妊娠20週目!胎児やお腹の大きさは?体重増加は?性別は確定する?

妊娠期間40週のちょうど中間となる妊娠20週目。母体であるお母さんのお腹の大きさも少し目立つようになり、赤ちゃんもずいぶん大きくなってきていることでしょう。当記事では妊娠20週目お母体や赤ちゃんの変化、また性別は確定するのかどうかについてもご紹介致します!

妊娠20週目!胎児やお腹の大きさは?体重増加は?性別は確定する?のイメージ

目次

  1. 妊娠40週のうちの折り返し!妊娠20週目の母体や胎児の様子は?
  2. 妊娠20週目の母体の変化とは?何が変わるの?
  3. 妊娠20週目の母体の変化(1)お腹の大きさが目立ってくる
  4. 妊娠20週目の母体の変化(2)体重増加
  5. 妊娠20週目の母体の変化(3)疲れやすい
  6. 妊娠20週目の母体の変化(4)胎動を感じる
  7. 妊娠20週目の母体の変化(5)お腹が張る
  8. 妊娠20週目の胎児の様子は?体はどこまで成長しているの?
  9. 妊娠20週目の胎児の変化(1)体の大きさ
  10. 妊娠20週目の胎児の変化(2)体重
  11. 妊娠20週目の胎児の変化(3)体の大部分の器官が完成
  12. 妊娠20週目の胎児の変化(4)五感のめざましい発達
  13. 妊娠20週目の胎児の変化(5)睡眠時間の安定
  14. 妊娠20週目の胎児の変化(6)しゃっくりを始める
  15. 妊娠20週目の胎児の変化(7)性別が確定
  16. 妊娠20週目の妊婦が注意したい5つの事とは?
  17. 妊娠20週目の妊婦が注意する事(1)妊娠高血圧症候群
  18. 妊娠20週目の妊婦が注意する事(2)妊娠糖尿病
  19. 妊娠20週目の妊婦が注意する事(3)膀胱炎
  20. まとめ

妊娠40週のうちの折り返し!妊娠20週目の母体や胎児の様子は?

妊娠器官もようやく半分終わりを迎える妊娠20週目。妊娠20週目は安定期と呼ばれる妊娠中期にあたります。これまで流産の心配をしていた妊婦さんも、やっと少し安心することができる時期になりました。

妊娠20週目を迎える妊婦さんは産婦人科の検診にも慣れ、自分の体を労わる方法もよく分かってきている頃ではないでしょうか。

妊娠20週目ともなると妊娠初期の頃に比べて、母体である妊婦さんのお腹の大きさや胎児は見た目もかなり変化しています。エコー検査ではお腹の中の胎児がどんどん人間らしく成長しているのを確認することができ、ますます我が子に対する愛情があふれてくる時期です。

小指の先ほどの大きさしか無かった我が子のめまぐるしい成長に、エコー検査をするたびに感動してしまうこともあるでしょう。長い妊娠生活の中でも、妊娠20週目は妊娠している喜びを強く感じることが出来る思い出深い日々になります。

妊娠20週目の母体の変化とは?何が変わるの?

それでは次は妊娠20週目を迎える妊婦さんの体は、妊娠初期と比べてどのように変化するのか、いったい何が変わるのかについてご紹介していきます。

女性の体は妊娠20週目ともなると、大きくなってくる胎児をよりリアルに感じる事ができるようになります。これまでにはあまり感じられなかったお腹の赤ちゃんの様子もより詳しく知ることができるようになります。

また妊娠20週目は妊娠初期に比べるとお腹の胎児が大きくなることで、妊婦さんである女性の体は見た目もかなり大きな変化が現れます。

初めて妊娠した女性はこれまでに経験したことがない自分の体型や体調の変化に、少しとまどってしまうこともあるかもしれません。ここでは妊娠20週目を迎える母体の変化について5つご紹介しますので、自分の状況と比べながら確認してみてくださいね!

妊娠20週目の母体の変化(1)お腹の大きさが目立ってくる

妊娠20週目の母体の変化の1つめは、お腹の大きさが目立ってくることです。

妊娠超初期や妊娠初期ではあまり目立つことがなかった妊婦さんのお腹の大きさも、妊娠20週目頃になるとかなり遠くから見てもぽっこりと膨らんだお腹の大きさが分かるようになります。

この頃になると妊娠している女性の体の中では、子宮は小玉スイカや成人女性の頭ぐらいの大きさにまで成長しています。

妊娠20週目になるとお腹の大きさでこれまで履いていたズボンや下着はもう入らなくなってきます。妊娠前の服を無理に着用していると腹痛の原因になることもありますので、お腹の大きさに合わせてマタニティ専用のウェアや下着を準備しましょう。

お腹の大きさはこれからまだまだ大きくなります。個人差はありますがお腹の大きさによっては妊娠線が出てくる人もいますので、産後に綺麗なお腹に戻すためには妊娠線を予防するクリームなどを使って対処するといいですね。


◆関連記事:妊娠3か月ってどんな感じ?

妊娠3ヵ月目の症状!体重やお腹の大きさは?出血は流産の可能性?

妊娠20週目の母体の変化(2)体重増加

妊娠20週目の母体の変化の2つめは、体重増加です。

お腹の大きさが目立つようになってくる妊娠20週目は、母体の体重増加がめまぐるしい時期です。妊娠中は母体から胎児に栄養が送られていきますが、胎児が大きくなるとそれだけ必要となる栄養も増える事になります。

妊娠20週目のお母さんは食べても食べてもお腹が空いてしまうこともあり、つい食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

実際には成長する子宮や胎児、羊水の量をなどを考えると、妊娠20週目頃はだいたい週に200グラムから500グラム程度の体重増加が望ましいと言われています。週に何キロも体重増加している人は明らかな食べ過ぎになりますので注意が必要です。

またつわりがまだ続いている人はもしかすると体重があまり増えていない場合もあるかもしれません。そのような場合はかかりつけの産婦人科の医師の診察をきちんと受け、適切に対処する必要があります。

妊娠20週目の母体の変化(3)疲れやすい

妊娠20週目の母体の変化の3つめは、疲れやすいことです。

妊娠が進むと女性は自分の体だけでなく胎児や羊水などを常に抱えて動いているような状態になります。そのため妊娠前に比べると、ちょっと動いただけで息が切れてしまうことがよくあります。

人によっては動くと腹痛があったり足の付け根が引きつるように傷みが走ることもあり、どんどん外出が面倒になることもあります。

妊娠中は多くの女性が疲れやすくなるものですが、平均以上に体重増加が激しい肥満気味の妊婦さんはより症状が重くなります。妊娠中の体重増加には十分注意しなければいけません。

妊娠20週目を迎える妊婦さんは外出する時もなるべく混み合った電車やバスは避けるようにし、疲れたら椅子に座ったりお昼寝をするなどして自分の体を労わってあげましょう。

妊娠20週目の母体の変化(4)胎動を感じる

妊娠20週目の母体の変化の4つめは、胎動を感じることです。

妊娠20週目頃になると胎児は体のパーツがほぼ完成しています。そのためお腹の中で活発に動き回るようになり、母体である女性はその動きを胎動として感じるようになります。

妊娠が初めての女性は胎動がどのようなものか分からない人もいるかもしれませんが、最初の方の胎動は本当に小さなものです。妊娠20週目頃の胎動はお腹の中でポコポコと泡がはじけるような感覚で一瞬違和感を感じる程度です。

かすかに感じる程度の胎動は、やがてどんどんはっきりとした動きとなって感じられるようになります。内臓をグニッと押されるような感じがしたり、内側からポンと優しく触れるような感じがしたらそれは赤ちゃんが動いている胎動です。

初めて胎動を感じた女性は、確かに自分の中に生命が宿っているということに感動してしまいます。妊娠20週目を超えてさらに妊娠が続くと、やがて胎動は母体である女性が夜眠れなくなるほど激しくなってきます。

妊娠20週目はゆっくりとリラックスして胎動の動きを感じ取ってみましょう。赤ちゃんの動きに身をゆだねてみてくださいね。


◆関連記事:40週を超えての出産について

妊娠11ヶ月(40週〜)で出産する人もいるの?

妊娠20週目の母体の変化(5)お腹が張る

妊娠20週目の母体の変化の5つめは、お腹が張ることです。

妊娠20週目は妊娠中期にあたりますが、子宮の成長がめざましい時期であるためお腹が非常に張りやすくなります。また疲れがたまってしまったり、体をよく動かした後にもお腹が張ることがあり、時には張りと一緒に腹痛が起こることもあります。

お腹が張るのは経験してみないと分かりづらいものですが、お腹の中にまるでガスがパンパンにつまっているような、胃を押し上げてくるような違和感があるのが特徴です。

お腹の張りは腹痛を起こすだけでなく、ひどい場合や回数が多い時は胎児に影響する可能性もありますので、気になる人は一度医師の診察を受けた方が良いかもしれませんね。

妊娠20週目の胎児の様子は?体はどこまで成長しているの?

それでは次は妊娠20週目の胎児の様子についてご紹介します。

母体である女性の体にも大きな変化があらわれる妊娠20週目ですが、お腹の中の胎児もより様々な体の機能が育ち、人間へと成長しています。

妊娠中は産婦人科の診察でエコー写真を撮ることが多いと思いますが、そのエコー写真でも胎児の成長ははっきりと確認することができます。

この妊婦健診の際にもらえるエコー写真は赤ちゃんの成長の記録になりますので、ぜひアルバム等に貼って記念に取っておくと良いですね。エコー写真では胎児が手をギュッと握っている様子や、目をぱっちりと開けている様子も見ることができます。

3Dエコーよりも4Dエコーの方がより綺麗なエコー写真を撮ることができます。病院によってエコーの設備は変わりますので、気になる人は受付などで確認してみましょう。

妊娠20週目の胎児の変化(1)体の大きさ

妊娠20週目の胎児の変化の1つめは、体の大きさです。

わずか数ミリだった胎児の大きさは、妊娠20週目になると座高は20センチから25センチ程度まで成長しています。手の平に乗るほどの大きさだった胎児はもう両方の手の平でなければ乗せる事ができないほど大きくなっています。

出産予定日である妊娠40週目には胎児の大きさは50センチぐらいになりますので、ちょうど半分ほどの大きさに成長していることになります。

妊娠20週目の胎児の体の大きさに比べて、母体であるお母さんのお腹の大きさが明らかに大きすぎる時は体重増加傾向にあるかもしれませんね。

妊娠20週目の胎児の変化(2)体重

妊娠20週目の胎児の変化の2つめは、体重です。妊娠20週目の胎児の体重は、平均して200グラムから350グラムまで成長しています。

胎児の体重は大きさと一緒でとても個人差がありますので、妊娠20週目で200グラムから350グラムに達していなくても妊婦健診で医師に何も言われていなければ問題はありません。

体重200グラムから350グラムとは小ぶりのリンゴぐらいの重さになります。意外と軽いなと思う方もいるかもしれませんが、お腹の中の胎児はこの時期以降は体重増加が加速していきます。

胎児が大きくなり羊水の量が増えていくとお腹の大きさや重さで腹痛や腰痛になってしまう妊婦さんもいます。妊娠中は決して無理をしないように心がけましょう。

妊娠20週目の胎児の変化(3)体の大部分の器官が完成

妊娠20週目の胎児の変化の3つめは、体の大部分の器官が完成することです。

妊娠20週目になるとお腹の中の胎児は体のこまかい部分まで器官が完成します。エコー写真で見ると手や足などはもちろん、顔の造形も次第にくっきりとして見えるようになります。爪は綺麗に生えそろい、目元にはまつ毛や眉毛も確認することができます。

妊娠20週目の胎児は見た目はもう完全な人間なのですが、まだ繊細な部分まで完全に成長しているわけではありません。赤ちゃんは一般的には最低でもお母さんのお腹の中で妊娠22週目まで過ごさなければ生きていくことは難しいと言われています。

妊娠20週目は安定期ではありますが、お腹の張りを放っておいたり無理な労働を繰り返すことで腹痛を起こしたり切迫早産になってしまう恐れもあります。

妊娠20週目は安定期と言えどもまだまだ気を許すことはできません。過労や腹痛には十分気を付けるようにしましょう。

妊娠20週目の胎児の変化(4)五感のめざましい発達

妊娠20週目の胎児の変化の4つめは、五感のめざましい発達です。

五感とは視覚、嗅覚、味覚、触覚、聴覚の5つの感覚のことをいいます。とっても不思議なことのようですが、赤ちゃんは妊娠20週目を過ぎるとお腹の中ですでに色々な刺激を感じて過ごすことができるようになります。

お腹の中の胎児に対して絵本を読み聞かせたり音楽を一緒に聞いたりすることを胎教といいますが、実際に妊娠20週目を過ぎた赤ちゃんは外界からの刺激を体全体で受け止めていることが分かっています。

赤ちゃんはお母さんの心臓の音と一緒にお母さんの声やお父さんの声をよく聞いています。お腹の中で赤ちゃんに快適に過ごしてもらうためには、夫婦喧嘩や言い争いをしないように穏やかに過ごすことが大切になります。

家事や仕事などで無理をしすぎてしまい、母体であるお母さんが腹痛などでツラい思いをしていると、お腹の胎児も不安な気持ちになるかもしれません。また腹痛でお腹が張ると子宮が収縮して胎児も苦しい思いをしてしまうかもしれません。

妊娠20週目は色々なことが分かるようになってきた赤ちゃんのためにも、妊婦であるお母さんが幸せに過ごすことが大切になります。

妊娠20週目の胎児の変化(5)睡眠時間の安定

妊娠20週目の胎児の変化の5つめは、睡眠時間の安定です。

胎児はお母さんのお腹の中で寝たり起きたりを繰り返しています。今までは胎児が眠る時間はバラバラで、寝る時間と起きている時間がはっきりと区別されていませんでしたが、妊娠20週目を過ぎるとその胎児の睡眠が次第に安定してきます。

妊娠20週目を過ぎると胎動も激しく感じるようになりますので、腹痛かと思うほどお腹が動くときは胎児が起きている時間で、逆に拍子抜けするほどお腹が動かない時は胎児が眠っている時間だと分かるようになります。

時々お母さんが寝ようとした瞬間に胎児が起きて動き始めることもあり、苦笑いしてしまうこともあるかもしれません。胎児が起きている時の腹痛かと思うような胎動は、今日も赤ちゃんが元気に過ごしているんだなと知るためのバロメーターになりますね。

妊娠20週目の胎児の変化(6)しゃっくりを始める

妊娠20週目の胎児の変化の6つめは、しゃっくりを始めることです。

何とも可愛らしいことですが妊娠20週目を過ぎた赤ちゃんは、お母さんのお腹の中でしゃっくりを始めるようになります。

お腹の赤ちゃんがしゃっくりをしている時はいつもの胎動と違ってお腹が小刻みに揺れるように動いたり、同じ感覚でその揺れが続きます。

胎児がしゃっくりをする原因は色々ありますが、お腹の中で羊水を飲んだり吐き出したりする時に時々起きる痙攣ではないかと言われています。

胎児がしゃっくりをするタイミングは赤ちゃんによって違います。よくしゃっくりをする赤ちゃんもいれば、あまりしゃっくりをしない赤ちゃんもいます。

しゃっくりはエコー画像を見ている時に確認できることもあります。小さな体でしゃっくりをする姿は人間そのものです。お母さんは赤ちゃんに対してますます愛しさがこみあげてくることでしょう。

妊娠20週目の胎児の変化(7)性別が確定

妊娠20週目の胎児の変化の7つめは、性別が確定することです。

お腹の中の胎児の性別が気になる人はたくさんいます。赤ちゃんの性別が女の子だったらママ似かな?性別が男の子だったらパパ似かな?と妊娠初期から胎児の性別を想像している人も多いことでしょう。

胎児の性別は一般的に妊娠20週目を過ぎるとはっきりと区別できるようになると言われています。性別を確認する方法は色々ありますが、性別を見る上で最も分かりやすいのが性器の違いです。通常はエコー写真で産婦人科医が胎児の性別を判断することになります。

産婦人科医では早くから胎児の性別をお母さんに教えてあげようとエコーでの確認を頑張ってくれることもありますが、あまり早い時期に胎児の性別を判断するのは間違いの元となります。胎児の性別は妊娠20週目以降に確認するようにしましょう。

また妊婦さんであるお母さんの中には胎児が産まれてくるまで性別は知りたくないと考える人もいます。胎児の性別は生まれた時のお楽しみにとっておきたいという人は、医師にその旨を伝えておくことをオススメします。

妊娠20週目の妊婦が注意したい5つの事とは?

それでは最後は妊娠20週目の妊婦のお母さんが注意したい事についてご紹介致します。

上記でもご紹介したように、妊娠20週目は安定期と呼ばれており母体や胎児の体調などが比較的落ち着いている時期になりますが、実際はこの時期には注意したいことが幾つかあります。

次は妊娠20週目の妊婦のお母さんが流産や早産にならないために、特に注意したい5つの事を詳しくご紹介します。安心安全な妊娠生活を送るためにぜひご覧くださいね。

妊娠20週目の妊婦が注意する事(1)妊娠高血圧症候群

妊娠20週目の妊婦が注意する事の1つめは、妊娠高血圧症候群です。

妊娠高血圧症候群とはその名の通り妊娠中に発症する高血圧のことです。詳しくは妊娠20週目以降から産後12週目までに起こる高血圧をいいます。さらに妊娠高血圧症候群では尿にたんぱくが下りることもあります。

この妊娠高血圧症候群はなんと妊婦の20人に1人は発症すると言われており、決して珍しい病気ではありません。

妊娠高血圧症候群を発症すると母体は腎機能や肝機能の障害が出ることがあり、ひどい時は脳出血やけいれんなどを引き起こすこともある怖い病気です。またこの病気になってしまうと胎児の発育不良が起こったり、胎児の成長に必要な酸素や栄をがうまく送ることが出来なくなるケースもあります。

妊娠高血圧症候群になってしまう原因は、妊婦がもともと血圧が高めだった場合や高齢出産などが影響すると言われています。またさらに妊娠中に体重増加が激しいことなども原因になります。

もともとの持病や年齢などは仕方がないことかもしれませんが、体重増加は自分の意志で対処することが可能です。妊娠中は体重増加が激しくならないように十分注意しましょう。

妊娠20週目の妊婦が注意する事(2)妊娠糖尿病

妊娠20週目の妊婦が注意する事の2つめは、妊娠糖尿病です。妊娠高血圧症に比べると少し知名度は低いのですが、妊娠糖尿病も妊婦にとって非常に怖い病気の1つです。

妊娠糖尿病は定期的に受ける妊婦健診などの尿検査や血液検査などで診断されることがほとんどです。妊娠糖尿病は母体である妊婦の腎機能の低下や羊水の量の変化を引き起こします。

また妊娠糖尿病はお腹の胎児が低血糖を起こしたり巨大児となってしまうこともあり、最悪の場合は流産につながってしまうこともあります。

妊娠糖尿病になる原因は妊娠高血圧症の時と同じく、もともと糖尿病を患っていた人や高齢出産の人、また妊娠中に体重増加が激しい人などがなりやすいと言われています。

胎児の大きさに対して明らかにお腹の大きさが大きい人は、平均以上の体重増加傾向が見られることもあります。妊婦健診の時はもちろん、日頃から自宅で体重を計り体重増加には注意しなければなりません。

妊娠20週目の妊婦が注意する事(3)膀胱炎

妊娠20週目の妊婦が注意する事の3つめは、膀胱炎です。

膀胱炎というとトイレを我慢した時に腹痛が起こってしまってかかる病気のイメージがありますが、実は適切なタイミングでトイレに行っていてもかかってしまう時があります。

妊娠20週目になると子宮がこれまでよりも大きくなり重さも増えてくるものですが、その子宮が膀胱を圧迫して膀胱炎にかかりやすくなることもあります。女性は体の構造上、男性よりも膀胱炎にかかりやすいとも言われています。

膀胱炎になるとトイレで用を足す時に腹痛があったり、尿が白っぽい色になることがあります。また腹痛に加えて体がだるく発熱してしまったり、血尿が出てしまうこともあります。

膀胱炎だけの時はお腹の胎児に大きな悪影響はないと考えられますが、母体である妊婦さんにとっては毎日の排泄で腹痛がありツライ思いをしますので、医師の診察のうえ適切な治療を受けるようにしましょう。

まとめ

妊娠20週目の母体や胎児の変化やお腹の大きさ、また妊婦であるお母さんが注意したい事などについてご紹介しました。妊娠20週目の体の変化や赤ちゃんの様子などが大体お分かり頂けましたでしょうか?

妊娠20週目はエコーや胎動などで赤ちゃんの様子を確認しやすくなるのが嬉しいものです。つわりがおさまって食事が美味しく感じられる時期ですが、食べ過ぎの体重増加は腹痛や様々な病気を引き起こします。

エコーや胎動で元気な赤ちゃんの様子を確認するためにも、太り過ぎには注意し、無理をしないように残りの妊娠生活を楽しんでいきましょう!

もっと妊娠中について知りたいあなたはこちらもチェック

妊娠初期に太る原因と対策は?妊娠初期の体重増加でダイエットすべき?
妊娠6ヵ月目のママと赤ちゃんの症状!体重増加やお腹の張りは?
妊娠40週目!陣痛が予定日を過ぎてもこない?出産の兆候とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ