舌打ちする人の性格と心理まとめ!なんでよく舌打ちするの?

舌打ちはうざい!舌打ちをする人って何を考えているんでしょうね?それも何度も舌打ちしてくる女、本当にうっとうしいです。今回は、舌打ちする人の性格や心理についてまとめてみました。これで少しは舌打ちする人の気持ちがわかるかもしれません。

舌打ちする人の性格と心理まとめ!なんでよく舌打ちするの?のイメージ

目次

  1. 舌打ちする人は頑張り屋さん?それとも単なるうざい人?
  2. 「舌打ち」ってどんな意味?
  3. 舌打ちの種類
  4. 舌打ちするする心理とは
  5. 【舌打ちする心理】1.ストレスが溜まっている
  6. 【舌打ちする心理】2.気分転換をしたい
  7. 【舌打ちする心理】3.不満がある
  8. 【舌打ちする心理】4.怒っていることを伝えたい
  9. 【舌打ちする心理】5.相手を蔑んでいる
  10. 舌打ちをしやすい性格とは
  11. 【舌打ちしやすい性格】1.努力する
  12. 【舌打ちしやすい性格】2.一人で何でもやろうとする
  13. 【舌打ちしやすい性格】3.人を見下す
  14. 【舌打ちしやすい性格】4.常識人だと自覚がある
  15. 【舌打ちしやすい性格】5.自分の意見を言えない
  16. 【まとめ】舌打ちをしないようにするためには♡

舌打ちする人は頑張り屋さん?それとも単なるうざい人?

舌打ちって、みなさんも一度や二度、無意識でも意識的にでもやってしまったことがある癖の一つだと思います。

無意識に舌打ちしてしまった時って、「あちゃ、やっちゃった」と思うし、
意識的に舌打ちした時には、「やれやれ、うんざりだよ」って、心理になっていることが多くないですか?

この舌打ちをしてしまう時の心理や、舌打ちを多くする人の性格って、どのような特徴があるのか気になりますよね。

私が思うに、

舌打ちを自分に向けてする人は、「頑張り屋さん」な気質、
舌打ちを他人に向けてする人は、「気持ちや意見をうまく表現できない」タイプ

なのではないかと想像しています。

まぁ、舌打ちをしてしまう時もイライラしているものですし、舌打ちをやられる側の時も嫌な気分になる癖の一つなので、やらなくて済むならしない方がよいでしょうね。

つい、やってしまう「舌打ち」の癖について、心理や性格などをまとめてみましたので、どうぞご覧くださいね。

癖や仕草は性格に出るって本当?詳しくはコチラを見てね♪

癖や仕草から相手の心理・性格を読み取る55の方法!【心理学】
仕草から相手の心理を読み取る方法!癖や行動から性格がわかる!

「舌打ち」ってどんな意味?

「舌打ち」とは、「チッ」って音を口から出す癖のことを言います。

基本的な意味としては、忌々しいことがあった時や、不愉快な思いをしている時、自分の思い通りにならない場面に遭遇した時などに、「チッ」とやってしまう癖、動作のことをいいます。

舌打ちの意味として、やり方を簡単に説明すると、上あごに舌先をくっつけてちょっと勢いをつけて離してみる。

そうすると、「チッ」って音が出ると思います。

どうですか?

飲物の味や、食べ物の味見をする時にする動作に似ていますね。

外国では「舌打ち」の意味が違う⁈

日本では嫌われる癖、心理的に不愉快な思いをしている時にでてしまう、うざい動作の意味として捉えられていますが、外国では「悪い意味」でないこともあるのだとか。

イギリスやアメリカなどでは、舌打ちはちょっとした「イイネ!」的感覚で使われる癖のようですし、
中国や韓国では感動したという意味で使われることもあるんですって。

日本人の感覚でいう「うざい癖」という意味だけで舌打ちを捉えていると、外国の人とはちょっとした摩擦を生む可能性がありますね。

舌打ちの種類

舌打ちには、大きく分けて2種類あるのだと言います。

それが、

(1)自分に対する舌打ち
(2)他人に対する舌打ち

という分け方です。

どちらの舌打ちも、聞くとうざいと感じてしまうものですが、詳しくそれらの意味を説明していきましょうね。

自分に対する舌打ち

一生懸命何かをしていて、失敗してしまったり、なかなかうまく行かない…そんな時につい出てしまう癖の一つとしてあるのが「舌打ち」ですね。

「クッ」とか「アア!」なんていう、言葉にならない言葉を呟いてしまうのと同じような意味合いがあります。

女性でも舌打ちをする人はけっこういますよね。

言葉を巧みに使える女性心理があるのにも関わらず、無意識に舌打ちしてしまう女性は、それだけ物事に集中している状態を表しているのかもしれません。

他人に対する舌打ち

もう一つの舌打ちの意味合いとして存在するのが、他人に対する舌打ちです。

これは、意識的にする場合と無意識にしてしまう時があるでしょうが、基本的には「攻撃的な癖」であると言えるでしょう。

女上司がミスを犯した部下に舌打ちをする場面。

想像するだけで「うざい」と感じてしまいますよね。これは、相手にかける言葉すら見つからないというジェスチャーの意味を含んでいるため、とても嫌悪感を感じる癖になるでしょう。

どうして相手に不愉快な思いをさせる癖をしてしまうのか、その心理についてもこれから詳しく説明していきますね。

舌打ちするする心理とは

無意識についしてしまう癖、「舌打ち」ですが、どんな心理が働いているのでしょうか。

自分に対する舌打ちと他人に対する舌打ち、それぞれ心理に違いがある場合もあるし、心理としては同じ場合も存在するようです。

舌打ちする女性は、同性からも異性からもうざいと思われやすいので、なるべくなら控えた方がよい癖です。もちろん、男性も同じですけれどね。

舌打ちしてしまう心理をしっかり認識して、置き換えられる仕草や癖があるのなら、そちらを使うようにした方が賢明だと言えるでしょう。

【舌打ちする心理】1.ストレスが溜まっている

舌打ちをしてしまう心理には、必ずと言っていいほどストレスが関係しています。

ちょっとした負荷がかかって、跳ね除けたいと感じた時に無意識に出る癖、それが舌打ちのケース。

慢性的にストレスが溜まっていて、ちょっとしたことがキッカケになって無意識に舌打ちをしてしまうケース。

ストレスの所為でイライラしてしまい、その辛い気持ちを無意識に誰かと共有したいと思って、舌打ちしてしまう心理なども考えられるでしょう。

女性は日常的にイライラしやすい?

特に女性はホルモンバランスが崩れた時や、日常のストレスがうまく発散できていない状態が続くことも多いでしょう。

そんな時に出やすいうざい癖として舌打ちがあるので、なるべく気をつけた方がいいかも。

無意識にしてしまう癖なので、イラッとしたらまず深呼吸するなど、自分なりの一呼吸おける方法を見つけるのがいいかもしれませんね。

ストレスに関する癖は他にもあります。知りたい人はコチラ!

髪を触る癖がある人の心理と原因!ストレスのせい?

【舌打ちする心理】2.気分転換をしたい

女性に限ったことではありませんが、ストレスが溜まっていたり、身体に疲れが出てくると、人は無意識に何らかの方法で気分転換をしようとします。

その方法のひとつとしてあるのが、舌打ちという癖です。

「あ、またやっちゃった」
「んもう、やり直し」
「何でこうなるのよ!」

と、内心思っていることをいちいち言葉に出すのも面倒。だけど、何らかの意思表示はしたい。

そんな時に無意識にでるのが舌打ちだったりするんですね。

舌打ちすることで、気分転換を図り、ちょっとした気持ちの切り替えをしようとしているわけですが、周囲の人からすれば、うざい動作のひとつだったりします。

ブツブツと独り言を聞くのも、まぁうざいですし、舌打ちも正直うざい。

軽いストレッチをするとか、人に迷惑を掛けないリフレッシュ方法を見つけたいところですね。

【舌打ちする心理】3.不満がある

ストレスと不満は似ていますが、違いは明確ですよ。

ストレスとは何か負荷が掛かったり、違和感を感じる時に発生する心理的圧力のことを表しますが、

不満とは、自分の思い通りに行かないことに対する怒りや、願いが叶わないことへのジレンマなどを言います。

男性や女性という性別を問わず、人は不満な心理を持っていると舌打ちをしやすくなります。

精神的にイライラして、ちょっとしたことが我慢できない状態になるからですね。

自分のせいでないことでとばっちりを受けたり、
思うように仕事で成果を上げれなかったり、
人の尻拭いをさせられたり。

思わず舌打ちをしたくなる場面は、いくらでも思いつくでしょう。

無意識に舌打ちをしてしまう癖がある人は、現状に不満を持っている人が多いのだと言います。ネガティブな感情に押しつぶされそうになっている表れとも言えそうですね。

不満解消にはこんな方法もありますよ♪

欲求不満な女子必見!解消方法解説!【一人でできる】
彼氏に不満があるならこれを見て!恋人への不満の対処法5選!

【舌打ちする心理】4.怒っていることを伝えたい

男性女性に関わらず、自分の感情を人に伝えたいと心理が働く時があります。

それが怒りであっても同じ。

満員電車で隣の人の鞄がグイグイ当たって痛い。満員電車なんだから仕方がないとわかっているけれど、どうにかしてこの怒りを伝えたい。

そんな時にわざと、「チッ」と舌打ちをしてみる。

相手が気づいて鞄を引っ込めてくれればいいと思うし、状況がそれを許さないとしても何とか不愉快な思いをしていることだけでも伝えたい心理があるのですね。

面識のない赤の他人に対して怒りの気持ちを表す場合、「うざい」とハッキリ言うこともできませんし、瞬間的に意思を伝える方法としては舌打ちはとても有効な手段です。

だからと言って、自分の怒りを伝えることに成功しても、問題解決するとは限らないし、周囲の人を巻き込んで嫌な思いをさせることに繋がります。

「うざいヤツ」と全く関係のない人に思われる可能性が高いので、できればしない方がよい仕草でしょうね。

【舌打ちする心理】5.相手を蔑んでいる

舌打ちという動作は、基本的に相手を下に見ている、蔑んでいる相手に対してみせる癖になります。

無意識に舌打ちをしてしまうケースを除いて、相対する人に対して舌打ちしてみせる行為は、相手に対して、「お前にかける言葉がみつからないよ」という意思表示になります。

会社の社長や、取引先の人に舌打ちなんて、滅多にするものではないでしょう。

会社で舌打ちを見る場面と言ったら、上司が部下に対して舌打ちをするとか、同僚のミスを連帯責任として取らされている時とか。そんな場面が思いつきますよね。

恋愛関係で言えば、男性が女性に対して舌打ちしながら「お前は本当、何もできないやつだなぁ」と料理の味に対して文句を言ったりとか、掃除が行き届いていないことに不満を漏らしている場面など。

これも、相手を蔑み、「何言っても許される相手」と認識しているからこそできる態度だったりしますよね。

舌打ちをしやすい性格とは

舌打ちをする心理について、ご理解いただけましたか?

続いてはそんな心理を踏まえまして、どんな性格の人が舌打ちをしやすい傾向があるのか、といったお話をしていきますね。

「え、自分って舌打ちしやすい性格なのか」という発見にも繋がると思いますので、少しでも周囲の人を不快な思いにさせないように気をつけていきましょう。

【舌打ちしやすい性格】1.努力する

努力をする人、小まめに物事を対処しようとする真面目な性格の人は、舌打ちをしやすい性格をしていますよ。

それだけ心理的にストレスを抱えやすい傾向にありますし、
努力する事柄が多ければ多いほど、不満を感じる場面にも遭遇しやすくなります。

真面目な性格の人は、舌打ちを無意識にしている可能性が高いことを自覚しましょう。

もちろん、ちゃんとリフレッシュ方法を持っている人や、切り替えが上手な人、しつけとして舌打ちをしてはいけないと教えられてきた人は、除外されますよ。

やみくもに何事にもトライ、ネバーギブアップの精神を掲げている人は要注意です。

【舌打ちしやすい性格】2.一人で何でもやろうとする

努力する人と同じように、一人で何でもやりこなそうとする性格の人も、無意識に舌打ちしている可能性が高いと言えます。

人に頼ることができない性格、自分しか信用できない人、言葉を上手に使えないタイプの性格の人は、要注意です。

物事には一人で対処するには余りあるケースが多く存在します。それなのに、なんとか一人で対処しようとするのは無理があることを知らなければなりません。

しなくても良い苦労をしてしまうタイプの人は、舌打ちをする回数が他の人よりも多いと思いますよ。

もし、自分が舌打ちしてしまう癖があると思う人は、自分がやらなくてはならないと思っている事柄の数を減らしてみるのはいかがでしょうか。

【舌打ちしやすい性格】3.人を見下す

自意識が高く、人を見下す性格の人は、他人に対して舌打ちをしてしまう傾向が高いと言えます。

「説明するのも煩わしい」
「どうせ言ってもわからないだろう」
「つまらないことに巻き込まないでほしい」

こんな感じに思っていると、無意識に相手に対して舌打ちしてしまっている可能性がありますよ。

恋人に対しても舌打ちをしてしまう性格の人は、相手に愛想を尽かされるのも時間の問題です。見下している相手にフラれてしまうのは、とてもプライドが傷つくでしょうから、なるべく相手を見下す態度や思考はするべきではありませんよ。

まずは、人に対して舌打ちをしない。

これだけでも相手に嫌な思いをさせる機会が確実に減りますので、実行してみましょうね。

【舌打ちしやすい性格】4.常識人だと自覚がある

意外かもしれませんが、常識人だと自覚がある人も舌打ちをする傾向が強いです。

自分は正しい。自分は間違っていないという思いが強い人ほど、周囲の人に対する査定が厳しくなります。

そうして、自分の基準値に満たない行動すべてに、苛立ちを感じる結果となってしまうのですね。

自分を基準の中心に置いてしまうと、それらから外れる全てがストレスの原因となってしまいます。

いわば感じなくてもよいストレスに悩まされる現状が生まれるということになりますね。

人はストレスを感じると無意識に舌打ちをしてしまいがちになりますので、常識を重んずる性格の人はちょっと気をつけた方がよいかもしれません。

【舌打ちしやすい性格】5.自分の意見を言えない

舌打ちをしてしまいやすい性格として、自分の思いや意見を言葉にできない、相手に伝えるのが苦手というものがあります。

表現下手な性格は、自分自身を苛立たせるのに十分ですし、言葉にできないわだかまりが余計なストレスを生むでしょう。

言葉にして相手に伝えようとする行動を諦めた結果の副産物として、舌打ちという動作が生まれます。

人は自分の思いを、完全には黙殺することができないからですね。

引っ込み思案で、奥手な性格の人も、同時に無意識ながら舌打ちをしやすい性格をしていると言えるでしょう。

【まとめ】舌打ちをしないようにするためには♡

舌打ちをしてしまう心理や性格についてご紹介をしてきました。

人に嫌な思いをさせてしまう癖ですから、なるべくならしないようにしていきたいですよね。

無意識にしてしまう癖を意識的に操作することは、大変難しいです。

それでも、舌打ちしてしまう癖を減らすことは可能ですよ。

舌打ちの回数を減らす方法

例えば、

(1)ストレスを溜めないように心がける
(2)自分なりのリフレッシュ方法を見つける
(3)一人で何でもやろうと思い過ぎない
(4)他人を見下さないようにする
(5)言葉で気持ちを伝えるようにする

このあたりのことを心がけると、グッと舌打ちする回数を減らすことができるでしょう。

あなたの周囲に舌打ちをする人がいる場合、

「ああ、可愛そうに。あの人も辛い思いをしているんだな」

と、察してあげるのが精神衛生上よい解釈の仕方かと思います。

中には自己中心的で人を見下す性格の人もいますから、一概には言えませんけれどね。

あなたの気持ちが少しでも安らげますように♪

リフレッシュ方法を探すヒントはコチラにあります♪

疲れを癒す方法7選!心と体の疲労を癒やしてリフレッシュ!
仕事が忙しい時の乗り越え方11選!リフレッシュしよう!
彼氏に疲れたかも?恋愛疲れを治してリフレッシュする方法とは?
ハグの効果!ストレス解消し大切な人と抱き合うことで幸せに!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ