新生児が白目をむく原因は?特に問題はない?

新生児の赤ちゃんが産まれて子育てが始まった時に、思わず新生児の赤ちゃんが寝る時に白目をむくのに驚くお母さんも少なくありません。新生児の赤ちゃんが白目をむくのには理由があります。また白目に異常を感じた時にはどんな病気が考えられるのかも合わせてお伝えします。

新生児が白目をむく原因は?特に問題はない?のイメージ

目次

  1. 新生児の赤ちゃんが白目をむいている!これって大丈夫なの?!
  2. 新生児の赤ちゃんが白目をむくのには理由がある!
  3. 【新生児が白目をむく理由①】目の筋肉が未発達!
  4. 【新生児が白目をむく理由②】遺伝することも!
  5. 【新生児が白目をむく理由③】視力がまだ弱いから!
  6. こんな症状で白目をむくことがあったら熱性痙攣!要注意!
  7. 新生児には白目以外にも寄り目も気になる!
  8. 【新生児が寄り目になる理由①】焦点が合わない【白目以外】
  9. 【新生児が寄り目になる理由②】仮性内斜視【白目以外】
  10. 【新生児が寄り目になる理由③】斜視【白目以外】
  11. 新生児の白目の色が!白目の色が黄色や青っていったい?!
  12. 【新生児の白目の色①】白目の色が黄色の時
  13. 【新生児の白目の色②】白目の色が青色の時
  14. 新生児の白目の色が充血している!原因は?
  15. 【新生児の白目の色が充血①】出生時の出血
  16. 【新生児の白目の色が充血②】逆さまつげ
  17. 【新生児の白目の色が充血③】結膜炎
  18. 新生児の目が異常?!濁っているときや黒目が大きい時は?
  19. 【新生児の白目の異常①】濁っている時の原因とは?
  20. 【新生児の白目の異常②】黒目が大きい時の原因は緑内障?!
  21. 新生児の白目は普段からよく観察をしましょう!!

新生児の赤ちゃんが白目をむいている!これって大丈夫なの?!

子育てを始めると、いろいろと思わぬ出来事に遭遇するのも、子育ての醍醐味といえます。

そんな中で、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話をしているお母さんが、思わず驚いてしまう現象が、新生児の赤ちゃんが寝る時に頻繁に白目をむくことです。

寝る時に黒目がどこかに行ってしまい、白目をむく表情をしていると、どこか異常があるのではないかと慌ててしまうお母さんも多いようです。

新生児の赤ちゃんが寝る時や抱っこしている時に白目をむくのは一体どうしてなのでしょうか。寝る時に白目をむくのは心配はないのでしょうか。

新生児の赤ちゃんの目が寝る時に白目をむく以外にも、気になる症状があることがありますが、心配のない赤ちゃんの目の症状と、病気や障害を心配しなければならない症状というのは一体どのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、新生児の赤ちゃんが寝る時に白目をむくときの原因や、白目をむく以外の気になる目の症状についていろいろと見ていきたいと思います。

■関連記事:新生児の視力について気になる方はこちらもチェック!

赤ちゃんの目はいつから見える?新生児の視力はどのくらい?

新生児の赤ちゃんが白目をむくのには理由がある!

子育てをしている中で、赤ちゃんが寝る時に白目をむく表情というのは、多くの新米子育てお母さんにとって、あまり見たくはない光景かもしれません。

子育て中に赤ちゃんが白目を向くと本当に驚いてしまいますが、新生児の赤ちゃんが白目をむくことは、実は心配がない症状です。


他に、手足の痙攣などの異常な症状が見られなければ、ただ寝る時に白目をむくことは赤ちゃんにはよくあることです。

赤ちゃんが寝る時に白目をむくのには、新生児の赤ちゃんならではの理由があります。

赤ちゃんが寝る時に白目をむくのにはどのような理由があるのか、ここからみていきましょう。

【新生児が白目をむく理由①】目の筋肉が未発達!

新生児の赤ちゃんが頻繁に寝る時に白目をむく理由には、身体の筋肉がまだ発達していないことが挙げられます。

体中には様々な筋肉があるものですが、赤ちゃんはまだまだ筋肉は未発達で、体を思うように動かすことができないものですよね。

そして目の眼球やまぶたを動かしているのも、筋肉になります。

この目の筋肉がまだ発達していないために、眼球の動きやまぶたの動きを自分で制御することができずに、白目をむくことが頻繁に起きてしまうのです。

まぶたを開いたまま眼球が動いてしまうこともあり、寝る時以外でも白目をむいた状態になってしまいがちですが、全く問題はありません。

【新生児が白目をむく理由②】遺伝することも!

赤ちゃんが寝るときに白目をむくことにびっくりしているお父さんお母さんもいますが、寝るときに白目をむく人は大人でも時々いるものですよね。

もしも、お父さんかお母さんか、親戚に、寝るときに白目をむく人がいると、もしかしたら赤ちゃんにも遺伝でその寝る時に白目をむく傾向が伝わっているのかもしれません。

寝るときに白目をむくことがあっても、特に目に病気や障害などが出るわけではないですよね。

特に寝る時に白目をむくことがあっても、心配する必要はないので、安心しましょう。

【新生児が白目をむく理由③】視力がまだ弱いから!

新生児の赤ちゃんが白目をむくと、眼球がどこを見ているのかわからないような状態になってしまうので、とても心配するお母さんがいます。

子育てをしていると、何かと心配事を感じてしまうものですよね。

しかし、白目をむく状態ではなくても、新生児の赤ちゃんというのは視力がほとんどないので、周りのものがほとんど見えていない状態になります。

そのために、お母さんと目が合っているように思っても、実は赤ちゃんからはお母さんの顔は全く見えていないものです。

眼球を動かしていても、何か見えて眼球が動いているわけではないので、眼球がどこかへ見えなくなってしまい、白目をむく状態になってしまっても心配はありません。

こんな症状で白目をむくことがあったら熱性痙攣!要注意!

基本的に、子育て中に赤ちゃんが白目をむくことがあっても、心配する必要はありません。

しかし、熱性痙攣を起こして白目をむくことがあったら、注意する必要があります。

白目をむきながら、チアノーゼを起こしたり、体が痙攣して高熱が出たり、泡状のよだれが口から出て、意識が5分以上なくなることがあれば、熱性痙攣です。

こういった症状が子育て中に出た時には、慌てずに痙攣が収まるまで待ちながら、症状の現れ方をメモしましょう。

赤ちゃんが熱性痙攣を起こしたときにメモする内容は次の内容です。

・痙攣が始まった時間と終わった時間
・身体の突っ張り具合
・目が向いていた方向

10分以内に収まれば、それからは慌てずに受診すればいいですが、もしも10分以上経っても痙攣が治まらない場合には救急車を呼ぶ必要があります。

新生児には白目以外にも寄り目も気になる!

子育て中に新生児の赤ちゃんの気になる目の症状には、白目をむくこと以外にもより目になるというのがあります。

大人なら、右の目と左の目が連動して動くために、めったにより目ができる人はいないものですが、赤ちゃんはよく寄り目になるものです。

赤ちゃんの寄り目もそれほど気にするものではないのですが、中には眼科を受診したほうがいい症状もあります。

赤ちゃんが寄り目になる理由もここからみていきましょう。

【新生児が寄り目になる理由①】焦点が合わない【白目以外】

赤ちゃんが寄り目になる理由には、赤ちゃんの目は焦点が合っていないことが挙げられます。

大人の目というのは、左右の目が連動して動くことで、物事の奥行きを掴んで、焦点を合わせて距離感を掴むことができます。

しかし、赤ちゃんの目というのは、生まれたばかりの時には視力は未発達で、焦点を合わせることができません。

そのために、左右の目がバラバラに動くことも多くて、より目になることもよくあるのです。

【新生児が寄り目になる理由②】仮性内斜視【白目以外】

新生児の赤ちゃんが寄り目になる理由には、仮性内斜視があります。

仮性内斜視というのは、顔の筋肉や骨格が発達途上にあるために、一時的に斜視のように目が見えてしまうことです。

どうして赤ちゃんの顔が発達の途上にあると、仮性内斜視が起こってしまうのでしょうか?!

赤ちゃんの鼻はまだ低いものですが、鼻が低すぎると目頭のあたりの皮が余ってしまい、白目を覆ってしまいます。

そうすると、黒目が内側に寄っているように見えてしまい、これが斜視のように見えてしまうのです。

赤ちゃんの鼻のつけ根を軽くつまんでみて、目の内側に白目が見えるようなら仮性内斜視です。

仮性内斜視は成長するにつれ自然に治っていくものなので、特に治療などは必要ありません。

【新生児が寄り目になる理由③】斜視【白目以外】

新生児の赤ちゃんの目がより目に見える理由には、仮性ではなくて本当の斜視のこともあります

私たちの目というのは、何かを物を見るときには左右両方の目が同じ方向を向かなくてはいけません。

しかし、斜視の場合には、片方の目はまっすぐと目標物をとらえているのに、もう片方の目がその外側か内側の目標とは違うところを向いてしまうのです。

私たちが奥行きを感じることができるのは、左右の目で目標物をとらえることで距離感を掴むことができるからです。

斜視の人というのは、左右の目を連動させて目標物をとらえるということができないので、立体感覚や奥行きを掴むことができなくなります。

斜視の場合は、ある程度発達してきても、目の動き方が正常なものと明らかに違う場合が多いので、早期に発見できることが多いものです。

子育て中に早期に治療を開始すれば、日常生活や学校生活に支障なく生活できるようになりますが、発見が遅れて放置した場合、メガネやコンタクトを使っても視力を充分に出すことができない弱視になってしまうこともあります。

子育て中に赤ちゃんの目のことで何かおかしいと思ったら、小児検診の時やかかりつけの小児科に相談しましょう。

小児検診や小児科で眼科の受診があると判断されれば、その旨を伝えられます。

新生児の白目の色が!白目の色が黄色や青っていったい?!

私たちの目というのは、白目が白いことが健康な証拠ですが、時々、子育て中に新生児の赤ちゃんの白目の色が黄色や青色になることがあります。

新生児の赤ちゃんの白目の色が黄色や青になることは一体何を意味しているのでしょうか。

ここから、新生児の赤ちゃんの白目の色が黄色や青になったときの症状についてみていきたいと思います。

【新生児の白目の色①】白目の色が黄色の時

新生児の赤ちゃんの白目の色が黄色の時には、新生児黄疸が考えられます。

黄疸というのは、大人でも見られる症状ですよね。全身が黄色くなってしまう症状で、肝臓を悪くすると、皮膚が黄色くなったり、白目が黄色くなったりすることで知られています。

成人の全身が黄色くなってしまう黄疸のイメージが大きいので、新生児黄疸というと、心配になってしまう人も多いものですが、生まれた時に白目が黄色くなる新生児黄疸というのは、約8割の新生児に見られる症状で、それほど心配はありません。

新生児黄疸が出て白目が黄色くなってしまう理由は、血液中のビリルビンという物質が増えることが原因で黄色くなります。

ほとんどが、生まれて日にちが経つにつれて白目の黄色は消えていきまが、ビリルビンの値が高い状態で続き、白目が黄色い黄疸の状態が続くようだと、脳性麻痺や難聴などを引き起こすこともあるので、白目が黄色い状態が続くなら注意が必要です。

【新生児の白目の色②】白目の色が青色の時

新生児の赤ちゃんの白目の色が、青くなることもあります。

大人で白目が青い人はいませんが、新生児の赤ちゃんの白目の色が青い時はどのような時でしょうか。

白目の色が青くなるのは、ほとんど問題がないと言っていいでしょう。

新生児の赤ちゃんの白目が青くなる理由は、眼球の一番外側の膜がまだ薄いことです。

眼球の一番外側の膜を、強膜といいます。新生児の赤ちゃんの目が青く見えるのは、この強膜がまだ薄くて、その内側にあるブドウ膜という膜が透けて見えることがあり青く見えることがあります。

成長するにつれ、強膜に厚みを増していくので、徐々に青みがかった感じは薄れていきます。

しかし稀に、先天的に強膜が薄いこともあり、白目が青く見える状態が続くことがあります。

強膜が薄いことは特に問題はないのですが、先天的に強膜が薄くて、白目が青い状態が続く時には、強膜が薄くなる原因となる病気が隠れていることがあります。

そちらの病気は治療する必要がある場合がほとんどなので、白目が青いのが取れずに気になる場合には、かかりつけの小児科や乳児検診の際に相談してみましょう。

新生児の白目の色が充血している!原因は?

子育てを始めたばかりのお母さんの中には、新生児の赤ちゃんの目が充血しているのが気になる人もいます。

大人なら、パソコンなどで目を酷使した時に充血することもありますが、赤ちゃんの目が充血する時というのは一体どのような理由があるのでしょうか。

ここからいくつか、新生児の赤ちゃんの目が充血する時はどんな時なのかについてみていきたいと思います。

【新生児の白目の色が充血①】出生時の出血

新生児の赤ちゃんの目が充血している理由には、出生時に出血したことが考えられます。

自然分娩で生まれた赤ちゃんは、生まれてくるときにお母さんの狭い産道を全身の力を振り絞って通ってきます。

産道を通過するときに、赤ちゃんの肺や心臓が強く圧迫されることで、心臓へ戻るはずの静脈血が頭や顔にとどまってしまい、うっ血することで毛細血管が切れて、皮膚の下や白目に出血斑ができることがあります。

この白目に現れた出血斑は、視力に影響したり、何らかの病気の原因になるものではありません。

身体の大きい赤ちゃんに起こりやすいと言われていますが、1週間ほどで消えるので心配はありません。

【新生児の白目の色が充血②】逆さまつげ

新生児の赤ちゃんの白目が充血している時には、逆さまつげの可能性もあります。

赤ちゃんのほっぺとはぷっくりとしてかわいいものですよね。

しかしこのぷっくりほっぺたが原因で、逆さまつげになってしまうことがあります。

というのは、ぷっくりとしているほっぺたが下のまぶたを押し上げてしまい、まつ毛が眼球に入って張り付いてしまうことがあるからです。

また、まぶたの脂肪が多くて逆さまつげになってしまうこともあります。

成長して顔の形が変わってくると、自然に治ることが多いのですが、逆さまつげを放置しておくと、目が充血したり目やにが多く出るようになってしまうことがあります。

また、まつ毛が角膜に当たることで角膜が傷ついてしまったり、その傷ついた傷からウイルスが入り込んでしまい目の炎症を起こしてしまうこともあります。

目の炎症が頻繁に起こるようなら、治療が必要になります。一度眼科で相談することをおすすめします。

【新生児の白目の色が充血③】結膜炎

新生児の赤ちゃんの目に、炎症を起こす原因となる物質が張りつくことで、炎症が起きて、目が充血したり腫れたりするのが結膜炎です。
結膜炎には、アレルギー性結膜炎と、ウイルス性結膜炎と、細菌性結膜炎があります。

アレルギー性結膜炎は、アレルギーの原因となるアレルゲンが結膜にくっついてしまうことで、目のアレルギー反応による炎症が起こってしまいます。

ウイルス性結膜炎は、アデノウイルスという感染力が強いウイルスに感染したことで、起こる結膜炎です。

細菌性結膜炎は、インフルエンザ菌や肺炎球菌、クラミジア、淋菌、ブドウ球菌といった私たちの身の回りによくある細菌が感染源となって、引き起こされる結膜炎です。

結膜炎を起こしている時には、緑や白っぽい目やにが出るのが特徴です。緑っぽい目やにや、ねばねばとした白っぽい目やにが出た場合には、結膜炎を疑って眼科を受診しましょう。

眼科で原因を特定してもらい、その原因を知って治療をすることが大切なので、早急に眼科を受診しましょう。

結膜炎は放置しておいても自然治癒することもあるので、緑などの目やにがひどくても、受診しないケースもありますが、細菌の感染が原因の場合には、自然治癒が難しいこともあります。

緑や粘り気のひどい目やにが気になる時には受診しましょう。

■関連記事:赤ちゃんの目やにについて気になる方はこちらもチェック!

赤ちゃんの目やにが多い!原因は?新生児の片目だけにでることも?

新生児の目が異常?!濁っているときや黒目が大きい時は?

新生児の白目の状態に限らずに、目の状態に何か違和感を感じることもあります。

ここまでに見てきた目の異常以外に、お母さんが見てもすぐに発見できる目の異常には、目が濁っているときや、異常に黒目が大きいことがあります。


赤ちゃんの目の中の瞳が濁っているときや、黒目が異常に大きく感じるときには、重篤な目の病気であることがあります。

目が濁っているときや、黒目が異常に大きい時にはどのような病気が考えられるのかここからみていきましょう。

【新生児の白目の異常①】濁っている時の原因とは?

まず、赤ちゃんの目が濁っている時についてみていきましょう。

赤ちゃんの目が濁っている時がありますが、瞳が濁っている時にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

赤ちゃんの目が濁っている時には、先天性白内障が考えられます。

白内障というのは、目の瞳の中にある水晶体が白く濁っている病気です。

目の瞳の中にある水晶体というのは生まれたばかりの時には透明に近い色をしているものですが、年齢を重ねるにつれて徐々に濁っている感じが出てきて、ある程度の年齢になると、日常生活に支障をきたすほど濁っている状態になる病気です。

ほとんどの人は、何十年も生活をする中で自然に白内障になっていくものですが、赤ちゃんの中には生まれつき、もしくは1歳頃までに水晶体が濁っている先天性白内障を患って生まれてくる赤ちゃんもいます。

生まれつき、もしくは生まれてすぐに瞳が濁っている先天性白内障の原因は、妊娠3ヶ月までの母体のウイルス感染が考えられています。

生まれてすぐの時期に瞳が濁っている先天性白内障は、早期に手術をしないと視力障害を引き起こし、生活や学業に支障が出てしまいます。

出生児に眼科の検査が行われないと、見逃すことも多いので、瞳が濁っていることが気になった場合には、早期に眼科を受診するようにしましょう。

【新生児の白目の異常②】黒目が大きい時の原因は緑内障?!

新生児の目の異常には、新生児緑内障もあります。

緑内障というのは、日本人が失明する原因の第1位になっている、とても深刻な目の病気です。

新生児緑内障でよく見られる症状としては、黒目が異常に大きかったり、左右で発達が違ったり、黒目が白く濁っていることもあります。

また、新生児緑内障では極端に眩しさを感じることもあります。

緑内障というのは、眼球の中の圧力が異常に上がってしまうことで、神経が圧迫されてしまい、視力が低下したり、視野狭窄になってしまう病気です。

赤ちゃんの緑内障には、生まれつきの先天性緑内障と、生まれてから少しずつ症状が出てくる発達緑内障があります。

緑内障が発症するメカニズムというのはまだ解明されていないのですが、放置しておくと失明する可能性が高いので、緑内障と診断されたら早期に眼圧を下げるための手術を行う必要があります。

ただし、緑内障の手術では、一度の手術では眼圧がうまく下がらないこともあるので、複数回の手術が必要になることもあります。

また、眼圧が下がった後でも定期的に検査をして、経過を観察していくことが大切になります。

新生児の白目は普段からよく観察をしましょう!!

ここまで赤ちゃんが白目をむくことや、赤ちゃんの目で心配な症状などについていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

目というのは、とても大切ですよね。

万が一目が見えなくなるようなことがあったら、本当に生活をしていく上で沢山支障が出るようになってしまいます。

子育てをしていく上で、それほど神経質になり過ぎるのも子育てには良くないことですが、何か目に異常を感じた場合には、眼科にできるだけ早く相談して、対処するべきことには対処していくようにしましょう。

もっと子育てに関する情報について知りたいあなたへ!

赤ちゃんの風邪の症状!鼻水や咳が出るなら病院に行くべき?
新生児・赤ちゃんのうんちが出ない原因は?綿棒で便秘を解消できる?
赤ちゃんの痙攣の症状と原因、対処法解説!新生児のひきつけに要注意
赤ちゃんと添い寝はいつから?新生児と一緒に安全に寝る方法解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ