依存心が強い人の特徴とは?どう接すればいいの?【依存体質】

依存心が強い人の特徴とは?どう接すればいいの?【依存体質】

一人では行動出来ない。常に誰かと一緒でなければ不安になってしまう。このような依存心が強い人っていますよね。依存心の強い人と関わることに、正直疲れてしまった…という人も多いでしょう。そんな方々のために、今回は依存心の強い人についての様々な情報をご紹介!

記事の目次

  1. 1.依存心が強い人ってどういう意味?
  2. 2.依存心が強い人の心理や特徴①自分に自信が無い
  3. 3.依存心が強い人の心理や特徴②メンタルが弱い
  4. 4.依存心が強い人の心理や特徴③寂しがり屋
  5. 5.依存心が強い人の心理や特徴④精神年齢が低い
  6. 6.依存心が強い人の心理や特徴⑤すぐ言い訳をする
  7. 7.依存心が強い人の心理や特徴⑥自分で判断できない
  8. 8.依存心が強い人の心理や特徴⑦自分と向き合えない
  9. 9.依存心が強い人の克服法(1)自分に自信をつける
  10. 10.依存心が強い人の克服法(2)自分の意見を大切に
  11. 11.依存心が強い人の克服法(3)目標を持つ
  12. 12.依存心が強い人の克服法(4)一人で行動する
  13. 13.依存心が強い人の克服法(5)自分の依存心を認める
  14. 14.依存心が強い人の克服法(6)心が休まるものを知る
  15. 15.依存心が強い人の対処法や接し方①自分で考える機会を与える
  16. 16.依存心が強い人の対処法や接し方②褒めてあげる
  17. 17.依存心が強い人の対処法や接し方③ただ聞き流す
  18. 18.依存心が強い人の対処法や接し方④幼い人だと割り切る
  19. 19.依存心が強い人の対処法や接し方⑤距離を保つ
  20. 20.おわりに

依存心が強い人ってどういう意味?

今回は依存心が強い人の心理や特徴、そしてそのような人への接し方や対処法に加えて、依存心を克服する方法などをご紹介していくのですが、そももそも依存心が強いとはどういう意味なのでしょうか?

まず依存心とは、何かに依存するという心理状態を表す意味です。

依存心を抱く対象は、人であったり物であったり人によって様々です。

中には恋愛依存症なんてものもあり、これは男女問わずに陥る可能性があるものなのだそう。

恋愛依存症とは、常に彼氏や彼女がいないと落ち着かないという意味の言葉です。

このような心理状態の人とお付き合いをすれば、激しい束縛に悩まされてしまうかもしれませんね。

この記事を読んで、依存心が強いあの人の心理を知り、その上で接し方や対処法などについても理解していきましょう!

依存心が強い人の心理や特徴①自分に自信が無い

依存心が強い人というのは、自分に自信が無いと感じている人が多いのです。

自分の存在に価値を見出せなかったり、自分が居る意味があるのかな…と自分の存在に対して意味や必要性を感じられないのですね。

自分一人では何もできない、誰かと一緒でなければ自分は生きていけないという概念がこびりついてしまっているのです。

このことから誰か自分以外の存在を必要とする傾向があり、依存心が強くなっていってしまうのです。

このような心理的特徴は、男としてのプライドが強い、女性を守らなければならないなど、何かと責任感を感じることの多い男性の方が多く陥ってしまう場合があります。

自分に多くの高いハードルを設け、それを超えられないことが自信を失っていく悪循環になってしまいます。

依存心が強い人の心理や特徴②メンタルが弱い

依存心が強い人の中には、メンタルが弱いという人も多く見受けられます。

他の人よりも人一倍傷つきやすく、そして落ち込みやすいという特徴があります。

そのような傷つきやすく落ち込みやすいという心理があることから自信も失いやすくなり、自分の存在する意味について疑問を覚えてしまうのです。

また、メンタルが弱い人は忍耐力というものにもかけている場合が多いのです。

自分に都合の悪いような状況や環境に置かれた際に、その状態に耐えることができずにすぐに意気消沈してしまいます。

「よし、やってやろう!」という気持ちになかなかなれないのですね。

ですのでモチベーションもなかなか上がらずに、思うように行動する事ができません。

このような心理状態には、女性のみでなく男性も陥ってしまうことがあるのだそう。

このようにナイーブな心をもつ依存心が強い人は、常に自分を救ってくれるような存在の人が必要なのですね

依存心が強い人の心理や特徴③寂しがり屋

依存心が強い人は、寂しがり屋という特徴もあります。

人よりも孤独感を感じてしまうことが多く、常に満たされない気持ちでいるような人は、依存心が強い可能性があるのですね。

常に誰かと一緒にいなければ寂しいと感じ、何か行動を起こす気力すら湧かないという人もいます。

このような寂しがり屋という特徴を持つ人は、一人で過ごすことができません。

常に誰かに構っていて欲しい、自分のことを注目して欲しいと思っているのですね。

もし誰かが構ってくれていたとしても、ちょっとでも素っ気ない対応をされると「自分は嫌われたのかな?」と不安を抱いてしまいます。

もし冒頭でご紹介した恋愛依存症であれば、女性の場合でしたらこのような寂しい気持ちを埋めることができるのは男性だけということになりますので、これもまた厄介なのです。

■関連記事:寂しい時の対処法は?こちらもチェック!

寂しいときの対処法11選!孤独なときはどうすればいいの? | Lovely[ラブリー]のイメージ
寂しいときの対処法11選!孤独なときはどうすればいいの? | Lovely[ラブリー]
彼氏が相手してくれない…彼氏が忙しい…なんて寂しいとき、皆さんはどうしていますか? 一人で孤独を抱えていると、どんどんネガティブな感情がわいてきてしまうのではないでしょうか。 今回は、そんな寂しいときの対処法を11選紹介させていただきます。
寂しい夜の過ごし方!一人暮らしで夜寂しいの対処法まとめ! | Lovely[ラブリー]のイメージ
寂しい夜の過ごし方!一人暮らしで夜寂しいの対処法まとめ! | Lovely[ラブリー]
一人暮らしをしていると、どうしても寂しい夜を迎える日ってありますよね。 寂しい夜と感じると、寂しさをどうにかして掻き消したいのに、寂しさが募ってばかり・・・という状態になってしまうこともあるでしょう。 そこで、寂しい夜の過ごし方を紹介します!

依存心が強い人の心理や特徴④精神年齢が低い

依存心が強い人は、もしかしたら精神年齢が低いという場合もあるかもしれません。

同じ年齢の人と居たとしても、精神年齢が低いことからまるで子供のように人のことを頼るのですね。

少し工夫すれば自分で出来るようなことも、すぐにできないと諦めて人に頼ってしまうという特徴があります。

自分でやろうという心理がないので、常に誰か助けてくれる存在を必要とするのです。

また精神年齢が低いことによって、少しでも思い通りにいかないことがあれば人一倍に不快感を覚え、それを表に出してしまうのです。

さらに、子供ように気持ちの浮き沈みが激しいという特徴もあり、意味もなく喜んだり、急にテンションが低くなったりなんてこともあります。

周りの人を振り回してしまうようなタイプの人だと言えますね。

次のページ

依存心が強い人の心理や特徴⑤すぐ言い訳をする

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely