融通が利かない人と融通が利く人の違いは?特徴をそれぞれ解説

融通が利く人と融通が利かない人っていますよね。融通が利く人は、臨機応変にこちらの都合も考えてくれますが、融通が利かない人だとなかなか付き合っていくのも大変なところがあります。融通が利く人と融通が利かない人にはそれぞれどんな特徴や違いがあるのでしょうか?!

融通が利かない人と融通が利く人の違いは?特徴をそれぞれ解説のイメージ

目次

  1. 融通が利く人と融通が利かない人がいますよね
  2. 融通が利くとはどんな意味?
  3. 融通が利く人にはどんな特徴がある?!
  4. 【融通が利く人の特徴1】いろいろなことに気付く
  5. 【融通が利く人の特徴2】柔軟にアイデアや解決法を思いつく
  6. 融通が利く人にはこんなメリットがある?!
  7. 【融通が利く人のメリット1】他の人を尊重できる
  8. 【融通が利く人のメリット2】ストレスを溜めなくて済む
  9. 融通が利かないとはどんな意味?
  10. 融通が利かない人にはこんな特徴がある!!
  11. 【融通が利かない人の特徴1】生真面目すぎて型どおり
  12. 【融通が利かない人の特徴2】コミュ障
  13. 融通が利く人と違い融通が利かないとこんなデメリットが
  14. 【融通が利かないデメリット1】新しい考えを受け入れられない
  15. 【融通が利かないデメリット2】自分の意見に固執し過ぎる
  16. 融通が利かない人は病気?!障害?!【融通が利く人との違い】
  17. 融通が利かない人との付き合い方【融通が利く人との違い】
  18. 融通が利かない人もいいところが【融通が利く人との違い】
  19. 融通が利く人融通が利かない人、それぞれにいいところも!!

融通が利く人と融通が利かない人がいますよね

この世の中には融通の利く人と融通が利かない人がいますよね。

一体融通が利く人と融通が利かない人には、どんな違いがあるのでしょうか。

一見すると、融通が利かない人よりも、融通が利く人の方が付き合いやすいものです。

しかし世の中には融通が利く人ばかりではなくて、融通が利かない人とも仕事などで付き合っていかなければいけません。

融通が利かない人とはどんな付き合い方をしていけばいいのでしょうか。

この記事では融通が利く人と、融通が利かない人のそれぞれの特徴などについてまとめて、融通が利かない人との付き合い方について考えてみたいと思います。

融通が利くとはどんな意味?

まず、融通が利くと言うのはどういうことなのか、その意味についてみていきましょう。

「融通が利く」という言葉の意味について調べてみると次のようにあります。

・その場その場で適切に対応できること
・臨機応変にその場に相応しい処置ができること

「融通が利く」と言う言葉の意味は、その場の状況に合わせて臨機応変に対応することができるということを意味しています。


◆関連記事:こんな性格の人への対応はどうすればよいのでしょうか?

理屈っぽい人の特徴・性格!対応の仕方も教えます!

融通が利く人にはどんな特徴がある?!

「融通が利く人」と、私たちはよく言いますよね。

「融通が利く人」と言う言葉は、比較的ポジティブな意味で使うことが多いように感じます。

「融通が利く」と言う言葉の意味にもあるように、融通が利く人と言うのは、その場の状況に合わせて柔軟に対応することができる人のことを言います。

具体的に人間関係の中ではそれがどの様に発揮されるのか、融通が利く人の特徴についてみていきましょう。

【融通が利く人の特徴1】いろいろなことに気付く

融通が利く人というのは色々な事によく気がつきます。

それはどうしてかというと、臨機応変に柔軟な対応をするために周りのことをよく観察しているからです。

周りのことをよく観察しているために、他の人の顔色や、表情のちょっとした変化を見逃すことがありません。

だから、部屋が暑すぎて額から汗を流している人に、ずっと冷たいおしぼりや冷たい水を差し出すような、頼まなくてもかゆいところに手が届くような素敵な気遣いが出来るのです。

【融通が利く人の特徴2】柔軟にアイデアや解決法を思いつく

融通が利く人というのは、いろいろなアイデアを次から次へと出すことができます。

また、何か問題が起きた時でも、柔軟に解決法を探ることができるので、融通が利かない人に比べると、的確に問題を解決することができます。

これはなぜかと言うと、融通が利く人と言うのは柔軟な思考回路を持っているからです。

柔軟にいろんな情報を瞬時に取り入れて、それは頭の中で整理して最適な解決法や最適なアイデアを見つけ出すことができるのです。

この素晴らしい柔軟性が融通が利く人の大きな魅力だと言えます。

融通が利く人にはこんなメリットがある?!

融通の利かない人と違い、柔軟に対応できる融通が利く人がグループの中にいると、何かと仕事が捗るものですよね。

なかなか融通は利く人というものはそう多くないものですが、融通が利く人がいるとどんなメリットがあるのかここで見てみましょう。

【融通が利く人のメリット1】他の人を尊重できる

融通が利く人は、自分以外の他の人のことを尊重することができます。

これが融通が利かない人との大きな違いですよね。

仕事のグループのリーダーが、融通が利く人優秀な人だと、みんなの意見を上手に引き出して、それをうまくまとめて仕事に道筋をつけてくれます。

また改善点があるときも、みんなの意見を尊重することができるので、皆から出てきたアイデアうまくまとめて改善するべきはスムーズに改善することができます。

そうすることで仕事を上手に高いレベルで回すことができるのです。


◆関連記事:あんまり近づきたくない腹黒い人。対処法は?

腹黒いとは?性格の特徴11選や見分け方・対処法解説!

【融通が利く人のメリット2】ストレスを溜めなくて済む

融通が利く人は、いつも柔軟に色々なアイディアや考え方を取り入れようと、思考のアンテナを張っているものです。

だから、仕事に何らかの障害や改善点が見つかったとしても、1つの方法や方向性に凝り固まるのではなくて、何か別の方法はないかと柔軟に考えることができます。

一見すると行き詰ってしまった様に見える時でも、狭い道で行き詰っているのではなくて、考えうる限りの可能性の中から最善の方法を見つけることができるので、的確な方法で改善や解決を図ることができます。

だから融通が利く人と言うのはストレスを溜めずに生きることができるのです。

融通が利かないとはどんな意味?

次に融通が利かない人についてみていきましょう。

まずは融通が利かないと言う言葉にはどんな意味があるのでしょうか。

「融通が利かない」と言う言葉を調べてみると次のようにあります。

・状況に応じて対応できない
・気が利かない

似たような意味の言葉を調べてみると、「融通が利かない」の類語には次の様な言葉もあります。

・柔軟性がない
・杓子定規の
・かたくなな
・凝り固まった
・いじっぱりな
・石頭の

あまり良い意味で使う言葉が並びませんね。

融通が利く人とは違い、融通が利かない人と言うのは考え方の幅が狭くて、凝り固まった考え方しかできない、ということを表しているようです。

融通が利かない人にはこんな特徴がある!!

融通が利かないと言う言葉は、あまり意味を持っている言葉ではないと言うことがわかりましたね。

しかし現実を見ると、融通が利く人と違い、融通が利かない人の方が多いような気がします。

実際に融通が利かない人にはどのような特徴があるのかここから見ていきましょう。


◆関連記事:几帳面って良いの?悪いの?どっちなの?

几帳面な性格の短所・長所7つ!自己PRの仕方も解説!

【融通が利かない人の特徴1】生真面目すぎて型どおり

融通が利かない人と言うのは、生真面目すぎて、型通りに行動するのが好きな人が多いようです。

融通が利く人とは違い、融通が利かない人と言うのは、通り一遍の考え方しかできないことが多いので、臨機応変に対応を変えるということが正直なところ苦手です。

ですから仕事でも、決められた手順で今毎日決められたように働く仕事が合っているようです。

【融通が利かない人の特徴2】コミュ障

融通が利かない人と言うのは、融通が利く人とは違い、性格的にコミュニケーションが苦手な人が多いようです。

コミュニケーションと言うのは、相手の話を的確に聞いて、瞬時に頭の中で情報を処理して、的確なレスポンスを一瞬で返すことが求められるものです。

少し融通が利かない人と言うのは、こういった臨機応変な対応を苦手としていることが多いので、他の人とコミュニケーションをとることが苦手なのです。

融通が利く人と違い融通が利かないとこんなデメリットが

柔軟に物事を考えて、どんな時でも心理的に余裕をもって臨機応変な対応ができる、融通が利く人との違い、融通が利かない人と言うのは、なかなか世の中を渡って行くのも大変そうですよね。

融通が利かない人と言うのは、社会生活を送る上で、性格的にも仕事の上でも、心理的に大きなデメリットを負うことの方が多いようです。

融通が利かないことで一体どんなデメリットがあるのか少し見てみましょう。

【融通が利かないデメリット1】新しい考えを受け入れられない

臨機応変に次から次へと新しいアイデアを取り入れて行くことができる融通が利く人とは違い、融通が利かない人と言うのは、自分が持っている考えの幅を広げることが心理的になかなか出来ません。

思考が硬く1つの考え方で凝り固まっているために、新しい方法をなかなか取り入れることができません。

だから、仕事で新しい方法を取り入れてみれば、ずっとスムーズに改善できる時でも、思考回路の中に新しい方を取り入れる柔軟性がないために、なかなか改善することができません。

【融通が利かないデメリット2】自分の意見に固執し過ぎる

周りの意見を尊重して、次から次へと柔軟に自分以外の人の考えでも取り入れて、柔軟に思考の幅を広げていくことができる融通が利く人と違い、融通が利かない人と言うのは、自分の意見に心理的にかたくなに固執する傾向があります。


仕事を一緒にしていても、もうちょっと柔軟に周りの意見も取り入れて改善点を参考にしてもらえれば、ずっとスムーズに仕事が進む様になるのに、融通の利かない人は、自分の意見で進めたがります。

性格とはいえ、もう少し柔軟に仕事も前向きに改善してもらえると助かるのにと思うこともよくあります。

融通が利かない人は病気?!障害?!【融通が利く人との違い】

融通が利かない人のことを、性格ではなく、心理的な病気や障害を持っているのではないかと言う人が時々います。

何でもかんでも自分の価値観や行動と会わない人のことを、性格の違いとしてとらえずに、心理的な病気と名付けるなと怒る人もいます。

しかし病気や障害であれば、適切な治療や処置をすることで、症状が改善されて、本人も周りも心理的に快適に過ごせるようになることもあります。

そういった心や心理の病気などの可能性を考えることは、症状や周りとの関係を改善するためにも、決して悪いことではないのです。

適度に融通が利かない、ということであれば、性格の範囲内として考えることもできますが、時々、病気や障害なのではないかと思うほど、融通が利かなくて、かたくなに自分の考え方に固執する人がいますよね。

性格とは言えないほど融通が利かない場合には、何らかの病気や障害を考えた方が良いのでしょうか。

融通が利かない病気や障害について調べてみると、アスペルガー症候群や強迫性人格障害というものがあるようです。



アスペルガー症候群と言うのは、心の病気と言うよりも、発達障害のひとつであると考えられています。

発達障害は生まれ持ったもので、脳の働き方に偏りがあることで起こる障害です。

病気ではないので、治療することはできませんが、社会的に適応するための訓練をしっかりと子供の頃から受けることで、社会生活を適切に送ることができるよう改善される人が多くいます。

また、融通が利かなくて、異常なほど完璧主義で潔癖主義な人の場合には、強迫性人格障害の可能性もあります。

強迫性人格障害は原因がまだよくわかっていないものですが、アスペルガー症候群の様な生まれつきのものや心の病気ではなくて、幼い頃に家庭で必要以上に厳しい躾を受けたりすること影響しているのではないかと考えられています。

こちらも心の病気と言うよりは、心の障害と考えた方がいいようです。

全てのものごとを完ぺきにこなさなくてはいけないという想いを強迫的に持ってしまうので、この強迫観念をほぐすために、カウンセリングなどの心理療法を受けるのが効果的です。

性格の範囲内とは思えないほど強烈に融通が利かない人が周りにいて困る時には、こういった心の病気や障害の可能性も考えて見てはいかがでしょうか?!

融通が利かない人との付き合い方【融通が利く人との違い】

融通が利かない人と言うのは、ちょっと付き合いにくいところもありますが、心理的な病気や障害とまでは言えない、性格的なものだと言う人も多いですよね。

融通が利かない人とうまく付き合うためには一体どうしたらいいのでしょうか。

周りの人から見てちょっと対応するのが、大変だと思うことが多いのが融通が利かない人の特徴です。

しかし融通が利かない人、本人は、自分が融通が利かなくて周りを困らせている性格であるとは思っていないことが多いのです。

かえって自分は心理的に一本芯が通ってる真面目で良い性格の人間だと思っていることが多いようです。

そんな融通が利かない人に対して、融通が利かないことを責めてしまう様な事をすると、必要以上に傷ついて落ち込んでしまい、心を閉ざしてしまうことが往々にしてあります。

融通が利かない人と一緒に仕事をする時には、臨機応変な対応が必要な事は振らずに、繰り返しが多いルーティンワークをお願いするようにしましょう。

融通が利かない人もいいところが【融通が利く人との違い】

融通が利かない人の特徴にはいろいろと見てくると、その性格や心理的な傾向には、困ったことがたくさんあるように思います。

しかし本当に融通が利かない人は性格が悪い人なのでしょうか。

決してそうではありません。

臨機応変な対応やコミュニケーションを苦手とするところはあります。

生真面目でマニュアルをしっかりとを守ろうという気持ちや、仕事に対する責任感は人一倍持っていることが多いのです。

毎日毎日の繰り返しになる退屈なルーティンワークも喜んでやってくれるのが、融通が利かない人の良いところではないでしょうか。

融通が利かない人と一緒に仕事をする時には、適所適材で融通が利かない人だからこそできるものを割り振ってあげるようにしたら良いのではないでしょうか。

融通が利く人融通が利かない人、それぞれにいいところも!!

ここまで融通が利く人と融通が利かない人の違いについていろいろと見てきました。

一見すると、融通が利く人というのは、人生を有利に進めることができていいように思います。

融通が利く人と一緒にいると、心地いいものですよね。

しかし、融通が利かない人というのは、不器用な人ですが、見方を変えると、自分の信念を貫ける強さを持っているともいえます。

融通が利く人、融通が利かない人、それぞれのいいところを引き出しながら、付き合っていきたいものですよね!!

もっといろんな性格について知りたい方はこちら!

一匹狼の性格・特徴13選!男も女もモテる?仕事の仕方は?
スイーツ男子の特徴7つ!性格・恋愛傾向も解説
猫系男子の特徴7選と性格解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ