見て見ぬふりする人の心理!【納得】

一人は見て見ぬふりをする人っていますよね。 なぜ声を出さないんだろう、なぜ行動をしないんだろうというような人も沢山います。 しかし、見て見ぬふりをする人にもそれなりの心理的な理由があるんです。 今回はそんな見て見ぬふりをする人の心理についてご紹介します。

見て見ぬふりする人の心理!【納得】のイメージ

目次

  1. 見て見ぬふりをするとは?
  2. 【見て見ぬふりする人の心理】時間をとられたくない
  3. 【見て見ぬふりする人の心理】トラブルに巻き込まれたくない
  4. 【見て見ぬふりする人の心理】勇気が出ない
  5. 【見て見ぬふりする人の心理】責任を取りたくない
  6. 【見て見ぬふりする人の心理】周囲の人と同調する
  7. 【見て見ぬふりする人の心理】傍観者効果と言われるもの
  8. 【見て見ぬふりする人の心理】傍観者効果の例
  9. 【見て見ぬふりする人の心理】呆れている
  10. 【見て見ぬふりする人の心理】悲しむのが嫌
  11. 【見て見ぬふりする人の心理】どうしていいのかわからない
  12. 【おわりに】

見て見ぬふりをするとは?

見て見ぬふりをするというのは、その通り本当は見ている、知っているのに、見なかったふりをする、知らないふりをするということです。
例えばある人が道端で倒れているのに、誰もが見て見ぬふりをして通り過ぎてしまう…といった感じですね。

文字にして書いてしまうととても冷たい人のように思えますが、見て見ぬふりをする人は一体どういった心理状態なのでしょうか。

実はこれには心理的なマジックが隠されているんです。
今は見て見ぬふりなんて絶対にしないと思っている人も、もしかしたら見て見ぬふりをしてしまうかもしれませんね。

さて、それでは見て見ぬふりをする人の心理についてご紹介していきます。

【見て見ぬふりする人の心理】時間をとられたくない

誰かが人の注意を引き付けるような行動をしている時にはついその方向を向いてしまいますよね。
例えば「助けて!」と大声を出していたり、ケンカをしているような声が聞こえたり。
そんな風に注意を引く声が聞こえることがあります。
しかし、そうした声の方向を振り向いてその人を助けていたら時間をとられてしまいますよね。

とても薄情なようですが、たとえばそれが仕事に遅れそうだった場合にはどうでしょうか。とても重要な会議に遅れそうだった場合、また、試験に遅れそうな場合には一分一秒でも惜しいのではないでしょうか。
そんな時に自分の時間をとても取られそうなことが起こってしまったらとても困りますよね。
しかも警察に事情聴取なんてされたら1日仕事です。
このように、時間をとられたくないという心理で見て見ぬふりをする人もいます。


◆関連記事:気が小さい人の心理はこちら

気が小さい人の特徴・心理!克服する方法も解説します!【必見】

【見て見ぬふりする人の心理】トラブルに巻き込まれたくない

トラブルに巻き込まれたくないからと見て見ぬふりをする人もいます。
人が周囲見知らぬ人の注意をひきつける時には大抵何かトラブルに巻き込まれている時ですよね。
それだけ切羽詰まっているということです。
そうした人は助けるのが道徳的に正しいのですが、現実ではなかなか難しい所。
それこそ周囲の人と協力出来ればいいのですが、周囲の人が1人も動かなかった場合には、自分1人が動いたところでどうにもならないと感じてもしまいます。

【見て見ぬふりする人の心理】勇気が出ない

また、見知らぬ人を助けるためにはもしかすると自分がけがをするかもしれません。
とても怖い人が自分を痛めつけるかもしれません。
人を助けるということはとても素晴らしい行為ですが、なかなか足が思うように動かないのが正直なところでしょう。

特に周囲の人が1人も動かないような状況ならなおさらです。
特に「空気を読む」ということを大切にしている日本人なら、ちょっと注目を集めるような行動をとるだけでもかなりの勇気が必要になります。
そんな風に勇気が出ない為に見て見ぬふりをする人もいます。

【見て見ぬふりする人の心理】責任を取りたくない

例えばある人が困っていたので、その人に手を貸したとします。
しかし、その人をどう助けたら良いのかがわからず、余計なことをしてしまったとしましょう。
自分が良かれと思ってやったことなのに、周りに迷惑をかける結果となってしまったらどうでしょうか。
かなり責任を感じてしまいますよね。

見て見ぬふりをする人は、そうした自分が行動をすることによって何かしらの責任をとりたくないからこそ、行動しないという選択をとっていると考えられます。


◆関連記事:責任感が強い人の特徴はこれ

責任感が強い人の特徴9選!長所や短所として自己PRする方法も!

【見て見ぬふりする人の心理】周囲の人と同調する

人間には同調するという圧力がかかっています。
周囲の人に倣って行動しなければならないという圧力です。
この同調圧力が加わると、周囲の人が動かないなら自分も動かなくてよいという心理状態になってしまい、結果として見て見ぬふりをしてしまうのです。

【見て見ぬふりする人の心理】傍観者効果と言われるもの

こうした心理状態になってしまうのは、傍観者効果という心理的な効果が働くためなんです。
周囲に自分以外にも傍観者が居るときに、率先して動こうとすることが出来なくなってしまい、結果として見て見ぬふりをすることになってしまいます。

この効果は特に人が多い場所で効果を発揮します。
傍観者効果に関するある実験では、道路に人を倒れさせ、その人を介抱してくれる人の割合について調べました。

道路に1人の人が居る場合には8割の人が倒れた人を助けたのに比べて、道路に5人の人が居た場合には、倒れた人を助ける人の割合は3割にも減ってしまったのだそうです。

だからこそ人の多い都会では、「都会の人は冷たい」と言われてしまうのかもしれませんね。

【見て見ぬふりする人の心理】傍観者効果の例

この見て見ぬふりをする傍観者効果の例は普段の生活の中でも見ることが出来ます。
例えば学校で起こるいじめ問題などはこの傍観者効果の代表格です。
目の前にいじめられている人が居ても、周囲の人は見て見ぬふりをしてしまいますよね。
これは周囲の人が助けないから自分も助けないでもいいだろうという傍観者としての心理が働くためです。
「空気を読む」ことが美徳とされている日本なら、なおさらこの傍観者効果のは良く働くでしょう。

ただ、この傍観者効果を打ち破る方法があります。
それはこの傍観者効果というものがあるということを知っていること、そして、一度でも傍観者効果を打ち破る経験をすることです。
傍観者効果をはねのけて一度人助けをしたことのある人は、他の人と比べて傍観者になりにくく、すっと手を差し伸べることが出来ます。
見て見ぬふりをするのが嫌だという人は一度勇気をもつ必要があるでしょう。

【見て見ぬふりする人の心理】呆れている

これは傍観者効果とはまた違った見て見ぬふりをする人の心理です。
例えば彼氏や旦那さんが浮気をしているのを知った時、普通の人なら問い詰めることがありますが、見て見ぬふりをする人もいますよね。
その場合は許しているのではなく、呆れているのです。
何度も浮気を繰り返すような彼氏や旦那さんに「またか…」という呆れた気持ちなのでしょう。

そうした人は、彼氏や旦那さんが浮気をしないようにと、これまでにも何度も様々な策を凝らしてきているはずです。
しかし、どうしても浮気をとめることが出来ず、そしてまた次々に浮気をしていくのを見て、もう彼氏とも旦那さんとも見れなくなってしまっています。
パートナーが悲しんでいるのを目にしてもまだ浮気を繰り返すその態度にほとほと嫌気がさして呆れているのです。


◆関連記事:弱音を吐く人の心理は?

弱音を吐く男性・女性の心理と特徴!【納得】

【見て見ぬふりする人の心理】悲しむのが嫌

彼氏や旦那さんが浮気をしているのが発覚した時にはとてもつらいですよね。
それこそ信じていた人に裏切られる悲しみは、胸を引き裂かれるように辛く苦しいでしょう。
そうした悲しみを感じるのが嫌だから、怖いから見て見ぬふりをしていることもあります。

例えば彼氏が知らない女の子と2人で歩いているのを見てしまった時にも、それが浮気だと認めてしまうととても悲しい気持ちになってしまいますよね。

旦那さんが自分が子供の世話をしている間に浮気をしている場合も同様です。自分がこんなに頑張っているのになぜあの人は浮気をしているのかととても悲しくやるせない気持ちになってしまいます。

そうした浮気という事実を認めたくないが為に見て見ぬふりをする人もいます。
しかし、こうした自分の本当の気持ちを隠すような見ぬふりは、その人の心を確実に蝕んでいってしまうので大変危険です。

【見て見ぬふりする人の心理】どうしていいのかわからない

彼女が悲しんでいる姿や苦しんでいる姿を見ても何も声をかけない旦那さんや彼氏もいます。
なんで気が付いてくれないの?なんで見て見ぬふりをするの?と疑問に思っているかもしれませんが、それは彼が戸惑っているからなのかもしれません。

今どんな気持ちなのか、どうして欲しいのか、声に出してどうして欲しいか言わないと、男性には本当にどうしたらいいのかわからないので、恥ずかしくてもちゃんと声に出して伝えましょう。

また、こうした自分の機嫌を相手にとってもらおうとする行為は、支え合いと言えば聞こえはいいですが行き過ぎると依存という問題に発展します。
例えばイライラとしているのを旦那さんにぶつけたり、悲しい気持ちをわかってくれない彼氏に怒ったりするのは、子供が親に八つ当たりしているのと同じです。
彼氏や旦那さんはともに支え合っていく人だからこそ、自分の気持ちをちゃんと伝え、自分の機嫌は自分でとれるようにしたいですね。

【おわりに】

以上「見て見ぬふりする人の心理!【納得】」でした。
見て見ぬふりをする心理も様々でしたね。
また、見て見ぬふりが後に自分の心を罪悪感として苦しめたり、本当の感情を隠して心を病気にすることもあるようです。
どんな時も自分が一番良いと思う行動をとりたいものですね。

もっといろんな性格について知りたいアナタはこちら

自分の話ばかりする人の特徴と心理7選!対処法とは?
「足を引っ張る」の意味・足を引っ張る人の心理と対処法は?
自虐的な人の心理7選!上手な付き合い方も解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ