付き合い始めで不安?彼氏とのデートで注意するべきことって?

付き合い始めの恋人は何かと不安になるものです。特にデートの時には、どのような服を着ていけば良いだろう、一週間に何回会えば良いんだろう、と様々なことを考えてしまいますよね。そこで今回は、付き合い始めたばかりのデートで、注意するべき点を紹介していきたいと思います。

付き合い始めで不安?彼氏とのデートで注意するべきことって?のイメージ

目次

  1. 大好きな人と付き合い始めた!
  2. 付き合い始めのデートは緊張する
  3. 付き合い始めのデートの服装を考える
  4. 【付き合い始めのデート服装編①】清楚な服装を
  5. 【付き合い始めのデート服装編②】露出は控えめに
  6. 【付き合い始めのデート服装編③】ブランドものに注意を
  7. 付き合い始めのデート戦略を考えよう
  8. 【付き合い始めのデート戦略編①】会う頻度を考える
  9. 【付き合い始めのデート戦略編②】ラインの駆け引き
  10. 【付き合い始めのデート戦略編③】帰ってからライン
  11. 【付き合い始めのデート戦略編④】すぐにキスしない
  12. 【付き合い始めのデート戦略編⑤】お泊りは彼氏から
  13. 付き合い始めのデートで注意するべきことを考える
  14. 【付き合い始めのデート注意編①】否定しない
  15. 【付き合い始めのデート注意編②】期間を空けない
  16. 【付き合い始めのデート注意編③】主導権を与えすぎない
  17. 【付き合い始めのデート注意編④】イベントを意識する
  18. 【付き合い始めのデート注意編⑤】自分から連絡をする
  19. 【付き合い始めのデート注意編⑥】覚悟しておくこと
  20. 付き合い始めだからこそ注意するべき

大好きな人と付き合い始めた!

「恋愛するために私は生まれてきた」

と言えるほど、恋愛そのものが人生を生きるモチベーションになっている人も多いでしょう。大好きな人と一緒にいることができれば、最高の高揚感と幸福感を味わうことができます。それは、最高に幸せな瞬間です。

そして今まさに、大好きな人と結ばれることができたという人も多いのではないでしょうか。

「ずっと一途に思い続けてきた彼と付き合えることになった」
「思い切って告白したらOKをもらえた」
「やっと本当に好きな人に出会えた」

このようにして大好きな人と結ばれると、人生が大きく輝きます。少し嫌なことがあっても、彼氏のことを思い出せば頑張れるでしょう。しかし、毎日が楽しくて仕方ないという一方、不安も生まれてしまいますよね。

付き合い始めのデートは緊張する

付き合い始めたばかりの彼氏。大好きで幸せなのですが、付き合い始めは緊張してしまうことも多いです。特に初めてのデートは緊張と不安でいっぱいになってしまいます。

「どんな服を着ていけば、彼氏は喜んでくれるだろう」
「緊張で会話できなくなったらどうしよう」
「変なことをして嫌われてしまったらどうしよう」

彼氏のことが本当に好きだからこそ、彼女としてはこのような不安を感じてしまいます。大好きな彼氏との初めてのデートですから、女性心理としてこのようなことを思ってしまうのは、仕方がありません。

そして実際に、付き合い始めのデートで大失敗をしてしまい、すぐに彼氏から振られてしまうということもあります。怖がらせたいわけではないのですが、実際に起こりうることなのです。そのため、付き合い始めのデートを行う際には、様々なことに注意しておかなければならないのです。

付き合い始めのデートの服装を考える

付き合い始めのデートで一番悩むのが服装です。

「自分が一番気に入っている服装で行けば良いのかな」
「彼氏が好きな服装で行けば良いのかな」
「でも、そもそも彼氏がどのような服装が好きなのかわからない」

このように様々なことを考えてしまい、まったく決められなくなってしまいます。人によっては、初デートに向けて、新しい服を購入する人もいるでしょう。そのくらい、服装というものは重要で、不安を感じてしまうポイントなのです。

では、実際に付き合い始めのデートで、どのような洋服を着ていけば良いのか紹介していきましょう。ただし、基本的には自分に一番合った服装が、その人のベストの服装です。紹介したものと自分自身が真逆の立ち位置にある場合は、自分に合った服装が良いこともあるので、そこだけは注意しておきましょう。

■関連記事:デート時の服装について知りたい方はこちらもチェック!

初デートの服装はこれ!女性におすすめの服15選!【男が惚れる】
デートに着る服はこれ!男ウケするカジュアルな女性コーデとは?

【付き合い始めのデート服装編①】清楚な服装を

付き合い始めのデートでは、清楚な服装を心がけておくべきです。

実は男性は清楚な服装が大好きです。これは男性のタイプに関わらず、多くの男性が清楚な服装を好む傾向があります。なぜなら男性は女性に、女性らしさ、というものを求めるからです。

「料理ができる女性」
「キレイ好きな女性」
「男性に慣れていない女性」

このような潔白な女性を男性は求め、好きになります。そしてそれは清楚な服装からイメージできる内容ですので、清楚な服装を着ていくと、「料理が上手そう」「キレイ好きそう」「恋愛経験が少なそう」というイメージを与えることができるのです。

彼氏にも様々な好みがあると思いますが、清楚な服装をしてハズレということはありません。ただ、一度そのような服装をすると、今後もそれを続けなければいけなくなります。そのため、抵抗があるのであれば、清楚な服装でなくても構いません。

【付き合い始めのデート服装編②】露出は控えめに

付き合い始めのデートで、いきなり露出が高い服装をするのはやめましょう。

彼氏も男性ですから、もし露出の高い服装をすれば、それなりに喜ぶでしょう。ドキドキするでしょうし、その勢いに乗じて、初デートでキスを済ませることもできるかもしれませんし、それ以上の展開が待っているかもしれません。

しかし、露出の高い服装をすると、彼氏は彼女であるあなたを、真剣に付き合っている彼女と思えなくなります。どこかで出会った一晩だけの関係を持った相手、体目的の相手、というように、正式な彼女という立場から、遊びで付き合っている彼女という立場に降格してしまうことがあるのです。

露出の高い服装は彼氏にドキドキ感を与えますが、そのような恋愛は長続きしません。大好きな彼氏の彼女でいられる時間が必然的に短くなってしまうため、付き合い始めのデートで露出度の高い服装をするのはやめましょう。

【付き合い始めのデート服装編③】ブランドものに注意を

付き合い始めのデートでは、ブランドもののファッションをするのは少し注意が必要です。

これはブランドものの洋服やバッグ、財布などを持っていてはダメということではありません。全ての物がブランドものばかりという状態は、あまりオススメできないという話です。

男性は女性がブランドものばかりを身につけていると、少し引いてしまいます。

「高い物が好きなんだ」
「安い居酒屋には連れていけないな」
「なんでそんなにお金持ってるんだろう」

このように、ブランドものばかりの彼女を見ると、男性は様々な不安や疑問を感じてしまうのです。

けっしてこれだけで彼女を嫌いになるというわけではありませんが、プラスの感情を持つことは少ないでしょう。やはり、どちらかと言えばマイナスの感情ですので、すぐに別れがくる可能性もあります。注意しておきましょう。

付き合い始めのデート戦略を考えよう

付き合い始めのデートでは、服装が大切なことはお分かりいただけたかと思います。

さて、実は付き合い始めのデートでは頭も使わなければなりません。これから彼氏と長く付き合っていくため、そして大事にしてもらうために、様々な戦略を考え、実行していく必要があるのです。

意外とこのような戦略というものは重要で、付き合い始めのデートで何も考えずにいると、すぐに振られてしまったり、彼氏の機嫌を損ねてしまったりします。そのため、付き合い始めのデートでは、しっかりと戦略を練るということが大切になってくるのです。

戦略と言うと、難しいイメージを持ちますが、それほど難しいことではありません。むしろ彼女として当然しなければならないような、当たり前のこともあるため、すでに分かっている人も多いと思いますが、再認識するためにも勉強していきましょう。

【付き合い始めのデート戦略編①】会う頻度を考える

付き合い始めのデートに関することで悩むのが、会う頻度です。会う頻度が多過ぎると、彼氏に新鮮さがなくなってしまい、会える喜びが減ってしまいます。逆に会う頻度が少な過ぎると、彼氏が「嫌われているのかも」と勘違いしてしまうかもしれません。そのため、丁度良い会う頻度を、しっかりと考えていかなければならないのです。

会う頻度として一番一般的なものは、週一回です。そして会う頻度でベストとなるのも、この程度でしょう。
お互いの都合もありますが、週一回であれば、都合も合わせやすいため、無理のない会う頻度です。さらに、互いの気持ちが高まる期間としてもベストでしょう。

ただし、あくまでこれは付き合い始めでの会う頻度です。付き合いが長くなってからは、会う頻度をもっと多くしても大丈夫でしょう。

会う頻度を考えることは、意外と男女の付き合いの中で大切なことです。ここから駆け引きは始まっているので、心理面を考慮して、会う頻度を調節していきましょう。

【付き合い始めのデート戦略編②】ラインの駆け引き

付き合い始めのデート前の話ですが、ラインの駆け引きも重要なこととなります。実際に、会う頻度を決めるのにもラインを利用することになるので、うまく利用する必要があるのです。

ラインの返信は基本的に、すぐに送るようにしましょう。そうすることで、彼氏は彼女であるあなたが、自分との会話を楽しんでいると実感できるため、愛されやすくなります。

しかし、ラインが常に早過ぎるのもNGです。あまりにも早過ぎると、彼氏は彼女であるあなたの愛情に自信を持ちすぎてしまいます。「好きだよね?大丈夫だよね?」くらいの感情がちょうど良いので、たまにはラインの返信を遅くしてみるというのも一つの手です。そうすることで、彼氏は完全に安心しなくなります。

ラインで会う頻度を決める際、都合が悪く断らなければならないこともあるでしょう。そのような際には必ず返信で、何日なら大丈夫、という返信をするようにしましょう。そうしないと、彼氏は自分に会いたくないのかな、と思ってしまいます。会う頻度どうこうという話ではなく、別れることになるかもしれないため、ここは注意が必要です。

【付き合い始めのデート戦略編③】帰ってからライン

付き合い始めのデートが終わった後、必ずラインをするということも大事なことです。もしもラインがこないと、彼氏は「デートが楽しくなかったのかな」と勘違いしてしまいます。そうなると、会う頻度が徐々に少なくなっていき、最終的には自然消滅ということにもなりかねません。

実際にデートが楽しくないこともあるでしょう。しかしそこは我慢して、しっかりとラインすることが大切です。彼女であるあなたが、もう会いたくないと思っているのであれば話は別ですが、もっと会いたいという気持ちがあるのなら、嘘でも楽しかったとラインしないと彼氏は不安になってしまいます。

また、デート前にもラインすることが大切です。会う頻度が一週間に一回ということであれば、その前日に「明日楽しみだね」とラインすることで、彼氏のテンションがあがります。彼氏は彼女であるあなたとキスする妄想をするほど、気合が入るでしょう。うまく彼氏の心理をラインで操作するということが大切です。

【付き合い始めのデート戦略編④】すぐにキスしない

会う頻度が一週間に一回となると、彼氏は我慢できずに、すぐにキスをしようとしてくるかもしれません。しかし、戦略としては、すぐにキスをするのはNGです。キスは大切な行為ですので、できるだけ焦らすのが戦略としては正しいのです。

男性は彼女と早くキスをしたいものです。そして、それ以上の関係をゴールとして認識し、キスをしようとしてきます。

しかし、簡単にゴールしてしまうと、そこに達成感を得られません。結果、もっと刺激の強いことを求め、他の女性を求めてしまうこともあります。

そのため、キスはしてはいけないということではありませんが、できるだけ焦らしたほうが良いです。できれば、デート三回目以降までしないようにしましょう。ただ、あまりにもキスを拒み過ぎると、今度は彼氏が不安になってしまうため、そこにも注意が必要です。

【付き合い始めのデート戦略編⑤】お泊りは彼氏から

付き合い始めのデートを何度も行っていき、キスも済ませたとなると、次の段階に入ってきます。お泊りデートのタイミングです。

タイミングとしては、キスをすでに済ませたということであれば、急すぎる場合を除き、いつでも構いません。ただし、ここで重要なのは、お泊りを自分から誘わないということです。

「お泊りしたい」と自分から言えば、男性は喜ぶでしょう。しかし、彼女のあなたを自分の力で獲得した、という実感は少なくなってしまいます。そのため、男性を立てる意味でも、彼氏に誘ってもらったほうが良いのです。

彼女であるあなたとしては、彼氏が誘いやすいようにすることが大切です。キスをしたのですから、互いにいつか次の展開が来るのは予想できています。そこで、「明日、仕事休みだよ」「帰るのめんどくさいな」と言うことで、彼氏の誘いを引き出すことができます。良いタイミングでうまく隙を見せましょう。

付き合い始めのデートで注意するべきことを考える

付き合い始めのデートでは、注意するべきこともあります。キスをすぐにしないということや、ラインの使い方ということも注意点ですが、ここで紹介するのは、彼氏に嫌われないようにするための注意点です。そのため、これまで紹介したもの以上に大切なことが多いです。しっかりと勉強していきましょう。

男女の関係とは不思議なもので、どれだけ好きであっても、たった一つの出来事で、一気に感情が冷めてしまうこともあります。そのような致命的なことをしてしまうと、あなたはもう彼の彼女ではいられなくなってしまうため、特に付き合い始めのデートは注意しておくべきでなのです。

では、具体的にどのようなことを付き合い始めのデートでしてはいけないのか、紹介していきましょう。

【付き合い始めのデート注意編①】否定しない

付き合い始めのデートでは、彼氏のことを否定しないということが大切です。

例えば彼氏がデートプランを立てたとします。そのデートプランに対して、ケチをつけるようなことや、否定するようなことを言うと、彼氏としては立場がありません。せっかく一生懸命考えたものを否定されれば、誰でも気分は良くないでしょう。彼氏としても今後付き合っていけるか不安となるため、このような否定はしないようにしましょう。

ただ、先にも紹介したキスのタイミングにおける拒否などは別の話です。むしろキスを求められたときには、はっきり断らないと、強引にキスされてしまいます。強引にキスしてくるような男性は、そもそもどうなんだろうとも思いますが、そのようなことにならないように、キスの拒否はしっかりと意思表示をしましょう。

【付き合い始めのデート注意編②】期間を空けない

付き合い始めのデートは、期間を空け過ぎないということが大切です。一週間に一回、毎週会っていれば良いですが、二週間、三週間と期間が空きすぎると、彼氏は不安になってしまいます。その不安が結果として、別れに繋がることもあるため、その不安を解消してあげる意味でも、定期的に会うということが大切です。

特に付き合い始めは男性も女性に不安を感じやすくなっています。もしかしたら嫌いになったのかも、というような不安は、波のように何度も訪れるのです。彼女としても不安になることはあるでしょうが、どちらかと言えば、不安を感じやすいのは男性のほうです。基本的にリードしているのは男性なので、彼女の不満は自分の責任になるからです。

どうしても仕事などで会えないという場合は、必ずその事情を説明しましょう。そして自分も会いたいという気持ちを伝え、ラインなどでの連絡を欠かさないようにするということが大切です。そうすることで、彼氏の不安が少なくなります。

【付き合い始めのデート注意編③】主導権を与えすぎない

付き合い始めのデートでは、主導権をとられ過ぎないということも大切です。男性は主導権を握りたい生物です。特に付き合い始めの時期は、頼りになる男と思われたいため、全ての主導権をとろうとします。

しかし主導権を全てとられたまま付き合いが続くと、今度は彼氏がワガママになってきます。全て自分の都合を優先しようとしたり、彼女の気持ちを考えなくなったりするのです。

そのため、付き合い始めである程度、主導権を女性も持っておくことで、付き合い始めの時期が過ぎた後、不満を覚えることなく過ごせるようになります。

方法としては、彼氏が何かを食べようと言い出したら、私はあれが食べたい、と少しワガママを言ってみましょう。デートプランを否定するものではないですし、多少のワガママはかわいいものですので、彼氏の機嫌を損ねることもありません。主導権も少しとれるため、一石二鳥です。

【付き合い始めのデート注意編④】イベントを意識する

付き合い始めとはいえ、イベントがあることもあるでしょう。クリスマス、誕生日、花火大会など、様々なことが考えられますが、このイベントの際には注意しておかなければならないことがあります。

クリスマスや誕生日の場合、大切なのはプレゼントをしっかりと用意しておくことと、しっかりと予定を空けておくということです。特別な日ですので、その日に一緒にいられないとなると、彼氏は不安を覚えてしまいます。さらに、クリスマスや誕生日でプレゼントを忘れてしまうと、気まずい空気になることもあるでしょう。そのため、この二つはしっかりと覚えておきましょう。

また、イベントの際には彼氏が「この日だ」と決意して、キスを迫ってくることもあるかもしれません。もしも、それがデートの二回目であった場合でも、先ほどは三回目まで待ったほうが良いという話でしたが、キスしてしまった良いでしょう。

せっかくのイベントですので、そこは臨機応変に対応したほうが良いです。むしろ断ると、彼氏はかなり不安になるため、イベントの際には多少、ルールを変更しましょう。

【付き合い始めのデート注意編⑤】自分から連絡をする

付き合い始めの場合、自分からラインをするということも大切です。いつも彼氏からラインをする、というようなことが続くと、彼氏はもしかしたら無理矢理付き合っているのかも、と不安になってしまいます。

ラインの内容はどのようなものでも良いです。今日あった出来事でも、趣味の話でも、テレビの話でも、内容は問いません。ラインをするということと、彼女からラインがくるという事実が大事ですので、それさえ出来ていれば、それ以外は何でも良いのです。

ただし、ラインし過ぎも厳禁です。彼氏が重く感じてしまうこともあります。そのため、2~3日に1回、自分からラインするようにしましょう。

【付き合い始めのデート注意編⑥】覚悟しておくこと

付き合い始めの場合、まずは手を繋ぎ、キスをし、一夜をともにするという流れで、二人の関係が進んでいくことになります。付き合い始めのカップルがこのようなプロセスを辿ることは当然なのですが、女性としては一つの段階が終わったら、次の段階がいつ来てもおかしくないと心構えしておかなければなりません。

例えば、彼氏にお泊りを誘われたにも関わらず、人に見せられる下着をはいておらず断ってしまった、ということになると、せっかくのチャンスを棒に振ってしまうことになります。彼氏も次は誘いにくくなるでしょう。

そのため、いつそのような時が訪れても良いように、女性は次の段階の準備をしておくようにしましょう。付き合い始めの場合、彼氏も不安が大きいです。それをミスでさらに大きな不安にしない、ということが大切なのです。

付き合い始めだからこそ注意するべき

付き合い始めというのは、カップルの歴史の中でも、また特別な期間です。だからこそ注意しておかなければならないことも多く、これを知っておかないと、思わぬ結果を招いてしまうこともあります。付き合い始めのウキウキで、失敗してしまわないように注意しましょう。

もっとデートの情報を知りたいアナタへ!

手をつなぐタイミング!何回目のデートでつなぐのが自然なの?
女性から誘ったデートで成功するためのコツ5つ【必見】
彼女のデート中の言動で彼氏がひいたこと7選!これだけはNG!
ディズニーデートでに失敗しない9つのポイント!これで安心!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ