妊娠6ヵ月目のママと赤ちゃんの症状!体重増加やお腹の張りは?

妊娠6ヶ月は「安定期」と呼ばれる時期に入ります。妊娠6ヶ月目に入ったら今まで感じなかった胎動を感じたり、性別がはっきりしたり楽しみな事が増える一方、急激な体重増加やお腹の張りなど心配な事も出てきます。妊娠6ヶ月の時の症状を全て公開!

妊娠6ヵ月目のママと赤ちゃんの症状!体重増加やお腹の張りは?のイメージ

目次

  1. 妊娠6ヶ月は安定期と呼ばれる時期
  2. 妊娠6ヶ月の赤ちゃんの様子
  3. 急速に成長していく赤ちゃん
  4. 妊娠6ヶ月になれば誰でも感じる胎動
  5. 妊娠6ヶ月は逆子になりやすい
  6. 妊娠6ヶ月になれば性別がわかる?
  7. 妊娠6ヶ月でも女の子は難しい?
  8. 妊娠6ヶ月は流産と言わなくなる
  9. 妊娠6ヶ月でも流産の危険はある
  10. 妊娠6ヶ月の流産の原因
  11. 妊娠6ヶ月のお腹の張りには要注意
  12. 妊娠6ヶ月の頃からの体調の変化
  13. 女性ホルモンによるイライラや落ち込み
  14. 妊娠6ヶ月になったママの体
  15. 妊娠6ヶ月ころの適正な体重増加は?
  16. 妊娠6ヶ月の食事は1.5人分
  17. 妊娠6ヶ月から急激な体重増加に注意!
  18. 妊娠6ヶ月で起こる腹痛のわけ
  19. 妊娠6ヶ月でも起きる陣痛
  20. ストレスを感じたらゆっくり休んで
  21. 妊娠6ヶ月で出血したら必ず医師に相談して!
  22. 妊娠6ヶ月でもまだまだ油断出来ません

妊娠6ヶ月は安定期と呼ばれる時期

妊娠6ヶ月といえば一般的に安定期と呼ばれる時期です。妊娠初期に多くみられるつわりが治まる人も多く、ご飯が美味しく感じられるのもこのくらいの時期からです。個人差もありますが流産の危険も減り、順調な人なら旅行などにも行くことが出来て、今まで出来なかったことが出来るので楽しみが増える時期でもあります。

■参考記事:安定期は何週目から?コチラも参照!

妊娠の安定期は何週目?いつからいつまで?過ごし方、注意点は?

妊娠6ヶ月の赤ちゃんの様子

妊娠6ヶ月を週数でいうと妊娠20週~妊娠23週になります。妊娠したとわかった時に告知される出産予定日は妊娠40週0日なので、妊娠6ヶ月はちょうど真ん中にあたります。妊娠5ヶ月まで、赤ちゃんは骨や内臓などの体の基礎となる部分を作っていましたが妊娠6ヶ月目から徐々に細部へと移り変わっていきます。

急速に成長していく赤ちゃん

妊娠6ヶ月に入った赤ちゃんは、各器官が出来上がり細部のまつ毛や眉毛などが作られていきます。骨もだんだん硬くしっかりしてきて筋肉や脂肪も付き始めます。妊娠6ヶ月からは急速に成長していくので、妊娠20週の頃は身長19㎝~25㎝、体重300g~450gほどだったのが、妊娠23週の頃には身長30㎝、体重600gほどまで体重増加していきます。

各器官が出来上がった赤ちゃんは妊娠6ヶ月の頃からまぶたも出来上がり目を開ける事も出来るようになります。お腹の外の音も聞こえるようになってきますので、この頃からお腹の中の赤ちゃんに話しかけたり音楽を聞かせたり胎教を始めるのにちょうどいい時期です。

出産に向けて準備が始まります

妊娠6ヶ月に入ると赤ちゃんの体には胎脂という脂で覆われていきます。これは胎毛と同じように刺激から赤ちゃんを守る役割と、出産の時の潤滑油の役割を果たします。赤ちゃんは妊娠6ヶ月で出産の準備を始めていくのです。

妊娠6ヶ月になれば誰でも感じる胎動

妊娠6ヶ月頃から赤ちゃんの成長に合わせて羊水の量も増えてきます。骨格もしっかりしてきて羊水も増え広くなったお腹の中で大きくなった赤ちゃんが動くのがわかるようになります。妊娠5ヶ月までは胎動を感じる事がなかった人も、妊娠6ヶ月になればほとんどの人が胎動を感じます。胎動を感じるようになるのは、大きくなってきた赤ちゃんの手足が子宮壁に当たるようになったからです。

胎動の感じ方は人それぞれではありますが、腸が動いているような感覚やガスが移動しているような感じを最初の胎動のうちは感じます。23週頃になると、胎動もどんどんハッキリ感じるようになり、人によっては痛いと思うほど激しい胎動を感じる人もいます。

胎動の強さは赤ちゃんの動き次第なので、胎動が強いと感じたり、逆に胎動が弱いからといってもさほど心配することはありません。ただ、毎日感じていた胎動が弱くなった、もしくは胎動をいきなり感じなくなったりした時は、赤ちゃんに何か起きてしまっているかもしれませんので受診してください。

妊娠6ヶ月は逆子になりやすい

胎動を感じるのは赤ちゃんが手足を動かした時なので、この時にお腹の上の方で胎動を感じるか、下の方で胎動を感じるかで赤ちゃんの頭がどちらを向いているかを知る事が出来ます。この時期は羊水が増えてスペースに余裕が出てきたので逆子になる赤ちゃんも多くいますが、自然と頭が下になる事が多いのでそれほど心配はありません。

妊娠6ヶ月になれば性別がわかる?

性別が分かるのを楽しみにしているご両親も多いのではないでしょうか。これまでは、性別がわからないので男女どちらでも着れるような白や黄色などの服を購入していたのが、性別が分かればぐんと服選びも楽しくなります。名前を考えるのも性別が分かっていれば、随分考えやすくなります。

赤ちゃんの性別は受精卵の時から染色体で決まっていますが、妊娠6ヶ月の頃から生殖機能が発達してきてエコーで性別がわかるようになってきます。男の子の場合は性別が比較的分かりやすく、妊娠6ヶ月のこの時期に性別が確定することが多いですが、女の子の生殖器は見えにくいので性別を確定するのが難しいです。

妊娠6ヶ月でも女の子は難しい?

エコーを撮る時に赤ちゃんがお腹側を向いていれば性別の判断をしやすいのですが、背中側を向いていると生殖器をエコーで捉える事が出来ず、先生も性別を伝える事が出来ません。「男性器が見えないので女の子ではないか」といった曖昧な応えしか先生も性別については教えてくれません。健診の度に角度が合わない事が続くと臨月になっても性別をはっきり断定することが出来ないこともあります。女の子の性別判断は赤ちゃん次第なので運よくエコーに写るように祈るしかありません。

妊娠6ヶ月は流産と言わなくなる

妊娠6ヶ月は妊娠20週~23週の4週間にあたります。妊娠20週~妊娠21週の間に赤ちゃんが亡くなった場合は流産と言いますが、妊娠22週からは、流産ではなく死産といいます。赤ちゃんが産まれて生命が維持できる状態の時は早産になります。赤ちゃんがそれだけ成長したという証です。

妊娠6ヶ月でも流産の危険はある

安定期に入ったとはいえ、まだまだ流産の可能性が0になったわけではありません。安定期と呼ばれるのは胎盤が安定したからであって流産しないうわけではないのです。早期流産の場合は染色体異常など先天的な原因がほとんどですが、妊娠6ヶ月に入ってからの流産は母体と深い関係があります。

妊娠6ヶ月の流産の原因

妊娠6ヶ月に入ってからの流産の原因として
・絨毛膜羊膜炎
・子宮筋腫
・頸管無力症
・子宮の奇形などがあります。
子宮奇形に関しては先天的なもので妊娠してなったわけではないので、もし、流産してしまって原因が子宮奇形だった場合は医師やパートナーと相談してください。

流産の原因①絨毛膜羊膜炎

絨毛膜羊膜炎の原因は菌感染です。妊娠中ではなくても起こる細菌性膣炎と同じもので、羊水や羊膜が細菌に感染したことを絨毛膜羊膜炎と言います。羊水や羊膜が細菌に感染すると胎児に感染させないように、体が子宮収縮を促し出産させようとします。この時期が早すぎると流産となります。

細菌の元は体内の乳酸菌です。元々ある乳酸菌のバランスが崩れ善玉菌より悪玉菌が増えることによって炎症を起こします。完全な予防法というものはないと言われていますが、悪玉菌を増やさない為には規則正しい生活や栄養バランスの良い食事などの基本が重要なようです。キレイにしようとして膣内を洗いすぎるのも逆効果です。膣内は外部からの細菌の侵入を防ぐため酸性に保たれていますが、洗いすぎると酸性でなくなり細菌が侵入しやすくなります。

流産の原因②子宮筋腫

子宮筋腫は良性の腫瘍なので普段はそう気にしなくても大丈夫ですが、妊婦となると話は別です。子宮筋腫があっても妊娠して問題なく出産している方も多数いますが、子宮筋腫の大きさや数、出来ている場所によっては流産を引き起こしたり、難産・帝王切開を余儀なくされる場合もあります。子宮筋腫が大きくなってくるとお腹の張りや腹痛・出血などの症状が出てきますので、こういう症状があった時はすぐ医師の診察を受けてください。

流産の原因③頸管無力症

頸管無力症とは子宮の位置が下がってきて頸管が短くなったり、子宮口が開きやすくなる症状のことをいいます。腹痛や出血といった自覚症状はないので妊婦健診の時に医師に告げられることがほとんどです。頸管無力症になると、生産期ではないのに破水したり、子宮口が開くことにより陣痛が始まったりして早産や流産の危険が増します。そのため、頸管無力症の診断が下りるとほとんどの場合は子宮頸管を縛る手術を受けたりして、早産・流産を防ぎます。

妊娠6ヶ月のお腹の張りには要注意

お腹の張りというのは、子宮収縮でお腹が硬くなっている状態をいいます。普段より多く動いたりするとお腹の張りを感じたりしますが、こういうお腹の張りは少し安静にしていれば治ります。お腹の張りを頻繁に感じる・動けなくなるほどのお腹の張りを感じる時は、医師の診察を受けてください。お腹の張り=子宮収縮しているということですから、流産や早産の危険性があります。

お腹の張りは我慢せずすぐ医師に相談すれば、お腹の張りを抑える薬を処方してくれます。薬を飲んでもお腹の張りが変わらない場合は出来るだけ動かないように安静を心掛けてください。お腹の張りが初期の段階だと自宅で安静にしているように指示されますが、切迫流産や切迫早産の診断になると入院して流産や早産の危険性がなくなるまで、長ければ数ヶ月の間安静にしていなければなりません。

妊娠6ヶ月ではまだ赤ちゃんの体が完全には出来上がっていません。妊娠22週以降は生存確率が上がるとはいえ、まだまだ未熟なので数日で亡くなってしまったり、障害が出てしまったりするので正期産までお腹の中で育ててあげるためにも、お腹の張りを感じたらムリせずすぐ横になって安静にすること。外出先でお腹の張りを感じた時は椅子でいいので座ってお腹の張りが治まるまでは動かないようにしましょう。

妊娠6ヶ月の頃からの体調の変化

妊娠6ヶ月になるとお腹が大きくなってきて今までと違う痛みや不調を感じることも出てきます。例えば、腰痛や肩こりです。今まで一度も腰痛や肩こりを感じたことのなかった人も腰痛・肩こりを感じる事があります。体内でも日々変化し続けています。マタニティブルーと呼ばれる症状が出てくるのも妊娠6ヶ月ころからが多いようです。その原因はホルモンの分泌量に関係しています。

女性ホルモンによるイライラや落ち込み

妊娠すると女性ホルモンと総称されるエストロゲンとプロゲステロン分泌されだします。この二つのホルモンは生理前から生理後にかけても分泌されている女性ホルモンです。生理前に意味もなくイライラしたり落ち込んだりしたことはありませんか?俗にPMSと呼ばれる症状ですが、この症状を引き起こしているのが女性ホルモンで、この女性ホルモンは妊娠してから出産時にピークになるよう分泌し続けています。

妊娠中期になる妊娠6ヶ月の頃から女性ホルモンの分泌量がPMSの症状を引き出すくらいの分泌量になってきます。そのため、意味もなくイラついたり落ち込んだりしてしまうので、こういった症状が出た時はあまりムリをせず、出来るだけ自分のしたいことをしてストレスを抱えないようにしましょう。

妊娠6ヶ月になったママの体

お腹も胸も大きくなり慢性的な肩こり・腰痛を感じるようになる人が多くなるのがこの時期からです。腰痛の原因はそれだけではなく、子宮のスペース確保の為背骨は外側に曲がります、いつも背を反らせている状態が続くのも腰痛の原因です。腰痛になると仰向けで寝た時に腰への負担も大きく腰痛も酷くなるので横向きで寝るようにしましょう。

妊娠6ヶ月頃から大きくなった子宮が内臓を圧迫するようになってきます。そのため胃が押し上げられてムカムカしたり小食になってきたり、腰痛を感じたり、腸が圧迫されて便秘になり腹痛を感じることもあります。あまりに便秘が続くようなら腹痛を我慢せず医師に相談して薬を処方してもらいましょう。逆に下痢になる人もいますが、水のような下痢が何度も出た時は、流産や早産の危険があるので早めに医師の診察を受けてください。

乳首の痒みや痛み、色素沈着などが起きてくることもあります。これもホルモンの影響による変化のひとつですが、シミやソバカスもできやすくなりますので、紫外線予防も大事ですね。肌が敏感になってくる人もいますのでマタニティ服は肌に優しいものがおススメです。

大きくなったお腹は足の付け根も圧迫してきますので、血流が悪くなり下半身がむくみやすくなります。長時間座ったままだったり立ったままでいるのは更にむくみや腰痛の原因になるので、こまめに休息をとるようにしましょう。体内のカリウムが少なくなってきて、こむら返りを起こす人もいます。こむら返りの原因はミネラル不足だと言われています。ミネラルを多く含む麦茶やルイボスティーなどノンカフェインのお茶を飲むようにしましょう。

妊娠6ヶ月ころの適正な体重増加は?

妊娠6ヶ月から赤ちゃんが大きくなるのでその分の体重増加はありますが、妊娠6ヶ月の時の赤ちゃんの体重はまだ1㎏にも満たないほどなので、何㎏も体重増加した人はほとんど自分の体重ということになります。
妊娠してからの体重増加は、妊娠前の体重からプラス10㎏前後が理想の体重増加なのですが、妊娠初期は赤ちゃんや羊水の重さはほとんどありませんので、この体重増加の目安は妊娠中期からの体重増加目安になります。

妊娠中期から体重増加し始めて出産の時に妊娠前からプラス10㎏前後の体重増加で納めるには、1週間に300g~500g、1ヶ月で1.2㎏~1.5㎏の体重増加で抑えれば健診の時に体重増加で医師に注意されることもありません。

妊娠6ヶ月の食事は1.5人分

妊娠すると赤ちゃんの分と二人分食べろと未だに言う人がいますが、二人分も必要ありません。よくて1.5人分ほどですので、周りに言われたからといって二人分食べるのは適正以上の体重増加を招きます。0.5人分のカロリーは1日で約300kcal~350kcal、ご飯1膳分ほどです。

ご飯1膳分を3食に振り分けて食べるくらいなので、普段のご飯を気持ち大盛りにするくらいで十分ということになります。ご飯をあまり食べない人なら、朝食や間食に果物を加えてみるなど。果物にはビタミンや食物繊維の多い物も多いので、カロリーだけでなく他の効果も期待できますね。ただ、糖分の摂りすぎはよくないので、果物を食べる時も食べすぎには注意してください。

妊娠6ヶ月から急激な体重増加に注意!

妊娠すると体が赤ちゃんと母体の為に栄養を蓄えようとします。妊娠初期にはそれほどでもなかった体重増加が妊娠中期に入った頃からいつもと同じ食事をしてるつもりなのに急激に体重増加したりします。これは出産に向けて体が栄養を蓄えれておこうとする作用と皮下脂肪をつけて赤ちゃんを守ろうとしているからなのです。急激な体重増加は腰にも負担をかけ腰痛の原因になりますので気を付けましょう。

急激な体重増加は心臓に負担をかけるだけでなく、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などになる危険性があります。妊娠6ヶ月頃から出産の出血に備えて血液の量をが増えてきます。加えて、全身に血液を回すため心拍数も上がり、1回で流す血液の量も増えているので妊娠高血圧症候群になりやすい状態です。そこに急激な体重増加が加われば更に血圧を上げてしまうので命の危険もあります。

■参考記事:妊娠中にダイエットするには?コチラも参照!

妊婦のダイエット!妊娠中に痩せる方法まとめ!【おすすめ】

妊娠6ヶ月で起こる腹痛のわけ

妊娠6ヶ月になると、赤ちゃんの急速な成長に伴い羊水の増量などでお腹が一気に大きくなる時期です。そのため大きくなったお腹を支えるため後ろに体重をかける歩き方になってきます。後ろに体重をかけると腹筋に力が入ってしまい腹痛・腰痛を覚えることがあります。その他にも、急速に大きくなったお腹を支えるための円靱帯がお腹の成長についていけず腹痛を感じることがあります。

妊娠6ヶ月でも起きる陣痛

下腹がギューッと締め付けられるような腹痛を感じたら、どのくらいの間隔で腹痛を感じるか時間を計ってみてください。不規則でしばらくすれば治まるようなら前駆陣痛といって陣痛の予行演習のようなものなのです。妊娠6ヶ月の頃に前駆陣痛が起こることはあまりないので特に気にする必要はありません。

腹痛がお腹全体に起きていて、腹痛の間隔が規則的で徐々に間隔が短くなるとか、腹痛が徐々に強くなるようなら何かの理由で本陣痛が起きているかもしれないので、かかりつけの病院に行って受診してください。

ストレスを感じたらゆっくり休んで

ストレスで腹痛を起こす場合もあります。妊娠6ヶ月になってくると妊娠初期の症状は治まってくるものの、体型も変わりホルモンバランスも変わってきて思うように体を動かすことが出来なくなりストレスを感じる事も増えます。基本的にストレスは胎児にもよくないので腹痛を起こすほどのストレスを感じたらゆっくり休んでください。

産休前に仕事を終わらせようと頑張ったり、家事や買い物などで動き回ったりすると腹痛を覚える時があります。あまりに度々腹痛を起こすようなら医師に相談してください。腹痛をそのまま放置していると早産や流産の可能性を見逃してしまうことになります。

■参考記事:妊娠中のストレス、注意点は?コチラも参照!

妊娠中のストレスの赤ちゃんへの影響は?発散法と旦那の注意点も!

妊娠6ヶ月で出血したら必ず医師に相談して!

出血する事が多い原因5つ
1.切迫流産・切迫早産
2.子宮頸管ポリープからの出血
3.子宮膣部びらん
4.前置胎盤
5.常位胎盤早期剥離

切迫流産・切迫早産

妊娠を継続できる状態だけど、流産や早産の危険性がある状態を切迫流産・切迫早産といいます。この切迫流産・切迫早産ではお腹の張りや出血などの自覚症状がある場合が多いです。放置するとそのまま流産や早産してしまうので早めの対処が必要です。出血の量は個人差がありますので、たとえ少量でも次回の妊婦健診まで待たずに受診してください。

子宮頸管ポリープ・子宮膣部びらん

外部刺激によって出血するのが子宮頸管ポリープと子宮膣部びらんです。子宮頸管ポリープとはその名の通り子宮頸管にポリープが出来るのですが、通常良性のポリープなので問題ありません。このポリープが内診や性交渉などで潰れて出血するときがあります。子宮膣部びらんは膣内が赤くただれたように見える状態のことですが、妊婦の半数は経験しているような病気なので心配いりません。こちらも内診や性交渉などの外部刺激によって、出血することがあります。

前置胎盤

通常、胎盤は子宮上部に形成されるのですが、それが子宮口近くに形成されることを前置胎盤(ぜんちたいばん)といいます。前置胎盤の方は出血しやすい傾向にあります。個人差はありますが、痛みはなく少量の出血の場合からいきなり大量に出血する場合もあるので、健診の時に前置胎盤が分かったら出来るだけ安静に妊娠生活を送るようにしましょう。

常位胎盤早期剥離

胎児の栄養や酸素を送る大事な役割を持つ胎盤が出産を待たずに剥がれてしまう状態です。赤ちゃんの命に関わるのは当然ですが、母体にも影響を及ぼすことなので早期に発見して対処したいところ。ですが、早い段階では出血などもなく中々みつかりにくい症例です。重度になってくると動けないほどのお腹の張りや出血がみられます。切迫早産だと思ったら常位胎盤早期剥離だったということもありますので、いつもと違うと感じたらすぐ医師に相談してください。

妊娠6ヶ月でもまだまだ油断出来ません

安定期と聞くと何でも出来そうですが、やはりお腹の中で命を育てるのは安易なことではありません。妊娠中期に入って初期の頃より体調も整ってきて赤ちゃんも育ってきますが、まだまだ気を付けなければならない事はたくさんあります。妊娠初期の頃から言われているように過度な運動は妊娠中にはやめておきましょう。少しでもお腹の張りや出血があった時は、気後れせず病院に行って生産期で元気な赤ちゃんが産めるように頑張ってください。

この時期から始まる辛い肩こり・腰痛。体の変化はどうすることもできませんが、体重管理など自分で出来ることは心掛け肩こり・腰痛がひどくならないようにしましょう。あまりに肩こり・腰痛がひどく辛くても湿布などを貼るのは危険です。肩こりや腰痛が辛い時はパートナーにマッサージしてもらったり、マッサージを受けにいってください。

妊娠中の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

妊婦がうなぎやレバーを食べても大丈夫?妊娠中の胎児への影響は?
妊婦が温泉に入るのは大丈夫?妊娠初期・妊娠中の注意点は?
妊婦は眠い!妊娠中の眠気の原因と対策を解説!なぜ眠いの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ