かい合う事を忘れないで下さいね。


■関連記事:素直になってみるのもひとつの手です

素直になれない人の特徴と心理7つ!解決方法は?【恋愛】

自分の性格がわからない時、個性的の意味をはき違えないで!

皆さんは「あの人って個性的だよね」という会話をしたことがありませんでしょうか?

この個性的という言葉について敏感な人もいるようですが、何を以って個性的であるのかをきちんと理解しておかなければなりません。

例えば、見た目が派手な人と、地味な人を見たときにどちらが個性的か?という事を考えてみた時。

どうしてもも見た目が派手で奇抜な人を「個性的な人」と呼んでしまってはいませんか?

このような見た目だけでその人が個性的かどうかを判断してしまうのは実は間違いなのです。

個性的とは、自分の信念を貫き、自分の意思の元行動したり身に付けるものを選ぶ事。これが個性なのですね。

ですので、例えばいくら奇抜な格好をしていたとしても、それが誰かのコピーであればそれは個性とは言えないのです。

ですので、自分には個性が無い…という悩みを持っている方がいれば心配要りません!

自分の思うように、好きなものを身に付け、好きな事をする。それがあなたの立派な個性的になるのですから。

自分の性格がわからないのは病気?【その1】

自分の性格がわからないという心理的な悩みを持つ人の中には、自分は病気なのではないか?と感じてしまう人もいるようです。

自分で自分のことがわからないのは病気だ。病気だから自分の性格がわからないんだ。

そう感じてしまうそうなのですが、実際に自分で自分の性格をよくわかっていない人は多くいますから、それは特別悪いこととは言えませんし、そこまで自分は病気だと気に病む必要はありません。

ですが、この自分の性格がわからないという心理が病気である場合もあり得なくないというのは、事実としてあります。

その場合に挙げられる病気の一つは、「境界性パーソナリティ障害」という病気です。

この病気は、自分の思っている事や目標などと言ったものがすぐに転々と変わっていってしまったり、過去の自分と今の自分に共通点を見出せないような状態を言います。

しかし、このような状態に陥ったら必ずこの病気を疑わなければいけないのかと言えば、そうではありません。

自分の性格がわからないという悩みは、初めにご紹介したような診断方法で解決できる可能性も十分にある心理状態ですし、病気だから自分の性格がわからないということは必ずしもイコールではないのです。

ただ、このような病気があるのだという事は、知識として頭に入れておいて損はないのかもしれませんね。


■関連記事:パーソナリティ障害についてはこちらにも記載があります

平気で嘘をつく病気がある?大人の虚言癖の心理・原因と対処法!

自分の性格がわからないのは病気?【その2】

自分の性格がわからないという悩みを抱え続けていた場合に、陥る可能性がある病気というのもあります。

それは、うつ病です。

自分でも自分のことがよく分からない。そのせいで人とも上手く接することが出来ない。自分はダメな人間だ。

そう思ってしまうことでだんだんと心を閉ざしていってしまい、次第にうつという病気へと発展していってしまう。

逆に、うつ病になってしまっていたから自分のことが分からなくなってしまっているという可能性もあります。

うつ病になることで心理状態まで病気に侵されていってしまい、自分を見失っていなってしまうという場合も無くはありません。

あまりすぐに病気を疑いすぎるのは良くありませんが、いつまでたっても気分が晴れない状態から抜け出せないというような状態が続くようであれば、病気を疑って病気を訪れてみるという手段もあります。

しかし、その際にあまり自分は病気なのだと思い込んでしまいすぎないように気をつけて下さいね。

思い込みは、病気の進行を促進させてしまうかもしれません。

自分の性格がわからないデメリット①一人で行動できない

では、自分の性格がわからないことで生まれてくるデメリットについて考えてみましょう。

まず自分の性格がわからないと、自分一人で行動することが困難になっていってしまいます。

どういう事かというと、自分の性格がわからないという事は自分一人で自分にとって最適な判断を下すことが難しくなるからです。

自分自身に迷いの心理が生じてしまっている時には、なかなか良い判断ができません。

そのため誰かと共に行動し、自分の判断で事を進めて行くことを自然と避けるようになってしまうのです。

今回ご紹介した診断方法などを実践し、自分の意思で動いて行く習慣を身につけることが必要ですね。

自分の性格がわからないデメリット②お金を浪費してしまう

自分の性格がわからないこととお金の浪費がどう関係があるのか、不思議に思う人もいるかもしれませんね。

なぜ自分の性格がわからないことでお金の浪費に繋がるのかというと、自分に対する注意力が散乱してしまっていて、自分が何を目的として生活しているのかを見失っているという心理状態にあることにより、本来なら必要のないものにまでお金を使ってしまうからです。

今はこんなものよりも、もっと他にお金を費やすべきことがあるはず!というものがありませんから、あまり深く考えずに色々なものにお金をつぎ込んでしまう傾向があります。

もし自分でコントロールできなくなってしまったら、病院などに行って医師から診断を受けるという行動が必要になってくるかもしれません。

度が過ぎた浪費に走ってしまう前に、今回ご紹介した診断方法なども是非試してみて下さいね。

自分の性格がわからないデメリット③人の目を気にしてしまう

自分の性格がわからないと、人の目を気にし過ぎてしまうという心理状態に陥ってしまう場合があります。

自分の性格がわからない状態でいるという事は、ほとんどの人が自分への自信というものを失ってしまっています。

自分に自信がない時って、人の目を気にしてしまうものですよね。

自分が他人からどう思われているのか、変な目で見られていないか。

そのような事ばかりを考えながら人と接してしまいがちになってしまいます。

人からの視線に縛られた人生はきっと憂鬱なものになってしまいます。

このような心理状態に陥らないようにするためにも、自分のことは自分が一番よく知っているという状態まで持って行くことが理想だと言えますね。

自分の性格がわからないデメリット④良い人間関係が築けない

自分の性格がわからないということは、自分の中の芯が揺らいでいる状態と言えますね。

そのような状態では、人間関係においても支障が出てきてしまう場合があるのです。

人と関わる時って、ある程度相手に対して「この人はこういう人」という印象を持って接することが多いと思います。

そういった印象を持った状態で話すか、そうでないかによっては接しやすさが変わってきます。

「こういう人」というのがわかっていれば、こちらもそれなりに対応しやすくなるのですが、それがわからなければ相手も混乱してしまうのです。

掴み所がないといいますか、この人をどう扱ったらいいのかがわからない。

そのような印象を持たれてしまうのですね。

良く言えばミステリアスとも言えるのかもしれませんが、やはりある程度わかりやすい性格である方が、人からの信頼も得やすいものですよ?

自分の性格がわからないデメリット⑥仕事が辛くなる

自分の性格がわからないままでは、仕事だって楽しくなくなってしまいます。

自分の性格を知るよう努めなければ、自分にはどのような仕事が向いていて、どのような作業ならやりがいを持って取り組めるのかがわからないままですよね。

自分の不得意なものを無理して仕事として続けるのは、自分の才能を殺してしまうようなものなので勿体無いのです。

自分の性格を知るということは、自分が好きなこと、これだったら頑張れるという事を発見することにもつながります。

ですので、自分の性格を知ることができれば無理してやりたくない分野の仕事を続ける必要がなくなるのですね。


仕事面でも辛い思いをし続けないような環境を作る為にも、自分の性格を知るという努力が必要だといえますね。

自分の性格を知るメリット①人からの信頼が厚くなる

自分の性格が把握できれば、今までよりも人からの信頼を得やすくなるというメリットもあります。

これは逆のパターンについてデメリットのお話でもご紹介させて頂きましたが、やはり自分で自分のことがわからない状態では「芯のない人」「扱い方がわからない難しい人」というような印象を持たれてしまうのですね。

ですが、自分をしっかり認識し、「自分はこういう人です!」ということがアピールできるようになれば、人からも「この人はこういう所が長けているから、この作業を任せよう」といったように、あなたに適した作業や仕事を与えてくれるようになります。

そういった意味でも、自分の性格を自分自身で診断し、理解するというのはとても大切なことですね。

自分の性格を知るメリット②自分に自信が持てる

自分自身のことを理解してあげることで、自然と自分に自信が持てるようにもなってきます!

自分の性格がわからない人の多くは、自分に対して自信を持てていないという場合が多いのですね。

しかし、自分はこれが好き、自分はこれが苦手。それがわかっているだけでも様々な不安や悩みから自分を守ることが出来るのです。

もしなにか自分の思うような成果が出なかったというような出来事があったとしても、「これは自分の苦手な分野だったから仕方ない。その分自分の得意な分野で成果を上げよう!」と、気持ちを切り替えることができます。

人間誰にも苦手な事というのはありますし、全てを完璧にこなせる人などいません。

ですので、自分の得意不得意を理解しているだけでも気持ちは大分楽になりますし、不安な気持ちに悩まされることも少なくなっていくでしょう!

自分の性格を知るメリット③他人の意見も受け入れられる

自分のことが理解できるようになると、自然と気持ちにも余裕が生まれてきます。

今までは自分への不安や悩みでいっぱいいっぱいで、他人のことを受け入れる余裕など無かった。

そのような場合でも、自分を理解することができ、自分がどのような人なのかということを自覚することができれば、自分以外の人のことも受け入れられるようになってきます。

自分以外の他人の意見を受け入れられるようになれれば、その分新たな価値観に触れることが出来る機会も多くなります。

また、自分には無い考え方を持つ人と関わることで、自分の視野が広がる上に新たな人間関係も築くことができて、より充実した毎日を過ごすことが出来るでしょう。

自分の性格を知るメリット④人生の目標が持てる

自分の性格を知ることができれば、あなたにとって得意なことや不得意なこともわかるようになってくるというのは、ここまでの記事でわかって頂けたかと思います。

その得意不得意について理解することができれば、それはあなたの人生の目標を設定するのにも役立てることが出来るのです!

自分の得意を生かして、それにまつわる目標を設定することが出来るのですね。

例えば、自分は面白いアイデアを思いつくことが得意だな。と思うのであれば、それを生かせる仕事に就いてそこで成果をあげるという目標ができます。

自分の得意なところや長所を伸ばせるような目標を持つことができれば、何気ない毎日にも小さな目標を持ち続けることができますので、悩んだり不安を感じる時間も自然となくすことが出来るのです。

マイナスなことを考える間も無く自分の目標に向かって進むことができますので、自然と前向きな自分でいられることにも繋がりますね!

自分の性格がわからない時の診断方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分の性格を知るということは、自分を守るためにも、人との良い人間関係を築いていくためにも必要なことであるというのはお分かりいただけましたでしょうか?

今回ご紹介したような自分の性格を知るための診断方法などを参考に、是非自分について見つめ直す機会を作ってみてくださいね。

自分を変えたいあなたはこちらをチェック

素敵な女性の特徴・条件9選!素敵女子になるには?
面白い人の特徴19選!面白い人になるにはどうすればいい?
キモい女からモテる女子に変わる方法5選!キモい女を抜け出そう

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ