偉そうな人の心理・特徴9選!対処法も解説!嫌い!

偉そうな人ってどこにでもいますよね。 皆嫌いと思っているはずなのに、意外と本人は自分が偉そうな人で嫌いと思われていることに気が付いていないことも。 そんな、世間から嫌いと思われる偉そうな人の心理や特徴、対処法を紹介させていただきます。

偉そうな人の心理・特徴9選!対処法も解説!嫌い!のイメージ

目次

  1. どこにでもいる偉そうな人…
  2. 偉そうな人の心理・特徴①自分に自信がない
  3. 偉そうな人の心理・特徴②コンプレックスがある
  4. 偉そうな人の心理・特徴③自分に自信がある
  5. 偉そうな人の心理・特徴④負けず嫌い
  6. 偉そうな人の心理・特徴⑤認めてもらいたい願望が強い
  7. 偉そうな人の心理・特徴⑥声が大きい
  8. 偉そうな人の心理・特徴⑦威圧的
  9. 偉そうな人の心理・特徴⑧自分より上の人にはへつらう
  10. 偉そうな人の心理・特徴⑨人への感謝を知らない
  11. 偉そうな人への対処法はどうすればいい?
  12. 偉そうな人への対処法①スルースキルを身に着ける
  13. 偉そうな人への対処法②深く付き合わない
  14. 偉そうな人への対処法③反抗はせず認めてもらう
  15. 偉そうな人とはうまく距離を取って付き合っていこう

どこにでもいる偉そうな人…

偉そうな人って本当にどこにでもいますよね。
偉そうな人は周りから嫌いと思われていることにもなかなか気が付いていない特徴があります。
そのため偉そうな人ってなかなか治らないです。

今回は、偉そうな人に悩む皆さんのために、まずは偉そうな人の特徴やその心理を紹介させていただきます。
実は、偉そうな人の偉そうな態度には、こんな心理があったんです。
対処法も後程紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

偉そうな人の心理・特徴①自分に自信がない

偉そうな人の心理として、まずは自分に自信がないということが挙げられます。
これと言って自分に自信がない人は、自分が弱い人間であることや、何かの才能がないと思っていて自信を持てない自分のことが嫌いです。
でも、そんな自分を受け入れることが出来ず、前向きに生きていくことが出来ないのです。

自分に自信がない上に、それを人に見透かされたり、知られたりすることが怖いため、偉そうな態度を取って、自分が弱い人間であることや、自分が特に何の才能も持ってないということを知られないように必死でけん制しているのです。

偉そうな人の心理・特徴②コンプレックスがある

偉そうな人の心理や特徴として、自分に何かしらのコンプレックスを持っているという理由も挙げられます。
過去のトラウマなどを含めて、コンプレックスを抱えているのですが、それを絶対に周りに悟られたくないという理由で、偉そうな態度をしているのです。

この手のパターンの人は、大体が昔いじめられていたとか、ケンカが弱かった、勉強ができなかったなどのコンプレックスを抱えていて、それを克服しないまま大人になってしまったのです。
でも、そのコンプレックスを絶対に周りに気づかれたくないので、一生懸命偉そうな態度をして、自分は偉い、バカにされる人間じゃないんだと自分に言い聞かせて自分を保っているのです。

■関連記事:コンプレックスについて知りたい方はこちらもチェック!

学歴コンプレックスを持つ人の特徴と克服方法!
高身長女子に男性が感じる11の魅力!コンプレックスに負けないで!

偉そうな人の心理・特徴③自分に自信がある

前述の「自信がない」というパターンとまったく逆で、「自分に自信がある」という理由で偉そうな態度を取る人も中にはいます。
昔から何かとソツなくこなしてきたような対応の人に多いのがこのパターンです。
特に人一倍努力したという経験もなく、環境に恵まれてそのまま成功してきて大人になってしまった人は、「努力無くても自分は人と違って、何でもこなせる」と根拠のない自信に満ち溢れています。
そういった心理から、「自分は人と違う」という心理がエスカレートして、「自分は偉い」と勘違いしてしまうのです。

このように何の根拠もなく自分に自信を持っている人は、自分が偉いと勘違いし、努力してもなかなか実らない人の心理や、世の中努力だけではどうしようもないこともあるということが分らず、「こいつはなんてダメな奴なんだ」と思ってしまい、偉そうな人になってしまうのです。
こういった人は、偉そうな人であると同時に、思いやりに欠けるような態度をとり、人から「嫌い」と思われてしまいがちなのです。

偉そうな人の心理・特徴④負けず嫌い

偉そうな人の心理として、とっても負けず嫌いという特徴もあります。
負けず嫌いな性格が理由で、どんな人にも自分の上に立たれたくないという気持ちが強くあるため、やたらと「自分の方が上なんだぞ!」という態度で人と接してしまうのです。
それが理由で人から「この人嫌い」と思われようが、「嫌い」と思われるよりも、「俺の方が上」と見下される方が嫌なのです。

周りが自分を見下していようがいなかろうがあまり関係なく、「見下されたくない」という気持ちが異様に強いという理由で、半ば被害妄想に近い形で自分を守ろうとしているのが大きな特徴です。

偉そうな人の心理・特徴⑤認めてもらいたい願望が強い

偉そうな人の中には、幼少期などになかなか親から褒めてもらえなかったり、頑張りを認めてもらえなかったということが理由で認めてもらいたい願望が強いという心理もあります。
人から認めてもらいたいという気持ちが強すぎて、人が「君はすごいね」という前に、「俺はすごいんだぞ!」という態度をして必死で認めてもらおうとしてしまうのです。

この手の人は、仕事にしても人付き合いにしても常に人に認めてもらいたいという願望が先行してしまい、付き合い方が非常に難しいため、それが理由で人から避けられてしまいがちです。
それが理由でさらに「どうして認めてくれないのか」という気持ちになるため、余計に偉そうな態度が悪化してしまう傾向にあります。

偉そうな人の心理・特徴⑥声が大きい

偉そうな人の特徴として、「声が大きい」という特徴もあります。
これは、前述のとおり、人から「見下されたくない」とか「馬鹿にされたくない」「俺は偉いんだぞ!」という心理から、人に大きな声で接して、自分が強い存在であるとけん制をするのです。

あなたの職場の偉そうな人も、やたらと人に叱る時や注意するとき、声が大きいという特徴がありませんか?
自分が人を叱っているときに、大きい声を出して周りの人に「俺が指導してやっている」とか、「俺は出来ない部下を叱っているんだ」というアピールをすることで、自分の権威を大きく見せようとしているのです。

偉そうな人の心理・特徴⑦威圧的

偉そうな人の特徴として、態度が威圧的ということも挙げられます。
常になめられたくないという気持ちから、相手がどんなに良い人でも、人を見下すような人ではないと分っているような人相手でも威圧的な態度をとってしまい、付き合い方が分らないと思われてしまいがちです。
威圧的な態度をすることで、人からバカにされることを防止することが出来ると思ってしまうのです。

この手のタイプの人は、人から馬鹿にされたり見下したりされることで自分が傷つくことを非常に恐れている特徴があります。
そのため、相手がどんな人であろうと、万が一自分が傷つくことになったら…という気持ちが先行してしまい、威圧的な態度をとって、「これで大丈夫」と心の中で安心しているのです。

偉そうな人の心理・特徴⑧自分より上の人にはへつらう

偉そうな人の特徴として、自分より上の人にはへつらうということも挙げられます。
自分より上の人に偉そうな態度をとったら、自分の立場が悪くなることは分かっていますから、そうしてしまうと逆に自分が傷つくことになってしまいますよね。
だから、逆に自分より立場が上の人には、人が変わったかのようにへつらう態度を取るのです。

このような、人によってコロコロ態度を変え、自分より上の人にはヘコヘコして、自分の後輩や部下には偉そうな人は当然ですが、付き合い方もわかりにくいですし嫌われてしまいますよね。
でも、本人はそれが自分を守るのに一番いいと思っているため、そのままずっとそういうタイプの人間として生きていく傾向があります。

偉そうな人の心理・特徴⑨人への感謝を知らない

偉そうな人の特徴として、「目の前にあるものはすべて当たり前」「誰かが何かしてくれたことに気が付かない」「部下は自分の為に働いて当たり前」など、人への感謝を全く知らないという特徴があります。
どんな立場の人間であっても、人への感謝の気持ちって非常に大切ですよね。
偉そうな人は、人として大切な「人への感謝を知らない」という特徴もあります。

こういったタイプの偉そうな人は、自分の後輩や自分の部下はまるで自分の評価をあげてくれるための道具としか思っていないのです。
だから、人への感謝をしない上に、むしろそれが当たり前でしょう?という態度で接してくる傾向があり、多くの人が付き合い方に頭を悩ませてしまいます。

偉そうな人への対処法はどうすればいい?

いかがでしたか?
あなたの周りにいる人にも、これらの特徴が当てはまる人はいたでしょうか。
偉そうな人って職場に一人いるだけでも空気が悪くなってしまいますよね。

こんな偉そうな人と、どうしても仕事で付き合わなければいけない…などと言う人もきっと少なくないでしょう。
そんな人たちは、きっと対処法や付き合い方をどうすればいいか日々頭を悩ませていますよね。
ここからは、偉そうな人への対処法、付き合い方を紹介していきます。

偉そうな人への対処法①スルースキルを身に着ける

まずは偉そうな人への対処法として、スルースキルを身に着けるということです。
つまり、どんなに偉そうな態度をとられても決して嫌そうな顔をしたり、むっとしたりせず、感情を動かさずにスルーするのです。
スルーというのは、無視するという付き合い方ではありません。

何か言われても、感情をあらわにせず「そうですか」「申し訳ありません」など、当たり障りのない返事をして、そのまま時が過ぎるのを待つというのが、一番ストレスの無い付き合い方です。

偉そうな人への対処法②深く付き合わない

偉そうな人への対処法として、深く付き合わないということも挙げられます。
付き合い方としては、できるだけ飲みに行くなどの避けられる付き合いは避けるようにして、仕事上必要なことのみ付き合うようにするというのが理想的な付き合い方です。

仕事で必要な会話に関しても、雑談などは入れずに、本当に必要なことを報告する、連絡するというのみにとどめることで付き合いを最低限に抑えることが出来ます。
出来るだけ深く関わることを避けて、当たり障りなく付き合っていくのがベストです。

偉そうな人への対処法③反抗はせず認めてもらう

とはいっても、付き合いがどうしても多くなってしまう場合もありますよね。
関わらざるを得ない場合は、出来るだけ相手に反抗的な態度や顔をせずに付き合っていくようにしましょう。
反抗的な態度を取ると、相手から目の敵にされかねません。

あわせて、出来るだけ仕事を頑張って成果をだし、実力を認めてもらうということも大切です。
反抗的な態度をとらずにうまくそれなりに付き合いながら、そのうち実力を認めてもらうということで、うまく付き合っていくことが出来ます。

偉そうな人とはうまく距離を取って付き合っていこう

いかがでしたか?
偉そうな人とは正直、好きで一緒に居たいとはおもわないくらい、一緒にいてイライラしてしまいますよね。
偉そうな人が偉そうにするのも、特に根拠のない自信だったり、ただ立場が上というだけで仕事も出来ないのに偉そうにしている人のことは誰だって嫌だと思います。

今回紹介した特徴を踏まえて、紹介した対処法や付き合い方を参考にしてもらって、うまく距離を保ちながら付き合っていくことが出来るように、頑張ってくださいね。

こんな人には要注意!?特徴や対処法を知りたいあなたへ!

腹黒い女の特徴と心理11選!見分け方と対処法も教えます【男性必見】
人のせいにする人の心理・特徴9選!対処法も教えます
しつこい人の心理と特徴は?対処法も教えます!
生理的に無理な人の対処法・付き合い方!職場など!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ