家族が嫌いな人の心理!ストレスを解消するには?なぜ嫌いなの?

家族が嫌いな人って意外と少なくありません。 自分の血のつながった家族なのに、そんな大切な家族が嫌いだなんて私がおかしいの?と悩んでしまう人もよく見かけます。 家族が嫌いな人の心理やストレスの解消法について紹介させていただきます。

家族が嫌いな人の心理!ストレスを解消するには?なぜ嫌いなの?のイメージ

目次

  1. 家族が嫌いな人は実は毎日がストレス!
  2. 家族が嫌いな人の心理とは?
  3. 家族が嫌いな人の心理①親が過保護
  4. 家族が嫌いな人の心理②早く自立したい
  5. 家族が嫌いな人の心理③兄弟と合わない
  6. 家族が嫌いな人の心理④兄弟と比べられる
  7. 家族が嫌いな人の心理⑤家族の仲が悪い
  8. 家族が嫌いな人の心理⑥自分以外の家族が仲良しすぎる
  9. 家族が嫌いな人の心理⑦家族にコンプレックスがある
  10. 家族が嫌いな人は、無理に一緒に過ごさない方がいいことも!
  11. 家族が嫌いな人のストレス解消法はどうすれば?
  12. 家族が嫌いな人のストレス解消法①部屋にこもる
  13. 家族が嫌いな人のストレス解消法②外出して会う時間を減らす
  14. 家族が嫌いな人のストレス解消法③一人暮らしをして距離を置く
  15. 無理をせずいつか打ち解けられる日が来る…と楽に考えよう!

家族が嫌いな人は実は毎日がストレス!

家族が嫌いな人って、実は毎日がストレスの塊ですよね。
だって、家族って毎日顔を合わせるじゃないですか。
そんな必然的に毎日顔を合わせる家族が嫌いだと、ストレスが溜まり「一人暮らししたい」とか「家を出たい」と言う気持ちが大きくなるのも無理はありません。

だけど実際に家族が嫌いでストレスがたまるからって、すぐに一人暮らしをしたり家を出たいという願望のままに動くことが現実的に難しい人もいますよね。
家族を支えなければいけない主婦の人だったり、金銭面的にも親の世話になるような年齢の場合は特に、家を出たいとは思っても、実際に一人暮らしするなんてできず、ストレスがたまる一方になってしまいます。
今回は、そんな家族が嫌いな人の心理から、ストレス解消法についてまで紹介していきます。

家族が嫌いな人の心理とは?

まずは、家族が嫌いな人の心理について紹介していきます。
何となく、血のつながった家族なんだから絆があって当たり前、家族は愛し合って支え合うもの…なんて固定観念が根強くありますよね。
そんな中で、親とうまくいかない、兄弟が嫌いなどと家族が嫌いな人はかなりのストレスを抱えてしまっています。

子どもだけでなく、主婦など親側の人々も含めて、家族が嫌いな人の心理について紹介させていただきます。
血のつながった家族と言えども、あくまでも家族は別の人間で、全く同じ人間なわけではありませんから、「嫌いな家族と離れて家を出たい」「一人暮らがしたいし」と思うほどに家族が嫌いになってしまうことだって十分にあり得ます。
そんな家族が嫌いな人たちの心理を知ってあげてくださいね。

■参考記事:女嫌いは過去のトラウマが原因?コチラも参照!

女嫌いの男性の特徴9選!その心理とは!過去のトラウマが原因?

家族が嫌いな人の心理①親が過保護

家族が嫌いな人の心理としてまずは、親が過保護であることに嫌気がさしているということが挙げられます。
小さいうちは自分の親が過保護だという自覚がなかったり、「なんでも親がやってくれるから楽だな」くらいにしか思っていなくても、ある程度の年齢になってきて、心が自立してくると、家族が嫌いになり鬱陶しく感じてくるものです。

高校生を過ぎても親が何でもかんでもやろうとする、門限が厳しいなどの理由で、思春期の反抗期ということもあり、家族が嫌いになってしまう人も少なくありません。
反抗期はある意味子供が自立しようとしている良い時期ですから、そのころに親が過保護な態度をとり続けると、親子間に亀裂が入り、家族が嫌いな子になってしまうこともあるのです。

家族が嫌いな人の心理②早く自立したい

家族が嫌いな人の心理として、早く自立したいという気持ちが強い人も挙げられます。
早く自立したい、自分で何でもできるようになりたいという気持ちが強ければ強いほど、気持ちばかりが焦ってしまい、年齢や経済力が置いてけぼりになり、ジレンマに陥り、家族が嫌いになります。

そのジレンマの中で、親が何か生活に口を出してきたり、世話を焼いてきたりするとどうしても子供ながらに「子ども扱いするな!」と親や家族を鬱陶しく感じ嫌いになってしまうのです。
すぐに一人暮らしをして成り立つほどの年齢や、経済力があれば別ですが、それができないから余計にイライラしてしまい、家族が嫌いだという気持ちをもってしまうんですよね。

家族が嫌いな人の心理③兄弟と合わない

同じ親から生まれた兄弟であっても、タイプが全然違う場合って多くありますよね。
同じ家庭で同じ親からしつけされて育ったとしても、世代や、周りの友人に大きく影響され性格や価値観は変わってきます。
それが著しく大きな違いを持つと、兄弟間でかなりのズレが出来、理解し合えず嫌い合う、もしくはどちらかが一方的に嫌いと言う風に仲が悪くなることもあるのです。

特に、兄弟の中でも上の立場の人は下の兄弟に対して上から目線でものを言ってしまうこともあるため、下の兄弟から煙たがられてしまう傾向にあります。
逆に、下の立場の兄弟は、上の兄弟に対して執拗に反抗的な態度をとり、兄や姉を困らせてしまい家族が嫌いになってしまうケースが多くあります。

家族が嫌いな人の心理④兄弟と比べられる

家族が嫌いな人の心理として親に兄弟と比べられるという理由も挙げられます。
小さいころから「お兄ちゃんは出来るのにどうしてできないの?」とか「妹が出来るのに何でお姉ちゃんができないのよ」などと、比較するようなことばかり言われてしまうと、存在を否定されたような気持ちになり、家族が嫌いな人になってしまいます。
普通に考えて否定されてばかりいると、家族が嫌いになって当然ですよね。
それどころが、否定され続けてしまうと自分のことも嫌いになりかねません。

特に、自分を一番見てくれるはずの親から、兄弟と比べて出来が悪いと取れるような言い方をされてしまうとどうしても子供は「自分はダメな人間なんだ」「何もできない人間だ」と悲観してしまいます。
親が子供を「できない」とばかり否定するのは、ある意味人格否定にまでなってしまうんですよね。
そういった家庭で育った子供は、自分を認めてあげる力が乏しいわりに、自己顕示欲が強く、社会に出ても生きづらさを感じてしまうケースが多くあります。

家族が嫌いな人の心理⑤家族の仲が悪い

夫婦間に亀裂が入っている、ほかの兄弟が親と極端に仲が悪いなど、家族の仲が悪いというパターンの場合も、家族が嫌いになってしまう原因の一つです。
誰だって、殺伐とした雰囲気の中で過ごすのは嫌ですよね。

家族の仲が悪く、雰囲気が常に悪いような家の中であれば、そこが憩いの場になるどころか、早く家を出たい、一人暮らししたいという気持ちになるのも至極当然のことです。

■参考記事:DV男の特徴とその対処法は?コチラも参照!

DV男の特徴11選!こんな性格・行動に注意!対処法も教えます

家族が嫌いな人の心理⑥自分以外の家族が仲良しすぎる

家族が嫌いな人の心理として、自分以外の家族が仲良しすぎるということも挙げられます。
自分以外の家族、例えば自分(男)と弟がいるとして、母親と弟が異様に仲が良く、よく一緒にお出かけしていたりずっとリビングで話をしているというような場合、自分の居場所がないような気持ちになってしまいます。

家の中で自分の居場所がない場合、人は家族以外の場所に自分の居場所を見つけようとします。
本当は家族に愛されたかった、でもそこには居場所がないから、外に居場所を求める、と言う行動に出るのです。
そうなると、その反動でどんどん家族が嫌いになってしまい、関係の修復が少し難しくなることもあります。

家族が嫌いな人の心理⑦家族にコンプレックスがある

家族が嫌いな人の心理として、家族にコンプレックスがあるという場合もあります。
例えばですが、親が高齢出産で、自分の友達のおばあちゃんと自分のお母さんの年齢がさほど変わらないといったパターンや、家が貧乏で友達のように玩具はおろか、お小遣いも少なくて周りの友達と遊びに行ったりできないなど、様々な家庭環境の中で、家族にコンプレックスを抱いてしまう場合も、家族が嫌いになってしまう原因の一つです。

勿論、親が高齢であっても、貧乏であっても家族が嫌いにならない人はいます。
それは個人の性格や価値観にもよりますし、どれくらい家族観で信頼関係を築いてきたかにもよりますよね。
そういったパターン全ての人が、家族が嫌いだと感じるわけではありませんが、家族が嫌いだと感じる人の中には、家族をコンプレックスに感じている人もいるのです。

家族が嫌いな人は、無理に一緒に過ごさない方がいいことも!

いかがでしたか?
家族が嫌いな人の心理について、紹介させていただきました。
紹介してきたものの中には、「確かにそんな家族だったら家を出たいと思うかも」「一人暮らししたほうがいいかも」と思うことが会ったのではないでしょうか。

家族は必ず一緒に暮らさないといけないわけではありません。
家族だからと言って、縛られる必要はないのです。
無理に一緒に過ごして、自分のストレスを隠しながら過ごすと精神的にも辛くなってしまいますから、決して無理をしないで、固定観念に縛られないようにしましょうね。

家族が嫌いな人のストレス解消法はどうすれば?

ではここからは、家族が嫌いな人のストレス解消法について紹介させていただきます。
家族と言う関係上、一緒に暮らしていたりしてどうしても顔を合わせたり会話をしなければいけないことが多くなりますよね。
でも家族が嫌いな人は、その頻度が多ければ多いほどストレスが溜まってしまいます。
兄弟が嫌いというだけであればまだかかわりを完全に避けることも可能かもしれませんが、対象が親であったり、自分が主婦で家族みんなの家事をしているような親の立場の人はそうはいきません。

避けることが出来ない家族との接触も、ストレスが溜まってしまうので、適度に発散させることが必要です。
ストレスは発散させないとたまる一方ですから、それは精神衛生面的によくありませんね。
ストレスが溜まっている状態ではうまくいくものも行きませんから、次の方法で適度にストレス解消をしていってください。

家族が嫌いな人のストレス解消法①部屋にこもる

まず、家族が嫌いな人のストレス解消法の中でも、手っ取り早い方法として、「自分の部屋にこもる」ということが挙げられます。
自分の一人部屋がある場合は、まるでそこで一人暮らしをしているかのように部屋にこもって、ほかの家族との接触を極力減らすということが大切です。
無理に親や兄弟を好きになろうとして、親兄弟と接触してしまうと余計に嫌悪感が増してしまうことにもなりかねません。

家を出たい、一人暮らしをしたいと思うほど家族が嫌いと言う状態であれば、まずはいったん親や兄弟を距離を置くために部屋にこもって、自分の趣味や勉強などに没頭してみましょう。
自分の趣味に没頭することは、それだけでもストレス解消になりますから、自分の部屋にこもってみるというのは非常に大切です。
主婦の方は自分の部屋がないなどの事情があるとちょっと難しいかもしれませんが、一人になれる場所を探してみてください。

主婦の人だって、毎日家族と顔を合わせていれば疲れてしまうことだってあります。
専業主婦の人なら尚更、主婦業が本業ですから、「専業主婦なのに主婦業をしないなんて、私は主婦としても失格だ」なんて思ってしまいがちです。
でも、そんなことはありません。
主婦にだってストレス解消は必要なんですよ。

家族が嫌いな人のストレス解消法②外出して会う時間を減らす

次に、家族が嫌いな人のストレス解消法として「外出して会う時間を減らす」ということも有効的です。
家を出たい、一人暮らししたいと思っていてもなかなか実行できる環境になかったり、現実的に難しい場合もありますよね。
でも、自分の部屋にこもろうと思っても兄弟と共同の部屋だと、部屋にこもっても嫌いな兄弟がいるからストレスがたまる…なんて人は、外出して会う時間を減らすようにしてみましょう。

主婦の人はなかなか、家のこともせずに外出するなんてことに抵抗があるかもしれませんね。
でも、もう家を出たいとまで感じている状態でそれでも嫌いな家族のために主婦業をし続けるのはかなりのストレスです。
そういう場合は、たまに実家に帰らせてもらってゆっくりするというのもいいでしょう。
主婦の場合は家を出たいと思っても一人暮らしなんてかなわないことがほとんどですから、たまにの休みに実家に帰ってゆっくりするというのも許されることですよ。

家族が嫌いな人のストレス解消法③一人暮らしをして距離を置く

最後に、家族が嫌いな人のストレス解消法として、実際に家を出たいという願望をかなえて一人暮らしをするということも言えます。
物理的に家族と距離を置くことによって、自分の気持ちを整理することも出来ますし今まで見えなかったものが見えてくることだってあります。
また、よくあることですが離れて暮らすことで家事やお金のやりくりの大変さを知り、親のありがたみを知るということもありますね。

家に居てもなかなか親兄弟と顔を合わせずに過ごすことが難しい人で、一人暮らしをすることが可能な環境なのであれば、思い切って一人暮らしをしてみましょう。
実家から大学や職場が近いから、一人暮らしはお金がもったいないだけだと、躊躇してしまう人もいますが、一人暮らしすることでストレス解消されるというのは、あなたの生活にかなり大きな影響を与えます。
可能であれば思い切って、一人暮らしをしてみましょう。

■参考記事:一人暮らしの夜は寂しい?コチラも参照!

寂しい夜の過ごし方!一人暮らしで夜寂しいの対処法まとめ!

無理をせずいつか打ち解けられる日が来る…と楽に考えよう!

いかがでしたか?
家族が嫌いな人のストレス解消法についても紹介させていただきましたが、実践できそうなものはありますか?
すぐに一人暮らしを始めたり、親に家を出たいといってもそれがかなわない人も中にはいるでしょう。
兄弟だと、家を出たいという願いがかなって一人暮らしをしたとしても、学校で顔を合わせたりすることもありますよね。

このように、親や兄弟など家族が嫌いな人ってかなりストレスが溜まりやすい環境にあります。
家族=無条件に愛し合う絆を持った人間関係と言う固定観念に縛られると余計に「自分はおかしいのかも」「人と違う」と感じてしまい、ストレスを抱えることになります。

実際に家族が嫌いと言う人でも、自分が結婚して子供を産んで親の立場になったら、親の考えていたことが分って、少しずつ打ち解けられるようになったという人も少なくありません。
今は無理に家族と仲良くなろうとせず、適度にストレス解消をしながら、「いつか打ち解けられる日が来る」と気楽に考えるようにしましょう。

嫌いな人への対処、もっと情報を知りたいアナタに!

嫌いな人・苦手な人との付き合い方や接し方9選!これで楽になる!
嫌いな人にとる態度15選!男性・女性別に解説!
偉そうな人の心理・特徴9選!対処法も解説!嫌い!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ