7畳の部屋をもっと快適にしたい!おすすめレイアウト術などを一挙紹介!

7畳という限られた空間の中でもインテリアのこだわりと工夫次第でいくらでも快適な空間を作り上げることができます。そんな空間づくりのための様々なヒントを実例を交えながら探っていきましょう。他にもレイアウトの基本的なコツなども解説しています。

7畳の部屋をもっと快適にしたい!おすすめレイアウト術などを一挙紹介!のイメージ

目次

  1. 7畳の部屋のレイアウトを上手くやるコツ4つ!
  2. 7畳一人暮らしにおすすめの家具・インテリアメーカー3選!
  3. 7畳の部屋のレイアウト【インテリア】3選!
  4. 7畳の部屋のレイアウト【家具】3選!
  5. 収納なしでも大丈夫?「見せる収納」3選!
  6. 7畳【正方形】の部屋のレイアウトのコツは?
  7. 7畳【長方形】の部屋のレイアウトのコツは?
  8. 実際に7畳の部屋に住んでいる人のリアルなレイアウト3選!
  9. 7畳の部屋のレイアウトを実際考えてみよう!

7畳の部屋のレイアウトを上手くやるコツ4つ!

新生活などで引っ越しが多くなってくる時期。一人暮らしを始めた方も多いのではないでしょうか。一人暮らしであれば、お部屋の広さは6畳か7畳くらいではないでしょうか。

そんなお引越しなどでお部屋を借りた時にはどうしてもこだわりを見せたいのがインテリア。自分の大切な時間を過ごす空間でもあり、もしかしたら友人や恋人を連れてくることだってあるかもしれません。

そんな空間であるお部屋のインテリアには自分なりのこだわりを見せていきたいですよね。

そんな時のために、7畳のお部屋における一人暮らしのためのインテリア術として、お部屋をおしゃれに見せるコツを紹介していきます。

まずは7条のお部屋のレイアウトについてうまくレイアウトするための4つのコツを紹介していきます。

①物は最小限にする

まず初めのコツとしては「物を最小限にする」ということです。物が多くなってしまうとどうしてもお部屋が圧迫されてしまいがちになってしまいます。お部屋が圧迫されることで同士sても狭い印象を与えてしまうでしょう。

床や壁が見えている面積が多いほど、広い印象を与えることができます。

また、物が少ない方が何事もシンプルに収まるでしょう。すっきりとした印象を与えることができるので要らないものは捨てる断捨離の癖をつけておくことをおすすめします。

物を最小限に抑えてミニマリストな生活を目指しましょう。

②部屋にテーマを作る

次にご紹介するのが、「部屋にテーマを決める」ということです。様々なジャンルが入り混じった部屋は、どうしても雑多な印象を受けてしまうでしょう。お部屋のインテリアにテーマを持つことで統一感を生み、全体的にまとまりのある空間に仕上げることができます。

また家具やインテリアグッズを買いそろえる際に自分のお部屋のインテリアのテーマを決めておくことで迷ったりすることなく買い物ができます。

お部屋の全体的な印象やバランスなどを考えて、テーマを決めましょう。インテリアにおいてそのお部屋のテーマを決めることがしっかりとしたインテリアの土台を固めることにもなります。

インテリアには様々なテーマがありますそれぞれテイストといった呼ばれ方もしていますが「モダン」「ナチュラル」「カントリー」「レトロ」「クラシック」「エレガント」「北欧風」「ミッドセンチュリー」など、他にも多くのテーマが存在しています。

自分の好みのテーマがわからないという場合には、ネットや雑誌などで自分が好きだと思ったお部屋の写真を集めてみてください。きっとその集めた写真の中に何か一貫しているテーマを見つけることができます。

③家具を買う前は必ず採寸する

次にご紹介するのが「家具を買う前には必ず採寸をする」ということです。家具や家電はその空間にすっきり収まっていて、他の家具との大きさのバランスが取れているといった場合に綺麗なレイアウトとしての印象を受けるでしょう。

家具というのは店舗で見た時の大きさの感覚と実際にお部屋に持ってきた時に感じる大きさの感覚は全く違っています。7畳のお部屋ならさらに印象が変わってくるでしょう。なので家具を買う前に採寸するということは必須なポイントといってもいいでしょう。

また採寸に関しては、買う予定である家具だけでなく、お部屋の採寸やその他の家具のサイズもしっかり採寸しておきましょう。収まりだけでなく、周囲の家具とのサイズ感も統一することでスッキリとした印象を与えることができます。

④生活動線を必ず確保する

次にご紹介するのが「生活動線を必ず確保する」ということです。家具や家電をレイアウトする上での前提といってもいいでしょう。まずは自分がお部屋の中においてどのような動きをするのか整理して、その動線上には物を置かないようにしましょう。

動線上に家具をレイアウトしてしまうことでシンプルに過ごしやすさということへの妨げになってしまいます。あくまで家具は生活をサポートする物、生活を豊かにし、彩るものであって、生活の邪魔になってはいけません。

7畳のお部屋であれば、そこまで複雑な動線にはならないでしょう。動線がはっきりしており、綺麗に整理されていたのならそれだけでもすっきりした印象を与えることができます。

7畳一人暮らしにおすすめの家具・インテリアメーカー3選!

7畳のお部屋のレイアウトの関する基本的なコツに関して説明しました。それではここで家具を実際に購入する際のオススメのインテリアメーカーをご紹介していきます。

今回ご紹介するのは3つのインテリアメーカーですが、どちらも人気のインテリアメーカーであり、家具のジャンルとしても飽きのこないスタイルとなっています。様々なインテリアのテーマに馴染むことのできる無難なスタイルの家具を取り扱っているメーカーです。

もし自分のインテリアテーマが定まっていなかったり、よくわからないという方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

①ニトリ

まず最初にご紹介するインテリアメーカーは「ニトリ」です。「お、ねだん以上。ニトリ」といったキャッチコピーで有名で皆さんも一度は聞き覚えのあるメーカーではないでしょうか。

そのキャッチコピーの通り、ニトリお値段以上のクオリティを提供してくれるインテリアメーカーです。ナチュラルテイストの家具を多く扱っており、比較的インテリアに取り込みやすいため、人気のメーカーになっています。

②イケア


次に紹介するインテリアメーカーは「イケア」です。イケアは主に郊外に店舗を構えているインテリアメーカーでその広い店舗は歩き回るだけでワクワクしてきます。扱っているほとんど家具は組み立て式となっていますが、その分価格帯がとてもリーズナブルとなっています。

イケアはスウェーデンが発祥のインテリアメーカーであり、北欧家具を扱ったインテリアメーカーです。北欧の家具の特徴として、もともと北欧の長い冬を自宅で過ごす際に飽きのこないインテリアにこだわっていたというルーツがあります。

その特徴通り、北欧系のスタイルには飽きのこないシンプルなデザインの家具が多いです。ナチュラルテイストながらに温かみのある北欧家具を安くで手に入れることができるためイケアは人気のインテリアメーカーとなっています。

無印良品

そして3つめにご紹介するのが「無印良品」です。無印良品の扱う家具はとてもシンプルであり、温もりの感じるデザインが多いです。ワンランク上のおしゃれなお部屋を目指すなら外せないメーカーではないでしょうか。

そのデザイン性から無印良品のファンも多く、お部屋を無印良品の家具で統一している人もいます。シンプルで素材感の生きている無印良品だからこそ、派手さはなくとも味のあるすっきりとした空間に仕上げることができます。

7畳の部屋のレイアウト【インテリア】3選!

それでは実際に7畳のお部屋の実例を見ていきましょう。インテリアに実際こだわっている人たちは、お部屋をレイアウトしていく上でどのようなこだわりを持っているのでしょうか。他の人たちの様々なこだわりのアイディアから、何かお部屋づくりのヒントを探っていきます。

①照明

実は備え付けの照明があった場合でも照明を変えることができるのはご存知でしょうか。照明にこだわるだけでもお部屋の雰囲気はガラッと変わってきます。

写真のように裸電球をそのまま吊るしたような照明にしてみるのも可愛らしく、お部屋に柔らかい印象を与えることができます。何か自分の中でこだわりの照明を見つけてみましょう。

②カーテン

カーテンにこだわることでもお部屋の印象を大きく変えることができるでしょう。カーテンにもいくつか種類があり、写真のような木の素材を用いたブラインドであればお部屋が小洒落たカフェのような雰囲気に早変わりします。

そのほかにもロールカーテンなどもあり、すっきりしてスタイリッシュな空間にはオススメです。ブラインドやロールカーテンなどは物によっては枠へのビスの取り付け作業が必要なものもありますので、賃貸などの場合には注意が必要です。

③ラグ・カーペット

ラグやカーペットは快適なお部屋作りには欠かせないインテリアアイテムとなっています。中にはラグやカーペットを使用せず、あくまでミニマムなスタイルを貫く方もいますが、多くの場合、お部屋にラグやカーペットを敷くのではないでしょうか。

そんなラグやカーペットを選ぶ際にも全体のバランスを考えることは大事なポイントとなってきます。写真の場合、家具だけではなんだかそっけない印象を受けてしまいますが、カーペットがいいアクセントとなっていて空間を引き締めてくれています。

カーペットやラグは空間に対して全体の雰囲気作りや、ワンポイントのアクセント効果などそのラグやカーペットの大きさやインテリアのバランスによって使い道は様々となっています。

7畳の部屋のレイアウト【家具】3選!

続いて家具についての実例を見ていきましょう。インテリアにこだわる人たちは家具に対してどのようなアイディアを発揮しているのでしょうか。実例を踏まえながら解説し、紹介していきます。

①ソファー

まず1つ目の実例はソファーです。ソファーはくつろぎの空間には必須のアイテムとなってきます。7畳のお部屋の場合大きなソファーを置いてしまうと空間が圧迫されてしまいます。1掛けか2人掛けのサイズのソファーを選択することが無難と言えるでしょう。

また写真のようにシンプルなソファーを選ぶ方が失敗を防ぐコツとなります。少し個性を出したいというときはクッションなどに柄物を選ぶことで印象を変えることができます。

②ベッド

続いてはベッドです。ベッドは居住空間において欠かせないインテリアアイテムです。しかし、ベッドはサイズ感が大きくなるので、その分お部屋の印象を大きく左右する家具でもあります。

写真のようにシンプルなベッドを選ぶことで大きなミスは防げる上に、一番大きなアイテムをシンプルにすることでお部屋もすっきりとし、お部屋の雰囲気を変えたいといった場合にも対応することができるでしょう。

③テーブル

テーブルを選ぶ際にはサイズ感は意識した方がいいでしょう。テーブルをあまり使うことがないといった場合には小さめでシンプルなデザインがオススメです。

机の上には何かを物を乗せることが多いので、あまり派手なデザインだとうるさい印象を与えてしまうことがあります。折りたたみ式のテーブルもあるので使わないときは折りたたんでしまっておくということも1つのアイディアです。

収納なしでも大丈夫?「見せる収納」3選!

収納はインテリアをすっきり見せることに対しては必須のテクニックとなってきます。どんなに物が少ないとしてもしっかり収納を行えていなければ、雑多な印象を与えてしまうでしょう。

しかし中にはあえて収納せず、それすらもインテリアに取り込んでいる見せる収納技も存在しています。そんな見せる収納に関して、実例をもとにヒントを探っていきましょう。

①カラーボックス

カラーボックスといえば収納というジャンルにおいて王道のアイテムではないでしょうか。そんなカラーボックスも、収納しながらも物をレイアウトすることで、インテリアを彩ることができます。

②バスケット

バスケットにおける収納ではあえて少し雑多に収納している様を見せることで、そのことがインテリアに対して味を出していることもあります。

③ワードロープ

ワードロープを使った見せる収納アイディアとして、あえて収納を見せることでショップ風な雰囲気を出すことができます。

7畳【正方形】の部屋のレイアウトのコツは?

7畳のお部屋で正方形のお部屋だったという場合には、背の低い家具を選び、家具の高さを揃えることを意識しましょう。家具の高さを揃えることで空間を広く見せることができるため、奥行きのなさをカバーすることができます。

7畳【長方形】の部屋のレイアウトのコツは?

7畳のお部屋で長方形であった場合は、その奥行きを活かし、手前から背の高い家具を配置していきます。そのことで空間にパースを描くことができ、奥に広い空間ができると部屋が広く感じる印象を与えることができるでしょう。

実際に7畳の部屋に住んでいる人のリアルなレイアウト3選!

7畳のお部屋であってもアイディア次第では大きなプロジェクターで映画鑑賞を楽しむことができます。

7畳という狭い空間であっても、それぞれの工夫とこだわりで、それぞれのお部屋に個性を感じることができます。

例えばデザイナーズ家具などをワンポイントで取り入れてみるだけでお部屋の雰囲気はグッとおしゃれになります。

7畳の部屋のレイアウトを実際考えてみよう!

いかがだったでしょうか。7畳という狭い空間であっても様々なインテリアを楽しむことができます。ぜひあなたもあなたのお気に入りになるようなお部屋作りにチャレンジしてみてください。

そのほかのインテリアに関する記事はこちら

カーテンの色の選び方!インテリアをおしゃれにする7つのコツ!
ミニマリストの一人暮らし部屋はどんな感じ?インテリアを公開!
セリアのカゴを使った収納・インテリアアイデア27選!【100均】
無印良品の壁に付けられるインテリアアイデア特集!がっかり続出?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ