妊娠初期に下痢・腹痛が続く!原因と対処法は?つわりのせい?

妊娠初期に続く下痢や腹痛の原因と、その対処法についてまとめます。ひどい下痢が続くと、流産の危険性が無いか不安になりますよね。正しい知識をつむことが、妊娠中のストレスを解消する一番の方法です。妊娠初期の自分の体を守れるよう、下痢や腹痛の対処法を学びましょう。

妊娠初期に下痢・腹痛が続く!原因と対処法は?つわりのせい?のイメージ

目次

  1. 妊娠初期に下痢や腹痛が続く・・・
  2. 妊娠初期に続く下痢や腹痛と、つわりとの関係性
  3. 妊娠初期に続く下痢や腹痛の原因は、つわりだけではない
  4. まとめ 妊娠初期に続く下痢・腹痛の原因
  5. 妊娠初期に続く下痢・腹痛の対処法(1)食べ方
  6. 妊娠初期に続く下痢・腹痛の対処法(2)食べ物
  7. 妊娠初期に続く下痢・腹痛の対処法(3)冷え対策
  8. 妊娠初期に下痢や腹痛が続くときは、水分補給が大切
  9. 妊娠初期に飲む鉄剤が、下痢や腹痛の原因になる!?
  10. 下痢や腹痛があっても、鉄剤の服用は安易に中止しないこと!
  11. 妊娠初期は下痢や腹痛だけでなく、吐き気にも注意
  12. 妊娠初期に続く吐き気は、脱水症状の原因になる
  13. 妊娠初期に吐き気が続くときの対処法とは?
  14. 妊娠初期の下痢や腹痛と、流産の関係性は?
  15. 妊娠初期の下痢や腹痛は、流産に関係なし!だけど・・・
  16. 妊娠初期の下痢や腹痛は、原因究明が大切
  17. 終わりに:妊娠初期の下痢や腹痛は、改善できる

妊娠初期に下痢や腹痛が続く・・・

「妊娠初期」とは、妊娠してから妊娠5~6週目から、妊娠12~16週(3~4ヶ月)頃の期間をいいます。この時期は、体内のホルモンバランスが変化しやすく、妊娠中の女性の体調も様々に変化します。発症する不快な症状は一般的に「つわり」と呼ばれますが、その中には下痢や便秘、腹痛、そして吐き気が含まれます。

とくに、妊娠初期に下痢の症状があると、「流産してしまうのではないか」と不安に感じる人も多いでしょう。下痢の症状がひどく、そして長く続けば続くほど、心配もますます大きくなるはずです。

今回は、妊娠初期に続く下痢・腹痛の原因と、その対処法をご紹介します。これらの症状の原因はつわりなのか、また流産は関係するのか、詳しく解説しましょう。

妊娠初期に続く下痢や腹痛と、つわりとの関係性

女性の体内では、排卵と前後して「プロゲステロン(=黄体ホルモン)」という女性ホルモンが多く分泌されるようになります。このホルモンは、赤ちゃんの妊娠を保つために栄養分や水分を蓄える働きがあるため、分泌量の増加が原因で、女性の体は代謝が悪くなり、便秘になりやすくなります。

しかし、便秘が続くことの多い妊娠初期は、同時に、「つわり」の症状が現れる期間でもあります。つわりの期間中は、女性の食べ物の嗜好が変わり、栄養が偏りやすくなることがほとんどです。その結果、油っぽいものばかり食べて消化不良になったり、冷たいものばかり食べてお腹が冷えたりすることが原因で、下痢の症状も引き起こしやすいのです。

また、重度のつわりに悩まされる女性は、吐き気の症状により、食欲が失われます。水分しか摂取できなくなることも珍しくありません。すると当然、下痢や腹痛が続くことになるのです。

したがって、本来ならば、妊娠初期の女性の体は便秘になりやすいにもかかわらず、つわりが原因で下痢や腹痛が続くことがあるのです。

■関連記事:つわりについて知りたい方はこちらもチェック!

妊娠初期のつわりはいつからいつまで?早い人だと?【気持ち悪い】
妊娠初期のげっぷとつわりは関係してる?げっぷがひどい時の対処法は?

妊娠初期に続く下痢や腹痛の原因は、つわりだけではない

何度も言うようですが、妊娠初期の女性の体はホルモンバランスが変化し、つわりによって様々な不調を訴えるようになります。その影響は自律神経にまで及びます。
自律神経は、内臓の働きを無意識のうちに整えてくれる重要な神経系です。その自律神経が乱れると、胃腸が正常に働かず、下痢や腹痛が続くようになります。

また、妊娠するとどうしても運動不足になり、血行不良になりがちです。すると、体が冷えた状態になって、下痢を引き起こしやすくなります。

このように、妊娠初期の女性の体は、自律神経の乱れや運動不足が原因で、下痢、それにともなう腹痛が続くようになるのです。

まとめ 妊娠初期に続く下痢・腹痛の原因

ではここで、妊娠初期の女性に続く下痢・腹痛の原因をまとめましょう。
(1)つわりによる栄養の偏り
(2)つわりによる体の冷え
(3)自律神経の乱れによる内臓の不調
(4)運動不足による血行不良

これらの原因によって、妊娠初期の女性は下痢や腹痛が続くことが多くなります。しかも、つわりや自律神経の乱れ・運動不足は、妊娠から産後の期間を通じて起こりうることです。したがって、つわりや吐き気の症状と並行して、下痢や腹痛も長期間続くことが予想されます。

妊娠初期に続く下痢・腹痛の対処法(1)食べ方

妊娠初期に続く下痢・腹痛の原因の一つに、栄養の偏りの問題がありました。
これらは、妊娠初期の女性の食事の仕方を工夫することによって、ある程度改善することができるようになります。

対処法:食事の1回量を減らす

まず試してほしい対処法は、一度に摂取する食事の量を減らすことです。小分けにして食べることで、胃腸の負担を減らし、栄養を効率よく吸収することができるようになります。
一気食べや早食いをなくし、食事はよく噛んで味わうようにしましょう。この対処法は、食べ過ぎ防止にもなります。カロリー過多による胃腸の負担や、吐き気の心配がある人は、ぜひ実践しましょう。

つわりがひどい期間が続くほど、「食べられるときに、できるだけたくさん食べよう」という心理が働きがちですが、それはオススメできません。つわりの期間は、食欲の無い状態が続くはずです。そんなときに、大食いや早食いをしては胃腸が悲鳴を上げてしまいます。
「食べられるときに、少しずつ食べよう」と思えば、内臓の負担だけでなく、心の負担も軽くなるでしょう。吐き気の防止にもつながるはずです。

妊娠初期に続く下痢・腹痛の対処法(2)食べ物

食べ方と一緒に実践したい対処法は、食べ物のチョイスを工夫することです。
妊娠初期の下痢や腹痛の原因に、体の冷えがありました。この対処法として、まず第一に体を冷やす食べ物を避ける必要があります。
また、消化のよい食事を選ぶことも対処法の一つです。栄養の偏りや内臓の負担を少しでも減らせば、下痢や腹痛が続く原因を排除できるでしょう。

妊娠初期に取るべきではない食べ物

(1)氷の入った飲み物や、冷蔵庫で冷やした飲み物
(2)果物や生魚など、火を通さない生もの
(3)牛肉や青魚など、脂っこい食材

これらの食事はできるかぎり避けましょう。

では反対に、妊娠初期に積極的に取りたい食べ物は何でしょう。これは、上記の食べ物の反対のものを思い浮かべてもらえば簡単です。

妊娠初期に積極的に取りたい食べ物

(1)温かい飲み物
(2)火を通した温かい料理
(3)鶏肉や白身魚など、脂肪分の少ない食材

これらの食材がオススメです。さらに、ショウガや味噌など、体を温めてくれる香辛料・調味料も進んで使うよう心がけましょう。
ただし、唐辛子やコショウなど、過度に取ると胃腸に負担をかけるものもあります。刺激が強いものや味の濃いものは吐き気の原因にもなりますので、注意が必要です。

妊娠初期に続く下痢・腹痛の対処法(3)冷え対策

体の冷えは、妊娠初期に続く下痢・腹痛の原因になるだけではなく、風邪や血行不良の原因にもなります。もともと、女性は冷えに悩まされやすい体質です。冷えの対処法を知っておけば、今後の生活にも役立つでしょう。

冷えの対処法は、食事の改善の他にもあります。以下にオススメの方法をまとめたので、参考にしてみてください。

冷えの対処法(1)簡単な体操をする

体操といっても、大きく体を動かす激しい運動はしなくて結構です。
(1)手足をブラブラとさせる。
(2)手や足の指をにぎったり離したりして、グーパーを繰り返す。
(3)爪の生えぎわの側面を強くつまむ。
これだけで、手足の先から血行がよくなってきます。

冷えの対処法(2)マッサージポイントを刺激する

仕事中や寝る前に体を温める方法の一つが、マッサージです。ここで紹介するツボを刺激すれば、冷えもだんだんと改善されていきます。

(1)親指と人差し指の間のくぼみ
手足の末端の冷えを感じたときにオススメのマッサージポイントです。手の甲側、親指と人差し指が交差する上の部分、くぼんでいるところを押しましょう。

(2)アキレス腱と内くるぶしの間のくぼみ
足のアキレス腱と、内くるぶしの間にくぼみがあると思います。そのくぼみに両手の親指を当て、ゆっくりと息を吐きながら押し込みましょう。5秒くらい押して、5秒をかけてゆっくりと離します。10回ほど繰り返せば、体の芯が熱くなっているのが感じられるでしょう。

冷えの対処法(3)足湯の方法を工夫する


冷えがひどい場合は、ただの足湯では改善されないことも多いそうです。
そんなときにオススメしたい対処法が、温水と冷水に交互に足を入れる方法です。

(1)2つの風呂桶に、温水と冷水を入れる
(2)椅子に座って、まずは温水のほうに足を入れる。
(3)2~5分ほど温まったら、冷水に足を入れる。
(4)2~5分ほど足を冷やしたら、また温水に足を入れる。

これを5回ほど(20~50分ほど)繰り返し、最後は冷水に足を入れて終了です。すると、手足の先から熱が放出されず、体が温まった状態を長く維持することができます。

妊娠初期に下痢や腹痛が続くときは、水分補給が大切

妊娠初期に続くつわりの対処法は、まだあります。それは「水分を多く取ること」です。

妊娠初期に続く下痢や腹痛は、流産をイメージさせ、女性を大きな不安に陥れます。すると、「早く治したい」と思うあまり、水分摂取を控えてしまう女性が多いようです。しかし、これは大きな間違いです。

下痢は、体中の水分を減少させる症状です。むしろ下痢後は水分を多く取るよう心がけないと、脱水症状で妊娠悪阻を招く原因にもなります。
ただでさえ、妊娠初期はつわりや吐き気によって、食事が上手く取れない時期なのです。食事内に含まれる水分が摂取しにくい期間中に、飲み物すら断ってしまっては、脱水の危険性が大きく跳ね上がります。

食事制限や水分不足は厳禁!

妊娠初期の下痢や腹痛が続くときは、温かい飲み物を飲んで体調回復に努めましょう。つわりが酷いときならば、飲めるときに、少しずつで結構です。効率よく水分が吸収されるスポーツドリンクや、経口補水液を試すのも良いでしょう。

妊娠初期に下痢や腹痛が続くときの対処法は、食べ方・飲み方の工夫が第一です。くれぐれも、食事や水分の制限はしないようにしましょう。

妊娠初期に飲む鉄剤が、下痢や腹痛の原因になる!?

妊娠初期の女性は、貧血に悩むことが多くなります。実は、病院で処方される鉄剤も、下痢や腹痛が続く原因になる場合があります。
病院で鉄剤を処方されたことのある人は、その薬の説明書をよく読んでみましょう。おそらく、副作用の欄に「下痢・腹痛・吐き気」が書かれているはずです。
鉄剤は、空腹時に飲むと成分が吸収されやすいとよく言われます。しかし、それだけ胃腸にかかる負担も大きくなるのです。

もしアナタが鉄剤を服用していて、下痢や腹痛・吐き気の症状が現れる場合は、医師や薬剤師に相談の上、服用方法を見直してみましょう。1回に飲む量を減らすか、食後に服用するようにすれば、下痢・腹痛・吐き気の対処法として有効なはずです。

下痢や腹痛があっても、鉄剤の服用は安易に中止しないこと!

ただし、下痢や腹痛を治したいからといって、自己判断で鉄剤の服用の中止・もしくは減量をすることは止めましょう。
妊娠初期の貧血は、赤ちゃんの発育や、妊娠した女性本人の体調に関わる重要な問題です。貧血を改善しつつ、下痢や腹痛を軽くする方法は必ずあります。医師や薬剤師の意見を聞きながら、対処法を考えましょう。

妊娠初期は下痢や腹痛だけでなく、吐き気にも注意

妊娠初期は、つわりによって様々な不調が表れます。下痢や腹痛の原因になることは先ほど述べましたが、その他の症状で一番厄介なのが「吐き気」です。

吐き気は、つわりの期間と同じく、妊娠5~6週目から、妊娠12~16週(3~4ヶ月)頃まで続く症状です。人によっては、妊娠初期以後もずっと続く場合もあります。

妊娠初期に続く吐き気は、脱水症状の原因になる

妊娠初期の吐き気は、下痢と同じく、脱水症状の原因にもなります。つわりがひどいと、一日に何度も嘔吐をしてしまう女性も多いのです。吐いても赤ちゃんに影響はありませんが、お母さんのほうが脱水・飢餓状態になってしまいます。

妊娠初期に吐き気が続くときの対処法とは?

妊娠初期の吐き気の対処法には、以下の方法が考えられます。

(1)朝の空腹期間を無くすため、枕元に軽食を置く
自分の食べやすいもの、たとえばおにぎりやクラッカーなどで充分です。

(2)通勤電車が辛い場合は、混雑時を避ける
仕事に就いている妊婦さんの場合は、会社と相談の上、勤務時間をずらすことも検討しましょう。これは、仕事をする妊婦さんが正当に主張できる権利です。必要があれば、主治医の先生に「母性健康管理指導事項連絡カード」を書いてもらいましょう。

妊娠初期の下痢や腹痛と、流産の関係性は?

妊娠初期、ひどい下痢や腹痛が続くと、どうしても流産のイメージが付いてまわります。ナイーブになりがちなこの時期、できるだけ不安要素はなくしたいですよね。そのためには、妊娠初期に続く下痢と流産の関係性について、正しい知識を持っておく必要があります。

結論から言うと、妊娠初期の下痢が、流産の直接的原因になることはありません。体の生理現象として起こる下痢が子宮の収縮を促すことは無いので、安心してください。

妊娠初期の下痢や腹痛は、流産に関係なし!だけど・・・

妊娠初期に続く下痢や腹痛は、流産に関係することはない、ということがわかりました。ただし、下痢の原因が食中毒や感染症で、症状が重い場合は話が別です。ひどい下痢や腹痛が続くときは、大事を取って病院に診察を受けにいきましょう。
たとえ、下痢や腹痛の原因がつわり以外のものであっても、早めに治療をすれば、流産を防ぐことができます。

妊娠初期の下痢や腹痛は、原因究明が大切

そもそも、妊娠初期の流産は、染色体の異常など、赤ちゃんの方に原因があることが大半です。お母さんの下痢や腹痛は妊娠中によくある症状の一つなので、さほど深刻に考える必要はありません。

しかし、症状が重くて我慢できなかったり、どうしても不安が拭い去れなかったりしたら、病院で検査を受けましょう。食中毒や感染症の場合は、検査ですぐに分かります。一人で悩まず、信頼できる主治医に頼りましょう。

終わりに:妊娠初期の下痢や腹痛は、改善できる

妊娠初期に続く下痢や腹痛の原因と、その対処法についてご紹介しました。
つわりや吐き気の症状に加え、下痢や腹痛にまで悩まされては、女性の体に大きな負担がかかります。実践できる対処法を徐々に始めて、事態の改善に努めましょう。

症状が軽くなれば、身体はもちろん、心も軽くなります。ストレスは、妊娠中の女性にとっても、お腹の中の赤ちゃんにとっても大敵です。正しい対処法を実践して、妊娠中の生活をより良いものにしましょう。

もっと「妊娠」についての情報が知りたいアナタへ!

妊娠初期に咳が止まらない!喘息?腹痛があるけど流産の心配は?
妊娠初期に寒いと感じる!原因と対処法は?
妊娠初期に気をつけること一覧!食事などの注意点まとめ!
妊婦がうなぎやレバーを食べても大丈夫?妊娠中の胎児への影響は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ