凝り性の意味とは?凝り性な性格の長所と短所7選も解説!

仕事でもプライベートでも、ひとつのことにとことん没頭する、いわゆる凝り性な人はいませんか?凝り性な性格は、ある意味長所にも短所にもなり得ます。そんな凝り性の長所と短所をそれぞれ7つずつご紹介します。また、正反対の飽き性な性格についても知っておきましょう。

凝り性の意味とは?凝り性な性格の長所と短所7選も解説!のイメージ

目次

  1. 凝り性の意味は?飽き性とは反対の意味?
  2. 凝り性な性格の長所1【集中力がすごい】
  3. 凝り性な性格の長所2【忍耐力がある】
  4. 凝り性な性格の長所3【人や環境に影響されない】
  5. 凝り性な性格の長所4【好きな分野で高い能力を発揮する】
  6. 凝り性な性格の長所5【ミスが少ない】
  7. 凝り性な性格の長所6【考え方が合理的】
  8. 凝り性な性格の長所7【常に前進できる】
  9. 凝り性な性格の短所1【細部にこだわる】
  10. 凝り性な性格の短所2【疲れやすい】
  11. 凝り性な性格の短所3【視野が狭くなりがち】
  12. 凝り性な性格の短所4【まわりから孤立しがち】
  13. 凝り性な性格の短所5【飽き性の人と対立しがち】
  14. 凝り性な性格の短所6【お金がかかる】
  15. 凝り性な性格の短所7【融通が利かない】
  16. 凝り性と反対?飽き性の性格1【チャレンジ精神旺盛】
  17. 凝り性と反対?飽き性の性格2【結果が見えていないとイヤ】
  18. 凝り性と反対?飽き性の性格3【リスクを考えない】
  19. 凝り性と反対?飽き性の性格4【熱しやすく冷めやすい】
  20. 凝り性と反対?飽き性の性格5【目標が高い】
  21. 凝り性と反対?飽き性の性格6【目移りしやすい】
  22. 凝り性も飽き性もひとつの個性と考えて!

凝り性の意味は?飽き性とは反対の意味?

凝り性な性格…あなたは長所と思いますか?それとも短所と思いますか?

凝り性は良くも悪くも、ひとつの物事にとことんこだわる人のことを意味します。俗に言う「オタク」も凝り性に属します。

ひとつの物事にそこまで没頭できるなんて、ある意味うらやましくもあり、ある意味「ついていけない…」と引いてしまう部分もあります。このように、凝り性と言われたら褒められている心理にもなるし、けなされている心理にもなります。

凝り性と言われる人たちには、ある性格的特徴があります。仕事でもプライベートでも、それが長所として捉えられれば、すごいパワーを発揮できるかもしれません。

今回、凝り性の長所と短所についてご紹介します。また、凝り性と正反対の性格、「飽き性」についてもお話していきます。

少しでも凝り性と飽き性の人の性格や心理が理解できれば、人間関係がスムーズになるかもしれませんよ。

凝り性な性格の長所1【集中力がすごい】

凝り性な性格の長所1つ目は、物事に対する集中力がすごいことです。

凝っていることに関しては、無心になって情報収集する、まわりの目を気にせず自分の世界に入り込むなど、その集中力はすさまじいものがあります。

仕事ですごい集中力が発揮されると、驚くほどのスピードで仕事を仕上げたり、結果を出すのが早かったりと、まわりを驚かせることも多々あります。

凝り性でない人は人の意見に左右されたり、まわりの雰囲気に押されて「これでいいのかな?」と迷ったりして、途中で集中力が途切れてしまうことがあるものです。

他の追随を許さない、すさまじいまでの集中力は、何か大きなことを成し遂げることにもつながります。

天才と言われる偉人たちは、集中力がずば抜けている人が多いそうで、その反面「近寄りがたい人」「変人」などと評されることも多かったようですね。

凝り性な性格の長所2【忍耐力がある】

凝り性な性格の長所2つ目は、忍耐力があることです。

凝り性な人は、たとえ時間がかかっても、手がけたことに関しては長期的に集中力を発揮して、最後までやり遂げる強さを持っています。忍耐力があるということは、地道にコツコツと努力できることを意味します。

しかも、「頑張ればなんとかなる!」という根性論だけでなく、目標を掲げてきちんとやり遂げる計画性も持ち合わせています。ある意味、自分が今すべきことをよくわかっているのです。

粘り強さとも言える忍耐力は、「あの人に任せれば大丈夫。きっとやり遂げてくれる」と、まわりの信頼感を高めることにもつながります。

ひとつのことに粘り強く取り組む姿は、仕事でもプライベートでもまわりにいい影響を与えます。「努力する人は美しい」ということを、如実に表していますね。

凝り性な性格の長所3【人や環境に影響されない】

凝り性な性格の長所3つ目は、人や環境に影響されないことです。

それはよく言えば、「自分を持っている」ことを意味します。まわりが何と言おうと、マイペースに我が道を行き、自分の意見を貫き通す強さを持っているのです。

凝り性な人にとっては、人や環境に合わせて自分を変えるよりは、自分の領域を侵されることの方がよほど重大なことです。

自分がムダだと思っていることに、お金や時間を費やす心理が理解できないと言ってもいいでしょう。仕事で飲みに誘われたとしても、気乗りしなければあっさり断ります。

そのことで人間関係に多少ヒビが入ろうとも、ほとんど気にしないのも凝り性な人の特徴です。恋愛でもその特徴は顕著で、自分が好きだと思わなければ、相手にどう思われようと歯牙にもかけません。

そんな凝り性な人を好きになったら、「性格を変えよう」と思わないようにするのが賢明です。

凝り性な性格の長所4【好きな分野で高い能力を発揮する】

凝り性な性格の長所4つ目は、好きな分野では高い能力を発揮することです。

凝り性な人は、興味のあること、自分が好きだと思う分野においては、類い稀なるリサーチ力を発揮します。興味の対象が外国にあるなら、現地に出向くことも厭いません。

そのずば抜けたリサーチ力ゆえに、特定の分野における知識の豊富さは目を見張るものがあります。どこまで追求しても飽きないので、勉強や研究が留まることもありません。

それは一種のこだわりと言えるもの。そのこだわりが仕事や趣味に活かされれば、人に喜んでもらえる上に、社会貢献ができる可能性も十分に秘めています。

また、特定の分野をリサーチしながらも、他の分野の経験や知識も増えていくので、人間性の幅を広げることにもなります。

この性質が社会生活の中でうまく働けば、仕事でもプライベートでも前向きな人生を送ることができるでしょう。


◆関連記事:楽観的な人の特徴はこちら

楽観的な人の特徴と短所・長所!楽観的な性格になる方法9選解説!

凝り性な性格の長所5【ミスが少ない】

凝り性な性格の長所5つ目は、ミスが少ないということです。

凝り性な人は、自分が興味を持って取り組んだ物事に対しては、とても丁寧な仕上がりにすることを望みます。取り組む前から、すでに「こう仕上げるべき」というイメージ像があるんですね。

そのため一切の妥協を許さず、心理的に納得がいかなければ、どれだけ過程が進んでいたとしても一からやり直すこともしばしばです。

それは、凝り性の人独特とも言える、集中力や粘り強さが為せる技。失敗が許されない仕事を凝り性の人に任せると、期待通り、もしくはそれ以上の結果を出してくれることでしょう。

ある意味ストイックで、自分にとても厳しい性格と言えます。だからこそ物事の仕上がりは丁寧で、ミスの少ないものになります。また、妥協せず一心に物事に取り組む姿は、まわりからの信頼をとても厚くするでしょう。

凝り性な性格の長所6【考え方が合理的】

凝り性な性格の長所6つ目は、考え方が合理的であることです。

凝り性な人は、興味があることや好きなことにはとことんのめり込みますが、道半ばで「合わない」と思えば、すっぱりと辞める潔さがあります。

また、「どうしても興味が持てそうにない、好きになれそうにない」と感じるものに対しては、最初から近づくことすらしません。中途半端に取り組むことはまずないのです。

それは人に対しても同じです。自分が深層心理で「好き、信頼できる」と思える人とは、深い友情・恋愛関係を結ぶことができますが、「苦手だ」と心理的に感じてしまうと近づくことすらしません。苦手と感じる人と、わざわざ付き合う意味を見出せないんですね。

だからと言って、相手のことを悪く言ったり、貶めたりすることがないので、決して人当りが悪いわけではありません。むしろ仲間と呼べる人たちの間では、「さっぱりと付き合いやすい」という印象さえあるでしょう。

凝り性な性格の長所7【常に前進できる】

凝り性な性格の長所7つ目は、常に前進できるということです。

達成したい目標が明確な凝り性な人は、結果を出すまでは決してあきらめません。時には違うやり方が楽だと頭でわかっていても、自分のこだわりの方法を貫き、困難を乗り越える強さがあります。

一見停滞しているようでも、困難を乗り越えていくことで少しずつ前進できるのです。いわば、しっかりとした自分の生き方を持っているということです。

仕事にその能力が発揮されれば、重要な役職についたり、自分で独立して起業したりといったことも成し遂げられるでしょう。

何より、困難の中でも自分の生き方を貫く強さは、まわりの人にも勇気や希望を与えます。そうして少しずつ人に支持されるうちに、また自身も成長していくことができるのです。


◆関連記事:責任感が強い人の特徴はこちら

責任感が強い人の特徴9選!長所や短所として自己PRする方法も!

凝り性な性格の短所1【細部にこだわる】

凝り性な性格の短所1つ目は、細部にこだわり過ぎることです。

「こだわりがある」ことは長所と短所どちらの意味にも捉えられますが、こだわりがある過ぎることが裏目に出ることがあります。

たとえば、丁寧な仕事ぶりは評価される一方、こだわりが多すぎると仕事のスピードが落ちやすいことは否めません。「これでいいや」と妥協ができないんですね。

具体的な仕上がりイメージがあって、その通り仕上げてくれるという点は長所と言えるのですが、締め切り期限に間に合わないとなると話は別物です。仕上がりのクオリティより、作業スピードが優先される仕事は多々あります。

しかもこだわりが強すぎて、イライラして心理的に自分を追い込んでしまうこともしばしば。ある意味、自分に厳しい完璧主義者と言えます。

凝り性な性格の短所2【疲れやすい】

凝り性な性格の短所2つ目は、疲れやすく、ストレスを溜めやすいことです。

こだわりが強く、マイペースに我が道を行く凝り性な人は、心理的に図太く、空気を読まない人のようなイメージがないでしょうか?でもそれは、あくまで凝っている対象があればの話です。

普段の生活では、自分の興味のないことでも、ルーティンワークのようにしなければならないことがあります。でも、それこそが凝り性な人にとっては苦痛の種なのです。

情熱を傾けず、ただ単調に物事をこなすだけというのは、ストレスや疲れに直結します。同じように疲れるなら、こだわりに熱中し過ぎて疲れる方がよほどいいのです。

また、こだわりを持っている対象にしても、常に「ここがよくない」「改善の余地あり」という考え方をしてしまうので、いつまでも満足できず、ストレスやイライラを抱えがちになる傾向もあります。

凝り性な性格の短所3【視野が狭くなりがち】

凝り性な性格の短所3つ目は、視野が狭くなりがちなことです。

すごい集中力を有しているということは、裏を返せば、一点しか見えていないという意味です。その一点以外の世界に関しては、まわりがびっくりするほど無知であることもしばしば。

無知であることは、時に「常識がない」と見られることもあります。それが仕事に関することならなおさらです。

よほどの職人気質な世界ならともかく、一般社会人として仕事をするからには、どの分野でもある程度の情報を仕入れておく必要はあります。

そのためには、いろいろな情報や知識を少しでも取り入れようと、意識を張り巡らせておくことが大切です。凝り性な人には大変かもしれませんが、そうした心理でいようとすることで、少しずつ視野は広がっていくでしょう。

凝り性な性格の短所4【まわりから孤立しがち】

凝り性な性格の短所4つ目は、まわりから孤立しがちということです。

たとえまわりがドン引きするようなことでも、それに凝っている間は自分一人でいてもなんら問題はありません。

凝り性な人は、ふと集中していた世界から離れ、まわりを見渡した時に、いつの間にか孤立していた…という事態に陥りがちになるのです。

そうなってからでは、時すでに遅しです。凝っている対象がある間は、この短所を自覚することもなければ、問題視することもないことこそが問題なのです。

自分が物事に没頭し過ぎることで、何を犠牲しているか、大切なものを見落としていないかを、じっくり考察する必要があるでしょう。

凝り性な性格の短所5【飽き性の人と対立しがち】

凝り性な性格の短所5つ目は、飽き性の人と対立しがちなことです。

対象が何であれ、ひとつの物事にずっと集中するということは、その対象が生きがいであり、自分にとってのすべてだからです。

だからこそ中途半端に取り組む人や、飽き性ですぐに投げ出してしまう人はまったく理解できず、時には軽蔑にすら値します。

心理の奥底で思っているだけならともかく、「あの人とは仲良くできない」と言わんばかりに態度に見えてしまうことが大半のため、人間関係がギクシャクしてしまうことも。

自分ひとりが凝り性なのは結構ですが、それを他人に強いると、ただの「迷惑な人」になってしまいます。

凝り性な性格の短所6【お金がかかる】

凝り性な性格の短所6つ目は、お金がかかる傾向があることです。

収集癖のある人、いわゆるコレクターは凝り性の代表選手と言えます。凝る対象は物に当たるわけですから、当然ある程度のお金がかかります。

どれだけ集めても欲求が満たされるばかりか、「次はこれをゲットしよう」という欲求がさらに高まり、お金に糸目をつけないところもあります。

フィギュアを収集するにしても、料理好きの人が調理器具を集めるにしても、「自分の必要な範囲の収集」に留めておけないのが、凝り性の人の痛いところです。

せめて普段使わないような物に対しては、出費を抑えられるくらいの自制心は養いたいものです。

凝り性な性格の短所7【融通が利かない】

凝り性な性格の短所7つ目は、融通が利かないことです。

会社組織では、仕事をこなすのに優先順位を設けなければならない場合が多々あります。実際、上司などに「その仕事は後回しでいいから、先にこっちの仕事をやって!」と指示されることもあるでしょう。

ところが、凝り性な人は自分が携わっている仕事に没頭し過ぎて、そうした指示を無視することさえあります。

結果、仕事が仕上がるのに時間がかかってしまい、まわりに多大な迷惑をかけてしまうことも。そうすると、いくら仕上がりのクオリティが高くても、人間性を疑われてしまいます。

凝り性な人は、まわりとの心理的な温度差を感じないためにも、こまめにコミュニケーションを取ろうとする意識が必要になってくるでしょう。

凝り性と反対?飽き性の性格1【チャレンジ精神旺盛】

飽き性の人の性格その1は、チャレンジ精神旺盛であることです。

飽き性の人は興味の幅が非常に広いので、心理的に興味を抱きさえすれば、普通なら臆してしまうようなことでも、果敢に挑戦する強さがあります。

素早い行動力と短期的な集中力に関しては群を抜いており、そののめり込みようは半端さを感じさせません。

そのため、誰よりも早くチャンスを手にする機会に恵まれやすいと言えます。

長期的計画を立てたり、辛い時も踏ん張ろうとする忍耐力を身につければ、元々要領のいい部分もあるので、大成功をおさめることも可能でしょう。

まずは飽きずに物事を続けることが、成功への第一歩と言えるでしょう。

凝り性と反対?飽き性の性格2【結果が見えていないとイヤ】

飽き性の人の性格その2は、ある程度結果が見えていないと取り組まないことです。

基本的に、飽き性の人は長いスパンで計画を立てることが苦手です。「これをすれば、すぐこうなる」くらいのわかりやすい計画でないと、そもそも取り組もうとも思わないのです。

なぜなら、そもそも決死の覚悟で挑んでまで取り組みたい、という心理がないからです。むしろ、そこまでして取り組むことに意味を感じません。

ですが、「無理!」と思ったらすぐに辞める決断力や、切り替えの早さは抜群です。気持ちを引きずらない点は、飽き性の人の大きな長所と言えるでしょう。

凝り性と反対?飽き性の性格3【リスクを考えない】

飽き性の人の性格その3は、リスクを考えないことです。

飽き性の人の考えの切り替えの早さや、決断力があることは大きな魅力ではありますが、今思いのままに行動することで、将来どんなリスクがあるかということは、ほぼ考慮されていません。

衝動買いはその典型例です。その場の感情に任せて買ってしまって、うちに帰ってから「どうしてこんな物買ったんだろう?」と後悔の念に襲われることも。

何かをする前には、それが本当に自分のしたいことかどうか、じっくり考える必要があるでしょう。冷静に考えると、実際はそれほどしたいことでないことが多いものです。

凝り性と反対?飽き性の性格4【熱しやすく冷めやすい】

飽き性の人の性格その4は、熱しやすく冷めやすいことです。

長期的スパンで計画を立てるのが苦手な飽き性な人にとって、何かをしたい衝動に襲われた時こそが、決断するにふさわしい時です。

その時はじっくり考えたつもりでも、ところどころで自分の感情に任せて、コロコロと考えを変えることが多々あります。

恋愛においても同じで、雷に打たれたかのように一目ぼれしたかと思うと、ほんの数か月後にはもう見向きもしない…ということがあるようです。

一度気持ちが冷めたり、心理的に受け付けなくなったら、何をどうしようとも戻ってくることはありません。

凝り性と反対?飽き性の性格5【目標が高い】

飽き性の人の性格その5は、掲げている目標が高いことです。

飽き性の人は、何かをしようと決断し、やる気に満ちあふれている時は、猪突猛進と言ってもいいくらい目標に向かってまっしぐらですが、すぐに疲れが見えてきます。

高い目標を設定し過ぎて、最初から全力で取り組もうとするため、疲れが随所で見え、結果、途中で投げ出してしまうんですね。

習い事やダイエットなど、自分ひとりで取り組むことならまだしも、仕事で疲れを見せ始めてしまうと、まわりの人にも迷惑が及びます。

いきなり大きな目標を設定するのではなく、すぐ達成できるような、小さな目標を立てるようにしましょう。少しずつの積み重ねが、いつか大きな目標へ到達させてくれますよ。

凝り性と反対?飽き性の性格6【目移りしやすい】

飽き性の人の性格その6は、目移りしやすいことです。

世の中には魅力的な物があふれています。おいしいお菓子やブランドのバッグなど、見ているとあれもこれも欲しくなるのはわかる気がします。

ただ、「あれもいい、これもいい」と似たような物に目移りしているうちに、本当に欲しいものが何かわからなくなってきます。

だから、実際欲しいと思っていただろう物を手にしても、「あれ、なんでこんな物が欲しかったんだろう?」と、すぐに後悔の念に襲われることも。

飽き性の人にとっては、欲しいと思っている過程こそが心理的ピークなので、実際手に入ると、サーと熱が冷めていくのは当然と言えるでしょう。

凝り性も飽き性もひとつの個性と考えて!

凝り性や飽き性の性格についてお話しましたが、使われる場面や捉えようによっては、長所にも短所にもなり得る、メビウスの輪のようなものです。

凝り性も飽き性も、誰の心の中にも多少はあるものです。凝り性傾向が強い人も、飽き性傾向が強い人も、どちらもひとつの個性です。そんな個性を尊重しながら、お互いが認め合えるといいですね。

もっといろんな性格について知りたいアナタはこちらもチェック

我が強い女性の特徴!直す方法って?我が強いのは長所?短所?
几帳面な性格の短所・長所7つ!自己PRの仕方も解説!
粘り強い性格の特徴!長所と短所は?粘り強さを自己PRするポイントは

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ