自意識過剰な人の特徴9選と治し方を解説

自意識過剰な人っていますよね。 自分で自分のことを良い風にとらえすぎていて周りから引かれてしまうような自意識過剰な人、誰しもが人生で一度は会ったことがあるのではないでしょうか。 今回は、自意識過剰な人の特徴と治し方についても解説していきます。

自意識過剰な人の特徴9選と治し方を解説のイメージ

目次

  1. 意外と多い?!自意識過剰な人々…
  2. そもそも自意識過剰ってどういう意味?
  3. 自意識過剰な人の特徴って?
  4. 自意識過剰な人の特徴①常に鏡で自分の姿をチェックしている
  5. 自意識過剰な人の特徴②自分が常に見られていると思っている
  6. 自意識過剰な人の特徴③周囲の評価を非常に気にする
  7. 自意識過剰な人の特徴④すぐ自分に気があると勘違いする
  8. 自意識過剰な人の特徴⑤被害妄想が強い
  9. 自意識過剰な人の特徴⑥深く考えすぎ
  10. 自意識過剰な人の特徴⑦自慢話が多い
  11. 自意識過剰な人の特徴⑧注目される場面で異様に緊張する
  12. 自意識過剰な人の特徴⑨外見に気を遣っている
  13. 自意識過剰な人は自分が見られていると思いすぎる傾向が…
  14. 自意識過剰な人って治し方はあるの?
  15. 自意識過剰な人の克服方法①世間は自分を注目してないと知る
  16. 自意識過剰な人の克服方法②客観的に物事を見るようにする
  17. 自意識過剰な人の克服方法③完璧な人間はいないと知る
  18. 自意識過剰な人の克服方法④全員から好かれる人はいないと知る
  19. 自意識過剰な人の克服方法⑤自分に自信をつける
  20. 自意識過剰な人は適切な治し方で克服しよう!

意外と多い?!自意識過剰な人々…

「あの人は自意識過剰だよね」なんて会話、一度は誰もがしたことはあるのではないでしょうか。
もしくは、自分が何かを言ったときに「それは自意識過剰だよ」なんて茶化された経験はありませんか?
自意識過剰と言われると、ナルシストなどのイメージがあると思いますが、実は自意識過剰と言うのはそういう意味ではありません。

今回は、正しい自意識過剰の意味と、その人々の特徴について紹介していきます。
それらを見ていただくと、本当の意味での自意識過剰がどんな状態なのか、そして自分は自意識過剰になっていないかをチェックすることが出来ます。
最後には自意識過剰な人の治し方まで紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも自意識過剰ってどういう意味?

では、そもそも自意識過剰とはどういう意味なのでしょうか?
自意識過剰な人と言うのを、皆さんは「ナルシスト」「自分が大好きな人」という意味や、「自己評価が高い人」などと言った意味で使っていませんか?
「自意識過剰」と言うと、多くの人が前述のような意味合いで使ってしまうケースが多くあります。
勿論、そのような意味も含んではいるのですが、自意識過剰という言葉自体は、じつはそれだけの意味の言葉ではないんですよ。

自意識過剰という言葉自体の意味は、「自分に対する意識が過剰な人」つまり、いい方向に考えるのみの意味だけでなく、被害妄想など自分が周りから悪く思われているのではないか…と言う心理が強く働く人も当てはまります。
自意識過剰と同じように使われる意味の言葉として、自信過剰という言葉がありますが、この自信過剰という言葉は、皆さんが使っている意味通り、「自分に自信がある人」ひいては、ナルシストなどの意味合いになってきます。
自信過剰と言うのは基本的に自分をプラスに考えているという意味合いなのに対して、自意識過剰と言うのは、必ずしも自分に良い風にとらえるだけの症状を指す意味の言葉ではないということを知っておきましょう。

自意識過剰な人の特徴って?

では、自意識過剰の意味が分かったところで、次に自意識過剰な人の特徴について紹介していきます。
自意識過剰な人と言うのは、前述のとおり、自分に自信がある自信過剰なタイプと、自分が人から嫌われているんじゃないか、などと考えてしまうような心理に陥るマイナスなタイプがいます。
それらどちらも合わせて、自意識過剰な人たちと言います。

具体的な自意識過剰な人たちの特徴を、その心理や原因なおdも含めて紹介していきます。
ご自身が当てはまらないかどうか、セルフチェックをしてみるのもおすすめです。
最後には治し方、克服方法もきちんと紹介しますので、もし自分が自意識過剰な人の心理や特徴に当てはまっても落ち込まなくて大丈夫ですよ。
自意識過剰な人は、症状によってはひどくなると心の病気になってしまうことも十分にあり得ます。
まずはセルフチェックを行い、自分が自意識過剰なタイプだと判明したら、その原因をしっかりと知り、適切な治し方、克服方法で自意識過剰な症状を克服していきましょう。

自意識過剰な人の特徴①常に鏡で自分の姿をチェックしている

自信過剰な人の特徴として、まずは常に鏡で自分の姿をチェックしているということが挙げられます。
よく、鏡を持ち歩いて自分の髪型やメイクをチェックしている人や、街中で鏡や自分の姿が映りやすい窓を見つけては自分の姿をチェックしている人っていますよね。
こういったタイプの人も、自信過剰な人の大きな特徴です。
常に自分がどう見られているかが気になってしまうという心理から、常に鏡で自分をチェックしないと落ち着かないという心理があるのです。

よく、「ブスに限って鏡チェックが多くナルシスト」などの話も聞くかもしれませんね。
でも、実はその心理は、ブスはナルシストというわけではありません。
世間一般的にブスな人や、自分をブスだと思い込んでいる人、人からブスだといわれて傷ついている人は、自分がいまブスでないかどうかを確認したいという心理から、常に鏡を見て自分の姿をチェックしたいという心理に駆られます。
だから、ブスなのに鏡ばかり見てナルシストだな、と言う考えは実は心理的に言うと真逆で、ブスだからこそ、今自分がどんな姿でいるのか、ブスな姿になっていないか、少しでもブスを解消できないかと鏡で自分の姿をチェックするのです。

自意識過剰な人の特徴②自分が常に見られていると思っている

自信過剰な人の特徴として、自分が常に人に見られていると思っているということも挙げられます。
誰も自分なんか見ていないのに、「恥ずかしい」とか「人がいると集中できない」などと言っている人は、こういった「自分は誰かに見られているかもしれない」と言う心理を抱えている人が多くいます。
自分が人に見られているかもしれないという心理を持ってしまうと、それを見た人に何を言われるかわからない、という心理に陥りだんだんとうまく行動できなくなっていきますよね。

こういった心理の持ち主は、常に自分が見られているような心理が原因で、気疲れしてしまことが多いです。
気疲れがピークに達し、そのまま治す手立てもせずおいておくと、心の病気になってしまう原因にもなりかねませんので要注意です。
症状がひどくなる前に、治す決意を固め、自分がそのような心理に陥ってしまう原因を探りながら、適切な克服方法を取り入れることが大切です。

自意識過剰な人の特徴③周囲の評価を非常に気にする

自意識過剰な人の特徴として次に、周囲の評価を以上に気にするということも挙げられます。
自意識過剰な人は、自分が周りから常に評価される対象で、「こいつはダメだな」「こいつは出来るやつだな」などと常に思われているという錯覚に陥ってしまっていることが多くあります。
そういった心理が原因で、周囲の評価を非常に気にしてしまうようになるのです。

同じように、原因は「人から見られている気がする」と言うところからきている特徴ではありますが、周囲の評価を非常に気にするという過ごし方が自分の生活になじんでしまうと、そのあとの社会生活は非常に苦しいものになります。
仕事も思う存分自分の力を発揮できなかったり、常に上司や先輩の評価を気にしながら行動するため何が正しいのかわからなくなってしまうという、仕事のスランプの原因にもなりかねません。
また、周囲の評価を気にする人は自己評価が低いという特徴もありますから、自分の評価を気にするがあまりに、自分はダメな奴だと思い込みすぎて、それが原因でうつ病などにもなりかねません。
きちんと治すために意識したり、病院に通ったりして適切な治し方で克服する必要があります。

自意識過剰な人の特徴④すぐ自分に気があると勘違いする

自意識過剰な人は、すぐに自分に気があると勘違いするという前向きな勘違いも起こしやすい特徴があります。
ちょっと異性に優しくされた、短期間で異様に特定の異性と目が合ったというだけで「もしかして、私の事好きなんじゃ…」「俺に気があるのか?」などととらえてしまうパターンです。
このパターンは、自信過剰な人と非常に似ていますが、自意識過剰な人は、特に相手が自分を見ていなかったとしても、勘違いして自分に気があると思い込んでしまう特徴があります。

若いころはまだアリかもしれませんが、社会に出てある程度年齢が経てば、周りの人たちの恋愛経験も豊富になってくるため、自分もこの癖を治す必要がありますよね。
治すことをせずそのままいると、どんどん恋愛下手になっていき、治すどころか嫌われてしまう原因にもなりかねません。
この場合も、きちんとこの後紹介する治し方を実践して、自意識過剰な部分を治す必要がありますね。

■参考記事:勘違い男の特徴って?コチラも参照!

勘違い男の特徴11選!モテると思ってるの?

自意識過剰な人の特徴⑤被害妄想が強い

逆に、自意識過剰な人の特徴として被害妄想が強いというマイナスな意味に捉えるパターンの人もいます。
特に人が意識していないのに、「あの人は今私をにらんでいた」とか「私にだけ冷たい」なんて被害妄想に陥ってしまうパターンです。
相手は別に、その人とほかの人を区別した扱いをしていないのに、ちょっとした言葉の違いなどからすぐに「私にだけ厳しい」「私にだけそっけない」などと被害妄想な考えを持ってしまうのです。

こういったタイプの人は、自分で自分を傷つけてしまうケースが非常に多いため、人とかかわることが多ければ多いほど、気疲れしてしまったり落ち込む日々が続いてしまいます。
ただ、本人は本当にそう思い込んでいるため治す必要があるというのも気が付きにくいもの。
「あの人に嫌われてると思う」と友人に相談しても、「そんなことないよ」と言うのは、本当であっても社交辞令であってもいわれる言葉なので、なかなかその友人の言葉を信じられず、治すきっかけをつかみにくいというのも確かです。
ただし、こういった被害妄想が強いタイプの人は、この根拠のない強迫観念にかられつづけることから、うつ病やパニック障害などの精神疾患を患うケースも非常に多いため、早期に治す必要があります。
まずは、自分に当てはまると思ったら、治す必要がある考え方なんだということを自覚する必要があります。
治すのは、そこからです。

■参考記事:不幸自慢する人の心理と対処法は?コチラも参照!

不幸自慢をする人の心理と特徴7選!そんな人たちへの対処法も解説

自意識過剰な人の特徴⑥深く考えすぎ

何事も深く物事を考え、度を越して深堀してしまって自分が辛くなってしまっている人って割といませんか?
例えば上司に言われた何気ない一言でも、ほかの人が同じことを言われても特に気にしないのに、その人だけ「きっとこういう意味でこういったんだと思う」と余計な深堀をして、自分自身を傷つけているというパターンです。

人の心理や思っていることをくみ取って行動するということは非常に大切なことですが、根拠のない深堀はただの被害妄想に過ぎません。
そうなると、そのネガティブな考え方を治すことも忘れて、人からの攻撃から身を守るのに必死になってしまいます。
そして余計に「何か人から変なことを言われたりしないか」と構えてしまい、治すどころか自意識過剰な症状が悪化してしまうのです。

自意識過剰な人の特徴⑦自慢話が多い

自意識過剰な人の特徴として、自慢話が多いということも挙げられます。
自意識過剰な人は、自分に自信がないタイプの人も非常に多く、人から見下されていないかということを非常に気にしています。
そのため、「自分はあなたに見下されるような人間ではないんだ」「むしろ、自分はすごいんだぞ!」と言わんばかりに自慢話を繰り広げるという特徴があります。

程度はさておき、自慢話ばかりしている人って周りの人から嫌われてしまいますよね。
通常であれば、自慢話をすることで人から嫌われるということに気が付き、ある程度のところでその短所を治すようにするのですが、自意識過剰な人は、自慢話をしていないと人からバカにされる、見下されるかもしれないという被害妄想な面も持ち合わせているため、なかなか治すことが難しい特徴があります。
自慢話が多い人て、自分大好きなナルシストが多いと思われている反面、逆に自分に全く自信がないからあえて自慢話をして相手に自分のすごさを必要以上にアピールしているというケースも多いのです。

自意識過剰な人の特徴⑧注目される場面で異様に緊張する

自意識過剰な人の特徴として、注目される場面で異様に緊張しているということも挙げられます。
注目されている=かならず成功させなければいけないという強迫観念に取りつかれ、異様に緊張してしまうのです。
自分で自分のハードルを上げてしまっているということに当の本人は気が付いていません。

周りは失敗してもいいと思っていたり、頑張れと温かく見守ってくれているような場面でも、周りから注目されるだけで「がんばらなきゃ」「いい結果を残さなければ」と変に自分を追い詰めてしまい、緊張してしまい、余計に失敗する原因となってしまうのです。

自意識過剰な人の特徴⑨外見に気を遣っている

最後に、自意識過剰な人の特徴として、外見に非常に気を遣っているということも挙げられます。
これも、ほかのものと同じように、周りから自分がどう思われているのかが気になって仕方がないということが原因で、自分がブスだとかダサいと思われないように外見に気を遣っているのです。
鏡チェックと同じように、「ブスほど着飾る」「本当に美人な人はシンプルなTシャツとジーパンでもキマるけど、ブスは異様に凝ったファッションをしている」なんて言われますよね。

この場合も、ブスほど着飾るというのは、自分がブスだと思っているからこそ、それが原因で異様に着飾って、自分がブスでないかのようにみせたいという心理から着飾るようになってしまうのです。
そのため、世間一般的にブスだと思われている人や、自分のことをブスだと思い込んでいる人は、外見に非常に気を遣っているという特徴があります。
何かしらの原因で自分がブスだと異様に思い込んでしまった場合も、自意識過剰な行動に出ることがあるため、しっかりとその原因から克服していくことが大切です。

■参考記事:ブスでもモテる方法はある!コチラも参照

ブスで辛いけどモテたい女子必見!ブスが美人に勝てる方法!

自意識過剰な人は自分が見られていると思いすぎる傾向が…

いかがでしたか?
自意識過剰な人たちの心理や、その原因などについて紹介してきましたが、ご自身に当てはまるところはありましたか?
もしこれでご自身が「私って自意識過剰かもしれない」と思っても決して焦る必要はありません。
自分が自意識過剰だということを自覚できただけでもまずは第一歩です。

自意識過剰な人は、説明してきた通り、自分が他人から注目されている、他人は自分を見張っているように見つめているという風な心理を持っている人が非常に多いことも原因で、心の病気の原因の一つになります。
その原因を探らず、適切な克服方法を取らずにそのまま過ごしていくと、うつ病などの心の病気になってしまいかねませんので、病気になってしまう前にしっかりと克服していきましょう。

自意識過剰な人って治し方はあるの?

では、ここからは具体的に自信過剰な人の治し方について説明していきます。
何度も言っていますが、自信過剰な症状は放っておいて悪化してしまうと、心の病気になってしまう可能性もある非常に厄介なものです。
人に見られている気がする、人から嫌われている気がする、笑われている気がするなどの意識が強くなってしまうと、うつ病などの病気を発症するケースも少なくありません。

前述のセルフチェックで、少しでも「私って自意識過剰かもしれない」と感じた方はぜひ、これから紹介する治し方を実践してみてください。
もし症状が浅いようであれば、この治し方で十分によくなる効果が期待できます。
それ以上に深刻化し、自分自身も辛い、病気になってしまっているようであれば一度心療内科などのクリニックに言って、病気の治療をしたほうがいいかもしれません。
まずはひとまず、これから紹介する自意識過剰な人の克服方法について、試してみてください。

自意識過剰な人の克服方法①世間は自分を注目してないと知る

まず、自意識過剰な人の克服方法として、「世間は自分を注目してない」ということを知りましょう。
例えばあなたは仕事が終わって帰路についているとき、隣の席の人が何か仕事でミスをしたか、後れを取っていたか、ダサい服装をしていたか思い出せますか?

おそらく大半の人が、そこまで思い出せないのではないでしょうか。
実際、現実はその程度なんです。
あなたが隣の人がミスしたことに気が付いていない、もしくはミスしたかどうかをチェックしていないということは、隣の人もあなたに注目していないのです。
それくらい、「誰かに見られているかもしれない」と言う考えは捨てて大丈夫です。

自意識過剰な人の克服方法②客観的に物事を見るようにする

次に、自意識過剰な人の克服方法として、客観的に物事を見るように心がけましょう。
自分主体で物事を考えると、どうしても「嫌われたらどうしよう」「変に思われたらどうしよう」などと、自分の感情が介入してきて、冷静な判断を下すことが出来ません。

常に物事を客観的に見て、冷静に状況を分析することによって、他人が自分を批判しているわけではないということにも気が付きますし、気持ちも非常に楽になります。
「周りから見られているんじゃないか」と言う意識ではなく、「周りから見たら自分はどんな風に見えるだろう?」と考えることが大切です。

自意識過剰な人の克服方法③完璧な人間はいないと知る

自意識過剰な人の中には、「ミスしたらいけない」「私はブスだから…」などと悲観的になってしまう人が多々いますが、この世の中に完璧な人間はいません。
あなたは、人が失敗しているのを1度見ただけで「この人は何してもダメな人だな」と完全否定しますか?
普通はそこまで否定せず「あ、これが苦手なのかな」などと、その人の一部分としてとらえると思います。

全てをすべて完璧にこなすことが出来る人はいません。
だからこそ、ちょっと失敗をしたくらいでみんなあなたがダメな人間だとか、何をしてもダメな奴なんて思いません。
「これは出来るけど、これは苦手なんだな」と思われる程度で、むしろ人間らしい一面を見せることが出来ているととらえてみましょう。

自意識過剰な人の克服方法④全員から好かれる人はいないと知る

人から嫌われることを恐れている人は世の中に多くいますが、それは自分を辛くしてしまう一方です。
逆に、あなたの周りに、本当に誰からも心の底から好かれていて、妬まれもせずに愛され、人気者で居続けることが出来ている人はいますか?

どんなに愛されキャラの人でも、馬が合わない人や、それをねたんで嫌う人がどこかにはいます。
また、その時点で全員から愛されていたとしても将来的に誰からも嫌われないなんてありえません。
だから、ちょっとくらい人から嫌われても一過性のことに過ぎないので、大丈夫なんです。
そういったことを頭の片隅に入れておくだけでも、心が楽になりますよ。

自意識過剰な人の克服方法⑤自分に自信をつける

自意識過剰な人の克服方法として最後に、習い事をしたり、女磨き・男磨きをするなどして、自分に自信をつけてみましょう。
自分に自信がついてくると、人は輝いて見えます。
そうすると周りの人はあなたを褒めてくれるようになるでしょうし、「最近イキイキしてるね」なんてほめられると余計に自分に自信を持つことが出来ますよね。

自分ができそうなことや、自分の好きなことなど、自信のつけ方は人それぞれなんでもかまいません。
自分がイキイキと過ごしていけるよう、自分磨きをして自分に自信がつくように行動してみましょう。

自意識過剰な人は適切な治し方で克服しよう!

いかがでしたか?
自意識過剰な人の治し方や克服方法について紹介してきました。
全てをいっきにこなすのは無理でも、少しずつでもこの治し方を実践してみてください。
一つずつクリアしていくことで、自分に自信をつけることも出来るようになりますし、ちょっとずつでも前進すれば、いっきにいい方向に向かうことも多くあります。

ただし、すでに心の病気になってしまっているようなケースや、病気とまではいかなくても、病気になってしまいそうなくらい気持ちが辛くなっている場合は、これらの治し方だけではうまくいかないこともあります。
その場合は、病院できちんと処方してもらえば、薬などで病気の症状が緩和されることも多くありますので、「心の病気は恥ずかしい」なんて考えず、無理せずに病院に行くようにしましょう。
心の病気は決して恥ずかしいことではありません。
うつ病は、心の風邪と言われるくらい罹患者の多い病気ですし、薬で病気の症状がかなり緩和されることも有名です。
大切なのは、きちんとした治し方や克服方法を取り入れることです。
是非、参考にしてくださいね。

自意識過剰とその対処法についてもっと情報を知りたいアナタに!

あざとい女の意味って?特徴も解説!これは嫌われる!
人見知りの特徴と克服方法完全解説!
かまってちゃんの女の特徴21選!【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ