おりものが臭い?酸っぱい匂いの原因と対策は?病気かも!

おりものの状態というのは、何かと気になる物ですが、臭いと感じることがありませんか?酸っぱい匂いが強くて、臭いと感じてしまうこと、ありますよね。おりものが酸っぱくて臭い原因にはどのようなものがあるのでしょうか?また対策はどうしたらいいのでしょうか?

おりものが臭い?酸っぱい匂いの原因と対策は?病気かも!のイメージ

目次

  1. おりものが臭い!酸っぱい臭い!これって病気?!
  2. おりものが臭いのが気になる!おりものってそもそも何?
  3. おりものの正常な状態とは?臭い事ってあるの?
  4. おりものには匂いがある?!どのように変化していく?!
  5. 【おりものの変化①】生理直後
  6. 【おりものの変化②】卵胞期
  7. 【おりものの変化③】排卵期
  8. 【おりものの変化④】黄体期
  9. 【おりものの変化⑤】生理前
  10. 妊娠初期にはおりものの匂いにも変化が?!臭い?!
  11. おりものが臭い!酸っぱい!その原因は?
  12. 【おりものが臭い!酸っぱい!原因①】ストレス・体調不良
  13. 【おりものが臭い!酸っぱい!原因②】薬の影響
  14. 【おりものが臭い!酸っぱい!原因③】洗い過ぎ
  15. おりものが臭いと感じた時の対策は?!
  16. 【おりものが臭い時の対策①】疲れやストレスを溜めない
  17. 【おりものが臭い時の対策②】下着に注意!
  18. 【おりものが臭い時の対策③】おりものシートを使う
  19. 【おりものが臭い時の対策④】洗い過ぎない
  20. 【おりものが臭い時の対策⑤】専用石鹸を使う
  21. おりものが臭い!臭いのは病気の可能性も?!
  22. 【おりものが臭い病気①】細菌性膣炎
  23. 【おりものが臭い病気②】淋病
  24. 【おりものが臭い病気③】トリコモナス膣炎
  25. おりものの異常は他の病気の可能性も!
  26. 【おりものの異常①】カンジタ膣炎
  27. 【おりものの異常②】クラミジア感染症
  28. 【おりものの異常③】子宮がん・卵巣がん
  29. おりものはしっかりと観察して健康管理を!!

おりものが臭い!酸っぱい臭い!これって病気?!

女性なら誰でも、おりものの匂いに悩んだことがあるでしょう。

自分では全くそのつもりがなくても、おりものの酸っぱい臭い匂いがきつくて、下着を通り抜けて周りにいる人にまで届いているのではないかと、気が気ではないと思った人も少なくないはずです。

その対策として、おりものシートなどを常用している人も沢山いますよね。

おりものが酸っぱい匂いがして臭いのには一体どのような原因があるのでしょうか。

また、その対策はどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、酸っぱい匂いがする臭いおりものの原因と対策、病気の可能性なども見ていきたいと思います。

おりものが臭いのが気になる!おりものってそもそも何?

酸っぱい匂いが気になるおりものですが、おりものというのはそもそも、どういったものなのでしょうか。

おりものというのは、子宮や膣などから分泌される分泌液が身体の外に流れ出てきたものです。

下着を汚して、時に面倒くさいものなのですが、子宮や膣の内部に潤いを保って、外部からウイルスや細菌などの異物が侵入するのを防いだり、妊娠するときに精子が移動するのを助ける役割を持っている、実はとても大切なものなのです。

健康な体であれば、それほど匂いがきつくなることもないのですが、多少酸っぱい匂いがすることもあります。

■参考記事:おりものとは?コチラも参照!

おりものとは?おりものが体の変化のサインってほんと?

おりものの正常な状態とは?臭い事ってあるの?

体が健康な状態であれば、おりものの臭いというのはそれほど気になるものではありません。

それでは、正常なおりものの状態というのはどのようなものなのでしょうか。

おりものというのは、生理周期に合わせて変化が大きいものです。

その生理周期に合わせて、匂いの方も多少きつくなったり、無臭に近くなったりします。

健康な状態であれば、臭いと感じるほど匂いがきつくなることはありません。

しかし、女性の身体は微妙なホルモンバランスに支えられています。

ちょっとした変化でバランスが病気とまではいかない程度に、体調が崩れることもあり、その時におりものの臭いにも変化がみられることがあります。

■参考記事:おりものが多い…、気になったらコチラも参照!

おりものが毎日多く出るのは普通?おかしい?原因は?
おりものが大量にでるのは病気?原因は何なの?

おりものには匂いがある?!どのように変化していく?!

正常な状態であっても、おりものには多少の匂いがあります。

基本的に、体の中から流れ落ちるもので、健康な状態に保っておくためには、弱酸性に保っておく必要があります。

酸性の物質のにおいというのは、酸っぱい匂いになることが普通なので、正常な状態のおりものというのは、基本的に無臭から若干酸っぱい匂いがするのが普通です。

しかし、おりものの状態は、正常な状態でも生理周期で大きく変化していくものなので、その時々によって匂いにも変化が見られます。

おりものが正常な状態でも一体どのような匂いの変化があるのか、ここからみていきましょう!

【おりものの変化①】生理直後

生理直後のおりものの匂いというのは、若干、匂いがきつくて、人によっては臭いと感じる人もいるようです。

男性によっては、生理直後は局部が臭いと感じて、妻や彼女と性交渉を持てないという人もいるくらいです。

生理直後のおりものの匂いが臭いと感じるほどきつくなってしまうのは、生理の直後にはまだ経血が膣内に残っていることと、膣内を清浄に保ってくれる乳酸菌のバランスが崩れてしまい、雑菌が繁殖してしまうことが考えられます。

【おりものの変化②】卵胞期

生理直後のきつい匂いが治まると、排卵に向けて卵巣の中で卵子の準備が始まる卵胞期に入ります。

この時期のおりものというのは、生理周期の中で一番おりものの量が少ない時期になり、サラサラとした状態になっています。

匂いも、それほどきつくはなく、無臭から多少ツンとした酸っぱい匂いがする程度です。

【おりものの変化③】排卵期

排卵期のおりものというのは、女性ホルモンのエストロゲンが大量に分泌される影響で量は生理周期の中で一番多く、粘り気もまるで生卵の卵白のようにドロっとした感じのものになります。

ところが、匂いの方はドロッとした見た目からきつくなりそうな気がしますが、そのようなことはなくて、生理周期の中で一番臭い匂いがしない時になります。

排卵期のおりもののにおいはほぼ無臭か、多少酸っぱい匂いがする程度となります。

【おりものの変化④】黄体期

排卵後に受精卵が着床する準備のために子宮内膜が熱くなっていく時期が黄体期になります。

排卵後に受精していれば、エストロゲンが大量に分泌されるために、排卵期のおりものと同じような卵白のようなドロッとした感じの大量のおりものが続きますが、妊娠が成立してしていなければおりものの量は減っていきます。

色は透明だったおりものから徐々に乳白色に色がついてきて、匂いは生理の始まりに向けて少しずつきつくなっていきます。

【おりものの変化⑤】生理前

生理前になると、おりものの臭いが気になる人が増えてきます。生理前には、経血が少しずつおりものにまざり始めることがあり、色は茶色っぽくなっていきます。

それに伴って、生理前には匂いの方も徐々にきつくなっていき、人によっては生理前のおりものは臭いと感じることもあるようです。

生理周期の間で、生理前は生理の時以外で一番おりものの匂いが気になる時期になりますが、生理前のおりものの臭いは病的なものではないので心配はいりません。

妊娠初期にはおりものの匂いにも変化が?!臭い?!

排卵期に妊娠が成立して、妊娠初期に入ると、おりものの匂いが気になるという人がいるようですが、妊娠初期にはおりものの匂いの変化というのはあるのでしょうか?

妊娠初期にはおりものの匂いに変化は特にないと言われています。

妊娠が成立する排卵期のおりものは、卵白のようなゼリー状のドロッとした無臭のおりものです。

妊娠が排卵期に成立すると、卵白のようなおりものが出る原因となっているエストロゲンの分泌が続くので、妊娠初期には排卵時と同じようなおりものが続きます。

排卵期に受精が成立して、妊娠初期に入ると、ホルモンバランスの変化によって酸性だったおりものがアルカリ性に変わります。

酸性だと酸っぱい感じのにおいがするものですが、妊娠初期におりものがアルカリ性になると、妊娠初期にはほとんど匂いがしなくなります。

妊娠初期に、おりものの匂いが気になるというのは、妊娠初期につわりが始まったことで、臭いに敏感になっている可能性があります。

妊娠初期に起こるつわりの中には、味覚や嗅覚が変わって、ちょっとした匂いが吐き気を催すことがあるほど、妊娠初期には匂いに敏感になる人がいます。

妊娠初期におりものの匂いが気になる人のほとんどが、妊娠初期のつわりによって、匂いに敏感になってしまうことが原因だと考えられます。

ただ、おりものの状態には個人差が大きいので、中には妊娠初期でもおりものの酸っぱい匂いが続く人もいます。

ただ妊娠初期におりものが多少酸っぱい匂いがしたとしても、かゆみやおりものの色の変化など他の症状がなければ、特に心配する必要はありません。

おりものが臭い!酸っぱい!その原因は?

健康な状態のおりものというのは、一番に酔いが気になる生理前でも、極端に酸っぱい匂いがするということはありません。

生理前の匂いがきついと感じる時でも、自分から下着の匂いをわざわざ嗅がなければ分からない程度の匂いのことがほとんどです。

しかし、おりものの状態というのは、病気などではなくても、体調のちょっとした変化によって大きく左右されてしまうものです。

おりものが、生理前ではないのに極端に酸っぱい臭い匂いがするときには、何か原因があります。

ここから、生理前ではなくても、おりものが極端に酸っぱい匂いがするときの原因についてみていきましょう。

【おりものが臭い!酸っぱい!原因①】ストレス・体調不良

おりものが生理前ではないのに、極端に酸っぱいような臭い匂いがする原因には、ストレスや疲れによる体調不良などが考えられます。

おりものの状態というのは、ホルモンバランスに大きく影響されるものなのですが、ホルモンバランスというのは、自律神経よって大きく影響を受けるものです。

ストレスや、疲れがたまって体調が崩れると、自律神経が乱れてしまいます。

その結果、身体の中の微妙なホルモンバランスの影響が出てしまい、膣内のPhが崩れたり、細菌が繁殖してしまい、おりものが酸っぱい匂いがしたり、臭くなってしまうのです。

おりものが臭いと思う原因に、ストレスや疲れなど思い当たることがある時には、ゆっくりと休み時間を作ったりして、体調を整える工夫をしましょう。

【おりものが臭い!酸っぱい!原因②】薬の影響

おりものが生理前ではないのに、酸っぱいような匂いで臭いと感じる原因には、薬の影響もあります。

どんな薬がおりものの臭いに影響するのかというと、風邪を引いた時などに処方される薬の抗生物質になります。

抗生物質の薬を服用していると、身体の中の病原菌や体に悪さをするばい菌を抑えて殺してくれるのですが、体に悪い菌ばかりではなくて、善玉菌も殺してしまうことがあります。

そのために、膣内を正常に保ってくれている乳酸菌が少なくなってしまい、雑菌が増殖しておりものの匂いが臭くなることがあります。

抗生物質の薬は、決められた分量の薬をきちんと決められた回数飲みきらないで中途半端に終わらせてしまうと、却って退治したかった菌が抵抗力を持って大繁殖してしまうこともあります。

体調によっては抗生物質の薬をきちんと飲みきらないといけない時もあります。

抗生物質の薬を処方してくれたお医者さんや薬剤師さんの指示をきちんと守って、薬を飲むようにしましょう。

抗生物質の薬でおりものが臭くなってしまった場合には、薬の服用をやめたらおりものの状態は元に戻ります。

【おりものが臭い!酸っぱい!原因③】洗い過ぎ

おりものが酸っぱいような匂いで臭くなる原因には、デリケートゾーンの洗い過ぎもあります。

デリケートゾーンは排尿や排便もするので、身体の中で一番不潔な感じがするところなのは確かなことです。

しかし、不潔感や臭いを気にして、普通の石鹸やボディソープを使ってゴシゴシと洗いすぎてしまうと、微妙なバランスを保ってくれている常在菌を洗い流してしまって、却って酸っぱいような匂いの原因になってしまうことがあります。

おりものが臭いと感じた時の対策は?!

ここまで見てきたように、特に深刻な病気とかではなくても、おりものが臭いと感じてしまう原因はいろいろとあることがわかります。

抗生物質の薬を飲んでいる影響で、おりものが臭くなってしまう時には、しっかりと薬を飲みきってしまうまで待つしかありませんが、他の原因でおりものが臭くなってしまっているのであれば、おりものが臭くならないように対策をとることが出来ますよね。

おりものが酸っぱい匂いで臭いことが気になる時の、対策にはどのようなものがあるのか、ここから見ていきたいと思います。

【おりものが臭い時の対策①】疲れやストレスを溜めない

おりものが臭いと感じる時の対策には、疲れやストレスを溜めないことが大切です。

おりものが臭くならないようにするためには、膣内の善玉菌の乳酸菌のバランスをしっかりと保つことが大切なのですが、疲れやストレスを溜めると、膣内の乳酸菌が減って、雑菌が増殖して匂いの原因となってしまいます。

おりものが臭い原因に、疲れやストレスがあると考えられる時には、しっかりと休む時間を作ったり、ストレスを解消する方法を考えるなどして、疲れやストレスを溜めないようにすることが大切です。

【おりものが臭い時の対策②】下着に注意!

おりものは体の外に流れ出てくると、下着について溜まっていきますよね。

身体の中では全く臭くないおりものだったのに、下着についてから雑菌が繁殖して臭くなってしまうこともあります。

下着の中が蒸れやすいと、雑菌が繁殖しやすくなり、おりものが臭くなってしまいます。

下着の通気性に気を付けて、雑菌が繁殖しないように気を付けることも、おりものの匂い対策には大切なことになります!

【おりものが臭い時の対策③】おりものシートを使う

おりものの臭い匂いが気になる時の対策には、おりものシートを使うことも効果的な対策になります。

薬を服用している、仕事や勉強が忙しすぎて、ストレスや疲れがたまっておりものが臭くなってしまうことを、どうしようもできない、そういう人も世の中には沢山いますよね。

そんな時には、消臭効果が高いおりものシートを使うと、匂いが外へ漏れてしまうことを防いでくれます。

現在日本で販売されている使い捨てのおりものシートは、世界でも屈指の消臭力の高さで知られています。

おりものの匂いを消すことが難しい時には、おりものシートの活用も考えてみましょう。

【おりものが臭い時の対策④】洗い過ぎない

おりものが臭い時の対策には、デリケートゾーンを洗いすぎないことも大切になります。

匂いが気になると、どうしても石鹸やボディソープを使って、タオルやスポンジでゴシゴシとデリケートゾーンを洗いたくなってしまいますが、洗い過ぎると、常在菌や乳酸菌が流れてしまい、臭いの元となる雑菌が繁殖する原因となってしまいます。


デリケートゾーンには自浄作用が十分にありますので、お風呂に入ったときに、軽く水やお湯で洗い流す程度で十分です。

またトイレのウォシュレットも軽く汚れを洗い流す程度にして、使い過ぎないように気を付けましょう。

【おりものが臭い時の対策⑤】専用石鹸を使う

デリケートゾーンを洗うのには、水やお湯で軽く流すだけで充分だと言われても、それだけでは不十分な気がしてしまう人もいますよね。

そんな人は、デリケートゾーン専用の石鹸を使うことも1つの対策になります。

体を洗う時の普通の石鹸やボディソープで、デリケートゾーンを洗うことはよくありませんが、デリケートゾーンの善玉菌のバランスを崩さずに、キレイに洗うことができる専用の石鹸が販売されています。

そういったものを使うこともデリケートゾーンの匂い対策になります。

おりものが臭い!臭いのは病気の可能性も?!

おりものの匂いが臭いと感じる時には、体調不良や生理前などではなくて、実際に病気の可能性もあります。

おりものに影響する婦人科系の病気はいろいろなものがありますが、特に匂いに変化がある病気をここからご紹介します。

これらの病気は、自分では治すことが難しいものです。

匂いや、おりものの状態に、心当たりがある場合には、早急に病院を受診しましょう。

【おりものが臭い病気①】細菌性膣炎

おりものが臭くなる病気には、細菌性膣炎があります。

細菌性膣炎は、膣の中の善玉菌と雑菌のバランスが崩れて、かゆみやおりものの臭いなどの症状が出てしまう病気です。

原因となる菌は、その時によって違うのですが、大腸菌が原因となることが多いようです。

治療法は婦人科で膣洗浄をした上で、細菌を退治するための抗生物質を含んだ膣剤を使うことが一般的になります。

【おりものが臭い病気②】淋病

おりものが臭くなる病気には、淋病があります。

淋病は、クラミジア感染症の次に日本で多い性感染症です。

男性は症状が出やすいのですが、女性はなかなか症状が出ないことで、感染を広げてしまうこともある、かなり厄介な性感染症の1つといえます。

淋病になると、おりものに悪臭が強くなることがあります。

通常の酸っぱい匂いとは明らかに違う、臭い匂いがおりものやデリケートゾーンからする場合には、淋病の疑いが濃厚になります。

早急に病院で検査を行いましょう。

【おりものが臭い病気③】トリコモナス膣炎

おりものが臭くなる病気には、トリコモナス膣炎があります。

トリコモナス膣炎はトリコモナス原虫という原虫が、膣内に侵入して増殖することで発症します。

トリコモナス原虫は性交渉で感染することが多く、性感染症の代表的な病気の一つといえます。

トリコモナス膣炎にかかると、黄色い泡立つおりものが悪臭を放ちます。

またデリケートゾーンにひどいかゆみが出ることもあります。

この病気の治療は薬を服用して、トリコモナス原虫を体の中から退治することが大切です。

放置しておくと不妊症などになってしまうこともあるので、思い当たる症状がある時には早めに受診しましょう。

おりものの異常は他の病気の可能性も!

ここまで、おりものの匂いについていろいろと見てきましたが、おりものの匂い以外にも、病気が発見される症状というのはあります。

おりものの異常から発見される病気にはどのようなものがあるのか最後にご紹介します。

【おりものの異常①】カンジタ膣炎

おりものの異常から発見される病気には、カンジタ膣炎があります。

カンジダ膣炎は、身体の中の常在菌の一つであるカビのカンジタ菌が膣内で異常増殖することで発症する病気です。

カッテージチーズやヨーグルトのようなボソボソした感じのおりものが出ることが特徴的な症状です。

【おりものの異常②】クラミジア感染症

おりものの異常から発見される病気には、クラミジア感染症があります。

クラミジア感染症は淋病よりも患者数が多い、性感染症になります。

クラミジア感染症にかかると、黄色っぽい膿のようなおりものが大量に出ることが特徴です。

特に匂いの変化はありませんが、おりものの状態に何かおかしいと感じたら、早急に病院を受診することをお勧めします。

【おりものの異常③】子宮がん・卵巣がん

子宮がんや卵巣がんは初期の状態ではほとんど自覚症状がありませんが、進行すると、おりものに血が混じったり不正出血が起こることもあります。

ただ、おりものに血が混じる時には、相当進行している状態なので、定期的な検診で、早期発見することが大切になります。

おりものはしっかりと観察して健康管理を!!

ここまで、おりものの酸っぱい匂いについていろいろと見てきましたがいかがでしたか。

ただ、おりものに酸っぱい匂いがするだけであれば、匂いが多少きつくなっても、それほど心配することはないことはわかっていただけたでしょうか。

しかし、酸っぱい匂いでも、生理前等の理由がないのに匂いがあまりきつくなるということは、疲れが溜まっていたりして、何らかの原因があるということを示しています。

おりものは女性の体の健康のバロメーターと言われることもあります。

生理前や生理後、排卵期と、それぞれの状態を正確に理解して、しっかりと観察をして、毎日の健康管理に役立てていきましょう。

おりものについてもっと情報を知りたいアナタに!

産後のおりものの量が多いしにおいも臭い!これって大丈夫?
おりものが黄緑なのは病気?無臭でも気をつけて!
【おりものの変化】妊娠超初期・着床後はおりものがどう変わる?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ