依存心が強い人の特徴とは?どう接すればいいの?【依存体質】

一人では行動出来ない。常に誰かと一緒でなければ不安になってしまう。このような依存心が強い人っていますよね。依存心の強い人と関わることに、正直疲れてしまった…という人も多いでしょう。そんな方々のために、今回は依存心の強い人についての様々な情報をご紹介!

依存心が強い人の特徴とは?どう接すればいいの?【依存体質】のイメージ

目次

  1. 依存心が強い人ってどういう意味?
  2. 依存心が強い人の心理や特徴①自分に自信が無い
  3. 依存心が強い人の心理や特徴②メンタルが弱い
  4. 依存心が強い人の心理や特徴③寂しがり屋
  5. 依存心が強い人の心理や特徴④精神年齢が低い
  6. 依存心が強い人の心理や特徴⑤すぐ言い訳をする
  7. 依存心が強い人の心理や特徴⑥自分で判断できない
  8. 依存心が強い人の心理や特徴⑦自分と向き合えない
  9. 依存心が強い人の克服法(1)自分に自信をつける
  10. 依存心が強い人の克服法(2)自分の意見を大切に
  11. 依存心が強い人の克服法(3)目標を持つ
  12. 依存心が強い人の克服法(4)一人で行動する
  13. 依存心が強い人の克服法(5)自分の依存心を認める
  14. 依存心が強い人の克服法(6)心が休まるものを知る
  15. 依存心が強い人の対処法や接し方①自分で考える機会を与える
  16. 依存心が強い人の対処法や接し方②褒めてあげる
  17. 依存心が強い人の対処法や接し方③ただ聞き流す
  18. 依存心が強い人の対処法や接し方④幼い人だと割り切る
  19. 依存心が強い人の対処法や接し方⑤距離を保つ
  20. おわりに

依存心が強い人ってどういう意味?

今回は依存心が強い人の心理や特徴、そしてそのような人への接し方や対処法に加えて、依存心を克服する方法などをご紹介していくのですが、そももそも依存心が強いとはどういう意味なのでしょうか?

まず依存心とは、何かに依存するという心理状態を表す意味です。

依存心を抱く対象は、人であったり物であったり人によって様々です。

中には恋愛依存症なんてものもあり、これは男女問わずに陥る可能性があるものなのだそう。

恋愛依存症とは、常に彼氏や彼女がいないと落ち着かないという意味の言葉です。

このような心理状態の人とお付き合いをすれば、激しい束縛に悩まされてしまうかもしれませんね。

この記事を読んで、依存心が強いあの人の心理を知り、その上で接し方や対処法などについても理解していきましょう!

依存心が強い人の心理や特徴①自分に自信が無い

依存心が強い人というのは、自分に自信が無いと感じている人が多いのです。

自分の存在に価値を見出せなかったり、自分が居る意味があるのかな…と自分の存在に対して意味や必要性を感じられないのですね。

自分一人では何もできない、誰かと一緒でなければ自分は生きていけないという概念がこびりついてしまっているのです。

このことから誰か自分以外の存在を必要とする傾向があり、依存心が強くなっていってしまうのです。

このような心理的特徴は、男としてのプライドが強い、女性を守らなければならないなど、何かと責任感を感じることの多い男性の方が多く陥ってしまう場合があります。

自分に多くの高いハードルを設け、それを超えられないことが自信を失っていく悪循環になってしまいます。

依存心が強い人の心理や特徴②メンタルが弱い

依存心が強い人の中には、メンタルが弱いという人も多く見受けられます。

他の人よりも人一倍傷つきやすく、そして落ち込みやすいという特徴があります。

そのような傷つきやすく落ち込みやすいという心理があることから自信も失いやすくなり、自分の存在する意味について疑問を覚えてしまうのです。

また、メンタルが弱い人は忍耐力というものにもかけている場合が多いのです。

自分に都合の悪いような状況や環境に置かれた際に、その状態に耐えることができずにすぐに意気消沈してしまいます。

「よし、やってやろう!」という気持ちになかなかなれないのですね。

ですのでモチベーションもなかなか上がらずに、思うように行動する事ができません。

このような心理状態には、女性のみでなく男性も陥ってしまうことがあるのだそう。

このようにナイーブな心をもつ依存心が強い人は、常に自分を救ってくれるような存在の人が必要なのですね

依存心が強い人の心理や特徴③寂しがり屋

依存心が強い人は、寂しがり屋という特徴もあります。

人よりも孤独感を感じてしまうことが多く、常に満たされない気持ちでいるような人は、依存心が強い可能性があるのですね。

常に誰かと一緒にいなければ寂しいと感じ、何か行動を起こす気力すら湧かないという人もいます。

このような寂しがり屋という特徴を持つ人は、一人で過ごすことができません。

常に誰かに構っていて欲しい、自分のことを注目して欲しいと思っているのですね。

もし誰かが構ってくれていたとしても、ちょっとでも素っ気ない対応をされると「自分は嫌われたのかな?」と不安を抱いてしまいます。

もし冒頭でご紹介した恋愛依存症であれば、女性の場合でしたらこのような寂しい気持ちを埋めることができるのは男性だけということになりますので、これもまた厄介なのです。

■関連記事:寂しい時の対処法は?こちらもチェック!

寂しいときの対処法11選!孤独なときはどうすればいいの?
寂しい夜の過ごし方!一人暮らしで夜寂しいの対処法まとめ!

依存心が強い人の心理や特徴④精神年齢が低い

依存心が強い人は、もしかしたら精神年齢が低いという場合もあるかもしれません。

同じ年齢の人と居たとしても、精神年齢が低いことからまるで子供のように人のことを頼るのですね。

少し工夫すれば自分で出来るようなことも、すぐにできないと諦めて人に頼ってしまうという特徴があります。

自分でやろうという心理がないので、常に誰か助けてくれる存在を必要とするのです。

また精神年齢が低いことによって、少しでも思い通りにいかないことがあれば人一倍に不快感を覚え、それを表に出してしまうのです。

さらに、子供ように気持ちの浮き沈みが激しいという特徴もあり、意味もなく喜んだり、急にテンションが低くなったりなんてこともあります。

周りの人を振り回してしまうようなタイプの人だと言えますね。

依存心が強い人の心理や特徴⑤すぐ言い訳をする

依存心が強い人の中には、何かにつけてすぐに言い訳をするという特徴がある人もいます。

自分で自分のミスや欠点などを受け入れることを恐れているのですね。

言い訳をすることで自分を有利な方向へ運び、自分は悪くないということを強調したいと思っているのです。

そもそもこのように言い訳をする人というのは、責任感というものが低いという特徴があるのです。

自分が犯したミスなどであっても、最後まで責任を持って処理しようという気持ちが無いのですね。

これも男女問わずに見受けられる特徴だと言えます。

このような言い訳をするという特徴は精神年齢の低さの延長線上にあるものだと言えますが、言い訳をする人に限って自分が許してもらえると思っているのです。

言い訳をすれば理解してもらえるだろう、許してもらえるだろという甘えに似た心理も持ち併せています。

依存心が強い人の心理や特徴⑥自分で判断できない

依存心が強い人は、自分の判断で行動することができません。

自分が何かを頼まれたとしても、その詳細は自分で判断せずに他人に意見を乞います。

また自分が質問をされているのに、自分の意思や意見を持って答えようとはせずに誰かに答えの助けを求めようとするのです。

これらの言動は、依存心が強い人の代表的な特徴とも言えるかもしれませんね。

自分の判断で行動したり発言する事で間違いが起こってしまったらどうしようという不安を抱いているが故に、他人に意見を求めてしまう傾向があるのですね。

その背景には、ミスをするのを恐れているという 心理がある場合があります。

もしかすると、過去のトラウマなどが影響しているという可能性もあるかもしれません。

他人の意見で全ての判断を下す事で、もし何か手違いがあった時に「自分のせいでは無い」と言いたいのでしょう。

依存心が強い人の心理や特徴⑦自分と向き合えない

依存心が強い人は、自分と向き合うということができない。もしくは自分と向き合うことを避けているという場合があります。

依存心が強い人のほとんどが誰かや何かに依存している事に気づいていないという特徴があるのは、これが原因だと言えるでしょう。

自分が間違っているということを認めるのが嫌なのですね。

ここにも精神年齢の低さや、メンタルの弱さなどが見受けられますね。

また、仮に自分の非の部分があると自覚していた場合でも、それを肯定しようとするのですね。

なぜなら自分の非を認めることで他人から責められることが怖いからなのです。

そうやって自分と向き合うことを避け続けることで、自分の失敗などから逃げてしまうという特徴が見られます。

またこのような特徴を持つ人は、他人からの信用も失いやすいですので、早めに克服すべきだと言えますね。

依存心が強い人の克服法(1)自分に自信をつける

では、依存心が強い人はどのように克服すればいいのでしょうか。

ここからは依存心が強い人の克服方法についてご紹介していきたいと思います!

依存心が強い人がそれを克服するには、まずは自分に自信を持つという事です。

自分のことを否定しすぎない、自分の存在する意味に疑問を抱かないようにするためにも、まずはこの作業が必要です!

その自信というのは、大層なものである必要はありません。

自分の生活上に何か日課を設けて、それを毎日こなすというのも十分自信に繋がります。

男性の方でしたら筋トレ◯回する!でも良いですし、女性でしたら毎晩寝る前にストレッチ!というのも良いですね。

このような小さな事で構わないので、依存心を克服するためにはまず自分に自信を持つということが大切です!

依存心が強い人の克服法(2)自分の意見を大切に

次に依存心が強い人が行うべき克服法は、自分の意見を大切にするという事です。

誰がどう思っているか、これを言ったら他の人がどう思うかなどを気にせずに、まずは自分がどう思うのかを尊重する習慣をつけるのです。

意見以外にも、目の前の物事に関して「これはどういう意味なのだろう。」「これが示している意味は何なのだろう」などといった風に、自分で問題の意味を考えて、自分なりに答えを出すということを実行する必要があります。

このように自分の考えを持てるようになれば、今度はそれを他人に伝えるという訓練をするのです。

相手が男性だろうが、女性だろうが、そこは関係ありません。

とにかく自分の意見や、自分が考えて見出した意味や思いなどを相手に自分の口で伝えるのです。

そのような克服法を繰り返す事で、誰かに依存しなくても自分一人で行動できるようになる事でしょう。

依存心が強い人の克服法(3)目標を持つ

強い依存心を克服させるには、何か一つ目標を持つということも効果的な克服法になります。

その目標は、出来るだけ先の目標が良いですね。

今日は◯◯をする。などといった近い目標をではなく、年内に◯◯をするなどといった少し先の目標をたてるのです。

その内容は、出来るだけ達成することに意味があると感じられるものであると良いでしょう。

このような先の目標を設けることで、その目標に向かって自分自信で行動を起こすことが必要となりますよね?

あまりにも目標が近すぎると、すぐに達成してしまいそれ以降の活動源がありません。

ですので、達成するのに数ヶ月は要するというような目標を設けるのです。

自分の考えで思いついたものを目標に掲げ、それを実際に行動に移す。これを数ヶ月行うことで、自分の意思で行動を起こす習慣が生まれて依存心が克服されていくのですね。

誰かが決めたことではなく、自分で決めたことを実行するというトレーニングになるはずです。

依存心が強い人の克服法(4)一人で行動する

依存心が強い人は、自分一人で行動するということに慣れなければいけません。

何をするにも他人の意見を求めなければ行動に移せなかったり、誰かといなければ一人で過ごすことができないという依存心の強い人は、友達などの助けを求めることが出来ないような環境で過ごすという経験が必要なのです。

これは男性女性関係なく必要なものです。100%自分の意思でしか行動を起こせないような環境に、身を置いてみるのですね。

そうすれば、必然的に自分で考えて行動する習慣が生まれますよね。

やはり甘えることが出来る環境にいると、依存心の強い人はどうしても頼ってしまう傾向があります。

ですので、甘えることが出来ないようにするのです。

そのような環境を作るのには、一人旅をしてみるのが良いかもしれません。

全く訪れたことの無い場所で、自分で頭を使って行動を起こすという事が自然と行うことが出来るでしょう。

依存心が強い人の克服法(5)自分の依存心を認める

これは依存心が強い人にとっては大きな壁とも言える試練かもしれませんが、依存心が強い人は自分が人やモノに「依存している」ということを自覚しなければなりません。

女性に時々見られる「男好き」というのも、依存心の一種だと言えますし、もちろんその逆で男性に見られる「女好き」も依存心の一種になります。

一人で過ごすことが出来ないという人も、ただ一人が寂しいだけなのではなく誰かに依存しているという可能性があります。

このように依存心なのかそうで無いのかの境界線の判断が難しい部分もありますが、自分は依存心があるかどうかというのは、人に言われるのではなく自分で気付かなければ意味がありません。

ですので、一人で行動する習慣などを通して最終的には自分の意思で「依存心がある」ということに気づけるのが理想です。

ですが一向にそれに気づく気配がない時は、周りの人からの指摘が必要になるときもあるかもしれませんね。

依存心が強い人の克服法(6)心が休まるものを知る

最後に依存心が強い人が克服のためにすべきことは、自分が心が休まるものを知っておくという事です。

自分が心からリラックス出来ると感じる場所や、モノなどを見つけるという意味ですね。

お風呂に浸かっているときでも良いですし、アロマなどもありでしょう。行きつけのカフェなんかも良いですね。

このような自分の心が休まると思えるものを知るのは、ストレス解消のほかにも依存心の克服にも役立ちます。

誰かに頼ったり依存しなくても、自分の心が休まるものや場所がわかっていると自分で自分を癒すことが出来るようになるからです。

こうやって少しずつ誰かに頼る、依存するといったこれまでの習慣を引き離して行くのです。

また何かに依存する人というのは気持ち的に参ってしまっているという人が多いです。そんな心理状態を回復させるためにも、精神的リラックスの意味でもこの自分の心が休まるものを知るというのは大切な事です。

依存心が強い人の対処法や接し方①自分で考える機会を与える

では最後に、ここまでご紹介したような依存心が強い人と関わる時には、どのような接し方をすればいいのか。

また依存心の強い人に振り回されて困っているという人は、どのような対処法をとればいいのかについてご紹介していきたいと思います!

依存心が強い人への接し方や対処法の1つめは、自分で考える機会を与えるという事です。

ここまでも何度かご紹介してきましたが、依存心の強い人というのは自分で物事を解決するという力が欠けている場合が多いのです。

それ以外にも、ミスを起こしてしまった際に自分で責任を負うのが嫌だからという理由でも自分の判断で動こうとはしません。

このような自分の意思や判断で行動出来ない人には、こちら側から自分の意思で動く機会を与えるようにするのです。

一人で出来る作業を与えて、自分で責任を持って最後まで片付けるというのも良いでしょう。

また、何かを質問された際に直ぐに答えを与えるのではなく、「あなたはどう思う?」と逆にこちらから質問を投げかけるというのも、依存心の強い人への接し方や対処法として良いものだと思います。

依存心が強い人の対処法や接し方②褒めてあげる

依存心が強い人の対処法や接し方の2つめは、褒めてあげるという事です!

特に何か大きな成果を出したわけではなかったり、何かを特別必死にやったというわけではなかったとしても構いません。

小さなことでも良いので、依存心が強いあの人のことを褒めてあげてみてください。

例えば何かをして貰ったら「ありがとう」とお礼を言うと思いますが、その一言「ありがとう」に加えて 「あなたのおかげで助かった」などとその人を評価するような一言を付け加えてあげるのです。

このように褒めてあげることで、依存心が強い人に多く見られる”自信がない”という心理を克服させる効果が期待出来ます。

要するに、自信が持てるような心理状態を作ってあげるという事ですね。

このような褒めて伸ばすという対処法や接し方も、試してみる価値はあるかもしれません。

しかし、もしここで調子に乗ってしまうような様子が見られた場合にはしっかり喝を入れてあげるべきだと言えるでしょう!

依存心が強い人の対処法や接し方③ただ聞き流す

依存心が強い人への対処法や接し方の3つめは、ただただその人の話を聞き流すという方法です。

これは依存心が強い本人を克服に繋げる対処法や接し方というよりもこちら側の心持ちの話になりますが、依存心の強い人があなたに依存して話を聞かされるという状況に困っている人は、全てを真剣に聞き入れる必要はありません。

ある程度聞き流すという心持ちでいても大丈夫なのです。

というのも、依存心が強い人が誰かに依存して話かけ続けるのは、話の内容に理解を求めるというよりもただ自分の話を聞いていて欲しいだけという場合が多いのですね。

ですから全てを真剣に聞き入れて、あなたが疲れてしまうという状況に陥る必要は無いのです!

特に男性の場合ですと男性心理として自分の武勇伝などを語りたがる人が多いかと思いますが、それも全てに反応をする必要はありません。

ただ隣で相づちを打っているだけでも、相手は満足してくれる可能性があります。

依存心が強い人の対処法や接し方④幼い人だと割り切る

依存心が強い人への対処法や接し方の4つめは、相手が幼い相手だと割り切るという心持ちを持つという方法です。

これは主に精神年齢が低いというような特徴を持つ人に対しての方法になりますが、依存心が強い人と同じ目線で接していると、あなたの精神力が持たなくなってしまいます。

どうしても相手のペースに振り回されてしまうのですね。

ですので、あえて相手のことを幼い妹や弟だと思って接してみましょう。

これは悪く言えば見下すという事になってしまいますが、それでも精神年齢を相手に合わせるというのは精神的にも疲れやすいのです。

同じ目線ではなく、相手は幼い人だと思って割り切って接するのですね。

そうすれば、あなたが感じる心の負担も少しは軽くなるかもしれません。

依存心が強い人の対処法や接し方⑤距離を保つ

最後にご紹介する依存心が強い人への対処法や接し方は、相手と距離を置くという方法です。

相手に依存されているなと感じたら、ある程度依存心が強い相手との間に距離を設けましょう。

しかし、これではその相手から逃げているだけで解決にはならないんじゃないの!?と思う方もいるかもしれませんね。

ですが、この距離を置くという方法の狙いは、依存する対象から自分を外すという事なのです。

依存心の強い人は自分が依存出来る場所や人を求めます。

ですがその依存先に選んだ人が相手をしてくれないということが分かれば、その人への依存はやめて違う人を選ぶでしょう。

そのような効果を狙った対処法なのですね。

ですので、他の対処法や接し方を試してもなかなか現状が改善されない場合には、最終手段としてこの方法を試してみて下さい。

おわりに

ここまで読んで頂き、依存心が強い人の心理や特徴について理解することは出来ましたでしょうか?

依存心が強いといっても、その心理や特徴は様々にあるようですね。

また、そんな人への対処法や接し方についても、今回はご紹介させて頂きました。

依存心が強い人のことで悩んでいる、困っているという方々に、この記事が少しでも役に立てば幸いです。

もっと「依存」について気になるあなたへ!

共依存恋愛の特徴と克服方法とは?共依存カップルは危険!
彼女依存症の男性の特徴9選!対処法も教えます!【必見】
彼氏に依存しちゃう女性の特徴!依存をやめる方法とは?
ヤンデレ男子の特徴7つ!彼氏にすると束縛が強くて大変?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ